第二次世界大戦が終戦して間もなく、ある曲が
誕生した。菊池章子さんが歌う『星の流れに』

従軍看護師だった女性が東京に戻ると、そこは
焼野原。全てを失った彼女は夜の女として働き
始める。そうすることでしか生きる術がないと
いう『やりきれなさ』を歌ったものだ。
戦争の犠牲となった女の悲しみが詰まった一曲。
yorunoonna


あえて歌詞は載せませんが、三番の内容は
当時同じ思いで生きていた夜の女性たちの心を
涙で濡らしていたことだろう。
昔『パンパン』という言葉があった。
幼い子供から見れば、赤いルージュに派手な
ワンピース、タバコふかして口笛吹き、色目を
使って路上に立つ彼女たちをきっと蔑んだ目で
見ていたに違いない。『生きるため』とは言え。
それでも彼女たちは、荒んだ心と侘しさの中で
生き、赤い唇をクッと噛みながら夜風に吹かれ
瓦礫の中を歩いた。
_20200701_144515


『こんな女に誰がした』
この一言に、行き場のない思いが集結している。
誰かやなにかに気持ちをぶつけられるうちは
まだ幸せってことでしょうか。

公演でたまに歌うこの曲。
今回のこのコロ期間を『糧』とするならば
『やりきれなさ部門』で言えばなかなかの表現力
が身についたのではと思います。
私は、ちあきなおみさんが歌うものが好きです。
景色を思い浮かべさせる歌い手さんはやっぱり
すごいですね。
もし演じるならば、緑魔子さんがいいな。

酒と涙でぼやける街並に
口笛が鳴り響く。
明日は七夕(道南以外の北海道は8月7日)。
彼女たちは星の彼方で
大切な人と巡り会っているでしょうか。