9月下旬、半年ぶりに再開した10日間のツアー。
リズムを取り戻した頃、一度札幌に戻ると、半袖で歩く人はまばらになり、
北海道に短い秋が訪れようとしていました。

10月ツアーは兵庫県からスタートです!

初日は初めての町、西脇市。
道中、山々と畑の緑に、彼岸花の鮮やかな赤が目を引く。
会場となった西脇市民会館は来春、54年の歴史に幕を閉じるのだそう。
line_463193687225852

line_463138240290665

播州織で栄えた地域、華やかな緞帳。
使い込まれた木の味わい。

町の方達は、やはり寂しいだろうな…。
コロナでなかなかたくさんのコンサートはできないけれど、最後のその日まで、
存分に音を響かせてほしいなと思います。
「みなさん喜んで帰っていかれました!」と、上月館長と担当して下さった松田さん。
会館の方が、お客様の様子を見てこんなふうに話して下さるのは、
帰り際の嬉しいひとときです。
line_461399382583464

西脇のみなさま、またお会いできますように!ありがとうございました。

翌日は3回目となる丹波市、春日地区にある春日文化ホール。
今年6月に開催予定でしたが、コロナのために延期なっていました。
去年満席となった会場は、コロナ対策のためやむなく座席制限をしましたが、
それでも客席の上の方までたくさんのお客様にいらしていただきました。
line_461522896828729

山に囲まれた静かな町。
アンケートには「気持ちが明るくなりました!」とのメッセージ、
待ちわびた時間を共有することができました。

今まで通りとは難しい中、温かなかけらを集めるように、旅を再開しています。

今回連泊したホテル、とっても快適で、なんと言ってもごはんがおいしかった♪
夕食を楽しみに宿に戻る幸せ。
2020-10-05-11-46-41-831