ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

2009年に夕張市からコンサートを開始したJUNCO & CHEEPは
北海道歌旅座と名を変えて、これまで全国で1000回を超える
公演を重ねてきました。

人気演目「昭和のうたコンサート」のように、
かつての、そして今でも歌い継がれている昭和の流行歌のカバーを
中心としたステージでもお楽しみいただいています。

本来はCHEEPことチープ広石=広石正宏
座付き作詞家の北埜うさぎ、そしてJUNCOによる
共同作業で数多くの作品を生み出し、
結成当初はオリジナル曲だけのコンサートでした。

今回の北海道旭川市公演は、原点にして久しぶり、
「オリジナル本公演」としてのコンサートだったのです。 

それでは、その公演の模様を写真で振り返ってみましょう。


IMG_7028z
「標〜SHURUBE」のエンディング。
映像で使用した写真は、飯塚達央さんによるもの。
結成時から歌旅座を記録しつづけてくれている、
写真の町・北海道東川町在住の写真家。
今回の公演では、ステージ映像に飯塚さんの写真を
多くの演奏曲で活用させていただいています。
ある意味で今回の公演、影の主役。
ご本人も来場してメンバーを激写してくれましたよ。



FUJI4276z
JUNCOと奈梨子。
いつもの昭和の曲とは異なり、
久しぶりのオリジナル曲の披露にメンバーは緊張するのでした。
飯塚さんの撮影。



 
FUJI4328z
「住めば都」の間奏、アリタと太郎の嬉し恥ずかし揃い踏み。
華やかな女性メンバーを差し置いて中央で浮きまくる、むさ苦しき男2人。
飯塚さんによる瞬撮。




FUJI4350z
「友よ」の場面。
飯塚さんらしい位置からの撮影。
たまに舞台袖でうごめく黒い物体があったら、それは飯塚さんだ。




PA181215z
会場となった旭川市民文化会館には、
年末で寒くて雪で滑って危なっかしいなかを
多くのお客様にお運びいただきました。
奥で盛り上がっているのは、今回の公演を成功に導いてくれた
北の暦友の会の仲間。おつかれさまでした。

おや、手前でカメラをもつ若者は?
彼こそが 歌旅座の元スタッフ、倫太郎
実は、扁桃腺を除去して退院後、
初の公演となったダル
万が一のことが起きてはならないと、
助っ人として無理矢理、自ら進んで
東京から駆けつけてくれたのでした。

 


IMG_7097z
公演は無事に終了。
メンバー全員が前屈姿勢なのは、お客様にありがとうの儀。




IMG_1131z
終演後、強制されて自ら積極的に撤収作業をおこなう倫太郎。
本当に安心、助かりました。



オリジナル本公演、たいへんご好評をいただけたようです。
機会があれば、ほかの市町村のみなさんにもご鑑賞いただけたら幸い。

また、公演の映像で飯塚達央さんの写真にご興味をお持ちになった
お客様もいらっしゃるようです。

ここでお知らせ。
その飯塚さんが新たな話題を集めているんです。
photoseason7_pe79pj5hi6_3
当人の著作『東川のプロフェッショナルたち』が出版されたのです。
たいへん注目されていて、マスコミにも取り上げられています。
Yahooからご購入いただくことができますので、ぜひご覧になってみて。
これまでの写真集もお買い求めいただけますよ。

 『東川のプロフェッショナルたち』購入ページ(クリック)

 飯塚達央さんのブログ記事(クリック)
 

それでは、ごきげんよう。