待ちに待った四国ツアーがスタートしました。
暖かいとはいっても11月。朝晩は冷え込むだろうと思い
厚めの上着とマフラーを持ってきたものの、全く必要なく
日中はTシャツで過ごしています。
天気も良好 ! 暖かい空気とキレイな景色に心癒やされています。IMG_20201119_164155064
さて、初日に訪れたのは徳島県にある藍住町。
その名の通り、かつては日本最大の藍作地帯として知られていました。
その起源は平安時代の初期と伝えられています。

藍住町総合文化ホールの緞帳には「藍色」を使った美しい絵が描かれていました。
一口に「藍色」と言ってもこんなにたくさんの種類の色が。
思わず見入ってしまいました。
長きに渡って伝わってきた技術は財産ですね。
IMG_20201119_153503408
コロナでいつものような満席 ! とはいかずとも、たくさんの
お客様が足を運んでくれました。
1606008089473~2
影の立役者となってくれたのは地元の協力者、秋月さんです。
阿波市でのコンサートを初めて観て以来、何度もコンサートを観ていただき
藍住町でも公演を実現したい と奮闘してくださいました。
IMG_20201119_204558505
翌日は愛媛県新居浜市での公演。
もう何度も訪れている友の街です。
IMG_20201120_141835539
高らかに手を伸ばし、手を叩いてくれる客席のみなさま。
声は出せずとも、伝わる会場の熱気。
ステージもこの通り白熱いたしました。
1606008111001
こちらもまた影の立役者が登場いたします。
真ん中に写っている伊藤さんは、初めて出会った時西条市丹原文化会館の館長さん。
以来、別の会館へ移動されても、退職された後もずっと一座を
応援し続けてくれました。
今回、伊藤さんのご友人、オージローさん、永易さんも加わり
新居浜ブラザーズのみなさんの力で大盛況!IMG_20201120_155149830

こんな時代ですが、旅を続けられること。
観に来てくれる方がいること。
マスク越しでも笑顔を見られること。
支えてくれる方がいること。
色んな思いを噛みしめ、ひとつひとつ丁寧に私達のコンサートを
お届けしていこう。
改めてそう感じた2公演でした。
協力者のみなさん、ご来場のみなさん、ありがとうございました。