北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : ダル

京田辺市の公演を終えてすぐ、今度は私がメンバーと別れ
歌旅号を舞鶴港へと走らせました。

京都府内とはいえ京田辺市から舞鶴市まで約2時間。
何とかフェリーの乗船時間までに到着。
船に乗ってしまえば間に合った安堵からか、慣れた船だからか
心地いい揺れが始まった途端に睡魔に襲われる。

寝る、寝る、また寝る…
 トータル12時間の睡眠。
何度寝したかわからないですが、
たまに起きると自分が今どこにいるのか解らなくなります。 
自分の感覚ではあっと言う間の小樽港到着。

フェリーは車で乗る人が多いですが、人だけで乗る人も少なくないです。
子供や孫に会いに行くのか、手土産をさげてる人
お米や食材が入っていそうな重たそうなダンボールをカートで引いている老父婦。
何となく還暦も過ぎた自分の親と重ねて考えてしまいます。

自分の母はサバサバしていて、黙って息子の帰りを待つようなタイプではないですが…
それでも初めて地元を離れて一人暮らしを始めた時は、毎日くだらない電話が来てました。
今でこそ、そんなに連絡も滅多に取り合わないですが。
しばらく帰っていないのもあり、たまにの電話の母の様子が
フェリーで見た老夫婦とかぶるように思えます。

母の性格は誰構わず言いたい事を言う、だが人の話しは聞かない。
という家族も困った性格。
釧路公演の時、公演を終えてから母を交えての打ち上げ。
酔っているのもあり、好きな事を言う母にずっと気を揉んでいた。
BOSSが帰り道に一言
「あの母さんから産まれたんなら、お前も思った事口にしろ」
その時強く思いました。
『歌旅座の酒の席にうちの母を呼んではいけない』と…
BOSS自身もそうだからか、はっきり物をいう母の話しはOKらしいが。
そばで聞いているこっちは酔える訳もなく、気が気ではない。

そんな母でも取り柄ぐらいはある物で。
料理がうまい。
母の味だから息子が旨く感じるのは当たり前かもしれないが…
特にお酒が好きなせいか、煮込みや魚料理が抜群だと思う。
子供の頃から料理はよく教えてもらっていた。

いろいろと思い出していると、長々と私事が続きそうなのでこの辺で。
今回はそんな小樽出身の母を思った『岸壁の母』ならぬ『岸壁のダル』でした。

あぁ、母さんの肉じゃがが食いてな…

IMG_2655















 

帰って来ました。大空と大地の中に。ダルです。
久しぶりにみんなと一緒に飛行機で帰ってきました。

福岡空港でJUNCOに「ダルがいるの、何か不思議な感じ」と言われました。
それはそうでしょう、何せ自分が1番空港にいるのが違和感なのですから…
元々あまり飛行機の経験がない私。
平然なフリをしながら、心の中では逸れたらマズいとBOSSの背中をビッタリマーク。
機内ではCA さんにコーヒーを勧められるも有料だと思い断る。
人知れず恥ずかし気持ちを抱いているとあっという間に北海道到着。

空から真っ白な一面の畑を見ると、もっと長い間いなかったのではないか
と思うような妙な懐かしい気持ちになりました。

そもそも、今回なぜ私が飛行機で帰って来たかと言いますと。
『日本商工会議所 青年部 第36回全国大会 北海道いわみざわ大会』
という式典のオープニングにJUNCOとNARIKOが華を添えるべく、
間に合うように帰ってきた次第です。
日本全国から4000人の商工会議所 青年部の方々が参加されていました。
IMG_2630
客席が暗転になり、幕が上がると流れるドライアイスの中から現れる2人。
歌った曲は『大空と大地の中で』
IMG_2633
なぜレパートリーになかったこの曲になったのか。
大会のテーマソングとして曲は決まっていたのですが、
それを誰が歌って、どう演出するかと大会長は悩んでいたそうです。
そこで演出を任された方が絶対JUNCOがいいと勧めてくださり、
大会長さんがJUNCO&NARIKOのコンサートを実際に見て感動したのが始まりでした。

大会長はリハーサルを聴いて、すでに男泣きしてしまったそうです…
『一曲入魂』で大会長の熱い思いにも応えれたのではないかと思います。


余談ですが…
このイベントの音響さん、安倍くん。
IMG_2621
阿部くんと私は同い年で、音響を始めたのも同期。
専門学校も就職した音響会社も違いますが、
学生の時から現場や音響会社合同歓迎会などで会う事がありました。
歌旅座に入ってからもイベントで会う事があったのと、
同期の知り合いが減っていく中で、続けている阿部くん。
何かとちょいちょい縁がありそうな気がしたのでパシャリ…

阿部くんも好きな仕事、ずっと続けていて欲しいと思う。
 

ダルです。
今回のツアーは宮崎県を3市町村回らせて頂きました。
3箇所目に訪れたのは西都市文化ホール。
 
商店街の中のショッピングセンターが併設されている施設で、
昔から地元の方に愛されている場所のようです。
機材搬入をしていると「何かあるんですか?」
「北海道からいらしたんですか?」など買い物にきたお客様に声を
かけられていました。
派手なトラックと見慣れないよそ者に興味津々だったのでしょう。

ここでのセッティングは会場にあったスクリーンをお借りして、
映像をセンターに大画面で投影。
昭和な雰囲気の会場とセンタースクリーンは『ミニチュア渋谷公会堂』
といった感じでしょうか。
IMG_2457
公演の1部はオリジナル曲を中心に聴いて頂きました。
1曲1曲の終わりにはとても温かい拍手が鳴っていました。

今年からの新コーナー『フォークソングの広場』も披露し、
公演が進むにつれて会場の拍手も手拍子に変わり盛り上がっていきました。
IMG_2482
IMG_2509
この西都市も必ず次回があると期待しております。
今回主催頂いたシティーサイト株式会社の方々とも
再会を約束し会場を後にしました。

最後に…
IMG_2593
宮崎在住の樋口さん、九州ツアーの時はいつも金柑やマンゴーを
お土産に公演地へ来てくれます。
ビタミン不足の歌旅座メンバーにはとてもありがたいです。
ありがとうございます。
 

船内で睡眠と睡眠の間で書いています、ダルです。
九州ツアーに向かう為、久しぶりの新日本海フェリーに乗っていますが、
天気が良く波も穏やかで、揺れが心地いいです。
苫小牧から福井県敦賀市まで約20時間、ひたすら寝ます。

今までは機材トラックだけがフェリーに乗り、
ワゴン車は公演地でレンタカーを借りていました。
今回は期間も長いので2台ともフェリー移動することに。
歌旅座のロングドライバー、ダルとオガで九州を目指します。











船内の生活はというと、ダルはトラックなのでドライバーズルームという
貨物ドライバー専用区画でベットルームが割り当てられます。
とてもシンプルなベットルームですがテレビもついているんです。
一般旅客とは別に専用区画内に風呂、トイレ、洗濯機、
レストランまでもが揃っています。











ガさんはというと、乗用車は旅客としてなので2等寝台で。
テレビ無し、ベットのみの大部屋です…

珍しくオガさんを誘っていっしょに食事をしました。
トラックドライバーは同伴の人もレストランが半額で利用できるのです!
こんなに食べても700円以下! 大満足です。











お腹も満たされ、もう一眠りしたら到着です。
下船してからは2台でひたすら山陽道を走ること9時間。
この記事がアップされる時間にはちょうど九州に入った頃でしょう。

一足先にセッティングをしてみんなの到着を待ちたいと思います。
今年最初の道外ツアー、盛り上げていきますよ!

立春を過ぎて、日中に少し雪が溶ける程度になってきました。
札幌は夜との温暖差が激しく、昼に溶けた雪が夜には凍ってしまう時期。
先日、歩いていると真横にスライドするようにコケてしまいました、ダルです。
ポケットに手を入れていて、歩いているフォームのまま倒れてしまいました。

2月に入りましたが、まだまだOLD&NEW Yearツアーが続いております。
次に新年のご挨拶をさせて頂いたのは長万部町静狩にあります『大慈寺』さんです。

お寺のまえには噴火湾が目の前に広がっています。
当日は天気も良くお寺に朝日が差し込んでいました。
IMG_2554
大慈寺さんは『昭和ノスタルジア』『クライマーズ東京物語』
も過去に開催して頂いており、今回が3度目の開催。
今ではご住職をはじめご家族皆さんで応援して頂いております。

まずは公演に先立ちまして、大徳 住職のユーモアたっぷりな明るいご挨拶で
会場を和ませて頂きました。
IMG_2130
コンサートもお寺ならではのアットホームな雰囲気で、
終始暖かい拍手が会場に鳴り響いておりました。
IMG_2142
実はステージの片隅には、これまた住職の計らいでご用意して下さっていた
真っ赤なバラを飾らせて頂いておりました。
IMG_2556
いつもいつも明るく迎えてくださる大徳ファミリーの皆様、
そして大慈寺関係者の皆様、ありがとうございました。

また、杯を交わしにいきたいと思います。





 

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.