北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ
サーモンズPOLOシャツ

カテゴリ : ダル

大変な異常気象で九州の豪雨、関東ではヒョウが降ったり大変な事になってます。
全国を回る歌旅座としては全くの他人事という訳ではありません。
しかし、これまで運良く公演に穴を空ける事なく公演が出来ているのは、
きっと我々の普段の行いが素晴らしいからでしょう。
北海道も熱に侵されている日々、全国の皆さん暑中お見舞い申し上げます。
 
久々の道内ツアーだった事と、一大イベントの様に祭り上げた『奥尻de夏休み』
のおかげでテンション高くスタートした道南ツアー。

日々ブログでも書かれている夏休み。
みんなが海に入る用意をしている時には自分はもう泳ぎ始めていて、
海で泳ぐのは子供頃以来、20年ぶりで舞い上がっていた。
深さ2mくらいのところにウニがゴロゴロしているのを見て、
お宝発見!!と叫び急潜行し素手でウニを鷲掴みにして浮上、
高々とウニを掲げたのである。

ウニの棘があんなに鋭利で硬いとは思わなかった。
手は棘だらけ、数カ所から出血もしていた。
こんな事で心折れてたまるかと泳ぎ続けたが、微妙な痛さ。
抜けない棘が気になり、陸にあがって指を穿り、また海へを繰り返した。
まだ残っている穿った穴が自分を戒めている。

IMG_3146



そしてツアーを振り返るととにかく豪勢な食事と懇親会の数々でした。
初日から有田さんのブログでもあった様に、初日からBBQで打ち上げ。
寿都産のホタテやら、カキやら、ホッケだとか…食いまくり。
翌朝にも寝起きから頂いたシフォンケーキにアイスをトッピングで。

乙部町での懇親会も、地物を使った料理を振舞ってくれた。
フードスタイリストなる聞いた事がない職業をしている方がいて、
手作りのオシャレなおつまみや、オードブルをしこたま食べた。

そして奥尻2days。
初日の公演後にはお寿司屋さんでお食事会。
ウニ、アワビ、ウニ、ホヤ、ウニ。
3つのテーブルだったが、気がつけば自分がいるテーブルの食べ物だけが
すごい速さで無くなっていた。
翌日はBBQで、お肉や海産物から焼きそばまで。

3日にして、そろそろ痛風の発作がでるんじゃないかと怖くなってくる。
気休めに、寝る前水をがぶ飲みをしたが意味があるかは謎である。
特に地元の美味しい物を出して頂くと、やはり残さず頂かなければ…
鍛え上げられた伸びた胃袋は期待を裏切らないのである。

ツアーも折り返しにして既に2kgは増えたのではないだろうか。
まさに夏太り
そもそもなぜ夏太りと言われるのか調べたが、夏が要因で太るのが『夏太り』らしい。

ただの太りだった。

その後の長万部町でも、森町でもいろいろとご馳走になってしまい。
帰ってくる頃にはどれだけ体重が増えたのだろうか。
最後まで痛風が出なかったのがこの夏をいい思い出にしてくれている。

ただ今回のツアーで忘れ物をしてきた事に気がついた。
帰ってから鏡を見てみると首がない。
どうやらどこかの町に忘れてきてしまったらしい。
俺の首、どこへ行ったんだ。

IMG_3072



 

ゲロを吐きそうなくらい暑い日々。
もうここまで暑いとさらに動いて汗をかくしかありませんね。
という事で、みんなで倉庫整理となりました。

まずはツアー機材があると作業するスペースもないので、
機材やケーブルを整理、トラックへ積み込んでしまいスペース確保。

ここからが今日の本題で、倉庫の掃除と物の定位置を決めるスタンダード作り。
まあ自分のズボラな性格を表しているかのようなとっ散らかり方。
分かってはいたが見て見えない振りをして、なんとなくまとめて置いてある現状。
時計まで止まっていて、まるで使われていない物置小屋。

これをBOSSをはじめとするA型の人達の力を借りて整理整頓。
照明、音響、映像と棚を分け、さらにケーブルや細かい物も種類別にカゴに入れ仕分けしていく。
文字で書くと一文だが、種類も多いし、まとめてみると量も多くて、
何に入れるか分からなくなってきて結構大変。
ザックリとカゴ入れたりすると見つかってやり直し。

この箱は何入ってるんだっけ?という物もあり、開けてはひとつずつ表に書いて貼る。
手作りの小物を見つけては、これ何する物だったか…これ懐かしい…などと手を止める。
まるで引越しの時に懐かしいアルバムの見始めるみたいに。
今まで公演で使っていた幕もそうだが、ライトひとつにしてもこんなの使ってたなぁとか
まだ8年かもしれないが、試行錯誤しながら手作りでやってきた歴史を感じた。

片付けてみると棚がまるまるひとつ空き、今までしまう場所も無く片付かなかった
楽屋グッズや物販グッズの収納スペースが確保され、これにはJUNCOもチエも嬉しそうだ。
嬉しそうな顔を見る限り、ここはチエがちゃんと管理してくれるだろう…きっと大丈夫。



















修理したりする作業台もめっちゃ綺麗。
さぁこの状態をいつまでキープ出来るだろうか。
自分が一番不安だ…

これ以上無い程に海を満喫した夏休みを終え、
翌日早朝に奥尻島を後し、向かった先はもうお馴染み長万部町静狩地区。

 静狩にある稲荷神社の例大祭にお呼ばれしてきました。
この祭りには去年も出演のお話しを頂いたのですが、
スケジュールが合わず声をかけて頂いてから2年越しの出演となりました。 

着くとこれまた熱いのなんのってもうワヤってやつです。
そして機材を降ろし始めると土砂降りの雨。
仕込みが終わるとまた晴天になり灼熱に…
いつもお世話になっている大慈寺さんで待機中、
我慢が出来なくなった我々はお風呂をお借りして水を浴びさせてもらいました。

午後からお祭りがスタート。
神輿を担いだ男達が各家庭を回り、かなりの勢いで水をかける儀式から始まった。
大慈寺さんから是非参加してくださいとの事で、気合を入れて水をかけるJUNCO。 
IMG_3107
最終的には男達が神輿を担いだまま海に入っていくそうです。


そして夕方、神社でもお祭りがスタート。
まずは豪華景品がもらえるジャンケン大会。
景品にはお米10kgなどもあり、大人達の方がかなり本気モード。
IMG_3113

お客さんのボルテージも上がったところで、歌旅座の出番です。
お酒を飲みながらお祭りならではの空気感で、曲目が進むにつれてどんどん
盛り上がっていきました。
IMG_3116
休憩中には、なんとお客さんにマグロの刺身を配るという大判振る舞い。
これも毎年恒例でやっているそうで、このお祭りの楽しみの1つになっているようです。


今回初めて参加させてもらいましたが、
このお祭りは昔からすごく静狩の方々に大切にされているのが伝わりました。
地元の人が、地元の人に楽しんでもらう為にみんなが一所懸命なんです。
お祭り好きの歌旅座、こんなにいいお祭り、また参加したいと願っています。




この日はうだるような暑さの中、JUNCO、Nariko、オガ、ダルの4人で来たのは
中富良野町の仏教会主催の花祭りです。
 お昼頃に到着すると会場の外では出店などの屋台が出店、
午前中には雪を作り子供たちが雪遊びをしていたそうな。

少し動いただけで汗が止まらなくなりがら、我々も粛々と会場準備を始める。
お寺の住職さんや役員さん達も集まり始め、一緒に会場の準備をしていた。
予告なしに緞帳が下りて来た時は、冷や汗が出ましたが…
上から物を下ろす時は危ないので一声かけてから下ろしましょう。絶対に。

中富良野の花祭りの主役は子供達。
会場準備を終えた頃には町を子供達が白像を引いて、
小さな鼓笛隊を先頭に一歩づつ、ゆっくり練り歩いていました。
 歩きながら必死に楽器を演奏する勇姿を撮ろうと、
沿道には親御さん達の行列も、まるで民族大移動。
IMG_3045
 終点である会場に着いたのも束の間。
主役である子供達は今度は会場のステージで歌と演奏を披露するのでした。
我々の楽屋前に待機していたのですが、疲れたのか、緊張か…
激しい泣き声が響いていました。
それが、釣られるのか1人が泣き出すとまた一斉に泣き声が響き渡る。
そんなに泣くかというぐらいの泣声に、逆に笑えてきてしまって和む楽屋。

それでもステージではしっかり立っていて、元気な歌声が会場中に響き、
楽屋までにも届いていました。
この中に音楽に目覚める子はいるのかな…
IMG_3050
子供達の出番が終わり、しばしの休憩時間。
今度は大人達やご年配の方達が会場へやってきます。
子供達を外で遊ばせて、ご覧になられる親御さんもいらっしゃいました。
今度は大人に楽しんで頂くための時間、JUNCOとNarikoの登場です。

皆さん凄く聴き入ってる感じの雰囲気で、自然と湧き上がる拍手と
アンコールの声がとても沁みているなと思う公演でした。
約45分という短い時間の出演でしたが、
歌旅座の匂いがいっぱい出ていたんじゃないかと思います。


本番前にタバコを吸っていると、あるお寺の役員さんと一緒になりました。
お話し聞くと、その方がご住職にJUNCOがいいと提案してくださったとの事。
正直な話し、この方は後援会の会員さんではないし、追っかけの方でもない…
なので自分は話すのも多分初めましてな気がする。
でも過去にJUNCOのステージを、歌を、覚えていて、
良さも解ってくれていて呼んでくださった。

最近は北海道を離れる事も多く、冗談半分で「北海道もう捨てたんでしょ?」
なんて言われる事がある。
しかし今までずっと北海道でやってきた事は根付いている。
だからこうして呼んで頂く事も出来ている。
今回も道内各地から会場へ来てくれたり、帰りを待ってくれている方々もいる。
やはり我々の拠点は北海道なのである。
北海道発の北海道歌旅座なのである。
 
 

Go West!ツアーから帰って来てから、しばし次の公演までの空きスケジュール。
長いツアーが続いていたので、トラックから機材を降ろしトラックもメンテナンスへ。
そして久々に機材も倉庫にズラッと並びました。

今までは大工仕事を多くご紹介してきましたが、
今回のメンテナンスはケーブルをメインに作業してました。
ケーブルも使っているうちに断線したり、コネクターのネジが無くなっていたり、
使えば使うほど痛んでくる物なのです。
断線していないか、修理後ちゃんと治ったのかをチェックするのに必要なのが
『テスター』です。
皆さん知っている機械かもしれませんが、使う機会はあまりないでしょう。
テスターでケーブル一本一本チェックしていきます。
IMG_3010
あとはチマチマとハンダを付け直して修理して、またチェックの繰り返しです。


一つにケーブルと言っても様々な種類がありますが、
1番皆さんと関わりがあるのが『電源ケーブル』だと思います。
お家の『コンセント』ですね。
舞台では特に照明が沢山の電気を使うので、その容量などによって形状もかわってきます。
IMG_3018
右から誰もが知ってるコンセントプラグ『平行型』
舞台照明の昔から使われている『T型』
T型の後継として今舞台では主流の『C型』
ネーミングは見たままで解りやすいですね。

歌旅座ではT型のケーブルを多く使っていたのですが、会館やホールではC型が殆どなので、
この機会に全部作り直してC型にする作業を黙々と進めていました。
並べてみるとコーラス隊みたい…なんて遊びながら。
IMG_3016

今まで膨大な電気を使っていた舞台照明も、近年では少しづつではありますが
省エネ化が進んでいて、LEDの照明が増えてきました。
その結果、最近では容量の大きいT型やC型では無く、
家庭と同じ平行型コンセントで舞台照明が使える様になってきています。
お寺や集会場など電気容量がない会場でもコンサートをする歌旅座にはありがたい時代に
だんだんなってきている気がします。
機材自体はまだまだ高価で歌旅座が手が出る代物ではないですが…


そういえば、自分は一人暮らしなので解りませんが、ご家庭のLEDの普及率はどうでしょう?
今時の皆さんのお家はLEDに変えているのでしょうか…
LEDは電球や蛍光灯と比べて消費電力が1/3以下で寿命が10倍なんです。
つまり電気代が約1/3で球切れしないのがメリット。
初期投資が高いめなので半年、1年という長い目で見ての節約なんですよね…
話しが逸れて電気屋の回し者みたいになってしまいました。

新しく便利な物はどんどんと開発されて世の中に出てきますが、
ある物を使う、直して使う、工夫して使う、これも歌旅座流。

IMG_3009
これはもう買わなきゃ…。
 

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.