北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : ダル

北斗公演からの流れで北海道を飛び出し青森県へやってきました。
ツアーの流れで歌旅号(トラック)もアルフィー(ワゴン車)も、そのまま船でヒョイっと乗ればあっという間に青森県に到着。
道南までさえ来ていたら本当に近く感じます。 

東北の初日は青森県弘前市。
開催して頂いたのは市内中心部から車で15分、合併して弘前市になっていますが、もともとは岩木町という町。
その名のとおり岩木山の麓にあり、その日も快晴でとても綺麗に見えていました。
北海道には蝦夷富士と言われている羊蹄山がありますが、標高1625メートルの岩木山は青森県では1番高く、津軽富士と言うらしいです。

 IMG_5657

会場となったのは『岩木文化センター』
一度コンサートのご提案でお伺いした後、ご担当者の方や館長さんの他にも自主事業実行委員会の皆さんが別の町の公演に足を運んでくださり、北海道歌旅座とはなんぞやというのを実際に見た上で、皆さんで話し合いの結果呼んで頂くことが出来ました。

そして当日、どのくらいお客様来場されますか?とお聞きすると、250枚以上のチケットが出でいて駐車場が足りるか心配ですとの答え。
会館の方にとっては本当に困った問題だったかもしれませんが、それがとても嬉しい悲鳴で話しを聞きながらもニヤけてしまっていたかもしれません。
(村上さん、すみません)

会場時間には廊下にズラ〜っと続く長蛇の列。
会場前のロビーでこの光景が見える時は担当窓口としての安堵感、そして大盛況公演の期待感が湧いてくる嬉しい光景のひとつなのです。

IMG_5656

さらに嬉しかったのがお客様のリアクション。
とっても楽しそうに歌ってくださったり、本当に沢山ご声援をかけて頂きました。
客席で見ていると、出演しているメンバーのノリや表情もより一層楽しそうに嬉しそうに演奏しているのが見ていて伝わってきて、お客様が楽しそうにしていると、さらに楽しんでもらおう頑張る。
その相乗効果が凄くマッチしていた公演でした。

これでまた帰って来たいと思う町が1つ。
必ず再会したいと思います。
ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

宮崎県3公演を無事に終え、帰りの船内にてこの記事を書いてました。
先日のブログでも書きましたが、今回は1日早く出発。
帰りも同様に1日遅れての札幌到着となります。

その今回の経路は今までになかった『フェリー&フェリー』
いつも利用している新日本海フェリーの小樽ー舞鶴に乗り、
約2時間だけ陸路を走り神戸へ。
ここからいままでになかった航路、宮崎カーフェリーという船に。
神戸19:10発ー宮崎8:30着という13時間20分の船旅。
新日本海フェリーの21時間15分を合わせて、2日間かけ34時間35分が海の上。
IMG_5606

陸路より時間はかかってしまうのですが、
1000kmを走るリスクを考えてBOSSが配慮してくれたルート。
しかもガソリン代、ETC料金を計算してみると陸路の方が高値になる事に。
さらにはタイヤの磨耗など歌旅号のくたびれ方や経費を考えるとさらに…

そうなると、陸路の時は夜走りして朝にそのまま会場へ入り、
そのまま公演をするという毎回長い1日となる九州ツアーの初日だったのが、
結果的に自分の睡眠も十二分に、いや十五分にくらい取れる事になり、
体調万全にツアー初日を迎える事ができる事ができました。

なんて書いたりすると他のメンバーからは、
新日本海フェリーでも散々寝てるんだから関係無いだろうという声が
今にも頭の中でリアルに聞こえてきますが。
確かにそう言われれば返す言葉は無いのですが…


ツアーのスケジュールを組む時には空港や港の入り口を考慮して、
希望の公演地に当たったりする訳なのですが、
これで入口出口が一つ増えた事で宮崎が以前より近く感じられ、
今後のツアーの可能性がまた増えたのではないでしょうか。

さらに今回は宮崎市公演でお世話になったライオンズクラブの会長さんが
宮崎カーフェリーのOBという事で便宜を図ってくださり、さらにお得にして頂きました。
堀川会長、ありがとうございました。
IMG_5617

まもなく小樽港へ到着の時間になりました。
次の船旅は道南北斗市から東北ツアーへ、メンバーみんなでの移動です。
穏やかな海の旅になりますように。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

九州公演へ向けて、他のメンバーより一足先に出発しました。
これはいつもの行程より1日早いですが、トラック歌旅号をフェリーに乗せ舞鶴港へ。
船の中でたっっぷりと睡眠を取り翌日夜に到着、
下船したらそのまま夜走りし陸路で九州を目指すのが今まででした。

それが今回、初めて舞鶴のホテルに宿泊しておりました。
残念ながら部屋から海を眺める事は叶いませんでしたが、
なんとターミナルから3分くらいの海に面したホテル。
対岸には先ほど乗ってきた船見え、
今度は北海道へ向けての出航準備をしている音まで聞こえてくる近さ。


海をイメージしてなのか見た目も照明も真っ青な『シーサイドホテル パルコ』
夜に見ているせいか若干ラブホテルっぽい…
IMG_5515

そういえば以前、一人で営業に回っていた時に値段だけをみて予約したホテルが、
山の中のラブホ街のホテルで、以前の内装そのまま利用しているなんて事もあったっけ…
IMG_4459
その時の部屋がこちら。
ダブルベットにエアーシューターや課金式の冷蔵庫がそのまま。
たぶんもう泊まる事は無いでしょう。
別の話しになってしまいましたが、パルコを見た瞬間に思い出してしまいました。
でもパルコは外観だけで、部屋は普通のビジネスホテルです。

翌日はまだ宮崎には向かわず神戸が目的地。
普通に走れば2時間程度で到着するところですが、
夜までに到着すればいいので道々営業で寄り道をしながら新たな町へ
コンサートのご提案をしながら向かいます。

旅を多くしている方はお気づきかもしれませんが、
なぜこんなにのらりくらりしながらツアーへ向かっているのか、
船旅のご報告は帰りの時にという事でまた後日。
7926F991-B8A3-4F99-824E-0F4067662062



この記事が読まれる頃にはちょうど宮崎に到着している時間でしょう。
時間はかかりますが夜走りでない分、体調も万全でツアーに臨めそうです。

IMG_5511


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

弥生。
北海道はまだまだ雪が残る季節、本州では草木の新芽が出る頃でしょうか。
東北の3月はどんな季節なのでしょうか…
いよいよ草木が生い茂るという意味の『弥生』
歌旅座、今年の東北ツアースタートです!

まずは初めましての町。
青森県弘前市 岩木文化センター(TEL:0172-82-3214)
3月4日(月)開場13:30  開演14:00   入場料 500円
hirosaki_chirashi


続きまして、
去年は300名以上のお客様にもご来場頂き、大変盛り上がりました。
2回目の今年も期待をしております。
秋田県北秋田市 文化会館(0186-62-3311)
3月5日(火)開場13:30  開演14:00   入場料 1,500円
昭和-北秋田-チラシ表-1


そして3度目となりました、毎回暖かく迎えてくださる。
強めの方言がなんとも心に沁みて行きます。
岩手県一戸町 コミュニティセンター(0195-31-1400)
3月6日(水)開場13:00  開演13:30   入場料 1,000円
ichinohe


歌旅座メンバー大好きな東北、初めましても再会も楽しみ。
お近くの皆様、お近くじゃない皆様も挙ってのご来場をお待ちしております!

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1月末から2月頭にかけて行った関西・中部ツアー、
実はこのツアーの中では演出部分での実験的な試みをしていました。
それは歌旅座のコンサートでは演出の要である映像。
様々な曲のイメージ映像や歌詞を映し出し、
コンサートの中の世界に入り込んでもらう為の大切な演出です。 

最初の方法はステージの両サイドにスクリーンを立て、
3,000ルーメン(明るさの単位)の会議用小型プロジェクターで映す方法で。
IMG_5452

しかしホール公演が多くなってきた最近では、
スクリーンが小さく見えてしまい後ろのお客様にはわかりずらく、
前のお客様は映像みたり、ステージみたりと視線が集中出来ない。

なるべく映像もステージセンター後方にに大きく映すそうという事に。
そして新たに購入したのが3,000ルーメンの短焦点プロジェクター。
明るさや設置する距離は変わらないが、大きく投影できるという物。

それによりある程度の会場ではセンタースクリーンを実現できてきたが、
 それでも短焦点と言えど3〜4mぐらいの距離は必要で、
ステージのど真ん中にプロジェクターが設置されるのでる。
奥行きのないステージではJUNCOが立つのがやっとだったり、
時にはぶつかってしまったり…
3,000ルーメンの明るさにも限界を感じる事も多々あり、
問題はそれなりに残っていた。

今年に入り、BOSSはやはり要と言える映像は強化すべきとの判断。
高価な機材であるが、頑張って一歩上の機材に手を出してみる事になった。
価格が高価なのもあり買って間違えは許されない、
何社かメーカーに問い合わせ、デモ機を借りて実際に使ってみる事になったのが 
今月のツアーでした。

tansyoten

IMG_5342

実験したのは4,000ルーメン超短焦点
映像が明るくなった のはもちろんの事、凄かったのは投影距離。
歌旅座のは3、4m離して200インチ前後の大きさなのに対して、
1mちょっとくらいの距離で同じ大きさが映し出された。

いままで映像に被らないようにとか、ぶつからないように演者の位置を決め、
本番中もみんな注意を払いながらやっていた。
がしかし、 これはみんなの立ち位置より後ろにある為に誰の邪魔もしない、
誰も映像に影を気にしないですむ、なんて画期的なんだろう。
奥行きが無くセンタースクリーンを諦めていた小さな会場も関係ない。
そして映し出された映像は発色もキレイ、さすが4,000ルーメン。

いい実験結果を得てツアーの終了と共にデモ機は返却された。
そして今月末の九州ツアーにはもう1社のデモ機が到着する予定。
その結果次第で今後の映像の演出がどうなるのか楽しみ。
お客様がより歌旅座の世界観にどっぷりと入り込んでいくような姿を
想像すると今からニヤけてしまいますね。
これかのステージにもどうぞお楽しみに!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.