北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 司会太郎

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

現在地、福井県鯖江市。
初めての街でのコンサートを無事終了したあと、
とあるホテルの一室でこの記事を執筆しています。

過日、このブログで歌旅座史上最長の陸路移動、
名付けて「九州大返し」についてお知らせし、
実際に往路・復路を実行いたしました。

今回の記事はそれについてお伝えしたいのですが、
まずは感想を申し上げましょう。 
「もう、いい」。
 

個人的には自動車の長距離移動は好きなほうです。
同乗者は仲間だけだから好き勝手なことができるし、
運転する際は自身でコントロールできるのも好む。
景色を見るのも、寄り道も自由だったり。
誰かに運転してもらって、自分は静かに深く長い「黙考」をするのもグッド。
まあ、黙考=眠るということですが。
目を開くと新たな街に到着しているなんて、
時間を超越した気分になります。


だけど、10時間以上もクルマに乗るのは勘弁願いたい。
カラダは硬直し、思考は鈍り、声と肌は枯れる。
しまいには、「目的地には一生到着しないのでは」と
車中に疑心暗鬼の空気が漂ってくるのだから。
ちょっと間違ったら、危険思想が生じるか、
暴動が起きる可能性も否定できない。
狭い車内でそんな状況になったら奥さん、一大事ですよ。

でも、九州大返しは無事に完了しました。
それを記事にしますが、大半は移動中なワケで
ちっとも劇的ではありませんでした。
しかも景勝地などを訪問して、
「美しいなあ」的な観光は一切しませんでした。
寄り道は高速のサービスエリア、パーキングエリアのみ。
ネクスコ西日本の思惑通り。

いくつかの写真にコメントを添えて
読者のみなさまの想像力を刺激する内容としてお伝えします。

それでは、はじめましょう。
まずは10月6日の往路から。
石川県小松市から山陽自動車道を通って福岡県宗像市を目指します。

IMG_0277_z
10:00出発の往路は雨模様。
写真は14:00頃、パーキングエリアにて。
さっそく面白くない写真で恐縮です。


IMG_0276_z
同じパーキングエリア。昼食をとるために寄ったのです。
歌旅座の愛車、「アルフィー号」が、なんとなく物悲しくみえます。


IMG_0284_z
時間を飛ばして、広島県内のパーキングエリア。
夕食時の19:45頃。まだ、広島だ。目的地は福岡県。
奇妙な体勢をしているのはチエ。車上荒らしではありません。


IMG_0281_z
夕食。
ネクスコ西日本は様々なテナント店が入るサービスエリアもいいが、
通常のパーキングエリアの食堂が充実している。


IMG_0280_z
食べたのはお好み焼き。
奥さん、今夜の献立に加えてみてください。


IMG_0283_z
食後。
先行きに不安を感じはじめた歌旅座メンバー。
舞台担当のダルだけはお好み焼きを食べ終えて、ご満悦だ。


以上が、往路。
到着時刻は23:30頃だったかな。

写真、少ないです。
ドラマティックな状況といえば、途中の食事だけでありますので、
撮るべき写真も多くはありません。
また、筆者が目を閉じた黙考時間が長かったことも理由のひとつ。
しかしながら、JUNCOによるブログ記事で情報を補えます。


つぎに復路
10月10日、熊本県荒尾市から福井県鯖江市へ。
IMG_0312_z
朝9:00過ぎにホテル出発。
どうってことないトンネル。


IMG_0317_z
12:00頃の関門橋。ええ天気。
そういえば、九州滞在中は気温30度超えの日々。
北海道人は暑さとやわらかすぎるご飯に弱い。


IMG_0321_z
14:20頃。
広島県内のサービスエリア。この移動は広島がポイントですね。
BOSS、JUNCO、ARITAの後ろ姿。まだ先は長い。
彼らは決してヒーローではない。疲労しているだけだ。


復路、おしまい。

「え、これだけ?」とお思いのあなた。
重ねて申し上げますが、撮るべき写真は極めて少ないのでした。
「九州大返し」の道程、記録としてはちっとも面白くありません。
ちなみに復路の到着時間は22:30頃だったと思いますが、
もう、どうでもいいです。




でも、おまけの写真、あります。
今回の旅でいちばん印象的だった女性です。
IMG_0307_z
ね。昭和30年代初頭の少女漫画チックな彼女。
荒尾市の宿舎前で出会い、ハートを鷲掴みにされました。
あのうるうるした目で行き交うドライバーを唐突に驚かせてくれます。

おでこの広さはちょうどイイ感じです。
眉毛はちょっとズレているかな。でも我慢できる範囲。
広告価値もある意味で非常に高いといえましょう。



現在、世界の自動車メーカーやIT企業が
自動運転自動車(←変な言葉)を開発していますが、 
たとえ実現して栄えある試乗者第1号にあっしが選ばれたとしても
恐縮ですが「九州大返し」は御免です。


もうすぐ北海道に帰ります。
ごきげんよう。
 
 

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


現在地、新潟。
意外と寒いです。
北海道も初雪が降ったとか、
朝の気温が低くなったとか、
季節の便りを聞き及んでいます。
みなさんも風邪に気をつけてくださいませ。

ホットココア、あれ、いいですよ。
バンホーテン社のココアパウダーから生成しないとダメです。
その際はできれば白衣も着用のこと。
ココアがこぼれると白衣に付着するので、
その不足した分量を微細に調整できるからです。
パウダーを片手鍋に適量を入れてミルクをちょろっと入れて、
火にかけて、じっくりこねこねして、砂糖を入れて
さらにこねこねして、ミルクを追加して混ぜ混ぜして
沸騰する直前に塩をほんのチョビリ、仕上げにバターをひとかけら。
これ、飲んだら。ほうら、至福を感じながら心の臓までぽっかぽか。
ぜひお試しください。ポイントは白衣です。


さて、長いコンサートツアーもいよいよ後半へ。
10月4日に新潟県胎内市、同月5日に石川県小松市という初めての街で公演。
そして6日は福岡県宗像市まで、北海道歌旅座の創設以来、
820キロメートル余りの最長陸路大移動を敢行します。
人呼んで「九州大返し(きゅうしゅうおおがえし)

北海道からトラック、バンの車両2台で本州に上陸しました。
九州にもメンバーがこれらに乗り込んで九州へ向かうのです。

ところが、片道だけではありません。
熊本県熊本市、同じく荒尾市で公演を経てから
とって返して福井県鯖江市、同じく小浜市での公演のために
770キロメートル超の「九州大返し(きゅうしゅうおおがえし):復路」が待ち受けているのです。


すでにどちらの車両も20万キロ前後の走行距離を刻んでいます。
大返しの途中、自動車は空中分解ならぬ陸上分解するやもしれません。
そのためには事前の点検が必要となります。
現在、メンバー総出でエンジンやタイヤ周りを現在点検中です。
各種オイルもビーカーに入れて分析し、接続部や部品もミクロレベルで調査中。
もちろん作業中は、全員、白衣を着用。
なぜか研究員ぽく振る舞っています。


果たして羽柴秀吉の中国大返し美濃大返しをもじったこの度の強行軍。
その顛末は別の機会の講釈で。

171004log_photo


しからば、ごきげんよう。

 

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

現在、北海道歌旅座は海を越えて関東公演ツアー、旅の途中。
こちらでも秋を感じたいところですが、
そこは北国育ちの私たち、
昼間はじわりと汗ばむほど
まだ暑く感じるのです。

歌旅座の本拠地、札幌の歩道には秋桜
すなわちコスモスがあちらこちらに咲いているのを
通勤途中に見つけることができる季節。
最近では品種によって夏に咲くコスモスもあるようですが、
やはり秋の歳時記にあるのがふさわしいと思います。

10月、歌旅座テレビはこの曲をお届けします。
「コスモス」
季節・秋——満を持しての登場です。


この曲は、JUNCOが北海道歌旅座に加わる以前から存在していました。
誕生してから10年ほどの歳月が経過しています。

彼女の母親が笑顔とともに伝えてくれた
「年をとることは素敵なこと」という言葉と
母親が大好きな、路傍で力強く咲き誇る花を主題として
1曲にまとめ上げた楽曲です。

のちに、JUNCOが歌旅座 (JUNCO & CHEEP)の結成時に持ち寄って
悲しいことは数あれど』、さらには再編曲を施して『OLD & NEW』
これら2枚のCDアルバムに収録されました。

この司会太郎、JUNCOの自作曲のなかで
いちばんのお気に入り作品でもあります。


歌旅座テレビ、10月の歌「コスモス」。
どうぞお楽しみください。
下記の画像をクリックすると、YouTubeがひらきます↓
コスモス-COSMOS

それでは、ごきげんよう。
 

前略 ピヨ様。
ごきげんいかがですか。司会太郎です。

ついに、利尻富士町の総合交流促進施設〈りぷら公演してきました。
苦節8年、悲願のコンサートです。
IMG_4024x
JUNCO、ついに利尻富士のステージに立つ!


思えば、公演の提案をするために、
ピヨ様と2人で道北へ何度も足を運びましたね。
朝早く自動車で出発していたものです。



真冬の早朝、まだ真っ暗な国道では運転にかなり難儀しましたね。
雪はふつう空から降るものですが、自動車のフロントバンパーのほうから
「雪が上がってくる」のは初めての経験でした。
フランス歌手のアダモもビックリです。
きっと道路に積もった雪が強い風で吹き上げられるのでしょう。
この現象に関しては、宗谷管区気象台に確認しておきます。

利尻・礼文に渡る予定が猛吹雪でフェリーが
欠航したこともありましたね。
札幌からやっとたどり着いた朝の稚内港で2人、
茫然自失のまま、32分間(推定)、押し黙ってしまいました。


極めつけは、やはり、猛吹雪に閉じ込められた涙も凍る遭難でしょう。
自動車が路肩の吹きだまりにスタッキングして動けなくなったとき。
窓の向こうは前後左右天地が白くて、ヴェリー・ホワイト&ホワイトでしたね。
外に出てクルマを押しても動かず、白い雪が顔に瞬く間にくっついて
老人顔になってシートに戻ったときは、
さすがのピヨ様もケラケラ笑わずに、珍しく青ざめていましたね。

最終的には、わざとらしいくらいに消防車が
通りかかってくれて助けてくれました。
あたかもパニック映画のラストシーンみたいに
毛布に包まれて現場から離れることができました。
いや、毛布は貸してもらえなかったな。



利尻島・礼文島では、いろんな方々にお会いできましたね。
でも、なかなか公演にまで結びつけることはできませんでした。
そうしたなか、ピヨ様は北海道歌旅座を卒業して東京へ行きました。
もう雪なんて見たくもなかったのでしょうか。
その後も地道に提案をつづけていたんですよ。



ところがある日、客船にっぽん丸に乗船の機会を得ました。
航路は小樽から利尻島を経てサハリンへ。
どうですか、ピヨ様。

利尻島で下船できると知ると、可及的速やかに各方面へ打診。
利尻富士町役場に提案して開催を快諾してもらえたんです。
文字どおり「待てば海路の日和あり」。
IMG_0241_x
会場となった〈りぷら〉。キレイで機能的な施設でした


当日は最高の天気。
役場のみなさんも本当に協力的。
2トントラックを持っていけなかったから
不足機材は利尻町の方から快くお借りできました。
町民の方はもちろん、前夜に観てくれたにっぽん丸からも
お客様が駆けつけてくれたんですよ。


171市町村目の利尻富士町公演。
そして再来週には、利尻町礼文町公演が控えています。
利尻町は2010年以来、礼文町は初開催で172市町村目。
どちらもJUNCOソロライブです。
この2人が上陸しますよ↓↓↓
IMG_0251_x
稚内へのフェリーを待つあいだに撮影。再来週、この2人が2島へ伺います

2017年9月に、北海道最北端の島々で連続して開催できるなんて。
これまでの努力が…というより、タイミングがよかったんでしょう。 
それでも大歓迎、ありがとう。

「北海道180市町村公演」は、ほんの近い将来に達成できそうです。

 
170909xx_Fotor
フェリーを待つあいだ、島をパトロールする歌旅座メンバー



それでは、ピヨ様。
どうぞご自愛ください。 
拾い食いはもってのほかです。 

ごきげんよう。





追伸
ある早朝の出発時に、ピヨ様が車中で缶コーヒーをぶっかけてくれたボクのズボン、
数ヶ月前に捨てました。意外と長く着用できました。

IMG_0244x
美しい利尻富士。歌旅座メンバー全員が次に上陸できるのは、いつの日か



本当にごきげんよう。



 

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

時折吹いてくる風が秋を感じさせてくれようになりました。
今年の東京の8月はそのほとんどが曇り空だったり雨だったとか。
遅かった夏、9月に間に合うといいですね。



今月
歌旅座テレビです
「ケ・サラ 〜故郷の風のように」
(↑曲名をクリックするとYouTubeのページがひらきます)
私たちのステージ、定番の演奏曲になりました。

この曲のオリジナルはイタリアで生まれた海外の曲です。
作者はJ.
フォンタナ、C.ペス、N.イタロ、F.ミグリアッチの面々。
現在も活躍中、盲目のギタリストで歌手のホセ・フェリシアーノ
世界的にヒットさせたことでも知られています。

この曲に歌旅座の作詞家、北埜うさぎが独自の訳詞をつけました。
そして曲中で聴くことができる情緒あふれるブルースハープ(10穴ハーモニカ)は、
〈F.I.H.JAPAN主催・日本ハーモニカコンテスト・ブルースハープ部門第1位
ほかにも〈日本ハーモニカ賞〉〈ワールドハーモニカチャンピオンシップス〉などで
受賞・入賞を果たし、〈北海道ハーモニカ連盟〉の会長でもある
千葉智寿さんによる演奏です。歌うはJUNCO


さて、JUNCOと千葉智寿さんは、来る9月13日に
札幌の円山夜想で共演します。
すでに満席のソールドアウトになりましたが、
ご来場のお客様には2人の演奏を存分にお楽しみください。


それでは、9月の歌旅座テレビ
「ケ・サラ 〜故郷の風のように」をお楽しみください。
下記の画像をクリックすると、YouTubeがひらきます↓

Chesara_title



ごきげんよう。
 

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.