北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : オガ

本州と四国の間に位置する淡路島。
一年を通して豊かな食材に恵まれ、日本古代から平安時代まで
皇室や朝廷に食料を貢いでいたことから「御食国(みけつくに)」と呼ばれていた島。
現在も「淡路島たまねぎ」を始めとする淡路島ブランドが数々存在しています。
 
世界三大潮流「鳴門のうずしお」が渦巻く鳴門海峡を越え、
その最南端にある南あわじ市へやって参りました
 
会場は、淡路島を代表するリゾートホテル、南淡路ロイヤルホテル

2017-11-09-09-30-33
 
 
ありがたいことに、前日から宿泊させて頂き、
広々とした部屋と素晴らしい温泉を堪能。
疲れもすっかり癒され、迎えた清々しい目覚めの朝、
飛び込んできた景色はまるで南国リゾートにいるようでした。
 
2017-11-09-08-46-25
 
今年6月の九州公演で開催した、北九州八幡ロイヤルホテルでの公演を
ご覧頂いた運営会社の西日本統括責任者の方が気に入って下さったのが縁で
今回の公演が実現しました。
 
 
開演間近の会場内は、美味しい飲み物を手にお喋りするお客様で賑やかな雰囲気。
コンサート中も楽しそうな手拍子と歌声で包まれました。

2017-11-09-14-09-48
 
公演後には、「こんなに素晴らしい歌が聴けると思ってなかった!」と、
嬉しそうにJUNCOと写真を撮って行かれた方も。
 
2017-11-09-15-41-00

スタッフのお話しによると、地元の漁師さんやご商売をされている方など、
仕事柄、遠くまで出歩くことが出来ないような方々が多くご来場頂いていたようです。
普段、お忙しい日常の中、ひとときでも楽しい時間を過ごして頂けたのであれば、
我々も嬉しい限りです。
 
南淡路ロイヤルホテルのスタッフの皆様、
また是非、地元の皆様に楽しんでもらえるイベントとして、
再公演が実現できることを願っています。
 
そして、何よりご来場頂きました皆様、ありがとうございました!
またお会いできる日を楽しみに。

どんなに酔っぱらってても読めるのに、
どんなにシラフでも書けないって漢字ありますよね。
例えば「薔薇」や「憂鬱」。

逆に簡単に書けるのに、読めない漢字もありますよね。
特に、アイヌ語に由来する北海道の地名には多いです。
有名なものだと「花畔(ばんなぐろ)」や「占冠(しむかっぷ)」などなど。
 
今回訪れた街の名は、そのどちらも兼ね備えた難しさを感じさせます。
 
 
皆さん、読めましたか?書けますか?

大阪府東部、奈良県との県境にある街です。
約600年前の南北朝時代に起こった「四條畷の戦い」で敗れた
楠木正行が祭られた「四條畷神社」があったことに由来しているそうです。
 
 
さて、その四條畷市で、GO WEST!(again)ツアーは
半分の6公演目を迎えました。
 
大阪府への訪問は今年6月以来。
おかげさまで関西地区での公演の機会も
たくさんいただけるようになってきました。
 
そんな関西へ来た時にみんな楽しみにしている出会いがあります。
 
2017-11-06-12-01-54
 
音響のチェックをするBOSSの隣にいるこの御方。
”いまやん”こと今西さん。
 
約30年前、チープ広石率いるLOOKのコンサートツアーに
照明オペレーターとして同行されていた方で、
プロデューサーだったBOSSとはそれ以来の盟友。
現在も現役でバリバリ活躍されている照明のスペシャリストです。
 
 
関西で公演がある時は、忙しい合間を縫って遊びに来てくれます。
気さくな人柄と優しい関西弁にはいつも癒されます。
今回も美味しいスイーツの差し入れとともに、
撤収まで手伝って頂きました。
 
 
さて、肝心の公演はというと、開演直後から客席はノリノリ!
サーモンズの振り付けを楽しそうに真似をしている方、
時折体をくねらせて笑っている方、大声で歌っている方、
立ち上がって拍手してくれる方、
「涙をこえて」のクライマックスでは、間違いなく
お客様全員の手があがっていました。
 
2017-11-06-16-03-24
 
終演後には、「今度はもっとお客さんが来るように私が宣伝するから!」と、
頼もしい言葉をかけてくださった方もいらっしゃいました。
 
アツいアツい四條畷市の皆様、楽しい時間をありがとうございました!

台風22号が過ぎ去るも、その影響は大きく、
乗り込む予定の苫小牧発フェリーはまさかの2時間遅れ。
荒れに荒れる日本海。揺れに揺れるフェリー。
まともに眠ることも出来ない20時間を過ごし敦賀港へ到着。
もうすでに長旅を終えた気分のオガです。
 
ホテルへは深夜に到着したため、飛行機で前のりしていた
みんなとは、翌朝改めて合流し、
いよいよ「GO WEST!(again)ツアー」がスタート!
初日は滋賀県南部の湖南市で迎えました。

ここ湖南市が位置する甲賀地区は、あの忍者で有名なエリア。
古くは多くの甲賀流忍者が存在した場所で、
鵜飼家、針家といった当時の家名が
今もそのまま地名としていくつも残っています。
 
湖南市は、13年前に甲西町と石部町が合併して誕生しました。
その際に調印式が行われたのが、今回の会場『甲西文化ホール』。
 
数日前に初雪を観測した北海道とは違い、
本州はまだまだ暖かいはずと思い込んでいましたが、
思いの外肌寒い。
しかし、そんな寒さもものともせずに、
正面玄関には開場を待つ長ーい行列が。
 
 
開場と同時に続々とホールへ駈け込んでくる湖南市のお客様。
我先にと、好みの席を見つけいそいそと座っていく様子が、
今日の盛り上がりを予感させます。
 
2017-11-01-14-58-46

終演後の一枚。
まぁホントに明るいお母さんたちで、一度帰ったにもかかわらず、
また戻って来ての記念撮影です。
心から楽しんでくれていたのが伝わってくる笑顔ですね。

 
2017-11-03-02-50-35
湖南市の皆様、ありがとうございました!また必ず会いに来ますね!
 
 

この日、一風変わったお菓子をいただきました。
 
ここから山を隔てた隣の三重県伊賀地方の名物だという
堅焼き煎餅です。
 
 
甲賀と並び忍びの里として名を馳せた、伊賀。
その伊賀忍者にとって何日もの隠密行動を支える
重要な携帯食だったという堅焼き煎餅。
差し入れしてくださった方も「危険を感じるほど」と
表現していたその硬さたるや、鉄の如し。
この付属のトンカチで割らなければ食べられません。
歯が折れる…と本気で思うほどでしたが、
深みのある味はなかなか癖になる美味しさでした。
 
行く先々で、その土地に住まう人の笑顔と
その土地に根付く珍しいものに出会えるのも、
このツアーならでは。
 
元気を与えて、元気をいただきながら、
GO WEST!(again)ツアー、どんどん駆け抜けていきますよ!

夜も明けきらぬ午前4時、薄暗い峠道をひた走る。
ただでさえ視界の悪い中、深い霧がさらなる疲労感を誘う。
札幌から片道5時間の移動。
目指すその街では4年ぶりの公演が待っている。
しかし、夜にはすぐさま同じ道を5時間かけて戻らねばならない。
 
こんな移動、少し前であれば無謀だと思ったに違いない。
あの歴史的大移動を経験するまでは・・・。
 
 
そうです、先のツアー中に決行された
歌旅座史上最長の陸路移動「九州大返し」です。

「もうこんなことやめようぜ…」と心に決めたあの大移動に比べれば、
時間は半分、そして、何度も走り慣れた道です。
我らにとってはもうちょろいもんですよ。
BOSSの言葉がしっくりきました。
 
道南プチ返しって感じだな。」
 
 
というわけで、やってまいりました渡島管内・知内町。
 
目の前の津軽海峡で獲れる海産物は豊富で、
中でも知内の牡蠣は、「外海養殖」という激しい海流の中で
育てる手法の為、実が大きくしまっているそうです。
ランチタイムでその牡蠣を食そうという話で盛り上がりましたが、
時間も無く今回は断念・・・いつか味わってみたいものですね。
 
さて、知内町を訪れるのは4年ぶり。
前回は小中学生対象の芸術鑑賞コンサートでしたが、
今回は【町制施行50周年記念 町民芸術鑑賞事業】として、
一般町民の方々を対象としたコンサートとしてお呼び頂きました。
 
 
知内町といえば、演歌界の大御所・北島三郎さんの故郷。
そのサブちゃんを差し置いて、この記念すべき行事に
公演させて頂くというのは大変光栄なお話しであります。
 
 
公演1ヶ月前に急遽決まった衆議院解散による
総選挙の投票日と重なってしまったにもかかわらず、
たくさんの町民の皆様がご来場くださいました。
恒例となりました休憩時間の「楽屋珈琲」「円山厨房カレー」の販売も
嬉しいことに大盛況、あちこちから声をかけられ売り子は大忙し。
 
 
 
「昭和は一日一日遠ざかっていきますが、
今日はしっかりと昭和を感じ、楽しんでください」
 
開演前のご挨拶でそうお話ししてくださった本間教育長は、
コンサートを楽しむ町民の皆様の様子を、
来賓席から嬉しそうに見守っていらっしゃいました。
 
教育委員会の皆様も、こんなにたくさん集まるとは、
と少々驚いた様子でしたが、最後にはお客様と一緒に
手拍子しながら楽しんでくださっていました。
 
 
知内町の皆様、ありがとうございました。
 
来月はまた道南にお邪魔します。
今度はプチ返しはせずに、隣町の北斗市を含め、
渡島・檜山管内4市町を回らせて頂きますので、
是非また会いに来てくださいね。

道央自動車道を北上、抜けるような青空の下、
車内から眺める景色はすっかり秋。
両脇に広がる山肌の緑は姿をひそめ、
黄色や紅が鮮やかに広がっていました。
 
きのこの一大産地として有名な愛別町。
9月に訪れた「きのこの里フェスティバル」では、
まだまだ半袖で過ごせたこの町も、今回はパーカーどころか
ダウンジャケットが必要なほどの寒さとなっていました。
 
2017-10-19-15-04-27
 
大正13年、酒の貯蔵蔵として建てられた「蔵KURARAら」。
現在はカフェや特産品店を併設する交流施設として利用され、
町民の憩いの場となっているこの会場を、今回初めて使わせて頂きました。
 
札幌軟石の壁がレトロな雰囲気。
天井が高く、音が心地よく響くホールでした。

2017-10-19-15-00-53

3年ぶりの公演も大盛況で終えることが出来ました。
主催して頂いた「蔵ら応援隊」の皆様、ありがとうございました。
 
2017-10-20-18-39-41


 
いつも家族のように迎えてくれる愛別町の皆様。
公演終了後、こんなにたくさんの特産品を頂きました。
 
2017-10-20-14-01-25
 
愛別の人たちが想いを込めて育てた大地の恵みの数々、
この地に生きるたくさんの命をずっと支え続けてきた"力"です。
 
我々もその"力"をありがたく頂きながら、これからの長い旅も
元気に続けていきますね!

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.