北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : オガ

台風一過の青空が広がり、気持ちの良い朝を迎えました。
やって来たのは、北海道内172ヶ所目の市町村、訓子府町です。
 
今回は、訓子府中学校での芸術鑑賞コンサート。
はじめましての挨拶に、未来を担う若者たちに向けて歌を届けて参りました
 
2017-09-20-16-13-30


学校での公演は、主に体育館が会場となります。
普段、集会や運動で使用されているこの空間を
一日限りの音楽ホールに変身させていく作業から始まります。

午前10時30分。生徒の皆さんが体育館へ入場。
目の前のステージは緞帳が閉まり、いつもとは違う雰囲気。
みんなそれぞれ、どんなステージを想像しているのでしょうか。
少々緊張した様子で開演を待つ姿を見ていると、
我々もますます開演が楽しみになってきます。
 
 
 
彼らが生まれる遥か前から歌い継がれる昭和の名曲たち、
そして、旅の途中で生まれた歌旅座のオリジナル曲を織り交ぜ、
約90分のステージをお届けしました。
 
2017-09-19-11-46-43

真剣なまなざしでステージを見入る姿は、
真っすぐな想いを向けられているようでした。
それを受け取ったのか、終盤に披露した「海へ出よう」でJUNCOは
込められたメッセージを一人ひとりに手渡しするかのように、
いつにも増して大切に、そして力強く歌っていたように感じました。
 
この日、この瞬間、みんなそれぞれの心に何かを感じてもらい、
未来へ進む力になってもらえたら嬉しい限りです。
そして、近い将来お互いに成長した姿で再会出来るといいですね
 
開催が迫っている学校祭、みんなで力を合わせて成功させてくださいね!
 
訓子府中学校の先生方、生徒の皆さん、ありがとうございました!

北海道へも台風上陸が近づいて来ている中、
我々はオホーツク・大空町から十勝・鹿追町へとやってまいりました。
 
 
会場の鹿追町民ホールのエントランス前では、
大きなクマのトピアリーがお出迎え。
トピアリーとは、盆栽の西洋バージョンのようなもので、
植物を立体的に形作る作品のこと。
このクマさんの後ろにも、アシカ、リス、フクロウ、カメなど、
たくさんの可愛らしい仲間たちがご来場の皆様を楽しませていました。
 
コンサート会場はミュージカルホール。
コンパクトですが、天井が高く開放感ある空間で音がよく響きます。
ステージ奥に客席から映像投影する方式は、
かなりの迫力を感じて頂けたと思います。
 
 
鹿追町での公演は、2015年の然別湖畔温泉ホテル風水以来4回目。
町の中心部での開催は今回が初となります。
 
ご来場者の半数近くが歌旅座の公演が初めてという方たちでしたが、
「地元に来てくれて嬉しい!ホテル風水さんの時は泊まりがけで行きました!」
と、開催を待ち望んでくださっていた嬉しいメッセージもありました。
また、近隣市町村からも、久しぶりにお会いする元気な姿がたくさんありました。

北海道全市町村制覇まであとわずかとなり、ゴールが見え始めてきた現在、
濃い時の流れとたくさんの縁に感謝したくなる1日となりました。

2017-09-17-17-02-31
 
ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!
また必ずお会いしましょうね。

爽やかな風が吹き流抜ける心地の良い季節になってきました。
この9月も22本の公演が入っている歌旅座、
季節の移ろいを感じながら全国を旅して参ります。
 
さて、来週13日からスタートする道内ツアーでは
一般向け公演としては久しぶりに十勝を訪れます。
 
2年ぶりの鹿追町、そして、5年ぶりの大樹町、
それぞれ十勝の北と南に位置する町での2日間連続公演です!
 
 
鹿追町公演 2年ぶり4回目
 
「昭和のうたコンサート」
2017年9月17日(日)  開場13:30  開演14:00
前売り:1,800円/当日2,300※中学生以下無料
 
お問い合わせ=鹿追町民ホール…0156-66-3300
       北海道歌旅座…011-623-6680
 
170917鹿追町-チラシ表2

 

大樹町公演 5年ぶり2回目
 
「昭和ノスタルジアコンサート」
2017年9月18日(月・祝) 開場13:30 開演14:00
前売り:2,000円/当日2,500円  高校生以下 前売り1,000円/当日1,500
 
お問い合わせ=大樹町生涯学習センター…01558-6-5555
       北海道歌旅座…011-623-6680
 
!cid_FCE80E39-22E3-487A-B566-BE0A563FEB8C@airport

 
十勝の皆様、会場でお会いできるのを楽しみにしております!

世界中の約100都市に向け、一日400便以上の航空機が離着陸する
日本最大の空の玄関口、成田国際空港。
 
その景色を見下ろせる、緑に囲まれた丘にそびえ立つホテル日航成田が、
関東公演ツアー前編・最終日の会場です。
 
 
ホテル側のご厚意により、前日から宿泊させて頂きました。
大盛況となった流山市公演の余韻を抱きつつホテルへ到着。
ご用意頂いた快適なお部屋でのひととき。
翌日の準備をしなければと思いながらも、
ベッドに横たわったらもうおしまいでした。
あまりの心地よさにそのまま朝まで直行、
おかげでゆっくりと身体を休めることができました。
 
朝は、窓の外に広がる真っ青な空とまぶしい太陽の光、
次から次へと行き来する飛行機たちをしばらく眺めたあと、
美味しい朝食をたくさんいただき、コンサートの準備に取り掛かりました。
 
 
受付にはご予約分チケットと名簿がズラリ。
開場と同時に続々とお客様がご来場されると、
玄関でのお出迎え、受付でのご案内、会場内での誘導、飲み物の提供など、
スタッフの皆様の連携により行われるその様子は、
老舗ホテルならではのきめ細かく丁寧なお仕事そのものでした。
 
 
そして、ご覧の通り満席となり、「昭和のうたコンサート」開幕。
 
静かに口ずさみながらじっくりと聴いてくださっている印象でしたが、
コンサートの後半、「歌声喫茶アワー」が始まった途端、
お客様の手拍子の位置が高くなり、満面の笑みで大合唱と、
ボルテージは最高潮に。
実は、こうした賑やかな曲たちを待ちわびていたんでしょうね
そんな客席から伝わるエネルギーの大きさに、
ステージ上の我々も、より力が入りました。
 
 
終演後、85歳になるというお婆さまがゆっくりとJUNCOのもとへ。
娘さんが誘ってくださり、ご来場頂いたとのこと。
 
「あなたならミュージカルをやっても、外国に行ってもどこでも大丈夫!
本当に素晴らしかった!」
 
嬉しそうに話しかけてくださり、名残り惜しそうに会場を後にしていきました。
 
ホテルのご担当者の方からも、今後も定期的に開催したいと嬉しいお話を頂きました。
来春、開業40周年を迎えるとのこと。
次はそのお祝いとして再公演が実現できると嬉しいですね。
 
ご来場いただいた皆様、ホテル日航成田の皆様、
ありがとうございました!

赤く染まったナナカマド。
爽やかな風と薄青の高い空。
金色に色づき始めた稲の穂。
北海道は夏から秋へと季節が移ろいつつあります。

芸術の秋。

十勝管内にある広尾中学校。
2年に1回開催される<芸術鑑賞事業>に
出演させていただきました。

2017-08-29-12-26-35


歌旅座の主演目「昭和のうたコンサート」は、
昭和の時代に青春を謳歌した人生の先輩方が多いため、
こんなに若い世代の前に立つのは久しぶりのこと。

開演前の体育館。
整列された椅子に座り、静かに待つ生徒たち。
行儀よく待つ姿は立派そのものですが、
水を打ったような静けさに、
体育館の中に溢れるなんとも言えない緊張感。
我々まで背筋がピンと伸びてしまいます。

2017-08-29-13-19-18


そんな空気を打ち破り、後方からジュンコ登場!
一気に会場が沸き立ちました。

さあ、第1部:音楽劇「黄昏を待ちながら」の開演です。

ジュンコとチエの軽妙なかけ合いが魅力の芝居、そして、歌。
ステージを食い入るように見つめる瞳はどれもキラキラと輝いていました。

休憩を挟み第2部はコンサート。

平成二桁生まれの若者には、昭和は遠い時代かもしれません。
それでも、公演後にジュンコに話しかけてくれた生徒さんの一人が、
「おじいちゃんとおばあちゃんが聞いていたからほとんど知ってたよ!」
と嬉しそうに話してくれたそう。

コンサートの最後にはオリジナル曲『海へ出よう』。

ただ前にひたすら  前にひたすら 一歩でも進むのが 
それが若さ ときめき ふるえる命の証拠


これからの世代を担う若者へのメッセージが込められているこの歌。

校長先生の「本物の芸術に触れると心が潤う」という言葉とともに、
希望に満ちた若者たちの心に届いていることを願っています。

2017-08-31-01-03-35


奇しくも当日は、世界を騒がす有事、
特に広尾町では落ち着かない朝となりましたが、
元気いっぱいの生徒の姿から想像できるのは、
曇りのない明るい未来のみ。

今の自分がここにいること。
こうして暮らしていること。
昭和を生き抜いてきたお父さんお母さん、
おじいちゃんおばあちゃん、
もっともっと前の世代から命が繋がれてきたからこそ、
今の自分がある。
今日の公演が若者たちのこれからの人生において
何かのきっかけになってもらえたらと願います。

そんなことに思いを馳せながら、
自分たちもエネルギーをもらった1日でした。

広尾中学校の先生・生徒の皆さま、ありがとうございました。

もらった力を胸に秘め、我々は晩夏の関東に飛び立ちます!

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.