前回のマルノク改修工事で新たに照明やスクリーンを付けた事を
記事に書きましたが、それで全てが終わった訳ではありません。

先日、BOSSと共にまたマルノクへ。
前回やってみて出てきた新たな課題や前々からやりたかった事を
実行する為に。

まずはカウンターでもステージが見れるようにカメラで舞台を写し、
カウンターのスクリーンに写し出すようにしたのですが、
アングルと画質があまり良くないという話になっていました。

そこでカメラの位置をもっと舞台の近くに設置し、
ケーブルをちゃんと引き直す事をしました。

【ちゃんと】というのは同じ映像用ケーブルでも
使うケーブルの太さ、材質によって画質が違ってくるもの。
今まで使用したよりいいケーブルに代え、写してみるとやはり画質が良く、
位置も変えたおかげでアングルも良くなりました。
IMG_5884

そして次は前々からの案件。
マルノクの音響は低音の迫力がいまいちというのを解消すべく、
ウーファーシステムを導入しようという事。

オーディオやカーステレオにこだわりのある人だとおわかりだと思いますが、
低音だけをならすスピーカーシステムのことです。

舞台前に新たにスピーカーを2台置き、低音だけの信号を送れるアンプも導入。
実際に鳴らしてみるまでどのような聞こえ方になるのかわかりませんでしたが、
改めて音をチェックすると、音に奥行き、深みが出たように聞こえ、
今までマルノクになかったライブハウス感が出せるようになりました。

IMG_5885

カメラもアンプもスピーカーも昔はツアーで使っていた物で、
壊れた訳ではないが、使わなくなり倉庫に眠っていたのを活用。

このスピーカーはJUNCO&CHEEPのモニタースピーカーとして使用されていました。
今回もマルノクに入った全てがまた日の目を見る事となった機材達。

新品ではなく、ある物を再利用し生かしていく。
これが歌旅座流。

これで全てではなく、まだやりたい事がありますが今回はここまで。
それはまた、別のお話し…
(王様のレストランより)