ツアーも最終日の玖珠町も無事終え、メンバーとは会場でお別れ。
一足早く北海道へ向かう為トラックで大分港へ。

最近ではなるべく長距離を走らないようにと、ありがたいプランになっていて、
今回はまず初めての乗る航路で大分港から瀬戸内海を横断し神戸港へ。
瀬戸内海の島々を避けながら進み、瀬戸大橋や明石海峡大橋を抜けて行くのですが、
夜の出航で景色は見れなかったので昼間の景色はいずれ見てみたい。

乗船した船は利用客も多く賑わっていました。
九州から関西までお手頃にいける手段として人気なのでしょう。
嬉しかったのはトラックドライバー専用の部屋が喫煙だった事。
今時フェリーでも喫煙所があり、個室や公共スペースでは禁煙なのですが、
部屋に入るとなんと昔ながらのアルミの灰皿が置いてあり、
ベット傍でタバコが吸えるなんて喫煙者にとってなんと嬉しい事か。

翌日早朝、神戸港へ到着し鳥取県に寄り道。
まだ手付かずの山陰地方でも開催すべく、公演のご提案をしてきました。
お伺いした担当者の方が「さっきトラックを見かけましたよ」と、
トラックで営業へ行くと宣伝効果は抜群。
開催にも前向きに考えて頂けるに違いないでしょう…

そこからは舞鶴港からいつもの新日本海フェリーで北海道へ。
いつものように十数時間の睡眠をたっっぷり取り、無事札幌に帰ってきました。

束の間の札幌滞在で道内の島公演のあと、その足で広島県へ向かいます。
船旅もまた続いていきます。
船や海によってそれぞれ違う旅、全国の海も楽しみたいと思います。
IMG_6289