この日は今季一番の冷え込みを記録しました。
旭川の江丹別では−36℃だったそうな…。
北海道民でも驚きの数字です。

この日、札幌の最低気温は−15℃。
北海道の北部で育った私にとっちゃ屁でもない気温のはずだったのですが
ここ数年は道外で冬を過ごすことが多かったせいか、札幌も北海道の中では
温かい方だからなのか、すっかり寒さに弱くなってしまったようです。

さておき、寒さに凍えながら車に乗るのを避けるため、早めに会社へ行き
トラックのエンジンをかけておこうとしたとき、事件は起きました。
エンジンがかからないのです。
まさかの故障??
いやいや、昨日までは普通に動いていたのだからそんなはずはない。
考えられるのはこの寒さ…。恐るべし北海道や。

ダル君とどうしたら良いものか試行錯誤してみました。
ダル「熱湯かけてみるわ!」
ちえ「えぇっ!?エンジンにお湯かけていいの !?ダメでしょ !」
ダルお湯かける→びくともせず。
2人「…。沈黙」

ちえ「ドライヤーでしょ ‼ 取ってくる ‼」
ダル「絶対意味ないでしょ ‼」
ちえ「お湯よりいいでしょ!」
ドライヤーかけてみる→雪すら溶けず。
2人「…。」

試行錯誤あっけなく終了。ちーん。

我に返りロードサービスを頼ることに。
到着したのはすでに出発の予定時間を1時間半も過ぎていました。
果たして間に合うのか!?

待っている間、もしもの時のためにトラックを借りれるレンタカー屋を
探し、眠っている司会太郎と事務のイソベっちをたたき起こし応援要請。
JUNCO&NARIKO、BOSSとアリ―は撮影のため一足早く現地入りしていた
ため、傍らで実況報告。

こちらの慌ただしさにサービスの兄ちゃんもやや焦り気味。

兄ちゃん「お湯ありますか!!」
ちえ「あいっ ! 沸かしますっ!! イソベさんお湯ーっ!!」
イソベ お湯沸かす
チエ  お湯届ける
兄ちゃん 凍っているであろう場所にお湯かける
ダル  レンタカー屋探す

そうして30分後。ようやくレンタカー屋を見つけ、歌旅号をあきらめようと
したその時…「ブォン!ブォブォブォブォッッ」
エンジンがかかったのです!
ぽっちゃり金髪の兄ちゃんが、白馬の王子様に見えた瞬間でした。

それから急いで向かうは当麻町にある円明寺!
IMG_20200209_082739
現地に到着したのは11時きっかり。
開場時間まであと2時間というぎりぎりの時間でしたが
スーッと深呼吸。ここからは私たちの腕の見せ所です。
IMG_20200209_161612
一気に機材を下ろし、無言で舞台の仕込み。
BOSSとダル君は音響と照明の操作卓まわり。
NARIKOはマイクのセッティングと物販の準備。
JUNCOはマイクケーブルひき。
アリーは電源確保。
私は照明ケーブル引き。
年に150本のステージをこなすうちにそれぞれの役割分担ができ、それが
すっかり身についています。
1時間のうちに仕込みとリハーサルを終えて昼食まで平らげた時は、一座が
重ねてきた時間の厚みを感じました。
IMG_20200209_161632
お寺の本堂にはこの通りたくさんの方々が。
会場いっぱいに響くお客さんの歌声と拍手は外の気温を忘れてしまうほど
熱いものでした。
間に合って良かった ! この日何度そう思ったことか。
1581347945551
今回の公演開催を企てていただいた射場さん(左)と門脇さん(右)。
これまでも歌旅座の公演開催に係ってくれた方々で、近隣で公演が
あるときには必ず観に来てくれるお二人です。
何度か公演を観ているうちに「俺たちもまたやらないと!!」という
気持ちになったことを語ってくれました。
”想い”を持つ人はいくつになってもカッコイイ。

次回は「まとまーる(当麻町公民館)で」と再会を約束しました。
当麻町のみなさん、またお会いできる日を楽しみにしています。
ありがとうございました !
IMG_20200209_161544