秋の関東ツアー3日目は、2015年以来、毎年開催させていただいている日野市七生公会堂。
この日はからっとしているものの、気温32度の予報。
9時に会場に到着すると、太陽はすでに夏の日射しの準備中。
IMG_20191007_122412

IMG_20191005_211739

舞台の仕込みを終え、ランチタイムにはおいしいタルトのデザート、ごちそうさまでした!

今回の演目は「フォークソングの広場」です。
この演目の際、チエに負けず劣らず、数々の楽器を駆使しているのが司会太郎。
主に吹きもの担当、譜面台に丁寧にセッティングされています。
IMG_20191005_211055

フルートの奥のハープを取ろうとして、もしもマイクが倒れたら、
頼りないスポンジの上に乗ったリコーダーが落ち、慌てた太郎さんがフルートを押さえ、
その揺れでタンバリンが音を立てて転がって行く…なんてことになりませんように。

バイオリンのみの私には混乱を来す数。
あらためて見ると、手に取る楽器を間違えないのがすごいです。

毎年聴きに来て下さっている方も多く、客席からは
「じゅんこちゃん~!会いに来たよ~!」と声援が飛びます。
これからも一年に一度、お会いしたいですね!
担当して下さった西川さんはじめ会館の皆様、七生公会堂舞台担当の桜井さん、
ありがとうございました。

そして、東京へ来ると会える、元歌旅座メンバーピヨちゃん。
響き渡る笑い声で撤収を盛り上げてくれました。
IMG_20191006_084454


翌6日は山梨県大月市へ。昨年も700人近くものお客様にご来場いただきましたが、
今年はなんと800名に迫る勢い!と、笑顔の山田館長のお話。
PhotoGrid_1570368747433

公演を支えて下さっているカーテンコールの会の皆様が、お庭から持ち寄って
生けてくださったお花達。前回もとても感激しました。

楽屋裏では、物販のカレーは200個、コーヒーは…とにかくたくさん!手分けしてセットし、
5名は慌ただしく衣装に着替え、7名各々定位置に。
開演前の市民会館全体がそわそわしているのは、やはり800人というお客様の「気」なのだ
と思います。

この日のプログラムは、久しぶりにサーモンズ大活躍のメドレーを準備していました。
幕が上がると、2階席まで満席!額に汗が光ります。
1570415393031

最後の曲の演奏前、「二度あることは…」と話し始めたJUNCOに、
お客様が拍手で応えて下さいました。
「会場の皆様ひとりひとりの気持ちが込められています」と
言葉を添えていただいた花束に、私達も三度と言わず続いて行くご縁を願って。
ありがとうございました!