ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


まずはじめに、会場にお越しいただいた皆さま、
誠にありがとうございます。

ぶっちゃけ、コンサートを観に行くなんて、
多かれ少なかれの葛藤があったことでしょう。 
なぜこんな時期に公演するのだと思われている
人もいるかも。当然かもしれません。

でも、こんな状況下だからこそ、
元気を分かち合う必要があるのではないでしょうか。
少なくとも、音楽にはそんなチカラがあると信じています。

なんか、カッコつけた書き出しですが。
初めて訪問した香川県三木町にはピッタリな言葉かも。

会館
三木町文化交流プラザの外観。外壁工事ちゅー


各種の制限はありますが、
コンサートは開催できています。
これは幸福なこと。ありがたいこと。
我らがJUNCOも、そりゃあ、リハーサルにチカラが入ります。
JUNCOonPIANO
JUNCOは練習を怠りませんよ。そんな姿を激写


迎えた本番。
地元の方、県境を越えて来てくれた方、
あるいは、かつての公演を開催してくれた
ホールの担当者の方がご来場してくれて。
この担当者の方とは終演後にご挨拶しましたが、
感涙ルイルイしてくださって。

正直に申せば、ご来場者は多くありません。
でも、ここの集ってくれた方々が楽しんでくれて。
これらの公演開催は決して無駄ではないと実感。


JUNCOとNARIKO。
あらためて申し上げましょう。
この2人がコンサートをリードします。
この2人がコンサートの価値を高めてくれます。
そして、JUNCOの歌声が歌旅座です。
J&N
JUNCOとNARIKOの勇姿。この2人が重要


ザ・サーモンズを加えた全員が揃った舞台。
新曲「どさんこどんどん」は、三木町でも大好評。
続く「歌旅」で、クライマックスを迎えて。
全員
賑やかしのザ・サーモンズを加えて。頑張るゾ!


歌旅座としては、
アフターコロナを見据えながらも、
現在の公演旅行は深〜い意味があると
感じでいるのであります。


ここまで、四国に入ってあっしの気持ちを
書き連ねてみました。

司会太郎ではなくて、四海太郎に変えましょうかね。
太平洋・日本海・オホーツク海、
そして瀬戸内海の四つの海という意味で。
改名、検討してみます。
大西洋を入れると五海太郎。
それだと、ちょっと塩梅悪いですな。



三木町、ありがとう。
また、会えますね。きっと。

それでは、ごきげんよう。