北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : アリタ

「今日は啓蟄(けいちつ)だ」。
BOSSが朝呟いた。
啓蟄とは「冬ごもりをしていた虫や動物が春を感じて這い出る」
という二十四季のひとつで春の季語。
今年の啓蟄の日がこの日3月6日なんですって。

昨日のブログでナリコも書いていたが、ありがたいことに
前日は旅の中の楽しみでもある温泉宿でのひととき。
歴史ある湯治場で身体も温まり、おまけに気持ちのいい春日和。
我ら歌旅座も春を感じた虫や動物たちのように
朝からリフレッシュして動きだしたのであった。
1551949429311~2
安比高原から向かった先は岩手県・一戸町。
我らにとってはすでに馴染みのある一戸町コミュニティセンターが会場。
去年は軒下に大きなつららがぶら下がる、2月の寒い1日でだったのを思い出す。
岩手と青森の近隣に存在する〈一戸〉から〈九戸〉まで四を除く八つの町」のひとつで、
〈戸(へ)のつく町ツアー〉をやってほしいという声もかつて上がったことがあった。
その中で1番多い3回目の「昭和のうたコンサート」となるのがここ一戸町。
会場につくと、「お待ちしてました♪」と主催者の皆さんに温かく迎え入れて頂いた。
早くもいい公演になる予感。

また、ここの会場には忘れもしない名物(名所!?)が。
舞台上の演者を前から当てる照明のことを、俗にシーリングライトというのだが、
その吊り位置がなんとも高い所ににあるのだ。
聞くところによると地上からの足場の距離は約23mもあるらしい。
間違いなくこれまでのどんな会場より、高所日本一。
1551949432507
(*写真上部に見える足場がシーリングライト)
そんな盛り上がる仕込みもスムーズ終え、お客さまを迎える準備ができました。
アーチ上の天井がきれいですね。

「歌旅座公演のクチコミが広がり、年々来場者も増えているのですよ」と、
代表理事の高橋さんの云う通り、開演前には予定数よりも多いお客さまで
埋め尽くされました。
1551949981556
青森つがるの弘前、秋田の北秋田、そして岩手なんぶの一戸と
廻ってきましたが、それぞれが独特な言葉、方言のあるところ。
イントネーションは違うども、どちらも暖かみのあることばで、
たくさん声をかけてくれる。
そして皆さん「素」でコンサートを楽しんでくれる。
こんなに嬉しいことは御座いません。
たまりませんな~東北。

会場を後にするとき
「次はまたお客さんがもっと増えてるはず」とのお声も頂いた一戸町、ありがとう◎
歌旅座、また必ず戻ってきますよ~。
1551949450613

さあ、今日はこれから八戸港からフェリーで北海道戻り。
宮崎からの長い今回の旅もまもなく終わる。

札幌はまだ雪残ってるべか!?



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

九州宮崎ツアー3公演目、都城市でのコンサート撤収を終えると
BOSS、ダル、アリタの3人は残るメンバーと暫しの別れを告げ、
トラックへ乗り込んだ。
ダルは宮崎港からフェリー、神戸経由舞鶴発で北海道へ向かう。
BOSSとアリタは宮崎空港で「んじゃ函館で✋」とトラックを降り
ツアー空き日程でタイランドヘ。
九州は流石に「あったけぇなぁ~」なんてのもつかの間、
乾季の終わりに入りこれから激アツ期を迎えるこの国。
早朝なのに、ナンテ暑サナンダ💫、バンコク。
というわけで今月もアリタからアリーに変身したのでした。
サワディーカップ!

今回は昨年暮れから続く『円山夜想物語』の最終章をお届けします。

**************
第4章『円山夜想で逢いましょう』

〈本格BAR〉エイジアンブルーに幾つものエッセンスやスパイスが加わり、
〈LIVEのあるBAR〉として他のライブハウスやサロン等とはちょいと違う
味の店になってきたマルノク。(*マルノク=円山夜想の愛称)
今ではMr.マルノクこと本間ケンジ店長のもと、全国各地のミュージシャン
からのオファーも絶えない店となった。

それは歌旅座のホームステージになるのも必然であった。
今では大人気のメイン公演『昭和のうたコンサート』も、ここで実験的に
行われたライブ『ジュンコとチープ・昭和ノスタルジア』が始まり。
2011年3月18日の出来事。
これが店名「円山夜想」となって歌旅座初めてのライブでもあった。
マルノク夏の風物詩〈円山裏参道まつり〉に合わせて、
〈祭りのお客さんいらっしゃーい。ビバ!無料でライブ〉を2回まわしで
やったこともあった。懐かしい。
この頃から年数回のペースで様々なステージをお届けしてきているが、
新しい見せ方、新曲、パフォーマンスをトライし、実はその度々ここで
生まれてきているモノが多い。
お客さんとの距離感やハコの持つ雰囲気。
敢えて実験的なことを行い「生々しさ」を感じる場でもあるのだ。

そこで生まれてきたのが、「円山夜想」とJUNCOが融合した演目
淳子夜想―ジュンコ・ノクターン』である。
images (1)-1
〈JUNCOひとり競演〉と題された、
新しい形の歌旅座流「小劇場型音楽エンターテイメント」。
1380031_552569351496630_1116461913_n-506x445
あるときは世界をオマタにかける高飛車女。
あるときは謎の占い師。
そしてあるときは、場末のスナックに流されたチーママ。
しかして、その実体は。。

JUNCOが様々なキャラに七変化し、歯に衣を着せないセリフで
お客さんとも絡んでいく。
あまりにストレート過ぎて、ドン引きしてしまう、
「あら~歌旅座がこんなことまでっ」なんてな賛否両論が飛びだすも、
多才なJUNCOが多彩に演じる歌旅座の新境地となる出しモノだ。
a4899625
主演:JUNCO、脚本:北埜うさぎ、総合演出:BOSS
で作りあげる「魔法」にハマる人たちも続出。
「ノクターン・シリーズ」はマルノクを飛びだし、北海道内各地でも
開催されるように。
シリーズも第10章まで続き、総集編となるブック付きCDアルバム
淳子夜想~アンソロジー』も発売された。
そうそう、映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットで
ジュンコ・フレディが歌うあの曲が今また旬。
残念ながらアンソロジーのCDはすでに売り切れ御免。
そろそろ聴きたくなってきたアナタに耳寄り情報。
歌旅座10年達成の今年、アンソロジーに変わる新たなCDが登場するかも!?

そして特別編として、JUNCOとチエが繰り広げるステージ
黄昏を待ちながら』も登場!
FB_IMG_1551147981754-486x365
昨年の大納会ライブ・年末特別編も大好評。
今年は、また何かがうごめく予感が。

前回第3章を掲載した時、ある人からFacebookページの方に
「ドキュメントだな。。」とのコメントいただいていたが、その通り。
マルノクは15年の歴史が詰まった宝箱のような場所。
そしてこれからも、〈ここから生まれる物語〉は続いていくのです。

もうすでにマルノクに来たことがある方も、まだ未体験の方も。
  
  アナタとワタシの合言葉
  円山夜想で逢いましょう♪
                              完
************

さてさて、今年は歌旅座のマルノク公演が目白押し。
3/17 歌旅座10周年記念ライブはすでにソールドアウト。
追加公演として決定の新プログラム「フォークソングの広場」2日間
3/31は満席御礼!
4/18公演も残りわずかに。
ご希望の方は今すぐご予約を。

↑詳細はブログのヘッダーを参照ください

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

札幌から中山峠を越えて雪深い喜茂別町、留寿都村を通り、太平洋側の
町・豊浦町に入る。
道南ツアーへ行くときはお決まりのドライブコースで、ここから高速に
乗ったりすることが多く、
「豊浦で運転交代してくんないかい?」
「豊浦でコンビニに寄よるか」
なんて会話が出てくる、我らにとっては馴染みのある関所のような町・豊浦。

今日はここでストップ。この町にある天然豊浦温泉・しおさいでの2回目の公演。
海沿いの噴火湾を望む立地で、楽屋部屋からも綺麗で素敵な噴火湾の海が望めます。
1550390180951~2
それでここには温泉宿らしい程よい宴会場があるのです。
ホラこんな感じ。
1550390169565

ここが本日の「昭和のうたコンサート」の会場。
しかもお得な入浴券付き入場券。
椅子が足りず、珍しく座布団席も用意されていた。
土曜日の昼下り、ロビーや応接室にはひと風呂浴びた地元の人がいっぱい。
もうビールで一杯やってるお父さんたち、いいですね~。
1550390173441
温泉ですでに温まってからの「昭和のうた」。
今度は心も温まって頂けたのではないでしょうか。
ご来場の皆さんの拍手や笑顔、ほどよく力の抜けた感じが出てました。
1550412498272~2
コンサート終了後、外で機材トラックに積み込みの作業をしていると、
今度は公演後に温泉に入った方たちがちょうどお帰りの時間。
「いやぁ今回も良かったよ。また待ってるから」
「気を付けて帰って」
などと、頭の上から湯気が立ち登るたくさんの方にお声かけ頂きました。


アンケートを見ると、豊浦町内だけでなく近隣町からも多くご来場頂いた様子。
豊浦町の周りの町々も暫くぶりのところが多いですもんね。
また近く、開催できることを願って。

毎回気持ちよく迎え入れてくれるしおさいの中村支配人、
ご来場いただいた皆さんありがとうございました。
豊浦は3度目の公演、4度目も必ずあるはず。
またお会いしましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

先週末あたりからの北海道の寒さ・冷え方は久しぶり。
記録的な寒波といわれているみたいだが温暖化により雪も比較的少なく
暖冬といわれる昨今、逆に新鮮な感じだ。
オイラの寒さのバロメーターは顔の冷たさ。
誰でも体験してるであろう、頬を刺す痛みに似た感触が北海道に生まれた
という実感でもある。
2019年2月、今年はそう、あの夕張公演から始まった
180市町村公演ツアーを敢行して丸10年。
夕張4DAYSの時も確か今と同じくらい寒かったんじゃなかっただろうか。

そんな思いを馳せながら、
関西・中部のツアーを終えフルメンバーでやってきたのは長沼町。
約2年ぶりとなる「昭和のうたコンサート」である。

この日は、早朝からピーカンのお天気。
-6℃寒いといえども、気持ちの良い1日になりそうな予感です。
長沼町。歌旅座の面々の頭に思い浮かぶのは、お寺公演でこの町を初めて
訪れたときに「地元の人は食べないんだけど話しのネタに」
とご馳走になった赤字丼
そして2年前の公演に沢山いただいた地元で愛されるかりんとう饅頭
食は偉大なり。食べ物のことは強烈に覚えているのはご愛嬌。

会場に着くと、教育委員会の皆さんがお揃いTシャツ姿で迎えてくれた。
1549945232412
「沼」にかけてか、底なしの旨さが売りですって。
今では一面雪原となっているが、ここ長沼町は札幌からも30㎞程度
の南空知地区にある夏は静かな農村の町。
北海道内では珍しい「どぶろく特区」に認定されていて、新米ができると
農家さんで濁酒(どぶろく)を作ることができるらしい。うーん、素晴らしい。
最近では全国的に評判の高い北海道のお米、味わってみるのもいかが。

今回の公演は「歌旅座活動丸10年」、そして地元北海道での久しぶりの
公演ということもあり、コンサート第一部ではこれまで作り上げてきた
「歌旅座オリジナル曲」を特別編成で。
2部は「昭和のヒットパレード」をお届けしました。
1549945037977
当初の予定より大盛況となるご来場。
椅子を追加しての超満員の町民会館ホールは、
聞き入る皆さんの感触がステージまで届き、寒さを吹き飛ばす、
「北海道ただいま~」というあたたかい公演となりました。
1549945229394
長沼町の皆さん、近隣町の皆さん、そして遠くからもお越しいただきました
皆さん、ありがとうございました。
寒さもあと少し。
また、元気にお会いしましょう。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ホテル日航成田にやって来ました。1549459275246-561x421

ここでのコンサートは3回目。一昨年の初公演は好評を博し、昨年秋にはホテル日航成田開業40周年記念公演としてアンコール開催。今回はその時お客さんとして来てくれていた、とある会社のオーナーさんからのオファーが。自社セミナーイベントのゲストとしてお招きいただいたのだ。

ここ日航成田に来るのはいつも楽しみ。
なぜならボリカーンディーだから。
ボリカーンディー」とはタイ語で「おもてなしがいい」という意味。我々の合言葉のようなものですね。

前日のノリ日はダルとチエに機材トラックを託し、
ツアー中には珍しく名古屋から成田へ飛行機での移動。
レンタカーをセントレアで返却し、成田空港からは定時運航しているホテルの送迎バスで。ラクチン、ラクチン。
お部屋も最近建てられたビジネスホテルのユニットと違い、〈昭和のホテル〉らしくバスタブは大きく床もフラット。心地いいんです。
窓を見下ろすと昼は成田の森に囲まれた内庭、
夜はライトアップされたイルミネーションが幻想的だ。
ロビーは世界各国からの恐らく成田トランジットする外国人客で賑わっているが、ホテル側の切り盛りでトラブルも無さそう。

おまけにホテルのスタッフの皆さんも声をかけてくれたりアットホーム感がいい。さすがのJALイズムを発揮している。

何よりも楽しみなのがレストランでの食事。
それはそれは種類も豊富で盛り上がってしまう。

まずはチョーバイ(朝バイキング)。
この日は早朝仕込みのため6:00に朝ごはん。
オイラのチョイスは炭水化物多めのこんな感じ。1549459298566-546x410

7時から一挙に舞台作り、リハーサルに励む。

ランバイ(ランチバイキング)。
シェフが切り分けてくれるメインのローストビーフには行列も。
しっかりリバウンディング中のダル。1549459303100-398x531

締めのデザートは2種類のイチゴをトッピングしたクレープにかぶりつく図。

そして本番前のゴーベン(ゴージャスなお弁当)

1549459290298-546x410

思わずワインが欲しくなるお料理の揃いぶみ。これでもか~という食事内容ですが、決して食べているばかりではありません。

これが我らの血となり肉となりメインの『昭和のうたコンサート』もしっかりお届けいたしましたよ。

1549459309196-546x410
なぜこんなにも日航成田をオススメしているのかと思われる方もいるでしょう!?
それはね、だってまた来れるんです。

今年5月、3年連続となるホテル日航成田主催でのコンサートが決定!
リピーターのご来場も増え、盛り上がること必至。
チケット発売開始もまもなく。
1549431754894-1-396x562
皆さんもこの機会「昭和のうたコンサート」を見ながら、ホテル日航成田のボリカーン(おもてなし)を体験をしてみてはいかが?




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.