ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


ここ札幌、待ち望んだ春。
暖かくなりました。ブルースカイがまぶしいです。
個人的にはこの季節の変わり目、
毛むくじゃらのベッドパッドをはぎ取って、
厚めの羽毛布団を毛布に替えれば、
冬から春へと実感するのであります。

IMG_1334z
雲量ゼロ。写真中央部の白い点はお月さん。
ところで、このアンテナは日本人が発明したことをご存知でしたか。
皮肉にもこの発明が原因で日本が戦争に負けたとのこと。


では、今回のご質問です。

私は野菜が嫌いです
どうしてみんな、あんなに植物を青虫みたいに
ムシャムシャかじるのか
でも、食べなくてはならないので 
太郎さんのオススメの野菜と
おいしく食べられる方法を教えてください

(49歳/男性/建築家/千葉県) 


まずは、「甘ったれるな」と言っておきたい。
でも教えてあげます。

人が青虫みたいに野菜を食べるのは、
健康に良いことが広く証明されていることと、
人間は肉も魚も植物も摂取できる雑食動物だから。
雑食であることは特別な能力だと思って感謝すべきです。
昆虫がナポリタンやオムライスを食べないでしょう。
そういう能力がないのです。

なお、歌旅座のダル君は野菜を食しないので、
現在は短い人生を謳歌中です。
今からでも延長してほしいものですが。


つづいて、オススメの野菜。
これはもう、タマネギにトドメを刺します。
なぜなら、焼いて、煮て、揚げて、生で、
どんな調理法でもメインの食材を邪魔せずに
おいしさを増幅させてくれます。

こういう言い換えもできるでしょうか。
ハナ肇がジャガイモで、植木等はキャベツ、谷啓はピーマン。
犬塚弘はアスパラガスで、桜井センリはセロリー。
で、タマネギは地味だけれども何にでも適合する安田伸。
全部まとめて、料理研究家の石橋エータローにクッキングしてもらう、と。
この例えがわかりにくい場合、別途ご質問ください。
「五里霧中」で取り上げて回答するかもしれません。
恐縮です。


最後に、野菜をおいしく食べる方法。
この季節だから言おう。
ジンギスカン鍋です。
北海道歌旅座、今年最初のジンギスカンパーティーを
いつものように当ビル屋上にて開催。
屋上でジンギスカンを略して、O.J.。
この日この時、他に望むものはありません。 
IMG_1329z
太陽がいっぱい、青空がいっぱい。肉も野菜もいっぱい。
意外と暑い中を一気に食したため、ややぼんやり気味のメンバー。
おや? 大変だ、肩から脚が生えている人がいるぞ。略して、O.T.K.A.H.。

 

IMG_1339z
JUNCOとブルースカイとビルヂング。略してJ.B.B.。
充実した気力・体力に身を震わせ、この後、再び食卓に戻っていった。


IMG_1340z
まもなく閉店。M.H.。
メンバーの血中アルコール度数は平均0.89mg、
血中ジンギスカン度数は平均7.26mg(すべて推定値)。



野菜もたっぷりと食せるジンギスカン。
もちろん、さまざまな鍋料理も結構なものです。

好き嫌いなく食べられる喜びが、
あなたにも訪れますように。
 


それでは、ごきげんよう。