北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : アリタ

先週末あたりからの北海道の寒さ・冷え方は久しぶり。
記録的な寒波といわれているみたいだが温暖化により雪も比較的少なく
暖冬といわれる昨今、逆に新鮮な感じだ。
オイラの寒さのバロメーターは顔の冷たさ。
誰でも体験してるであろう、頬を刺す痛みに似た感触が北海道に生まれた
という実感でもある。
2019年2月、今年はそう、あの夕張公演から始まった
180市町村公演ツアーを敢行して丸10年。
夕張4DAYSの時も確か今と同じくらい寒かったんじゃなかっただろうか。

そんな思いを馳せながら、
関西・中部のツアーを終えフルメンバーでやってきたのは長沼町。
約2年ぶりとなる「昭和のうたコンサート」である。

この日は、早朝からピーカンのお天気。
-6℃寒いといえども、気持ちの良い1日になりそうな予感です。
長沼町。歌旅座の面々の頭に思い浮かぶのは、お寺公演でこの町を初めて
訪れたときに「地元の人は食べないんだけど話しのネタに」
とご馳走になった赤字丼
そして2年前の公演に沢山いただいた地元で愛されるかりんとう饅頭
食は偉大なり。食べ物のことは強烈に覚えているのはご愛嬌。

会場に着くと、教育委員会の皆さんがお揃いTシャツ姿で迎えてくれた。
1549945232412
「沼」にかけてか、底なしの旨さが売りですって。
今では一面雪原となっているが、ここ長沼町は札幌からも30㎞程度
の南空知地区にある夏は静かな農村の町。
北海道内では珍しい「どぶろく特区」に認定されていて、新米ができると
農家さんで濁酒(どぶろく)を作ることができるらしい。うーん、素晴らしい。
最近では全国的に評判の高い北海道のお米、味わってみるのもいかが。

今回の公演は「歌旅座活動丸10年」、そして地元北海道での久しぶりの
公演ということもあり、コンサート第一部ではこれまで作り上げてきた
「歌旅座オリジナル曲」を特別編成で。
2部は「昭和のヒットパレード」をお届けしました。
1549945037977
当初の予定より大盛況となるご来場。
椅子を追加しての超満員の町民会館ホールは、
聞き入る皆さんの感触がステージまで届き、寒さを吹き飛ばす、
「北海道ただいま~」というあたたかい公演となりました。
1549945229394
長沼町の皆さん、近隣町の皆さん、そして遠くからもお越しいただきました
皆さん、ありがとうございました。
寒さもあと少し。
また、元気にお会いしましょう。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ホテル日航成田にやって来ました。1549459275246-561x421

ここでのコンサートは3回目。一昨年の初公演は好評を博し、昨年秋にはホテル日航成田開業40周年記念公演としてアンコール開催。今回はその時お客さんとして来てくれていた、とある会社のオーナーさんからのオファーが。自社セミナーイベントのゲストとしてお招きいただいたのだ。

ここ日航成田に来るのはいつも楽しみ。
なぜならボリカーンディーだから。
ボリカーンディー」とはタイ語で「おもてなしがいい」という意味。我々の合言葉のようなものですね。

前日のノリ日はダルとチエに機材トラックを託し、
ツアー中には珍しく名古屋から成田へ飛行機での移動。
レンタカーをセントレアで返却し、成田空港からは定時運航しているホテルの送迎バスで。ラクチン、ラクチン。
お部屋も最近建てられたビジネスホテルのユニットと違い、〈昭和のホテル〉らしくバスタブは大きく床もフラット。心地いいんです。
窓を見下ろすと昼は成田の森に囲まれた内庭、
夜はライトアップされたイルミネーションが幻想的だ。
ロビーは世界各国からの恐らく成田トランジットする外国人客で賑わっているが、ホテル側の切り盛りでトラブルも無さそう。

おまけにホテルのスタッフの皆さんも声をかけてくれたりアットホーム感がいい。さすがのJALイズムを発揮している。

何よりも楽しみなのがレストランでの食事。
それはそれは種類も豊富で盛り上がってしまう。

まずはチョーバイ(朝バイキング)。
この日は早朝仕込みのため6:00に朝ごはん。
オイラのチョイスは炭水化物多めのこんな感じ。1549459298566-546x410

7時から一挙に舞台作り、リハーサルに励む。

ランバイ(ランチバイキング)。
シェフが切り分けてくれるメインのローストビーフには行列も。
しっかりリバウンディング中のダル。1549459303100-398x531

締めのデザートは2種類のイチゴをトッピングしたクレープにかぶりつく図。

そして本番前のゴーベン(ゴージャスなお弁当)

1549459290298-546x410

思わずワインが欲しくなるお料理の揃いぶみ。これでもか~という食事内容ですが、決して食べているばかりではありません。

これが我らの血となり肉となりメインの『昭和のうたコンサート』もしっかりお届けいたしましたよ。

1549459309196-546x410
なぜこんなにも日航成田をオススメしているのかと思われる方もいるでしょう!?
それはね、だってまた来れるんです。

今年5月、3年連続となるホテル日航成田主催でのコンサートが決定!
リピーターのご来場も増え、盛り上がること必至。
チケット発売開始もまもなく。
1549431754894-1-396x562
皆さんもこの機会「昭和のうたコンサート」を見ながら、ホテル日航成田のボリカーン(おもてなし)を体験をしてみてはいかが?




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今年初のバンコクにやって来ました。
サワディーカップ!
厳寒の北海道から常夏のタイへ。。
とはいえ意外と涼しい1月のバンコクですが、寒さでキシんでいた体が
ダヨーンと嬉しい悲鳴をあげてます。
ありがたいですね。
さて、これまで1章、2章と記載してきた『円山夜想物語』。
今回はその続編をお届けします。

第3章『メタモルフォーシス・円山夜想への変身』

エイジアンブルーの歴史について触れてきたが、これまでの経過の上で
忘れていけないことが2つある。
一つ目はレストラン『円山厨房』の存在。
そう、歌旅座公演でも人気の『円山厨房特製カレー』を生んだこのレストランは、
エイジアンブルーの翌年の2004年、当時のオフィス1階にオープン。
1548730669353-492x369
『円山厨房』が出来、店への食材の供給もより充実されるようになったのだ。
一時ランチタイム営業ができたのもそのおかげ。
特に思い出深いのがエイジアンブルー特製オリジナルの「支那そば」。
あっさりスープにツルツル細麺は週1で味わいたい一品であった。
マルチュウカレーと合わせて現在ライブでも人気の「マルノク・ドリア
この頃からの定番に。

2つ目チープさん(LOOKメンバー。以下:チープ)との出会いである。
BOSSと彼がここバンコクで再会したのが2003年。
それと同時にバンコクのレコーディングスタジオで収録したのが
この作品『NORTH WORD~ノースウォード』だ。
私もバンコクに同行させてもらったが、今思い起こせば「歴史の変わる瞬間」に
居合わせてもらった思いすらする。
1548730663714-561x421
サックスプレイヤー・チープ広石によるインストゥルメンタルで
北海道ソングスの原点ともなる「北」の5曲がエントリーされた
エイジアンブルー・プロデュース」という幻の1枚だ。
このアルバムの登場により、これまでの「本格的バー」から、
「音楽ライブのあるバー」に少しずつ位置付けが変わってくることになる。

チープはその後、パーソナリティとして
ディスカバリーミュージック・ドットジェイピー』を札幌のラジオ局でスタート。
主に「インディーズ」と呼ばれていたアマチュアからプロを目指す
ミュージシャンを毎週ゲストに迎え、番組も好調であった。
このときゲスト出演したのが、我らが歌旅座のJUNCO
チープとの出会いが今の歌旅座へと繋がっていく瞬間だ。

2008年にはチープ主演の音楽ドキュメンタリー映画
Same Old Story~20年目の訪問者』がニューヨークの映画祭で
最優秀音楽ドキュメンタリー賞を獲得。
この映画の中でも「エイジアンブルー」が登場。
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭・招待上映の後は、
「ロケ地」エイジアンブルーでの上映会+ライブも盛大に行なわれた。
1548730677356-405x540
*マルノクでのリバイバルチラシ
JUNCOはその後この店でのチープのライブにも訪れ、仲間に加わることに。
2009年には歌旅座の前身となるユニット『Junco& Cheep』を結成。
日々曲作りやレコーディングなどの作業にどっぷり浸かりながら、
週に2~3度エイジアンブルーのカウンターに〈チーママJUNCO〉として
立つこともあったのだ。
この頃のJUNCOを知ってる貴方はすでにレアな方!?

そんな怒涛のような活動を続けて行く中、今度はテレビ番組の話が浮上。
その番組名こそが『円山夜想・マルヤマノクターン』だったのである。
ケーブルテレビJ:COM札幌で放送されていたこの番組。
撮影場所はエイジアンブルー。
チープがホストとなり様々なゲストを迎えるという設定であった。
じゃあ、ここの「場所」もいっそのこと『円山夜想』に変えてしまおうかと。
1548730673364
*かねてからチープさんと交友のあった作詞家・松井五郎さんゲストの回

チープとゲストのトーク後は毎回Junco& Cheepのライブ中継。
真冬の円山に響く「外は白い雪の夜」。たまらなかったナァ。

え~~そんなことで昔から話がクドくて有名なあっしですが、
「ローマは一日にして成らず」。
『円山夜想』15年を語る上で外せないエピソードを書かせてもらいました。
これがエイジアンブルーからの変身、『円山夜想』の誕生だったのです。
次回は最終章をお届けします。
それではまた♪
アリーでした。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1月22日。早朝。
「早起きは三文の徳」を座右の銘にしている、朝に強いチエに桑園駅に送ってもらい、
JR新千歳空港行きの始発に乗り込んだ。
1548267760542-561x421
いや~しばれてるな~プラットホーム。
これから久しぶりの関東営業に向かう。
ちょうどこの時期の羽田空港行きは、オイラにとってはなんとなく切なくてホロ苦い。
どうしてかって?
それは大学受験を思い出すから。

親父や叔父が学生時代は東京で過ごしていた影響もあってか、
子供の時分から北海道での学生生活のイメージは一切なかった。
高校をでたら一刻も早く北海道を飛び出したかったのだ。
身の程を知らず、東京の大学を受けまくったのだが、見事に撃沈。
待っていたのが浪人生活。
東京行きは翌年以降のオアヅケとなったのだが、この傘張り作業はオイラの場合
1年で終わらなかった。トホホ・・・全く親にもずいぶん苦労させたものだ。
翌年の同じ頃、上京しても「サクラサク」ことはなかった。

1989年。昭和最後の年の2月。例のごとく再上京。
昭和天皇の葬儀のため各国の要人が来日し、空港も厳戒体制で物々しい状況であった
のを覚えている。
そして平成時代の幕開けと同時にこの年からオイラの東京生活が始まった。
「日々是決戦」残念ながら未だ浪人生としてだったけど。。

あれからちょうど30年。平成最後の年。
東京のまちも時代もずいぶんと変わったが、
この時期の暖かい日差し、心地の良い刺すような寒さは昔と同じだ。
ノスタルジックでもあり、あの時のこれから起こる未知なる世界へのドキドキ感や
緊張感も同時に思い出させてくれる。
いい時期に来たな。。と思った。

今回は都内には出ないが、あの頃なかった〈東京湾アクアライン〉を抜け
千葉・茨城・埼玉界隈を回り戻る予定。
1548267755621-558x263
これからは関東にも歌旅座公演の「サクラサク」のを願って。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

標茶公演の後は、町内の温泉宿へ。
ここにあるのは源泉掛け流しのモール温泉。
北海道では十勝と釧路湿原周辺にしかない「コーラ色」とでもいうべきか、
褐色、ツルツルそして激アツの湯に浸かる。
やはり道東・大地の泉はどこも凄い。
煮えそうでしたが、夜、朝とたっぷりパワー注入~。
1547212171663~2-1-540x409
朝ホテル前の羊小屋に現れたつがいの丹頂鶴に見送られ向かうのは、
日本最東端のまち・根室市。
標茶から約2時間の車旅。
根室には独特な名物があるの皆さんご存じですよね!?
花咲ガニやタラバガニといった海産物はもちろん、微妙な食感ワッフルみたいな「オランダ煎餅」、巷のB級グルメブーム以前からのご当地グルメ「エスカロップ」。
そしてもうひとつ。我々歌旅座が大好きなのが「スタミナライス」だ。
以前から根室に来たら行きつけのレストラン〈ニューかおり〉へ。
1547212175433~2-538x439
どうですか、これが、スタミナライス。
この目玉焼きと山盛りの野菜の下には実はカツライスが隠れているのです。
食べ応え充分。再びパワー注入~。

根室市は2016年11月以来、約2年ぶりの根室市総合文化会館での公演。
前回もたくさんのお客様にご来場頂きましたが、今回もすでにソールドアウト寸前と事前情報が。嬉しいですね。
本番前、主催者さんの計らいで用意してくれたお弁当が、バターライスの上にカツ、そしてデミソースがかかる、そう名物「エスカロップ」弁当。
delicatessen_img001~2-530x318
デザートには「オランダ煎餅」が。
またしてもパワー注入~。

会場はこの日を待っていてくれたお客様でいっぱい。
1547212163099~2-534x400
大盛況に終わりました。
1547212183290~2-516x387
最期のパワー注入はお客さんからしてもらいました。

ここ根室市文化会館のスタッフの皆さん、事務の方たちももちろん、
舞台・技術担当の方々の対応も最高。
「やって良かった」と思えるコンサート、イベント作りの心意気が伝わってきます。
根室市総合文化会館事業協会の皆さん、ご来場の皆さん、ありがとうございました。
またお会いしましょう🎵

終了後、市内のお店で打ち上げをやっていただきました。
その席のメインは。
1547212186890-531x708
ダメ押しのパワー注入(し過ぎだろ)~アンコール「エスカロップ」。
病み上がり爆食警報中のダルくん。
本日はカツレツ三昧、幸せ三昧の表情。

4日間の新春・道東ツアーも無事終了。
明日は8時間かけて札幌までのドライブです。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.