ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

これまで「司会太郎の視界良好」をご愛読いただき、
誠にありがとうございました。
実は前回をもって最終回でした。

この2月1日、如月より新連載「司会太郎の五里霧中」をお届けします。
様々な苦悩や迷い——五里霧中の状況下にある人々を
不肖・司会太郎がビューティフルに解決するという、
上から目線の傲慢な記事です。


新連載に当たって、さっそくある読者からのご質問を紹介いたしましょう。

Q:毎日のお掃除が大変です。
  部屋も散らかしっぱなし。
  綺麗にするコツってありますか?
   (41歳・女性・団体職員/秋田県) 


インターネットに〈ネットフリックス=Netflix〉という、
国内外の多彩なジャンルの映画や
テレビ番組を観ることができるサービスをご存知ですか。
全世界に映像を配信し、会員は1億人以上、
テレビ局や映画会社よりも金儲けしています。
なにせ番組制作予算だけでも年間1兆円を超えるのです。
テレビ東京を束にしても勝てません。
 
だから、オリジナル番組も充実しているのですが、
今年の1月から世界配信された作品のひとつで、
社会現象にも近い状況になっているという番組が
「KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~」です。

近藤麻理恵さん(通称:こんまり)という、
身長147cmほどの片付けコンサルタントが
米国内の汚れた家を、あたかも妖精のように片付けるのです。
メリー・ポピンズのように指導してくれるのです。
どうやって片付けるのかは、捨てることから。
まずは家中の衣類を1箇所に集めて山盛りにします。
そして1着ずつ手に持って、その服が自分にとって
「ときめくか、ときめかないか」で判断するのです。
そんな番組内容。

さあ、この辺りで複雑な思いを抱く人。
そんなあなたは正常です。

衣類から靴、台所用品、写真や書類、本、小物なども
「ときめき度」を駆使して、ときめかなかったら捨てます。
残ったものは、例えば衣類なら折り紙のように小さく畳んで、
タンスの引き出しに立てるように収納。
そうすることで、パッと見でどんな色・柄が判別
できるのです。
「見える化」というヤツですね。
重ねて収納したら、いちばん下の衣類を出すまでわからないから、
また似たような服をムダに購入してしまって
またまたモノが増えるという悪循環にハマるわけです。



で、司会太郎もやってみました。
数年前の引越をきっかけに、
ときめくかどうか試しました。
いい年をした男が誰にも知られずに
独りでときめきを連発していたのです。

そんなわたくしのリビングルームのビフォア写真。
before
生活臭ムンムンだがご容赦願います。
冷蔵庫の上にあるのはコーヒーメーカーとゴム製のガイコツ。
かなりときめいたので、ガイコツは残すことにします。

そして、近藤麻理恵さんの「こんまりメソッド」を実践した結果......
Afterz
いかがですか。部屋が生まれ変わりましたよ。
冷蔵庫や台所はふだんは目隠し。
家具・壁紙・床材は〈ニトリ〉のお世話になりました。
撮影時間やカメラの構図とレンズがビフォア写真と異なるので、
比較の条件としては悪例ではありますが。


質問者へ。
こんまりメソッドを活用してください。
散らからない部屋が実現します。
そして「お、ねだん以上 」の
豊かな毎日を送ることができるはずです。



今回はこのへんで。
ごきげんよう。