北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : ダル

車椅子生活3日目。
前回書いた大東市公演のブログを書いてから、
一時帰札をしている間に治るだろうと思っていた痛風発作。
むしろあの時はまだ序の口だった…
その後は益々悪化し、結局間に合わずに車椅子でツアーに参加しています。

しかし、荷物も運べないし仕込みも出来ない。
車椅子で舞台をウロウロしていると危ないから隅っこにいなさいと言われる始末。
勝手に走り回る大きな荷物にしかなっていない…
しかし口は元気なので、してほしい事と指示だけはあれこれと言う…
メンバーからすれば、まさにキャスターが付いた勝手に動くスピーカーだろうか。



この日は御所市にて、昼に老人福祉センターにてJUNCOミニコンサート、
夜には文化ホールで昭和のうたコンサートという1日2公演でした。
 
お昼に伺った老人福祉センターはとっても元気な明るいお年寄り達ばかりで、
JUNCOの歌に感心と歓声があちらこちらから。
夜の公演にもその場で行く事に決めたというお客様もいらっしゃいました。 

IMG_3691

その文化ホールの公演では200席限定はソールドアウト。
開場時間もだいぶ前から沢山の方がお待ちになっていて、
それでも当日に入場を望むお客様もあり超満員となりました。
また御所の皆さんは反応がとっても良く、歌うのも大好き。
1部からフォークソングメドレーで大合唱、ふるさとで大合唱、
歌声喫茶コーナーでももちろん大合唱という具合。

でも聴きどころでは凄く真剣に聴き入っている様子で、
割れんばかり拍手が開場を包みました。

お客さんの盛り上がりがステージにも伝わってるのがとても解るくらいに
JUNCOやサーモンズのパフォーマンスにも力が入っていました。

御所市の皆さんはまたお会い出来る気がかなりしております。
またの再会をとても楽しみしたいと思います。

IMG_5693

俺の足、動いてくれぇ〜!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

東北岩手から南下してくるように続いたツアーもこの日でひと段落。
数日空くため一度札幌へ戻るのである。

大東市は以前公演をした四條畷市や奈良県生駒市が隣接していて、
会場にも2回目というお客さんが盛り上げてくださいました。

最初は静かに様子を伺っていた大東マダム達も徐々に乗ってきた様子。
お上品な歌声が後半になるにつれて大きくなり、手を上げて拍手してくださる姿もありました。

IMG_5636

と公演は盛り上が良かったのですが…
私、朝から持病の痛風を発症。
機材を運べば運ぶほど痛いし、頭が回らない。
痛み止めを飲んで挑んだ本番は、副作用で眠気がたまらん。
なんとかかんとかで居眠りもする事なく無事終演。

ここから4日間空いている事に救われた。
クルブシが倍以上に腫れているこの足を、この期間に何とか治さなければ…
2リットルの水をがぶ飲みしながら、まずは札幌の自宅より記事の投稿。

明日には良くなってくれ俺の足!!



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

昼間からバタバタと準備をし、トラックに機材を積み込む。
今回はどれくらい売れるだろうかと予想しながら
CDやコーヒーの物販をみんなで組み立てる。
久々の東北ツアーに自分は妙な緊張感でソワソワしていた。

各自荷造りを済ませた夜、再集合し苫小牧西港へ向かう。
23:59  予定通りフェリーは出航した。

札幌を出た時の天気とは裏腹にとても穏やかな船。
今回は激しくお酒を飲むことも無く、心地良い揺れの中就寝となった…

ただ、自分は静か寝る事が出来ないのである。
寝る事はどこでも出来るのだが、静かには出来ない。
『イビキ』ってやつがとてもひどいらしい。
寝ている本人は全く知らないが、とてつもないらしい。

それが船内の大部屋だからって静かになるわけもなく…
自分は朝スッキリと眼が覚めたのだが、
「相変わらず凄いな、他のお客さんに舌打ちされてたぞ」
と言われてしまった。

本当に申し訳ないとは思いつつ、
このどこでもぐっすり寝れる能力がツアーを乗り切る体力につながるのである。
とでも言っとかないとばつが悪い…

7:30 八戸到着
天気も良く朝日も眩しい。
旅の始まりにはいい日になりそうです。
それでは東北ツアーはりきって行ってきます!

IMG_3664


  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この【倉庫番日誌】も6回目になりますが、
毎年この季節は倉庫作業に向かうのになかなか腰があがらない。
特に今年は特に寒い気がする…
と毎年思っている。

シャッター1枚越しにはもう外なので、隙間からは外気がピューピュー入ってくる。
それでも見た目からして頼りないストーブを一応着ける。
表示される室温は1℃
とりあえず今日は暖まるよりも手早く作業を終わらせた方が良さそうだ。


地味だが意外に重宝している皆さんにも身近な物をご紹介。
便利な100円均一でも売っている 『ヘアゴム』
少し太めで柔らかいのがとても便利。

機材の何に使うかといいますと、ケーブルを束ねるのに1番いいのです。
コンサートでは各種ケーブルを100本以上も使用している為、
種類別に尚且つ1本づつ使いやすくしておく必要があります。

以前は紐で縛ったり、専用のマジックテープでまとめたりしていましたが、
撤収の時には皆、作業用手袋をしている為に紐は縛りにくいし、
マジックテープは使っているうちに弱くなり解けてしまう…

その点ケーブルの端に短くしてゴムをつけておけば
手袋をしていてもクルッと巻いておけば簡単綺麗。
煩わしさ0(ゼロ)
しかもリーズナブル。
IMG_3662


今日はこのゴムの付け替えだけして終わらせる事に。
それでも手先しか使わない作業で体が芯から冷えていく…
結局他の修理を待っている機材達を横目に倉庫を後にし、
銭湯にでも行く事にした。

ツアーまでには何とかしないとなぁ…
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

近畿地方の気温にも慣れてきた頃、ツアーも終盤へ。
1月18日、滋賀県の守山市民センターへやってきました。 ダルです。

2年振り「ただいま」の2回目の公演実現でしたが、
初めましてのお客様にも沢山ご来場頂きました。

しかしコンサートが始まれば客席の歌声がどんどん増えていき、
急遽2部には久々にふるさとをお客様と一緒に歌う事に。
勢いがついたその後の歌声喫茶アワーではほとんどの曲が合唱になっていました。

本州の公演で思う事が多いのですが、
とても自然な盛り上がりで、いい意味でお客様が周りを気にせず楽しんでいるよう。
歌ったり、笑ったり、手を叩いたり…
本当に一緒にコンサートを作っているような一体感を凄く感じさせてもらっています。

IMG_5420

そんな盛り上がった公演の裏側では…
この旅で歌旅座中に風邪が蔓延してしまい、とうとうメインのJUNCO、
Narikoさんまでもがこの日は高熱を発症。


他にも千絵、オガさんがグロッキー状態でありましたが、
なんとかみんな本番を乗り切ったが楽屋に戻り帰る頃には目は虚ろ。

静かになった会場にゲホッゲホと響かせなが撤収する千絵。
目をウルウルさせながら機材を運ぶオガさん。
なんやかんやで全てが終わり会場を後に。

一足先に帰る為、完璧にやられて老け込んだNarikoさんを見送り、
そしてその足で病院へ直行しました。

旅をしていれば風邪もひく。
しかし、翌日の藤井寺市公演あり、一度札幌へ戻り九州公演もある。


何があろうとも旅は続くのである…
IMG_0097




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.