美しい景色
猊鼻渓に響く船頭の歌声
ひらひらと舞う紅葉の下で食らうだんご
IMG_0043
歌の旅とはまた違った思い出を刻むひととき。
2日間のノリ日。
いい季節にここに来られて良かった。
行く先々で満席の昼飯時、やっとありつけた店のうどんと
比内地鶏の親子丼のうまさも格別。(セットで690円!)

最近のツアーはBOSSのはからいで出来る限り同じ宿に連泊する
ことが多いのですが、これが本当に疲れを最小限にしてくれる。
天然温泉なんてあったもんなら、まるで今流行りの低温調理の如く
どっぷりと湯につかり、お肉をほぐす。
今回宿泊している宿には、
ビックリ〈18時から21時までアルコール無料サービス〉があったのダ。
地酒『月の輪』をしっかり堪能することも出来る。すごい!
DSC_3008
ほろ酔いの我ら、ホテルのスタッフさんに声をかける。
『音楽やってる一座なんすよ。もしアレでしたらコンサート来てね♪』
なんて。

驚きの瞬間が訪れる。
なんとその方歌旅座元スタッフの友人であると言うではあーりませんか!
さらに、ご両親と三人でコンサートに来てくれると!
オホホーっ!そんなことがあるんですね~。
嬉しい嬉しい瞬間でした。
『これからちゃんとお行儀良くしまーす♪』
と誓いをたてて、部屋に戻る。

旅を続けていれば、こんなことも起きるんだなァ。
点と点が線になっていく感覚。
その線に、『元気』という電流を流して日本中を駆け巡るのだ。

翌日迎えた、初の盛岡市公演。
幕が開くと前列には約束どおりホテルのスタッフ女性とご両親のお顔も。
JUNCOとチエはおなじみのあのデュエット曲を披露。
IMG_0042
一心一体。
まるでチエからJUNCOが幽体離脱したようにも見える1枚。
岩手県民会館、ここ盛岡では初のお披露目ながら、
ご来場のお客様は温かく本当に楽しんでいただいているのを
感じることが出来ました。
IMG_0041
公演終了後は、近隣市町村の方からウチのまちにも是非 と
連絡先を頂戴し、さっそく翌日そちらの市町村のホールに伺うことに。
こちらも「線」としてしっかり繋がりました。
そしてもちろん盛岡市内のお客様とも。
IMG_0040
また会える予感をビリビリしながら、そしてまたビリビリさせる公演
をお届けしにやって来たいと思います。

皆さん、それまでお元気で👋