北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 日々のこと

初めて歌旅座で京都を訪れた日。
私たちの愛車「アルフィー」を運転しながら
心が踊り、ついつい口ずさみたくなってしまった
デュークエイセスの『女ひとり』
「京都〜大原3千円〜♪」とご機嫌な歌を車内に
響かせたところ…BOSSからの一言。
「今なんて言った?もう一回歌ってみろ」
静かに低音の声が響く。

ギクリ…。

だいたいこう言われる時っていうのはあれだ。
何か間違っていることがある時なんだ。

ちえ「え?え?何?なぁにぃ?」
とぼけて逃れようとしても無駄な抵抗にすぎない。
BOSS「いいから歌え。」
BOSSの見えない角度でこっそり
携帯で歌詞を検索しようとするも…
「なぁに こずるいことしてるんだ ! 歌え。」
失敗。すぐ見つかる。
ちえ「やだ ! 絶対間違ってる気がしますもん ! 」
と全力疾走で逃げの体勢。
BOSS「お前は本当に何も知らない奴だな」

そうして始まるのがBOSSの三択問題。

1.大原3千円
2.大原3千年
3.大原3千人

「答えはどれだ ‼︎ 」と選択を迫られる。
しかし私は知っている。
この数年の経験から言って
この選択肢の中に本当の答えがないことを…

そして得意げにこう答えるのだ
「この中に正解はありません」と。
BOSS「ウハハハ ! よくわかってるじゃねぇか。
じゃあ4番目出してやるよ〜…」

しかし私は知っている。
本当の答えは教えてくれないことを。
そしてこのやり取りの締めは
BOSS「そうやって何でも人に正解を求めようったって
そうはいかねぇぞ」の言葉で終わる。
そうして後からせっせせっせと自分で調べるのだ。
こうしたBOSSとのやり取りで得た知識は
数えきれないほどある。
…気がする。
このエピソードで大体見えてくると思うが
私はおバカだ。

昔働いていたスペイン料理屋でこんなこともあった。
店長に次々と指示を受け「ハイッ!ハイッ!」と返事は
したものの、最初の指示を忘れてしまうというミス。
「おまえはトリ頭か‼︎」と店長に怒られ
「すいません ‼︎
ところでトリアタマってなんですか ?」
どうしても気になって質問してしまった。
更に店長を怒らせてしまったのは言うまでもない。
(副店長は大爆笑)

堂々とエピソード付きでおバカ宣言したものの
これは決して自慢ではない。
どちらかというと恥ずかしい。
かと言って自分のことを卑下しているわけでもない。

おバカだからこそ貪欲に直向きにどんどん前に進めば
その先にものすごく良いことが待ってるという
希望が湧き上がってくる。
麻雀でも先輩たちに勝てる気がする。
うふふふふ。

青森から始まったひとり種まきの旅。
秋田〜山形〜新潟〜富山〜石川〜福井〜と移動し
最後は京都で締めくくった。
ずっと出逢えなかった満開の桜を最後の日に
やっと見ることができた。

間抜けなエピソードを思い出しつつ、
2017年なんか良いことありそうな予感を胸いっぱいに
抱きかかえ、一旦種まきは終了。

さぁ、初めての四国のツアーが始まる。
公演レポート、楽しみに待っていてくださいね !

初めてこの座に出会ったのは2009年12月。
当時歌旅座のスタッフだった同級生から
地元 美深でコンサートをやるから観に来ないか
と誘われたのがきっかけだった。
それはそれは軽い気持ちで行ったのだが・・・

衝撃だった。

サックスを吹くチープさんに一目惚れ。
JUNCOさんの歌声に鳥肌。
そしてなんて心に響くオリジナルの歌たち。
今までに感じたことのない胸の高鳴りを
感じた日だった。

北海道のすべての町にこのコンサートを届けたい。
そんな話を聞いてしまったら、いてもたってもいられなく
なった。

これは急いでいろんな人に聴いてもらわねばと
アルバム「悲しいことは数あれど」を当時勤めていた
職場の上司に「聴いてください!」と無理やり貸し付けたあげく、
「この町でもコンサートがしたい ! 」
とせがんだのを今でも覚えている。
CIMG1310
念願叶いコンサート開催 !
当時歌旅座スタッフだった同級生ナオミと記念に一枚。


2014年3月9日。
大好きなチープさんが遠いところに行ってしまった。
人は死ぬんだっていうことを痛感。
自分もいずれは死ぬんだったら、思い切って好きなことを
やってみよう  と歌旅座の門をたたいた。

あれから3年。
いやぁ~、たっくさん怒られた。
その度にたっくさん泣いた。 
自分が情けなくて、やりきれなくて。
ティッシュ箱 何個使ったんだろう。
間近でそれを見せてしまった方々には多大なるご迷惑や
ご心配をおかけしたに違いない。
横に置いてあった誰かの上着で鼻水を拭いたかもしれない。
差し出してくれたハンカチで思い切り鼻をかんだかもしれない。
ごめんなさい。
けれど心配ご無用。無問題。
どれだけ泣いても、夜はぐっすり眠り、ご飯はしっかり食べ、
お酒は浴びるほど飲み、身体もこんなに大きくなりました。
なかなか神経が図太く、たくましい奴なんです。
 何度でも起き上がるんです。

9年目の挑戦。
今も変わらず持ち続けているのは
いろんな人に聴いてもらわねば という想い。
今年はその想いを北海道179市町村制覇に
つなげようと思う。
キラ~ン!!
004
絵:ヂュンコ ・ゲイブリエル








すっかりおなじみとなった一人旅。
元気の花を咲かせましょうと町から町へと
車を走らせる。
北海道179市町村の旅も残すところあと10か所。
その中の一つに訓子府町がある。
さらに、もう何年も訪れていない町が
オホーツク管内にはたくさんあった。

今回は「氷の妖精クリオネ」の如く、(誰が妖精だ !)
羽をパタパタさせオホーツクの町を訪れた。

せっかくオホーツクに来たのだからと流氷もしっかり
見てきた。
浜へ行くとこの景色。
image
ガーン。
なんて物悲しい風景・・・
海岸までびっしりと押し寄せた流氷のおかげで
波の音は一切消され、無音のなか一人浜辺に立ち尽くす。
・・・・
流氷は天気の良い日に見るものですね。

次の町、次の町へと車を走らせていると、メンバー達と
立ち寄ったことのある駅を発見した。
網走にある北浜駅。オホーツク海から一番近い駅として
知られているらしい。
そこで見たやわらかい光と、汽車を待つ二人の少女の姿に
心がほっこり温まった。
image
「お久しぶりです」のあいさつをしに行くつもりが
ほとんどの町で「初めまして」から始まった一人旅。 
 沢山の町を訪れてはいるものの出会った人の数は
ほんの一つかみ。
まだ見ぬ出会いの数に心を躍らせ、今日も車を走らせる。 

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

気の合う人と一献酌み交わす。楽しいひとときです。
この「気の合う人」が複数で、しかもはわざわざ都合をつけて
遠くから歌旅座に会いに来てくれるとなると、各メンバーの心が弾みます。
さらには、つい先日に初めて出会った人たちとなれば、
いかなるおもてなしを差し上げて喜んでもらおうか、と思うに至るのです。


1月19日に開催した新篠津村の「昭和ノスタルジア・コンサート」。
実現のために多くのご協力いただきましたが、
そのなかからお二人、林さんと今田さんが
歌旅座の拠点である札幌・円山にやってきてくれましたよ。

お二人はちょうど札幌で仕事があったこと、
そして歌旅座もメンバー全員が札幌に揃っていたこともあって
円山の夜をご案内することができました。 

歌旅座にとって「夜の食堂」と呼ばれる居酒屋にお連れして
道内各地の食材と全国の美酒に囲まれて、全員すでに有頂天。
空のグラスと皿をご覧いただければおわかりいただけるでしょう。
IMG_0002z
でも、これで満足するには早いのです。
次は、歌旅座のホームステージである円山夜想(マルヤマノクターン)にご案内。
ここから、新たな夜のドアが開かれるのでした。

新篠津では歌旅座の公演を大いに気に入っていただいたようです。
もちろん、当夜のゲストであるご両人も。

公演当日、本番前に歌旅座BOSSに林さんが掛けたひと言、
「公演が終わったら、モツ鍋でもどうですか」。
新篠津でいただいたモツ鍋は、絶品。
「味覚は記憶」とも云いますが、少なくとも個人的には、
「新篠津=モツ鍋」で永遠に脳裏に刻まれることでしょう。
いや、もちろん、それだけではないのですが。

ご両人はこの夜を通じて、どのような記憶を刻れるのでしょうか。
次にお会いできるのは、やはり新篠津村かな。
IMG_0005z

 

それでは、ごきげんよう。




 

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

写真家っていう人たちは、つくづく体力と瞬発力が
必要とされるのだな、と思い入っています。

雪深い林の中や氷点下の凍てつく夜だって、
撮りたいモノがあればズイズイ突き進んで
冷たくなっている写真機を慎重に構えてシズシズとその瞬間を待つ。 
もしかしたら寒くて歯をガチガチさせてるか、
関西弁訛りの独り言をブツブツ呟いて待っているかもしれませんが。

写真家はたいへんな稼業であると、北海道歌旅座と懇意にしている
飯塚達央のブログを読むとあらためてそう思うのです。



今日では、携帯式の電話をもっていたらカメラも携帯していると同じ。
誰しもがカメラマン・カメラウーマンとなる時代。
でも、それらと「写真家」のあいだには、明らかに境界が存在しているはず。
写真家が撮った写真が「作品」として成立するかどうか、
さらにいえば、その作品に「個性」が感じられるかどうか、と思うのです。
ま、えらそーで勝手な思いではありますが。

 
その点、飯塚サンの写真は...。
と、いろいろと書き連ねようと思いましたが、やめておきましょう。
どう捉えるかはその人次第。
司会太郎は飯塚作品のファンのひとりである、ということです。
なんか、油絵を描いていたウチの親父の絵のモチーフと
飯塚サンの被写体が似てるところがあるからかも。
廃屋とか誰もいない風景とか。

そのような彼の作品、昨年のお気に入りをここで紹介させてください。
20160608
(c)Tatsuo Iizuka

カメラの機能やフィルムなど、たしかに作品に仕上げるための手段はあるでしょう。
でも、北海道支笏湖畔で撮ったというこの写真を観たら、そんなことはどうでもよい。
あまりにも静か。あまりにも永遠。超現実主義の絵画のよう。

この写真は、趣味の風景画しか描かなかったウチの親父をなぜか思い出させます。
幼い頃、散歩の途中で、視界にある自然界の見方を教えてくれたこと。
「空は空色だけではない」「雲の端はどうなっているか」「影の伸び方を見てごらん」。
たった1枚が多くのことを語ってくれることもあるんですね。



歌旅座テレビでは、飯塚作品を全編にフィーチャーした
「想秋譜」「白い夜」の映像をご覧いただけます。
JUNCOには悪いけど、一時停止しながらじっくりと
写真を鑑賞するのも興味深いですよ。
すると、写真が静かに語りかけてくるかもしれません。
それは、幻聴ではないので驚かないで。 



それにしても、飯塚サン。
冬の撮影、気をつけてください。
TatsuoIIzuka



それでは、ごきげんよう。
 

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.