北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ
サーモンズPOLOシャツ

カテゴリ : 日々のこと

山に囲まれた盆地育ちのわっちにとって、海は特別な場所だ。
幼い時に親に連れて行ってもらった海水浴。中学生の時の海浜学校。
海で遊んだことは数えるほどしかなかったから、珍しい存在だったのか…。
ずっと動かずに 町を見守り、季節と共に彩を変えていく山も好きだけど
絶え間なく、時に激しく、時にやさしく引いては打ち寄せる波は、
ずっとみていても、その音を聴いていても飽きることがなかった。
前世は人魚だったのかな。
(こっちの人魚じゃありませんよ)

歌旅に参加させてもらえるようになってから、海をみる機会が増えた。
海をもっと好きになったのが、2年前の道南ツアーだった。
ツアーの合間 "せたな町" にある『三本杉海岸』に連れて行ってもらった。
BOSSが幼い頃素潜りして遊んでいた場所だそうだ。 

車を停め、砂浜に降りて、海を眺めたとたん心を奪われてしまった。
海水が透明・・・海が青い !! なんてキレイな海なんだろう !!
こんなキレイな海をみるのは初めてだった。
北海道にこんなキレイな海があるなんて。
すかさず靴を脱ぎ波打ち際でキャッキャ キャッキャと遊んだ。
防波堤から透明な海を覗き、「魚はいないか、ウニはいないか」とまたまた
キャッキャキャッキャとはしゃいだ。

「飛び込んでみるか?」なんて言われたけど、服は濡れちゃうしぃ~、
正直泳ぎは苦手ぇ~、深い海はこわぁ~い。
更に、ちっさな町民プールで溺れかけるほどの泳ぎの技術しか持ち合わせていない。
そんな気は全く起きなかった。
その時だった。何者かが、私の "ケツ" をドーンと蹴り、海に突き落としたのだ。
足をつけようとするが、まったく足がつかない…。これは溺れる 。
と危険を察知した瞬間「ヴァっルぐン ダぁスけでぇ~!!(だるくん助けて)」
と救助を要請。面倒くさそう~にダル君が助けてくれた。
後から溺れた場所を検証してみると・・・あれ?足がつく 。
それがわかった瞬間、恐怖から解き放たれ、そこは最高の遊び場となった。

楽しい記憶というものは、いつまでも残るもので。そしてまた再現したくなるもので。
夏は道南の海に行く !! この時からひとつ私の目標が増えたのだ。
そして、実現した2017年夏の道南ツアー。
暑さよりも、楽しさが上回る。「待ってたぞ~ !!」といわんばかりに
その海は青さと透明度を増していた。
道南の人たちの気の良さが、更にその魅力を増してくれた。
20232798_1384375268344215_6795746973015454787_o
短い北海道の夏。それを謳歌するには北海道が誇る大自然に身を任せ、
キレイな海と戯れるという新たな楽しみを見つけた盆地育ち娘。
海のない札幌では、しょうがないので蛇口にホースをつなげ水浴び。
道南の海を思い浮かべながら、また来年も必ず行くのだと心に誓う。

少々涼しくなったものの、暑さはまだ続きます。
みなさまどうぞこの夏を楽しみつつ、ご自愛くださいませ。




北海道開拓移民を祖父に持つワッチは
道北の雪深い寒村で生まれた。

家業は農家。
おしゃぶり替わりに大根をしゃぶる
生粋の農家娘だ。
しかし自分のルーツをたどると
実は藤原家の末裔らしい。
これを語るにはちと情報が少なすぎるため
いつかの機会にとっておくとしよう。

私の昭和・・・
生れは昭和59年だから昭和の真っ只中を
生きてきたわけではないが
田舎の小さな部落での生活は
かすかにそのにおいが残っていた気がする。
家の前の道路はまだ舗装されておらず砂利道。
雪解けの時期や雨が降った日は道路が
ぐちゃぐちゃで、よく長靴をはかされていた。

近所の家はたったの4件だけ。
よくおやつをもらいに遊びに行っていた。
お彼岸には「おはぎ作りすぎちゃって」
冬至には「おしるこ作ったから(カボチャ入り)」
旅行帰りには「お土産ね」と
なにかといただきものが多かった。
そのお返しに、母に言われてうちの野菜だの
土産だの、作り過ぎた何かを届けに行っていた。

築30年の我が家には、薪ストーブ、レコードプレイヤー
銭湯にありそうなあんま機、緑色の羽の扇風機
ダイヤル式のチャンネルのついたブラウン管テレビ、
ダイヤル電話、緑色の2層式の洗濯機があった。
風呂にシャワーはなく、浴槽のお湯で
石鹸を流した。
炊飯器なんてものはなく、毎朝母が鉄鍋で
米を炊いていた。
今より不便だが、それが当たり前。
懐かしくあったかい風景だ。
18033291_1269602856488124_7691814271643762332_n
北海道移民の祖父は私が生れる前に遠い所へ行って
しまったためどんな人か知らない。
父が言うには、口数が少なく、寡黙な人だったとか。
そんな父も寡黙な人だ。
朝早くから夜遅くまで休みなく畑で働き続けた。
その様子を見ながら父の傍らでよく遊んでいた。
ちっさな長靴をはいて畑を走り回り
父の運転するトラクターに乗せてもらい
それに飽きると一つ年上の兄と辺りの草むらを
探検し、小さな小川を飛び越え・・・
外での遊びは尽きない。
私の足腰が誰よりもたくましく育ったのは
このおかげだろう。
(最近の子供の細長く折れそうな足を見ると
心配になってしまう。)
人懐っこい(馴れ馴れしく図々しい)性格は
近所のおじさんおばさんに可愛がってもらったからに
ちがいない。ありがたや。
18011090_1269602836488126_2698445320839018032_n

私の昭和はほんの一瞬に過ぎないが
思い出すと心がほっこりするもんだ。

いま全国各地で開催している「昭和の歌コンサート」
昭和を生きてきた大先輩たちが「良かった!!」と大喜びで
帰っていくとき、ほっこりなんて言葉じゃ足りないくらいの 
色の濃~い いろんな記憶が蘇っているんだろうな。

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

現在、四国に滞在ちゅー。
居残りで次回のコンサートツアーのご提案で四県をまわっています。

四国公演が終わった翌日から春の嵐に見舞われた西日本、
その夜が明けた新しい朝には、清々しい青空がつづいています。

IMG_0221zz


提案書を携えて関係各所にお伺いするわけですが、
その時点で、
「ワタクシ、司会太郎と、あ、申します」
とは言わないようにしています。
とっても照れ臭いからです。臭いのです。
ご提案をシリコンバレーの起業家のごとく
説明いたすことにしています。


ところが、後日に歌旅座のホームページや映像をご覧になって、
あるいは実際に公演をおこなった後に、
「あなた、司会さんだったの?」
と尋ねられることもあります。これが驚きます。
関係各所のご担当者も驚きます。
両者、一斉に驚くワケです。
その直後、Super Very照れます。



以上のことから、四国をはじめとする
全国関係各所のみなさま、
ワタクシが訪問しても司会太郎であることは
内心だけに留めてください。
または、ワタクシが姿を消した後に
自由な議論を同僚のみなさまでおこなってください。


それでは、居残り佐平次ならぬ、
居残り恥の上塗り営業を四国でつづけます。
次はどこの街かな。待っててくださんし。


ごきげんよう。
IMG_0199z
IMG_0200z
 

初めて歌旅座で京都を訪れた日。
私たちの愛車「アルフィー」を運転しながら
心が踊り、ついつい口ずさみたくなってしまった
デュークエイセスの『女ひとり』
「京都〜大原3千円〜♪」とご機嫌な歌を車内に
響かせたところ…BOSSからの一言。
「今なんて言った?もう一回歌ってみろ」
静かに低音の声が響く。

ギクリ…。

だいたいこう言われる時っていうのはあれだ。
何か間違っていることがある時なんだ。

ちえ「え?え?何?なぁにぃ?」
とぼけて逃れようとしても無駄な抵抗にすぎない。
BOSS「いいから歌え。」
BOSSの見えない角度でこっそり
携帯で歌詞を検索しようとするも…
「なぁに こずるいことしてるんだ ! 歌え。」
失敗。すぐ見つかる。
ちえ「やだ ! 絶対間違ってる気がしますもん ! 」
と全力疾走で逃げの体勢。
BOSS「お前は本当に何も知らない奴だな」

そうして始まるのがBOSSの三択問題。

1.大原3千円
2.大原3千年
3.大原3千人

「答えはどれだ ‼︎ 」と選択を迫られる。
しかし私は知っている。
この数年の経験から言って
この選択肢の中に本当の答えがないことを…

そして得意げにこう答えるのだ
「この中に正解はありません」と。
BOSS「ウハハハ ! よくわかってるじゃねぇか。
じゃあ4番目出してやるよ〜…」

しかし私は知っている。
本当の答えは教えてくれないことを。
そしてこのやり取りの締めは
BOSS「そうやって何でも人に正解を求めようったって
そうはいかねぇぞ」の言葉で終わる。
そうして後からせっせせっせと自分で調べるのだ。
こうしたBOSSとのやり取りで得た知識は
数えきれないほどある。
…気がする。
このエピソードで大体見えてくると思うが
私はおバカだ。

昔働いていたスペイン料理屋でこんなこともあった。
店長に次々と指示を受け「ハイッ!ハイッ!」と返事は
したものの、最初の指示を忘れてしまうというミス。
「おまえはトリ頭か‼︎」と店長に怒られ
「すいません ‼︎
ところでトリアタマってなんですか ?」
どうしても気になって質問してしまった。
更に店長を怒らせてしまったのは言うまでもない。
(副店長は大爆笑)

堂々とエピソード付きでおバカ宣言したものの
これは決して自慢ではない。
どちらかというと恥ずかしい。
かと言って自分のことを卑下しているわけでもない。

おバカだからこそ貪欲に直向きにどんどん前に進めば
その先にものすごく良いことが待ってるという
希望が湧き上がってくる。
麻雀でも先輩たちに勝てる気がする。
うふふふふ。

青森から始まったひとり種まきの旅。
秋田〜山形〜新潟〜富山〜石川〜福井〜と移動し
最後は京都で締めくくった。
ずっと出逢えなかった満開の桜を最後の日に
やっと見ることができた。

間抜けなエピソードを思い出しつつ、
2017年なんか良いことありそうな予感を胸いっぱいに
抱きかかえ、一旦種まきは終了。

さぁ、初めての四国のツアーが始まる。
公演レポート、楽しみに待っていてくださいね !

初めてこの座に出会ったのは2009年12月。
当時歌旅座のスタッフだった同級生から
地元 美深でコンサートをやるから観に来ないか
と誘われたのがきっかけだった。
それはそれは軽い気持ちで行ったのだが・・・

衝撃だった。

サックスを吹くチープさんに一目惚れ。
JUNCOさんの歌声に鳥肌。
そしてなんて心に響くオリジナルの歌たち。
今までに感じたことのない胸の高鳴りを
感じた日だった。

北海道のすべての町にこのコンサートを届けたい。
そんな話を聞いてしまったら、いてもたってもいられなく
なった。

これは急いでいろんな人に聴いてもらわねばと
アルバム「悲しいことは数あれど」を当時勤めていた
職場の上司に「聴いてください!」と無理やり貸し付けたあげく、
「この町でもコンサートがしたい ! 」
とせがんだのを今でも覚えている。
CIMG1310
念願叶いコンサート開催 !
当時歌旅座スタッフだった同級生ナオミと記念に一枚。


2014年3月9日。
大好きなチープさんが遠いところに行ってしまった。
人は死ぬんだっていうことを痛感。
自分もいずれは死ぬんだったら、思い切って好きなことを
やってみよう  と歌旅座の門をたたいた。

あれから3年。
いやぁ~、たっくさん怒られた。
その度にたっくさん泣いた。 
自分が情けなくて、やりきれなくて。
ティッシュ箱 何個使ったんだろう。
間近でそれを見せてしまった方々には多大なるご迷惑や
ご心配をおかけしたに違いない。
横に置いてあった誰かの上着で鼻水を拭いたかもしれない。
差し出してくれたハンカチで思い切り鼻をかんだかもしれない。
ごめんなさい。
けれど心配ご無用。無問題。
どれだけ泣いても、夜はぐっすり眠り、ご飯はしっかり食べ、
お酒は浴びるほど飲み、身体もこんなに大きくなりました。
なかなか神経が図太く、たくましい奴なんです。
 何度でも起き上がるんです。

9年目の挑戦。
今も変わらず持ち続けているのは
いろんな人に聴いてもらわねば という想い。
今年はその想いを北海道179市町村制覇に
つなげようと思う。
キラ~ン!!
004
絵:ヂュンコ ・ゲイブリエル








このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.