ツアーから戻り、20時間一回も起きずに眠り続け
ました。後は、うまい味噌汁とだし巻き卵とホウレン草
のおひたしを食べて大復活です。元気元気。

さすがに今見るのはやめておこう、と思っていたある
分厚い紙の束に手を付けたのは今回の旅の前。
BOSSが手配してくれた6月から7月にかけての
一か月分のツアー資料だ。これをまとめるのが役目。
オイラに渡してくる時はいつも、『ホイ。』くらいの
テンションなのに、この時ばかりは、ニヤニヤして
そっとデスクに置いていった。厚さにして約1.5㎝。
過去最高の厚み。血眼になって公演を決めてくれた
メンバーの想いがさらに厚みを増して感じさせる。
遂に一か月間のツアーをやる時が来たのか…。
盛り上がるぜぇぃ。作ろうじゃないか、私達の
ザ・ロード』。

BOSSの見事な資料は、札幌を何時に出発し、
『サブロク』と呼ばれる下道の36号線を走り、
駐車場に何時に到着し、新千歳空港は何時・便はナニナニ
と、何も知らない人でもソレを見るだけで心は
既にその街へと飛んでいけるものになっている。
(現に、北埜うさぎはこの行程表を眺めながら、一緒に
旅をしている気持ちでいてくれる)

オイラがこのザ・ロードを作成するようになってから、
実はものすごく楽しい作業をやらせてもらってることに
気が付いた。
例えば、2009年以来となる天売・焼尻公演。
あの時、Cheepさんのことを慕い離れようとしなかった少年
は10年経ち、既に働き始めているんだろうな、とか。
意外に訪れるのは初めてというダルとチエは、また
新しい物語を作るんだろうな、とか。
全身の毛穴から溢れ出しそうなほどの大量のウニ…とか。

DSC_1402

(時に、私情が入りこんでくるのがJUNCOのロード。
フェリー内で二人がトランプしてる姿を想像してしまうのです)

他のメンバーよりも先に出発することが多いダルとチエ。
フェリーの中で一体どんな風に過ごすんだろうと
勝手に想像してみたり。
公演地によっては、出番前の食事を自分達で用意
しなければならないこともしばしば。せっかくだから
土地のものを食べたいな、でも時間がないから炊飯器
を持っていってカレーを食べようかな、とか。
おっと、今日は早く終わるし宿も近いぞ。つまり、
『岩国の夜』(ナイトパトロールとも言う)だ!とか、
『倉敷の夜』だ!とか。
初めて訪れる街は、ネットで人口・名物・きれいな川・
海・山・あずましい居酒屋等々、下調べをする。
今回一番気になっているのが、山口県光市の
『おっぱい都市宣言』。大阪府阪南市のマスコットは
クラウドファンディングもやってるようだし、
京都府八幡市の『志ばん宗(ういろう』は食べたいし、
大和郡山市のホテルには5泊もするってんで、
これはもはや家だな とか、丹波市の宿ではホタルも
見られそうだし、兵庫の新温泉町は我らが金麦『檀れい』
の出身地ということは、やっぱり呑まなきゃなとか。

ふぅ…。書いていてお腹がいっぱいになってきたぞ。
あ、愛知県田原市に至っては、アカウミガメの産卵も
見られる場所だと!むぅ~…ニッポン各地では
私達の知らないものが溢れているのだぁ。

もちろん、これは『サブ』の情報。
心揺さぶる最高のステージをお届けするのが最大の
目的。
うまい食事も、美しい景色も、最高のステージと
共に笑える仲間あってのもの。
オイラがザ・ロードに書いたサブメニュー、
どれだけ実現するかしら♪

DSC_1377


行程表を作る時、一度心の旅をし、そしてその紙を
抱えて二度目の旅に出る。
なんて贅沢なことでしょう。
修学旅行で作っていたしおりを思い出します。