うたたび ザ・コネクション


カテゴリ : 日々のこと

45歳になりました。

大々的に抱負を語る歳でもなく、何を書こうかと考えていたら
「まず写真だ」と先月誕生日を迎えたジュンコから助言をもらう。
少し若いジュンコと父さん、いい写真だったね。

私の出生届は札幌市西区役所に提出したと聞いている。
数年前のコロナ禍、必要な手続きをするため同じ区役所に行った際
「集うな」と言われているにもかかわらず、
どこよりも混んでいる役所の長蛇の列に並びながら
数十年前、父もここに娘の誕生を知らせに来たのだとしみじみ思った。
しかし話を聞けば、出産が札幌だというだけで、
それから二年ほどの暮らしは訓子府(くんねっぷ)にある。

アルバムに残るのはダムの現場にいた父と幼い私を繋ぐ困惑顔のヘルメット写真。
今後の自己紹介は、訓子府町生まれと言うべきなのかしら…。
訓子府公演も久しぶりに開催したいですね。
現場を監督する幼少ナリコ



バイオリンを始めたのは5歳の時。
麻雀始めて60年と言われては敵いませんが、
40年もなかなかだと、ようやく思えるようになりました。
バイオリンを通して出会ったたくさんの方達、多くの思い出に、感謝しています。

本日の宴、ご予約いただいている皆様も、飛び入り参加の皆様も、お待ちしております。
ヴァイオリンを習う幼少ナリコ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ぎっくり腰の治りかけで迎えるピンクムーンバースデーです。
残念ながら全然ロマンチックじゃありません。

先日、父さんの納骨を終えました。
大好きな愛犬「太陽」と一緒にお墓に入った瞬間だけお日様がキラキラと照った。
直感で「あ、父さん喜んでる」と思いました。

高校を卒業して東京へ行き、最初に父さんが電話越しに教えてくれた『テネシーワルツ』。
この歌はこの旅に必要不可欠だったよ。
ありがとうね。
「面影偲んで今宵も歌う うるわしきテネシーワルツ」

必ず終わりはくる。
果たしてこの心と身体、どこまで使い切れるか。
減りゆくホルモンと筋肉は仕方なし。技使っていかねばですね。やったるで!

80歳を過ぎても台所に立ち続けてる大好きな居酒屋のママに負けないように、
風の中を魂が突き進んでいくように歩いていこうと思います(千鳥足にならないように)
ヨンナナジュンコも、どうぞお楽しみに◎

なんとなく書いておきますが、
好きなものは『北海しまえび』と『サントリー角瓶』です◎
47JUNCO &  Dad

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ロシアの作曲家、ボロディンによるオペラ「イーゴリ公」は、現在のウクライナと、中央アジアの騎馬遊牧民の物語を題材としています。
化学者でもあったボロディンは、あまり多くの作品を残しておらず、このオペラの中の「韃靼人の踊り」は、最も知られているエキゾチックな曲ではないでしょうか。
中央アジアの遊牧民、その暮らしはどんなものだろう…馬のいななき、乾いた草原を走るひづめの音。夜には広い砂漠とゲルで休む彼らを月が照らす。いきいきとした踊り賑やかな市場。
古くはシルクロードの重要な都市として栄えた中央アジア、ウズベキスタンのサマルカンドは、そんな遊牧民と定住民をつなぐ接点となっていたそうです。
「サマルカンドブルー」と呼ばれる青色のタイルで彩られた建築が並び、遠い国だと思わせる魅力があります。
直行便で9時間。札幌から羅臼まで、車で約7時間と思えば近いものですね。
今ステージで弾いている「韃靼人の踊り」は、原曲からの引用はひとつのモチーフのみで、
あとは私とバイオリンが遊牧民かのように、
イメージする景色を巡っています。
公演を重ねて、作った当初より愉しくなってきました。
お客さまにとっても、思い思いの想像が広がる一曲になってほしいなぁと思っています。
そういえば、先月、大相撲春場所で優勝した霧馬山、日本に来る前は遊牧民だったとインタビューで話していました。
大関昇進を願っています!


ナリコ写真
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。司会太郎です。

11月12日に滋賀県湖南市でスタートした晩秋の西日本コンサートツアーも、
過日の広島県竹原市で幕を閉じました。

そして、居残りの太郎は、歌旅座にとって
難攻不落のエリアと呼ばれている山陰地方に滞在しています。
島根・鳥取・兵庫北部の各ホールに、コンサートのご提案をするためです。

実際にご担当者にお会いすると、
「遠くからよくきてくれましたねえ!」と歓迎ムードのなか、
和やかに会談できます。もっと以前から訪問したかったと思うのでありました。

日本海にほぼ沿って伸びる山陰道は、ただの横移動ではありません。
その前方に広がる風景はとても新鮮。
山から山へとクネクネと曲がる県道も楽しみのひとつ。
もっと深くこのエリアを分け入りたいものです。

鳥取県米子市のホテルに1泊、その近所に「咲い地蔵」がありました。
調べると「咲い」は「わらい」と読むんですね。
そして、この地蔵さんの隣の石碑にはこう書かれています。

「念ずれば花ひらく」。

山陰に歌の花を咲かせに行きます。その日が楽しみ。

それでは、ごきげんよう。

咲い地蔵(鳥取県米子市)
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『時の坂道』という曲がある。
『1分あれば何が出来る』
『1時間あれば』『一年あれば』
『10年経ったその時に』と続く。

ちょうど1年前、円山夜想のカウンターに
いた髭の濃い大男『大木啓吾』
なんの縁あってか、気づけば同じステージに立っている今日。
『365日』を共に過ごしてきた。

『もっと良くなれる』と指南するこちら側もいるが『変わりたい』と願ったヤツ自身の心が最も大事だったのではと思う。
自分に限りをつけず未だ見ぬ世界を旅していく。新しい自分を発見していく。
そのことに怯えなかったという点では
ひとつマルをあげたいような。
(そういう私もかつては…)

『3月6日は僕が皆さんと出会った日なので空けておいてくださいよーっ』
と女の子みたいに記念日を大切にする男。
bossに会って初めて覚えたスコッチを
呑んでるが、いまいち似合っていない。

このコロナ禍、ヤツのおばあちゃんが亡くなった。
亡くなる前に、スッキリと切ったヤツの髪を見て大層喜んだそうだ。
チャラチャラした髪も服ももう必要ない。
白シャツにジーンズでも浮かび上がってくる
ような『人間力』を。
私達も、そしてなにより皆さんが見たいところでしょう。

あぁ~やれやれ 来年の3月6日も
またなんかやるんだな…
困ったもんです。
1615120285706
徳島港にて
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.