昭和のうたを歌うようになってから、変な言い方
だけど、『マヂで』考えるようになった。
この旅が始まるまでの自分にとっての懐メロは
『スナックでおじさまやママさん達が歌うもの』
でしかなかった。なぜ、その瞬間にその曲なのかなんて
考えもしなかった。
ただ、やけにその歌に付属するそれぞれの『想い』が
(思い出が)強いなと。哀愁も色っぽさも男気も
狂気に似た感情も…。
あのチークダンスの世界観はもはや天然記念物だ。
まるで映画のように頬を寄せて踊れる人が
一体何人いるだろうか。

なにもなかったからこそ、『求める力』で溢れていた
昭和という時代。
なんでもあるから、どうしていいか分からない平成。
その狭間でなにかを感じてきた私達。

歌ったことはないけれど、三橋美智也の生命力
溢れる歌い方も好き。
『人形の家』や『別れの朝』に見える女の匂いも好き。
ユーミンのまるで水彩画のような言葉も好き。
尾崎豊の痛々しさも希望も好き。
井上尭之のギターはエロくてかっこいい。
吉田拓郎のぶっきらぼうで男らしい歌い方も好き。
その後ろで、感情を揺らしにかかってくる瀬尾バンドの
構成もたまらなく好き。
『星の流れに』や『カスバの女』に浮かぶ、少しハスッパ
な女像も好き。
エディットピアフは私の奥の肌に触れてくる。
…他にも沢山。
音楽は、色んなことを教えてくれます。
(そう考えると、世界にはまぁだまぁだ素晴らしい音楽
がいっぱいあるんだよなぁ~…己の未熟さを知る…。)
自分が役者になったつもりで、その全ての物語を
演じきってみたい。と思い生きています。

私達が『イイなぁ~、イイ曲だなぁ~、素敵だなぁ~』と
『影響を受けている』ことは、その曲が『生きている』
ということなのだと思います。
ギター少年が、憧れのギターの音色を聞いて夜も眠らず
必死にトレーニングするように。
絵描きが、大好きな画家のスピリッツを表現したいと
もがくように。
私達が聞いてきた歌手やミュージシャンも、かつて
誰かの影響を受けて、『いつかそうなってみたいっ』
と夢見ていたように。
イイ音楽は、果てしなく生き続ける。

オリジナル曲で、『時の坂道』という曲があります。
~10年経ったその時に 思い描いていた未来は
 ゆるやかに形を変えて やさしく微笑んでいて欲しい~

昭和の名曲達も、きっと 時を越えて
少しずつ形を変えながら、誰かの手に心に渡り
未来の誰かへと受け継がれていくんでしょうね。 
そして、いつか私達が遠くへ行った後も
少し形を変えた『夢』がどこかで生き続けていたら
嬉しいな…。
と願うと、つまりは 今ちゃんと生きなきゃな
という結論になります。

ワタシというスポンジは、一体どこまで吸収出来るのか。
(お酒以外で)
実験中です。多分一生。


_20190322_152325