北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : オガ

お久しぶりでございます。オガです。
 
ありがたいことに、旅の始まりから一緒に歩ませてもらい、
9年目を迎えるところまで参りました。
 
実は、このツアーが始まる少し前、担当させて頂いたある仕事があります。
おそらく自分にとっての歌旅座の原点は、そこかもしれません。
 
作曲家・林哲司氏のトリビュートCD製作プロジェクト。
ほぼ名ばかりでしたが、ディレクターとして関わらせてもらいました。
 
参加してもらったのは4名の女性シンガー。
偶然にも、全員北海道出身であり、ピアノ弾き語りを
基本スタイルとする点も共通する4人。
 
その中で、周りを寄せ付けないほどの緊張感を漂わせ、
その集中力が、他とは違うカッコよさを感じさせる
1人の女性シンガーがいました。
 
「ぶっちぎりで一番に。」
 
口癖のようにそう言っていた彼女の歌は、それを裏付けるかのごとく、
他の追随を許さぬ、圧倒的なものでした。
 
【悲しい色やね】 
歌:JUNCO
サウンドプロデュース:チープ広石
 
これがJUNCO&CHEEPとしての第一歩だったと思います。
この瞬間に立ち会えたことが、「感動」を作り上げていくことの
楽しさを教えてくれた、心震えた出来事でした。
 
 
 
それから間もない2009年2月。
雪深い夕張から始まった「北海道180市町村公演」という旅。
 
まさに手探りで進む日々。
人を集める術を知らず、開催当日まで何度も現地に赴き、
チラシを1枚1枚配り、1軒1軒電話し、ひたすら走り回る。
不甲斐ない結果に悔し涙を流したこともたくさんありました。
 
失敗し、つまずき、何度も迷惑をかけたにも関わらず、
その度に手を差し伸べてくれ、「一緒に行こうぜ」と
背中をバンバン叩いてくれる仲間たちの励まし。
そして、なにより満面の笑顔で迎えてくれる
各地のお客様に支えられ、ここまでやって来れました。
 
そして、この8年間の旅の途中、チープさんはじめ
偉大な先輩方との別れもありました。
 
ただ、ひとつ変わらないことがあります。
それは、あの時と同じように
「ぶっちぎりの一番」で歌い続けるJUNCOの姿です。
 
そんな心揺さぶる歌を、まだまだたくさんの街に、たくさんの人に届けたい。
その場所をどんどん作っていくことが、僕の使命だと思っています。
 
歌旅座9年目の挑戦。
すぐ目の前まで来た北海道全市町村での公演。
その先に広がるニッポン全国への旅。
北海道の皆様にとって誇りに思って頂けるようなチームを目指し、
いま一度、あの心震えた原点に帰り、初心を思い出し、
改めて確実に、そして大きな一歩を踏み出せる、
そんな飛躍の年にしたいと思っています。

関西ツアー2日目は、兵庫から移動し、京都府京田辺市へ。
京都は今回が記念すべき初めての開催。
今回お邪魔した京田辺市は京都の南部に位置し、
悠々と流れる木津川と生駒山系の甘南備山に囲まれた
自然豊かな街です。

2017-03-02-17-45-23

かの有名な一休さんが晩年を過ごした土地でもあり、
88歳で生涯を終えた一休さんが安らかに眠る
酬恩庵(通称『一休寺』)は、多くの人から親しまれているそう。

会場は京田辺市商工会館キララホール。
お客様との距離が近く、皆さん一人ひとりの表情がよく見える素敵な会場でした。

IMG_2694

笑顔で歌を口ずさみ、元気に手拍子をし、時には涙を流し…。
懐かしい歌の数々は、たとえ初めての地・初めてのお客様であっても、
気持ちをグッと引き寄せて一つにする力がある。
そんなことを感じさせてくれた公演となりました。

IMG_2707



旅をしていると、様々な土地の言葉との出会いも魅力です。
はんなりとした京言葉は耳に柔らかく響き、
ずっと聞いていたくなるほどでした。

「おおきに」
「~してくれはりますの」
「また来ておくれやす」

もちろんです!ぜひまたお会いしましょう!
ご来場いただいた皆様、そして、
開催にご協力いただいた京田辺市観光協会の皆様、
ありがとうございました!



~一休さんの名前の由来~

一休宗純が詠んだ歌が名前の由来となったそうです。

有漏路(うろじ)より 無漏路(むろじ)へ帰る一休み 
  雨降らば降れ  風吹かば吹け


人生というのは、この世からあの世へと向かう、
ほんの一休みするほどの短さである。
雨が降り風が吹くこともあるけれど、
それも一時のこと。大したことではない。

あわてない、あわてない。
一休み、一休み。

「ちょっと待て そのひと口が デブのもと」
 
最近、食べる量が増えてきた私に、
ツアー中、ダルが放った一言。
これが意外にも暴飲暴食の抑止力になっているオガです。
お久しぶりです。
 
 
九州ツアーを終えたあと、私はトラック「歌旅号」と共に旅に出ておりました。
 
2017-02-27-22-08-56
 
 
いつもは橋を渡る関門海峡を、今回は下道を通り、
初の関門トンネルを抜け、九州に別れを告げました。
 
2017-03-01-00-15-30
 
そして、多くの歴史的偉人たちを輩出した
明治維新胎動の地・山口県へ行って参りました。
  
九州ツアーは終わったものの、1週間後には関西公演が始まるため
北海道には戻らず、機材を運ぶ役目もあり、
今回初めてトラックでの営業でした。

駐車スペースの確保
街中の狭い道路でのすれ違い
高さ制限のある高架下との遭遇、等々
ツアーでは頼もしい相棒も営業ではなかなかお荷物に感じてしまう時も…。
 
しかし、このトラック歌旅号のおかげで嬉しくも驚きな出会いがありました。
 
山口のホテルに到着し、駐車場にトラックを停めて降りると、
 
「うたたびざ…??おっ、北海道!」

という声とともに近づいてくる男性。
そうなんです、北海道から来てるんですよーと話してみると、
俺の車、ほれ、と、男性が指さした方向には<北見>ナンバーの軽トラが。
偶然にも隣に停まっていたのです。
 
「北見ですか!先日北見の常呂で公演したんですよ。」
「えっ!俺も常呂だよ!」
「石垣さんという方にお世話になって・・・」
「俺、弟だよ!」
「弟さんですか!えー、本当ですか!?」

なんと、2月11日の北見市常呂町公演の実行委員として
ご協力いただいた、石垣さんの弟さんだったのです。

6年前に山口に移住され、この日は
ホテルで開催されていたセミナーに参加されていたそう。
 
こんな偶然、あるんですねぇ。
(石垣さん、先日はFacebookへのコメントありがとうございました!)

ひとしきり話したあと、「頑張ってなー!」と、
全開の窓から手を上げながら去っていく軽トラの後ろ姿は
まさに北海道の風景。
それを見送りながら、嬉しさと共に少しばかりの郷愁を感じました。
 
歌旅号が繋いでくれた嬉しい縁。
おかげで、それまでの疲れがふと消えた気がした瞬間でした。
 
2017-02-27-11-59-22

梅の花が咲き誇り、もはや春の陽気。
心地よい維新の風に背中を押されながら
山口県を後にし、歌旅号と共に昨夜無事に兵庫県へ到着、
愛車・アルフィーにて営業していたチエと合流しました。
 
さて、今日からメンバーが札幌から合流し、
また賑やかなツアーが始まります。
 
九州ツアーで汗だくになっていた衣装もバッチリ洗濯完了。
 
 
伊丹で待ってますよー!

2月15日から始まった九州ツアーも、早いもので最終日。
福岡、鹿児島、宮崎、長崎とたくさんの笑顔に巡り合い、
熊本県御船町にて無事に千秋楽を迎えることができました。

いまだ記憶に新しい熊本地震。
発生から10カ月ほど経っているものの、
まだ被害が色濃く残る場所も多くありました。

熊本県御船町もその一つ。

今回の開催にあたっても使用できる施設が限られ、
スポーツセンター2階の武道場が会場となりました。
エレベーターの無い施設の為、
総動員で階段を上り機材を搬入しました。

2017-02-22-12-35-00


ロビーでは、鹿児島から駆けつけてくださった
バルーンアーティスト・TOMさんらによるグリーティングと、
ホットカルピスのサービスもあり、肌寒い中お越しくださった
お客様の身も心も温めてくれました。

image


「いちご白書をもう一度」でそっと目元を拭う男性、
最前列で楽しそうに手拍子をしていたおばあさま方、
想像していたよりもまだまだ厳しい生活が続く中で、
少しでも心が軽くなり、楽しく時間を過ごしてもらえたでしょうか。

2017-02-22-21-43-27


主催してくださったNPO災害ボランティアネットの皆様の
震災に負けない元気と勇気、そして助け合う温かい心を分かち合おうという思い、
我々も微力ながらお手伝いできたのであれば嬉しいです。

九州と北海道、地図の上では遠い地ですが、必ずやまた帰ってきます。
その時までどうかお元気で!

2017-02-23-20-48-02

冷え込む夜に札幌を出発。
苫小牧からフェリーに乗りこみ海上で過ごすこと約20時間。
福井の敦賀港からおよそ9時間ひた走り、
ようやく目の前に広がる朝焼けの関門海峡。
 
この橋を渡り、いよいよ九州ツアーの幕開けです。
 
2017-02-16-19-44-36

初日は今回が4回目の公演となる福岡県広川町。
昨年9月以来、5か月ぶりにやって参りました。
会場はお馴染み、広川町産業展示会館です。
 
 
会場ロビーにはフードやドリンクの販売コーナー
『ROCK STARS CAFE』が開店。
温かいコーヒーと美味しいドーナツ。
ビールなどのお酒も販売しており、
賑やかに開演を待つお客様でいっぱいでした。

2017-02-17-05-27-50

今回お届けする演目は『昭和ノスタルジアANNEX』。
北海道外ではこの広川町が初お披露目です。

2017-02-17-05-31-29

次々と繰り出される懐かしい曲たちに、じっくりと聞き入る満員の客席。
クライマックスを迎える頃には、思わず立ち上がって踊り出す方も。

FotorCreated

いつも明るく迎えてくださる、主催の広川町商工会の皆様、
そして、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
また必ず戻ってきますね。
 
 
今回の九州ツアーでは、ここ広川町を含む7つの街に
 歌を届けに参ります。
 
これからお会いする皆さま、楽しみに待っていてくださいね!

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.