〈ここは六日町あたり〉という歌を知ってるか?
滋賀県八日市ホテルの部屋呑みの席。
BOSSから話があった。
知らなかったが、斉藤哲夫の20代の頃の曲だそう。
今から40年くらい前だろうか。
Youtubeで聴いてみると、さわやかな曲調と叙情的な詞。
思わず鼻歌を歌いたくなるようなメロディ。
次に訪れるまちの話題で盛り上がるのはツアー中の楽しみでもあり。
ワクワクするもんですね。
1556783788261-534x275
向かったのは新潟・南魚沼市。
会場のある場所は平成の時代に合併になったが、旧六日町あたり。
その名前からしていかにも歴史のありそうな町だ。
関西からの長い道程、長野の山合を抜けて信州・越後の国境を走り盆地に入ると
頂に雪の残る2,000m級の山々が四方を囲む。
町のシンボル〈八海山〉もこのうちのどれかだろう。
あーあ、この景色。
マイナスイオンでてるなあー。
斉藤哲夫が曲を書きたくなるのもわかるというもの。

さてさて、今日の公演は記念すべき〈令和〉一発目の「昭和のうたコンサート」。
会場の南魚沼市民会館前には、この日まで町を走っていたのだろう〈宣伝カー〉を発見。
こういう昭和感もいい。
1556783803993-516x387
今回のツアー、タイミングが悪くまだ地モノの〈食〉にありつけていないのだが、
蕎麦も有名な新潟。
せっかくだから「昼は近くの店に繰り出そう!」
を合言葉に、高速仕込みをスタート。
やればできるもんですねー。
ほぼ2時間で全ての準備が完了。
お蕎麦も美味しく頂いた。

開場1時間前の会場はすでに〈昭和〉世代のお客さんがたくさん。
コンサート本番は前半から一緒に口ずさみ、本当にノリが良い。
1556783793630-520x693
*休憩中2部前、緞帳の中で精神統一するJUNCOとナリコ

終了後のロビーでは「良かったよ~」と求められる握手の多さ、
お菓子や飴ちゃん、ドリンクなど「これ持ってって~」とお土産をくれる人の多さ。
おいしいお米、おいしい水、旨い酒に囲まれたまちの人たちは心も豊かなだった。
1556783799741-561x421

♪ここは六日町あたり 君は来たことがある
 目を閉じれば今すぐに そこへ行くことができる
 いつかいつかきっと 君を連れてあの六日町あたり

思い出に残る公演となった南魚沼市。
この曲のエンディングの詞のとおり、いつか、きっと早いうちに
また来れることを願いながらツアー3日目を終了。
次は東北へ走る。。