北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : 司会太郎

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


旬な話題から。
プロスキーヤーの三浦雄一郎さんが、
南アメリカ大陸の最高峰、アコンカグアの登頂を断念した。 
標高6961メートル、三浦さん86歳。なんという数字。
しかも、登頂したら帰りはスキーで滑降する予定だったという。

4階分あるオフィスの屋上までチエを背負って階段を上がり、
帰りはスケートボードで下りてくるようなもの。
そんな危険な冒険は願い下げです。
途中で吐瀉物まみれになりそうです。

三浦さんには上ではなく、今度は下を目指してほしい。
グランドキャニオンをスキーで滑降し、
ロッククライミングで登ってくる、みたいな。
空気も薄くないし、寒くもないはず。あなたならできる。



ここ札幌では、冬になれば雪山が各所でそびえ立ちます。
もはや異次元です。
それはこんな感じ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 IMG_1186z
札幌市民にはおなじみの光景。
3メートル以上の高さのグロテスクな雪山が
横断歩道を塞いでいます。
歩行者は汗だくになってこの山を越えて進みますので、
すべての市民がプチ三浦雄一郎となる日常。
おじいちゃんも、ピッケルを持って毎日必死です。

でも、夜は幻想的になりますよ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
IMG_1188z
街灯の柔らかな明かりが2メートルを超える山々を照らし、
アベックやおばあちゃんの行く手をロマンチックに阻むのです。
これを「北方都市型アルプス交差点」と呼んでいます。
 

これら雪山の出現は人間が雪かきをして山積し、
その上にまた雪が降り注ぐという、
人類と自然の協業で成り立っています。
頼むから排雪溝を整備してほしいです。
約200万人が暮らす政令指定都市なのだから。 


前回の記事につづき、雪に対する思いの丈を吐き出してみました。
けれども、全然スッキリしません。



別の話題。
最近、整骨鍼灸院に通っています。
ある角度に左肩を回すと痛みを覚えるからです。
10本ほど鍼を刺された上、それに電流を流すんですね。
人生で初めて充電中のスマートフォンの気持ちがわかりました。


次の話題。
ある新年会に参加してきました。
当地の大ホールを借りて300人近くが集う盛大なもの。
そして、ビンゴ大会。
結果、獲得したのは大量のタマネギ。
人生で初めて裕福な気持ちになりました。


新しい話題。
その新年会の翌日、発熱しちゃいました。
きっと、ビンゴでフィーバーしすぎたのでしょうが、
人生で初めてタマネギ病になったかと思いました。
IMG_1198z



今回はこのへんで。
ごきげんよう。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


寒いです。
このブログ記事を執筆している時点のコールドな話題。
旭川市の江丹別という町で、全国で今季最低の
マイナス29.5度を記録したそうです。 
さすがロシアの隣国・北海道、大したもんです。

個人的には低温に対して、意外と適応できます。
紅顔の中学生時代に厳寒の早朝に新聞配達を
朗らかにこなしていたからかもしれません。
当時ツラかったのは、
毎週土曜の夜、ラジオの深夜放送に熱中していて
日付が変わってやっと3時に眠ったと思ったら
5時には起床して出勤しなければならなかったことだけ。

でも、このアルバイトのおかげで給与をもらえたし、
雪上の自転車運転でブッころんで
日産サニーに轢かれそうになったし、
すべての足の指が凍傷になったし、
目の下のクマもあれ以来消えることなく、
大切な思い出のひとつとなりました。


寒ければ、厚着をすればなんとかなりますが、
暑ければ、裸体になっても暑いのです。
信じられないなら、真夏の7月にアフリカのチュニジアで
ストリーキングをしてみてください。
逮捕されて同国の法律で裁かれます。


冬道の自動車運転は事故と隣り合わせ。
ちょっとでも気を許すと路肩の雪に突っ込むし、
道路が氷結していたならブレーキも効かなくなります。
だから、シベリアがご近所にある雪国のドライバーは
旧ソビエト連邦の秘密警察官のように目つきが悪く、
しかも恐れと疑いと興奮を噛みしめながら
運転をおこないます。

これは、歩行者も同様。
ゴジラのように一歩ずつ地面を確かめて、
足の裏全体を使って——接地面積を大きくして——歩きます。
たまに立ち止まって口から白い息を吹けば、
そのまま東宝の怪獣映画のようで、なお良し。
滑って転倒したら怪我をすることもあるし、
それ以上に、恥ずかしいです。

夜のススキノで転んだことはありますか。
私は、あります。
これから転ぶ予定のみなさんに対応策をご案内しましょう。

転んだら、「きょえー、恥ずかしいっ」と心の中で狂乱しながらも
表情を何ひとつ変えずに猫のようにすばやく立ち上がり、
唖然とする通行人の視線を無視して一点だけを見据えて、
すぐさま人混みの中に紛れ込む。
この際、衣服についた雪を振り落とす行為はダメ。
あたかも、往年のハンフリー・ボガードのように
圧倒的に渋く雑踏の中に消えゆき、
仄暗いビルとビルのあいだに忍び入ってから、
涙目になって恥辱と雪を払い落とすものなのです。
冬の北海道へ旅行を考えているみなさん、
これが繁華街の雪道で転んだ際のマナーです。ご記憶ください。

IMG_1168z

この季節になると、凍傷した左足の中指が疼き、
冬なんだな、と実感します。

新年の誓い。
二度と新聞配達なんてやりません。

それでは、ステキな冬生活を送りましょう。
君の瞳に乾杯。
ごきげんよう。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

2019年1月8日に目指す地は、北海道中標津町
私たちが拠点とする札幌からクルマで約6時間。
一行は前日の7日に出発。
ナリコとダルはワケあって8日早朝のトラックで。

道中、高速道が通行止になっていたり、
エゾシカ、エゾシマリス、エゾメガネザル、エゾスギなどの
北海道特有の動植物に行く手を阻まれながらも当地へ到着。
こちらは雪が少ないですね。
札幌のうざい雪を100だとしたら、ここ中標津は26。
いい陽気でありましたが寒さは第1級。
14022z
雪上から顔を出すビッグサーモンとJUNCO。中標津にて(撮影:アリタ)
 

7日は、歌旅座のお友達でベーカリーショップ〈ウエストオーブン〉
マルタさんのご好意で即席の新年会を開催。
毎日、朝早くから数十種類のパンを製造しているんですが、
どれもグレートな美味しさです。わかりますね。
今回は酒が酒呼ぶ新年会。だからパンは脇役。
どれだけ飲んだかは、推して知るべし。
 10390z
楽しいひとときを満喫しすぎたあとの写真。
鯨飲して苦悶する面々の中で、ひとり快調過ぎるBOSS(撮影:ちえ) 


明けて8日。
中標津のとある企業の新年会。
そのアトラクションとして歌旅座をお呼びいただいたのは、
中標津地方魚菜株式会社さん。
魚介や野菜・果物を取引する当地の市場であり、
新しい水産加工品を開発するメーカーでもあります。
同社の久本社長と司会太郎は十数年来のお仕事パートナー、
付け加えれば、歌旅座BOSSと久本社長は高校時代の同級生。

ナリコとダルも無事に到着、一座揃い踏みの新春初舞台。
同社のスタッフとお取引先のみなさんにだけ向けて、
寸劇『黄昏を待ちながら・新春編』という飛び道具演目と
オリジナル曲の2部構成でお届けしたミニライブ。
EE21z
新年会の合間、ささやかなミニライブ。
司会太郎はナリコの向こう側。別にいいけど(撮影:ダル)



終演後はみなさんと同席して新年会に参加、
わずかな時間ではありましたが、社員さんらと親交。
久本社長から食べることができるお年玉も頂戴しました。
それは魚介の数々。宗八カレイやホッケの干物、
北海シマエビやプリプリのホタテなどなど。
もう、ウエストオーブンのパンがグレートな美味さなら、
こちらは実にマーベラスな旨さなんです。

ただ、JUNCOはカニも欲しかったと嘆いていました。
 


ニッポン全国の新年会はいつまでつづくのか。
意外と2月下旬まで引っ張れるんじゃないか。
だったら、もっと参加しようではないか。 
そんな印象を持った中標津でありました。


では、ごきげんよう。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

あけましておめでとうございます。
司会太郎です。
今年もよろしくお願いします。


郷里に帰省中です。
ところは北海道日高町
馬たちにとっては楽園、
人間にとってはふつうの小さな町です。
IMG_1163z

実家は、母方の本家が隣接しているので
かつての正月には何組もの親族が20人ほど集まって
両家をブンブン移動しながら賑やかに過ごしていたものですが、
現在は実家に母ひとり、本家に母の姉ひとり。
ある意味、いまの時代を象徴する環境ですね。


食べて飲んでテレビ観て。
こう書くと米国のベストセラー小説の題名みたいですが、
自分の知っている正月とはこんなもの。
意外とこんな正月の過ごし方がほとんどでありましょう。
ただ、おふくろ様が多少お耳が遠くなったようで、
こちらが喋るのにも腹式呼吸で声を出さないと
メッセージが伝わらないことがあります。


2日になって、地元の神社に参拝に行きました。
そこはあまりにも静まり返っていて、
血で血を洗う果て仕合がはじまるかと思うぐらい
荒涼としていました。天気は良かったけれど。
IMG_1157z


 
お賽銭を放り投げてお祈り、せっかくだからおみくじもね。
そして今年もまた「大吉」でした。
IMG_1156z
 
数年前には驚異の「最大吉」もゲットしました。
5万人に1人の確率だそうです。
神社仏閣専門の卸業者もよく考えますね。

また別件ですが、池の水を抜くというテレビ番組、これは面白いや。

こんな正月です。
2019年も良い年になりそうであります。

それでは、ごきげんよう。

 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

ついに、2018年最後のブログ投稿となりました。
年明け早々、2019年最初の投稿も予定しています。
だから、今回はシンプルな内容で。


近所でクルマが横転していました。
IMG_1139z


あとで近所の人に話を聞くと、ケガ人はいないとのこと。
年末年始に限らず、自動車で移動される皆様、
気をつけてくださいよ。


さあ、今年もあとわずか。
個人的にはやり残したことは数多くあるのですが、
ここは新年に向けて英気を養うことにしましょう。

皆様は年末年始をどうお過ごしになりますか。
のんびり過ごすか、親戚縁者やご友人たちと賑やかにいくか。
いずれにしても安全第一。
ここで、もう一度あの写真を。
IMG_1140z
路肩の雪山に乗り上げたんでしょうね。
重ねて申し上げますが、本当に気をつけてください。



それでは、皆さん。
良いお年をお迎えください。
ごきげんよう。




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.