北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : 司会太郎

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


北海道の蘭越町は、120歳を迎えました。
ハッピー・バースデイ。

2019年10月19日というこの日、
北海道歌旅座は光栄にも開基120年記念式典へのゲスト出演と、
式典後のフルコンサートのご依頼を蘭越町からいただきました。
rankoshi-pgm1
記念式典のプログラム


前日の18日、特命を帯びたダル・アリタ・太郎の3人が
先発隊として会場に入り、去る9月29日の平取公演と同じように
3人だけの仕込みを開始、翌日の本番に備えます。
rankoshi-lights
照明を吊るす後ろ姿が丸みを帯びるダル


そして当日。
早朝4:30に札幌を出発した歌旅座後続隊は、
8:00前にはあたかもアメリカンコミックのヒーローのように
すっくと会場に降り立ち、睡魔、寒さや乾燥空気をものともせずに
すぐさまリハーサル、そして本番に臨んだのです。


まずは、朝のゲスト出演。
150名ほどの町内外の皆さんを招待した
厳かな記念式典が10:00に開始されるのですが、
そのオープニングを飾るのはJUNCOとナリコの演奏で、
その後に式次第に則ったセレモニーが始まるという粋な構成。
ある意味で、アカデミー賞授賞式みたいな感じ。なんとなく。

スクリーンには昭和時代の蘭越をモノクロ写真で綴る「時代」
つづく「大空と大地の中で」は平成から令和の蘭越をカラー写真で投影。
2人の歌と演奏は蘭越の記録写真の数々と合わせて大好評でした。

rankoshi-pgm2
プログラムに記載された式次第。進行にミスは許されない 


もうひとつ、重要なことがありました。
JUNCOとナリコの演奏後には式典となるのですが、
その進行は誰がおこなったか。
おわかりですね。
不肖、この司会太郎にご用命いただきました。
司会者を英語で「マスター・オブ・セレモニー」と申しますが、
まさに、それです。

ただ、さすがにいつもの赤ジャケットを着用すると
登壇する来賓よりも司会者に耳目が集中してしまうことを恐れました。
この日のために、一張羅のダークスーツをクリーニングに出し、
ネクタイとハンカチーフにスチームアイロンをかけて、
用意してくださった台本を睡眠学習して臨んだわけです。

結果、無事に大役を勤め上げることができたと
感じ入っている次第なのですが。

ただ、式典内の自己紹介で、
「本日の進行を務めます、北海道歌旅座の司会太郎と申します」
と言い終えた直後、瞬時の低いざわめきとともに
異質な空気がVIPで満席の会場内に充満しました。
「なんだ、誰だって?」
「司会するから司会太郎かよ」
「あら、おふざけかしら?」
町を挙げての大切な一大イベントの司会に
よくぞ司会太郎をご用命くださったものです。
スゴいゼ、蘭越町!


なお、その際の颯爽とした司会太郎の勇姿、
写真の類は一切残っていません。
歌旅座メンバー、撮るのを忘れていました。
自撮りすらもしていません。
あの日、あの時、あの場に居合わせたみなさんの胸に
しっかりと刻まれているはずです。永遠に。




さあ、14:30。
北海道歌旅座のフルコンサート。
もちろん、蘭越町開基120年記念公演。
金秀行蘭越町長をはじめ、多くのみなさんにご覧いただきましたよ。
rankoshi-stage


蘭越町、おめでとうございます。
関係者のみなさま、おつかれさまでした。
次回は開基121年記念でお目にかかりたいものです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。 

9月29日(日曜)は、平取町の音楽祭に参加してきました。
題名【平取町120周年記念 日高管内道民芸術祭「軽音楽祭~フォーク」】。 
主催者さまにお招きいただき、歌旅座はゲスト出演してきましたよ。

平取町は120歳なんですね。
アイヌ文化を伝承する町として知られますが、
近年では「びらとり和牛」やトマトの「ニシパの恋人」の
産地としても全国に名を轟かせています。



公演当日、朝5時。
ダル・アリタ・太郎の誉れ高き3人組が
機材トラックに颯爽と乗り込み、
先発隊として平取へ向かいます。エンジン快調。


7時過ぎ。
会場の中央公民館に到着するやいなや、
開店前のイオンに生鮮品を入荷する業者のごとく機材を搬入。
即、トリオで舞台づくりと相成ったのです。

予定時間をオーバーした11時ごろに後発隊が、
謎の国からやってきた要人たちが来日して
表敬訪問しに来たかのように会場入り。
これで全員揃う。
歌旅座のリハーサルを残すだけ。
なんとか3人でセッティングできました。

その後は、ほかの出演者たちのリハーサルが続きます。
準備IMG_0345


それでは、当日の出演者たちのリハーサル風景を。
まずは、新冠町中軽音部さん:
新冠IMG_0350

しずないフォーク村さん:
しずないIMG_0349

ブッカー&ジョージさん:
ブッカー&ジョージ

浦河フォークソング倶楽部さん:
浦河IMG_0337
といった皆さん。
名称はそれぞれの所属先のこと。芸名ではありません。


本番の段取りを確認していると、
開演時間、13時。
はじまりました。
先に紹介した皆さんが順にステージに登場、
あの頃のフォークソングを演奏していきます。

そして15時30分。
北海道歌旅座のステージ。
演目は「フォークソングの広場」特別編。
お客様に盛り上げていただきましたよ。


16時30分をまわって終演。
撤収作業の完了は早かったです。
チエがホールの天井ライトの位置を直しに向かいます。
チエIN-IMG_0361
あたかも宇宙に向かうニール・アームストロング船長。


シーリングIMG_0356
天井裏で暗躍しているチエ。
心配そうに見上げるダル。

実は、天井の底が抜ける可能性もあるため、
メンバーの中で重量がもっとも軽いんじゃないかあ、という
チエ本人からの強い申し出があって冒険の旅へ。



チエIMG_0366
無事に地上に降り立ったチエ。
あたかも成功して記者会見に応じようとするムード。


そんなフォーク三昧の平取町120周年記念フェスティバル。
メンバー全員、久しぶりの同町公演でした。

ところでこの日、北海道歌旅座のCDブック、全国発売しましたよ。
CDブック「ザ・フォークソング」最新編集版!
TheFolksongs2_CDBook

初版がありがたいことに売り切れとなりましたので、
新たな録音、新たな編集を施したリニューアル版なのです。
収録曲も若干異なっておりますよ。
すでに初版をご購入の方には悩ましい、
未購入の方にはうれしい新登場の作品です。

実は、今回の平取公演で用意した出来立てホヤホヤの
「ザ・フォークソング」は完売した模様。
でも、通信販売も本日より開始しましたよ。


さて、10月は関東コンサートツアーが
いよいよはじまります。
こちらもよろしくお願いします。

 
それでは、ごきげんよう。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

四国コンサートツアー、初日であります。
この日は中秋の名月。
13日の金曜日なんてえのは無関係、
3回目の阿南、盛り上がりましたよ。


過去の2回は同じ市内のコスモホールで開催しましたが、
今回は初めての阿南市文化会館・夢ホール。

それでは、当日の想い出スナップを。

エントランス
入口にはオレンジ色のポスターの数々。
「今日、ここでやるぞ」感があふれ、
こちらの気分も上がります。


立看板
外に面したエレベーターにも
立て看板を設置してくれました。
オレンジが映えますね。


ホールの裏
ここは、夢ホールの裏手。
全国各地のホール裏はどこも趣があるものです。



これが夢ホールの緞帳だ。
緞帳
 
全国のホールを訪れていますが、筆書きの緞帳は珍しいです。
迫力のある見事な筆致。
なんて書いてあるのかわからないのも好奇心を刺激します。



お客様
満月の影響か、お客様は盛り上がる。
ナリコのお顔もハレーションを起こす。



ステージ
こうして最高潮を迎えた阿南の夜は幕を閉じたのです。



オマケ。
昆虫
 
ホールの裏手で蠢いていた昆虫。
ムカデかヤスデかゲジゲジか。
そんなことはどうでもよいのです。
コイツが顔についたら脳卒中。


阿南の皆さん、またお会いしましょう。


追伸
四国、暑いです。
そして、徳島新聞に阿南公演の記事が掲載されました。
徳島新聞

それでは、ごきげんよう。

 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

北海道、涼しくなりました。 
まもなく冬です。


さて、今回は、「司会太郎の視界良好」をお届けします。
でも、どんな内容のブログだったかはっきりしません。
したがいまして、ここ最近に身の回りで起こったことをつづってみます。 



先日、ある地のコンサートで回収したアンケートを読んでいて
こんなメッセージを見つけました:
「久しぶりに司会太郎さんを見ましたが、やつれているようで心配です」

あのー、個人的にカラダが重たいなあと思っていたので、
ちょっと痩せるような改善をしただけなんですね。
なんか誤解を与えてしまったようで恐縮です。

振り返れば、高校生〜社会人1年目まで68キログラムでした。
徐々に重ねていって、最重は歌旅座に入っての81キロ。
しぼった現在は70キロ。舞台での動きが軽くなります。
体重増減は随時調整していますので、
やつれているわけではないと宣言しておきます。




先日、オフィスを掃除する時間があり、トイレを担当しました。
「いつもありがとう」とつぶやきながら、
洗剤やブラシなどを駆使してあちこち磨き上げました。

ふと、小便器の用足し後の水量を多くしようと思い立ち、
マイナスドライバーで水量調整栓をいじっていたら、
驚くような大量の赤い水がパイプの隙間や小便器から放出され、
トイレという狭い空間のなかで気を失いそうになりました。

シビれる脳味噌を再起動させて慌てて調整栓を停止することができましたが、
あれはあたかもオカルト映画のような地獄絵図でした。
スタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』です。
トイレの復讐か怨念なのでしょうか。
TheShinning
映画『シャイニング』より。ある意味でこんな状況を体験しました


「赤い水」の正体は当ビルの錆びた水道管によるもの。
豊かな鉄分に恵まれていますが、見た目が良くありません。

ご安心ください。ちゃんとキレイにしました。
床に這いつくばり「今度やったらブッ殺す」とつぶやきながら、
フロアをモーレツからビューティフルに仕上げました。

飲料水はちゃんと浄水器を使用しています。


 

今回はこんな感じです。

ごきげんよう。






 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。
なんか、お久しぶりですね。


今年もこの日がやってきました。
ディスカバリーファームの創立記念日。
私たち北海道歌旅座の母体となる会社のことです。
1990年8月9日に東京都杉並区で誕生しました。
詳しい説明は、昨年の記事をご覧ください。 


そして、この記念すべき日の前日、祝宴を開催しました。
いつものように、札幌の我が社の屋上で。

「おい、まさか、またジンギスカンじゃないのか」
「いや、そのまさかにちがいないわ」
「屋上パーティーなら、数日前にもやってなかったか」
「しかし、好きだねえ」

まあね。

では、当日の祝賀場面をお届けします。


「キッチンと猫」
Kitchen&Kuro
ナリコとJUNCO(と他1名)が料理の下ごしらえしてくれています。
我が社の黒幕、クロが不手際がないように目を光らせます。



「設営・イン・ザ・レイン」
Stand-by
真夏日がつづいた札幌、連日の暑さに疲弊していたところに恵みの雨。
これは、涼しい。
だったら屋外、屋上しかないではないか。
2つのタープを連結させれば、雨にぬれてもセレブレーション。



「ザ・パーティー!(宴!)」
TheParty!
はじまりました。
いつものように。
降雨は無視です。



「パーティー・ピープル」
PartyPeople
ジンギスカンは必要です。
北海道人の血流には羊肉の脂が混じっているのです。
気持ち悪いですか。

他にもタイ王国が生み出した至高の鍋「タイスキ」が登場。
偉大なる美味のエンターテインメント料理なんです。
いつかみなさんとも一緒に味わいたいですね。
 


「宴はつづく」
ThePartyGoesOn
日は傾き、あたりは暗くなった。雨はやまない。
一方のテーブルはすでに片付けられた。
だから、どうした。
ここは札幌のブロードウェイだ。
朝までショーはつづくのだ。


そんな感じの1日早い記念日でした。 


では最後に、セクシーショットを。
SexyKuro
これまで歌旅座ならびにディスカバリーを応援してくれた方々へ、
黒幕のクロが御自らのサービスショットです。
ケータイの待受画面にどうぞ。


それでは、ごきげんよう。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.