北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : アリタ

どうも、アラフィフのアリタです。
フィフティー・イヤーズというのが区切りなのか、
去年あたりから急に同窓会のお誘いが増えてきた。
そのなかに先輩、後輩からなる小樽の高校の剣道部の集まりもあった。
残念ながらいずれの会も出席できなかったが、
それを機会に脳の奥底に収まっていたある記憶がよみがえってきた。

オイラは剣道少年だった。
始めたのは小学校1年生のとき。
きっかけは近所の幼なじみ3人でのチャンバラごっこ。
「ヨシカワくーん」でお馴染み青春ドラマ『俺は男だ』。
この頃テレビでは再放送されていて剣道がカッコ良く見えていたこともあった。
週3回の夜、道場のある体育館に稽古に通う。
しかし、楽しかったのは初めた頃だけ。
剣道は大嫌いであった。
「礼にはじまり礼に終わる」武士道精神はいいものの、
勝ってもマジで喜ぶな、どんなことでも目上の人には礼儀を重んじろ、
子供心にも剣道は理不尽さそのものだった。なによりも辛いのは稽古。
まるで鬼のようなおっかねぇー先生もいて強烈な面の痛さや息もできない
掛かり稽古に何度も泣かされた。
おかげで根性だけはついたのかもしれないが。。

そんなことであったのだが、高校では迷わず剣道部を選んだ。
嫌でも続けてきた〈剣道〉に向き合ってみたかったからだったと思う。
それに高校剣道部は市内では「文武両道」的な伝統もあり子供のころ
からの憧れもあった。

小学校のそれとは真逆で高校の練習はキツくもあったが全く苦ではなかった。
毛無山の麓を2km走り、そのあとの稽古が毎日のルーティーン。
たまに市内の大学、札幌の道場にも出稽古にいく。
高校から初めて剣道をはじめた先輩や同期もガチで稽古に励んでいた。
剣道は個人競技だが、学校別の団体戦がある。
とにかくチームためにも本気で強くなりたかった。

練習の厳しさはありながら、その分ふだんの先輩、後輩の縦関係が薄く、
いい雰囲気の部活であった。
剣道のおかげで充実した3年間を過ごした。
我が青春の1ページだ。
20171127212615~2
つい先日、そんな時を共に過ごした高校時代の後輩からLINEで新聞記事が
送られてきた。
「115年の歴史に幕」というタイトル。
「令和」という新たな時代の幕開けとともに、旧制中学校時代の明治36年
から115年続いてきた我ら母校の剣道部が廃部になるという。
少人数でも最後まで頑張ってきた現部員も悲しい出来事であっただろう。
寂しいことだが、これも少子化の影響や時代の流れによりやむを得ない。
が、〈剣道〉自体も未来のために魅力的になるべきではなかろうか。

歌旅座の「昭和のうたコンサート」内MCでJUNCOが最近話していること
がある。
 昭和から平成、そして令和という新しい時代を迎えた今も
 昭和のうたは決して色あせない
 それはうたと共に昭和に生まれた人たちが輝いているから

温きを故ねて新しきを知る。

昭和のうたも音楽もそう。
武士がいた時代から今のスタイルの〈剣道〉として普及したのは戦後以降。
剣道もザ・昭和だ。
武士道精神を新しい世代、より広く世界中に伝える魅力のある
〈武道・スポーツ=剣道〉になることができるはず。

そんなことで原点に帰るためにも、この曲を聴いてみたくなった。
「俺は男だ」の主題歌。
森田健作『さらば涙と言おう』作詞:阿久悠,作曲:鈴木邦彦
30年遠ざかっていたが、たまにオイラも素振り100本でもしてみよう。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

回を重ねるごとに益々の盛り上がりを見せてくれるのが嬉しい。
ホテル日航成田のコンサートも無事終了。
関東5連続公演を終え、次に向かうは九州。
快速撤収をして、ダルの運転する機材トラックは
フェリー出発時間の迫る、東京・有明港へGO。
CollageMaker_20190601_220614463-537x537
乗ってしまえば、徳島経由で北九州は新門司港まで約35時間のフェリーの船旅だ。
ここは船旅好きのダル、暫しのガッチリ休息が始まることであろう。

他メンバーの翌日は次の公演地へ出向く「ザ・のり日」決して観光地に行ったりはしないが、のり日は〈旅〉を感じられる楽しい時間だ。
今回はツアー中には珍しい空の移動。
1559394017677-561x421
九州上陸は何度目だろうか。
成田空港を出て2時間、見慣れた空からの景色を眺めながら、
またやって来ました福岡空港。
福岡ではすぐにたびたび利用している〈牧野うどん〉へと行く。
ちょうどお昼どき、地元の人で物凄い賑わい。
「いらっしゃいませ~~何名様?」
威勢のいいオバチャンの声が響くとその独特な発声をモノマネ上手なJUNCOが真似る。
あまりにソックリ。我らを和ませる。
1559394029553-486x539
今日のうどんのダシはステージで身体を動かしていないせいなのか、
いつもよりしょっぱい。しかし麺のコシはグッド。
九州にやってきたな~と実感する。

初日は熊本県荒尾市内のホテルにステイ。
ある目的があり、BOSSがここに宿泊の手配をしてくれたのだ。
今回のツアーは移動が多く、なかなかミーティングの時間がとれなかったため、
到着するとホテルの1室に集まり営業会議が始まる。
1559394036966-483x541
ベッドがミーティングテーブル代わり。
イメージが膨らみ、また新たなツアーがこういう場面からも生まれる。
これも歌旅座流だ。

ミーティングが終わると目的地へディナーに繰り出す。
これまでのツアーで、ニッポン全国にまた来たくなる沢山のお店が出来た。
ここ荒尾市にある中華料理屋さんもそのひとつ。
とても気が良く、還暦過ぎにはみえない上海出身のママさんが1人で切り盛りする。
変わらない笑顔で迎えてくれた。
1559394024560-538x331
ママさんが作る本場の料理1品1品には紹興酒が実に合う。
生まれ育った上海の話し、日本に来た時の身の上話に花が咲く。

コンサート会場ももちろんであるが、歌旅座の〈旅〉の醍醐味はそこに住まう人との
出会いだなぁと思う時間を過ごした。

のり日は楽し。。
のり日はツアーで回ってきた街まちを思いだしながら、そして次なる公演地に向けて
リセット出来る1日。
これからの新しい出会いに思いを寄せながら。

パワーもフルチャージ。
さあ、九州ツアーが始まります!




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5月25日午後5時。
成田空港第2ターミナル。
千歳からのエア組、バンコクからのエア組、
苫小牧港から大洗港経由のフェリー組と3方から集結した我ら7人。
ほんの数日とはいえそれぞれ別に活動し、新たなツアーに向かって
顔ぶれが揃うのは気分が上がるいい瞬間だ。
そこから北へ走り福島県へ入る。
ほぼ2年ぶりの南会津町公演に向けて。

2~3日前JUNCOから
「26日の会津、気温激アツらしいっすよ」との情報があったのだが、
実は北海道が日本で一番アツかったというなんとも珍しい日。
ラッキーな北海道脱出と言ってもいい。

会津地方ももちろんピーカン。
ただ暑くとも、山々に囲まれた風景が清々しさを誘う。
この辺りはいつ来ても気持ちがいい。
1558883519245-409x546
ツアー初日の会場は、2年前ちょうど同じ頃に来た御蔵入交流館。
地元出身の彫刻家・細井良雄氏の頭の上に巨大な鳥を頭に載せた
なんともユニークな作品たちが周りを囲む。

コンサートは今回2回目ということもあり、1部は歌旅座のオリジナル
もあわせて披露。
1558883502742-541x322
2部はご存知、昭和のヒットパレード。盛り上りました。
歌旅座の人気レパートリーの一つ「学生時代」はメドレーで必ず披露する
1曲。この曲を歌う故・ペギー葉山は戦時中、学童疎開でここ南会津町
(合併前の田島)に滞在していたとのこと。
ご来場の同世代のお客さんの中にはペギーさんの曲が特別心に届いた方
もいたはずでは。
1558883512186-561x361
歌旅座初めての方、3回目という方、先のGWに行った山形県高畠町から
来てくれた方も。
1558883507323-552x427
本番前、主催の会館の方から、地元の美味しいトマトジュース🍅の
差し入れを頂いた。
そして撤収後には、またまたこれをお土産に。
1558883499202-464x563
2人の最高の笑顔のワケは、これ。ふッふッふッ。
南会津町田島の地酒〈てふ〉。
町に生息する国蝶〈オオムラサキ〉から名付けられたという評価の高い
お酒らしい。
「必ず冷やで」とのことでしたが、果たして札幌まで我慢できるのか!?

再会の約束をして、また次のまちへ。
南会津町の皆さん、ありがとうございました🙆
またお逢いしましょう!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

歌旅座の歴史の中で最も長いツアーともなる、
5月・6月の旅の準備に向けて、我ら運び屋ブラザース、BOSSとともに
バンコクにやって来ました。
サワディーカップ!アリーです。
1558543398689-416x566
*今回の任務の一部

『アメージング・タイランド』。
このタイ国政府観光庁が世界中の観光客向けに作ったキャッチフレーズは
すでにご存知の方も多いはず。
アメージングと言えば響きもいい。
ワクワクドキドキさせられることも確かに多いのだが、
それどころか時には
「えーっ今日の世の中でなぜ? マジかよ」
と信じられないことが起こる国でもある。
そんな事柄、事象などを不定期でお送りしようと思う、
「アンビリバボー・タイランド」。今回はタクシーの話し。
タイに来られる方は参考にして頂けると嬉しい。
1558543374066-512x384
アリーが初来タイしたのは今から23年前の1996年。
当時は、BTS(バンコク高架鉄道)もMRT(地下鉄)もなく、
移動にはもっぱらタクシーを利用。
初乗り運賃は35バーツ(約110円)と安く、公共交通機関が未発達の
バンコクではとても便利。
もちろんいいドライバーもいるのだが、このころからトラブルが非常に
多いのだ。
そして現在はといえば、なんと初乗り運賃は今でも同じく
35バーツ。たぶん30年変わっていないのだろう。
悪い奴らはボッタクリやアンビリバボーな行動を繰り返す。
これまで経験したり聞いたりしたエピソードをご紹介しよう。

①料金メーター未使用走行
以前は料金メーターが付いているタクシーと付いていないタクシーがあって、後者の方は乗車時に料金交渉するタイプ。
今ではほとんどが〈TAXI METER〉の表記あり。
行き先を告げ乗車するとメーターが付いているにも関わらず、メーターの
スイッチを入れずソロリソロリと走り出す。
そしてそのまま目的地に着くとボッタクリ額を提示してくるのだ。
こんなときはすぐに「メーター使わないなら停めてくれ」と降りるのが
ベスト。

②料金メーター目隠し走行
乗車するとあるはずの料金メーターが付いていない。
「メーターないじゃん、停めてくれよ」というとイヤイヤ
スライド式のダッシュボードを開ける。そこにはなんとメーターが。

③お釣り返さないぞ作戦
到着時に支払い額が80バーツ。
100バーツ札で支払うと、ポケットをモゾモゾしながらなかなか釣りを
返さない。ハンパが出たらチップをあげる通例もあるが、20バーツ返さ
ないのはどうよ。まあ、まだカワイイ方であるが。

④ガソリン代、貸してくれ走行
運転手が乗車中突然、通りかかったガソリンスタンドへ入る。
そして言ったのが「ガソリン入れるから100バーツ貸してくれ」。
「ハァ?」
支払い時には料金からガソリン代100バーツを引いて精算。
空いた口がふさがらないアンビリバボー。

⑤メータースピードUPUP走行
これが最近多い手口。料金メーターを普通に使うのだが細工がしてあり、
2バーツづつの料金UPのスピードが異常に早い。
実は今回も空港からオイラ達のヤサまで来る際に出くわした。
この1年で2度目だ。
乗車中にすでに気づいたので、すぐにスマホのビデオを回し、運転手の
許可証も撮影。常備のタクシー料金表も確認。
到着時の料金メーターは予想通りいつもの2倍の金額表示が。
「このメーター、ワヤだね~(北海道弁:ヒドイ)」というと言い訳けを
ゴネて、警察呼んでもいいぞなーんて言う運転手。
でも最終的には半額の金額分を手にねじ込んでやると
「もう俺は時間がないんだー。チクショウ」と小梅太夫ばりに叫びながら
走りさる始末。トホホ。。。

他にも乗車拒否は日常茶飯事、観光客に対しての遠回り運転なども。
1部大幅に改善、サービス向上したタクシー会社も現れてきているし、
いい運転手さんもいるが、悪態がはびこる「悪貨は良貨を駆逐する」
ようなタクシー業界。
スマホ、SMS、ドライブレコーダー時代の今、そして観光大国を自称する
タイにおいては、1日も早く負のアンビリバボーなネタを作らないでほしい
ものである。

今、窓の外は大雨。時期は雨季の入り。
1日に一度、バシャバシャと雨が降ったりする。
木々は大きく揺れ、稲妻が走り、雨が街を洗い流すようだ。
曇天の夜のバンコク。
こちらは、アンビリバボーというよりアメージング。
1558543378629-553x369

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

札幌の桜の花もほぼ終わり。
と思いきやなんていうのだろうアレ。
八重桜!?ボタン桜!?
ボテッとした鮮やかな花を見ると5月だなぁと思うのです。
そして北海道の5月といえば、江別市民会館での公演。
3年連続この時期の開催ですでに恒例、今年も昨年同様〈母の日〉
に重なりました。

歌旅座にとっては、4/18円山夜想での「フォークソングの広場・コンサート」以来の北海道内公演。
3/31と合わせ大好評頂いた「フォーク~」ライブでしたが、
その両日でライブ収録した音源によるCDブック『ザ・フォークソング』
この日、江別公演で発売となるのです。
令和初の歌旅座の新譜が登場。
さあ、ご来場のお客様もこれが目当てで足を運んでくれた方も
いらしゃったのではないでしょうか?

オープン前にはすでにお客様の長い列が。
1557736852239
札幌から約30分で到着するここ江別市には、地元の方たちはもちろん
全道各地から応援に来ていただいてました。
あっという間に会場の席が埋まり、急遽席を増やしホールはびっちり。
1557736861952
昨年は「ホッカイドウソングス・コンサート」をお届けしました。
今年は歌旅座10年を記念しての感謝も込め、
1部では「名画座」「北の暦」など人気のオリジナル曲も披露。
2部では、「フォークソングの広場・コンサート」での1コーナー、
真っ白な衣装に身を包んだ3人娘〈雪ん子トリオ〉が登場し、
昭和の名曲とともに進行。
時には一緒に手を振り、口ずさみ、昼下がりの熱い会場が一体となりなした。
1557736857944
ご来場頂きました皆さん、ありがとうございました!
通算6回目の江別市での公演は今年も大盛況で終了、
来年もぜひこの時期にお会いしたいですね~

ところでこの日発売のCDブック『ザ・フォークソング』は初売り御礼で
大人気でしたが、買うのを逃してしまった貴方。
TheFolksongs_CDBook
そして江別には来れなかったニッポン全国の歌旅座ファンの皆さまは、
こちらの歌旅座オンラインショップでお買い求め頂けます😆👍➰

御待ちしておりますよ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.