「十勝晴れ」に恵まれた気持ちのいい朝の空気を
胸いっぱいに吸い込んで、すっかり馴染みになった
文化センターの搬入口に車をつける。
この公演、麻雀で言えば「南の3局」ラス前である。
ここで盛り返しておかなければ、勝利への道は
なかなか厳しくなる。勝ちにいこうじゃないか。
(音楽に勝ち負けはないのだけれど)

仕込みの時から、座席のディスタンスを確保すべく
十勝の後援会の方たちがスズランテープで手際よく
作業を進めていく。
本番の幕が開いた時、その客席には200名もの
お客さんが待っていてくれた。
音更町だけにとどまらず、近隣の街々からも大集合だ。
一曲ごとの拍手の波が、私たちの胸に響く。
チョコレートより身体に沁みるその波動に包まれて
ステージはまるで冬の花火大会のよう。
この状況下で、こんなにも多くの方の笑顔が見られた
ことは宝物以外のなにものでもありません。

2020年の自粛期間や、コンサートのない時期は
本当に辛かったけれど、その間に創ったNARIKOの
新しいアルバムや、新曲を今この時に皆さんに
届けることが出来たのは、立ち止まらなかったから
こそだと胸を張って言いたい。
そして、その想いを組んでくれる方がいるから。

私たちはいつだって、誰かの心をビリビリさせたくて
モノづくりしている。
亡き中村小太郎さんの残してくれた『どさんこどんどん』
は、こんなにも日本中の人々のことを元気にさせて
くれる。遠い場所から、私たちに『夢はにげないよ』と
エールを送ってくれているような…。
ありがとう。小太郎さん。夢は続いていますよ。

今回、ちょっと新しい雰囲気の新曲も披露しました。
もし気になる方がいらっしゃいましたら、旭川で
お待ちしております。

2月26日、北海道歌旅座は12周年を迎えます。
「南の4局」オーラスです。
この公演を境に、一座はまた数カ月コンサートが
出来ない状況に放り込まれます。
積み重ねてきた想い、これから先の未来
愛と希望だけ抱えて皆さんのところへ飛んでいこう。
大切な人に聞いて欲しい歌が、あまりにも
たくさんあるのです。

この時代の追い風と、皆さんからの追い風が合体
して、私たちどうやら前しか見えないようです。
いつも、本当にありがとう。
_20210217_131004