3年前の2015年11月25日。
我々はタイの名もなき島にいた。
JUNCOのミュージックDVDと写真家・飯塚達央氏撮影による
写真集「エイジアン・パラダイス」ロケのためである。
FB_IMG_1543221209328
(左側・ファインダーを覗く飯塚氏)
乾季に入ったタイの現場は、いや~暑かった。

今年2018年の11月25日。
ヒートテックのシャツとタイツ、そして歌旅座アノラックを着込んだ早朝。
初雪が降り、道路脇にそのまま雪が残る札幌を出発。
道央自動車道を走り、向かうのは東川町。
岩見沢インターを超えると外の様相が変わる。
この辺りから北は本格的な冬景色だ。
1543219344310

先月のはじめ東川町での公演が決まったと、このまちに住む
飯塚氏へ連絡をいれた。
彼の作品は、上述のJUNCO写真集他、アルバムのジャケットや
コンサート内のスライド映像などですでにお馴染み。
言わずと知れた立上げ時から歌旅座を支えるメンバーの一人である。

彼からはこんな話しがあった。
娘さんの所属する東川中学吹奏楽部の生徒が、10月の町のイベントで
「君の椅子」を合唱披露する予定があるという。
今回の公演で久しぶりに共演はできないかという提案。
東川町をはじめ、そのまちで生まれてきた子にひとつしかない「椅子」
をプレゼントするというその取組みをチープさん作曲、うさぎさん作詞
で作りあげた歌旅座のオリジナル曲。
是非、やりましょうと。
1543219358396
当日のリハ風景。
中学校との皆さんとのリハの前に、JUNCO、ナリコと中学生役に
なりすましたチエ。なぜか後ろ向きで歌っているの図。

1543219351790
本番の様子。
舞台中央には「標」のジャケット写真や映像にも幼き頃の姿が登場する
飯塚氏の長女・わかなちゃんが参加。

誕生おめでとう、僕は君の椅子
君の居場所は、ここにある ♪

といううさぎさんの「椅子」が主人公の詞と、
そしてこの町で生まれ中学生となった彼ら。
唄声を聞いていると時の流れを感じながら、特別な感情が込み上げる。
参加してくれた東川中学校吹奏楽部のみんな、ありがとう。

そして10年前にポスター撮影された次女のつぐみちゃん。
1543219363668
彼女もモデル並みのプロポーションになって応援に来てくれました。

歌旅座の誕生もまもなく10年。
将来このような子供たちが夢を追って歌旅座に入ってくれれば
いいですね。

そんなことを考えた東川・ホッカイドウソングス公演は、
寒さを吹き飛ばし盛り上がりました。

12月は、比布町、上川町での「昭和のうた」、
そして旭川の「オリジナル本公演」と道北地区が目白押し。
また、近くでお会いしましょう。