今日はクリスマスイブですね。
皆さんはどのようにお過ごしですか?
歌旅座のお客様の年齢層を考えるとお孫さんとおウチで
パーティー などがきっと多いことでしょう。

歌旅座の一発目のクリスマス公演は、毎年恒例となりました
岩見沢市の市民交流施設『であえーる』JUNCOとNARIKOの
サプライズ・クリスマスコンサート。
今年もサーモンズの3人がウサギの耳!?いやいや、トナカイの角姿で登場!
2人のサンタのお供として会場を一足早いクリスマスへ誘います。
サプライズというネーミングが付いているものの、
近隣の応援団の方々はさすがにご存知。
6年連続で来ていただいている〈常連さん〉もいらっしゃいました。
公共のひなた広場の昼下がりに響く、JUNCOとナリコのハーモニー。
何も知らずに偶然出くわした買物帰りのお客様の中には、
サプライズな歌のプレゼントによほど感激されたのか、
客席で音響・照明のオペ中の自分に一方的に話しかけて来る方も。
何せ本番中、こんなときは対応する余裕がなく悪いことをしましたが、
このお客様、きっとまた来年も来てくれるでしょう。

師走の慌ただしい憩いのショッピングモールを今年も賑わせてきました。
合言葉は、来年もここで「であえーる」。

IMG_0112

IMG_0106


翌日は長沼町公演。
長沼初の『フォークソングの広場』をお届けして参りました。
今年2月に続き2回目。
複数回やっている会場の場合、着くやいなや「あっ、ここか」
と前回の会場セッティングを思い出す事が多い。
しかし全く思い浮かばず、一から考えて仕込みをする事態に。
二日前から試みている禁煙によるモヤモヤ病なのか、
オイラのもともとの前頭葉が悪いのかは不明だが、大反省。
事前確認を怠ってしまったのであった。
というのは会場によって舞台、照明の操作方法、機材繰りは
古今東西、千差万別。
普段はBOSSと並び、客席の中での音響や照明を操作というのが普通。
ただ今回はBOSSと離れ、客席の最後部にして上部、
調整室からの操作に。
「えっ、今日ダルいないんじゃない?」という日は、
「上」にいるのです。
お客様からはほぼ見えない場所。
ステージはこんな感じで見えています。

 IMG_0131
開演前や休憩中の暇つぶしに『ダルを探せ』なんていかがでしょうか。
それにしても長沼町、前回の「昭和の歌」よりも増して盛上りました。
お寒い中ほぼ満員のご来場、ありがとうございました。

さてクリスマスも真っ只中。
今日は札幌手稲、明日は喜茂別でのクリスマス昭和のうた
スペシャルコンサート。
歌旅座と共に過ごすのはいかがでしょうか?
今年の公演も29日の大忘年会とあわせてあと3つだけ、
まだ間に合いますよ!
是非、各会場でお待ちしております。