北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : ダル

この日、我々が札幌へ帰って来たのは出演の2時間前。
かなり西陽が暑く、お祭り日和で盛り上がっているだろうと思っていた。

しかし札幌の朝は雨が降っていたようで、
到着すると、音響さんは機材をワゴン車の車内に機材を組んでいました。 
「ごめーん、これでやってもらえるかな?」と…

歌旅座でも縁があり何度かお世話になっている音響さん。
実は専門学生の時からお世話になった事のある方で、
現場を教えてくれた方達の一人で、いわば先生に近いような人。
そんな人に現場対応で「これでやってもらえる?」なんて言われて
「無理」なんて答えは自分にはないのでした。

使い慣れ無い音響機材もなんとか理解したところで出演となりました。
広い会場のお祭りはだいたいそうだと思うんですが、
まずステージの最前列には人が溜まらず、正面3、4列目から舞台横にかけて溜まる。
これも日本人の習性なのでしょうか?
このお祭りは割と子供が多いのもあってか、だいたいの興味は最後のビンゴ大会。
その後の参加賞狙いの盆踊り。
町の大きなお祭りの醍醐味のひとつではありますからね。

IMG_3184

もちろんコンサートを楽しんで頂いている大人達もいますので、
その方達がいる限り歌旅座も参加したいと思っております。


数日前にも書きましたが、叔父がこのお祭りの役員をやっていまして、
その関係もあって毎年出演させて頂いているのですが、
自分的には叔父の張り切っている元気な姿を見れる貴重な機会なので、
そんな姿を見れる年1回の楽しみだったりもしています。
気張りすぎて無い髪の毛が、更に無くなって来ているように思えるのが心配ですが…
叔父の西陽もかなり輝いています。いろんな意味で。

IMG_3186
本州ツアーも多くなるであろう来年も、都合よくこの時期に北海道にいる事ができるのか。
そもそも4年目のお声がかかるのか。
またのお楽しみにしたいと思います。

ここ数日は涼しくなったような気がします。
北海道の夏はもう終わってしまったのでしょうか…
ただ歌旅座の夏はこれからでございます!

おかげさまで満員御礼となりました夏まつり。
8月11日に向けて準備も佳境を迎えております。

この日は会社のスタジオでリハーサル。
本番を想定して、衣装も着ての合わせでした。
どうですか?!キマってるでしょ?
IMG_3160
 今年のテーマは『北海道讃歌を謳う』
オリジナル曲もカバー曲も北海道に因んだ曲ばかり。
初めて披露する曲もあるのでここで少し発表しちゃいます。

オリジナル曲から…
オロロン守り唄
ハルニレの詩
北の暦
茂別音頭
風はともだち


カバー曲は…
大空と大地の中で
宗谷岬
知床旅情
氷点
イヨマンテの夜

ほんの1部分ではありますが、このようなレパートリーになっております。
 
サーモンズは特に初披露する曲、久々の曲などでまだ課題が盛り沢山。
実は歌や楽器のパートの確認にてんてこ舞いしています。
歌旅座の『吹きもの』担当の司会太郎さん、超真剣な振りで確認中。
IMG_3162
こちらは余裕顔のふたり、本当に大丈夫かこちらが不安になります。
なんか旅館の若女将と若旦那みたい。 
 IMG_3161
何はともあれ、着々と準備が進んでいます。
ご予約頂いた皆様には、歌旅座流の夏まつりを思いっきり楽しんで頂き、
今年最高の夏の思い出になればと思います。

あと約2週間、指折り数えて楽しみにお待ちください。

IMG_3164
写真:スマフォトグラファーTAKA

 

お祭りシーズン真っ盛りですね。 ダルです。
皆様の地域でも様々な特色のあるお祭りが開催されている事でしょう。
歌旅座は札幌市手稲区を盛り上げて来たいと思います。

第22回 前田ふれあいまつり
日時:8月5日(土)16:20〜出演予定
会場:前田公園(前田7条11丁目2) 
 
maeda2017

実は実行委員会にいる叔父に声をかけてもらったのが始まりで、
もう3年目の連続出演となります。
ダル親族も毎年集合して見に来てくれています。

今のところ天気予報も晴れ、祭り日和になること間違い無し。
歌を聴いて、盆踊りして、最後に餅まき…これぞ『The夏祭り』。
札幌のお祭りにも是非参加しにきてください!

 

大変な異常気象で九州の豪雨、関東ではヒョウが降ったり大変な事になってます。
全国を回る歌旅座としては全くの他人事という訳ではありません。
しかし、これまで運良く公演に穴を空ける事なく公演が出来ているのは、
きっと我々の普段の行いが素晴らしいからでしょう。
北海道も熱に侵されている日々、全国の皆さん暑中お見舞い申し上げます。
 
久々の道内ツアーだった事と、一大イベントの様に祭り上げた『奥尻de夏休み』
のおかげでテンション高くスタートした道南ツアー。

日々ブログでも書かれている夏休み。
みんなが海に入る用意をしている時には自分はもう泳ぎ始めていて、
海で泳ぐのは子供頃以来、20年ぶりで舞い上がっていた。
深さ2mくらいのところにウニがゴロゴロしているのを見て、
お宝発見!!と叫び急潜行し素手でウニを鷲掴みにして浮上、
高々とウニを掲げたのである。

ウニの棘があんなに鋭利で硬いとは思わなかった。
手は棘だらけ、数カ所から出血もしていた。
こんな事で心折れてたまるかと泳ぎ続けたが、微妙な痛さ。
抜けない棘が気になり、陸にあがって指を穿り、また海へを繰り返した。
まだ残っている穿った穴が自分を戒めている。

IMG_3146



そしてツアーを振り返るととにかく豪勢な食事と懇親会の数々でした。
初日から有田さんのブログでもあった様に、初日からBBQで打ち上げ。
寿都産のホタテやら、カキやら、ホッケだとか…食いまくり。
翌朝にも寝起きから頂いたシフォンケーキにアイスをトッピングで。

乙部町での懇親会も、地物を使った料理を振舞ってくれた。
フードスタイリストなる聞いた事がない職業をしている方がいて、
手作りのオシャレなおつまみや、オードブルをしこたま食べた。

そして奥尻2days。
初日の公演後にはお寿司屋さんでお食事会。
ウニ、アワビ、ウニ、ホヤ、ウニ。
3つのテーブルだったが、気がつけば自分がいるテーブルの食べ物だけが
すごい速さで無くなっていた。
翌日はBBQで、お肉や海産物から焼きそばまで。

3日にして、そろそろ痛風の発作がでるんじゃないかと怖くなってくる。
気休めに、寝る前水をがぶ飲みをしたが意味があるかは謎である。
特に地元の美味しい物を出して頂くと、やはり残さず頂かなければ…
鍛え上げられた伸びた胃袋は期待を裏切らないのである。

ツアーも折り返しにして既に2kgは増えたのではないだろうか。
まさに夏太り
そもそもなぜ夏太りと言われるのか調べたが、夏が要因で太るのが『夏太り』らしい。

ただの太りだった。

その後の長万部町でも、森町でもいろいろとご馳走になってしまい。
帰ってくる頃にはどれだけ体重が増えたのだろうか。
最後まで痛風が出なかったのがこの夏をいい思い出にしてくれている。

ただ今回のツアーで忘れ物をしてきた事に気がついた。
帰ってから鏡を見てみると首がない。
どうやらどこかの町に忘れてきてしまったらしい。
俺の首、どこへ行ったんだ。

IMG_3072



 

ゲロを吐きそうなくらい暑い日々。
もうここまで暑いとさらに動いて汗をかくしかありませんね。
という事で、みんなで倉庫整理となりました。

まずはツアー機材があると作業するスペースもないので、
機材やケーブルを整理、トラックへ積み込んでしまいスペース確保。

ここからが今日の本題で、倉庫の掃除と物の定位置を決めるスタンダード作り。
まあ自分のズボラな性格を表しているかのようなとっ散らかり方。
分かってはいたが見て見えない振りをして、なんとなくまとめて置いてある現状。
時計まで止まっていて、まるで使われていない物置小屋。

これをBOSSをはじめとするA型の人達の力を借りて整理整頓。
照明、音響、映像と棚を分け、さらにケーブルや細かい物も種類別にカゴに入れ仕分けしていく。
文字で書くと一文だが、種類も多いし、まとめてみると量も多くて、
何に入れるか分からなくなってきて結構大変。
ザックリとカゴ入れたりすると見つかってやり直し。

この箱は何入ってるんだっけ?という物もあり、開けてはひとつずつ表に書いて貼る。
手作りの小物を見つけては、これ何する物だったか…これ懐かしい…などと手を止める。
まるで引越しの時に懐かしいアルバムの見始めるみたいに。
今まで公演で使っていた幕もそうだが、ライトひとつにしてもこんなの使ってたなぁとか
まだ8年かもしれないが、試行錯誤しながら手作りでやってきた歴史を感じた。

片付けてみると棚がまるまるひとつ空き、今までしまう場所も無く片付かなかった
楽屋グッズや物販グッズの収納スペースが確保され、これにはJUNCOもチエも嬉しそうだ。
嬉しそうな顔を見る限り、ここはチエがちゃんと管理してくれるだろう…きっと大丈夫。



















修理したりする作業台もめっちゃ綺麗。
さぁこの状態をいつまでキープ出来るだろうか。
自分が一番不安だ…

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.