熱い。。暑いです。
JUNCOやチエに言わせると、
「このオシメリ具合はノドにもお肌にも最高!」と言うに違いないが、
こんな湿気と温度にそんな余裕はない。
灼熱40℃のバンコク。
51歳の誕生日を迎えました。アリーです。
サワディーカップ!
1556122896420-574x370
*早朝のExpress Way
オッサンながらJUNCOとは1日違いのバースデイということにあやかり、
歌旅座メンバー、応援を頂く方々にも例年祝って頂いております。
今回も渡タイ前にうさぎ亭の「ワサビ万歳!手巻きdeパーティー」
しっかり御馳走になってきました。有り難き幸せ。
しかも昨晩はBOSSとヤサで自炊ながら大好きなイサーン料理に舌鼓を
打ちました。
これでもう欲しいモノなぞは全くございません。

とは言うものの50も過ぎたしせっかくの誕生日なので、
自分の現在とこれまでのことを少し考えてみました。
それは人生の〈転機〉について。
・大学浪人で地元の小樽から東京に出たこと
・28歳の時に思いもよらないタイという国に来たこと。
・その5年後に故郷の北海道に戻ったこと
・ディスカバリー社と出会ったこと
・41歳のときに歌旅座の活動メンバーになったこと
恥ずかしくて、あるいはとるに足らず到底人には言えない
これら以外のことなども、頭を駆け巡る。
そして、今も歌旅座の一員であること。
タイに今こうしていること。
実は、これって「運命」とか「宿命」とかあるのだろうか。
なーんてなことを。

なぜこんなことを思うだろうか。
それはタイにいるからなのかも知れない。
9割以上が仏教(上座部仏教)を信じるタイ人は、輪廻転生(りんねてんしょう)、つまり「生まれ変わり」を信じている。
タイに詳しい人には常識であるが、「タンブン」というタイ語をタイ人は
よく口にする。
来世のために「特を積む」あるいは「良い行いをする」という意味。
なので老若男女、暇があったら「お寺行こうよ♪」とお寺にお参りし
「タンブン」する、という文化がある。
お布施や托鉢だけではなく、動物の殺生をしない、逃がす、
とにかく良い行いをすることでその跳ね返りが来るという教えだ。
そんな国にもかかわらず、例えば未だにタクシーに乗ると、乗車拒否したり、料金メーターに細工してあって異常に早く金額が上がったりと小ズルいこともまかり通るのがこの国で、笑っちゃうのだけれど。トホホ~

数年前、タイを含めたアジア中華圏内の国々で「生まれ変わり」の話題が
あったのを最近知った。
なんと、日本はもちろん「アジアの歌姫」として誰もが認めるテレサ・テン
の生まれ変わりと云われるタイ人少女が現れたと。
1995年にタイ・チェンマイのホテルで不慮の死を遂げたテレサ・テン。
その4年後の1999年にタイで生まれた彼女は、テレサの中国語の曲は簡単に覚えられたらしい。
テレサ・ファンの方には賛否両論かもしれませんがご覧ください。
(中国の番組に出演した様子)
日本でも親族であれば、隔世遺伝は証明済みであるが、後世にその意思や生きざまを伝えるという点では、
「生まれ変わり」は素晴らしいこと。

『令和』の時代がまもなく始まりますね。
何十年も先に、歌旅座のステージ中央にはJUNCOの「生まれ変わり」がいるかもしれない。
タイトルは「令和の歌コンサート」。
などと妄想すると楽しい。