北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : ダル

旅の醍醐味、ご当地を感じるのに食事は大切ですよね。
ツアー中、なるべくは現地の食材や料理を食べようってよくなります。
毎日のステージを頑張る為の元気な源をご紹介します。

11月16日、岐阜県高山市奥飛騨郷へ前日入り。
移動中には地元で愛されているうどん屋さんで腹ごしらえ、やはり人気店でぞくぞくとくる客さんで関間埋まり待っている人まで、食べ終わる頃には駐車場に車も入りきらなほど。
お店一押しのカレーうどんはコシ強い麺とスパイシーなつゆが美味、さらに卵黄を絡めるとまろやかに変わり大満足のエネルギーチャージ。
IMG_7730


到着するや否やで温泉に浸かり、食事は温泉宿らしく御膳でいただいたのですがどれを食べてもおいしい。
その中でも『ニジマスの塩焼き』が身がフカフカ、尻尾のパリパリ感と塩気が最高でした。
マスというと鮭くらいの大きい魚をイメージしてましたが、こちらでは川での小ぶりマス釣りが盛んなようです。
旅先で頂いたお酒も一緒に、たまらない晩酌タイムでした。
 IMG_7645

心身共にリフレッシュされ、翌日のコンサートも歌旅座もお客さんも大盛況。
お客さんも元気なのは毎日温泉に入って元気を養っているのですかね?

翌日は富山県富山市での公演に来てくれたのはFaceBookにも書いてあるMr.Gさん。
ようこそ富山へと、早速ご当地おにぎりを持って会場入りしました。
 IMG_7668
食べ物以外にも有名なのが『富山の薬売り』
二日酔いになるJUNCOに必要だと買ってきてくれたのは昭和のパッケージを今も残した頭痛薬でした。
いろいろ富山の情報を紹介出来るように考えていてくれたようです。
IMG_7731


公演後の夕食は今やカップ麺も販売されるほど有名な『富山ブラックラーメン』
そこ以外は本物じゃない、せっかく食べるなら発祥のお店にとMr.Gさんの言うまま向かった結果がこのFaceBook記事です。



この血圧が爆発的に上がりそうなしょっぱさと、その後の喉の渇きと戦いながら富山をあとにしました。
しかしそれはそれで思い出深く脳裏に刻まれ、楽しい話のネタとなっていくのです。

翌日は滋賀県長浜市での公演は本番直前まで実はみんなお腹を壊していたのですが、幕が開くとなんのその。
アドレナリン全開、全力のステージで盛り上げ、終盤には琵琶湖周航の歌を大合唱して終演となりました。

歌旅座まだまだ元気で旅してます! 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大空町の公演終わり、札幌へ戻るみんなと別れ自分はトラックで地元釧路へと向かいました。
釧路で16日にとある団体の記念事業に出演と、17日の公演まで帰省していたのです。

この時期の釧路といえばサンマ。
今年はとてつもない不良だとか、痩せている、高価だという話しがいろいろありますが、やっぱりそれでもこの時期には食べない訳にはいかないのが釧路人の性。
 帰った翌日には買い物へ繰り出し、例年よりも3倍も値が張っていたが数匹だけでも購入し夕食には御膳を堪能させてもらったのがこちら。
IMG_7315
右上の『なめろう』は地元ならではのお袋の味。
 
そしてみんなと合流の日、普段は毎日一緒にいるからか、たった3日しか経っていないのになぜか久しぶりな感じと地元に歌旅座メンバーがいるのは何回やっても不思議な感じです。

夜は繁華街へ繰り出し、お疲れ様と明日の公演へ向けての乾杯で気合を入れます。
1軒目を出たあとまだ飲み足りない呑んべいが二人J&N、赤提灯並ぶ横丁を徘徊する姿が目撃されておりました。
それにしても横丁が似合いすぎる女性二人…
IMG_7322

更に呑みを重ねる人、ラーメンで締める人、それぞれの夜が更けていきました。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

我々にはお馴染みの会場となっている『であえーる岩見沢』はショッピングセンターと市民交流施設が一緒になっている市民の憩いの場。
毎年クリスマスにロビーコンサートを開催して頂いていますが、今回は冬を迎える前に施設内にあるホールでのコンサートを開催して頂きました。

今日のメンバーは、JUNCO、ナリコ、チエ、ダルの4人。
女子3人のテンションの高さと女性ならではの話題にいつもより口数を減らし、いざ出陣。

いつも僕らを爽やかに出迎えてくてるのは会場の管理運営をしている『株式会社 振興いわみざわ』の三部さん。
そして歌旅座をずっと応援し続けてくださり、いつもお土産を片手に来てはお手伝いをしてくださる岩見沢のママ、青木さん。
お二人がお客様のお出迎いもしてくだいました。
DC37ECE3-973E-47B0-9B85-B4493B4581AC

 歌旅座三姉妹によるステージは前説も太郎さんの代わりにチエが担当。
元気印が慣れない司会にやや緊張してるのか 厳かにスタート。
3A5F5101-8E49-4365-AF0C-2BB6867320A9
 
オリジナル曲とカバー曲を織り交ぜての内容の濃い1時間1部制をお届けしました。
この会場ならではの距離感でより身近でアットホームな雰囲気が会場を一体としているようでした。
23702C3B-FF74-4F87-AEDD-AE110F2FB318

最初は悪天候で客足も心配されましたが、見る見るうちに座席も埋まっていく勢いで沢山の方にご来場頂きましてありがとうございました。

そして次にであえーる岩見沢へ訪れるのは恒例のクリスマスコンサート。
今年は少し早い12月21日(土) にひなた広場にて開催です。
皆様のご来場を楽しみにお待ちしております。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

9月4日(水)。
この日スケジュールには載ってないコンサートが
ホテル日航成田でおこなわれました。
とある企業様のセミナー後のパーティーにゲスト出演。


新千歳空港から成田空港そばのホテルへの1泊2日。
機材を積んだトラックの出動はありません。
そこで、必要最低限の機材と楽器だけを
スーツケースへ詰め込んで飛行機の移動となります。

今回はホテルの機材をなるべくお借りして、
当然ながら、飛行機ならではの重量制限が待ち受けています。
機内持ち込みと受託手荷物を合わせて1人15kgまで。
メンバー全員合わせても90kgという厳しい制限がありました。

事前に会社で持参する機材を1kg単位で計りながら、
いくつかのスーツケースへ詰めていきます。
シミュレーションというヤツです。


各人の荷物は着替えぐらいなもので、
必要最低限の機材も絞りにしぼって
やっとの思いでギリギリの90kgを実現しました。

5AE4F0A9-F4AA-4715-9A48-1B6EDE667D4A

ホテルへ着くと顔なじみになった担当の方が
必要機材をすべてセッティングして待っていてくださり、
おかげで仕込みも早く終わりました。
よって、入念にリハーサルすることができたのです。


早朝5時に札幌出発、その日の第1便に乗って会場入り。
搬入とセッティングをこなしていくと時間はアッという間。
本番前には気合いを入れてリポビタンDで乾杯。
F334B561-5B45-4D47-97D3-146AC8C8D040

昭和の懐かしい歌の数々をパワフルに披露してきましたよ。

CAA4400C-6BB9-4F08-B45B-D68F3DF71711

以上のような重量をめぐる弾丸ライブでしたが、
本番が始まって、お客様が楽しんでいるのを見るとホッとします。

そして1泊して翌日の5時にホテル出発、
やはりその日の第1便で成田から新千歳空港へ。
なんとなく夢のような24時間でした。


ありがたいことに、来月10月9日にもホテル日航成田に伺います。
私たちにとって同ホテルはもはや関東の拠点です。
一般の皆様にもご覧いただけますのでぜひご来場ください。
今度はトラックも出動しますよ。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

夏の北海道ツアー、今度は道北の中富良野町と中川町へと行ってきました。
題して中々公演ツアー。

まずは中富良野町『農村環境改善センター』へ。
到着すると沢山の子供たちが町が主催の夏休み企画のキャンプ事業に出発前のオリエンテーションをしており、自分も地元のキャンプに参加し他校の上級生に面倒を見てもらいながら参加した事を思い出したりしておりました。

子供たちの出発を横目にムンムンとした会場で着々と仕込み。
何度もやっている会場というのと、暑さのせいも相まってみんな無言で作業にあたっています。

過去これまで昭和の歌コンサートやオリジナル曲中心のOLD&NEW公演なども開催して頂いており、今回は新演目『フォークソングの広場』をお届けしてしてきました。

冷房のない会場の為、うちわで仰ぎながらも最後まで盛り上がり大盛況での終演となりました。
BA0D8015-3F4E-4FB4-8BF2-E6633D4F3D53

そして翌日は中川町へ。
8月の最初の週末と言えば、というほど毎年呼んで頂きもう6年目となりました。
なかがわ祭りの一環して呼んで頂いており、お祭の最後のプログラムを務めさせてもらっております。

毎年開催させて頂いているものあり、会場にはリピーターの方ばかり。
その中での新演目は新鮮さも感じてもらえたのではないでしょうか。
C24968E1-18C0-4E33-8C2C-108A31BB4C48

いつも窓口となりご尽力頂いている祭り実行委員会の山下さんにも「やっぱり呼んで良かった、実行委員会にいる限りは毎年呼びたい」とありがたい言葉を頂きました。

もう既に夜は涼しい短い道北の夏、来年も感じに来れたらと思います。
E96ECAD8-DE2A-441B-B435-FE62ADAB170C


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.