『世の中には自分とそっくりな人が3人いるらしい』。
それをドッペルゲンガーと呼ぶ。…会ってみたい…。
会ったら死ぬと言われてますが。
さすがに、双子かと思うほどそっくりな人にはまだ
会ったことはないけれど、人はだれでも
『〇〇に似てるぅ~っ』と言われることはあるハズ。
歌旅座メンバーだって似ている人はいる訳で。
今日はそれをご紹介してみよう。
暇つぶしに読んでね。

司会太郎:三上博史(俳優)
チエが『タロさん似てますよねっ!』と言ったら
本人曰く、若い頃言われたことがある と。ほぉ。
絵画のようなパーツは確かに頷ける?

AREE:チュイット(タイの政治家)
裏稼業はソープランド王としても有名らしい。
瞳のギラつきが一緒。

NARIKO:澤穂希(元女子サッカー選手)
お客さんに『めっちゃ』言われている。
(約3000人から)
平安時代の美しさは、今ここに残っている!

チエ:コロッケ(ものまね芸人)のやる岩崎宏美
他にも、クッキングパパや西田敏行など
攻撃的な顎の印象が強いようだ。
本人は、今井絵里子(元SPEED,参議院議員)と
言い張るが無視しておこう。不倫に気をつけろぉ。

ダル:朝青龍(元力士)、最近だと山口茜(バトミントン)
『太ると同じ顔になる』と本人は言うが、会った時
から既に似ていたぞ。
山口茜の試合を見ているとダルを応援している
気持ちになる。頑張れ茜ちゃん!!

JUNCO:今田耕司、フレディ・マーキュリー
伝説の舞台『淳子夜想アンソロジー』の中では
マザコンの毛深い寿司屋という設定で、
『ボヘミアンラプソディー』を熱唱している。
(ひどい設定だ。)
やはり、キモは積極的な上顎。

BOSS:愛媛県八幡浜市大法寺の玄関にいるドラネコ。
誰が来ても動じず、一番いい所にデンと座り、
終始睨みをきかせている。地獄の門番。
中村小太郎さんの家にいたドラちゃんもしかり。
マヂ似てる。

どうでしょう。皆さんフムフムと頷いている
様子が目に浮かびます。
弁当の中に醤油もソースもナンプラーも出汁も
なんだかよく分かんない汁も入っている、
といった感じでしょうか。盛り上がります。
せっかくですので、プリントして切って並べて
みました。年末ですので。

_20181201_151056

わお。すごい。豪華。
グレイティストショーマンもビックリのキャラ揃い。
今後とも、この彩り豊かな歌旅座が織りなすステージ
お楽しみに!
なお、R指定された(?)ジュンコ・フレディが載っている
CD『淳子夜想アンソロジー』は売り切れとなっております。