北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : アリタ

去年12月に続いて、沖縄にやってきたアリーです。
前回は台北からだったが、今回は千歳空港から福岡経由での那覇空港いり。
ほぼ1日がかりで、雪の札幌から南国の那覇へ到着した。
暖かいと思いきや、最高気温15℃、意外と肌寒い季節。

兄弟会社のディスカバリーファームで全国各地の方言カルタを製造しているが、
沖縄テレビから依頼をうけていた、〈うちなーぐちかるた〉も今月無事納品完了。
再販第4版のこのCD付きカルタも、間もなく沖縄県内の書店に再登場することは
嬉しい限りである。さらなるヒット商品になってもらいたい。

そんな縁のある沖縄県で公演の実現に向け県内を回るが、まず初めに訪れたところが、
ここ『語りbar Kaz』。沖縄で歌旅座を応援してくれる人がいるのだ。

image

このお店、前回、BOSSの35年来の知人Yさんに連れてきてもらった那覇市内のバー。
ここを1人で切り盛りするのが、とっても気さくで「気」のいい、その名も
Kazさんという女性だ。まだ一度しか会っていないが、歌旅座の沖縄営業課長
を自称してくれる、すでに応援団の1人。
まるで「アジト」のような佇まいのビルの3階、店の扉を開けると、
「おかえりなさーい」という元気な声で迎えてくれる。

着物姿に酒屋さんのエプロンを締め、粋なKazさんが今日も、
お手製のピクルスや、カウンターで香ばしく焼いたお餅を出してくれる。
酒はもちろん泡盛。

今ではすっかり地元の人に見えるが、千葉で教員生活を終え、
趣味のスキューバダイビングで何度も訪れていた大好きな場所、ここ沖縄に
1人で移住してきた経歴の持ち主。
冬は、スキーで以前は、北海道を毎年訪れていたらしい。
歌旅座とは「旅」の話しも尽きることはないだろう。

彼女と「語る」と、35年間子供たちとも向き合ってきたこと、第2の人生を
ここで過ごすことを決めた潔さ、暖かくも芯のあるその人柄を感じることができる。
この人がいるから、訪れる店。「語りbar」というのが頷ける場所だ。
image
(Photographer ・TAKA)

Kazさんにも早く歌旅座の公演をみてもらいたい。
そして、まだお会いしていない、沖縄の方々にも。

〈琉球の珍しく肌寒い風〉を受けながら、明日を信じて、
今日も、行って参ります!

2016年12月、東北ツアー最終日の4日目の公演地は、岩手県一戸町。
image 奥羽山脈北部の山々を朝モヤに見ながら移動。
image

image

会場に到着したときは、清々しい冬晴れ◎
気持ちのいい昼公演が迎えられそう。

会場の一戸町コミュニティセンターは、ドーム状のユニークな会場。
image

なんと照明が設置してある、ポジションは恐ろしく高い足場。
こんなの滅多に味わえないと、司会太郎が歌旅座Facebookページで緊急動画レポートしているので、こちらをご覧あれ。

本番前の楽屋、一戸町コミュニティセンターさんが、「ブログで見てますが、ダルさん足りないと思って」とお弁当スペシャル2人前用意してくれた。
ダルくん、ヒキツリ笑いか。いやご満悦だ!
image

公演は、はじめましての一戸町ながら、大盛況の会場となりました。
image

image

一戸町コミュニティセンターの皆さま、ご来場頂いた一戸の皆さま、ありがとうございました。
青森・佐井村➡七戸町➡秋田県・北秋田市➡岩手県・一戸町と続いた今回の東北ツアー、どちらのまちもまた再会できる日がくる予感大です。
皆さま、またお会いできる日までお元気で✋

今は実は八戸から苫小牧行きの津軽海峡、船の上。
居眠りしていると思いきや、なぜか精悍な顔で乗船待ちする司会太郎をオマケに!
image


全国各地へ公演提案に出ていたメンバーたちも、前日札幌へカムバック。
こんな大雪になる前、全員無事終結できるなんて、なんて「神っている」ことだろう。
これまでも台風や大雨などをぎりぎりにして凌いできたが、この日も同じ。
image
早朝、向かったのはシャコタン半島の先端のまち、積丹町。
札幌から日本海側にかけて、この時期の記録的な大雪が降り、日本海からの風雪に
あおられながらも目的地へ到着した。
公演会場の総合文化センターも看板も雪で埋もれ、一面銀世界。
image
前回の公演は2011年夏の、JUNCO&CHEEP歌旅本公演。
そのときは町からの要望もあり、中高等部でコンクール全国一位の玉川学園・弦楽オーケストラとの数曲のジョイント、チープさんの指揮のもと、オープニングを迎えた、思い出深い場所だ。 
image
5年ぶりの今回は、<積丹町町制施行60周年記念事業>として、「昭和ノスタルジアコンサート」を開催頂いたのである。
IMG_0386
オープニングの『時代』は、積丹町の歴史とともに歩んできた昭和の画像をバックに、
JUNCOとNARIKOがご挨拶がわりの一曲。
IMG_0395
 IMG_0399
久しぶりの「ふるさと」、会場の皆さま方と一緒に歌い、暖かい空気に包まれた。
 IMG_0408
IMG_0414
次第にお客様と歌い、一体となって迎えたフィナーレ。皆さん、手を上げ盛り上がってくれた。
これから、始まる本格的な北の冬。この笑顔と喜びで乗り越えられますように!
「思い出」の積丹町で、今日の日がまた新たな「出会い」と「思い出」となり、これからも重ねていきたい。来年もぜひお会いしたいですね◎

悪天候にもかかわらず、ご来場くださった 積丹町の皆さん、60周年という節目の事業として、 
公演開催をいただいた、積丹町企画課の皆さま、ありがとうございました!!
またお会いしましょう✋
 

こんにちは。本日、アリタとBOSSは伊豆方面に営業の旅です。
この季節ならではこの地のシーンをピンポイント・リポート。
撮影はフォトグラファーTAKAことBOSS。
image
〈伊豆の山から相模湾を望む〉
image
〈たわわに実る民家の庭先の柿〉
image
〈伊豆箱根鉄道の列車が走る〉
静岡・三島でオススメのグルメ。
image

《つけ麺まぜそば ショウザン》の「つけ麺醤油そば」。
魚だしだが、全くクセがなく美味しく頂ける。
おまけに、ごはん、つけもの各種、激辛ラー油もやし、茹でタマゴが食べ放題。
ダルときたら一体、何杯食べることだろうか。。
席がいっぱいで店の前で待っていると、温かいお茶を外まで持ってきてくれるのも嬉しい。
image


明日も、富士山を望む静岡・山梨の山麓の町まちを回ります。


歌旅座メンバー、連日のブログで各地からリポートが届いていますが、アリタはBOSSと共に今日から沖縄入り。
2日間の台湾訪問を終え、早朝3:20台北車站(台北中央駅)発の桃園国際空港行きBus
(ブスじゃなくて、バス)へ乗り込む。
空の便は6:20発の琉球(沖縄)行き。
約1時間、アジアの喧騒からあっという間に那覇国際空港へ降り立つ。
ピーカンの常夏イメージとは違い、沖縄はあいにくの雨だった。

あまりの短時間のフライトで「帰国」感はまったくないまま、レンタカーに乗り込み、歌旅座にとっては初めての地、沖縄県内の市町村を一日中回った。

ここ沖縄には、BOSSが若かりし20代前半の頃、芝居やテレビ番組の裏方として昼夜なく動いていてたときの、同志ともいえる人がいる。
BOSS曰く、決して表には立たないが、当時から関係メンバーの「潤滑油」になっていた存在だったと。

一日の終わり、その人に会うことにした。
場所は、那覇市内の栄町の呑み横丁。ザ・ローカル沖縄。
image

image

まるで時間が止まっているような「昭和」な佇まいの中、平成の今、老若男女が
集い、活気のある場所だ。

トイレに行き、用を足しながら顔をあげるとこんな張り紙が。
image

冷戦時代のさなか、沖縄の立ち位置を自虐的ユーモラスに風刺しているが、これもまた「昭和」を感じる。

そんなシチュエーションで、沖縄の定番料理である、ゴーヤチャンプルーや島らっきょなどをツマミに泡盛を頂く。たまらない。

そして、昔とは明らかに違う「自分」をわかりつつ、昔話に花をさかせながらも、今、そしてこれからのことを話す2人、これもたまらない。
きっと表情は、30年前と同じなんだろう。
image


そんな沖縄でのこれから。
歌旅座の公演をこの地の方々にも楽しんでもらい、終わった後はこの場所でメンバーたちと呑み交わすこと、今から楽しみでならない。
image






このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.