2018年最後の、長い道外ツアーに出ています。

この時期、 北海道では、厳しい寒さに備えて冬支度を始めますが、
こちらはまだ陽射しが暖かく、舞台の仕込み中などは半袖でも良いくらいです。

城陽市は、今年1月に続く2回目。前回もたくさんのお客様にご来場いただきましたが、
こうして年内に再訪が叶うなんて、有難いことです。

前日の夜はおいしく焼肉を食べて、元気いっぱい!の予定が、
宿泊先が街中だったために、“また”飲み過ぎました。

翌朝、
「たくさん食べないと、どうにかなってしまいそうだ…。」と、
普段より多めに朝食をとるアリタさん。
いつも皆の衣装を洗濯してくれているチエは、前夜の作業の記憶がなくなっていたようで、「乾燥機、回したの私ですか?」と。
また、帰りがけ、ジュンコにプリンをもらった事をすっかり忘れている私。

それでももちろん、開演前までには体調も万全、
楽屋ではいつも通り、各自準備を整えます。

IMG_20181110_205012

コンサートは、最前列のお客様が、ステージ上のJUNCOと握手のできる距離にまで迫る、
満席。

担当の方からは、
「来年も来てくださいね。お客様が、歌旅座のコンサートは毎年あるもの、
と思っているみたいで。」と、嬉しい言葉をかけていただきました。

アンケートには、「聴ける時に!と滋賀から来ました。」というメッセージも。
私達も再会を楽しみにしています。ありがとうございました!

この日の夕食はラーメン&お好み焼き。

IMG_20181111_170141

お店はガレージを改装して建てられていて、
なんだか親戚のおじちゃんの家のような居心地。
思い出に残る味を楽しむひとときも、一座の元気の源です。

IMG_20181111_080734

奈良の「屋台屋」さん。旅の途中に寄りたいお店が、またひとつ増えました。