夏の北海道ツアー、今度は道北の中富良野町と中川町へと行ってきました。
題して中々公演ツアー。

まずは中富良野町『農村環境改善センター』へ。
到着すると沢山の子供たちが町が主催の夏休み企画のキャンプ事業に出発前のオリエンテーションをしており、自分も地元のキャンプに参加し他校の上級生に面倒を見てもらいながら参加した事を思い出したりしておりました。

子供たちの出発を横目にムンムンとした会場で着々と仕込み。
何度もやっている会場というのと、暑さのせいも相まってみんな無言で作業にあたっています。

過去これまで昭和の歌コンサートやオリジナル曲中心のOLD&NEW公演なども開催して頂いており、今回は新演目『フォークソングの広場』をお届けしてしてきました。

冷房のない会場の為、うちわで仰ぎながらも最後まで盛り上がり大盛況での終演となりました。
BA0D8015-3F4E-4FB4-8BF2-E6633D4F3D53

そして翌日は中川町へ。
8月の最初の週末と言えば、というほど毎年呼んで頂きもう6年目となりました。
なかがわ祭りの一環して呼んで頂いており、お祭の最後のプログラムを務めさせてもらっております。

毎年開催させて頂いているものあり、会場にはリピーターの方ばかり。
その中での新演目は新鮮さも感じてもらえたのではないでしょうか。
C24968E1-18C0-4E33-8C2C-108A31BB4C48

いつも窓口となりご尽力頂いている祭り実行委員会の山下さんにも「やっぱり呼んで良かった、実行委員会にいる限りは毎年呼びたい」とありがたい言葉を頂きました。

もう既に夜は涼しい短い道北の夏、来年も感じに来れたらと思います。
E96ECAD8-DE2A-441B-B435-FE62ADAB170C