北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : ダル

とうとう10回目となった倉庫番日誌。
10ともなると今まで①(まる1)のようにマルを使って表記していたのに、
 自分のパソコンではマル表記も出来なくなってしましました。

このブログをご覧の方は歌旅座のコンサートを1度でも見た事がある方でしょう…
コンサートの演出は、大きく別けて2つ。
まず歌詞やイメージを映す映像演出と、そしてもうひとつの雰囲気作りは照明。
その照明演出の裏側をほんの少しだけご紹介します。

照明はその機材の特性や仕組みの違いで出来る演出が変わってくるのですが、
歌旅座の使用機材の中ではこれも大きく別けて2種類あります。
まずは昔ながらのスポットライト。
IMG_4516

ハロゲンという電球を使った器具で、白というより少しオレンジっぽい温かみのある色。
レンズが付いていて、それを前後調整する事で照らす広さを調整できるようになっており、
演者ひとりだけ狙った明かりにしたり、ひろくステージ全体を明るくしたりと、
主に人や物を明るく見せるのに使用します。
また、光るスピードや明るさをコントロールする事でより自然な照明を演出できます。

正面からだけでは無く横や後ろから照らす事により見え方が変わり、
出来た影、シルエットもひとつの演出になるんです。
IMG_5692
『ケサラ』でのひと場面。
真横両側から狙いわざと顔の影を出すと…
どうですか、哀愁感でてませんか?

注意しなければいけないのが、とっても高温になる為
本体を触るのは厳禁、一瞬で火傷します。



もうひとつの照明が、最近どんどん進化しているLEDライト。
IMG_4515

今では家庭用LED器具も多くなってきたので、一般的にも知られた発光ダイオードの照明。
舞台でも多く取り入れられるようになりました。

LED照明がない頃、色の入った照明を使う場合は先ほどのハロゲンの照明に
カラーフィルターをつけて使用していたのですが。
1つの照明に1色しか出来ないので、使う色があればあるほど沢山の照明器具がいる。 
1つのステージに物凄い数の照明器具と電気容量が必要でした。

LEDはハロゲンと比べて消費電力1/10で寿命も長いので、
大きな電気容量が必要無くなり、
光の3原色(赤・緑・青)を混ぜる事により、1台でほどんどの色が作り出せる為
照明自体の台数を減らす事が出来るのです。

じゃ〜全部LEDでいいじゃないか?!
と思われた方がほとんどかと…

いい事ばかりな感じもしますが、やはりどちらも向き不向きがあります。
LEDはパッと付いたり、パッと消えたり、色も硬い感じで機械的。
電球の「スーと消えてく」ような柔らかさやジンワリした動きができない。
しかし、電球が出来ないストロボのような俊敏な動きを色を変えながら出来る。

どちらも特徴があり、用途によって使い分け演出しているのです。
IMG_4521

しかしどんどん進化しているLED照明ですので、
この先機械的にも電球のような柔らかさにも対応してくる技術はそこまで来てるようです。
そうなった時にはほとんどの舞台はLEDだけになるかもしれませんね。



歌旅座は、どんなに普及してもしばらくは電球を使いますよ。
なんたってLEDを使う最大の難点はお値段ですから…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

だいぶ過ごしやすくなってきたこの季節、
常に日陰の倉庫はだいぶ涼しく、かなり作業もしやすくなってきました。

なにかしらの商品を扱っているお仕事をされた事がある方は経験があると思いますが、
年に1回の『棚卸し』という作業があります。
全て商品の在庫を商品別に数をチェックするのですが、
実際に1商品ごとに数えて行くので、商品が多ければ多いほど大変な作業となります。
大きな販売店などになると1日掛かりになる事もあるようで。


歌旅座も棚卸しの時期となり、CDやDVDの枚数をチェックした訳ですが、
久々に手に取る商品や、もうサンプル用の数枚しかないCD、
これもあったね〜なんて物も。
まるで実家の大掃除をしているような会話をしながらの作業。

皆さんは歌旅座グッズ、どこまで集められているでしょうか?
今ではレアグッズとなった懐かしい商品をいくつかご紹介。
まだお持ちじゃない方は手に入れる最後のチャンスかもしれません。

THE BOOK (エッセイ・フォト・スコア)
「悲しい事は数あれど」に収録曲の楽譜や当時の写真、
JUNCOや北埜うさぎ、CHEEP広石によるエッセイと盛り沢山。
なんといっても残り3冊のみとなった超レアグッズ。


「歌旅一座」CD付き写真集
コンサートに密着した写真集。
会場準備や楽屋風景、開演前の表情まで…
そしてJUNCO&CHEEPから北海道歌旅座へとなった時の商品。
テーマ曲とも言える『歌旅』CD付き。

個人的には本当に歌旅座に入ったばかりの時で、
新人として載っている初心的な思い出の1冊。


フォー・ティアーズ
作曲家・林哲司の35周年記念作品。
このCDはCHEEP広石が4人の女性ボーカルをプロデュース、その一人がJUNCO。
これはJUNCO&CHEEP結成のきっかけとなる2人が出会った作品。
最初の一歩を皆さんも是非。


ご紹介した商品の他にもシングルCDもあったりと、
実はまだゲット出来ていないグッズがあるのではないでしょか…
今一度、皆さんも家のCDやDVD棚卸ししてみてはいかがでしょうか?

歌旅座グッズのお問い合わせ、ご注文はオンラインショップからどうぞ!!

 IMG_4501
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

台風の直撃を心配されたこの日、訪れたのは長万部町。
当日の朝、時折バケツをひっくり返したような雨が降っていましたが、
町内に入る頃には雨も無事あがり、少しの青空も顔を出しました。

長万部町は2014年に初めてレストラン『GRASS』でJUNCO&NARIKOを開催してから、
昭和ノスタルジアや東京物語、エイジアンパラダイス上映会、お祭りにも参加させてもらい
会場や地域も様々に数々の公演を開催して頂いている町で、
改めて数えてみるとなんともう11回目の公演となっていました。

会場となったのは今回が初めての『長万部町学習文化センター』
IMG_4480

これまでは全て持込み仮設機材での会場でしたが、初の固定席で設備のあるホールとなり、
これまでとは少し違う演出もでき、スケール感のある舞台をお見せ出来たかと思います。


悪天候の予報で客足も遠くなるのではと心配もありましたが、
無事に雨も止み、ほぼ満席のお客様にご来場して頂く事ができました。
さらにはお客様の7割くらいが、1度は歌旅座を見た事があるというリピーター様。

近く函館ではGLAYが5万人も集めライブをしている中、各地からも足を運んでくださり、
どちらか迷って歌旅座を選んでくださった方もいらっしゃいました。

太郎さんの前説にて「我々は中高年のGLAYです。」がウケて掴みはバッチリ。
長万部では初めて演奏する曲も沢山ありましたが、1曲1曲に温かい拍手を頂き、
とてもホームを感じるような雰囲気のコンサートに。
終演後の物販コーナーではオリジナル曲が入ったCDを手に取る方が多くいらっしゃいました。
IMG_6662

あと、長万部町公演で欠かせないのが、実行委員会のみなさん。
歌旅座と同じくらいの少人数で結成されているにも関わらず、
当日は美味しい食事の手配から、受付やお客様のケアまで行き届いていて、
担当窓口としても、とても助けてもらっていますし頭が上がりません。

そして、なにより凄い動員力でいつも驚かされています。
人数やお仕事されている事を考えると、公演までどれだけ歌旅座に注ぎやしてくれたのか…
とてもありがたく、いい方々と出会いお付合いさせて頂いているなと実感します。
ありがとうございました。
IMG_4489



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今年初めのツアーで発症した痛風以来、ダイエット宣言なんてしちゃいまして。
最近では営業に行ってもなるべく食べないように心がけている訳です。
なので『食倒れ日記』も久しぶりの更新。
 
以前までは旅先で主に営業で一人旅をしている時にその地の物や名物、
B級グルメや変り種の物なんかを食べてレポートしていましが、
今回は番外編という事で…

食べる事はもともと好きですが、幼少の時から料理をするのも好きでして。
中でもお気に入りが『牛のタタキ』
焼けるお肉の匂いと切った時の赤色がたまらなくて、
母親の作っていたのを見様見真似して作り始めたのが最初。

牛モモの塊が安売りしているとついつい手が伸びてしまいます。
自分の作り方では、塩胡椒したモモ肉をバターで表面を焼き、
氷水に入れ冷やしてからスライス。

ぽん酢にネギ、生姜、ニンニクを薬味にいただきます。
油も多く使わないし、ポン酢がさっぱりしてこれがなんぼでも食わさる。
肉食べてる感がたっぷり感じれる至福の時。
これが自分で作る料理の中で一番の好物。


実は最近までそれをローストビーフだと思っていたんですが。
皆さんは2つの違いをご存知ですか?

ローストビーフの調理法は『ロースト』つまりはオーブンで焼く。
中まで加熱されていてロゼ色で調理されたお肉。
タタキは表面だけ焼いて中は生で赤色、なのでお刺身の部類に入るそうです。

作り方はほぼ一緒なのに、オシャレなメニューからグッと居酒屋感が出ますね。


と、自慢の料理ですがいつも作っては一人でペロリ。
いつも家で作っては一人飯、まだ誰にもご馳走した事はありませんでした…
本当に美味しいのかは、まだ謎です。
20090802_2-b8f2b



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

久しぶりの北海道ツアーを回っております。
道北ツアーに続きまして、道東ツアーへと変わりました。

まず訪れたのは弟子屈町。
なんと気がつけば5年ぶりの公演ということで。
しかしながら久々にお会いする実行委員会の皆さんのお話しを聞くと
「5年前の感動を今でも忘れられなんです」なんて言ってくださったり、
今回初めて実行委員に入ってくださった方は
「チケットを売りに行くと、逆に歌旅座凄くいいんだよって言われたの」
と嬉しい話しを沢山して頂きました。

5年の歳月が経ったにも関わらず、実行委員会の方だけではなく、
町の方まで覚えていて、再演をずっと待っていてくれた事に驚かされました。

そして今回の公演も開場と共に沢山のお客様で埋め尽くされていく客席。
用意した席はほぼ埋まり、大入りの公演となりました。
 IMG_4444

そして、開演。
今までで初めてかもしれない。
照明が消え、ブザーが鳴り緞帳が上がっていくと同時に拍手が湧き上がった。
それを客席でリアルに感じた瞬間に今日は盛り上がってく最後が想像できた。

さらに聴かせどころの場面では、時計の針の音が聞こえる程の静寂。
JUNCOの歌声が会場中に染み込んでいくような感じ。
IMG_6608

後半は予想通りの盛り上がり、静寂とは打って変わりの大合唱。
音響が負けてしまうかと思うくらいの皆さんの生歌。
大歌声喫茶アワーになっていました。
IMG_6611

アンコールの最後の最後まで盛り上がり続け、大成功で終える事ができました。

とても明るい実行委員会の皆さんが町の方と歌旅座を
とっても熱心に繋げてくださった結果、この盛り上がりにつながったと思います。
次は5年後とは言わず、もっと近いうちにお会いしたいですね。
ありがとうございました。
IMG_6619

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.