北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : アリタ

秋の関東ツアー第1弾9月、千葉県流山市にやってきました。
ここ流山は吉田後援会長が社会人として教員スタートをした場所。
昨年に続き、会長の当時の教え子さん達が中心に実行委員会を結成。
市内、近隣の関係団体などと連携し2年連続公演を実現していただいた。
吉田会長は今年も駆けつけてくれ、後部座席に発見!
1537081960836

今年はオープニングアクトにゲストが登場。
そのゲストとは昨年日野市公演でも共演した、成蹊大学ギターソサエティ。
1537081957688
歌旅座の照明を担当していたリンタロウが部長&指揮者を担う
15名のクラシックギター・アンサンブルチームだ。
1537081965141
成蹊大メンバーは昨年参加してない新人の皆さんも加わり、
新鮮で心地の良い演奏に会場からの暖かい拍手で幕が開いた。
歌旅座のオリジナル曲「ハルニレの詩」演奏は北海道出身の方からの
アンケートでも「北海道を思い出し涙がでそうになった」とのコメントも。
こういう形で表現、披露することをギターソサエティの活動のひとつの刺激と
なってくれれば歌旅座も嬉しい限り。

コンサート前、先日の北海道の地震を心配する声も多く頂いた。
その声のお返しとばかりに「我々は元気です。そして元気を届けます。」
と、敢えて北海道の曲を取り入れた「昭和のうたコンサート・特別編」を披露。
歌旅座の作詞を手掛ける北埜うさぎも朗読で参加するため、北海道から急遽来襲。
JUNCO・ナリコとの「重ね日」のコラボは会場に深く伝わっていてくれたのでは。
1537081953594
後半はJUNCOの演歌レパートリーや昭和のうたメドレーで
クライマックスを。
なにより、会場の皆さんがじっくりと受けとめてくれるのがわかる拍手の「圧」を
ビシビシ感じることが出来た。

吉田会長の「縁」がすっかり歌旅座の「縁」として繋いで頂いた流山公演。
今年も盛況で迎えられ終えることができました。

ご来場の皆さん、実行委員会関係者の皆さん、成蹊大ギターソサエティの皆んな、
ありがとうございました!
1537081949398
来年もそしてこれからも
またお会い出来ることを楽しみにしております!




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

皆さん、【トムヤムクン】っていうタイのスープはご存知ですよね!?
タイ料理の代名詞。
誰が決めたか、ウソかマコトか世界三大スープの一つと言われるこの一品。
今月のバンコク通信は久しぶりのアローイアローイ・タイランド~トムヤムクン編
をお届けします。

あっ。その前にご挨拶が遅れました。
9月の初め、スコール激しいバンコクにBOSSとやって来たアリーです。
サワディーカップ!

ところで、知らない方のためにウンチクを少々。
トムヤムクンとはタイ語で、トム(茹でる)ヤム(和える)クン(エビ)という意味。
エビがメインの甘辛酸っぱいスープ。
スープといえどもその味や食べ応えはメインディシュになりうる存在感を持つ。
トムヤムクンには2種類あるのをご存知だろうか。

日本の皆さんが持つ定番イメージは、濃厚白濁なスープにチリオイルが
入ったタイプ【ナームコーン】。
こんな感じですね↓
1536027838542-576x294
言うなれば「こってり」でしょうか。

そして、ミルクやチリオイルの入っていない【ナームサイ】こんな感じ↓
1536027835413-576x294
澄んだスープに爽やかな酸味が特徴の「あっさり」タイプ。
東北イサーン料理では豚骨などが入った
【トムセップ】(北海道弁でいうと、美味いべや~スープ)と呼び、
比較的なんでも味の濃いタイ料理にはスープとしてはバランス最高。
札幌・円山夜想で不定期に開催されるタイ料理イベント「メナムの晩餐会」。
不肖ながら料理長をさせて頂く私、アリー。
次回のメニューに決めていた一品なのである。

これまで一体どれだけのトムヤムクンを食べて来たであろうアリーとBOSS。
辛いもの好きが集まる歌旅座メンバーや北海道の皆さんに
本格的な味を届けようというのがメナム。
かつて食べてきたあの店、この店の味に負けないものを作ろう。
かくして、当地バンコクでその味の秘密を探るべく試作を開始した。

どちらかというと2人ともナームサイ派なのだが、
前々回のメナムで「あっさり」のトムヤムガイ(鶏肉)を提供済み。
敢えて挑むのは定番「ナームコン」。
具はシーフード(タレー)の【トムヤムタレー】だ。
さっそく行き付けのホールセールスーパーで食材仕入れ。
エビは生きたままの新鮮なモノが売っている。
1536027865868-387x516
この片手が長いヤツ。タイではポピュラーなオニテナガエビ。
かなり美味く使いたいところだが、日本にはないため断念。
メインはブラックタイガーとイカに。
1536027851974-387x516
*エビを選定していた謎の男
ハーブと野菜はタイではどこのスーパーでも売っているトムヤム野菜セットを購入。
我らヤサのキッチンに揃えられた材料はこちら。
1536027847276-516x387
タクライ(レモングラス)
カー(しょうがの一種)
バイマクルー(こぶみかんの葉)
マナオ(タイライム)
パクチー
生赤唐辛子(かなり辛いヤツ)
ナームプリックパオ(チリオイル)
エバミルク
トムヤムスープの素(エビ出汁)
ナンプラー
イカ
エビ
しめじ

知人のタイ人シェフに事前に作り方をヒアリング。
エビやイカは背ワタや内臓を取り下ごしらえ。
ココナッツミルクではなく、タイによくあるエバミルクを使用。
この辺がポイントか。
出来上がりはこんな感じに。
1536027841682-387x516
まずは見た目より味を重視した。
その味とは、、

うーーん。。
試作にしては悪くないのだが、
かつて食したバンコクのあの店、この店の味を超えていない。
やはりなにかが足りないのだ⤵️
実際にエビの頭で出汁をとった方がいいか?
「カピ」というシュリンプペーストを足した方がいいのか?
はたまたナンプラーが足りないのか?
バンコク郊外のホテルのキッチンに佇む日本人の男2人。
こうして夜は更けていくのであった。

というわけで、料理長の私の都合上、
納得のご提供ができるまで「メナムの晩餐会」はお預けとさせて頂きますが、
トムヤムの秘密を必ずや暴くことをお約束します。ゴメンチャイ(*^-^)

歌旅座のみんなももう少し待っててね。
それでは、この先の続編に乞うご期待!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

先日、JALの機内誌で[パイロットの食事事情]というコラムを読んだ。
長時間の国際線フライトではパイロットもCAももちろん機内で食事をするのだが、
非常事態に備えて、操縦士と副操縦士は食事時間も別々にとるのだと。
メニューも別々。
万が一食中毒を起こしてしまっても対応できるようにとの策であるようだ。
そして食べ終わったらお弁当の箱に「ごちそうさま」や「ありがとう」、
クルーを笑わせる一発ギャグなどのメッセージを書くパイロットが多いとのこと。
作ってくれた人、片付けてくれた人に対する感謝の気持ちとして。
乗組員どうしのホノボノ感が出てますね。

そんな記事を見て、我ら歌旅座の食事情のことを重ねて思った。
公演地では主催者さんが手配してくれるお弁当や、カレーライスなどの
賄いごはん、コンビニでサクっとなどが多い。

しかし札幌出発時の朝は、メンバーお決まりの朝メシがある。
その定番とは、ドゥルルルルルル~(ドラムロール)ジャン!!
北埜うさぎ特製おにぎり「ザ・パワーボール」。
1535599785619
*写真は、パワーボールを手に九州ツアー広川公演仕込み中のJUNCO&NARIKO。

おにぎりは、中味も形もレパートリーがとても豊富。
ある時は、オニギラーズ。
ある時は、食べ応え充分、巨大ライスボール。
具の中身は、メンチカツ+サラダ、ハムエッグ、スパム、シャケ、明太コンブ、
ホタミミジョ(ホタテのひもチャンジャ)、明太高菜などなど。ご飯もチャーハン、
ジャンバラヤライスなどバリエーションがいい。

これを車中で一つ、飛行機内で一つあるいは仕込み中の腹ごしらえに、
それぞれコンディションにあわせて頂くのがこれまた楽しめる。
うさぎさんも一緒に旅をしているようだ。

そして必ず入っているのがメンバーへのメッセージ。
1535599789715
大体、おにぎりの中には一つ二つ大当たりパワーボールが入っている。
なにが大当たりかって!?
うさぎさんと言えば大の激辛マニア。
顔も歪む激辛の中味が。
1535599793272
上のメッセージの④【逃げ場なし】というのがナニだ。
③の【やさしめの、、】も実は優しくない。
はじめからわかるときは辛いもの好きなダルやチエに白羽の矢が立ち自動的に
彼らの胃袋へ。もちろん激しく顔を歪ませながら。
パワーボールこそ美味しさ、楽しさ、文字通りパワーを頂けるオニギリなのである。

そんなエンタメ好きなうさぎさんがこの夏、暑さをぶっ飛ばすのにイイモノ作る
から寄ってらっしゃいと誘ってくれた。
玄関を開けるとそこには「夏の風物詩」なる手作りの旗。
1535599773480
1535599781957
ひと夏の美味しい思い出をまたもらった気がする。

うさぎさんいつもありがとうゴザイマス◎
そしてこれからもパワー補給、宜しくお願いします✌





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

残暑お見舞い申し上げます。
ようやく涼しくなってきた北海道のお盆時期を終え、
バンコクにやって来たアリーです。
サワディーカップ!
早朝5時に到着したスワンナプーム空港は気温27℃ながら、涼しげな体感にオドロキ。
台風の影響もあって今頃日本列島はタイよりも寝苦しい日をお過ごしでしょう。

今月のバンコク通信は、タイの「族」のはなし。
「族」といっても決してバカにしたり、差別的な言い方をしているわけではない。
島国、そして160年前まで鎖国していた日本と違い、
大陸にあるここタイランドは多民族国家。
中国、ラオス、カンボジア、ミャンマー、マレーシアと囲まれたインドシナの中心部
に位置するタイ。
多数を占めるタイ族を含め、この国に住まう民族を愛すべき「族」と呼ぶことにしよう。

今から21年前のこと。
バンコク在住1年位のときに仕事と休日を利用してタイ北部の県へ旅に出た。
チェンマイ空港に降り、日中はちょいと仕事を済ませた後、観光客さながらに
とりあえず定番の古寺や遺跡へ。
夜町にはナイトバザールが出現。
散策すると、カレン族、アカ族、リス族などなど、それぞれの独特な民族衣装に
身を包んだオバちゃんや子供が色艶やかな手作りの織物など土産物を売っている。
小さい体に顔の3倍くらいもある帽子を頭に乗せた、置物のようなお婆ちゃんから、
毛糸のミサンガを買ったのを覚えている。

翌日は、秘境の森が残る山岳地帯のメーホンソーン県へ。
ここは有名な首長族・カヤンの村があるところ。
せっかくの機会、訪れない手はない。
ホテルの現地ツアーの窓口にガイドをお願いしてみた。
奥から出てきたのは、笑顔のかわいい色白のラオさんという女性。
中華系のタイ人かと思ったが、聞いてみるとシャン族という山岳民族だという。
首長族の村では、ラオさんの口利きもあって首長族の女性の家に入らせてもらったが、
藁葺きの何もない家の中にはハンモックが吊られていて、
突然ダンナが寝ていたのには、クリビツ天仰であった。
そんな思い出もシャン族のラオさんのおかげ。

3日目はチェンライ県へ。
チェンライは国境の町メーサイからミャンマー・タチレックへ入る。
昔はケシの栽培で悪名高かったタイ・ミャンマー・ラオスの
「ゴールデン・トライアングル」地帯だ。
すでに観光地と化していたタチレックはモノ売りやモノ乞でいっぱい。
歩いていると、インド系のミャンマー人がゾロゾロとついてくる。
ヘタクソなタイ語や英語で(ここだけは親しみを感じるが、、)、
タバコを買わないかという。
見るとちゃんとセブンスターとかマイルドセブンの新品カートンを持っている。
値段はメチャメチャ安い。
まあ騙されてもしゃーないかと、2カートン買ってみた。
しばらく歩いていたら、突然のスコールでずぶ濡れ。
近くの商店で雨宿りさせてもらったのだが、そこに同じく雨宿りしていた
ミャンマー側のシャン族のおじさんが話しかけてきた。
「そのタバコどこで買った?」
「歩いてたらついてきたインド系の奴らから買ったのさ」
というと、
「ヤラレたな。新聞紙を開けてみな。ニセモノだからな」。
「封を切ってみな」とおじさん。
丁寧にシュリンクされたカートンの中には訳のわからんミャンマーの
タバコとスペース埋めのボール紙が入っていたのだ。
ここまで来たら、旅の恥はかき捨て、笑い飛ばすしかない。

今思うと、このインド系のモノ売りたちこそ、去年からミャンマー難民問題
で世界的話題になっているロヒンギャの人たちにほかならない。
詳しくはわからないが、当時から差別的なものがあったのだろう。

この地域の山岳民族に関しては、現在の「国」が存在する前からこの地に
住んでいた人たちだ。今ではほぼ観光業に従事しているが。
メーホンソーンの山岳民族は、タイ語とミャンマー語を話すが、書くのは
ミャンマー語、宗教はクリスチャンだった。
民族がたまたま「国」に線引きされ待遇も違うのもどうかと思うが、
大陸の国家たる由縁でもある。

タイ全体についても同じである。
東北地方のイサーン地区は、タイ語のほかに現地ではイサーン語というほぼ
ラオス語を常用し、その中でもカンボジアと接する県ではクメール語を常用する。
南のマレーシア方面の県は、タイでは少数ながらイスラム圏だ。
中国からの華人も同化し、欧米ほか世界各国からの移住者との混血も多い。
民族の壁を越えた愛すべき「族」国家として、これからも平和を祈るばかりである。

なんて、昔話も思い出しながら。
明日は、北海道に帰るぞ~

アリーでした。
1534675264267-329x597
*アリー29歳。首長族の村にて。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


♪しれとこ~の岬に ハマナスの咲くころ~

夏の道東ツアー2日目。
やって来ました~
歌旅座の大好きなまち、知床・羅臼町。
1534177960086-516x366
前日入りし、まずは馴染みのある宿の温泉に浸かる。
あ~これだ!この痺れる熱さ。
「熊の湯」を源泉にするこの大地の力を感じるパワー温泉。
明日からの力もみなぎるというもの。

歌旅座と羅臼町、実は公演以外でも「縁」があるところ。
最初の「縁」はBOSSのLOOK時代、31年前にさかのぼる。
会場は同じく、羅臼町公民館。
1534179075495-507x372
1987年「LOOK晩秋の北国編」北海道ツアーで訪れたLOOKのメンバー。
今と同じく、エレベーターのない2階のホールのため、
機材の搬入はスタッフと町の関係者が総出。
今や錆び付いてしまった裏の非常階段から上げたようだ。
それはそれは大変な労力だったとのこと。

コンサートでは超満員の客席で地元漁師さんたちが舞台を区切るロープを
巡りモメ事となり、綱引き状態になったり、
そんな漁師さんが、楽屋に食べきれないほどのカニの差し入れをいれてくれた
というエピソードを聞いた。
公演後は、会場近くのスナックで盛り上がり、そのときにママさんがカラオケで歌った「イヨマンテの夜」が強烈なインパクトがあり、
今の歌旅座のレパートリーアレンジにも繋がったというBOSS談。

2度目は、10年前の2008年。
今は亡きチープさん主演の音楽ドキュメンタリー映画「セイムオールドストーリー
・20年目の訪問者」の撮影が羅臼漁港と羅臼町公民館で行われた。
映画の中でチープさんがあのコンサートから20年ぶりに羅臼を訪れ、
羅臼が「人生ひとつ教わった町」だったという言葉が印象的だった。

3度目は、3年前の2015年の冬。
JUNCOの写真集+DVD「Asian Paradise」に収録されている「海にでよう」。
タイの青い海での撮影がメインであるが、JUNCOの歌い出しは羅臼町公民館
のステージ、ピアノ弾き語りから始まっている。

そして歌旅座の公演も、今日が3年ぶり4回目。
受け入れをしてくれる羅臼町の関係者の方々も顔見知りが多い。
今回いつもと少し違うのは、その方たちが公民館の事業の際、
舞台の裏方を担うチーム「ステージワークス」を結成、お揃いのTシャツで
迎えいれてくれた。

まずはラウス名物、2階への総出で搬入。
統率の取れた面々の仕事ぶりにスムーズに完了。
普通、会場の舞台仕込みは歌旅座メンバーだけでやるのだが公民館のことは任せてくれ~と仕込みも一緒に。
幕開けの準備が整った。
1534177970485-502x377
コンサートでは前述の羅臼との「縁」に触れ、特別コーナーとして、
「セイムオールドストーリー」と「海にでよう」をJUNCOが披露。
会場も暖かい空気に包まれる。

終了後の撤収作業。
再びステージワークスの方々が大活躍してくれた。
会館のエレベーターはもはや、というより彼らにはすでに要らない。
1534177955939-491x404
すべて終えた後、地元の酒屋で彼らとの打ち上げ。
昔話ももちろん、朝から一緒に舞台を作り上げた6男1女のステージワークスの仲間と
裏方話に花が咲いた。
再会の約束と共に。
1534177965714-464x407
勢い余って、行った2軒目のスナック。
店の名前もママさんも変わっているが、31年前にBOSSが訪れたあの店だった。

♪わかーれの日がきたー ラウスの村にも
1534177974357-502x377

これからもまだまだ「縁」が続く羅臼町。
ありがとうございました!
また、会いましょう◎

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.