北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ
サーモンズPOLOシャツ

カテゴリ : アリタ

昭和43年4月25日、小樽市で生まれた、私アリタ。
40年代生まれは、おそらく「昭和」という時代の匂い、空気をまだ
感じられる世代であったと思う。
そんな「昭和」を、49歳を迎える今日、思い出してみる。 

当時の小樽は、「北のウォール街」の異名で栄えた大正から昭和にかけて
の頃に比べると衰えていたと思うが、まだまだ活気のある街だった。
育ったのは、小樽市の繁華街・花園という町。
週末の夜になると、家からすぐ傍の「花園銀座商店街」(現花ぎん通り)は
その道筋、小径に、星の数ほどある、スナックやバー、居酒屋など、
いわゆる<夜のお店>の客待ちをするタクシーで渋滞が続き、
眠らない街といってもいいほどだった。
家の前を通る「潮まつり」の練込みパレードや、露店が並ぶ「水天宮神社祭」
なども今よりダンゼン規模が大きく、ワクワクしたものだ。

家は、利尻島生まれの祖母が、昭和2年に開業した髪結い(美容室)
の2階が住まい。
お店のお客さんは、ご近所さん、毎日髪を結いに来てくれるスナックの
ママさん、芸者の御姐さん(すでに年配ではあったが)、時には北海道
巡業中のお相撲さんなども来てて、とても個性的な人たちが多く、
私や弟はそんな方々に遊んで貰ったり、道でよく声をかけられた。
結婚式も今よりも多くて盛大、母は結婚式の支度で式場を駆け回る。
そんなときは、弟と2人でホテルの支度部屋にご飯を食べに行ったり、
親父が近所の中華屋さんに連れて行ってくれる、楽しみな時間でもあった。

祖母に弟子入りした、母、その妹である叔母も美容師で、
小学校低学年くらいまでは、北海道の各地から、美容学校を出てすぐに
ウチに来て、住込みで働く美容師のお姉さんたちが同居していた。
時には母親代わりに幼稚園や小学校の行事にも来てくれた。
食卓はいつも2つの大きなテーブルを囲み、「昭和の大家族」さながら
の賑やかさ。

そんなお姉さんたちの楽しみのひとつが居間で一緒に見る、
テレビの歌謡ショー。
皆んなお目当ての歌手がいて、沢田研二、郷ひろみ、西城秀樹など
ブラウン管テレビに写し出されると、競ってキャーキャー黄色い声を
あげていた。
朝から遅くまで働き、テレビのエンタメが「憩いの時」となっていた。

ちょうど「核家族」という言葉がよく出てきた時代。
そのころは、友だちのウチのように家族だけの生活というのも羨ましく
も思えたが、いま思うと皆んな「不便」はありながら、いつもイキイキ
としていた生活がそこにあったと思う。

歌旅座の活動を始め、北海道各地を訪れる。
幼少当時は聞き慣れず、遠いところの印象しかなかった、
稚内、八雲、北檜山、妹背牛、静内など、同居していたお姉さん達
の出身地にいくとそんなことを思い出していた。

「昭和の歌コンサート」の幕開け映像にもある、
苦しいときも、哀しいときもあったが、輝いていた頃。
世代、環境で人それぞれの「昭和」感があるものの、あの頃のお姉さん達
のように、会場に来てくれたお客さんには、
ひとときの「昭和の憩いの時」を思い出し、過ごせて貰えたら、
嬉しい限り。

image

写真は、まだ私が生まれる前、昭和30年代のアリタ生家とハタチ前後の生前の母。
店は今、弟が継いでいる。
「パーマネント」の看板と「BEAUTY PARLOR」の文字。笑えるが昭和っぽい。
「お客様をキレイに送り出し、また来て貰える喜び」
という祖母や母の言葉をアラフィフにして思い興す、アリタでした。

アリタです。
四国8か所巡礼公演の初日を終え、四国上陸2日目は、
今回の楽しみのひとつ、ザ・讃岐うどんで朝ごはん。
地元の方に、「宿の近くで一番、美味しいうどん屋さんは?」と尋ねたところ
教えてくれたのが、高松市屋島の四国村の中にある<わらや>というお店。
image
image
江戸時代の古民家そのまま、なんとも風情のある佇まいに、
朝から盛り上がるメンバーたち。
image
アツアツの大徳利で注ぐ醤油ダシ、生ショウガとネギででいただく
釜揚げうどん、何度でもたべたくなる本場の一杯でした。
朝から、身も心もあたたまり、次の公演地へ向け出発。

瀬戸内海沿いの高速道路、高松道・松山道を抜け、やってきたのは、
伊予の国・愛媛県砥部町。
image
到着すると、砥部町文化会館・館長の山口さんが雨の中、傘をさして
会場前で出迎えて頂きました。

ここ砥部町は、良質の陶石が取れ、江戸時代から続く伝統の砥部焼の産地として
も有名。町のキャッチフレーズは、<清流とほたると砥部焼とみかんの町>
自然に囲まれた歴史のあるところ。
image

昭和ノスタルジア公演は、あいにくの雨天にもかかわらず、
たくさんのお客様にご来場をいただきました。
IMG_2817
環境のいい素晴らしいホールで、ステージ上からも皆さんが心から
楽しんでくれているのが伝わってきました。
IMG_2809

砥部町。地元の人たちの暖かさが感じられる町。
皆さんの笑顔に会うために、また必ずやってきたい街のひとつになりました。
文化会館のスタッフの皆さん、ご来場いただいたお客様、ありがとうございました。
またお会いできる日までお元気で。









 

こんにちは!アリタです。
 
2日前のブログで、世界的には人気のない画家、ヂュンコ・ゲイブリエル
のTシャツシリーズ第2弾「円山夜想Tシャツ」が、
発表されたところでありますが、今回のコレ、私気に入ってます。
皆さんも、オソロで着てみませんか。
送料無料、1週間以内のご予約は、4月12日まで。
image
通販予約ページはこちらから⬇
歌旅座オンラインショッピングページ

今日は 歌旅座ブログをお読みの皆さまに そんなTシャツに関わる耳よりな情報を。
 
このような世界にひとつしかないオリジナルデザインTシャツを、
歌旅座を運営するディーエムジェイで作れるようになりました。
最小オーダー数は、20枚から。
20枚オーダーすると、1枚あたり、なんと@990円で作れちゃうんです。
そして、そして、オーダー数が増えると1枚あたりの価格はドンドン安くなります。
サイズもS~5XLまで対応。
他のWEBショップなども見てみましたが、おそらくウチがドーンと日本最安値!
 
お安くできるワケは、生地の断裁・縫製から、シルク印刷まで一貫体制で行う、
タイ・バンコクの工場と提携した、Made in Thailand.
 image
・イベントでのスタッフ用に
・サークル・クラブ Tシャツで団結心UP
・学生さんは、学校祭クラスTシャツで盛り上がろう
・少しだけでいいから、オリジナルのTシャツを売ってみたい
そして、そして各種・応援Tシャツなどなど、、
 image

用途はたくさん、これからのシーズン、Tシャツは何枚あってもいいですね。

 ご注文・お問合せ・ご相談は、北海道歌旅座TEL011-623-6680 まで。
 お待ちしております。

アリタです。
先のブログでもご紹介しましたが、 
歌旅座のメンバーがツアー中の楽屋で毎日飲んでいる、
もはや手放せないコーヒー、
ラオス産の「DAO COFFEE エスプレッソ 3 in 1」。
 image
 
4月の四国ツアーから、「楽屋珈琲」(5スティック入り300円)、
歌旅座のNEWグッズとして公演会場に登場しますが、
それに先立ち、歌旅座オンラインショップにて発売が決定!
本日3月30日よりお買い求めいただけます
 
ご購入はこちらから!!
 
通信販売は、お徳用・30スティック入り:1,800円(税込)
 
コーヒー・砂糖・ミルクが入ったスティックタイプで、
お湯を注ぐだけのホットはもちろんのこと、
グラスにクラッシュアイスを入れて注ぐ「即席カフェラテ」もたまらない1杯です。
 
このDAO コーヒー、世界各国のコーヒーチェーンがひしめき合う、
タイ・バンコクでもショップ展開している人気急上昇中のブランド
 dao shop
昨年秋、BOSSとアリタがラオスに行った際に
土産として持ち帰ったのがきっかけでメンバーに大人気。
歌旅座ツアーでは、舞台セッティングの合間や本番前などのひとときに、
楽屋でいまや欠かせない1杯となりました。
 
「カフェラテがお好き」なアナタ。
「コーヒーはブラックしか飲まない」というアナタ。
楽屋珈琲は、絶対にオススメですよ。

 

みなさん、お元気ですか。
今回はアリタが「9年目の挑戦」についてお届けします。



「JUNCO&CHEEP 北海道180市町村公演」と銘打った
コンサートツアーが2009年からはじまった。

お客さんとともに楽しめ、感動を共有するコンサートを届けたい。
ギャラはいらない。とにかくコンサートに来てほしい。観てもらいたい。
そんな思いを込めて、市町村への提案からはじめた。

JUNCOとチープ広石、そしてスタッフ兼任の我らからなる
〈札幌円山みちくさ合唱団〉がメンバー。出演・スタッフで総勢10名。
「えーっ、お金いらない? 入場無料?」と驚かれることも多かった。

この頃の自分と来たら、コンサートなんて何もわからないズブの素人。
ステージでは毎回緊張するし、裏方としてもわからないことばかり。
こんな状況で、続けていけるのかと疑問もあったが、
「俺たちは無名な集団。まずは人に見てもらうところからはじめて、
 場数を踏むことだ」。
そんなBOSSの言葉を信じ、ただ走った。

「来年はぜひ町の文化事業として来てください」。
翌年から各地から公演の依頼の声がかかるようになってきた。
歌旅座流の公演の作り方が実を結んできたのである。

そして自分自身の中にも、お客さんに喜んでもらうという、
エンタメの醍醐味を知るようになった。このときすでに40代。
まさかこの年でステージに上がるとは思いもしていなかったが。



2017年。あれから8年。
営業も制作も自分たちで作り上げる歌旅座流のやり方は今も変わっていない。
公演回数も800回を超え、現在では「ニッポン全国市町村公演」を旗印に
北海道を飛び出して歌を届ける旅をさせてもらっている。

変わったのは、ステージにも立たせてもらっている自分自身だ。
オッサンサーモンズながら、まだまだ。
やれるとこまで、頑張らせてもらいたい。

さあ、今年は北海道180市町村公演達成の可能性あり。
そして、さらに多くのお客様を楽しませたい。

maruyama_michikusa

(2013年7月・撮影)

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.