昔から、『コレッ!』というものに出会ったら
ずっと愛するタイプのワタクシ。
それを『フィット感』だと思っているんですが
人にしたって、共に走っていくには呼吸や速度や
腹の減るタイミングや色んなものが『合って』いなきゃ
どうもしっくりこない。新しい出会いがあった時、この
『合う』という現象が起きるとオイラはそれを
奇跡と呼んでおります。

食べ物にしたって、世の中にはこんなに沢山の料理が
存在するってのに、『地球が滅びる最後の日はなにを
食べたいか?』という質問に対し、『うまい味噌汁』と
答える人の多さよ。こうなったら、味噌汁のクオリティを
上げていくしかないね。価値あるね。
胃と心と味噌汁がこれほどフィットするなんて。
これもすごい奇跡。

NARIKOが言う。
『嫌いなモノに囲まれて生きていたくないの。』
一座の中でも特に、物の素材や色や形に強いこだわりを
持っている。
たとえ時間がかかったとしても、『奇跡のフィット』を
探し続ける。そして、出会ったら長く深く愛する。

_20181122_144229
(時間をかけたかどうかは分からないけど、NARIKOの
こだわりが感じられる一枚。
『あなたのベイビーじゃないのよっ!』ヒーーーッ!)

オイラも、『歌』に出会ったことは奇跡だったと思う。
この唯一の身体に生まれたことも。
逞しい下半身も積極的な上顎も、全て今の人生の為に
あったのだと思える。

私達はもう、与えられるだけの子供ではない。
自分の判断で『選ぶ』。
いくつもの失敗を繰り返しながら、本当に大切なものを
手にし、傷つき、感動し、涙する。
来月旭川で久しぶりの本公演をやります。
一座が産み、皆さんが育ててくれたオリジナル曲の数々。
誰かの心にピタッと『合う』瞬間が多く見られることを
期待しながら、今から楽しみにしてます。

<味噌汁の出汁に想いを寄せて一句>
こうなりたい 出汁のうまみに 夢かさね


_20181122_150350