北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : アリタ

北海道も初冬を迎え、冷え性ぎみでしたが、
平均気温30℃のタイで回復しているアリーです。
サワディーカップ。
11日夜はライブバー「円山夜想-マルヤマノクターン」
15周年記念・タイフェスティバル「メナムの晩餐会」。
仕入れも順調、ご来場の皆さまお楽しみに🎵

さて今回のバンコク通信は、「円山夜想」(通称:マルノク)
の歴史を4回に渡って振り返ってみることにする。

第1章・エイジアンブルーの誕生
2003年春。
「この辺りにメシの後に行きたくなる店がないな」
マルノクの誕生はBOSSのこんなつぶやきから始まった。
オフィスのある札幌・円山界隈は閉店時間が早く、
心地良く語り合いながら呑める、いわゆる「2軒目」がない。
だったら社員の福利厚生も兼ね、自分たちが行ける
場所を作ろうじゃないかと。

ちょうどそんな頃、裏参道を通りかかると「テナント募集」の張り紙が目に飛び込んできた。
どうやら円山マダム御用達のブティックが店閉いをしたらしい。
(ここが今のマルノクになった場所だ。)
内見すると程よいスペースで内装はこちらで自由にと。
すぐに契約することに。

かくしてプロジェクトが立ち上がった。
店名は、『Asian Blue エイジアン・ブルー』
コンセプトは、アジアのリラクゼーション空間。
フード・ドリンクそして音楽にこだわり、
航空会社のファーストクラス並みの接客サービス。
そして我々スタッフたちの癒しの場。

まず手掛けたのは「箱づくり」。
店内の改装にすぐに取り掛からなくてはならない。
家賃が発生するためやはりプロに任せようと、
当時北海道内で売れっ子の店舗設計会社へ依頼した。
ところが思惑とは裏腹に、見当違いのデザインしか上がってこない。
内装費用もべらぼう。
人に頼むのはやめて「とことん自分たちでやってみよう」
とBOSSを隊長に4名のエイジアンブルー(略してAB)チームが結成された。
この日から怒涛の日々が始まることになる。

ABチームは昼夜問わずテーブルを囲み鉛筆をナメナメ図面作り、
資材選び、運営計画に没頭した。
1544208698638-418x557
(当時のファイルと手書き図面)
時間は資材調達から完成までを含め約2か月半。
すぐに必要なのは、内装を手掛ける職人さんたち。
付き合いのある設備屋さんから、
「腕のいい大工がいるよ」と紹介して貰う。
やってきたのは腕っぷし強そうな強面の大工さん。
今では歌旅座の舞台道具でもお世話になっている
「新琴似のブルースウィリス」の異名を持つSさんだ。
このときが初対面。
Sさんは早速馴染みの職人さんたちに声をかけチームを結成。
準備に取り掛かることに。

我々は建築資材と備品調達のため飛んだのがここタイだ。
当たりのつけていたソファや装飾台を、バンコクのヤサにしている
ホテルに仕入先を問合せ、オーダーメイド。
日中は、茹だる暑さのウィークエンドマーケットを巡る。
いまでも店のシンボルになっているチェンマイの装飾品(ゲサラック)も
このとき出会ったものだ。
1544208687479-559x382
都内のホームセンター、郊外の工場など歩き回り、
タイル、床板、カウンター大理石、テーブルや椅子、厨房内のシンク
やトイレの便器まで仕入に奔走した。
タイ調達の旅は実に3回、40フィートのコンテナ1台分。
苫小牧港に貨物船が到着するころ、現場では解体作業が始まっていた。
いよいよ工事が始まる。
ABチームの心は高鳴っていた。

ここからは大工Sさんを現場監督に作業が進む。
何もないところからの工期は約1ヵ月半。
ABチームの作った手書きの図面と色鉛筆のデザイン画を手にした
職人さんたちにより、思い描いていたものがひとつひとつ出来ていく。
あるときは、現場でアイデアが出て予定よりもいいモノになっていく。
徹夜作業で対応してくれ、立ち会いながら我々も出来ることは一緒に現場作業をする。
カウンター棚の壁紙張りやタイル張り。スピーカーの配線。
装飾品の作成などなど。
一番力をいれていたバーカウンター。チームのイメージ通りに
仕上がったのは感動的であった。
1544208695111-557x418
このとき、大工のSさんが言っていた言葉が印象に残る。
「人が出来ることはやってみれば何でも出来るっしょ」
モノづくりの情熱を教えてもらった気がする。

昼夜共に過ごしてきたSさん現場最後の日。
「いい経験をさせてもらいました」と挨拶に来てくれた。
屈強な男の目に光るモノが見えたときは、思わずもらい泣きしそう
であった。。
こうして想いが詰まった「箱」は完成した。
これからはオープンに向かって始動する。

話は変わるが、マルノクにはエイジアンブルー時代からの掛け軸が
今も飾られている。
BOSSが世界中旅をしていたとき北京で極秘ルートから手にいれた代物。
なんとラストエンペラー-愛新覚羅溥儀の弟・溥傑の書作。
鑑定に出したところ、どうやら本物らしい。
1544208690527-443x549
繊細ながら真があり、遊び心も感じる書体だ。
大意は次の通り。

すぐれた詩人が勢いに乗って詩を作れば、
心はめぐって変幻自在の変化を見せるものだ
詩を通じてそのような文人の友とめぐり会えば
文芸の世界は遊んでいて際限がない

目的を持ち突き進めば、変幻自在のアイデアが生まれ、
同じ志を持つ友とめぐりあい、楽しい日々は果てしない。

偶然にも何だかエイジアンブルーの誕生までのことを
言っているような気がする。
(次回2章に続く)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3年前の2015年11月25日。
我々はタイの名もなき島にいた。
JUNCOのミュージックDVDと写真家・飯塚達央氏撮影による
写真集「エイジアン・パラダイス」ロケのためである。
FB_IMG_1543221209328
(左側・ファインダーを覗く飯塚氏)
乾季に入ったタイの現場は、いや~暑かった。

今年2018年の11月25日。
ヒートテックのシャツとタイツ、そして歌旅座アノラックを着込んだ早朝。
初雪が降り、道路脇にそのまま雪が残る札幌を出発。
道央自動車道を走り、向かうのは東川町。
岩見沢インターを超えると外の様相が変わる。
この辺りから北は本格的な冬景色だ。
1543219344310

先月のはじめ東川町での公演が決まったと、このまちに住む
飯塚氏へ連絡をいれた。
彼の作品は、上述のJUNCO写真集他、アルバムのジャケットや
コンサート内のスライド映像などですでにお馴染み。
言わずと知れた立上げ時から歌旅座を支えるメンバーの一人である。

彼からはこんな話しがあった。
娘さんの所属する東川中学吹奏楽部の生徒が、10月の町のイベントで
「君の椅子」を合唱披露する予定があるという。
今回の公演で久しぶりに共演はできないかという提案。
東川町をはじめ、そのまちで生まれてきた子にひとつしかない「椅子」
をプレゼントするというその取組みをチープさん作曲、うさぎさん作詞
で作りあげた歌旅座のオリジナル曲。
是非、やりましょうと。
1543219358396
当日のリハ風景。
中学校との皆さんとのリハの前に、JUNCO、ナリコと中学生役に
なりすましたチエ。なぜか後ろ向きで歌っているの図。

1543219351790
本番の様子。
舞台中央には「標」のジャケット写真や映像にも幼き頃の姿が登場する
飯塚氏の長女・わかなちゃんが参加。

誕生おめでとう、僕は君の椅子
君の居場所は、ここにある ♪

といううさぎさんの「椅子」が主人公の詞と、
そしてこの町で生まれ中学生となった彼ら。
唄声を聞いていると時の流れを感じながら、特別な感情が込み上げる。
参加してくれた東川中学校吹奏楽部のみんな、ありがとう。

そして10年前にポスター撮影された次女のつぐみちゃん。
1543219363668
彼女もモデル並みのプロポーションになって応援に来てくれました。

歌旅座の誕生もまもなく10年。
将来このような子供たちが夢を追って歌旅座に入ってくれれば
いいですね。

そんなことを考えた東川・ホッカイドウソングス公演は、
寒さを吹き飛ばし盛り上がりました。

12月は、比布町、上川町での「昭和のうた」、
そして旭川の「オリジナル本公演」と道北地区が目白押し。
また、近くでお会いしましょう。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

いまや歌旅座クリスマス恒例コンサートとなっている、
お馴染み、岩見沢市の市民交流施設・であえーる岩見沢
JUNCO&NARIKOのサプライズコンサートとして開催
頂いている場所だ。

過去、昭和ノスタルジア公演や東京物語などもお届けしたことがある、
館内の[であえーるホール]が地階スペースに昨年から移転。
「いつかここのホールでも」と担当の三部さんから話しを
頂いていたが、この日実現した。
開場時には当日券を求める方で行列となり、予想を超えるお客様がご来場。
1541397528385
ホールスペースは狭くなったものの、歌旅座の機材もフルで駆使し、
手作り感のあるステージが出来上がりました。

お届けしたのは歌旅座も久しぶりのホッカイドウソングス公演。
オリジナル曲を含め、北の名曲をたっぷりお届けした。
ここはであえーる。<サプライズ>が付きもの。
今回は、歌旅座の隠れた名曲・司会太郎作詞の「平岸追分」と「流されて伏古」
の間奏に、昭和のうたコンサートの「昭和枯れすすき」でチエが扮する和服姿の
さくらがスクリーン前で「舞」を披露。
1541397524404
あまりに突然、一瞬の登場に会場も
「なっ、なんだ、今の?」と呆気にとられる一方、
ドッっと盛りあがる一面も。
神出鬼没の「さくらの舞」。果てして次回のお目見えはあるのか⁉

お客様との距離感も近く、温かく盛り上がった新・であえーるホール。
1541397520720-1
今年のクリスマスイブも例年どおり、2階のひなた広場に
JUNCOとNARIKOが再登場!
公演最期には、JUNCOから川柳を一句。
クリスマス きっとアナタと であえーる

また来月お会いしましょう✋



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

10/28南房総市公演終了後、トラック組のダルとチエを残し羽田空港へ。

激しい渋滞の東京湾アクアラインを抜け、21時発、札幌行き最終便にはギリギリセーフ。

安堵の表情を見せる、JUNCO、ナリコ、司会太郎を見送り、BOSSとアリーは国際線ターミナルへ向かったのだった。

そんなことで乾季入りしたタイに参りました。
アリーです。
サワディーカップ!

今日の話題は、『読み手CD付き・北海道方言かるた』

1540977469200~2-561x469

 先のブログでも取り上げましたが、
リニューアルしたカルタをここタイで製造し完成。
歌旅座のコンサートグッズとして、この10月ツアーから発売となりました。

カルタといっても巷のカルタとはちょいと違う、
この『北海道方言かるた』をあらためてご紹介しましょう。

誕生は歌旅座結成前の2003年。
実はこれ、歌旅座メンバーのオリジナル商品なんです。
アイディアの発端は、歌旅座で以前照明を担当していたリンタロウ(当時小学生)。
彼が冬休みの自由研究で作った手作りカルタを元にこれは面白いぞ!とプロジェクトチームが立ち上がった。

コンセプトは「北海道ネイティブが作る、5感に訴えるカルタ」。
そして「北海道の地元に愛され続ける商品に」
かくして制作者探しが始まった。

絵札の制作は、はた万次郎氏(釧路市出身)
当初、北海道らしいほのぼの感を出せるイラストレーターを一般公募してみたがなかなか出会えない。
ちょうどその頃、JR北海道の車内紙での漫画エッセイの連載や、かつて週間ヤングジャンプやビジネスジャンプで作品を連載していた人気漫画家・はた万次郎氏が候補に浮上。
そのヘタウマ画風は、はた画伯とも呼ばれ熱烈なファンもいる。
東京から北海道へUターン移住し、下川町に移住しているらしい。
ダメもとでお願いしてみようと、直接アポを取ることができた。
打ち合わせに向かったのは下川町の隣町の名寄市。
歌旅座公演ではすでにお馴染みの街であるが、
この時がアリーには初めての名寄市訪問。
はた画伯は快く制作を受け入れてくれ、拙い指示書だけで10日もかからず、仕上げてきてくれたのを思い出す。さすがプロの仕事。

読み札のCD読み手音声は、谷崎尚之氏(芦別市出身)
地元で自ら劇団の主宰も兼ねる、俳優・声優・ナレーター。
ちょうどこの頃は、北海道の人気バラエティー番組で「ヨネさん」というお婆さん役で人気者だった。
北海道内で当時テレビ・ラジオで谷崎さんの声を聞かない日はない。
と云われるほど活躍されていた方。
谷崎さんも快諾してくれ音声レコーディングに参加してくれた。

初版のパッケージデザイン担当は、司会太郎(日高町出身)
このときは、某デザインコンペで表彰され賞金まで頂いたのですよ。

出来上がった「CD付・北海道方言かるた」
「生きた方言と札毎に違うBGMや効果音が入った面白CDも付き、楽しみながら方言の文化も後世に残せる商品」とメディアにも大きく取り上げられ、
地元北海道では4万個を越えるヒット商品になったのでした。

そうして、15年越しでの今回のリニューアル版。
何がリニューアルしたのかと言えば、コレだ!


1540977473945-1~3-435x573

 ボーナストラック札「そだねー」入り。
この札の絵札イラストを描いたのは、
我ら歌旅座看板シンガーのJUNCO(石狩・旧浜益村出身)。

ジンギスカン鍋に喜ぶ2人もどことなくチエとダルに似てますね~
おまけに「そだねー」の読み手音声もJUNCOが担当、効果音は音響担当のダル(釧路町別保出身)が制作。
2人とも北海道ネイティブとして特別参加だ。

その「そだねー」の読み手音声はこちらから試聴できますよ。↓

価格もなんとリニューアル。
これまでの@1800円から@1500円に。
お買い求め安くなりました◎

1540977465157-565x564

さて、リニューアル版かるた、今後道内のお土産さん等にも登場しますが、

11/3札幌・教育文化会館、11/4岩見沢・であえーるホールを皮切りに北海道上陸します。
道産子だからこそ楽しめるこのアイテム、
北海道の皆さん、どうぞお楽しみに~♪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

マサカリかついで~キンタロ~ 熊にまたがり お馬の稽古~♪

会場に向かう車中、
JUNCOの携帯からほのぼのと流れてきたのはこの童謡。
去年の9月、はじめて訪れた金太郎の里・南足柄市。
雪化粧をした富士山の巓を拝みながら、
今年も会場となる南足柄市文化会館(金太郎みらいホール)にやって来ました。1540440891836-551x388

去年は楽屋前に貼られていた「ようこそ!南足柄へ!」のステッカーは、

今年は、「おかえりなさい!」に。去年公演ブログ参照

1540440877673-511x418
テーブルに並ぶ13本のお水。

何やら、タグが着いてるぞ。あーっ。

「国士無双、作っておきました♥️」と会館担当の北村さん。
麻雀好きな我ら面々のことを想う演出まで。
ただいま~~南足柄✋
予感はしていたが、そう、ここはすでに「友のまち」に。
会館の皆さんのおもてなしが、嬉しいですね◎

この日は地元の4人の中学生がちょうどホールに職場体験に
来ていて、前日からポスターの制作、この日はお客様アンケートの準備、チケットのモギリなどお手伝いしてくれました。

1540440898667-548x308
緊張の中のいい笑顔。キラキラ眼癒されますね。

地域ぐるみの取組もさることながら、
彼らのこういう経験が未来に繋がることに期待大!
お疲れさまでした。
1540440868960-395x540
ロビーは開場前から並ぶお客様でいっぱい。
市内はもちろん、近隣のまち、中には以前の公演を見て、
伊豆・下田から車で5時間をかけてくれた方、そして北海道からも足を運んでいただいた方も。
公演は去年とは違うプログラムも披露、終演後には
「来年また来てね」。
「ウチのまちにも是非来てほしい」。
たくさんのお声をいただきました。

文化会館のスタッフの皆さん、
ご来場頂きました南足柄の皆さん、ありがとうございました。

1540440865352-534x400
ハイ シィドウドウ  ハイドウ ドウ♪

歌旅座もまた大きくなって帰って来ます。
また、お逢いしましょう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.