北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 日々のこと

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


寒いです。
このブログ記事を執筆している時点のコールドな話題。
旭川市の江丹別という町で、全国で今季最低の
マイナス29.5度を記録したそうです。 
さすがロシアの隣国・北海道、大したもんです。

個人的には低温に対して、意外と適応できます。
紅顔の中学生時代に厳寒の早朝に新聞配達を
朗らかにこなしていたからかもしれません。
当時ツラかったのは、
毎週土曜の夜、ラジオの深夜放送に熱中していて
日付が変わってやっと3時に眠ったと思ったら
5時には起床して出勤しなければならなかったことだけ。

でも、このアルバイトのおかげで給与をもらえたし、
雪上の自転車運転でブッころんで
日産サニーに轢かれそうになったし、
すべての足の指が凍傷になったし、
目の下のクマもあれ以来消えることなく、
大切な思い出のひとつとなりました。


寒ければ、厚着をすればなんとかなりますが、
暑ければ、裸体になっても暑いのです。
信じられないなら、真夏の7月にアフリカのチュニジアで
ストリーキングをしてみてください。
逮捕されて同国の法律で裁かれます。


冬道の自動車運転は事故と隣り合わせ。
ちょっとでも気を許すと路肩の雪に突っ込むし、
道路が氷結していたならブレーキも効かなくなります。
だから、シベリアがご近所にある雪国のドライバーは
旧ソビエト連邦の秘密警察官のように目つきが悪く、
しかも恐れと疑いと興奮を噛みしめながら
運転をおこないます。

これは、歩行者も同様。
ゴジラのように一歩ずつ地面を確かめて、
足の裏全体を使って——接地面積を大きくして——歩きます。
たまに立ち止まって口から白い息を吹けば、
そのまま東宝の怪獣映画のようで、なお良し。
滑って転倒したら怪我をすることもあるし、
それ以上に、恥ずかしいです。

夜のススキノで転んだことはありますか。
私は、あります。
これから転ぶ予定のみなさんに対応策をご案内しましょう。

転んだら、「きょえー、恥ずかしいっ」と心の中で狂乱しながらも
表情を何ひとつ変えずに猫のようにすばやく立ち上がり、
唖然とする通行人の視線を無視して一点だけを見据えて、
すぐさま人混みの中に紛れ込む。
この際、衣服についた雪を振り落とす行為はダメ。
あたかも、往年のハンフリー・ボガードのように
圧倒的に渋く雑踏の中に消えゆき、
仄暗いビルとビルのあいだに忍び入ってから、
涙目になって恥辱と雪を払い落とすものなのです。
冬の北海道へ旅行を考えているみなさん、
これが繁華街の雪道で転んだ際のマナーです。ご記憶ください。

IMG_1168z

この季節になると、凍傷した左足の中指が疼き、
冬なんだな、と実感します。

新年の誓い。
二度と新聞配達なんてやりません。

それでは、ステキな冬生活を送りましょう。
君の瞳に乾杯。
ごきげんよう。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

正月に実家に帰った時、母さんがビニール袋に
入ったあるものを渡してきた。
なんとそれは、オイラが小学生・中学生の時に
もらった手紙の束だった。おおぉなんと懐かしい。

_20190112_193507



父さんが教師だったこともあって、小学校を二校、
中学校も二校経験している。
友達が沢山出来ても、また違う街へと引っ越すのは
なかなかつらかったけれど、オイラは手紙を書くことが
好きで、離れてからもしょっちゅう友達に送って
気を紛らわせていた。
『離れて』と言っても、石狩管内。今思えば、
そんなに遠い距離じゃないのに、『他の街』へ行くことは
まるで違う国にでも行くかのような気分だったんだよな
…不思議。

一体あの頃のオイラはどんな内容の話をしたためていた
んだろう…。
ざっくりと手紙を読み返すと、そこから浮かび上がってくる
『吉田淳子ちゃん像』が。
どうやらオイラは 『明るく・作業が丁寧で・エロい』人間
だったようだ。
…なんだ、今と変わってないじゃないか。

今となっては、小中学校の時の友達がどこでどんな暮らし
をしているのかさえ分からなくなってしまったけれど、
こうやって旅を続けていれば、どこかの街で再び繋がる
ことだって夢じゃないなと思ったりして。

ある子の手紙には、『仲間はずれにされて、なんだか
学校も全然つまらなかったけれど、手紙をもらって、
世の中には、自分のことを思ってくれている人がいるんだと
ホッとしたよ』と書いてあった。
オイラは全くそんなことも知らず、呑気なことを書いてた
けれど、それでも友達が一瞬でも元気になってたんだなと
思うと、今頃になってちょっと嬉しい。

メールだLINEだと、文字を書かなくなってきている近年。
でも、手紙というものだけは特別。
なんてないことでも、大事なことでも、手紙はいつだって
相手の顔を思い浮かべながら書く。
その想いは、封を開けた時、ぷぅんと匂ってくると思う。
これからも大切にしたい文化です。

あ、ラブレターの類はほんの少しだけ入ってました。
甘酸っぱいなぁ~~~。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

寒中お伺い申し上げます。
皆様には 良い新年をお迎えのことと存じます。
歌旅座一同、本年もどうぞよろしくお願い致します。

平成最後の年末も、平成最後のお正月も、駆け足で
過ぎてしまいました。
個人的には多少のアクシデントがあったものの、近くの
お寺から聞こえる除夜の鐘を幾つか数え、多少の煩悩を
打ち払いながら穏やかな新年を迎えることができました。
(( 目出たさも 中くらいなり おらが春))
てなところでしょうか。

歌旅座の面々も このブログリレー“お正月編”で伺えるように
皆、小吉から中吉くらいの(太郎氏のおみくじは別として)
お正月を過ごしたようです。
めでたし めでたし。

そうして迎えた1月5日。
初顔合わせのこの日、新年会も兼ねて「新春大麻雀大会」が
厳かに??開催されました。
今回は、吉田会長を含めたいつものメンバーに加え、
会長夫人、寄生中、いや帰省中のリンタロウ、そして
スペシャルゲストに北円山の元気玉 O-YA氏を迎えた
三卓12名。
窓の外吹き荒れる雪をも溶かすほどの熱き闘牌がくり広げ
られました。

1546765621327


大会の流れとしては、予選二戦、決勝二戦と従来通りでは
あるものの、今回は新たに “下剋上ルール”を適用。
今までは予選のポイントで上位4名が決勝卓で優勝を争い、
残りの下位メンバーは “やさぐれ卓”と称された闇卓で
丙丁ーへいていー競い合う、なんとも侘しい(いや、
それはそれで楽しいのだが)戦いだったところに光を
与えたのがこの下剋上ルール。
まずは予選二戦を戦い、以下のように決勝卓がふりわけ
られます。

①「上級武士卓」(各卓1位+高得点2位)
②「下級武士卓」(2位2名+高得点3位2名)※ハンデ・マイナス10
③「足軽卓」  (各卓4位+低得点3位)※ハンデ・マイナス20

そして最終的には総合得点で優勝が決まる、とのこと。
例えハンデを背負っても、例え足軽の出だって、高得点を
重ねれば、秀吉ばりの天下人となり優勝盾を手にするの
だって夢じゃない!!

そりゃ皆大喜び。
今度こそ優勝を、我こそが2枚目の盾を、オイラが連覇じゃと
思い思いの欲望を抱え、闘牌がスタート。
楽しいですぞ、麻雀は…。
部屋の換気はどんどん寒くなるのに、叫び声と笑い声が
重なり充満して、楽しい“気”がどんどん高まっていく。
長いリーグ戦だと実力の差がはっきりと点数に表れていく
けど、こうした短期決戦では その日の運と、その運を
上手く掴み切れた者がポイントを重ねていく。
だから何が起こるか判らないのがこの大会の醍醐味でも
あるのです。
予選を終えた結果。
①「上級武士卓」O-YA氏、司会太郎、JUNCO、リンタロウ
②「下級武士卓」会長、ダル、チエ、うさぎ
③「足軽卓」BOSS、アリタ、イソベ、会長夫人
もうこの顔ぶれだけで面白い!!
特に足軽卓!!私が大将なら、こんな足軽絶対イヤだ、
という面子がズラリ。
どう見ても敵将ではなく、己の大将の“寝首を掻こう”と
竹槍持って虎視眈々と狙っているような連中だもの。

途中経過を書き重ねると明日になってしまいそうなので
そこは端折って、結果は???
まぁ、世の中そんなに甘くはない…と思う者多数の中、
下剋上で名を上げたのが下士から副大将(2位)まで
登りつめたのが吉田会長。
そして栄えある第六回の覇者はこの方。


1546765600725

決勝卓では、同卓者がうんざりするほど勝って勝って勝ちまくった
O-YA氏、おめでとうございます。
強くて楽しい素敵な雀士です。是非また囲みましょうね。

闘い済んで日も暮れて、表彰式兼新年会は我らがオアシス
「だるま軒」へと移動。
年末の大納会ではたっぷりと年越しそばをふるまって下さり、
この日の新年会ではテーブルに乗りきらないほどの料理を
用意して下さいました。
“皆の喜ぶ顔が見たいから”と、予算など全く度外視で、
山海の珍味を並べてくれる「食の七福神」のようなご夫婦です。
今年もまた鱈の腹を持つメンバーの胃袋と共に
お世話になります!!

新年早々、どれ程飲んだのかわからなくなるほど、一升瓶を
転がし、JUNCOは消え、チエは壊れ、太郎は眠り、
ナリコは叫び、BOSSは飲み続け… いつもと変わらぬ宴を
くり広げ、歌旅座の2019年は幕開けました。

下剋上目指し、竹槍片手にひたすら走る足軽のように、
いやいや、亥のように 北海道歌旅座 今年も
ひたすら真っ直ぐに駆け抜けて行きますね。
どうぞ あたたかく見守っていて下さいませ。


1546765605324
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

あけましておめでとうございます。
司会太郎です。
今年もよろしくお願いします。


郷里に帰省中です。
ところは北海道日高町
馬たちにとっては楽園、
人間にとってはふつうの小さな町です。
IMG_1163z

実家は、母方の本家が隣接しているので
かつての正月には何組もの親族が20人ほど集まって
両家をブンブン移動しながら賑やかに過ごしていたものですが、
現在は実家に母ひとり、本家に母の姉ひとり。
ある意味、いまの時代を象徴する環境ですね。


食べて飲んでテレビ観て。
こう書くと米国のベストセラー小説の題名みたいですが、
自分の知っている正月とはこんなもの。
意外とこんな正月の過ごし方がほとんどでありましょう。
ただ、おふくろ様が多少お耳が遠くなったようで、
こちらが喋るのにも腹式呼吸で声を出さないと
メッセージが伝わらないことがあります。


2日になって、地元の神社に参拝に行きました。
そこはあまりにも静まり返っていて、
血で血を洗う果て仕合がはじまるかと思うぐらい
荒涼としていました。天気は良かったけれど。
IMG_1157z


 
お賽銭を放り投げてお祈り、せっかくだからおみくじもね。
そして今年もまた「大吉」でした。
IMG_1156z
 
数年前には驚異の「最大吉」もゲットしました。
5万人に1人の確率だそうです。
神社仏閣専門の卸業者もよく考えますね。

また別件ですが、池の水を抜くというテレビ番組、これは面白いや。

こんな正月です。
2019年も良い年になりそうであります。

それでは、ごきげんよう。

 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

皆様、新年あけましておめでとうございます。
各ご家庭のお正月、いかがお過ごしでしょうか。
オイラの実家恵庭での正月と言えば、
『酒とおせちと麻雀』。もうおなじみです。
二人の兄貴やお嫁さんと会うのは、ほぼこの時だけ。
オリンピックより僅かに多く会ってるという感じ。
それでも皆、一年の報告をするとともに、
勝利に向けて、ひっそりと燃えているのであります。

兄貴達は酒を呑まない。
一升瓶を空にしたオイラとトーサンは、ヘラヘラ
しながら闘いの準備を始める。
朝4時まで続いた2019年一発目の勝負。
結果は、上から 次男・オイラ・長男、そして
4位がトーサン。グッタリと布団に向かって
行きました。

しばし仮眠をとった後、リベンジだ!と言って
朝麻雀が始まる。
トーサンはオイラに親満を2度振り込んだ後、
ゆるりとリーチをかけてきたカーサンに気を取られ、
薮に潜んでいた次男から『国士無双。』という
役満パンチを受け、そのまま終了のゴングが鳴った。
今頃、やけ酒していることでしょう。

今年の正月の違うところは、次男のところにできた
甥っ子の登場。
麻雀→オムツ→あやす→抱っこ→麻雀→ミルク
…という今までになかったループが生まれる。
にぎやかだ。
トーサンカーサンが遊ばれているように見える
のが不思議。幸せホルモンいっぱいもらってるね。
こうやって、家族は繋がっていくんだね。

_20190101_182539


彼が笑えば、みんなが笑う。はだかの王様無敵なり。

帰りに、トーサン名物『干しタコ』をもらってきた。
これを食べると新しい年が来たんだなという気持ち
になる。
久しぶりに、のんびりした正月です。

_20190101_193419

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.