北海道の雪を避けて旅に出たと思ったら、
意外と底冷えが激しく肩をすぼめている一座です。

前日の南吉先生の下宿先に続き、翌日は安城市のアンフォーレというホールでのコンサート。
今回この2日間をコーディネートしてくれた方は、元知立市の会館の担当だった女性。
違う街に移動してもこうして声をかけてもらえるのは本当にありがたいことです。
アンフォーレ
〈アンフォーレ。この会場に笑顔が溢れました〉


袖幕もなにもない開放的なステージを生かして
「いちご白書の青年」(見てる方はお分かりですね)も客席から登場。
会場が学生運動の世界観に染まります。

いつもとは少し違うセットリストに、
静岡から柿を抱えて来てくれたHさんも大喜びしてくれたようです。

78歳の男性の方が「姉を二人連れて来ました!」と声をかけてくれました。
「私たちも長生きしてまた来るからね~!」嬉しい嬉しい言葉です。

もうひとつ素敵な出会いが。
連泊していた三河安城の宿のそばの中華屋。
全員一致の「今まででNo.1!」
一粒一粒がキラキラと立ち上がる絶妙なバランスとエッヂの効いたチャーハン。
シャキシャキと食感が残る八宝菜やチンジャオロース。優しく寄り添うトマト卵炒め。
口に運ぶ度に、笑顔とため息がこぼれる。
「安い!最高にうまい!また来たい!」
日本語が話せないというシェフに、ありったけのありがとうを込めてあいさつし、
パンッパンになったお腹をさすりながら店を出る。この満足度ヤバいです。
「歌旅座と町中華」。食の中にステージを感じた一座でした。
町の中華屋さん
〈中華屋「長楽」のシェフ達〉