北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : ダル

紀伊半島を南下し、どんどん山道を進み町があるのか不安になりがらも走っていると山を越えた途端に海沿いへと抜けました。
この町は伊勢志摩国立公園に含まれていて、五ヶ所湾という楓に似た形をしたリアス式海岸の町です。海からすぐ山に入る為に平地がほとんど無く海沿いに細長く伸びてます。
会場となった町民文化会館も裏手を少し歩けば海岸になっていました。

IMG_6781

そこには見慣れない鉄塔が建っています。
館長さん曰く、南海トラフ大地震が発生した場合20分で7mの津波が予想されているとのことです。
緊急避難の為の鉄塔なんだとか。
人が集まる催し物では必ず非常時のアナウンスを毎回入れているのだそうです。

IMG_6782

人口の半分は60歳以上という昭和のうたにはピッタリな町でのコンサート。
会場には近所から徒歩や自転車で気軽に来てくださった方々が多い印象でした。
盛り上がるというより、ひとりひとりがそれぞれで楽しんでいる様子で、一緒に歌うというより口ずさむ優しい声が会場を包みました。

IMG_6774
IMG_6764

終演後の夕食。
いつもならホテルで一杯やっているところなのですが、今日は館長さんのご好意でなんと「うな重」をご馳走になりました。

IMG_6780


三重県津市では「津うなぎ」と言われていてうなぎ消費量全国1位になったことがあるほどのうなぎ処なのです。
とっても脂が乗っていてパリッとした皮にフワフワの身、肥えたほっぺが落ちるかと思うほど。
うなぎなんて何年振りかに食べた気がします。

まだまだ元気に旅が出来そうです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ロングツアーも5公演目になりました。
気温と湿度が日ごとに高くなってきています。
汗をたっぷりとかいている分、いつも以上の水分2、3リットルくらい飲んでいるでしょうか。

倉敷市での公演はなんともう6回目になり、会場の環境交流スクエア『水島あい愛サロン』では3回目の公演となりました。
なので会場内には何年も前から知ってくださっているリピーターさんも多く、「久しぶり」なんて気軽に話しかけてくださるお客様もいるので、北海道で公演している時のような懐かしさみたいなホーム感がありました。
中には前に自分がまだサーモンズとして出演していた時に見てくださった事があるらしく「もう踊らないの?ハチのムサシ好きだったのに」と言われ、まさか本州でハチのムサシの事を言われるとは思ってもいなかったので嬉しいやら恥ずかしいやら。

さらに終演後にはJUNCOの所へ今までご覧になってくださった公演のチケットを見せてくれたお客様がおり、なんと倉敷市の6公演分あるのも驚きですが、さらには岡山県内の他市町村のも含めて8回も足を運んでくださっていました。
IMG_6499
IMG_6501

こんなに岡山市、倉敷市で数多くの公演が出来ているのは水島愛あいサロンを始め、前日の灘崎文化センターなど数多くの施設を管理運営されている『クラレテクノ株式会社』さんのご協力があるからなのです。
特に担当してくださっている秋田さんはずっと歌旅座の事を応援してくださっていて、いつも公演のご相談にも快くのってくださり、多大なるのご尽力頂いております。
この方がいるからこそたくさんの公演が実現できていると言っても過言ではありません。
IMG_6505
(一番左:秋田さん)

水島愛あいサロンの皆様、秋田さん、いつもありがとうございます。
そしていつも足を運んでくださる皆様、また元気に「ただいま」と帰ってこれる事を楽しみにしております。
IMG_6496

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2日目にやってきたのは山口県との県境にある町、広島県大竹市です。
宿泊していた岩国市から車で10分ほどで、調べてみると岩国市、和木町とのつながりが強く、瀬戸内工業地域の拠点となっているそうです。

普段のツアーでは教育委員会や会場となるホールが主催者となって開催して頂く事が多いのですが、
ここでは社会福祉協議会で主催頂くというより昭和世代の皆さんにより近い形での開催となりました。
会場も社会福祉協議会が入っている総合福祉センター『サントピア大竹』 

この日は音響や照明をコントロールする為のオペレーション席はお客様の顔も見渡せるステージ下のすぐ横に設置。
真剣な表情で聴いていたり、感動して泣いていたり、笑ったりととても表情豊かに楽しんで頂いているのが普段よりもよく見えていました。
大盛況での終演直後、ステージには太郎さんが一人残り最後のご挨拶をしていると握手を求めて駆け寄ってきたご婦人が興奮冷めやらぬ感じで話し始めてしまったので、マイクを向けるととても素晴らしく是非また来て欲しいとの感想を頂きこの日最後の温かい拍手が会場を包みました。
IMG_6411
IMG_6408

そんな今日の晩酌は山陰海鮮居酒屋で乾杯。
でも刺身はやっぱ北海道が一番かな、なんて密かに思うダルでした。
 IMG_6415
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

羽幌町・天売・焼尻3daysツアー始まりました。
10年振りの島に行く前に、初日は羽幌町での公演。

近年では3年前の『はぼろ温泉 サンセットプラザ』での公演振りで、
今回の会場の中央公民館で公演するのも10年前の事でした。

自分は当時はまだ歌度座に入る前でしたので、
ふとした時の会話や思い出話しでよく話題に出ていたので、
今回のツアーはとても楽しみにしていました 。
あんなに走っていたオロロンラインも久々に走ると、天気の良さも相まって
気持ちよく新鮮な気持ちでドライブ。

夕暮れ時になるとロビーに集まり始めたお客様。
中には10年前の公演を見たとうお客様もいらっしゃり、
座席は満席になる勢いで埋まっていきました。 
E63B02C5-6177-456E-980D-BD5A5589D425

コンサートでは名画座、北の暦、そしてオロロン守り唄 など
当時も演奏したであろうオリジナル曲も数曲聴いて頂きました。
987903BE-3E98-4012-AC7D-4165DF837B70

公演後にはサンセットプラザでお世話になっていた北條さんが
ジンギスカン屋さんを始めたと言うことでお伺いしての晩酌。
オリジナルの味付けジンギスカン、生ラムに初めて食べたラムタン。
本当にどれを食べてもめちゃくちゃ美味しい。
味付け肉は厚みがあるのに柔らかく、味付けのタレも最高で、
ご飯が進みどんぶり飯を2杯も食べてしまいました。
羽幌町に来た際は是非食べてみてください。 
F6CBA6F6-5290-46B6-AB87-48A76BC7999E
6EC4E3F0-8286-4C62-9EA3-DFB05897E0C6

たっぷりと精をつけ、いざ島へ行ってきます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ツアーも最終日の玖珠町も無事終え、メンバーとは会場でお別れ。
一足早く北海道へ向かう為トラックで大分港へ。

最近ではなるべく長距離を走らないようにと、ありがたいプランになっていて、
今回はまず初めての乗る航路で大分港から瀬戸内海を横断し神戸港へ。
瀬戸内海の島々を避けながら進み、瀬戸大橋や明石海峡大橋を抜けて行くのですが、
夜の出航で景色は見れなかったので昼間の景色はいずれ見てみたい。

乗船した船は利用客も多く賑わっていました。
九州から関西までお手頃にいける手段として人気なのでしょう。
嬉しかったのはトラックドライバー専用の部屋が喫煙だった事。
今時フェリーでも喫煙所があり、個室や公共スペースでは禁煙なのですが、
部屋に入るとなんと昔ながらのアルミの灰皿が置いてあり、
ベット傍でタバコが吸えるなんて喫煙者にとってなんと嬉しい事か。

翌日早朝、神戸港へ到着し鳥取県に寄り道。
まだ手付かずの山陰地方でも開催すべく、公演のご提案をしてきました。
お伺いした担当者の方が「さっきトラックを見かけましたよ」と、
トラックで営業へ行くと宣伝効果は抜群。
開催にも前向きに考えて頂けるに違いないでしょう…

そこからは舞鶴港からいつもの新日本海フェリーで北海道へ。
いつものように十数時間の睡眠をたっっぷり取り、無事札幌に帰ってきました。

束の間の札幌滞在で道内の島公演のあと、その足で広島県へ向かいます。
船旅もまた続いていきます。
船や海によってそれぞれ違う旅、全国の海も楽しみたいと思います。
IMG_6289

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.