全国共通コンサート入場券
「時には昔の話を」特設ショップ
#2020 明日

北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : ダル

11月は本州ツアーが目白オシ。
まずは東北ツアーからスタート。
深夜初の苫小牧発⇒八戸行きフェリーに全員で乗り込む。
ツアーに出た途端に飛び込んできたニュースで、
札幌に初雪が降ったのを知りました。
ギリギリ雪を避けて出発でき、ツイている歌旅座。


ここ八戸市は北海道から本州への玄関口とあって、たびたび訪れる
機会があった馴染みのまち。
最初にコンサートの提案に伺ったのは3年前。
しかしなかなかそう上手くはいかないもので…
毎年何度も連絡をさせてついに初公演となったのでした。
DC3A11F6-71D0-4B5F-971C-B06DDA473600_1_201_a
街の中心に位置し、江戸時代には八戸城があったその場所に
今回の会場となった公民館がありました。
庁舎も隣接しており、今も市政の中核を担う場所となっています。

ザ・昭和のたたずまいを残すこの会場で昭和の歌コンサートの幕開けです。
 4FC0B397-ACC9-43A5-A21E-75D40065EF78_1_201_a
今年の2月に訪問していた最中にコロナウィルスの波が一挙に
押し寄せ、北海道に戻ることになったのは記憶に新しいこと。
ナリコもこの間に作り上げた曲を披露します。
C0AB4C4B-D03F-4D09-A35A-42C56CD95EF6_1_201_a

会場には前回ひょんなことで知り合い、近隣公演中止となって公演には
これなくなった方の姿も。
開催地での再会は嬉しいものですね。

そして翌日は中心街から車を走らせること20分。
八戸市の南部、南郷地区にある南郷文化ホールへやってきました。
8BFA6439-FE68-47B7-8CC3-10232315C826_1_201_a
ナント今回はお初に関わらず市内2公演の開催だったのです。

元々は南郷村という街でしたが2005年に合併し八戸市へ。
ブルーベリーなどのフルーツや南郷そばなどが有名らしく、
近くの道の駅にはひっきりなしに車が出入りし賑わっていました。
4DE5D4BD-3102-45A0-B217-5E6F7FCA4FDB_1_201_a

会場には地元の方々が久しぶりの生の音楽を楽しみに集まってくださいました。
昨日と2日連続で来ていただいていた顔もちらりほらりと。
ホールもスタッフの方々もとても素晴らしく、お気に入りの会場のひとつに。
終演後にも是非再演したいとメンバー内でも話しておりました。
D3699569-4F55-4449-8D61-E8C80A197804_1_201_a

新しい友の町になるまで再演を重ねて行きたいと思います。
八戸の皆さん、お元気で。

ここから1ヶ月間の長いツアーです。
冬から逃れるように南下していくのですが、
次に北海道に帰るのは12月になってからなのでその頃にはだいぶ雪も積もっているかな…

まずは東北の公演もまだありますので、どんどん盛り上げて行きますよ。
お楽しみに。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ツアーも後半に差し掛かったところで、公演もひと段落で2日間の休息。
そんな日に訪れたのは滋賀県近江八幡市。
ツアー中のせっかくのお休みなので珍しく全員で観光へ行ってきました。

まずは『水濠巡り』
その名の通り自然豊かな水郷と八幡堀を手漕ぎ船で巡って行きます。
天気にも恵まれ、船頭さんの軽快なお話と心地いい揺れに、
日本一遅い乗り物と言われているほどあって90分ゆったりと船にゆられました。
E642A317-68DE-4B75-AD56-8334007EBD1B

そしてやはり滋賀県といえば誰もが思い浮かべる『琵琶湖』を拝まなくては。
一望できると聞き向かった先は八幡山ロープウェイ。
みんなロープウェイに乗ったのは何十年振りだろう、
なんて話しをしているうちに頂上へ。
琵琶湖が大きいのは知っているが実際は海かと思えるほど圧巻の大きさでした。
まるで瀬戸内海を挟んで四国から本土を見ているよう。
それでも埋め立てて今の大きさで、昔はもっともっと大きかったそうです。
C580F1B6-0B12-431B-B78E-3C0B9EF182A0_1_201_a


心身ともにリフレッシュした翌日は日本三大商人の1つ、
近江商人発祥地とされている滋賀県日野町での初公演でした。
コンサートの終盤にはやはり見たからには歌います『琵琶湖周航の歌』。
NARIKOのバイオリンから始まり、JUNCOがピアノで合わせます。
そうすると自然と小さな小さな合唱が。
お客さんは声を出して歌ってはいけない最近のコンサートですが、
 マスクの中でそれぞれが小さくつい口ずさんで発生した本当に小さな合唱で、
しかしそれも哀愁が漂う故郷の歌といった感じで温かい雰囲気に包まれました。
 
6BFA3085-2979-4E70-AA10-A8ABD9076FAD_1_201_a

またお会いしましょう。
琵琶湖の思い出に後ろ髪をひかれながら、次の公演地へGO。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

9月も中旬になり季節の変わり目、皆さんは体調崩されてませんでしょうか。
歌旅座は10月のツアースケジュールも発表され少しづつ活動が出来てきました。

そして11月に秋の東北ツアーが決まって来ております。
早速ですが今決まっている公演のご案内を致しますので是非ご来場下さい。

 
11月3日(火・祝)
開場13:30  開演14:00
青森県八戸市
八戸市公民館 
前売1000円 当日1500円


 11月4日(水)
開場12:30  開演13:00
青森県八戸市
南郷文化ホール
前売1000円 当日1500円


 11月5日(木)
開場13:00  開演14:00
岩手県一戸町
一戸町コミュニティセンター
前売1000円 当日1500円


今まではフェリーの発着地としてよく行っている八戸市。
公演は初めましてで市内2カ所連日開催で一気に歌の種を撒いて来ようという次第です。
そして3回目となる一戸町その後は…
またお知らせが出来るかと思います。

明日からは半年振りの本格的なツアーがスタートします。
私は昨夜からフェリーに乗り海上の人となって、穏やかな船旅を満喫中。
また全国の皆さんの近くに行ける日がもう来ておりますので、
歌旅座の到着を首を長〜くしてお待ちください。

それでは行って参りますっ!! 

493B5D87-3937-41B6-B6E2-32239E14BD15
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

みなさん、やっと、、、やっと始まりましたよ!
お客さんを入れてのコンサートが! 
私も久々過ぎて懐かしさすら感じる歌旅号のハンドルを握りやってきました『白老町』
 
 半年振りにもなると鈍っている体と感覚。
まずは怪我はしないように、そして体に思い出させるかのように、
急がず確認しながら機材搬入と仕込みを。
この鈍りが作業してても自分でわかるからなんとももどかしい。
出来あっがた会場はコロナ対策もバッチリのソーシャルディスタンス。
7E9827F1-E71C-4C1E-966B-F08C8AA057E5_1_201_a

ソーシャルディスタンスの他にも、歌旅座では様々なコロナ対策のガイドラインを調べ、
出来るだけ安心してご来場いただけるような対応を準備しております。
まずは入り口でマスク着用のお願い、アルコール消毒をして頂きまして、
新しい仲間の『わかる君』 での検温。
何も触れずにカメラに写るだけで体温を測ってくる優れ物。
0AB40C2C-E09A-4CCA-A22B-2BE6E3308EE2_1_201_a
 
こちらも今回から参加した『オーキくん』 
マスクとフェイスガードを着用し、会場を徘徊してる怪しい人です。
 902DF765-A722-4891-B907-902F776F6BA3_1_201_a
本当はこの姿で物販コーナーに立つお仕事の予定でしたが、
コーナー自体が設置出来なかった為に怪しい人でオーキくんの初公演が終わりました…

コンサート開演中にも演出の為に使用しているスモークを消毒効果のある特殊な物を使用し、
休憩中には換気をしておりました。
こうした出来る限りの対応をしておりますので、
今のコンサートの形として公演を楽しんでもらえればと思います。
06FD677C-B088-4583-A09B-4DC3FDD99F3B_1_201_a

この日の公演もお客さんと一緒に歌うなど声を出す事はできなかったですが、
その分拍手の音で伝わってくるような、「待ってたぞ」と言ってくれているような…
そんな熱い拍手の音が会場いっぱいに広がっていた公演となりました。

動き出したツアー、新たな気持ちで向かって行こうと思います。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

時は1970年代初頭。
子供たち誰もが口ずさんだ人気の歌がありました。
昭和を代表する赤塚不二夫のアニメ「天才バカボン」や、
ヒーロー番組「ウルトラマン・エース」の中にも登場するほど。
そして現在も販売されているロングセラー商品の殺虫剤「キンチョール」。 
当時のテレビCMソングだったのが、この曲。
平田隆夫とセルスターズの『ハチのムサシは死んだのさ』。
他に選択肢がないピッタリなタイトル、この年72年には紅白歌合戦にも登場し
老若男女に知れ渡ったに違いありません。

キャッチーなメロディに、ある意味分かりやすい直球な歌詞。
子供の頃にテレビで見た光景を想いだす方もいらっしゃると思います。

初めて知ったのは歌旅座のレパートリーに追加された時でした。
聴いた印象はその歌詞とメロディのギャップでコミカルな曲なんだと。
しかしその軽快な雰囲気とは裏腹に違う意味があるというを知りました。
何を歌ったものなのか…
ハチのムサシは『学生運動家』お日様は『巨大な権力』。
自由と夢を掲げた学生が国という大きな権力に焼かれてしまうという
当時の学生運動の挫折を映し出しているとの声も。

この曲を歌旅座流にアレンジして、平成「昭和ノスタルジア」版として復活。
オリジナルのダンスの振り付けはJUNCOが担当。
私ダルはこの頃、サーモンズの前身「昭和みちくさファイブ」の1人として
ステージで踊っていました。ダルだけに汗ダルマだった日々、思い出すなァ~。
コンサートでは第1部のメドレー中盤にあり1番ハードな振り付けで我らの体力の鬼門的1曲。
ちなみに奈梨子さんもバイオリンを置き、手をぶるんぶるん一緒に踊っていた珍しい曲でもありました。
会場は手作りのハチの羽をつけ一緒に踊るコアなお客様も現れるエキサイティングな
空間となりました。

それではステージ映像で使われていた人気曲「はちのムサシは死んだのさ」。
CDの特典DVDとして収録されている動画をどうぞ!

 恥ずかしながらこの映像で踊っている、太っちょムサシ。ボクです、、、
 撮影時は振りを間違えては、カメラアングルを変え、
何テイクも踊っているうちに足もつるし、汗でゴーグルが曇って視界ゼロ。
しかし撮影を終えてみると、無事に終わったという爽快感と達成感がいっぱいだったこと
は忘れられません。

当初は太郎さんがこの衣装を着て客席から登場する演出が一時ありましたが、
突然の出来事にお客さんが戸惑い誰も直視しない、という事態に陥りやむなく
お蔵入りとなりました。
その後はこの衣装を着てステージで踊った事も。
今ではさらなる激太りのため衣装が着れなくなりましたが、どこかで登場することがあるかも⁉です。

2015年の東京・渋谷公会堂での公演の際は、なんと本家本元「平田隆夫とセルスターズ」
のボーカル&ギターの菊谷英二さんが来場してくれるというサプライズが。
帰りのロビーで「ハチのムサシ見に来たけど、良かったよ~」とお声をかけてくれました。
残念ながら、今年4月訃報をニュースで知りました。
この場をかりて、ご冥福をお祈り致します。

ボクにとっても色々な意味で「昭和ノスタルジア」代表曲の「ハチのムサシ~」。
これからも大切な1曲として心の中にずっと。。。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.