うたたび ザ・コネクション


カテゴリ : 司会太郎

ごきげんいかがですか。司会太郎です。

札幌の歌旅座ホームステージ〈円山夜想=マルヤマノクターン〉で
開催された『年忘れ 歌旅のど自慢 全員集合!』。
一般のお客様が歌旅座メンバーと共演するコーナー「歌旅のど自慢」は、
4月29日・昭和の日公演を皮切りに、以降、5月・6月・9月と回数を重ね、
いよいよこの12月に過去の出場者が集結、
クリスマスシーズンにふさわしい豪華なステージとなりました。

 
開幕を告げる第一声は、なんと、アリーことアリタが担当、
「昭和枯れすすき」をBGMに着流し姿で口上を披露。
直後にJUNCOが颯爽と登場して2曲を歌い上げます。
 
そして、過去の出場者が集まった「歌旅のど自慢」のスタートです。
司会太郎がトップバッターのボノちゃんを紹介、
そのみずみずしい歌唱でJUNCOと1983年の大ヒット曲、
あみんの「待つわ」でお客様のご機嫌を伺います。
 
続いての出場者、ヒラバヤシ・アキヒトさんがギターを携えて、
2003年発売の長渕剛「しあわせになろうよ」を
JUNCO・ナリコと共に聴かせてくれました。
ところが、所用があるというヒラバヤシさん、
歌い終わるや否や脱兎の如く会場を後にしました。
本人曰く「歌い逃げ」。お忙しい中を出演してくれて感謝です。
 
3組目は、ナルミ・ミユキさん。ご主人ケンイチさんのギター、
ナリコのヴァイオリンのバックアップを受けて、
1977年・しばたはつみ「マイ・ラグジュアリー・ナイト」を再演、絶唱、喝采。
 
第1部のラストは、カマダ・エツコさん、イシグロ・アキコさんの2人。
初出場だった5月にも衣装に凝っていましたが、
今回もなにやらミツバチのコスチュームでステージに。
曲は1972年、平田隆夫とセルスターズの大ヒット曲「ハチのムサシは死んだのさ」。
エツコさんとアキコさんはこの曲では踊りに注力、歌うはJUNCO。
そこへやはりミツバチ衣装の司会太郎が乱入、3人で陽気で奇妙な蜂踊り。
けっこう、ハードなんですよ。

 
さあ、第2部。
ここで登場するのは、第1部で奥様の陰に隠れて控えめだった、
ナルミ・ケンイチさんが満を持してご出座。今度はメインで、
フォークデュオ、風の1976年「あの唄はもう唄わないのですか」で、
JUNCO・ナリコを従えてキメます。渋い選曲です。
純粋なフォークソングに会場もしっとり。やりましたね!
 
お次は、個人的に楽しみにしていたタナカ・トモユキさん。
9月の初登場時は緊張しすぎて顔面蒼白となっていたトモユキさん、
今回は自信満々なご様子。練習を重ねてきたようです。
1993年のヒット曲で双子ユニットVOICEの「24時間の神話」でアリーとデュエット。
息の合った2人、たまにトモユキさんが鳥羽一郎のように見えるのはご愛嬌。
 
そして、もう1曲もデュエット曲。6月に登場したフジサキ・アキさんが
ケーゴと再び歌う「償いの日々」。1987年の財津和夫と原みどりがオリジナル。
バラード曲ではありますが、ケーゴが歌いながら思い入れタップリの演技を披露——
うつむいたり後ろを振り返ったり——する中、アキさんはそれに惑わされることなく
じっくりと歌い上げてゆく姿が印象的。のど自慢のラストを飾ってくれました。
のど自慢
 
最後は歌旅座のオリジナル3曲をお届けしてお開き。
のど自慢

出演できなかったヨシダ・サトシさん、カリンさん、
次回も「歌旅のど自慢」、あるかもしれませんよ。
その際にはどうぞよろしくお願いします。
 
私たちにとって、まさにオールスター出演の
「年忘れ 歌旅のど自慢 全員集合!」。忘れられないひとときとなりました。
みなさん、おつかれさまでした。
 
それでは、ごきげんよう。

(*写真提供=なっち)
のど自慢
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。司会太郎です。

11月12日に滋賀県湖南市でスタートした晩秋の西日本コンサートツアーも、
過日の広島県竹原市で幕を閉じました。

そして、居残りの太郎は、歌旅座にとって
難攻不落のエリアと呼ばれている山陰地方に滞在しています。
島根・鳥取・兵庫北部の各ホールに、コンサートのご提案をするためです。

実際にご担当者にお会いすると、
「遠くからよくきてくれましたねえ!」と歓迎ムードのなか、
和やかに会談できます。もっと以前から訪問したかったと思うのでありました。

日本海にほぼ沿って伸びる山陰道は、ただの横移動ではありません。
その前方に広がる風景はとても新鮮。
山から山へとクネクネと曲がる県道も楽しみのひとつ。
もっと深くこのエリアを分け入りたいものです。

鳥取県米子市のホテルに1泊、その近所に「咲い地蔵」がありました。
調べると「咲い」は「わらい」と読むんですね。
そして、この地蔵さんの隣の石碑にはこう書かれています。

「念ずれば花ひらく」。

山陰に歌の花を咲かせに行きます。その日が楽しみ。

それでは、ごきげんよう。

咲い地蔵(鳥取県米子市)
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。司会太郎です。
 
西日本ツアーは好評開催中、
今回は川西町と四條畷市の公演をリポートしましょう。
 
2018年と2019年に訪れた奈良県川西町。
会場に到着すると活気をダイレクトに感じ取ることができました。
川西文化会館

総勢10名ほどのボランティアスタッフのみなさんが
歌旅座を出迎えてくれたのです。
久しぶりの再会、新たな出会い。
それはそれは微細にわたってお手伝いしてくれるのであります。
過去2回もそうしてくれたように、なんとも懐かしい経験を味わいました。
 川西スタッフ


翌16日は、お馴染みの大阪府四條畷市。
こちらも協力者に助けられた公演です。
四條畷会場

地元にお住まいのTAGAさんを筆頭に、大いに盛り上げてくれました。
来場者全員に配布する手作りのうちわを用意してくれたり、
最前列に陣取っていっしょにダンスをしてくれたり。
お客さんがうちわを振り回すのを舞台から見るとジャニーズ気分。
最前列ダンスは、目がチカチカしましたけどね。
 四條畷うちわ


どちらの来場者も大いに楽しんでくれたようです。
全国を幾度も転勤してきた経験を持つある人は「歌旅」を聴いて号泣、
何度聴いても毎回泣いてしまうので困ってしまうとおっしゃっていました。
今度はバケツ持参で観に来てください。
 
次のまち、楽しみです。
それでは、ごきげんよう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。司会太郎です。
 
「中秋の名月」は、必ずしも満月とはならないこともあるそうですが、
2022年は最高のタイミングでまんまるお月さんが出現。
みなさんはご覧になれましたか。

この日の昼間、歌旅座のホームステージである、
おなじみの札幌〈円山夜想=マルヤマノクターン〉で開催された
北海道歌旅座ザ・コンサート『円山昼会』の模様をレポートしましょう。
 JUNCO、颯爽と登場
司会の北埜うさぎが呼び込み、永六輔・中村八大の
ゴールデンコンビが放った「黄昏のビギン」でJUNCOが颯爽と登場、
つづいて人気のオリジナル曲「人生は虹色」でナリコと共演。
 
そして加わったのが、円山夜想の店長でベースギター担当の本間店長に、
東京よりの使者、もはやセミレギュラーのギター・下谷淳蔵氏。
ステージの4人は柳ジョージの名曲
「青い瞳のステラ 1962年夏…」で観客を魅了、
さらにはナリコをメインにクラシック音楽の人気曲
「韃靼人の踊り」を大胆解釈で披露、拍手喝采を浴びたのでした。
 韃靼人の踊り
ヤングなケーゴの出番、今回はシックな装いに
メタルフレームの眼鏡でステージに立つ。観客、軽くざわめく。
歌うは「逆流」。合間に挟まれる彼の熱いタンバリンの連打は、
眼鏡を揺さぶり、しまいには華麗に吹っ飛んでいく。
やすきよの漫才を思い出したのは自分だけではないはず。
 
チープ広石の作品「セイム・オールド・ストーリー」で第1部の幕。

 4台のカメラで記録
第2部は、「もしもピアノが弾けたなら」の作曲や
NHK「おしん」の音楽を手がけた坂田晃一の
「旅路」をナリコのソロでしっとりと。
 
そしてすっかり大好評となった〈歌旅のど自慢〉コーナーへ突入。
お一人目は北海道むかわ町から、タナカ・トモユキさん。
吐きそうなほど緊張しているタナカさんの歌旅座パートナーはアリー。
歌うは北海道出身の双子ユニット・VOICE、
1993年のヒット曲「24時間の神話」。
冷静に歌唱に徹するアリー、尻上がりに調子を上げていくタナカさん、
対照的なコンビ、リハーサルなしのぶっつけ本番でお見事!
 
お二人目は札幌在住のシンガー・ソングライターCARIN (カリン)さん。
歌旅座結成前の2008年に、チープ広石のプロデュースによる
作曲家・林哲司さんの記念CDのレコーディングで出会いました。
パートナーはセミレギュラーの下谷淳蔵さん。
この二人も同じ2008年に東京のステージで共演済み。
林さん作曲、竹内まりやの「セプテンバー」です。
CARINさんの軽快なヴォーカルは今の季節にこそふさわしい。
こちらもリハーサルなし、14年のブランクを感じさせない再演に
こちらもお見事のひと言。


佳境に入った第2部の後半は、歌旅座オリジナルソング
「青春の轍」「日々是乾杯」「どさんこどんどん」の連発でアツく盛り上げ、
アンコールの「悲しいことは数あれど」で会場一体となってお開き。

終演後はまだ明るかったのですが、
ライブの余韻に浸って自宅でちょいと月見酒、
なんていうのもいいですね。

次回の円山シリーズもお楽しみに。
それではごきげんよう。
リハーサル中、光彩のJUNCO
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Facebookで集う新しい後援会スタイル、
うたたび ザ・コネクション。好評稼働中です。

Facebookに慣れている方は下の画像をクリックすれば
うたたび ザ・コネクションのページに飛べますよ。
FB-うたコネ

Facebookは初めての方には、
参加方法をのちほどご説明いたします。


さて、うたたび ザ・コネクション
これまでの歌旅座後援会に代わって
会員・非会員の区別なく、誰でも参加できる
Facebookを活用したオンライン上の交流広場です。

これまでの後援会との変更点は——

1 「会員」という区別が無くなります
   会員証の発行はありません

2 年会費が無くなります
   お支払い済みの会員様には
   金額相当の返礼品を順次お送りします

3 歌旅座グッズ・会員向け10%割引販売は終了
       でも年内は割引しますよ! 

4 この「北海道歌旅座・公式ブログ」は休止
   過去の記事はお読みいただけます

5 歌旅座からのお知らせは、
  今後「うたたび ザ・コネクション」で発信 

6 歌旅座メンバーの日記は、
  今後、従来の「歌旅座Facebook」で発信

ということになります。
引き続きご利用・ご愛顧いただけましたら幸いです。

–––––––––––––––––––––––––––––––––

さあ、ここからはFacebookが初めての方へ、
参加方法を説明してまいります。

けっこう長文です。
途中で目を細めて遠くを見つめ、
子供の頃の思い出に逃げ込むかもしれません。
しかしながら、方法は簡単なんですよ。
ご家族に助けてもらうのもいいですね。
実際の入力作業は、10分もかからないはず。

では、やってみましょう!


[準備するもの]
パソコンまたはスマートフォン(スマホ) 
●携帯電話番号
またはメールアドレス

(1)Facebookにアクセスします
パソコンの場合...
 リンクをクリック→Facebook公式

●スマホ
の場合...ご使用機種により異なります。
・iPhoneの利用者は、右のリンク→App Store
・Androidの利用者は、右のリンク→Playストア 
以上のストアからFacebookのアプリを
ダウンロード(無料)します。

以下の説明は、ダウンロードしたあとの
Facebookアプリを使用したスマホの画面で説明します。
一連の流れは、パソコンでもほぼ共通しています。

 
(2)Facebookに登録します
下記のような画面が表示されるので、
赤で囲った[登録]ボタンを
タップ(=指で軽く叩く)します。
 FB01登録

下の写真はアプリではなく、
スマホのホームページで
Facebookサイトを開いたもの。
こちらでは、[新しいアカウントを作成]と
なっていますが、同じ意味合いです。
FB01登録ブラウザ

(3)あなたの情報を入力していきます
お名前生年月日性別の順に
入力していきましょう。
それぞれの入力を終えたら
[次へ]ボタンが表示されるので、
そのボタンをタップしていきます。
FB02氏名
FB03生年月日X
FB04性別
次は、携帯電話番号を入力します。
もちろん[メールアドレスを使用]を選んでもOK!
ハイフン(-)は不要です。090や080から始まる番号を
そのままどうぞ。
FB05電話
次の画面では、
あなただけがわかるパスワードを入力。
でも、あなたの生年月日などは
おすすめできません。
例えば、お孫さんの名前の英語プラス、
最近の血糖値の数字とか。 
FB07パスワード
 
ここまで入力すると、
Facebookから
「ショートメール」
スマホに届きます。 
メールアドレスを登録した場合は、
そのアドレスにメールが届きます。

そのメールの内容は[認証コード(番号)]です。
FB08-SNS
↑これはiPhoneスマホの画面です。
 

(4)送られてきた認証コードを入力
いよいよアカウント認証です。
アカウントとは、そのサービスを
利用する際の「権利」のこと。
メールで[認証コード]を確認して、
Facebookに入力します。

下の画面は、スマホに届いたショートメール。
赤い四角で囲ったのが認証コードです。 
 FB09-認証コード

上の認証コードを、Facebookの画面に戻って入力↓
FB09電話認証
 [送信する]ボタンをタップします。
誤って認証コードを消した場合は[コードを再送信]、
他の携帯電話番号で受信したい場合は[電話番号を変更]、
メールで受信したい場合は[メールで認証]を選びます。




これで、「アカウント認証」は完了。
Facebookを利用できます!
このあとの画面では、「自分の写真を追加」などの
自己紹介設定が表示されますが、
あとでゆっくりと入力できるので[スキップ]してOKです。

なお、初めての利用時には
「プライバシー設定」を確認してください。
お名前、携帯電話番号やメールアドレスは、
Facebookの利用者に見つけてもらえるよう公開されます。
公開する相手を選ぶ場合は、
Facebookの[設定とプライバシー]から
[個人の情報]を選び、
[連絡先情報]の設定を[友達]
[自分のみ]に変更してください。
[名前]はお好きなニックネームにも変更できます。
 


さあ、「うたたびザ・コネクション」に
つながってみましょう!

下の画像をクリックしてください!
FB-うたコネ

みんなで集って、大いに盛り上がりましょう。
どうぞよろしくお願いします!

ごきげんよう。 




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.