山陽・近畿・東海のロングランツアーも最終日を迎えることになった。
ツアー締めくくりの公演地は愛知県田原市。
山口県光市からスタートしたこの夏のツアーは直線距離にすると約630km。
地図でみるとこんな感じ。
Screenshot_2019-07-08-18-42-25-1~2
一旦日本海側、太平洋側などに寄りながら東へ徐々にのぼりつつ17公演、
移動日も含め延べ22日をかけて廻ってきた。
地図を辿っていくと公演会場はもちろんながら、あのまちこのまちの景色、
訪れたお店なども頭をよぎる。旅だな~と思う。
こんな観光では味わえない体験が我らの「歌旅ぞ」と実感する。
思えば、このツアーはその前の羽幌・天売・焼尻ツアーもほぼ繋がっていたのだ。
札幌に戻るや否やフェリーに乗り込んだダルとチエはほぼ1ヶ月の旅だ。
焼尻のフェリーターミナルで地元スタッフのFさんに土産にもらった
<天売・焼尻ちょうちん>は、今回のツアーで小道具としてデビュー。
Fさん、使わせて頂いとります♪
1562578724028

ツアーでは場所は変わるとも毎日変わらないことも。
歌旅座メンバーのルーティーン。
今日もこれ、愛車トラック歌旅号の搬入口入りからスタート。
1562579352745
ツアー序盤からゲート不具合が発覚したものの、最終日までよくぞもってくれた、
歌旅号。
ここ田原市は、愛知県の南東部、ほぼ渥美半島全域をカバーするまち。
先端の伊良湖岬の先、対岸の志摩半島との間には三島由紀夫の「潮騒」の舞台となった
神島までフェリーで繋がる。時間があればいってみたいところ。

会場は田原文化会館。
江戸時代には普代大名だった田原藩らしく、ユニークな大名行列をあしらった舞台緞帳は楽しく見応えあり。
1562578706338
客席はあれよあれよといううちにお客さんでいっぱいに。
もちろん「初めまして」の皆さん。嬉しいですね。
本番前の楽屋では、歌旅座のはじめての九州公演からずーっと応援してくれ、
今は静岡県にお住まいのHさんのサプライズも。和みの時間を頂いた。
1562578710388
JUNCOとチエの掛け合いは今日も絶好調。会場が笑顔に。
コンサートは、最後まで盛り上がりを見せていた。
1562578713974
田原市の皆さん、ありがとうございました。
またお会いしましょう。

公演終了後はフェリー組、フライト組に別れ、永らく離れていた北海道の帰路へつく。
充実した旅の思い出にうしろ髪をひかれながら。。

そろそろジンギスカンも、恋しくなってきたなぁ。。