平成30年。今年も色んな街を訪れ、初めての人・食
に出会い、北海道とはまた味わいの違う景色を
心に刻んできた。
初めての街は少々『浮かれ』てしまうのか、酒が進み、
今ここで人生の旅をしている喜びに浸ったりして。
ベッドから起き上がれない程の二日酔いの朝でも
ホテルの朝食のサラダとタマゴを口に押し込み、
次なる街へと走った。
みんなが繋いでくれたこの2018年、10年目のRUN。
足を軽くもつれさせながらも、仲間と共に走れたこと
改めて、最高に嬉しく思います。

最近、オリジナル曲を歌う機会が少し増えて
旅が始まった頃を思い出しながら あの頃とはまた
違った気持ちで曲に向かう自分がいます。
そんな中、オイラとチエの間で チープにぃの物真似を
するのが流行っていて、『この曲をチープさんが歌ったら』
というシリーズをひとしきりやって盛り上がった後、
『…会いたいなぁ~~…』『会いたいねぇ~…』と
妙に寂しくなる始末。
チープにぃはチエが歌旅座に入ったことを知らない。
驚くだろうか。いや、驚かないな。
きっと、一緒に麻雀して、『おめぇもまだまだよのぉ』と
コテンパンにやってただろうな。

チープさん、もうすぐ5年が経つんですね。
ダルは吐血してるし、AREEは血液ドロドロ、司会太郎は
五十肩で花吹雪もうまく散らせないし、オイラは腰痛だし、
チエは酒弱いし、NARIKOはもうすぐ40だし、BOSSは
どんどん酒強くなってるし…ホント大変です。
だけど、足をひきずりながら東京から札幌に来て、
最後の最後まで 苦しいだとかツライだとか痛いだとか
言うことなく、ただひたすらに生き様を残し切ったあの
チープにぃの『気』を思えば、まだまだ私達はやれると
魂を振るい立たせてます。
靴も入らない程むくんだチープにぃの足を思い出す度、
今最大限に自分がなにを出来るのかを考えさせられる。
『チープさんにとって生きることとはなんですか?』
という質問をした人がいる。
しばらく悩んだ後に答えたチープさん。

『生きるとは、「生きようともがく」ことだ』と。
限りある命と向き合い、どう必死こいてくか。という
すごくシンプルでなかなか難しい生き方を
教えてくれた。
会場いっぱいに響くチエのパーカッションの音色を
聞きながら、これは間違いなく命の音だよな~と
思ったりして。
きっとそばでチープにぃもセッションしてるに
違いない。中途半端なこったぁしちゃいけないぜ。
2019年。まだ私達には出来ることがいっぱいありそうだ。
楽しみしかありません。
来年も、生きて生きて生きまくるぞ~~~っ!

最後に。
今年見た張り紙の中で、最も印象に残ったものを。


DSC_0964

とあるコンビニのトイレ内にて。
『どなたか特定済み』であるにも関わらず、直接本人に言わず
トイレに張り紙をする真意が不明。
人との会話がなくなってきた現代ならではなんでしょうか。
とても妙です。

良いお年を。