北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 司会太郎

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

北海道歌旅座は関西・中部・東北コンサートツアーの真っ最ちゅー。

まずは個人的近況報告。
まだホームシックにはなっていません。
ステージで激しく動いているつもりですが、いまだ体重が落ちません。
1回だけ、就寝前の歯磨きを忘れて眠りこけてしまいました。
「まんぷく」は毎日観ています(日曜を除く)。



13日に訪れたのは、初めての南越前町
今庄町・南条町・河野村が2005年に合併して誕生しました。
歴史を感じさせてくれる街並みが、
北海道の人間にとっては新鮮でした。


コンサート会場は
南条文化会館。 
舞台準備は着々と進行。
IMG_1083z


かくして幕は上がり、『昭和のうたコンサート』
南越前の皆々様に初披露と相成ったのであります。

IMG181113a
歌旅座メンバー、全員元気であります。
とくに、今回より新しい打楽器専用マイクロフォンと
頭部に据付けるヘッドセットマイクロフォンを
あてがわれたチエは、あたかも水を得た魚のよう。
試しに、上の写真のチエを拡大してみましょう。↓↓↓
IMG_Chie
ほら。
無心に叩きまくっています。

次の写真は......
IMG_Chiez
咆哮しています。
彼女はこの瞬間、自由なのです。


そして、他のメンバーたちもご来場のお客様と
最高のひとときを共有できたと実感しました。
IMG_181113b


さて、南越前。
果たしてアンコール公演は?
なんていうのは気が早いかもしれません。
でも、もう一度訪れたい街が増えたことは確かなこと。


コンサートツアーは続きます。
北海道に帰るときには、きっと雪なんでしょうね。
まだ、ホームシックではないんですが。


ごきげんよう。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


11月に突入、北海道歌旅座の関西・中部・東北の
コンサートツアーがスタートしますよ。

飛行機でまずは関西へ。
IMG_1068_F
スンバラシイご陽気、ハラショー!
今回の旅の成功は約束されたようなもの。
まあ、天気が良かったくらいでそう思うのは単純かもしれませんが。


到着地は伊丹空港であります。
IMG_1075_F
北海道人にとって、この時期の気温に対応することが
いつも難しいのであります。
道ゆく人々は秋冬のファッションなのですが、
私たちは昼間は暑く感じるから半袖になったりします。
「あ、あの人たち、明らかに北海道の人たちだわよ」
と思われているのでしょう。

それでいて、夜はやはり寒いので上着は必要。
暗くなって地元にこっそりと溶け込めるわけです。
決して寒い国からやってきたスパイではありません。
歌と音楽をお届けする旅一座であります。


さあ、11月18日まで続く「関西・中部・東北コンサートツアー」、
今回も初めての街、再会の街へ伺います。
各地で皆様とお会いできることを歌旅座は楽しみにしています。
よろしくお願いいたします。


札幌で留守番している猫のクロも
暖房の効いたオフィスで旅の安全と成功を
ぬくぬくと祈っているはずです。
IMG_1048_F


それでは、ごきげんよう。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

「二度あることは三度ある」という言葉は東ローマ帝国の哲学者、
コンスタンティンチャンヌスが広めたとされています。
 

しかし、「三度あるなら、四度目もやってしまうべきである」
と言い残したという、古代中国の髪結い職人の息子たち、
ホイ三兄弟による格言には説得力があります。


去る10月27日の日野市公演は、北海道歌旅座にとって4回目。
しかも、2015年以来、毎年お呼びいただいています。
誠にありがたい限りです。

会場となった七生公会堂は、もはや、都内における
歌旅座のホームステージと言っても差し支えないでしょう。
すぐそばに多摩モノレールと程久保川があります。
xIMG_1024
 
xIMG_1029



おなじみとなった主催のご担当者やスタッフのみなさんに加えて、
新たな出会いとなった方々。
コンパクトながらも愛着が湧く舞台と客席。
「帰ってきた」という思いが募ります。

そして、お客様。
初めてのみなさんとリピーターさんの割合、およそ4:6。
今回も幸福なひとときを共有することができました。
なにせ、ザ・サーモンズの登場にさえも
「待ってました!」と声がかかったのですから。
xIMG_6878

xIMG_6869


さあ、次はあるのでしょうか、日野・七生公会堂。
19世紀に一世風靡したというスコットランドの詩人、
サー・コンナーン・デマーシターは
いみじくもこのような言葉を残しています:
「嗚呼、友よ。5回目があるかは来たる年までの楽しみだ」
xIMG_1034

果たして次回の日野公演はあるのか、
それは来年の2019年なのか。
お楽しみとしましょう。



それでは、ごきげんよう。



おまけ。
某ホテルの長い廊下にて。
問題=いちばん奥の人物は誰でしょうか。
xxIMG_1016
 



ふたたび、ごきげんよう。



 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

まずは、某人に伝えたいことをちょっと。

ヒゲを剃るのは自由ですが、
電気カミソリの音は意外に響きます。
ただ、あの音を友人たちには聞かせたくない。
自宅の洗面所だけに留めてくれ。
以上
 



2013年10月12日が前回。
そして2018年10月13日、宮崎県の日南・南郷で2回目のコンサート。
5年の期間が空きながらもご縁を繋いでくれましたよ。

その日は、朝からスンバラしいお天気でありました。
IMG_0987


会場に着きますと。
思い出しましたね。歌旅座のダル君、ゆかりの場所。
彼がまだステージに立ってた頃、各地で散髪してたわけです。
まあ、JUNCOがバリカンでジョリジョリしてたのですが、
スッキリしたのちに頭を洗った水道がありました。
IMG_0993
覚えている人、いるのかな。
忘れていても知らない人がいても、全然OK。
なぜなら、どーってことない話題だから。
ともかく、この水道・水飲み場にも
5年ぶりの帰還を果たしました。


主催:南郷町もえる商忘団による、
「第28回・南の郷マリンあちぃ〜音楽祭」への出演。
地元の有志が集って開催するイベントであります。
たいへんなこともありましょうが、
一致団結してお客様を喜ばせようと企画しています。

今回は、地元・日南市ご出身の長谷川万大さんもご出演。
昭和の楽曲を歌ってくれました。
IMG_6746
「ああ、こういう昭和の曲もあったなあ」と、
思わず膝を打つような選曲も聴くことができました。



そして、北海道歌旅座のステージへ。
IMG_6758
この写真、司会太郎だけ
鼻をかんでいるように見えますが、
これもまた良し。


南郷町もえる商忘団のみなさんによる、温もりが伝わる音楽祭。
北海道歌旅座、参加できて光栄です。
ご苦労されたと思いますが、商忘団のみなさんは
会場到着から終演後までいつも笑顔で接してくださいました。
ふだんの仕事をしながら多くのお客様を呼んでくれたのです。

また、お客様も歌旅座をうまいこと盛り上げてくれるのです。
だから、こちらもステージで発奮。
オーバーヒート気味で歌と音楽をお届けしました。
なんとも気持ちが良くなるお客様でしたよ。


こうしてブログ記事を作成していても、
「また会いに行きたい」という
気持ちをあらためて感じています。

そんな、公演でした。


今回の四国・九州コンサートツアー、
まだ続きますが、さらに楽しみ。
無論、お客様にこそ楽しんでもらいますよー。



ごきげんよう!


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。
歯科医太郎ではないんです。


そういえば、薬剤師のことを
中学2年生まで「ヤクザ医師」だと思っていました。
あたかも勝新太郎の主演映画タイトルです。


医師といえば、この前の反響を呼んだブログ、
ダル君の「睡眠時無呼吸症候群」は驚異でした。
旅先の宿で、たまに彼と同室になります。
とってもうるさいんです。
あたかもCIAの拷問です。

なので、かなり以前から歌旅座では
ダル君に対して治療を受けさせるための圧力を加えてきました。
各メンバーがそれぞれ毎日2時間ごとに
彼の耳元に「病院行け、病院行け」と唱え続け、
4年と3ヶ月経った今、しぶしぶ受診するに至ったのです。
検査結果は「病気のデパート」なんて表現は生やさしい、
「病気の殿堂 ドン・キホーテ、24時間営業中」なのですから、
自主的にもっと早く病院に駆け込むべきでした。 

「なんかダルちゃん、かわいそう」
なーんて思っていないでしょうね、ブログ読者諸氏。
歌旅座メンバーやフェリー乗船客たちの安眠を妨害する
睡眠テロリストですぞ、彼は。
おまけに、ブログで言及していた
太宰治の『人間失格』、彼はまったく読んでいないんです。
この本の情報をインターネットで探してそれっぽい文章を
拾ってきただけなんですってよ、奥さん。
それでも同情しますか。
ならば、ダルをお貸ししますから
一晩いっしょに寝てみてはいかが。
どんなに善良なあなたでも
殺意が湧くことをお約束します。



そんな自分は睡眠に関しては一家言もっています。
とくに、枕コレクターとしては札幌でも五指に入るであろうと
ウワサされているぐらいです。

そこで、ダル君の回復祈念と便乗企画として、
自慢の枕を自慢してみます。

IMG_0871
これらが現在のレギュラーメンバー。
左から右へ、イタリア製のメディカル枕、
凹みが絶妙なソフト枕、
定番のそば殻枕、
2つ折りにして高さを調節できる枕、
最後はプラスティック繊維の枕で、
適度な弾力と通気性が好ましい。
それぞれ個性的で良いヤツらです。

こいつがイチバン、という順位はありません。
睡眠と枕にわずかな違和感を感じたら目が覚めてしまい、
そのときの環境(気温・体温・呼吸深度・疲労度・後頭部の形状など)に
適合した枕を一晩に1〜3回交換するだけです。
だから、ベッドの上にはこれら5つの枕を常備。
未明にモゾモゾ起きて暗がりで手探り、枕を差し替えます。
こうなると、あたかも妖怪の所業です。
まあ、この場合は自分自身が妖怪なわけですが。


まとめます。
睡眠は人生でもっとも重要です。
枕にも気を使ってください。

実はレギュラー入りしていない枕も他に複数個あります。
この境地まで来ると「枕は安眠に役立っていないのでは?」と
哲学的な疑問が生じることには目をつぶることにして
そのまま眠ってしまいましょう。


それでは、良い睡眠を。
ごきげんよう。




 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.