札幌にも雪が降り、一夜にして冬景色となり
より一層と師走間近の雰囲気になってきました。

師も走る程忙しくなる月なので【師走】と言われていますが、
私は1週間も寝て過ごす事になる日が刻々と近づいています。

と言うのも前々から『病気のデパート』(JUNCO命名)
と言われるくらい問題を抱えており、
以前ブログでも検査入院した際に記事を書かせてもらいました。

そしてとうとう12月の上旬に初めての手術をする事に。
扁桃腺の摘出手術なのですが、全身麻酔で行う為に麻酔が出来る身体かどうかを調べるのに
先日は術前検査に行き試験管5本分もの血液を抜き、
耳たぶを切り血が止まるまでの時間を調べ、
レントゲン、心電図、肺機能検査…
とまるで宝探しのように院内地図を見ながらあっちへ、次はこっちへと。
注射針でグリグリと血管を探られたかいもあって、無事手術出来る事に。


そうそう、話しは少しそれますがグリグリする事について。
今年は痛風とその他もろもろあり1ヶ月に1回は血液検査をしているのですが、
痛風で通っている病院は採血で絶対に血管を外さないんです。
小さな病院で、割と看護師さんもベテランが多いのですが…
手術をしてもらうのは大きな病院なのですが、注射が下手な人多すぎ。
今回もそうでしたし、以前も刺してからグリグリ、グリグリして!
スッと入れれる人いないんかい!と心では思いますが、
見た目は若くて可愛い子ばかりなもんで、実際は「大丈夫ですよ」と
笑いながら許してしまうのでした…


話しを戻し、あと1週間。
来月の4日から入院、5日には手術をして1週間の病院生活の予定。
よくある手術なのでしょうが、何事も初めてな未知の世界は緊張しますね。
また術後の注意事項も不安を煽ってくるのです。
お風呂に浸かる、熱いシャワー、強く息む動作、お酒、タバコ、全部禁止。
カリ、サク、ポリ、という硬い食べ物、炭酸や柑橘系などの喉への刺激物禁止。
逆に何なら食べていいの?!という状態。
これを破り出血してしまった場合はまた病院送りにされるらしい…
あぁ〜恐ろしや。

安眠と健康への代償が思っていたよりもはるか大きかった。
そもそも自分が安易に考えすぎていたのだろうか。
もう何を考えた所で始まらず、スケジュールはもう動き始めた訳でありまして、
自分の体内時計のカウントダウンの音がチクタクと
日増しに大きくなっていく感じがしています。

見える所ではないのでそんなに変化はないと思いますが、
一歩健康に近づいてみなさんにお会いできるのは旭川市公演。
その前に、ブログでも院内生活を報告出来ればと思っています。

皆さんもお体にはお気をつけください。
IMG_5063