ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

3月17日の「北海道歌旅座 結成10周年・特別記念公演」に
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。 
また、残念ながらご来場が叶わなかったみなさまにおかれましては、
次の機会、次々の機会、あるいは次々々の機会をご用意しますので
どうぞご期待くださいませ。
それでも難しければ、こちらでは手の打ちようがございません。 


さて、今回の五里霧中。
やはり、ご質問をいただいています。

今年の4月1日に元号が変わります
太郎さんはどんな元号になると思いますか
(38歳/男性/心臓外科医/愛媛県)

これですね、あっし、知ってるんですよ。
といっても、選考して絞り込まれたトップ100ですけども。
ある筋からそのリスト入手できました。
それをもとに新元号の予想をしてみましょう。
gengo


元号を決定するための条件とは——

○国民の理想としてふさわしい意味
○漢字2文字
○書きやすい・読みやすい
○これまでの元号で使用されていない
○俗用されていない

とされています。
ここでいう「俗用」とは社名や商品名などに
使われていないということですね。

また、明治のM・大正のT・昭和のS・平成のH以外の
アルファベット略字が好ましいと。

さらに、1372年の元号の歴史のなかで使用されてきた漢字は
たった72種類で、使用頻度の高い漢字は「永」の29回。
以下、「天」と「元」が27回、「治」21回、「応」20回ですと。


手元のリストにはありますよ、それらの漢字も。
他の候補をお伝えできないのが残念なのですが。


以上の条件に、今の時代を反映する要素を
加味することになるでしょう。
例えば、
「景気が良くなるように」
「待機児童の減少を目指せ」
「東京オリンピックを成功させよう」
「JOCの新会長、決定」
「JR中央線、また運転見合わせ」


ところが、最新の情報では、個人的には好ましくない元号が
有力候補に入っているというのです。
つまりは、知人の苗字が新たな元号となりそうなのです。
各方面に固有名詞として「俗用」されていることを、
またその知人が(いい意味で)「俗人」であることもマズイだろうと
強く申し入れているところですが、阻止できるか不明です。

その元号とは、「元起」と書いて「ゲンキ」と読ませます。

有識者たちがこれを候補に入れることも理解できます。
「はじまり」「正しい」「美しい」という意を持つ「元」
同じく「はじまり」「目覚める」「立つ」という意の「起」
それを幅広い世代に前向きな印象を与える「ゲンキ」
しかもアルファベット略字で「G」と書くのも理にはかなっていますが。
歌旅座の後援会長夫人も「元」が付くと予想しています。
ご本人からお聞きしました。 

イヤです。

248番目の元号が富山県出身である知人の名前と同じで、
この先、何十年も見続けるなんて。

3月18日現在、「元起」かそれ以外、五分五分の確率です。

genkigengou


その昔、昭和石油とシェル石油が合併した際、
キャッチコピー「昭和シェル元年」 というテレビCMを見た祖母が、
自分の知らぬ間に新しい元号となった、と思い違いをして
平静を失っていたことを思い出します。 


それでは、ごきげんよう。