北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 司会太郎

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


北海道歌旅座、2018年最初のコンサートツアー。
1月15日奈良県五條市。はじめての街。
全国でも有数の柿の生産地なのだそうですよ。
収穫は秋、今回は食べられませんでしたが我慢しました。

我慢したといえば。
こちらのエリア、けっこう寒いですよ。

「なに云ってんの、北海道の人はこんな寒さなんて軽いでしょ」
なんて思うのでしょ。道外のみなさんは。
実を申しますとね、北海道の人間も寒いのはキライです。
だからここに、「北海道人寒冷気温嫌悪宣言」を表明します。

寒いところに住んでいるのは、たまたまです。
許されるなら、外出したくありません。
自宅を含む建物内なんて、各種発熱機器や防寒構造のおかげで亜熱帯気温です。
北海道は冬場にもアイスクリームが売れるというのは本当です。
家に居るとなにしろ暑いのですから。

今回の五條市市民会館、搬入時から寒かったのであります。
手足の指先は寒さでしびれます。
これで思い出すのが、
北海道夕張市出身の歌手・大橋純子さん
「たそがれマイ・ラブ」の一節、

しびれた指 すべり落ちた
珈琲カップ 砕け散って


私たちの場合は、

しびれた指 すべり落ちた
電源タップ むだ毛剃って


まあ、韻を踏むことにこだわり過ぎて意味不明瞭かつ、
小学生の替え歌エッセンスを含んだ箇所もありますが、
だいたいそんな現象となるほどに寒かったのであります。

それでも舞台は整い、コンサートの幕は上がったのです。
IMG_5380_z

北海道石狩市(旧浜益村)に生を受け、
恵庭市で健やかに育ったJUNCOを筆頭に
歌って演奏する歌旅座メンバー。
ホントは実演中も寒かったのでした。
お客様も我慢してお聴きいただき、
ありがとうございます。


最後に、1枚の写真。
IMG_5376_z
歌旅座スタッフ、ダルの珈琲カップです。
プラスティック製だから砕け散りませんので安全です。

垂れている紐は、夜店のクジ引きを再現したのではありません。
紅茶、ティーバッグの紐ですね。
温かい飲み物が必要な1日でした。


今回はこんなところです。
ごきげんよう。



 

あけましておめでとうございます。
司会太郎です。

とはいえ、お屠蘇を水割りしたかのように
お正月気分は薄まっているかもしれませんね。 
あるいは、本日9日から仕事始めの方もいるかも。
旅行や帰省でお楽しみになりましたか。

あっしは里帰りをしたわけですが、
いやまあ、このブログ記事を借りて
読者の皆様に注意を促したいのです。
まずは、この写真を。
IMG_0457

お分かりになりますでしょうか。
「あなたは訴えられたから、裁判されたくなかったら連絡を寄こせ」
という内容のハガキです。
これは、実家の母親の名義宛に送られた、
金銭の要求を暗にほのめかす、いわば「詐欺」の文書。

あっしは振り込め詐欺への注意喚起を日頃お客様にお伝えしておりますが、
身近に魔手が迫ってきているとは正月早々アッと驚いたのであります。
母親はこのハガキを不審に思い、警察に相談したところ、
よくある手口だから絶対連絡しないようにと言われたそうです。
連絡しちまったら、あなたの情報が「有効」と認識されますから。

だいたい、文末に、
「書面での通達となりますのでプライバシー保護のため、ご本人様から連絡を」
とありますが、パソコンでプリントアウトしたハガキのおもて面には
思いっきり母の氏名と住所が記載されているのですから
プライバシー云々はすでに破綻しているのです。封書ではないのですよ。

あえて文面を隠さずに、そのままそのハガキの写真を掲載しますので
似たようなハガキなどが送られてきた場合の参考にしてください。

母親はこれとは別に、注文したことのない商品が唐突に送られてきて
毎月の分割払いを要求してくる「送りつけ詐欺」の
被害を未然に防いでいます。
ここまでくると、ウチの母親の情報が
各種詐欺集団に出回っていると推察できますが、
手を替え品を替えてヤツらはしつこく迫ってきます。
本当にお気をつけください。




2018年の初ブログだというのに
警察当局からのお知らせみたいになりましたが、
ここで、とある映像をご覧いただきましょう。

北海道歌旅座のオフィスを支配する猫のクロ。
彼なりの「あけましておめでとう」をみなさまにお伝えしたいそうです。
「戌年なんてぶっとばせ」とも申したいようです。





いつもドアの向こうに行きたいと、ミャーミャーうるさかった。
自分で勝手に行ってくれといつも思っていた。
だから、あっしが仕込みました。
 

それでは、今年もよろしくお願い申し上げます。
ごきげんよう。
 

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

ご存知の通り、年末です。
クリスマスは脱兎のごとく過ぎ去って、
2017年のドンヅマリまであとわずか。 

今年も各地へ音楽コンサートをお届けしました。
そして最後を飾るのは、
12月28日の円山夜想 (マルヤマノクターン)で開催する
「JUNCO、歌い納め」にて160回目の公演。
大雑把に言えば、およそ2日に1回の計算で
JUNCOはステージに立っていたことに。
参考までに、2016年は151回の公演数。

なお、「JUNCO、歌い納め」は満員御礼となりました。
ありがとうございます。


さて、司会太郎も2017年の司会納めです。
どうやって司会を納めるのか、わかりにくいところですが。


思えば、北海道歌旅座は今年も様々な街の
様々なステージにも立ちました。

毎年の恒例となった九州に加えて、
初めての四国コンサートツアーも
1年のうちに2回実施することができました。
客船・公園・家具店・ビニールハウスの中でも公演、
学校や施設にも例年より多く伺った年でもありました。
そして、悲願だった利尻富士町・礼文町・江差町・訓子府町で
初めてのコンサート実現......。

無論、受け入れてくれる主催者・関係者がいてくれるからこそ
コンサートを実施できて継続することができるのでありますね。



さあ、このように今年を回顧すると、いかにも年末感。
来年も北海道歌旅座をよろしくお願い申し上げます。
素敵な年の瀬をお迎えください。
雪道と火の元にはお気をつけください。
高速道路の逆走とアクセルとブレーキのペダル踏み間違いにもご注意を。
振り込め詐欺にもご用心。

それでは良いお年を。
ごきげんよう。
サヨウナラ。

171227_taroz
本年の司会納め直後の筆者(写真はイメージです)



 

ごきげんいかがですか。 
司会太郎です。

北海道には雪が降り、太陽はやたら早くに沈み、
寒さも厳しくなってきました。
師走です。
2017年はこの1ヶ月を残すだけ。
「光陰矢の如し」という諺を強く意識してしまいます。

蛇足なのですが、私がよく知る人物、C.S.というイニシャルなのですが
この諺を「工員、イヤなお年」と思い込んでいたようなのです。
それを聞いたとき、思わずうなり声を上げてしまいました。



さあ、12月の歌旅座テレビ、満を持して登場いたしますのは、
私たちのテーマ曲のひとつ「歌旅数え唄」!
ステージにおいても、フィナーレを飾ることが多い作品です。
賑やかで元気の出る楽曲であると好評をいただいています。
忙しい師走を乗り切るには、うってつけ。

数え唄()は古くは『古今和歌集に記述があったそうですが、
現代では子供向けの歌でも取り上げられることもありますね。
果たして歌旅座の数え唄とは如何なる歌詞なのでしょうか。
ああ、私は知っています。知らないという方は今すぐチェックを。


それでは、ちと気は早いですが。
今年も北海道歌旅座をご愛顧いただき、
誠にありがとうございました。
来年も歌の旅はつづきますので
ひきつづき応援していただければ幸いです。


それでは、
歌旅座テレビ12月の歌にして
本年最後の作品「歌旅数え唄」をお楽しみください

下記の画像をクリックすると、YouTubeがひらき、映像をご覧いただけます↓ 
Kazoeuta-TitleTV



それでは、ごきげんよう。 
 

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

全国的に寒い日々、北海道は雪。

GO WEST! (again)コンサートツアーを終えると、
歌旅座のメンバーのある者はひきつづき四国行脚へ、
またある者は要人との面談で沖縄エリアへ、
またまたある者は山陽方面へ、
またまたまたある者はトラックをフェリーへ乗せるべく福井県敦賀港へ、
また又股亦ある者は神戸空港から札幌へ。

一時的に離散したメンバーは
昨日の江差公演からはじまる
道南コンサートツアーのために再集結。
そしてこの日、満員御礼となった
北斗市茂辺地(もへじ)公演を迎えました。
歌旅座の新しい演目『ホッカイドウ・ソングス』
世界初上演の日でもありました。

これまでのステージでも、北海道にまつわる楽曲を
数曲加えてお届けしてきました。
ところが、この新演目は「オール北海道」
全演奏曲を北海道にゆかりのある作品で染め上げたのです。
初披露曲もお聴きいただきました。
大袈裟に云えば、北海道歌旅座の矜恃と威信をかけた舞台。


迎え入れてくれた茂辺地のみなさんも総力を結集。
ご当地の古文書に遺された「茂別音頭」は、
歌旅座へ復刻のご依頼をいただき、現代に蘇らせることができました。
それを記念したコンサートでありますから、
CDブックの販売やウチワの配布などのお祭り態勢。
171119aaz
ウチワにはご当地の古い写真が配置され、
ウラ面には「茂別音頭」の歌詞を印刷。
右のCDブックは「音頭」と「茂別小唄」を収録したCD付き写真集。

 

会場のロビーには『ホッカイドウ・ソングス』で演奏する
北海道のご当地ソングや歌旅座の旗印のひとつである
「北海道180市町村公演」の歩みを紹介してくれたり。
楽屋には、歌旅座メンバーが喜ぶ「駄菓子屋の開店」が。
171119b
心躍る駄菓子のバラエティセット。
ナリコは写真中央部にある、タブレット状のガム(のようなもの)が好物だ。

 

果たして、『ホッカイドウ・ソングス』のステージは開幕し、
無事に終演と相成ったのであります。
公演内容は詳しくお伝えいたしません。
この新演目は今後も各地で開催されますので、
どうぞご自身のお目目とお耳でお確かめください。

でもちょっとだけ、ステージの様子を写真でご覧いただきましょうか。
171119c
むむむ、衣装が『昭和のうたコンサート』と異なっているゾ。
うーむ、写真だけじゃ、よくわからない。
いったい、何が起こっているのだろう。

今後の黒松内、恵庭、音更、旭川、滝川の
各会場へお運びください。お待ちしております。





それでは、ごきげんよう。





 

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.