北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 司会太郎

ごきげんいかがですか。 
司会太郎です。

ついに、4月。
ここ北海道は、桜の開花こそゴールデンウィーク前後ですが、
春の暖気で路肩の雪が著しく少なくなって札幌では積雪ゼロ。
北国では雪がなくなることが長い冬の終わりと
春の訪れを告げてくれます。

道外の方はご存知ないと思いますが、
春になると、道民はスキップしながら街を歩くことになっています。
ウキウキ感が桁外れなのです。


新年度。
夢いっぱいの新生活に飛び出す人もいることでしょう。
月1回の歌旅座テレビ、今回はこの時期にふさわしい作品。

芸術家・岡本太郎氏の唯一の弟子として、
また、ヒデとロザンナのヒット曲の作詞家として
名を成した中村小太郎さんによる作詞に
JUNCOがメロディーをのせた「夢は逃げない」

軽快なテンポは、春らしい高揚感も感じられるかもしれません。
また、若々しくストレートな歌詞も憶えやすいことでしょう。


そして、3月31日は中村小太郎さんの命日でもありました。
JUNCOが執筆した昨年のブログ記事(←ここ)にリンクを張っておきます。



さあ、お楽しみください。
歌旅座テレビ4月の歌「夢は逃げない」

下記の画像をクリックすると、YouTubeがひらきます↓ 
Yumewanigenai-title





それでは、ごきげんよう。 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

「司会太郎の視界良好〜2018・春」。
好きなことをつらつらと書き連ねる機会であります。

2月下旬のコンサートツアー。
歌旅座メンバーのダル君が持病 (病名「痛風」、英名「Two Who」) で
車椅子に乗って旅をつづけていたことを知る人も多いでしょう。 
その動画を入手することができました:
2月24日の夜、とあるホテルの現場をおさえることに成功。
この「車椅子のダル」、というとスタジオジブリのアニメ題名っぽいけれど、
メンバーは苦難を強いられたのであります。 
でもご安心ください。
現在のダル君は絶好調で、口に入るモノならなんでも食べています。


次は2月26日。
司会太郎は四国・高知に飛びました。
なぜか。
用事があったからです。

深夜、独り。
ホテルの小部屋。
そんなひとときの写真です:
IMG_0510
ごくふつうのシングルルーム。
信じられないでしょうが、それなりに仕事をしていたのでした。

IMG_0516
デスクの横のライトスタンド。
装飾過剰で気が散ってしまいます。
この16世紀のフランス人カップルみたいのが、
なぜ照明の飾りになるのか不明。
犬よ、吠えろ。


IMG_0515
壁に掲げられた、ありがたそうなお言葉。
「親が自分の子供達を比較することほど救いようのない扱いはないのである」、と。
ちょっと、なに云ってるのか、わからない。


IMG_0514
ホテルの窓から。
駐車し放題。
おや、とっくに閉店しているというのに、店内にはまだ照明が。
消灯しろ、省エネルックを着ろ。



2月28日。
司会太郎はタイ王国・バンコクにいました。
なぜか。
用事があったから。

久しぶりのタイでありましたが、やはり、独り。
いや、淋しいわけではありません。
淋しく感じる余裕がなかった。

そして、翌日の3月1日は、ある意味で自由時間。
いや「自遊」と書き換えるべきか。

歌旅座メンバーはみんなタイ料理が好き。
なので、ここで「アローイ・アローイ・タイランド」のコーナーだ。
通りがかった屋外レストランに行ってみた。

パソコンを詰め込んだ重た〜いリュックサックを背負って、
重た〜いスーツケースを引きずって、タイ料理にありつこうと考えたわけだ。
それまで、到着日には朝食を抜いて、昼と夜はバンコクのファミリーマートで弁当、
翌1日、朝はカフェで変なサンドイッチ、昼は日系レストランでハンバーグ。
帰国する夜こそタイ料理で締めたいではないか。

席に着いたら、うれしいですね、汗みどろの司会太郎を一瞥するなり、
店員がステキなサービスをしてくれました:

扇風機2台回し。
極めて贅沢です。

そして、注文した料理が出てきましたよ。
IMG_0524
左から「メオカッパニ・シュリメンダ」、「モリパッカニ・サスペンダ」、
スープは「オロタッパニ・イソベイダ」。そんな料理名だったと思いますが、
ちょっと自信がありません。タイ専門家のメンバー、アリタに確認してみます。

こんな人もいました。
IMG_0526
「女独り鍋」。
思わずシャッターを押してしまいました。
灼熱のバンコクならではの風景。かな。


そんな感じで、バンコクの一夜は更けていくのでありました。


最後に。
このレストランの前の交通を眺めていたら、信号のないT字路を
なんとも器用に事故ることもなく流れていく自動車・バイク・歩行者に
多大なるエネルギーを頂戴しました。
みなさんにも、そのお裾分けってんで、そんな映像をお届け。
30分以上撮影していましたが、30秒以内で終わります。
カラダの調子がよいときにご覧になることをオススメ:



それでは、ごきげんよう。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

この日を迎えました。 
故・チープ広石〈サンキューDAY〉 です。

神妙な面持ちの北海道歌旅座のメンバーに加えて、
故人を古くから知る来賓を迎え、今年もしめやかに......

キリキリ舞いするほどカラ〜いタイ料理を胃袋に詰め込み、
ビールやワインにウヰスキーと日本酒プラス焼酎を
献盃に次ぐ献盃を重ねに重ねて貪り飲み、
前後不覚に陥りて天と地と宙を彷徨い、
故人の思い出話に花を咲かせたのであります。

「なにを罰当たりな」
「故人に敬意を払いたまえ」
「ただの大宴会ではないか」

などというのは、野暮。
これぞ、チープアニキの最高の偲び方。
生前の本人を知っているなら、なおさら。
少なくとも、そこに集まったメンバーは、そう信じている。



19:00頃にスタートした会は夜更けまでつづき、
結局は朝方の04:00頃にお開きとなったのです。

途中、司会太郎の横にチープアニキが現れ、耳元で囁きました。
「コラ、飲みが足りねえぞ」
「堪忍してくらさいよォ、アニキィ」
ここで、目が覚めて、
自分が座ったまま眠っていたことに気づいたわけですが。

散会して、華麗なる酔いどれステップで自宅に帰りましたが、
どういうわけか片手にはコンビニの袋が。
どうやら、自宅でひとり、偲ぶ会の第2部を開催するつもりだったようです。

せっかくなので、袋のなかの焼酎とカップうどんを取り出し、
飲んで食べて、意識が戻るとすでに昼。
「...マジで堪忍してください、アニキ」と
頭の中でつぶやきました。


2018年3月9日、そんな夜(と翌朝と翌昼)の出来事。
来年のサンキューDAYに、またお会いしましょう。

ごきげんよう。献盃 !

180309-ThankyouDay

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。 
司会太郎です。

北の国にはまだまだ寒く、厚い雪が残る地域があります。
逆に、早咲きの桜が通りすがりの人々の心を和ませてくれる
地域だってあるのです。
3月に入ったニッポン、明日からも季節の差を
各地でさらに感じることでしょう。

なんてことを言っている司会太郎は、
どういうわけかタイ王国・バンコクに滞在して
この記事を執筆しているのですが。


月1回の歌旅座テレビ、新たな映像作品の登場です。

JUNCOが作詞・作曲を手がけた「春に帰る」
彼女のオリジナルとしては10年ほど前の作品ですから、
北海道歌旅座においては「古典」とも言えるかもしれません。

親元から遠く離れて暮らしたことのある経験者は
この楽曲に万感の思いを抱くはず。




それでは、お楽しみください。
歌旅座テレビ3月の歌「春に帰る」

下記の画像をクリックすると、YouTubeがひらきます↓ 
Haru-ni-kaeru-title




それでは、ごきげんよう。 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎であります。

秋田市ですよ、奥さん。
秋田県には何度か訪れていますが、同市の訪問は初めて。


まずは、コンサートの一場面をご覧いただきましょう。
IMG_5505_z


お客様の反応が著しく顕著にすばらしかったものだから、
サーモンズの面々も文字どおり水を得た魚のごとく
張り切りまくったわけであります。

加えて、本番前の主催者様によるお心遣いがうれしかったもんだから
充電満タンでステージに立てたのでありました。

では、そのお心遣いとはナニか。
答えを申し上げるとランチのこと。
うれしいのはですね、秋田名物の食事を満喫できたのですね。

まずは、これだ。
23314_KTz
Photo: TAKA

きりたんぽの鍋。
厳密に言えば、きりたんぽはヒョロリと長いのでありますが、
こちらは団子状の「だまこもち」というのかな。
いずれにしても郷土料理。

つづいては燻りがっこ。
23315_Gakkoz
Photo: TAKA

これね、香ばしくて歯ごたえが良くて、見た目も美しい。
調べてみれば、「がっこ」とは秋田弁で「漬け物」という意味なのだと。

若者よ、漬け物を堪能すべきだ。
燻りがっこにも出会うことができるのだから。


まあ、歌旅座ブログは食に関する記事が数多く掲載されるわけですが、
食事は大切ですからね。
メンバーのなかには「三度の飯よりも食い物が好き」という者もいます。
おかわりですね。いや、誰だかおわかりですね。


「味覚」というヤツは、ウマイ・マズイを問わずに
「記憶」だと思うのであります。
ウマイものはハンバーガーでも牛丼でも食べたくなりますが、
マズイものは先に悪い記憶があると英国王室のシェフによる料理でも食べないはず。

今回食したものは手づくりで、しかもすこぶるウマイ。
こうなると記憶に「ぬくもり」がプラスされまして、
心地よい印象がいつまでも残っていくもの。
秋田市公演はそんな思いにさせてくれる
ステキな公演のひとつでありました。


IMG_5508_z


ところで、北海道歌旅座のレパートリーに「青い山脈」という曲があります。
元々は石坂洋次郎の小説。作品の舞台は秋田県だとも聞きました。



オリンピック・イヤー、ニッポン選手、レッツ・ゴー。
東北コンサートツアー、これまた非常に絶好調。

それではみなさん、ごきげんよう。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.