北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : アリタ

お盆ですね。
心地好いを通り越して、肌寒くなった夜。
あ~あ、北海道の短い夏ももうすぐ終わりか~と寂しさも感じるこの頃です。

長く続いた北海道の熱帯夜。
クーラーのない部屋の中で目が覚め、思い出したことがある。
そう、あれは去年の2月の出来事。
石川県から前ノリで岐阜県は奥飛騨温泉郷へ入った日だった。
古く鄙びた宿で、聞きなれたダルの轟くイビキ(まだ当時は手術前)の横で寝た夜。

こんな夢を見た。
公演会場についていつもの準備に入る感じだが、なぜか小さな丘に集合している
歌旅座の面々。円陣を組みなにやら作戦会議をしている様子。
時は戦国時代なのか?
身なりは着物、その上に鎧いを装備した<いでたち>だ。
それぞれ違う武器を手にしながら、全員目をギラつかせている。
鎖ガマをジャラジャラと鳴らす、ザンバラなオカッパ頭のチエ。
ナリコは髪を後ろで束ね、背中には弓矢を背負う。
(チエはパーカッション、ナリコはヴァイオリンからの繋がりだったのだろう)
JUNCOはそのとき出てこなかったのだが、イメージは金髪アフロを結わえ
肩に大太刀でも背負っていたんじゃなかろうか。
野郎共は日本刀を腰に2、3本差している。戦闘態勢だ。
BOSSの号令と共に戦(いくさ)が始まった。
全員散りぢりとなるが、強い、強い。なんて強さだ。オイラたち。
敵をドンドン倒し前進し続ける。ワッハッハ~笑いが止まらんぞ。オイ。

「フ、フンガァ~~」
と、そのときダルがそんなイビキで邪魔したかどうかは定かではないが、
夢なら冷めないでくれ~と思うワクワク感のまま目覚めた朝だった。

うさぎさんはじめ、陰でささえてくれるスタッフは他にもいるものの、
歌旅座の公演メンバーは現在7人。
「オレたちは七人の侍か、荒野の7人だな」
呑んだ席でのそんな話題がそうさせたのだろう。
samurai
歌の旅が始まった当初、多いときは演者とスタッフでワゴン車2台とトラック1台、
13~14人で廻っていたこともあった。今はその半分の7人。
これまで養った経験、機材の搬出入の効率化などももちろんあるが、搬入、セッティング、撤収作業の速さは今がベスト。無駄がない今もどこか改善できないかを考える。
舞台上でも舞台裏でもそれ以外でもそれぞれの力をベストで出していくこと。
それにより<7の魔力>が生まれるのか。

それを確かめるため、眠れない熱帯夜の別の日、いくつかのシーンしか見ていなかった
黒澤明監督「七人の侍」をあらためて観てみることにした。
「荒野の7人」はじめ世界中に影響をあたえた全編3時間27分に渡る65年前の作品。
モノクロ映像ながら、村の百姓たちの表情や動き、戦いのシーンのリアリズム、そして
7人の侍たちの個性に引き込まれ、一挙に観てしまった。さすが傑作である。

しかし、それとは別に<歌旅座的楽しみ方>があることに気づいた。
数々の黒澤作品ではなくてはならない俳優・志村喬が演じる、
首謀役となるスゴ腕侍・島田勘兵衛
kanbey1s-1
まるで精悍にした司会太郎である。
すでに「7人の侍」に登場していたのかと思うとこれまたさすがの司会太郎。
そんな真夏の夜の妄想 話し・・・でした。
これからも、「歌旅・ザ・七人の侍」を目指し日々是決戦!

そして明日8月14日は、JUNCOとNARIKOの2人が今金町いいとこ祭りに出演!
お近くの皆さまはぜひ逢いに来てくださいね♪
1565544889125



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

山陽・近畿・東海のロングランツアーも最終日を迎えることになった。
ツアー締めくくりの公演地は愛知県田原市。
山口県光市からスタートしたこの夏のツアーは直線距離にすると約630km。
地図でみるとこんな感じ。
Screenshot_2019-07-08-18-42-25-1~2
一旦日本海側、太平洋側などに寄りながら東へ徐々にのぼりつつ17公演、
移動日も含め延べ22日をかけて廻ってきた。
地図を辿っていくと公演会場はもちろんながら、あのまちこのまちの景色、
訪れたお店なども頭をよぎる。旅だな~と思う。
こんな観光では味わえない体験が我らの「歌旅ぞ」と実感する。
思えば、このツアーはその前の羽幌・天売・焼尻ツアーもほぼ繋がっていたのだ。
札幌に戻るや否やフェリーに乗り込んだダルとチエはほぼ1ヶ月の旅だ。
焼尻のフェリーターミナルで地元スタッフのFさんに土産にもらった
<天売・焼尻ちょうちん>は、今回のツアーで小道具としてデビュー。
Fさん、使わせて頂いとります♪
1562578724028

ツアーでは場所は変わるとも毎日変わらないことも。
歌旅座メンバーのルーティーン。
今日もこれ、愛車トラック歌旅号の搬入口入りからスタート。
1562579352745
ツアー序盤からゲート不具合が発覚したものの、最終日までよくぞもってくれた、
歌旅号。
ここ田原市は、愛知県の南東部、ほぼ渥美半島全域をカバーするまち。
先端の伊良湖岬の先、対岸の志摩半島との間には三島由紀夫の「潮騒」の舞台となった
神島までフェリーで繋がる。時間があればいってみたいところ。

会場は田原文化会館。
江戸時代には普代大名だった田原藩らしく、ユニークな大名行列をあしらった舞台緞帳は楽しく見応えあり。
1562578706338
客席はあれよあれよといううちにお客さんでいっぱいに。
もちろん「初めまして」の皆さん。嬉しいですね。
本番前の楽屋では、歌旅座のはじめての九州公演からずーっと応援してくれ、
今は静岡県にお住まいのHさんのサプライズも。和みの時間を頂いた。
1562578710388
JUNCOとチエの掛け合いは今日も絶好調。会場が笑顔に。
コンサートは、最後まで盛り上がりを見せていた。
1562578713974
田原市の皆さん、ありがとうございました。
またお会いしましょう。

公演終了後はフェリー組、フライト組に別れ、永らく離れていた北海道の帰路へつく。
充実した旅の思い出にうしろ髪をひかれながら。。

そろそろジンギスカンも、恋しくなってきたなぁ。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

司会太郎の生誕地は北海道日高町。
4月に行った四国は高知県の日高村。
『ヒダカ』もいろいろあるけれど、本日の公演地はここ日高川町(ひだかがわちょう)。
和歌山県の中部に位置する人口約1万人、森林に包まれた山合いの町だ。
〈日本一長い二級河川〉日高川沿いの川辺町、中津村、美山村の3つのまちが合併して発足。
古くからみかんの産地として知られ、旧川辺地区には〈日本一の鮎の養殖場〉があるという。自然豊かですね~

会場に向け紀伊半島を南へ走る。
高速を降りて山道を抜けるとクネクネとした結構な流れと水量のある川が道脇に現れる。
あいにく空は雨模様だが、晴れていたらマイナスイオンに囲まれているのを感じたであろう。
会場の旧中津村にある日高川交流センターのすぐ裏手もそんな日高川だ。
1562158415282-543x435
ロビーには〈紀州備長炭の生産量日本一〉の展示も。
ショーケースに入った細くまっすぐな黒い逸品。
こんな炭を惜しみなく使っての贅沢バーベキューパーティ、してみたいもの。
1562158410678-531x398
昨年10周年を迎えたという素敵なホール。
町内の各地域、近隣市町村からもたくさんご来場を頂いた。
1562158402459-531x398
きっと皆さん楽しみにされていたことでしょう。お待たせしました。
1562158406669~2-531x398
歌旅座もお応えすべく本日も全力で公演をお届け。
昭和のヒットパレードだけでなく、初めてのはずのオリジナル曲「歌旅」、
「歌旅数え唄」も一緒に口ずさんでくれるほどの温かい盛り上がりだった。
1562158396117-531x398

撤収を終え、お土産に頂いた地元の銘菓。
1562158419759-531x398
えーーっ、○ん○ん饅頭!?
失敬💧よく見ると、
「あんちん釣鐘まんじゅう」
歌舞伎や日舞の演目でお馴染みの安珍・清姫伝説の道成寺(701年建立)もこの町にあったのだった。
紀伊国、やはり歴史がすごい。

そして今回行けなかったが上流の清旧美山村にある椿山ダム湖のヤッホーポイント。
ここでは「日本一楽しい山彦」が体験できるのだと。これも日本一。

実は隠れた〈日本一〉づくしのまち日高川町。
ご来場の皆さんの笑顔と共にしっかり頭の片隅に思い出として収納された。
次回は晴れた日の日高川が見てみたい。

またお会いしましょう✋

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1561539518174-544x368
本日も晴天なり。
今年の関西の梅雨入りは56年ぶりになし。
なんてことはホントにあるのだろうか!?
ペルー沖エルニーニョ現象の影響なんだそうだが、6月だというのに鬱陶しさのない連日快晴の空。30℃を超える暑さも道産子の我らには心地良い気候だ。

常宿にしている奈良の大和郡山から車で走ること約1時間。
やってきたのは京都府八幡市。
「やわたのはちまんさん」と親しまれている日本三大八幡宮のひとつ〈石清水八幡宮〉が、平安の世からまちを見守り続けていることもそうだが、その歴史感はハンパではない。さすが京の都。
日本最古の物語と云われている「竹取物語」で翁がかぐや姫を見つけた竹林も、ここ八幡の地という説もあるらしい。
05~2-540x360
実際には行けなかったのが、ザンネン。
信長も修復したという男山の頂にある〈はちまんさん〉の社殿(国宝)。朱色が眩しい。

八幡市文化センターは満員御礼。
開場時間前にはすでにたくさんの方々の列ができていた。
1561539531969-546x409
回を重ねる毎に来場者数が増え続けているここでのコンサート。
開演直後からの手拍子、かけ声、その〈圧〉がステージ上にもビシビシ伝わって来る。
2部オープニングは新演目の「フォークソングの広場」から雪ん子トリオも登場した。
1561539541093-462x539
後半のメドレーでは、我慢出来ずステージ前に踊り出てくる男性も。
「昭和のうたコンサート」文字通りの歌って、踊って、楽しんで、暑くて、熱い!
ひと足早い初夏の「真夏の夜の夢」のような一夜となった。
1561555481771-1-550x483
3度目の八幡市はすでに友のまちに。
また、お会いしましょう!

終了後、宿に戻った我らを待っていたものは。
1561555485796-531x398
『京都名物・さば寿司』
これも歴史のある文化、地域ならではの一品。
この日北海道から応援に駆けつけてくれたお二方から差し入れに頂いたのだ。
嬉しいですね♪
食べ応えはお腹も心もクライマ~ックス。
もう、しばらくシメサバは食べなくていいっス。
ご馳走さまでした🔘
明日への活力いただきました!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

海よ~ オレの海よ~♪
「七つの海を股にかけて~」なんて昔から世界中を船旅する海賊の常套句であるが、
歌旅座も負けていない。なんたって先週は西沖の対岸はロシアに続く天売島の海を眺め、一挙に瀬戸内海へやって来たのだから。

初夏の本州ロングランツアーが始まった。
初日は山口県光市での公演。道北の羽幌町から戻った夜にフェリー移動していた
ダル&チエと広島空港で合流し、岩国市内の宿にステイ。

翌朝、部屋の窓からは岩国港のコンビナートに朝陽がさし、見たこともない景色に旅感が深まる。いや~山口にきたなぁ と。
1560775296730-561x421
このあたり以前の周防国(すおうのくに)で伊藤博文も今の光市の出身らしい。
歴史あるまち。会場の光市民ホール横にはイチョウの木(?)が巨大なブロッコリーのように立っている。伊藤博文もみてたんだろうか!?などとつい想像してしまう。
1560775302504-539x311
光市は歌旅座はじめましての場所。
オープニングは静かめだったお客さんも昭和の歌々とともに気持ちがほぐれ
最期はステージと会場が一体になっていたのだった。
1560775319348-532x320
光市の皆さん、ありがとうございました。
なんだかまた会えそうな予感が。。
1560775314186-539x426
この日の夜は宿の近くにあったお好み焼き屋さんへ。
閉店時間だったにも関わらず、腹ペコの我らのために開けてくれたお店を切り盛りするご夫婦。キャベツたっぷりの広島風、ごちそうさまでした~
1560775322985-532x399
こうして公演初日も終了。
帰り道、明日どうしても行きたいところがあるとつぶやくチエ。
宿から数キロのところにある、日本三名橋のひとつ〈錦帯橋〉が見たいのだと。
早朝しか時間がなく、誰も付き合ってくれないのかと思いきや朝起き組さんが一緒に
行ってくれたみたい。朝ごはん前に送られてきたのが、ご機嫌なこの写真。
1560775310131-537x373

1560775306153-531x398
早起きは三文の徳。清々しい笑顔の2人。
江戸時代の浮世絵の巨匠、葛飾北斎と安藤広重も揃って描いた錦帯橋の橋桁に座る。
いいっすなぁ。

〈旅レポ〉ばりに盛りだくさんでお届けした初日の様子。
でもツアーは始まったばかり。。
これからも続く旅の記録。どうぞご期待あれ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.