北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : アリタ

Every Month Go To Thailand!
今月もスケジュールの合間を縫ってバンコクにやって来ましたアリーです。
サワディーカップ。

今回の目的は色々あるんです。
滞在初日。
まずは、歌旅座の新グッズNEW〈スタッフTシャツ〉と
NEW〈サーモンズポロシャツ〉をゲットしに。
先月BOSSと共に開拓に行ったボーベー市場。
あたかも昭和の闇市のような佇まいを残す、コアなバイヤー達が集まる衣料品問屋街。
そこで見つけた店で、発注したナニを受け取りに。
1531903999035-411x534

*スタッフTシャツ
情報は、後日このブログにてお知らせするので省くことにするが、上々の仕上がりに。
発売はまもなく。お楽しみに🎵

2日目。
「楽屋珈琲」ですでにお馴染みのラオス産コーヒーブランド「DAO」のタイ本社へ。
1531904004954-387x516
タイ国内でもスティックタイプの3in1は人気が高いらしく今月は在庫薄。
が、交渉により何とか最低数は確保。
全国の楽屋珈琲ファンの皆さん、安心してください。
会場でも沢山購入可能ですよ。

そして3日目。
今回のメインがこれ。
1531904026811
北海道方言かるた〉の再販製造の打合わせである。
ここでも何度か書かせて貰ったが、このカルタの誕生の元になったのは、
歌旅座・照明担当だったリンタロウ。
彼が小学生のときに夏休みの自由研究で作った手作り「北海道かるた」が
アイディアのきっかけになったのである。

2003年発売当初は北海道内で大ヒット。
マスコミにも多く取り上げられ、楽しまれるのと同時に、
「なまらは、北海道弁じゃないっしょ」、「こんな言葉は知らないべさ」など、
北海道新聞のコラムでは方言論争まで飛び出すくらい話題になった。
ことば、方言は地域や時代により変化していくものであるが、道民に「方言」の
再発見や興味を誘えた点は、北海道生まれの我々とっては嬉しい思いであった。

あれから15年。
カルタの製造地は、タイ、中国、台湾、日本と状況にあわせて変わってきたが、
初心に戻りタイ製造を現在考察中。
行ったのは、以前製造委託していたことがあるA社。
1531904323400-515x325
訪問は10年ぶりくらいだろうか。
門に入ると「あーここだ」と当時のことが思い返される。
ここはタイのメジャーどころレコード会社のCDやDVDパッケージを昔から作っている
ローカルの老舗会社。クオリティも高い。
中に入ると、レコードジャケットやプロモーショングッズなどのサンプルが
ずらりと並ぶ。
1531904015871-561x421
担当者も我々の仕事のことを覚えてくれていた。
時代はかわり、これからは小ロット対応での製造を確認、
どうやら上手くいきそうな手応えあり。

発売はこの秋。
一度パッケージリニューアルもしたが、再度リニューアルの見込み。
JUNCOが読み上げる札のボーナストラックも企画中。
歌旅座の会場グッズとしても登場の予定です。
乞うご期待!

さて昨日久しぶりに食べた屋台のお粥セット。
お粥は一杯約20円、トッピングと合わせても1人あたり150円で満足。
1531904012420-532x376
北海道弁で感想をいうと、

『なまら安くて旨いから食べらさるっしょ。
タイに来たら、食べてみたらいんでないかい。』

したっけね! from バンコク





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


東北5日間の公演を終え、この日は北海道へリターン。
次の公演地・函館へ発つため、早朝4:30起床。
昨夜はコテージでの北海道風スキヤキをたらふく頂き、
パワーチャージし、向かったのは青森港。
1530963400891
*朝もや漂う青森港を歩くJUNCOとナリコ。
1530963405032
そう、函館へは津軽海峡フェリーで海を渡るのだ。

旧国鉄時代から青森駅~函館駅を結んでいた〈青函連絡船〉は、
青函トンネルの完成により昭和63年に終航したが、それに変わる航路がこれ。
昭和の北海道では中学の修学旅行の定番だっただけに、
津軽海峡は旅感をいっそうかきたてる。

軽く寝オチしている間に函館港に到着。
向かったのは地元のコンビニ・ハセガワストア。
函館名物〈焼きとり弁当〉をいただく。
この地域で応援してくれる方が、以前差し入れをしてくれて以来、
一座の楽しみでもあったのだ。
豚串なのになぜかヤキトリの不思議弁当、
お~、やっぱりウマい。旨すぎて撮影するのも忘れてしまった。
訪れるまちを感じる〈食〉は歌旅座には大切なことなんです。

今日の会場は久しぶりのお寺公演となる真宗寺。
ここ真宗寺での公演は3回目。
今回は北海道内で好評の『ホッカイドウ・ソングス』を交えて披露しました。
1530962220884
あわせてこの日は七夕前日。
歌旅座からお客さまへスペシャル企画が。
2部の中で七夕にちなんだ『星空ソング』をこれまでにない新しいカタチで
3曲お届け。
この3曲の曲名を会場アンケートに書いて、全て正解の場合は、
『歌旅座・楽屋珈琲』をプレゼント。
皆さん、ゲットされたでしょうか?
1530962229166
*JUNCO函館でほえる
公演終了後は、毎回大いに盛り上げてくれる、
伴田住職ご家族、すでに顔馴染みの役員の皆さんと打ち上げを
していただいた。
住職が惜しみなく出してくれる素敵なお酒の数々、
世代を越えた楽しい会話に、若さんの超絶テクの指笛、自然にわきあがる歌声♪、、
酔いのせいか、楽しさのせいか時間を忘れてしまう宴でした。
CollageMaker_20180707_231245693
1年に1度はお会いしたい真宗寺の皆さん、
そしてご来場の皆さん、ありがとうございました!
また、お会いしましょう。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

フェリーで出発した先発隊を追って、NARIKO、BOSS、アリタの
3人は早朝、千歳空港発の岩手花巻空港へ。
本日の会場、遠野市みやもりホールに到着したのは朝9:00。
いやあ、こんなに早く海を渡ってもこんな時間に到着するんですね。
前日は同じホールで地元有志の方たちとの発祥ワークショップがあり、
すでに先発隊が舞台仕込み済み。
到着してすぐにリハーサルが開始。
1530463981332
遠野市。いつかは来てみたかった町のひとつ。
柳田國男が明治43年に著作した、『遠野物語』では皆さんご存じの
カッパ伝説や座敷わらしに天狗、などなど妖怪の住まう里と言われる処だ。
ただ単に自然豊かというよりなにかメルヘンを感じる土地柄。
会場がある旧宮守村地区は、かの宮沢賢治の作品『銀河鉄道の夜』の
モチーフとなった『めがね橋』からすぐ。
なんだか自然と盛り上がるのです。
1530463973871
楽屋にはいると、会館の方からメンバーそれぞれにサプライズプレゼントが。
それがこれだ。
1530463987527
『カッパ捕獲許可証』写真入り。
この日のためにわざわざご用意頂いたのだ。
開演前には、市長さんが見えられ聞くところによると、
市内の「かっぱ淵」でカッパを捕獲すると、賞金1000万円!だそう。

前日入りしていた司会太郎曰く、
「遠野の名物は妖怪だけじゃないぞ。
食べ物やスイーツもたくさんあるぞ。
おまけに街にいったらなんとジンギスカンが名物だぜ、ベイビー」。
楽屋にはそんな名物スイーツでおもてなしを貰った。
粋な計らいですね🎵
1530463996085
公演では、前日からワークショップに参加してくれた地元の老若男女で結成する
〈遠野カッパーズ〉(司会太郎がアドリブで命名)の皆さんとともに
「ハルニレの詩」をJUNCOが披露。一体感と温かさを感じた。
1530463969932
コンサートもすすむだんだんと心高まるお客さん。
クライマックスでは声援もかけてもらいました。
1530463966256
せっかく頂いた、カッパ捕獲許可証の更新も1年毎。
らいねんもきゅうり印をもらいに来なきゃ。
遠野の皆さん、ありがとう。
またお会いしましょう!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

アリタです。
今年はまだ暑い夏の訪れのない、北海道。
7月には暖かい夏がやってくると今から期待しているところですが、
そんな短いながらもいい季節の北海道での公演があります。

場所は寿都町。
日本海側、シャコタン半島の南、穏やかな寿都湾を囲む、
カキ、ホタテ、ホッケ、シラス、ほかほか海の幸ユタカな町。
この時期「旬の食」は最高ですね。
今年はかつての蝦夷地が「ホッカイドウ」と名付けられて150周年ですが、
ここ寿都町はなーんとなんと開基350周年。
江戸時代には「交易の商場」として、昭和の時代にはニシン漁で栄えた
歴史たっぷりの町。
そんな記念すべき町の寿都町開基350年記念事業として開催が決まりました。

寿都町といえば、歌旅座との縁も強く、2009年の初公演から毎年開催いただき、
今年は歌旅座10年目と同じく10回目の公演。
その間、歌旅本公演・昭和ノスタルジア・淳子夜想シリーズ・チエのデビュー作
東京物語。。などなどあらゆる演目を披露し、会場も文化センター・お寺・道の駅
・温泉と様々。歌旅座にとっても思い出一杯のまちです。
1529990940614

記念すべき今年は、8年ぶりとなる文化センター・ウィズコムでの
「昭和のうたコンサート」です。
いつも暖かく迎えてくれる寿都町の皆さんにパワーアップした公演を
お届けしますよ~。
《公演情報》はこちら↓
〇開催日 7月26日(木)
〇時 間 18:30 開場  19:00 開演
〇入場料 1000円
〇会 場 寿都町総合文化センター ウィズコム 
       開進町187‐1 
お問い合わせ、ご予約はこちらまで。
一般財団法人寿都観光物産協会 0136-75-7201
北海道歌旅座 011-623-6680
1529830711591

開基350年とともに、古き良き昭和の思い出に浸るひととき。
みなさまのご来場、お待ちしております!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今年50歳になった。
「50」という節目になる年のせいなのか、最近旧友からの連絡が多い。
中学や高校の同窓会のお誘いである。
9時-5時勤務、土日休日の世間とは違う生活を送る我らにとっては
なかなかスケジュールが会わず、30年ぶりの中学の同窓会は欠席した。
が、先日、同級生5人が時間をあわせて札幌に会いに来てくれた。
数十年ぶりに顔を合わせる友人たちは風貌は変わっているものの、
童心に戻るとはこのことか、皆んな少年少女!?のままの話題になり、
楽しい夜だった。
同窓会はこれ以上でもこれ以下でもなく、こうあるのが一番だ。
人生50年ともなると皆それぞれの歩み方。
それなりに悲喜交々もある。
仕事も「生き方」も違う。
ここから新しい何かがはじまるというのは考えにくい。
と、そう思っていた。

先週、営業で久しぶりに東京方面へ。
ちょうどいいタイミング、相談したいこともあって、
昨年に続き、今年も2年連続で「昭和のうたコンサート」
の開催が決まっている千葉県・流山市のOさんに連絡をさせてもらった。
この日は実行委員会の方々で「飲み会」があるという。
そこに参加させてもらうことにした。
「何時くらいにお伺いすればいいですか?」と尋ねると、
「午後3:00頃からやっています」とのご返事。
「え~~っ。早っ」と思ったが、仕事を済ませ、
1時間ほど遅れて参加させてもらった。
場所は柏駅から歩いてすぐの立呑みモツ焼き屋さん。
いい佇まいのテラス席に紳士4名、淑女2名の久しぶりに見るお顔が。
おー待ってましたと到着を歓迎して頂いた。

この実行委員会の方々、昨年の流山公演リポートブログ
書かかせて貰ったが、北海道歌旅座後援会長・吉田聰氏の教員生活
初年度の教え子さんたち。
聞くところによると還暦をすぎる今も同じように1ヶ月に一度集まる
大の仲良し。
実は皆さん中学時代は全員が吉田クラスだったわけではない。
吉田先生ファンの教え子さんたちなのだという。

お酒の席が進むにつれ、またまた先生との思い出話しに花が咲く。
吉田先生に憧れて教員になったというAさんは自分はこんなに人を
惹き付ける先生には慣れなかったと話してくれたが、
その雰囲気は吉田会長にかなり似ている。
もはや懐かしさを求めるただの同窓会ではなく、
吉田会長を扇の要にした同志たちの集まり。
素敵な人生の先輩たちに仲間入りさせて頂いた楽しい1日だった。
それにしても皆さんお酒が強い!
1529743101114-540x436

全国各地の歌旅座、公演開催の仕方もいろいろあるが、
吉田会長、そして教え子の皆さん方の日常には味わえない
「もうひとつの別の広場」となる、年に一度の流山公演。開催は9月。

ここからは、新しい何かが始まるかもしれない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.