北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 日々のこと

高知には『とさでん』という路面電車が走っている。
街の人々にとって大切な『足』となる電車だ。
『乗りたい…』
一座の休日となった5月2日。
宿の目の前がちょうど停留所になっていたもんで、
オイラの乗車欲がメラメラと燃えちゃいまして。
部屋で各々仕事をしているメンバーをよそに
ナリコをデエトに誘い、とさでんに乗車。

_20180504_124908


『意外となんてない』で有名な『はりまや橋』も
一応おがんで、『あんみつ♪あんみつ♪』と
呪文のように唱えるナリコと結局見つけたのは、
部屋で晩酌する用のかまぼこと、女子3人用の
靴下(3足500円)。
どこを見て回っても、『衣装で使えるか』と、
『酒にまつわるなにか』しか頭にない私達。
世の女性的買い物風景とは 少々ズレてるような…。

たまに雨もいい。
空に『少し休め』と言われてるようで。

宿に帰ると、男達が既に晩酌を始めていた。
(PM3時半)
納豆・めかぶ・あたりめ・金麦…コレコレ!
やっぱりコレよ!
シングルルームは一気に7人で、すし詰め状態になり
我々で言うところの『下地』が徐々に
出来上がってくる。

この日のメインは 居酒屋『とさ』でカツオタタキ
を食らうこと!
ピンク街の一角、地下に進む。
店の女将が覚えてくれていた。
前回食べたものまで!すごい!プロだ!
あまりに嬉しくて美味しくて、土佐鶴の一升瓶
3本呑んじゃいました。アホです。
でも、また必ず行くぜよ。

1525301137665


(のれそれ というアナゴの稚魚)

酔いどれジグザグ歩行の一座、無事に宿到着。
と思ったら、何名かが斜めに傾いたまま
宿隣の居酒屋へ向かってゆく…。
その名も『珍宝亭』。…なんつー名前だ。
頭のてっぺんまで土佐鶴が入っていても
ど~~~しても気になる名前だと、
入っちゃうんですなぁ~~。性です。

_20180504_124802


今日も元気に歌旅中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

父さんに作文を書いて欲しいと頼んだのは
2009年1月、夕張で『名画座』のPV撮影をした後。
父さんの行きつけの恵庭にある小料理屋にて
気持ちよくお酒も入った私達は
『父さんも言いたいことあるんじゃない?』
『思うところは沢山あるよ。』
『よっしゃ!父さんの歌作ろうぜ!』
(確かそんな流れだったと思う)と盛り上がり
とあらばまず父さんに、38年間の人生がどないだったかを
書いてもらおうっ!となった。
『まいったなぁ~~~…。』と顔をゆがめてた父さんの
姿が懐かしい。
(この翌日は、起き上がれない程の二日酔いだったらしい)
後日、『コバンザメにはなりたくなかった』という名言が
含まれた原稿がファックスで送られてくる。
その原稿をもとに、娘目線で歌詞を書き、曲をつけた。
そうして今もなお 各地で還暦を迎えたお父さん達や
支えてきたお母さん達に絶大な人気を誇る『重ね日』が誕生した。

今、一座は10年目を迎えた。38年という年月には
まだまだ程遠いけれど、それでも『自分にとっての重ね日』
を考えるようになった。
この命はしっかりと『様(ザマ)』を残せているだろうかと。

本日41歳の誕生日を迎えた訳でございますが
あぁなんと10年の早いことか。。
世間の40代女性の持つ悩みも一気に押し寄せてくる。
女性ホルモンは減り、体力も減少、オケツも下がるし、
なにかと数値も悪くなるし、お酒の量も減り、麻雀も負けるし、
(これは関係ないか。)こりゃ大変だわさ!
イソフラボン摂取にも程がある!
と思う反面、今しか出来ないことがあるなと。
私だから伝えられるなにかがきっとあるはずだと。
10年前には歌えなかったもの、今ならば…。
そんな想いです。
新曲、創ります。待っててね。

あと、私より若い女性に言っておきましょう。
いや、昔からずっと言われ続けていたことです。
うちのばあちゃんも言ってた。
~命短し恋せよ乙女 朱き唇 褪せぬ間に
 熱き血潮の 冷えぬ間に
 明日の月日は ないものを~

その時にしか味わえないあらゆる面での若さを
とにかく満喫するべしっ!ダラダラするなよ~~っ!
大正時代から言われてるんだからホラ、
やっぱり 先輩の言うことは絶対聞いたほうがいいのよ。
人生はバタバタしてるくらいがイイ。
こんな感じで↓

_20180421_153007
(狂喜乱舞する踊り子達)

JUNCOの魂を熱くしてくれる皆皆さまと仲間に
今一度感謝を込めて…
この命を揺らしていただき 
本当にありがとうございます。幸せッス。
41歳のJUNCOもお楽しみに♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

アメリカンドッグが好きだ。
大好きだ。
どえりゃあ 好きだ。
 
昔から、祭りの屋台やイベント会場の模擬店でこののれんを見かけると
蜜に引き寄せられる蜂のように、ついふらふらと身体が動き、
気がつけば「辛子たっぷり」とお店の人にお願いしている。
もしかしたら数多あるジャンクフードの中で一番好きかも?
 
 このアメリカンドッグ、もともとはアメリカ発祥の食べ物で
コーンブレッドの生地を使った「コーンドッグ」と呼ばれているようだが、
日本ではホットケーキ
ミックスを使うことが多く、
名称も独自に「アメリカンドッグ」と呼ばれ、その名
がすっかり定着している。

ただ、北海道の一部の地域、主に道東地方では「フレンチドッグ」と称し、
般的なケチャップ&マスタードの他に砂糖をまぶすことも多いそうだ。
そういえば以前「食の県民性」を紹介する人気番組で、
この道東の食べ方が紹介されていて出演者に驚かれていたっけ......。
釧路出身のダルのお腹の一部は、きっとこの砂糖まみれの
アメリカンドッグでできているにちがいない。うん、間違いない。

 
もともとは屋台で売られていたこのジャンクフードは、
今やどこのコンビニでもレジ横の揚げ物コーナーに
定番として置かれているし、スーパーのお惣菜コー
ナーでもよく見かける。
幸い、我が家の隣り、と言ってもいい距離に某コンビニがあり、
日中に小腹がすいた時や一人の夜のバーボンのお供に、
といつでも私のアメリカンドッグ愛
を確かめられる幸せな環境にある。HAPPY!!
 
25369z

 
 
 
今から5~6年前の冬のお話
 
その頃、北海道神宮のかなり近くに住んでいて、
毎年、お正月も松の内を過ぎるとどんど焼きにお願いするため
お飾りを持って散歩がてらとことこ神宮に出向いていた。
もちろん、どんど焼きが主な目的ではあるのだが、
その他にひとつ、毎年楽しみにしているものがあった。
年末年始のその時期だけ営業する、
私の大好きなアメリカンドッグの屋台があるのだ。

本殿手前に構えるその店は他の店とは違って
トッピングにするソースが豊富で、
我が愛しの激辛ハバネロソースが選べるのだ。
6月には同じ場所で大きな〈北海道神宮祭があるのだが、
その時その店は他のフードを売るので、
このハバネロソースのアメリカンドッグはこの時期にしか味わえない。
 
その年も、本殿へのお参りもそこそこに店に立ち寄り、
たっぷりとハバネロソースをつけてもらい、
ご満悦でひと口かじりながら歩き出した。
 
と、その時......。
2羽のカラスが真正面から私の手元めがけて向かってきたのだ!
確かに「今年はやけにカラスが多いな」とは思っていたが、
元々カラスの多い地区では
あるし、毎年食べ歩いても
襲われることなどなかったのに......。
 
思わず身をすくめた私の頭を「ガシッ!!」とつかんでいったのだ。
カラスのくせにワシづかみするなんて、
小鳩のようなうさぎの心臓はバクバク......って、
ややこしいわ!!
 
幸いにしてトレードマーク(?)の帽子をかぶっていたので怪我はなかったが、
あの爪の感触は今でも覚えている。
 
とにかく、びっくりはしたけど気を取り直してルートを変えて歩き出し、
もうひと口かじった時にまたしても、しかも今度は、3羽で戦隊を組んで
低空飛行で私の顔めがけて羽を
広げて飛んできたのだ。

いやぁ、怖いもんですわ、やたら大きく見えるし......。
 
その勢いに思わず、持っていたハバネロアメリカンドッグを
手から放ったところ、3羽はブルーインパルスさながら
急転回して見事にさらっていってしまった。
 
しばし茫然......カラスめ、カラスめ!
まだ、ふた口しか食べてないのに......
1年越しに楽しみにしていたのに......
ブツブツブツ......。
 
しようがない、と今度こそ気を取り直して回れ右、
もう一度店に戻り、同じものを注文したら。
そりゃそうだよね、ついさっき買ったばっかりだもの、
店のお兄さんがニヤリとひと言、
 「おねーさんも好きだねぇ......
ちゃうねん!  おにーちゃん、そうやないねん!!
 
それにしてもあのカラスたち。
おねだりしてハバネロソースをたっぷりとかけてもらったから、
真冬だというのにひと口食べると頭皮がパラダイスになる、
というしろものなのに
......。
 
今回の(も?)しょうもないお話の締めはこの言葉:
 
「円山のカラスはお辛いのがお好き」
ププッピドゥ!!

25368z

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


ゴールデンウイークはどうお過ごしになりますか。
そりゃあもう、北海道歌旅座の関西・四国コンサートツアー
お越しになりますよね。ありがたい、ありがたい。

北海道はまだ肌寒く、春がちょっと街角から顔を出した程度ですが、
関西・四国は気温的に見ると初夏の陽気のようで。
暖かいところへ行きたい、と思う北海道人は、
この大型連休は関西・四国へ行かなければなりませんね。

行くとなりますと、飛行場へ行って飛行機に乗るのが
もっとも早く到着するはずです。
1980年代までは東京へ行くのにも、ひと財産失う覚悟でしたが
現在では長距離バス並みの料金で福岡まで行ける時代。
ヘタをしたら海外までも国内旅行の予算で行けてしまいます。

ただ、以前から思っていたことですが、
夏期や年末年始の「繁忙期」とかと呼ぶシーズンに
なぜ航空代金を高くするのかが解せません。

利用者が多い時期なら、料金を下げてもいいではないか。
仮に100席で満員なら、1人あたりの単価を5,000円として500,000円、
逆に、閑散期で50席しか埋まらなかったら、
単価を10,000円にして500,000円の収益にする。
以上のようにしたほうが、腑に落ちるのですがいかがでしょう。
まあ、輸送重量が増えると燃料や運営コストも比例して増える、
と反論してくるのでしょうが、果たしてどうかな。


ところで、歌旅座も飛行機を利用することが多いのですが、 
いつも気になっていることがあります。
以下の写真をご覧ください:
KinaiNGz
国土交通省が発表している、航空貨物として基本的に
受け付けていない「危険物」の一例です。

まず、第1の疑問。
これらを実際に飛行機で運んだ結果をうけてダメなのか。
実験したのだろうか。

さすがに放射性物質は厳しいのはわかるけれど、
炭がどうしてダメなのか。
リチウムバッテリーは、数年前にスマートフォンの某機種が
火を噴き出したってニュースになったから理解できるが、
炭はいいだろう。自然発火したっていうのだろうか。
意外と空気清浄してくれたり、飲料水がおいしくなるのでは。

オイルライターや徳用マッチがダメなのも納得しづらい。
100円ライターは身につけていればOKなんですよ。
機内預けで花火やガス缶に触れて、
文字どおり一触即発するというのだろうか、

温度計の水銀がいけないのなら体温計はどうなのか。
でも、炭はいいだろう。

以上の禁止は、予想される事故を未然に防止するためなんでしょう。
そうだろうけど、気にくわない。


第2の疑問。
これらのご禁制物品を実際に持ち込んだ者はいるのだろうか。
さらに飛躍して、これらすべての物品に関連する人物は
この世に存在するのだろうか。

犯罪者をある程度まで推測する方法で
「プロファイル」というものがあります。
犯罪の特徴から犯人の性別や生い立ち、
家庭環境などを割り出して捜査に役立てます。
米国連邦捜査局=FBIでおこなわれているのが有名ですね。

これらすべての危険物を扱えるヤツはいるのかどうかを
先日の空港における長い待ち時間のなかで、真剣に考えたのでした。
プロファイリングを脳内で実施してみたのです。
それをここで発表いたします。

ダイビング用ボンベやキャンプ用ガスを使用する:
室内よりも屋外の活動が多く、水中にも潜る人物。

ライターやペンキを使用する:
修繕・修理作業に長けた喫煙者。

花火やクラッカー、弾薬を使用する:
パーティー好きか、相手を撹乱する術をもつ従軍経験者。

酸素発生器、漂白剤を使用する:
呼吸に難があり、犯罪現場の証拠を隠滅する人物。

徳用マッチ、炭を使用する:
マッチで炭に火をつける人物(炭はいいだろう)。

殺虫剤、農薬を使用する:
屋外で農作業をする人物。あるいは毒殺目的か。

放射性物質を使用する:
裏切り者を抹殺するロシア人?

バッテリー、水銀を使用する:
寒暖の差を気にする自動車整備業者。

エンジン、リチウムバッテリーを使用する:
スマホやパソコンを屋外で利用する自動車整備業者。

おわかりになりましたか。
総合しますと——
池や湖沼に潜って沈んだ自動車を引き揚げ、
それを新車同様に整備する技術をもつが、
長年の喫煙と潜水でカラダがむしばまれていて、
いつも低体温症と発熱に悩まされている。
競合他者には無慈悲であり、あらゆる方法での暗殺も厭わない、
パーティー好きな旧ソ連KGB出身の宿無し自動車整備業者
なんです。

ほぼ間違いないところでしょう。

そこで、この人物の肖像を描いてみました。
これです↓
profiling
不吉な人相ですね。
空港でこんな人を見かけたら速やかに通報してくださいよ。




そんな感じで、ここまでお付き合いありがとうございました。
参考になれば幸いです。

ゴールデンウイークは危険物に気をつけて。


ごきげんよう。







 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

変幻自在のカメレオンに憧れています。
その時・その人・その場面で 面白おかしく
時に色っぽく、時に力強く…そんな風に形を
変えられる役者に憧れています。
歌手という職業柄、昭和の多種多様な声色を
随分と研究させてもらい 『声』という分野においては
少々のカメレオン感が出てきたなと思ってますが
はてさて人間という分野においてはいかがなものか。

座内で『雀友会』なる中国語講座という名の
麻雀が年間を通して100試合程行われているのだが、
(やりすぎだ。)
やはり日々 プロの打ち筋を勉強せなあかんな
と思い、Abema TV(ネットTV)で放送されている
RTDというプロ同士の対戦を 睡眠時間を削り見ている
訳ですが、まぁ~皆さん 人間味が溢れていて面白い。
麻雀をしている間は勿論 一言も言葉を発しないのだけれど、
アンドロイドのように淡々を打つ人、いつも哀しげな表情で
悩み続ける人、やくざみたいに立ち向かっていく人、
祈りを捧げる人、うそをつく人…そこはまるで舞台!

このリーグに参加している人達は、大体が30代から40代
という油のノリにのった年代。
歌旅座と一緒だ。
そのメンバー達が 1メートル四方しかない舞台で
見てる人達に、感動や驚きや嘆き・葛藤・色んなものを
与えてくれる。
普段、その人がどんな人間かなんて関係ない。
その舞台の中で いかに輝けるか。実に面白い。
恋してしまってます。ぶっちゃけ。

よく、言う人います。しかも若い人が。
『自分を大切にしようと思います』
この言葉、実は最近 あんまり好きじゃないんです。
自分以外の感覚を持つ人間と ぐっちゃぐちゃの
もみくちゃのほにゃほにゃになるまで向き合い、
おぉそんな景色もあるのかと、自分の知らなかった
ものを知って知って糧にしていく。
まだ形の定まらない自分を大切にするもなにも
ぬぁい!  果てしなく変化(へんげ)ぢゃ変化ぇ~!
というのが今の私の考えです。

雀士達は勝つ為に、研究を重ねる。
それは、私からすると最高のカメレオン役者!
今この時代を生き抜く為に、どう戦えばよいのか…
同じ年代の人達が、必死に勝負している姿は
なにか胸にグッとくるものがあります。

人生は舞台!
今日はどんなストーリーの中にいるのかしら。
そして自分は どんな役を演じるのかしら。
歌旅座は役者揃いだなぁ~♪

『わ~~ぉっ!親満~!!?
い~くら振っても やっめらっれナイっ♪』
1 032
チャンチャン♪


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.