北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : アリタ

四国公演を終え、それぞれまた旅へ向かったメンバー。
札幌へ戻るJUNCO、チエと神戸空港で別れ、アリタとBOSSは沖縄へ。
11月とはいえやはり、沖縄は暖かい。
北海道、本州とは別の風が流れている。

今年1月以来の沖縄。
今回はBOSSの知人のご尽力もあって、宮古島と石垣島へ行く機会を
もらったのだった。
もちろん目的は歌旅座公演の提案である。
それと、もうひとつ。
別事業で携わっている〈方言かるた〉の提案も。

この〈方言かるた〉、沖縄県内ではすでに『うちなーぐちかるた』(発売元:沖縄テレビ
放送)と『よなぐに方言カルタ』の制作・製造に 以前関わらせていただいていた。

宮古島、石垣島この2つの地域は、それぞれ沖縄本島とは異なる文化を持ち言葉も違う。
例えば、皆さんもご存じの沖縄ことば・ウチナーグチの「めんそーれ」。
「ようこそ」という意味であるが、
宮古の方言では、「んみゃーち」、
石垣の八重山方言では「おーりとーり」
と全然違う、ということは前から知っていた。

この宮古ことば、八重山ことばは、世界無形資産を認定する国連の機関・ユネスコが「消滅の危機にある言語・方言」の一つとしてあげ、北海道のアイヌ語もしかり、
文化庁も保護・継承をしていかなければならない〈言葉〉としているところだ。

翌早朝、那覇空港から宮古島へ向かう。
宮古島が窓から見えてくると、客室乗務員の
「それでは宮古のことばでご挨拶を」とアナウンスが流れてくる。
「んみゃーち・・・・・・・・・・」・・・う~ん、全くわからん。
宮古島市長への訪問のあとは空港へトンボ返り。
今度は石垣島へ。プロペラ機に乗り込む。
[画像:b8ddcb7b-s.jpg]
宮古島➡石垣島間は、約20分のフライト。
雲の上ではなく眼下にはずっと青い海が広がりあっという間。
到着前、また機内にアナウンスが流れる。
今度は八重山ことばで。
「おーりとーり・・・・・・・・・・」・・・う~ん、またしても全くわからん。
ただ何となく、アイヌ語に似ているような「イランカラプテ~」みたいな。
それだけで、なんだか北海道との親近感を感じてしまうのは短絡的であるが、
これだから〈ことば〉という文化は面白いと感じる。

まずは両島の方に〈昭和のうたコンサート〉も〈方言カルタ〉も興味を持って
頂けたと思う。
そうして石垣空港から那覇空港へ向う便にまた乗り込む。
島めぐり日帰りの旅 1日を終えた。
[画像:b6f4adf0-s.jpg]
翌日、沖縄本島の市町村をまわり、うるま市の東側、橋で海を渡っていける
伊計島に寄り道をしてみた。
先端の方に行くと、「琉球の風ロケ地」という看板を発見。
1993年のNHK大河ドラマ「琉球の風」。
17世紀の初頭、薩摩藩の侵攻を受けた琉球王国が、属国となりながらも独自の文化
を守り続けたという物語だ。
そして先の戦争を終え、沖縄返還から今年で45年。
今でもここ沖縄では特有の〈琉球の風〉がゆるく流れているような気がする。
[画像:17684f96-s.jpg]
内地とはあきらかに違う「昭和感」がある沖縄。
だからこそ、この地の町まちに歌旅座の「昭和のうたコンサート」を〈北の風〉
とともにお届けできること。
早く実現できれば嬉しいですね。

さあ、明日から久しぶりの北海道でのツアーが始まる。
長く離れていた北へ帰ろう。
シーサーよ、また!。サラバ!
[画像:4f110c43-s.jpg]

今年4月、桜満開、絢爛の頃に初めて訪れて以来、
歌旅座の面々も大好きになった四国。
今年は2度もツアーで来ることになるとは、昨年までは思いもしなかったこと。
出会いや未来というものは予期せずとも願えば叶うものである、と実感する今回の四国。
11月。春とは違いながら、相変わらずいい空気、気持ちのいいところです。
さて上陸2日目は、四国最東端に位置する徳島県・阿南市。
知りませんでしたが、コスモスで有名な町なんですね。
会場の名前も情報文化センター・コスモホール。
楽屋に入ると、会館のスタッフさんからのメッセージのおもてなしが。
1510237369427

徳島県というと、学生時代の同じサークルに徳島出身の女子がおりまして、、
ある日飲み会で盛り上がり、彼女が突然<阿波踊り>を見せてくれまして、、
なにやら、阿波踊りには男踊りと女踊りの2種類あるらしく、
両方とも披露してくれましたが、それが上手いこと、上手いこと。
それ以来、
「ほほう~徳島の人はみんなプロ並みに筋金入りの阿波踊りができるんだ~」
と自分勝手な思い込みをしてきました。(違っていたらゴメンナサイ)

となんでこんな話をするかというと、
初の阿南市公演の会場、
開場1時間前にロビーに出てみると、なんともうすでにお客様の行列が。。
1510237377323
1階から2階までも。
1510237381347

その時、ふと想像してしまったのでアル。
ここに並んでいる人たちは実は阿波踊りがウマいはず。
今一斉に踊り出したら凄い光景にナルだろうと。
。。。。。
なーんて、つまらない妄想はさておき、
「昭和のうたコンサート」はたくさんのお客様で大盛況。
「ジュンコ~ブラボー」「サーモンズいいぞ~」と暖かい声援もかけて
頂いて、本当に楽しんで頂けているようでした。
1510237385591
前日のつるぎ町に続いての徳島、阿南市。
歌旅座も人生の先輩方の元気パワーを浴び、また明日から旅の糧を頂きました。
1510237364074
阿南の皆さん、またお会いしましょう。



22日知内公演の後、函館空港から羽田経由でタイ入りする予定だった
BOSSとアリタ。
「なに~っ、抜け駆けはさせるか~」とのメンバーの思惑が嵐を引き寄せたのか
否か、台風21号の影響により便は欠航。
そんなことでしっかり札幌へ〈プチ返し〉して、1日遅れでスワンナプーム空港へ。
羽田から6時間のフライト到着後、安堵の一服を とロビー外へ直行した。が、
あれぇ!?、ない!
いつもの喫煙所がないぞ。

10月24日の早朝。
翌25日から29日まで、昨年10月に崩御したプミポン国王の国葬が行われるのだ。
そのためか、喫煙所は空港ビルの外れに移設され、なんとも物淋しげである。
[画像:cf5983f6-s.jpg]

ここタイでも〈ノースモーキング化〉はかなり前から進み、ビル内での喫煙
不可や、今年は車中での喫煙禁止も法律で定められ、取り締まりが始まった。
愛煙家にとっては、益々肩身がせまく、ストレスを感じる世間になってきた
ものである。

今思う。
タバコは日本ではそもそも、日本専売公社(現JT)が独占販売、国の政策により
広まったものだ。
昭和43年生まれの私が10代の頃は、まだタバコは大人の王道アイテムだった。
幼少時はよく親父に頼まれて近所のタバコ屋さんにおつかいに行っていたし、
職員室では先生たちが机で煙を燻らせていた。
駅のホーム、映画館、電車の中、飛行機内、どこでもタバコは吸えた。
TVドラマの主人公のくわえ煙草のカッコ良さは憧れでもあった。

昭和40年代の喫煙率は成人男性の実に83%、健康に問題ない男性の
ほとんどが吸っていたそうだ。
考えてみると、タバコは昭和の副産物みたいなものだ。
私が20歳になった翌年の昭和64年で「昭和時代」は終わった。
平成になった今、健康への悪影響の実証や百害あって一理なしという風潮、
値段も急騰し、もはやタバコの時代は終わった。
これからタバコを吸うのはいいとは思わない。

しかし、国がやれ吸え、やれ買えとやって来たたった2-30年前と、
タバコを吸うには日常生活に苦労してしまうという対照的な昨今。
時の流れを感じると同時に、昭和の時代の(おおらかさ)
みたいなものが消えてしまっているのではなかろうか。

今日は、〈国父〉プミポン国王の火葬式。
大都市バンコクも静まりかえる。
普段は『微笑みの国』も一日『悲しみの国』だ。
こちらもひとつの時代の終わり。
テレビでは生前の国王の偉業やエピソードを放送、以前このブログで紹介
した、日本の現天皇との美談、日本とタイを繋ぐ魚〈プラーニン〉の特番も。
国王を偲んでこの魚を食べながらBOSSと献杯することにしよう。
[画像:85ce7009-s.jpg]

20年前から変わらぬヤサの一室にて。

アリタです。いきなりダジャレで失礼をします。
サバーイ・サバーイはタイ語で「元気」「気持ちいい」という意味。
なぜ引用するかというと、
昨日の太郎さんブログにもあるように熊本県荒尾市から約12時間の車移動の末、
最終目的地である街の看板を見つけたときに、思わず一座で口にしたのがこの安堵の言葉、
「サバーエ」だったのである。
そう、九州「大返し」の戻り先は、福井県鯖江市。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、ここ鯖江はメガネの聖地。
明治30年代から始まった職人技術が伝統となり、日本製のフレームのうち96%は
ここで作られているというなんとも凄すぎるシェア。
きっと今読んでくれているアナタの愛用メガネも、ここで作られたモノかも。
〈メガネストリート〉を抜け、公演会場の文化センターのちょうど向かい側には
ビルの屋上に赤いメガネのオブジェが輝く〈めがね博物館〉を発見。
どうやら市民の皆さんにも〈まち興し〉としてもメガネは愛されているようです。
1507806110584
福井県ではじめての開催地となった鯖江。お客さんも、熱い方たちが多い。
コンサートもきっちりサバーエ・サバーエの元気なものに。

1507806106558
最前列の90歳のおばあちゃんは、はじめから最後まで体を揺らし、一緒に唄い、
ステージ上にもその楽しさを伝えてくれました。
歌旅座、きっと皆さんのおメガネにかなっていただけたのでは⁉

終了後。
旅中、各地で色々と美味しいグルメ、一品をいただいて来ながら
せっかくのサバーエにちなんで、今夜はタイ料理なんてどう?
と盛り上がっていたものの宿の傍にタイレストランはなし。
でもすっかり心はみんなエスニック腹に。
そんなもんで、近くにあったインド&ネパール料理でヤッてきました。
サバ~エ、いやナマステ~。

これまでの旅の出来事を省み、そして明日からの旅に向けての活力を。
1507806096703
旅はまだ終わらない。。

10/4新潟・胎内市公演が終わり、この日は夜移動。
日本海側の北陸自動車道を南へ、越後国・新潟から加賀国・石川へ向かう。
安全第一、メンバーも一時間交代でのドライブ。
会館を発つときに館長さんから、
「新潟は長いよー。ほぼ4/3は新潟。富山にはいったら小一時間で石川へ入るから」
のことば通り、富山県内についたのは、深夜1時を回っていた。
ようやく出会す24時間営業のサービスエリアでのうどんで小腹を満たす。
嗚呼、これぞ旅なり。  

そうしてやって来たのが、目的地 小松市。
小松といえば、♪コマツの~オヤブンさん!? 
いや、ではなく、重機メーカー〈コマツ〉の企業城下町。
そして、『歌舞伎十八番の内 勧進帳』のヤマ場面、弁慶が偽りの勧進帳を読みあげる、
関守 ・富樫とのエピソードの舞台となった〈安宅の関〉があることでも有名。

公演会場は、小松駅に隣接した「こまつ芸術劇場うらら」。
Fotor_15072674133686
駅反対側には、世界最大のダンプカーが常駐展示され、売店には勧進帳グッズの販売も。
会場は小ホールを予定していたが、座席数オーバーの売れ行きとなり、
急遽大ホールに変更することに。
巨大なセンタースクリーンをバックに、今日もJUNCO&ザ・サーモンズ、
はじめましての皆様にパワーをお届けしました。
51959
公演終了後は、ご来場のお客さまからたくさん声をかけていただいた。
🔹物販コーナーにて(50代と思われる女性)
「来年もかならず、小松に来て!
 来れなかった人もここに(胸に掌)絶対伝わるから」

🔹ホールを出るや否やのロビーにて(80代と思われる男性)
「北海道のジュンコはダメだよ。
 アンタは日本のジュンコだよ」

🔹機材トラック積み込み時の搬入口にて。
フェンス越しに大きな声で。(70代と思われる女性)
「歌旅座のスタッフの方たちですか?
 素晴らしかった!!○○(某昭和の大スター)のコンサートよりもぜんぜん良かった。
 また必ず来てください。道中気をつけて~」

心に「秘めた想い」を持つ、小松の皆さん。
再会できることを我々も願っています。
ありがとう◎お元気で👋
1507288809654

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.