今年初のバンコクにやって来ました。
サワディーカップ!
厳寒の北海道から常夏のタイへ。。
とはいえ意外と涼しい1月のバンコクですが、寒さでキシんでいた体が
ダヨーンと嬉しい悲鳴をあげてます。
ありがたいですね。
さて、これまで1章、2章と記載してきた『円山夜想物語』。
今回はその続編をお届けします。

第3章『メタモルフォーシス・円山夜想への変身』

エイジアンブルーの歴史について触れてきたが、これまでの経過の上で
忘れていけないことが2つある。
一つ目はレストラン『円山厨房』の存在。
そう、歌旅座公演でも人気の『円山厨房特製カレー』を生んだこのレストランは、
エイジアンブルーの翌年の2004年、当時のオフィス1階にオープン。
1548730669353-492x369
『円山厨房』が出来、店への食材の供給もより充実されるようになったのだ。
一時ランチタイム営業ができたのもそのおかげ。
特に思い出深いのがエイジアンブルー特製オリジナルの「支那そば」。
あっさりスープにツルツル細麺は週1で味わいたい一品であった。
マルチュウカレーと合わせて現在ライブでも人気の「マルノク・ドリア
この頃からの定番に。

2つ目チープさん(LOOKメンバー。以下:チープ)との出会いである。
BOSSと彼がここバンコクで再会したのが2003年。
それと同時にバンコクのレコーディングスタジオで収録したのが
この作品『NORTH WORD~ノースウォード』だ。
私もバンコクに同行させてもらったが、今思い起こせば「歴史の変わる瞬間」に
居合わせてもらった思いすらする。
1548730663714-561x421
サックスプレイヤー・チープ広石によるインストゥルメンタルで
北海道ソングスの原点ともなる「北」の5曲がエントリーされた
エイジアンブルー・プロデュース」という幻の1枚だ。
このアルバムの登場により、これまでの「本格的バー」から、
「音楽ライブのあるバー」に少しずつ位置付けが変わってくることになる。

チープはその後、パーソナリティとして
ディスカバリーミュージック・ドットジェイピー』を札幌のラジオ局でスタート。
主に「インディーズ」と呼ばれていたアマチュアからプロを目指す
ミュージシャンを毎週ゲストに迎え、番組も好調であった。
このときゲスト出演したのが、我らが歌旅座のJUNCO
チープとの出会いが今の歌旅座へと繋がっていく瞬間だ。

2008年にはチープ主演の音楽ドキュメンタリー映画
Same Old Story~20年目の訪問者』がニューヨークの映画祭で
最優秀音楽ドキュメンタリー賞を獲得。
この映画の中でも「エイジアンブルー」が登場。
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭・招待上映の後は、
「ロケ地」エイジアンブルーでの上映会+ライブも盛大に行なわれた。
1548730677356-405x540
*マルノクでのリバイバルチラシ
JUNCOはその後この店でのチープのライブにも訪れ、仲間に加わることに。
2009年には歌旅座の前身となるユニット『Junco& Cheep』を結成。
日々曲作りやレコーディングなどの作業にどっぷり浸かりながら、
週に2~3度エイジアンブルーのカウンターに〈チーママJUNCO〉として
立つこともあったのだ。
この頃のJUNCOを知ってる貴方はすでにレアな方!?

そんな怒涛のような活動を続けて行く中、今度はテレビ番組の話が浮上。
その番組名こそが『円山夜想・マルヤマノクターン』だったのである。
ケーブルテレビJ:COM札幌で放送されていたこの番組。
撮影場所はエイジアンブルー。
チープがホストとなり様々なゲストを迎えるという設定であった。
じゃあ、ここの「場所」もいっそのこと『円山夜想』に変えてしまおうかと。
1548730673364
*かねてからチープさんと交友のあった作詞家・松井五郎さんゲストの回

チープとゲストのトーク後は毎回Junco& Cheepのライブ中継。
真冬の円山に響く「外は白い雪の夜」。たまらなかったナァ。

え~~そんなことで昔から話がクドくて有名なあっしですが、
「ローマは一日にして成らず」。
『円山夜想』15年を語る上で外せないエピソードを書かせてもらいました。
これがエイジアンブルーからの変身、『円山夜想』の誕生だったのです。
次回は最終章をお届けします。
それではまた♪
アリーでした。