北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : 司会太郎

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

令和の時代に入りました。
ひきつづき、よろしくお願い申し上げます。 

令和に合わせて、何かが変わるかもと期待していました。
そして、その変化は不意に訪れたのです。
時計が5月1日の深夜0時を回ったとき、
開け放っていたホテルの窓から
「令和的な風」が入ってきたのを感じて驚きました。
どのような風かと言いますと、
なんか「皇族的な香り」です。
菊の花と松の木とデミグラスソースの香りが混じったようなやつです。 
読者のみなさんはこの香り、嗅ぎましたか。



歌旅座の大型連休コンサートツアー、敢行中。
滋賀県愛荘町は昨年6月につづき、2回目の公演。
今回もハーティーセンター秦荘が会場です。
しかも、この4月29日は、
冷静に捉えれば意味不明な「平成最後の昭和の日」。
 
ホールスタッフのみなさんと再会を果たして搬入と仕込み作業へ。
今回は舞台づくりの一部をご覧いただきましょう。


なお、以下からの記事内容は、
令和元年初日に掲載する平成最後の昭和の日の公演記事を
令和元年前日である平成末年末日に書き起こしました。
しかも、明治製菓のミルクチョコレートを食べて喉詰まりを起こし、
大正製薬リポビタンDのガブ飲みで流し込むという体調不全の悪条件下で。

--------------------------------

歌旅座のコンサートの特長は、演奏曲に応じた映像演出。
これを私たちは「歌旅座スコープ」と呼んでいます。
プロジェクターという映像機器を使用するのですが、
今回はハーティーセンターさんの機材をお借りしました。
これは、歌旅座が所有するプロジェクターの3倍の光量を投影できるのです。
3倍といっても侮れません。表現力や演出効果は飛躍的に高まるのです。
歌旅座の所有プロジェクターをサクマチエに例えるならば、
お借りした機材は吉永小百合ということになります。
190429a
見よ、会場を貫く神々しい光量を。JUNCOも思わずカメラ目線に。


美しく投影されたスクリーンの前にいるのがダル。
190429b
ポールダンスをしているわけではありません。
照明操作金具棒、通称「介錯棒」という伸縮できる器具を使って、
舞台の高い位置にある照明を調整しているところです。
意図した位置に灯りを当てるのです。
四十肩・五十肩を患っている人には向かない作業。
ダルくんはこの作業のおかげで、本当のポールダンスも上達しました。
いつの日にか、みなさんにもご覧いただけるはずです。


次はこの写真を。
190429c
最上級クラスのプロジェクター光線ですね。
おや、横に連なる窓のほぼ中央に人影が。
これは、サクマチエ。
天井から舞台の対象物に光を当てる
「シーリングライト」の部屋です。
舞台に立つ歌旅座メンバーの一人ひとりに
高く遠い位置から光を合わせていきます。

高所恐怖症のJUNCOは、一度もそこへ上がったことはありません。
チエはいつも両手でハートマークをつくり、
「高いところ、だ〜い好き」と言ってから登っていきます。
演出用のスモークマシンの煙が高く舞い上がり、チエの姿を曇らせます。


さあ、お次は何をしているところでしょう。
190429D
答えはサウンドチェック。
文字通り、会場に流れる音響の確認。
写真で伝わらないのが残念です。


下記の写真もサウンドチェックの様子。
190429e
相変わらず音は聴こえてきませんが、
黒いカーペットにお気づきでしょうか。
これは照明の光が舞台の床に反射して、
ナリコの顔が平安朝っぽくならないように
演者の位置範囲にのみ毎回カーペットを敷き詰めるのです。
まさに魔法のカーペット。
だけれど、すぐに汚れますので、
ロボット掃除機を導入したいとも思っています。
普通の掃除機だと作業人員がそれにかかりきりになるので。
また、札幌オフィスで飼っている猫のクロと
ロボット掃除機を戦わせてみたいのです。


ついに、コンサート開幕。
190429g
2回目の愛荘町公演には、
歌旅座を初めてご覧になるお客様も多かったです。


終演。
そして撤収。
190429f
搬出入口にトラックをつけて、
朝の搬入同様、搬出します。
当たり前すぎるコメントで、恐縮です。


ハーティーセンター秦荘のスタッフのみなさんと記念写真。
190429H


果たして、歌旅座3回目・令和初の愛荘公演は実現するのか。
スタッフのみなさんが全員、首を縦に振るのか。
つづきは、次回の愛荘公演レポートで!
(いつになるのか不明)



それでは、ごきげんよう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


ここ札幌、待ち望んだ春。
暖かくなりました。ブルースカイがまぶしいです。
個人的にはこの季節の変わり目、
毛むくじゃらのベッドパッドをはぎ取って、
厚めの羽毛布団を毛布に替えれば、
冬から春へと実感するのであります。

IMG_1334z
雲量ゼロ。写真中央部の白い点はお月さん。
ところで、このアンテナは日本人が発明したことをご存知でしたか。
皮肉にもこの発明が原因で日本が戦争に負けたとのこと。


では、今回のご質問です。

私は野菜が嫌いです
どうしてみんな、あんなに植物を青虫みたいに
ムシャムシャかじるのか
でも、食べなくてはならないので 
太郎さんのオススメの野菜と
おいしく食べられる方法を教えてください

(49歳/男性/建築家/千葉県) 


まずは、「甘ったれるな」と言っておきたい。
でも教えてあげます。

人が青虫みたいに野菜を食べるのは、
健康に良いことが広く証明されていることと、
人間は肉も魚も植物も摂取できる雑食動物だから。
雑食であることは特別な能力だと思って感謝すべきです。
昆虫がナポリタンやオムライスを食べないでしょう。
そういう能力がないのです。

なお、歌旅座のダル君は野菜を食しないので、
現在は短い人生を謳歌中です。
今からでも延長してほしいものですが。


つづいて、オススメの野菜。
これはもう、タマネギにトドメを刺します。
なぜなら、焼いて、煮て、揚げて、生で、
どんな調理法でもメインの食材を邪魔せずに
おいしさを増幅させてくれます。

こういう言い換えもできるでしょうか。
ハナ肇がジャガイモで、植木等はキャベツ、谷啓はピーマン。
犬塚弘はアスパラガスで、桜井センリはセロリー。
で、タマネギは地味だけれども何にでも適合する安田伸。
全部まとめて、料理研究家の石橋エータローにクッキングしてもらう、と。
この例えがわかりにくい場合、別途ご質問ください。
「五里霧中」で取り上げて回答するかもしれません。
恐縮です。


最後に、野菜をおいしく食べる方法。
この季節だから言おう。
ジンギスカン鍋です。
北海道歌旅座、今年最初のジンギスカンパーティーを
いつものように当ビル屋上にて開催。
屋上でジンギスカンを略して、O.J.。
この日この時、他に望むものはありません。 
IMG_1329z
太陽がいっぱい、青空がいっぱい。肉も野菜もいっぱい。
意外と暑い中を一気に食したため、ややぼんやり気味のメンバー。
おや? 大変だ、肩から脚が生えている人がいるぞ。略して、O.T.K.A.H.。

 

IMG_1339z
JUNCOとブルースカイとビルヂング。略してJ.B.B.。
充実した気力・体力に身を震わせ、この後、再び食卓に戻っていった。


IMG_1340z
まもなく閉店。M.H.。
メンバーの血中アルコール度数は平均0.89mg、
血中ジンギスカン度数は平均7.26mg(すべて推定値)。



野菜もたっぷりと食せるジンギスカン。
もちろん、さまざまな鍋料理も結構なものです。

好き嫌いなく食べられる喜びが、
あなたにも訪れますように。
 


それでは、ごきげんよう。




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

2019年・春の四国コンサートツアー、
最終公演地は高知県日高村。
当日も晴天。
今回はすべての日程で天気に恵まれましたよ。

例年のこの時期には、すでに散っていると聞いていた桜は、
まだハワハワと満開大開放。
せっかくなので、桜花の美しさを捉えた写真をいくつかご覧ください。

sakura01

sakura05




さて、馬路村・芸西村につづく
高知県内3カ所目の村公演地となった日高。
県庁所在地の高知市から車で30分余り。
北海道日高町で生誕の儀を執り行なった司会太郎にとって、
大いに心惹かれる宿願の地でもあったのです。

会場となったのは、明治に創業したご当地の松岡酒造の蔵を
保存・再生させた日高酒蔵ホール
随所に往時の面影がザギザギと刻まれています。
せっかくなので、当ホールの歴史の趣を捉えた
写真をいくつかご覧ください。

sakagura02

sakagura01



公演、スタート。
stage

そして、終演。
ある意味で異次元空間の公演でした。
 

これにて、今回の四国コンサートツアーは完結。
次回は今年の秋を目標に、勝手ながらムサムサと計画中。
四国の皆様とは、またお会いすることになりますよ。
 


オマケ。
 
omake01
「ベンチにケツを下ろす女と櫻」
(撮影地:日高村/モデル:チエ・サクマ)


omake02
「無題」
(撮影地:高知市)


それでは、ごきげんよう。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

4月1日ですね。
新年度、新学期、新生活、そして新元号の発表(本記事執筆時点では新元号は不明)
新・新・新・新の日ですね。


例によって、読者からのご質問を紹介。

4月1日はエイプリル・フールですね
太郎さんは過去にどんなウソをついたり
ウソを言われましたか
(64歳/男性/国会議員/東京都)


まあ、ウソをついたことはあります。
就職活動で苦労している女学生や
クヨクヨしている離婚ホヤホヤの男やもめに、
「心配するな、苦しみは成功や安寧のために必要なのさ」などと、
青二才の新人教師のように励ますつもりで、
これっぽっちも思っていない言葉をかけてやりました。

その後に伝わってきた2人の消息。
女学生はシリアに渡って某組織メンバーの嫁となり、
男やもめは一夫多妻制とカラスを信仰する宗教を立ち上げたそうです。
彼らからは今でも年賀状が送られてきます。
んー。本人らにはウソではなかったかもしれません。

ウソを言われた経験は無数。どなたでもそうでしょう。
ウソをつかれたのに、自分がそれをウソだと
思っていないこともあるのは、先述の2人も同様。


子供の頃に、叔父さんから言われたウソが今でも印象的です。
当時住んでいた家からそれなりに離れた山に、
未確認飛行物体 (UFO)が毎月のように飛来するというのです。
「俺も何度か見たよ」という叔父さん。
こういう、子供に真顔でウソをつく人、親戚に1人はいますわね。

その山ってえのが、北海道平取町のハヨピラと呼ばれていた施設のこと。
すっかりダマされましたが、これはこれで思い出すと面白い。
今も、心のどこかでUFO降臨を信じています(←ウソです)。

kamakiri
1988年にオーストラリアのメルボルンで発見されたタバコを吸う新種のカマキリ(=オイター共同)


「エイプリル・フール」の由来は諸説あるようですが、
どれも仮説やウワサの域を出ないものばかりだそうで。

英国のバンド、ザ・ビートルズの作品に
「フール・オン・ザ・ヒル」という名曲があります。
訳すると「丘の上の愚か者」。 キテますね。
この「愚か者」は、地動説を唱えると周りからコテンパンにされて
田舎に閉じこもったガリレオ=ガリレイ氏がモデルだとか、
超越瞑想を普及させた宗教指導者のマハリシ・ヨーギー氏のこととか、
正直わかりません。どれもウソくさいですね。

その曲をお聴きいただきますが、ビートルズのオリジナルではなく、
彼らの曲をカバーしているオランダのバンド、
ザ・アナログズ(The Analogues)による「フール・オン・ザ・ヒル」。

デジタル楽器ではなく、アナログの楽器で演奏するのがザ・アナログズ。
フルート、リコーダー、ハーモニカー(低音用でしたが)、タンバリンときたら
司会太郎の独演でもいけそうです(←ウソです)。

そして、「愚か者」と言えば。

 


4月1日、素敵なエイプリル・フールをお過ごしください。
ただし、フェイク・ニュース=虚偽報道は
毎日流れてきますのでご用心。

したらば、ごきげんよう。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

あなたのお住まいの地域に、春は訪れていますか。
北海道? 数日前、冬に逆戻りしたところです。
この調子だと、第二次サッポロ雪まつりが開催されるかもしれません。
今日はプラス気温ですけどね。

さあ、質問をご紹介しましょう。

「フォークソングの広場」というコンサートをやるそうですが
どんな内容なんですか

(25歳/男性/塗装業/鳥取県) 


来たる3月31日と4月18日、北海道歌旅座のホームステージ、
札幌の円山夜想において開催される『フォークソングの広場』
いわば『昭和のうたコンサート』の姉妹編で、
両日とも満員御礼のソールドアウトとなりました。

ご想像のとおり、フォークソングを中心にお届けする演目であります。
これがご質問の回答となるのですが、さらに踏み込んで説明すると。

これまでのステージで演奏してきたフォークソングに
さらなる編曲を加えました。ほとんどの曲が生まれ変わっています。 
また、新しいレパートリー曲が登場します。

ということは、演奏の練習を強化しなければならないということ。
個人的に言えば、ステージ上でちょっとやることが増えまして。
ある意味で、深刻な状況であります。
しかし、合意なき離脱はできないのです。やるしかないのです。
でも、本番当日はそんなことを1ミリも1グラムも1ccも出さずに
お届けする所存です。ああ、汗は570ccぐらいは出るかもしれません。


そんな『フォークソングの広場』ですが、札幌を飛び出して
旭川公演が決定しましたよ。

日時:2019年5月16日(木)
   開場18:00  開演18:30

会場:旭川市市民活動交流センター CoCoDe(ココデ)
     (旭川市宮前1条3丁目3-30)

  料金:前売 2000円 (当日500円増)

チケット取扱:旭川市民文化会館美容室ULU高砂酒造
       ジュンク堂旭川店コーチャンフォー旭川店 
 
お問い合わせ:北の暦友の会(樋口) 0166-73-3225 
       北海道歌旅座 011-623-6680 
folksong_photo


宣伝するのにぴったりなご質問、
ありがとうございました。

それでは、ごきげんよう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.