北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 司会太郎

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。
2日連続の投稿で、恐縮です。


2018年は明治に改元されてから150年目。
同時に「北海道」と命名されてから150年目なんですね。

最近の北海道歌旅座のステージでは、 
北海道をテーマにした曲の演奏を多くしています。
また、前回(5月の歌)の歌旅座テレビは、
「オロロン守り唄」を紹介いたしました。
なので、今回も北海道にゆかりのある作品の登場。
「旭川恋の町」が新たに加わりました。

昭和世代には忘れられない数々の名曲を放った、
ハマクラこと浜口庫之助先生の作詞・作曲。
原曲は北海道真狩村出身の細川たかし御大。
1984年(昭和59年)に発売された知られざる名曲であります。


道外にお住いの方は、旭川について
どのような印象をお持ちでしょうか。 
旭山動物園? 旭川ラーメン? 旭川空港?
まあ、他にもいろいろありますが。サンロク街という繁華街もね。
しかし、何と言っても「恋の町」なんです。 

ハマクラ先生は、「涙くんさようなら」「バラが咲いた」
「夕陽が泣いている」「夜霧よ今夜も有難う」など、
今日でも色あせない作品を生み出しましたが、
僕は泣いちっち」「スイッチョ小唄」「へんな女」など、
題名だけを一瞥したら常人では計り知れない曲も創造してきました。
今回の「旭川恋の町」もいい意味でキテます。

また、JUNCOの歌いこなしは当然のことながら、
ザ・サーモンズのコーラスも聴きどころと言えましょう。

では、まいりましょう。
歌旅座テレビ・6月の歌「旭川恋の町」!

下記の画像をクリックすると、YouTubeがひらきます
AsahikawaKoinomachi_Title



ごきげんよう。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

まもなく関西・九州コンサートツアー
皆様にお会いできるのが楽しみ。

しかし、北海道の人間にとって、
あちらは暑いのだろうな。
以前、常夏の湿地国、タイ王国を訪問した際に
現地の人に「暑くない?」と尋ねたところ、
「暑いよ」と答えていました。 
やはり、暑いものは暑いのです。少し安心しました。

これから本格的な夏がやってきますが、
健康にはお気をつけください。
熱射病や脱水症はすでにシーズンが始まっています。
太陽の下はもちろん、自宅内でも油断できません。
涼しくして水分補給をお心がけください。



昔から健康づくりにはかくあるべし、という
いわば「常識」と呼ばれるものがありますが、
近年の研究で、その常識が根底から覆されるものもあります。
ここでは食事に関して、それらのいくつかを紹介しましょう。
ある世代から上にとって、大好物の話題ですね。

スパゲティ(パスタ)は、ごはん・パンはよりも太らない→YES
驚いたでしょう。
炭水化物の中でもパスタは太りやすいものとされてきましたが、
最近のカナダの研究チームによると、
「パスタを食べても太ることはない/健康的な食事メニューに加えて良い」と
結論づけています
ただし、必要以上に油や砂糖を足すのは禁物とのこと。

肉食はからだに悪い→NO
牛肉は貧血予防の鉄分、豚肉は疲労回復やビタミンB群、
鶏肉は免疫力を高めるなど、いいことづくめ。
赤身肉が特にいいようですね。
北海道の魂食 (ソウルフード)のラム肉は、さらにその上をいくのだ。

  卵は1日1個まで→NO
コレステロールの心配は、ある意味で払拭されたようです。
あっしも卵は大好き、ヴァイオリンのナリコも尋常ではない卵愛好家。
最近の研究では1日3個を食しても問題ないようですよ。
他に、眉唾モノではありますが、記憶力の向上、体重10キロ減、
脂肪肝の完治、薄毛の解消したという科学者もいるのだとか。
もちろん、食べ過ぎにはご注意を。
 

他にも、いろいろあります。
大日本住友製薬さんのホームページを参考にいたしました。 

とはいえ、スパゲティ・肉・卵を毎日ガツガツ食せよ、
ということではありません。
「司会太郎さんが言うのだから、間違いない」などと思わないように。
あっしは、ブログ読者全員の健康に責任は持てないのです。
節度とバランスを鑑みて、必要に応じて医者との相談もね。

と言う予防線を張って、今回の記事は終わりにします。

EggFace


ごきげんよう。



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


個人的な見解ですが、北海道は1年で
もっとも素晴らしい季節を迎えようとしています。
でも、そんな幸福な時間は長く続かないと思うので、
今から厳しい冬のイメージを脳内で広げています。
備えあれば憂いなしです。


先日、旅をしてきたわけです。
ハンドルを握って東南西北、緑の丘を滑りゆく初夏の疾風の如く。

ただ、長い時間、運転していると眠たくなります。危険です。
どのくらい危険かというと、
内戦状態のシリアのド真ん中で
発泡酒飲みながらジンギスカンを喰うようなもの。
うまくねえ例えだな。

ラジオを聴く、歌をうたう、窓を全開にする、
手首をかじる、いろんな対策があるわけですが。
コンビニに寄ってひと息入れるっていう方法もありますね。

実は、あるコンビニである運命の出逢いを果たしたことを
みなさんにお伝えしなければなりません
(義務ではないのですが、ブログネタなので)。

出逢った相手はコレなんですが。↓↓↓↓↓
IMG_0643_zz
ブルボン社の「大豆ちょこ黒糖きな粉」。

きな粉と名のつく菓子は意外と少ない。
毎日のようにスーパーマーケットに通う奥様ならおわかりでしょう。
きな粉モノは大好きだが、そのような菓子を入手できない場合は、
しようがないから粉だけを購入し、喉に注ぐことにしています。

でも、砂を噛むような思いは、もうおしまい。
「大豆ちょこ黒糖きな粉」があるからだ。
味覚は人それぞれだけれども、その美味しさの特徴を挙げると:

①きな粉だ。
②ほのかで濃厚な黒糖の味わい。
③きな粉の下層に美味なるチョコレートが現れる。
④さらに中核には香ばしく煎った黒豆の優しい歯ごたえ。
⑤甘さを引き立てる絶妙かつ繊細な塩味。
⑥愛着を感じる丸みある形状(オロロン鳥の卵に酷似)。

完璧だ。
ブルボン王朝の再興だ。
同社の菓子史上、最高峰だ。
とくに、ブラックコーヒーと一緒に食すると、
鼻腔に豊かな香りが広がって。
試してみてください。


自分で何のブログ記事を書いているのか
わからなくなってきましたが、
まあ、そういうことです。


わからないついでに、一部の物好きから好評の
「ホテルの小部屋」シリーズ。
某県の某宿、希望する部屋を保証できない、
どんな部屋を提供できるか当日まで不明だという、
一般よりちょっと安い「訳あり部屋」プラン。

ホテルにもいろんな訳ありがあるようですが、
どういう事情があるのだろう。

で、こういう部屋に泊まりました。↓↓↓
IMG_0645zz
和室にダブルサイズの布団、枕とガウンも2つ。
「訳あり」というより、「意味深」です。


もう、この辺にしたいと存じます。



ごきげんよう。







 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

四国の某県某市の某ホテルに滞在しています。
例によって、四国コンサートツアー後の居残り営業です。

今回のコンサートツアー、ご来場してくださったお客様に、
まずは御礼を申し上げます。

ゴールデンウィーク、各地で多種多彩なイベントや観光地が
ここぞとばかり張り切って呼び込んでいるのにも関わらず、
脇目も振らずに北海道歌旅座の公演に足を運ぶとは驚異です。
次回はご家族・ご友人・お知り合いと一致団結し、
さらなる集団を組んでお越しください。 

また、主催してくださった関係者のみなさまにも感謝申し上げます。
なにしろ、相手は大型連休ですからご苦労もあったとお察しします。
でも結果としては、お客様は大いに楽しんでくれましたよね。
次回も精一杯がんばります(次回、ありますよね)。



先日、うれしいことがありました。
徳島新聞のコラム「鳴潮」で
北海道歌旅座のことを題材にしていただいたのです。 

新聞社のコラムといえば、全国紙でいえば、
朝日新聞は「天声人語」、読売新聞は「よみうり寸評」、
北海道民なら北海道新聞の「卓上四季」がよく知られていますね。
このコラムを毎日楽しみにしている読者も多いと聞きます。

旅先の公演地、地元の新聞社に取り上げていただけたのですから
光栄であり、恐悦至極の至りであります。
(クリックすると拡大します)
tokushin_column


おわかりのように、司会太郎の箇所は、
司会太郎の本名であったものをあっしが修正しました。
新聞社のご担当者さま、申し訳ありません。
ここで本名のまま紹介するには勇気不足でした。
きわめて照れくさいのでありまして。
決して検閲ではありません。
 
四国は今回も、各地で記憶に残るコンサートツアーとなりました。


そういえば、歌旅座メンバーで舞台担当のダル
高知県内のに興味を示しておりました。
だから、彼のために2つの岬を土砂降りの中を訪問、
写真に収めてきました。
みなさんにも披露いたしますね。

まずは、室戸岬。高知県の東側にあります。
時間は18:00を過ぎたところ。
muroto01
寒々しいところでした。


muroto02
展望台から望む。
100円ショップで購入した傘が
強い風雨でぶっこわれました。


muroto03
駐車場にいたネコです。
室戸岬で見つけたので、ムロトミサキネコと名付けました。
新種発見のような気分になれました。
何か、石灰みたいのを一所懸命に食べていました。



お次は、高知県の西側、足摺岬
ダルくんのお気に入りの岬です。

ところで、室戸から足摺まで1〜2時間で移動できません。
それぞれ別の日に訪問しました。
そして、両日とも土砂降り。カメラは雨まで捉えられないようです。
Ashizuri01
「四国最南端」に位置するんですね。
向こうに見えるは、ジョン万次郎の像。
正面に回り込む気分ではありませんでした。


Ashizuri02
こんな童話の世界のような路を歩いていきました。
行く先に何が待ち構えているのでしょう。
答えは足摺岬です。


Ashizuri03
着きました。
では、帰ります。



すっかりカラダが冷えて、ホテルへ急ぎました。
その上、雨の運転は疲れるもの。
やっと落ち着いて心身の休息をとれるはずです。

ここで、恒例の「ホテルの小部屋」写真集。
1枚ずつ紹介しましょう。
まずは、室戸から移動した先のホテル。
hotel01
ザ・昭和です。
テレビが液晶なのが、かえって混乱させてくれます。
いろいろ連想するでしょうが、悪くはなかったですよ。
和室、けっこう好きです。
ただ、エアコンを運転させると、
カビの匂いが盛大に噴き出したのがマイナス。


つづいて、足摺からたどり着いた先のホテル。
現在、このブログ記事を執筆している部屋です。
hotel02
普通に見えるかもしれませんね。
でも、ここは「訳あり部屋」として紹介されていました。
興味本位と経費抑制のためにと予約。
果たして、歯ブラシやタオルなどのアメニティ、一切無し。
テレビ無し。イス無し。

歯ブラシは持参しているし、テレビは不要だからOK。
でも、バスタオルぐらいはなんとかならないだろうか。
フロントと交渉したら、バスタオルとハンドタオルのセットを
100円で貸してくれるとのこと。
最初から宿泊代に入れても文句はいわないよ。

問題なのはイス。
いつもホテルでは仕事をパソコンでおこなうわけですが、
この部屋にはイスがないから、ベッドの端に座って手を伸ばし、
背中を低めにしてキーボードを打つわけです。
ちょっとしたヨガ体型です。
しかし、ヨガの経験がないためか、現在、首と背中と肩に
著しい負担がかかっていることを思い知らされています。
目つきも悪くなってきたようです。



そんな状況下で、本年も誕生日を迎えることができました。
父母とご先祖様、ありがとうございます。


四国は今回も、記憶に残る居残り旅となりました。



それでは、ごきげんよう。



追伸。
北海道でコンサート、ありますよ。
5月13日(日)の江別市。演目は『ホッカイドウ・ソングス』!
5月22日(火)の旭川市。デザートバイキング付き!
5月23日(水)の沼田町は、歌旅座・初公演!

お待ちいただいていた北海道のファンのみなさん。
もうすぐ会えますね。


ふたたび、ごきげんよう。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

そうです、四国にいます。
はい、愛媛県砥部町です。
そのとおり、昨年の4月以来の2回目のご当地公演です。
まったくです、こちらもすばらしい天気に恵まれていますよ。

では、砥部町文化会館のご紹介です。
IMG_0577
会館の正面です。
司会太郎のシンボルカラーは赤色。
今回のために、わざわざ赤い外車を停車させ、
鉄柱も塗り直してくださったとのことです。
(本気にしないでください)



IMG_0578
会館前で見つけたオブジェ。
有名な砥部焼かもしれません。
でっかい徳利に見えますね。


 
IMG_0579
砥れ採れ新撰組は、甘夏を無人販売中。
思わず購入しちまいました。
スッパいけど、フレッシュ。
入手した果物はナリコの厳重な管理下におかれます。



IMG_0585
嗚呼、黄金週間。
端午の節句ですね。
さすが砥部焼の町、「陶街道」とは洒落ています。
屋根より高いは、鯉のぼり。
サーモンは掲げられていません。




IMG_0575
ホールに入りました。
ステキな設備と客席、大いに盛り上がります。
写真は開場前のもの。


IMG_0584
歌旅座メンバーが舞台に集まっています。
何かあったのでしょうか。
実は照明のひとつをうまい具合に修理中。


かくして
2回目の砥部公演は無事に終演を迎え、
撤収後にふと空を見上げれば、
メンバーの目にしみる美しき夕日。

終演後、今回お世話になった会館の館長さんやスタッフのみなさんに
交流会を催していただきました。
この打ち上げは、永らく記憶に残ることでしょう。
非常に厳かな会でありました。


そんな感じです。
ご質問は司会太郎まで。


それでは、砥部のみなさん、
またお会いしましょう。
ごきげんよう。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.