ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

令和の時代に入りました。
ひきつづき、よろしくお願い申し上げます。 

令和に合わせて、何かが変わるかもと期待していました。
そして、その変化は不意に訪れたのです。
時計が5月1日の深夜0時を回ったとき、
開け放っていたホテルの窓から
「令和的な風」が入ってきたのを感じて驚きました。
どのような風かと言いますと、
なんか「皇族的な香り」です。
菊の花と松の木とデミグラスソースの香りが混じったようなやつです。 
読者のみなさんはこの香り、嗅ぎましたか。



歌旅座の大型連休コンサートツアー、敢行中。
滋賀県愛荘町は昨年6月につづき、2回目の公演。
今回もハーティーセンター秦荘が会場です。
しかも、この4月29日は、
冷静に捉えれば意味不明な「平成最後の昭和の日」。
 
ホールスタッフのみなさんと再会を果たして搬入と仕込み作業へ。
今回は舞台づくりの一部をご覧いただきましょう。


なお、以下からの記事内容は、
令和元年初日に掲載する平成最後の昭和の日の公演記事を
令和元年前日である平成末年末日に書き起こしました。
しかも、明治製菓のミルクチョコレートを食べて喉詰まりを起こし、
大正製薬リポビタンDのガブ飲みで流し込むという体調不全の悪条件下で。

--------------------------------

歌旅座のコンサートの特長は、演奏曲に応じた映像演出。
これを私たちは「歌旅座スコープ」と呼んでいます。
プロジェクターという映像機器を使用するのですが、
今回はハーティーセンターさんの機材をお借りしました。
これは、歌旅座が所有するプロジェクターの3倍の光量を投影できるのです。
3倍といっても侮れません。表現力や演出効果は飛躍的に高まるのです。
歌旅座の所有プロジェクターをサクマチエに例えるならば、
お借りした機材は吉永小百合ということになります。
190429a
見よ、会場を貫く神々しい光量を。JUNCOも思わずカメラ目線に。


美しく投影されたスクリーンの前にいるのがダル。
190429b
ポールダンスをしているわけではありません。
照明操作金具棒、通称「介錯棒」という伸縮できる器具を使って、
舞台の高い位置にある照明を調整しているところです。
意図した位置に灯りを当てるのです。
四十肩・五十肩を患っている人には向かない作業。
ダルくんはこの作業のおかげで、本当のポールダンスも上達しました。
いつの日にか、みなさんにもご覧いただけるはずです。


次はこの写真を。
190429c
最上級クラスのプロジェクター光線ですね。
おや、横に連なる窓のほぼ中央に人影が。
これは、サクマチエ。
天井から舞台の対象物に光を当てる
「シーリングライト」の部屋です。
舞台に立つ歌旅座メンバーの一人ひとりに
高く遠い位置から光を合わせていきます。

高所恐怖症のJUNCOは、一度もそこへ上がったことはありません。
チエはいつも両手でハートマークをつくり、
「高いところ、だ〜い好き」と言ってから登っていきます。
演出用のスモークマシンの煙が高く舞い上がり、チエの姿を曇らせます。


さあ、お次は何をしているところでしょう。
190429D
答えはサウンドチェック。
文字通り、会場に流れる音響の確認。
写真で伝わらないのが残念です。


下記の写真もサウンドチェックの様子。
190429e
相変わらず音は聴こえてきませんが、
黒いカーペットにお気づきでしょうか。
これは照明の光が舞台の床に反射して、
ナリコの顔が平安朝っぽくならないように
演者の位置範囲にのみ毎回カーペットを敷き詰めるのです。
まさに魔法のカーペット。
だけれど、すぐに汚れますので、
ロボット掃除機を導入したいとも思っています。
普通の掃除機だと作業人員がそれにかかりきりになるので。
また、札幌オフィスで飼っている猫のクロと
ロボット掃除機を戦わせてみたいのです。


ついに、コンサート開幕。
190429g
2回目の愛荘町公演には、
歌旅座を初めてご覧になるお客様も多かったです。


終演。
そして撤収。
190429f
搬出入口にトラックをつけて、
朝の搬入同様、搬出します。
当たり前すぎるコメントで、恐縮です。


ハーティーセンター秦荘のスタッフのみなさんと記念写真。
190429H


果たして、歌旅座3回目・令和初の愛荘公演は実現するのか。
スタッフのみなさんが全員、首を縦に振るのか。
つづきは、次回の愛荘公演レポートで!
(いつになるのか不明)



それでは、ごきげんよう。