北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : アリタ

マサカリかついで~キンタロ~ 熊にまたがり お馬の稽古~♪

会場に向かう車中、
JUNCOの携帯からほのぼのと流れてきたのはこの童謡。
去年の9月、はじめて訪れた金太郎の里・南足柄市。
雪化粧をした富士山の巓を拝みながら、
今年も会場となる南足柄市文化会館(金太郎みらいホール)にやって来ました。1540440891836-551x388

去年は楽屋前に貼られていた「ようこそ!南足柄へ!」のステッカーは、

今年は、「おかえりなさい!」に。去年公演ブログ参照

1540440877673-511x418
テーブルに並ぶ13本のお水。

何やら、タグが着いてるぞ。あーっ。

「国士無双、作っておきました♥️」と会館担当の北村さん。
麻雀好きな我ら面々のことを想う演出まで。
ただいま~~南足柄✋
予感はしていたが、そう、ここはすでに「友のまち」に。
会館の皆さんのおもてなしが、嬉しいですね◎

この日は地元の4人の中学生がちょうどホールに職場体験に
来ていて、前日からポスターの制作、この日はお客様アンケートの準備、チケットのモギリなどお手伝いしてくれました。

1540440898667-548x308
緊張の中のいい笑顔。キラキラ眼癒されますね。

地域ぐるみの取組もさることながら、
彼らのこういう経験が未来に繋がることに期待大!
お疲れさまでした。
1540440868960-395x540
ロビーは開場前から並ぶお客様でいっぱい。
市内はもちろん、近隣のまち、中には以前の公演を見て、
伊豆・下田から車で5時間をかけてくれた方、そして北海道からも足を運んでいただいた方も。
公演は去年とは違うプログラムも披露、終演後には
「来年また来てね」。
「ウチのまちにも是非来てほしい」。
たくさんのお声をいただきました。

文化会館のスタッフの皆さん、
ご来場頂きました南足柄の皆さん、ありがとうございました。

1540440865352-534x400
ハイ シィドウドウ  ハイドウ ドウ♪

歌旅座もまた大きくなって帰って来ます。
また、お逢いしましょう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

昨日のナリコブログにあった地鶏焼きのお店〈道〉。
マスターお任せ鳥三昧料理を肴に地元の芋焼酎に舌鼓を打つ。
そして店内に張られている相田みつをの「道」を読む。
そう、ここは九州。やって来たぞ~宮崎に!
と実感する瞬間。
風土が違うと食も違う。
それを楽しめるのも我ら歌旅座の特権のようなもの。有難い。

ちなみにこの「道」の詩、ツアー終了時にはダルくんが諳じてくれるらしい。
楽しみだ。
1539446310695

歌旅座にとってはじめての本州公演が2009年10月の宮崎。
それ以来たくさんの「縁」を頂いている九州、
数えてみると今回がなんと歌旅座19回目の上陸だ。

九州ツアー初日は2度目となる宮崎・西都市文化ホールから。
会場に着くと、約1年半ぶりの練石館長が歓迎してくれました。
1539416454236-561x421
*本番前の練石館長と司会太郎

昨年2月開催のときは思い通りの集客ができず、
ご来場のお客様からも
「歌旅座をまたぜひ呼んでちょーだい。私たちが協力するから」
との要請があったそうで、
「それじゃあリベンジ公演だ」とばかりに西都市市制施行60周年記念イベント
としてお声かけを頂いたのでありました。
館長は舞台にも登場してくれ、これまでの経緯や、次回はもっともっと
更なるお客さんをと、すでに次なる公演を見据えたご挨拶を。
嬉しいですね~。
歌旅座何度でも参りますから。

開場前から行列もでき、たくさんのお客様に迎えられ、
「昭和のうたコンサート」がスタート。
1539416467923-561x421
掛け声、拍手、歌声、、ここ西都のみなさんはホントに熱い。そして元気。
ステージでも熱波が場内から押し寄せるのがわかりましたよ。
9年前の宮崎公演から応援頂いている方や、
昨晩もてなしてくれた〈道〉のスタッフ、ご家族も会場に駆けつけてくれた。
1539416450517-561x421
「縁」が「縁」を生むというのはこのこと。
風土や景色は変わっても、人の想いというものは変わらないものだなあ
と感じた1日となりました。
1539416442904~2-588x402
西都の皆さん、ありがとう。
歌旅座の「道」もまだまだこれから。
お会いできるのはまた来年!?ですね。
きっと。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


台風24号去るやいなやの台風25号の日本列島来襲。
そんな状況下の中、バンコクに来てしまいやした~。
おひけぇなすって、サワディーカップ。

今日のテーマは〈JGC修行〉。
といっても、なんざんしょう?このJGCってやつは。
ザ・サーモンズ同様、
「知ってる人は知っている。知らない人は全く知らない」
であろうこの頭文字。
飛行機を良く使われる方はもうすでにご存知のはず。
これぞ、航空会社JALの上流顧客JAL GLOBAL CLUBのことである。
そんでもってなぜ「修行」なのだろうか?
1538797392897-561x421
*千歳空港JGC専用カウンターでチェックインするBOSS

LCC(格安航空会社)以外のJALやANAは、諸外国の航空会社と
グループを作り、年間利用回数や搭乗マイル数(フライオンポイント)に
応じて、ステイタスというものが存在する。
言うなれば、お得意様というやつ。
優待メリットもたくさん。
しかも一度ステイタスを獲得すれば半永久会員になれるのだ。
そのため、このステイタスを得るためだけに、限られた期間飛行機に
乗りまくることを「修行」と呼ぶ。
世の中にはそのような人たちが沢山いるらしい。

BOSSは20年前の開始当時からすでに、JAL、ANAともこのクラブメンバー。
それにあやかりアリーも同行者として恩恵を受けてきた。
先のJALの財政破綻以降はJAL便はほぼ利用せず、ANAが所属する
スターアライアンス・メンバーの航空会社を利用してきたのだった。。
ANA便はもちろん、あるときは北海道から直行便のあるタイ航空で。
台湾経由のエバー航空で。
そして、今でも忌まわしい思い出、北京経由のエアーチャイナで⤵️
*BOSSのアジア通信ブログ参照

ところが昨年たまたま料金も手軽なJAL便に久しぶり乗ったところ、
新生JALの良いところがどんどん見えてきたのである。
圧倒的な安心感とおもてなし感。
「そうだ。やるなら今しかねぇ。
オイラはもうJALしか乗りたくねぇ」

かくして、アリーのJGC修行が始まった。
千歳からは、羽田空港又は成田経由でのバンコク入り。
公演地から入るときも同じく国内線で一旦経由して行く。
時間も有効利用できる深夜便を使え効果的でもあるのだ。
そんなんで修行とはいえども意外とあっという間に
JGC加入の権利のある、〈サファイア・ステータス〉頂けました。
有難ウゴザイマシタ。

数ある優待メリットの中で嬉しいのが専用ラウンジの利用。
1538797408234-575x410
*羽田空港国際線ラウンジ内のダイニング
1538797403484-561x421
*上階のラウンジスペース
国際線ラウンジ内には飲食のできるダイニングコーナーや
シャワールームも完備。もちろん全部無料。
公演後の移動にはこのシャワーがとてもありがたい。
食事の定番はJAL特製ビーフカレー。
1538797412144-561x421
これが旨いのだ。業務用では円山厨房カレーについで日本で
2番目に美味しいのである。
たらふく頂いたが、隣にあった海老のクリームパスタが美味しそうに見え
追い討ちをかけてしまった。
1538797417439-561x421
バンコクのさくらラウンジスタッフもボリカーン・ディー(サービス満点)

そして最大の優待メリットがもうひとつ。
機内手荷物の預り制限である。
通常エコノミーが46kgまでのところ、1人あたり96kgまでOK。
我ら運び屋ブラザースにとっては最強の武器だ。
今回の任務はこれ!
1538797399576-421x561
ハコの中身は「北海道方言かるた」。
仕上がりも上々。
JUNCOによる絵札、CDの中には読み手としても登場しているリニューアル版。
今回の帰国は羽田経由で徳島空港へ直入り。
まもなくコンサート会場にも並びます。
1538797396470-454x365

JGC修行、次なるステイタスはファーストクラス・ラウンジを利用できる
JGCプレミアム。
還元率UPで貯まったマイルは歌旅座のツアー国内線で利用できる。
せっかくの機会、これに満足せず次なる高見を目指すしかない。
「修行」の道はこれからも続く。。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

日本海側・噴火湾の南端にある森町。
噴火湾はその名前の由来のとおり、いくつもの活火山のある陸地に
円く囲まれるような海岸線を持つ。
向かう途中の車窓越し、その火山のひとつで壮大な景観を持つ駒ケ岳が出現。
噴火湾越しにまるで我々を呼んでいるようだ。。。
1538376132788
秋の道南ツアー最終日は、
♪森と 泉に 囲まれた~ まるでブルーシャトーのような立地、
大沼公園のリゾート温泉ホテル・グリーンピア大沼。
歌旅座にとっては、3度目のこの地での公演。

ホテルで宴会場が会場ということもあり、舞台後ろのスクリーンでは
なく白い壁に直接映像を投影。
照明もそれを利用しての昭和感のある演出もたっぷり。
1538376136329
チエとアリタのサーモンズ・デュエットの2曲ではスポットライト
越しにこのような影絵が浮かび上がります。
1538376140425
(*本番中舞台袖から。撮影JUNCO)

昨年7月森町公民館で来場してくれた方々、道南地区での公演を
数年来見に来てくれている懐かしい方のお顔も。
会場は暖かく、熱い笑顔に包まれながら終演を迎えることができました。
1538376145301
ありがとうございました!

それにしても、またしても(悪運なのか!?)ラッキーな我ら歌旅座。
この日は各地で猛威をふるいながら北上する台風24号チャーミーが接近中。
一時外は雨模様ながらも、北海道には未だ上陸せず、
秋の道南ツアーは無事終了。
終了後はひたひたと迫りくる台風から逃げるように帰路・札幌へ。

トラック歌旅号に機材を積み終え、上を見上げるとまたしても間近に駒ケ岳。
「お前さんたち、早く帰らんかい!また来んしゃいよ~」
と見送らんとばかりに、雲海の中からすっぽりとその顔を出していました。
1538376150443

Good Bye 駒ケ岳。Good Bye 大沼。
また逢う日まで、したっけね~。










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

秋の関東ツアー第1弾9月、千葉県流山市にやってきました。
ここ流山は吉田後援会長が社会人として教員スタートをした場所。
昨年に続き、会長の当時の教え子さん達が中心に実行委員会を結成。
市内、近隣の関係団体などと連携し2年連続公演を実現していただいた。
吉田会長は今年も駆けつけてくれ、後部座席に発見!
1537081960836

今年はオープニングアクトにゲストが登場。
そのゲストとは昨年日野市公演でも共演した、成蹊大学ギターソサエティ。
1537081957688
歌旅座の照明を担当していたリンタロウが部長&指揮者を担う
15名のクラシックギター・アンサンブルチームだ。
1537081965141
成蹊大メンバーは昨年参加してない新人の皆さんも加わり、
新鮮で心地の良い演奏に会場からの暖かい拍手で幕が開いた。
歌旅座のオリジナル曲「ハルニレの詩」演奏は北海道出身の方からの
アンケートでも「北海道を思い出し涙がでそうになった」とのコメントも。
こういう形で表現、披露することをギターソサエティの活動のひとつの刺激と
なってくれれば歌旅座も嬉しい限り。

コンサート前、先日の北海道の地震を心配する声も多く頂いた。
その声のお返しとばかりに「我々は元気です。そして元気を届けます。」
と、敢えて北海道の曲を取り入れた「昭和のうたコンサート・特別編」を披露。
歌旅座の作詞を手掛ける北埜うさぎも朗読で参加するため、北海道から急遽来襲。
JUNCO・ナリコとの「重ね日」のコラボは会場に深く伝わっていてくれたのでは。
1537081953594
後半はJUNCOの演歌レパートリーや昭和のうたメドレーで
クライマックスを。
なにより、会場の皆さんがじっくりと受けとめてくれるのがわかる拍手の「圧」を
ビシビシ感じることが出来た。

吉田会長の「縁」がすっかり歌旅座の「縁」として繋いで頂いた流山公演。
今年も盛況で迎えられ終えることができました。

ご来場の皆さん、実行委員会関係者の皆さん、成蹊大ギターソサエティの皆んな、
ありがとうございました!
1537081949398
来年もそしてこれからも
またお会い出来ることを楽しみにしております!




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.