北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 日々のこと

司会太郎です。

まずは、18日の朝に起きた地震で被害に遭われた
関西地方のみなさまにお見舞い申し上げます。
近いうちに、また関西へ元気を届けに伺います!



先日、九州から北海道へ帰還しました。
札幌は肌寒くって、前回のブログ
「もう真夏」だと書きましたが、早計でしたね。

福岡県の2つの町、広川筑前公演を終えて、
あっしは例によって居残り営業、次回公演工作員として
各地を訪れることができました。
お会いしたみなさん、その節はありがとうございました。

筑前町公演を終えた直後の日曜18:00に
すぐそばの筑紫野市でレンタカーを借りて、
一路、鹿児島県へ。 
これね、ホテルに到着したのが22:00頃でね、
孤独な3時間越えドライブはね、ちょっとまずいと思った。

でも、ホテルは快適で。
ここで、恒例の「ホテルの小部屋」の紹介です。
IMG_0695_z
いかが。洋室なのに座椅子あり。
写真には入っていないですが、別途、デスクとチェアもあります。
全体的にダークな色調で落ち着いた趣きに好感が持てました。

直径15センチほどの奇妙な壁のシミも愛おしくなるもの。
IMG_0697_z
このシミを見ながら、筑前公演で差し入れていただいたシュークリームと、
前夜に歌旅座メンバーが飲み残して半分ボケた味わいのワインといきましょう。
IMG_0699_z
素敵な夜食でありました。



翌月曜日は鹿児島にいくつかの足跡を残して、夜に宮崎県へ。
ここの宿もよろしかったです。
ただ、ふつうだったので写真は割愛。


火曜。梅雨入りしたというのに、宮崎県内は青空。
ちょっと寄り道をしてみました。
国道のすぐ横に、小さな駅を見つけたのです。
IMG_0705_z
どーですか。
ほとんど、写真家・飯塚達央氏の世界ですね。

しかし、3分程度で飽きてしまったので、
立ち去ろうと思った矢先に聞こえてきましたよ。鉄路のリズムが。
IMG_0708_z
1両編成の列車。停車は1分程度でした。
運転手はきっとあっしのことを鉄道ファンだと思ったに違いありません。
でも、鉄道、そんなに好きじゃないです。


進路は北へ。
20:00頃、宮崎県内の某市ホテルへ。
ここも悪くはない宿でしたが、取り立てて紹介するほどでも。
フロントで教えてもらった中華料理店に行ってラーメンとチャーハンを。
これが、不味かった。なぜだ。
まあ、全部たいらげましたけども。


水曜。大分県に入ります。
今回はいろんな方に公演開催について
提案先のご紹介やヒントをいただいたりと、
これまでの九州工作活動とは異なる充実感。
訪れたいところが
まだまだあります。

そしてこの夜、22:00過ぎ。
熊本県某市の宿へ。

お待たせしました、今回2つ目の「ホテルの小部屋」。
まずは、この写真。
IMG_0715_z
きましたよ、空前絶後の1人=3ベッド。
どのベッドに寝てもいいんです。
相部屋なのではないか、手違いではないかと
思われるでしょうが、この部屋でいいんです。
もちろん、格安の
1人料金。


おまけに、
IMG_0717_z
驚愕の2ドア。
以前は何かで仕切られた2部屋なんでしょう。
やはりドアが2枚あると、心強いですね。


IMG_0720_z
郷愁誘う昭和風デスクも2つ。
これは、仕事がはかどるぞ。


IMG_0719_z
吊り棚だって2セット。
何を入れようかなあ。


IMG_0725_z
ロッカーも完備。
先人たちが遺してくれた不審物でさえも、
そっと見守ってくれているような佇まいが、うれしい。


そして明くる朝、木曜。
熊本県と福岡県で各種打ち合わせとご提案。
夜は、新社会人の頃の北海道出身同期と久しぶりの再会を果たし、
博多で盃を交わして市内の都会的なホテルで就寝。
現代的すぎる設備なのでここのホテル写真はナシ。


金曜の午前に福岡空港を発って、17:15頃に札幌の自宅に辿り着き、
荷ほどきをして「メナムの晩餐会」に出席。

最終的に、「もう、どこで眠ってもいいや」と、

夢の中で思いを新たにしたのでした。




今回はこんな感じです。
ごきげんよう。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

北埜うさぎのトレードマークと言えば…
などとは気恥ずかしく、おこがましいので声高には言えないが、
"無駄に多いうねうね・くるくるの髪にニット帽"と思われる方も
何人かはいらっしゃるだろう。

昔から帽子は好きだったのだが、元来のものぐさ・ズボラな部分を
隠してくれる利点が幾つかあり、「化粧はせずとも帽子はかぶる」
これがもう うさぎの日常になっている。

私は頭がデカい。
そう言うと 真正面からはそれほどには見えないのか、あるいは
心優しき人々のいわゆる"忖度”というやつか、「そんなこと
ないでしょう?!」と言ってはもらえるが、いやいや、どうしてどうして。
前面は額が丸く広いおでこちゃん。
後頭部は、これはよく美容師にはいい形とほめられる「後ろでこ」タイプ。
小さな小さな頃は写真嫌いで、よくカメラを向けられると ぴぃぴぃ
泣いていたらしいのだが、短く刈り上げられた頭で、涙を〇水で
ぐしゃぐしゃになっているその頃の写真の仔うさぎはまるで
"空豆”だ。
載せないよ!
見せませんとも、そんな写真。ふーーんだっ!!

ほんでもって、小学校低学年の頃ついたあだ名が"でこっぱち”。
懐かしの赤塚不二夫作『もーれつア太郎』の押しかけ子分のデコッ八。
ま、さすがに もうちょっとは可愛かったけどね。

_20180614_154455
(画:ヂュンコ・ゲイブリエル)

でこっぱちから長じても 小顔ならぬ小頭にはならなかった。
帽子好きではあるものの、つば付きのおしゃれな"ハット”は、
悲しいかな、物によっては 帽子を脱いだ時に孫悟空の頭の
輪のような跡が残ってしまう。
だから愛用のニット帽の殆どは 女性用ではなくメンズコーナー
で仕入れたものばかりだ。
気がつけば 何十個にも増えた帽子たちは もはや身体の一部
みたいになっている。

そう言えばーーーーーーー

私の父の世代は、外出する時には必ず帽子をかぶっていた。
昭和、いや昭和初期までに生まれた男性の多くは、外出時の着帽は
当たり前だったように思う。
夏は白いYシャツの袖をまくり、頭にはカンカン帽。
秋冬はツィードの背広にソフトな中折れ帽。

昭和 中折れ帽


玄関のコート掛けの上には 季節に合わせた帽子が
常にのっていた。
遊び心にその帽子をかぶると、当時父が使っていたポマードの
匂いが薄く香ったものだ。

父の帽子を思い浮かべる時、何故か同時に浮かぶのは、"ひょい”
という言葉だ。
国語辞典曰く、"ひょい”とは『身のこなしが軽いさま。
または 軽い調子で物事をするさま』を表す言葉。
出かける時は靴べらを使い革靴をはいた後、最後に"ひょい”と
帽子をかぶる。
帰宅すると玄関のコート掛けの上に"ひょい”とのせる。
外出先で気のおけない知人に出会うと "ひょい”と帽子を持ち上げる。
数日の出張から戻ると、お土産めあてに玄関まで出迎えた仔うさぎの
頭に"ひょい”と帽子をかぶらせてから、バッグからお土産を出して
くれたりもした。
今思うと、父達の世代にとっての帽子は お洒落というよりも、もっと
気楽な『嗜み』のようなものだったのかもしれない。

車社会になり、生活様式も変わり、男性も様々なヘア・スタイルを
楽しむようになった今、若い層を中心にいろいろなタイプの帽子を
かぶっている男性を見かけるようになった。
でもそれは、とてもオシャレなものが多い。
私にとっての、あの"ひょい”とした帽子は 懐しの昭和ノスタルジアだ。
旧き良き時代、などと大袈裟にくくる訳ではないが、父の帽子を
思い浮かべると、デジタル表示では測れない、ゆったりとした
時の流れが思い起される。

昭和のあたり前の日常に欠かせないものの一つとして 父の帽子は
"ひょい”と存在していたのだ。

私は 私の帽子をかぶりながら、
そっと目を閉じて、あの中折れ帽に香る、懐しいポマードの
匂いを想い出してみようかな。

そう、明日 6月17日は 父の日。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

『博多のOさんとYさんから、呑みのお誘いがきてるんだが
俺 その日バンコク行くから お前ら女3人で参加するか?』
『ひっひっひ♪ってことは、もつ鍋ですね♪ひっひっひ♪
いいんですかぁ~~?♪ひっひっひ♪』
(どちらも、BOSSの古くからの知人である)

福岡県筑前町での公演を終え、BOSS&Areeはバンコクへ、
ダルは山陰営業へ、司会太郎は九州営業へ各々飛んでいった。
つまり、珍しいことに その夜は歌旅座三姉妹が残ることに。
福岡で公演がある時、我々は鳥栖に拠点を置くことが多い。
なにかと便が良いもので。
しかし、なにしろ『もつ鍋』が手招きして待っているということで
その日の宿は、なんと渡辺通りに面したモントレーグループのホテル!
モ・モ・モントレーっ!!ドレス着てチェックインしなくて
いいんすか?大丈夫すか?
なんだか、他のメンバーに申し訳ないなぁ~~~♪ね~~♪
なんて言いながら、心は既にウカレポンチ。

九州男児のお二人のエスコートを受け、ホテル近くの創作料理屋へ。
顔だけステージのままな女3人を引き連れて店に入っていく姿は
さぞかし、動物園の飼育員のようだったろう。申し訳ないです。
乾ききった喉に ビールが瞬く間に吸収されていく。
明日はなんてったって帰るだけでやんすから。
博多のジョンレノンと呼ばれている(?)Yさんが、なにやら
お気に入りらしい『ラーソーメン』を注文。
その名の通り、ソーメンではなく博多ラーメンの細い麺を使ったもの。
ほんのり甘めのつけ汁につけて食べる。おや?酒のつまみに合うぞ?
これは、麺さえ入手すれば どこでも出来そうだ。
後はお待ちかねのもつ鍋。あぁ~…コラーゲンが沁みてくるぅ~…

DSC_0604


顔だけ派手な女3人とおじさま2人。
合コンと呼ぶには ちょいと雰囲気が違うし…。実に妙な呑みの席。
しかしながら、みんな大好き『三岳』(焼酎)は、さらりとなくなる。
なにしろ、明日帰るだけの私達でございますから、一軒だけで
博多の夜を終わらせるなんてことは、考えられません。
その気持ちを察してくださったお二人は、ため息まじりに
博多名物の『屋台』へと案内してくれました。
あぁ…なぜ 屋台の提灯ってこんなにも心を動かすのかしら…

_20180612_111921


少々湿度が高いとはいえ、外で呑むには最高の気温。
イモ焼酎のロックにおでん、小魚の一夜干しを炙ったやつ。
心地よい揺れの中で、『あれ?なぜ私は屋台で、ジョンレノンと
アラブの国王と呑んでいるのだろう(スイマセン)』
なんて思ったり。。

ほとんどお話したことがなかった仲なのに、私達とグラスを
傾けてくださって…お酒は こういう時、とても丁度よく
人との距離を縮めてくれます。
九州男児(九州紳士?)との不思議な博多の夜でした。

人は呑み過ぎるとシャックリが止まらなくなる。
ホテルの部屋に着くと、チエが『ヒャッ!…ヒャっっ!…ヒッ!』と
壊れたオモチャのようになっている。
そこへ、NARIKOが、『水をグラスで こうやって向こう側から
飲むと止まるんだよ。こう。違う違うっ こうっ コッチっ』
とある意味こちらも壊れたオモチャのように説明している。
…こいつら、変だな…思わず写真を撮るワタシ。

_20180612_111949


3人部屋は楽しい。

微妙に呑み足りなかったNARIKOが買った梅チューハイを
回し飲みしながら、女3人の夜は更けていった。

翌日、飛行機(Pのつく会社)が3時間半も遅延して
せっかくのコラーゲンも なんだか怒りに変わっちまって、
ほうれい線も深くふかぁ~くなっちゃいました。

_20180612_122549

ホントに大変です。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ダルです。
滋賀県愛荘町の公演終了後から、
我らが機材トラック車[歌旅号]で
山陽地方を営業しております。

先に帰札した歌旅座メンバーによると、
札幌は耐え難い暑さだとか。
こちらはもっと暑いだろうと
心配してもらっていたけど、
営業を始めた途端に梅雨入り宣言。
ここ何日かどんよりして青空を拝めず、
意外と過ごしやすい感じ。
ただ、瀬戸内海の景色もあまり見えず残念。


今回の営業の旅は、
かつて公演を開催していただいた
市町村へも訪れています。
久しぶりの再会を楽しみました。

たとえば、岡山県倉敷市のホールを管理されている会社に伺うと、
ご担当者がこのブログを読んでくださっていて、
「こっちに来てるなって思ってたよ」と、
とっても温かい笑顔で迎えてくれました。
こちらの会社は何度も歌旅座の公演を主催してくれています。

さらには、「公演も何回見たかな〜、5回くらいかな」
「最初の頃は君も後ろで踊ってたよね」など、
僕がステージに立っていた頃のことまで覚えていてくれていたんです。
今後のことも相談できて、有意義な時間を過ごせました。



続いての再会は広島県竹原市。
竹原市は過去2回開催していただきました。
そして、今回お伺いしたのは竹原市役所市長室。
これまでの開催をまとめてくださっていた
今榮さんが今年から市長になられたとのこと。
ご公務のお忙しいところに時間作っていただきました。

市長室につながる事務所前を通ると、
職員の皆さんが全員スッと直立してご挨拶してくれるんです。
こんな僕にですよ。
こんな体重85キロで痛風持ちの知性が低い不恰好な青二才にですよ。
これは大変な場所に来てしまったと、
一気に緊張して全ての毛穴から汗が吹き出てきました。

お会いせずに帰ろうと思いましたが、そうはいきません。
息を飲んで市長室に入ると、
「ダルちゃん、いらっしゃい。こういうこと(市長)になりました」
と、あの今榮さんがあの頃と変わらない笑顔で迎えてくださいました。
その直後に肩の力が抜けて、心からホッとしたのです。
同じく過去の公演でお世話になった柏本さんも同席。

その後、いろいろとお話することが出来ました。
ドキドキしながらも楽しいひととき。
3回目の竹原公演、近いうちに実現するかな?

IMG_4063
今榮敏彦竹原市長と僕、市長室にて。
こんな服装ですみません。次回は燕尾服を着ていきます。


もちろん、未開催市町村への種まきも進行中です。
その芽がいつ、どこから出るのか。
営業の旅もすればするほど、楽しみがどんどん広がっていきます。

九州2公演を終えれば、今度は北上しながら山陰地方を回り、
同じく公演のご提案をしながら北海道へ帰ります。
こちらも、素晴らしい出会いになりますように。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
またも司会太郎です。
恐れ入ります。
恐れ入谷の鬼子母神です。


暑いぞ、北海道。
6月が始まったばかりなのに真夏の陽気。
7〜8月に向けて少しずつ体調を夏仕様に整えているのに
いったい、どーなっているのか。計画が台無しさ。

しかも、ブログのネタがない。
井上陽水は「傘がない」
昔の北海道知事は堂垣内

なので、今回は過去に全国各地で撮影した、
夏らしい写真を集めてみました。
すべて未公開の蔵出しです。

梅雨に突入したら青空がしばし恋しくなるし、
北国の夏は短いから、このKUSO暑い日々を
逆に楽しんでみようと思った次第。


まず、最初の写真。
IMG_150828z
2015年8月28日、初めての奥尻町公演に向かう前に立ち寄った
せたな町の三本杉海岸。
小さく写っているのは歌旅座メンバー。
そういえば、北海道南西沖地震から今年で25年目になるんですね。
今年の七夕、7月7日奥尻公演でまたお会いしましょう。


次の写真。
IMG_170601z
時間も距離も一挙に飛んで、2017年6月1日に日付が変わった
福岡県久留米市の深夜のひとコマ。ほぼ1年前。
この日も北海道人にとって暑かった。
屋台でクダを巻いているのは、奥からJUNCO・チエ・ナリコ。
屋台、すだれにコップ酒。これで夏の想い出、出来上がり。


つづけましょう。
IMG_170608z
2017年6月8日。
ここは岡山県倉敷市の公演会場。
青蒼の空に、触るとヤケドしそうな石の壁。
この壁に触れて10分もいると、神に近づける気持ちになるはず。


暑くなってきました。
さらに、写真を。
IMG_171111z
ここで、少しは涼みます。
2017年11月11日の高知県馬路村公演に向かう途中の川。

季節は冬に差しかかるところなのでしょうが、
例によって北海道人にとっては最適な気候であります。
奥がJUNCOでBOSSにアリタ、3人とも楽しそうですね。
いや、これで精一杯満喫しているんです。


さて、次の写真は何かな。
IMG_180602z
これは、最新。
ついこのあいだの6月2日、
和歌山県有田市の有田市民会館、その楽屋前。
そして、中央にいる屈んだ男は、ウチのアリタ。
そうです、「アリタ in アリダ市民会館」をもう一度。
前回のブログ記事で使用せずに余っていた写真でした。

ところで、この廊下、涼しそうでしょう。
涼を求めるなら、廊下に限ります。



そして、結びの1枚。
これは、ある意味で「ヒヤリ」とします。
危険な外来昆虫のことではありません、「ヒヤッ」とするのです。
それでは、どうぞ。
IMG_141220zz
初めてこれを見たとき、衝撃を受けました。
同時に、用を足す際には細心の注意を
払わなければならないと思い知らされます。
いや、日本の伝統的な型式でおこなう場合は大丈夫かも。

とはいえ、この一見して奇異な空間は
現代のニッポンを暗示しているのかもしれません。
和洋折衷(雪隠)は、もはやこの国の新たな伝統です。
また、和風形式と洋風スタイルのチン列という大胆な試みは、
これを目の当たりにする外国人にとって
ニッポンを理解する大きな助けになってくれるに違いありません。

さらには、この1畳にも満たないスペースで、
ニッポン人と外国人の「夢の共演」が
いつの日にか実現するやもしれません。
来たるその日にこそ、国境を超えた真のカタい友情が結ばれるのです。


そう強く願うと同時に、
自分で何を書いているのかわからなくなったところで
この記事を終わりにします。


熱中症には気をつけて。
ごきげんよう。




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.