寒中お伺い申し上げます。
皆様には 良い新年をお迎えのことと存じます。
歌旅座一同、本年もどうぞよろしくお願い致します。

平成最後の年末も、平成最後のお正月も、駆け足で
過ぎてしまいました。
個人的には多少のアクシデントがあったものの、近くの
お寺から聞こえる除夜の鐘を幾つか数え、多少の煩悩を
打ち払いながら穏やかな新年を迎えることができました。
(( 目出たさも 中くらいなり おらが春))
てなところでしょうか。

歌旅座の面々も このブログリレー“お正月編”で伺えるように
皆、小吉から中吉くらいの(太郎氏のおみくじは別として)
お正月を過ごしたようです。
めでたし めでたし。

そうして迎えた1月5日。
初顔合わせのこの日、新年会も兼ねて「新春大麻雀大会」が
厳かに??開催されました。
今回は、吉田会長を含めたいつものメンバーに加え、
会長夫人、寄生中、いや帰省中のリンタロウ、そして
スペシャルゲストに北円山の元気玉 O-YA氏を迎えた
三卓12名。
窓の外吹き荒れる雪をも溶かすほどの熱き闘牌がくり広げ
られました。

1546765621327


大会の流れとしては、予選二戦、決勝二戦と従来通りでは
あるものの、今回は新たに “下剋上ルール”を適用。
今までは予選のポイントで上位4名が決勝卓で優勝を争い、
残りの下位メンバーは “やさぐれ卓”と称された闇卓で
丙丁ーへいていー競い合う、なんとも侘しい(いや、
それはそれで楽しいのだが)戦いだったところに光を
与えたのがこの下剋上ルール。
まずは予選二戦を戦い、以下のように決勝卓がふりわけ
られます。

①「上級武士卓」(各卓1位+高得点2位)
②「下級武士卓」(2位2名+高得点3位2名)※ハンデ・マイナス10
③「足軽卓」  (各卓4位+低得点3位)※ハンデ・マイナス20

そして最終的には総合得点で優勝が決まる、とのこと。
例えハンデを背負っても、例え足軽の出だって、高得点を
重ねれば、秀吉ばりの天下人となり優勝盾を手にするの
だって夢じゃない!!

そりゃ皆大喜び。
今度こそ優勝を、我こそが2枚目の盾を、オイラが連覇じゃと
思い思いの欲望を抱え、闘牌がスタート。
楽しいですぞ、麻雀は…。
部屋の換気はどんどん寒くなるのに、叫び声と笑い声が
重なり充満して、楽しい“気”がどんどん高まっていく。
長いリーグ戦だと実力の差がはっきりと点数に表れていく
けど、こうした短期決戦では その日の運と、その運を
上手く掴み切れた者がポイントを重ねていく。
だから何が起こるか判らないのがこの大会の醍醐味でも
あるのです。
予選を終えた結果。
①「上級武士卓」O-YA氏、司会太郎、JUNCO、リンタロウ
②「下級武士卓」会長、ダル、チエ、うさぎ
③「足軽卓」BOSS、アリタ、イソベ、会長夫人
もうこの顔ぶれだけで面白い!!
特に足軽卓!!私が大将なら、こんな足軽絶対イヤだ、
という面子がズラリ。
どう見ても敵将ではなく、己の大将の“寝首を掻こう”と
竹槍持って虎視眈々と狙っているような連中だもの。

途中経過を書き重ねると明日になってしまいそうなので
そこは端折って、結果は???
まぁ、世の中そんなに甘くはない…と思う者多数の中、
下剋上で名を上げたのが下士から副大将(2位)まで
登りつめたのが吉田会長。
そして栄えある第六回の覇者はこの方。


1546765600725

決勝卓では、同卓者がうんざりするほど勝って勝って勝ちまくった
O-YA氏、おめでとうございます。
強くて楽しい素敵な雀士です。是非また囲みましょうね。

闘い済んで日も暮れて、表彰式兼新年会は我らがオアシス
「だるま軒」へと移動。
年末の大納会ではたっぷりと年越しそばをふるまって下さり、
この日の新年会ではテーブルに乗りきらないほどの料理を
用意して下さいました。
“皆の喜ぶ顔が見たいから”と、予算など全く度外視で、
山海の珍味を並べてくれる「食の七福神」のようなご夫婦です。
今年もまた鱈の腹を持つメンバーの胃袋と共に
お世話になります!!

新年早々、どれ程飲んだのかわからなくなるほど、一升瓶を
転がし、JUNCOは消え、チエは壊れ、太郎は眠り、
ナリコは叫び、BOSSは飲み続け… いつもと変わらぬ宴を
くり広げ、歌旅座の2019年は幕開けました。

下剋上目指し、竹槍片手にひたすら走る足軽のように、
いやいや、亥のように 北海道歌旅座 今年も
ひたすら真っ直ぐに駆け抜けて行きますね。
どうぞ あたたかく見守っていて下さいませ。


1546765605324