北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 北埜うさぎ

ここ数日の寒波のせいで、びっくりするほど水が冷たい。
ツアーの間中、お留守番うさぎは、またまた自分のために
ご飯を炊くことがなかったから、久しぶりにお米を研いだら
まぁ、その冷たいこと。
カキーンと脳天に響くうえに何より、あかぎれにしみること、
しみること、しみること。

このあかぎれ。
主婦に限ったことではないが、やはり家事を担う者にとっては
大層やっかいな冬の風物詩。
気がつけば両手のあちこちに小さな亀裂が入り、
小さいくせに“どうだ!!”と言わんばかりに痛みでその存在を
主張してくる。

もともと手がカサカサで荒れやすいうえに、まめなお手入れを
しないズボラな性格ゆえ、冬場は気がつくと、あちこちに
あかぎれの入った何とも悲惨な両手になっている。
ごめんね、うさぎの右手、左手。

そういえば小さい頃、雪遊びで手が荒れると、母が
湯を入れた桶の中で私の手の甲を亀の子たわしでゴシゴシ
ゴシゴシこすったものだ。
あの硬い茶色のたわし。
それはもう、涙が出るほど痛くて、両手の甲が真っ赤に
なるのだが、柔らかいタオルでしっかり水気をふき取り、
そのあとたっぷりとクリームをすり込んでもらうと、
翌日には、すっかり良くなっていた。
痛くて懐かしい思い出。

大きくなってからも、手荒れがひどくなると、荒治療とも
言えるこの方法で治したことが何度もあった。
自分でこすると痛みについつい手加減したくなるのだが、
そこは子供の頃耐えたあの痛みを思い出して
ゴシゴシ、ゴシゴシ。
きめ細やかでデリケートなお肌の方には決しておススメ
できないが、面の皮は薄いけど?ごつごつして皮の厚い
私の手には手早く、効果の高い治療法だった。

_20190209_142548


だった。そう過去形。
今は昔に比べて、いろいろなケア・タイプのハンドクリーム
が出回っているし、多少、塗るときにしみるがあかぎれの
傷口を保護する塗り薬もある。
そのおかげで、この荒治療前の段階で何とか踏みとどまる
ことができている。
本当はその前に細めに手入れをして乾燥させずに
労わってあげればいいことなのにねぇ。

もう2月。
でもまだ2月。
立春を過ぎ、春に向かっていくというのに一番寒い季節。
どうぞ皆様、お身体をご自愛すると共に
皆様のその白魚のような手も大切になさって下さいね、
と薬用ハンドクリームを塗り込み、両手をこすり合わせ
ながら、うさぎ 祈ってます!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

“人生最後の晩ごはん”という意味で「最後の晩餐」に
何を選ぶか?という質問をTVなどで耳にすることがある。
自分はどうだろう?と考えると、その時が来るにはまだ余裕が
あると思うので決めかねてはいるが、候補のひとつに“お寿司”
がある。
昔々、子供の頃は“お寿司”というのはハレの日の食事であって
そう頻繁に口にするものではなかった。
今やスーパーのお弁当売場にも並ぶほど当たり前の一品?
となるとは思ってもみなかった。
“寿司好きうさぎ”としては、ちょいと出かけると何処かしらに
回転寿司の店を見つけられる昨今が本当に幸せで…。
なので所用で出かけた折、買い物ついでに、散歩がてら小腹を
満たしに、と何やかや週に一度ほどのペースでお皿を
重ねている。
時折JUNCOに、“今日はどこそこで何枚重ねた”と報告し、
それに対しJUNCOが“ほほ~~”と答える、という実に
実りのない会話の素ともなっている。

私と回転寿司のつき合いは意外と古い!?
今では女性の一人客など当たり前の光景であるが、その昔
まだピチピチうさぎの頃は、そもそも回転寿司は数えるほど
しかなく、客層も外回りのサラリーマンや、日本酒を
ちびりちびりやっているおじさん達など圧倒的に男性客
ばかりで、ピチピチうさぎが入店するとよく奇異の目で
見られたりしたものだ。
そんな目は全く気にしなかったが…。
その頃の回転寿司は私にとって胃と心を満たすだけではなく、
実は闘いの場でもあった。
今の回転寿司はたいがい「お好みの物を注文してくださいねぇー」
というスタンスで目の前の板さんに直接だったり、備えつけ用紙
に記入したり、タッチパネルでポンと押したりしてオーダー
するのが主流だが、その頃は当たり前に流れてくるお皿から
好みの品を選んだものだ。
だから、だからこそ何枚か流れてくる同じネタの中から
一番新鮮で一番いい部位の物を選び抜く、その目が必要と
なってくる。
あの頃、私は真剣だった。
真剣に回転寿司と闘っていた。
そりゃあ、お金を出せばいくらでもいいネタは食べられる。
でもそれじゃあ面白くないし(いや、そもそもそんなお金ないし)
当時回転率の一番高かったまぐろとイカに絞り、特にまぐろに
関しては、築地の仲買人もかくや?という目付きで選んで
いたと思う。
この闘い、勝率は8割を超えていたと思う。
例え安いまぐろでも選び方によってはびっくりするくらい
美味しい物に当たることもある。
心の中で勝ち名乗りを上げて店を後にしたのが8割。
残り2割は、座る場所が悪かったり、照明の加減で
“いい”と思って選んだネタが案外筋が硬すぎたり、シャリの
下のほうが乾きかけていたり…と、そんな負け方。
そんな時はリベンジを誓い、うつむくことなく「握りしめた
その手で自分の胸をたたいて」店を後にしたものだ。
ナンノコッチャ?
懐かしいな、あの闘いの日々が…。
今は好きなネタだけを注文し、満足満腹する心穏やかな
余生を送っている。

そう言えば、ずいぶん前、あれは東京・高円寺での公演後、メンバー
と行った『桃太郎寿司』でのこと。
隣に座ったJUNCOが白子の軍艦巻きを注文した。
お皿が置かれた時に “JUNCO、あれ何だろうね?”と店内に
張られたポスターを指さし、JUNCOがそちらに目を離した
すきに、上に乗った白子だけを2個とも食べてしまった。
いやあ、我ながらあの瞬間芸は見事だったと思う。
JUNCOが目を戻した時にはもうそれはただの海苔巻きに
なっていた。ガハハハ。怒られた、怒られた。
ほんに、すんまへん。
そろそろ、そのお詫びも兼ねてJUNCOを誘って回転寿司に
行こうかな。
まだまだ “たち軍艦”の美味しい季節だもの。
そうなるとダルとチエにも声をかけなきゃ…。
いや、待てよ。アイツらはいったい何枚お皿を重ねるのか?
今月の私の懐事情を鑑みてーーーーーなどとケチ臭い話は
やめて、ここはひとつ うさぎ姐さんとしてど~んと一言
言おうじゃないか。
“さあ、君たち、何でも好きな寿司喰いねぇ!!”

_20190127_171419

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

寒中お伺い申し上げます。
皆様には 良い新年をお迎えのことと存じます。
歌旅座一同、本年もどうぞよろしくお願い致します。

平成最後の年末も、平成最後のお正月も、駆け足で
過ぎてしまいました。
個人的には多少のアクシデントがあったものの、近くの
お寺から聞こえる除夜の鐘を幾つか数え、多少の煩悩を
打ち払いながら穏やかな新年を迎えることができました。
(( 目出たさも 中くらいなり おらが春))
てなところでしょうか。

歌旅座の面々も このブログリレー“お正月編”で伺えるように
皆、小吉から中吉くらいの(太郎氏のおみくじは別として)
お正月を過ごしたようです。
めでたし めでたし。

そうして迎えた1月5日。
初顔合わせのこの日、新年会も兼ねて「新春大麻雀大会」が
厳かに??開催されました。
今回は、吉田会長を含めたいつものメンバーに加え、
会長夫人、寄生中、いや帰省中のリンタロウ、そして
スペシャルゲストに北円山の元気玉 O-YA氏を迎えた
三卓12名。
窓の外吹き荒れる雪をも溶かすほどの熱き闘牌がくり広げ
られました。

1546765621327


大会の流れとしては、予選二戦、決勝二戦と従来通りでは
あるものの、今回は新たに “下剋上ルール”を適用。
今までは予選のポイントで上位4名が決勝卓で優勝を争い、
残りの下位メンバーは “やさぐれ卓”と称された闇卓で
丙丁ーへいていー競い合う、なんとも侘しい(いや、
それはそれで楽しいのだが)戦いだったところに光を
与えたのがこの下剋上ルール。
まずは予選二戦を戦い、以下のように決勝卓がふりわけ
られます。

①「上級武士卓」(各卓1位+高得点2位)
②「下級武士卓」(2位2名+高得点3位2名)※ハンデ・マイナス10
③「足軽卓」  (各卓4位+低得点3位)※ハンデ・マイナス20

そして最終的には総合得点で優勝が決まる、とのこと。
例えハンデを背負っても、例え足軽の出だって、高得点を
重ねれば、秀吉ばりの天下人となり優勝盾を手にするの
だって夢じゃない!!

そりゃ皆大喜び。
今度こそ優勝を、我こそが2枚目の盾を、オイラが連覇じゃと
思い思いの欲望を抱え、闘牌がスタート。
楽しいですぞ、麻雀は…。
部屋の換気はどんどん寒くなるのに、叫び声と笑い声が
重なり充満して、楽しい“気”がどんどん高まっていく。
長いリーグ戦だと実力の差がはっきりと点数に表れていく
けど、こうした短期決戦では その日の運と、その運を
上手く掴み切れた者がポイントを重ねていく。
だから何が起こるか判らないのがこの大会の醍醐味でも
あるのです。
予選を終えた結果。
①「上級武士卓」O-YA氏、司会太郎、JUNCO、リンタロウ
②「下級武士卓」会長、ダル、チエ、うさぎ
③「足軽卓」BOSS、アリタ、イソベ、会長夫人
もうこの顔ぶれだけで面白い!!
特に足軽卓!!私が大将なら、こんな足軽絶対イヤだ、
という面子がズラリ。
どう見ても敵将ではなく、己の大将の“寝首を掻こう”と
竹槍持って虎視眈々と狙っているような連中だもの。

途中経過を書き重ねると明日になってしまいそうなので
そこは端折って、結果は???
まぁ、世の中そんなに甘くはない…と思う者多数の中、
下剋上で名を上げたのが下士から副大将(2位)まで
登りつめたのが吉田会長。
そして栄えある第六回の覇者はこの方。


1546765600725

決勝卓では、同卓者がうんざりするほど勝って勝って勝ちまくった
O-YA氏、おめでとうございます。
強くて楽しい素敵な雀士です。是非また囲みましょうね。

闘い済んで日も暮れて、表彰式兼新年会は我らがオアシス
「だるま軒」へと移動。
年末の大納会ではたっぷりと年越しそばをふるまって下さり、
この日の新年会ではテーブルに乗りきらないほどの料理を
用意して下さいました。
“皆の喜ぶ顔が見たいから”と、予算など全く度外視で、
山海の珍味を並べてくれる「食の七福神」のようなご夫婦です。
今年もまた鱈の腹を持つメンバーの胃袋と共に
お世話になります!!

新年早々、どれ程飲んだのかわからなくなるほど、一升瓶を
転がし、JUNCOは消え、チエは壊れ、太郎は眠り、
ナリコは叫び、BOSSは飲み続け… いつもと変わらぬ宴を
くり広げ、歌旅座の2019年は幕開けました。

下剋上目指し、竹槍片手にひたすら走る足軽のように、
いやいや、亥のように 北海道歌旅座 今年も
ひたすら真っ直ぐに駆け抜けて行きますね。
どうぞ あたたかく見守っていて下さいませ。


1546765605324
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今年は初雪が遅い。とか、思ったより寒くない。などと
言ってたはずなのに…来ましたねぇ、本格的な冬が。
ここ数日は真冬日が続き、ついに愛車の黄色いママチャリも
冬眠態勢に入りました。
雪好きのうさぎにとってはニマニマする季節ーーー冬ーーー。

冬と言えば “鍋”
この時期のグルメ番組は、定番のようにこの言葉を使って
様々な鍋特集を組んでいます。
確かに鍋に合う野菜や魚貝が冬に多く旬を迎えるけど、
でも鍋料理っていろ~んなバリエーションがあるし、季節毎
の食材を上手く活用すれば一年中楽しめる優れた食文化ーー
そう思いませんか?

そんなこんな?で今日は我が家で年間通して一番食卓に
上がる頻度の高いお鍋の話。
その名も「ゾンビ鍋」。
いったい何?と思われるでしょうが、実際はそんな大層な
代物ではありません。
湯豆腐と鶏の水炊きの中間、というか合体というのか。
昆布をはった土鍋に食べやすい大きさにカットした鶏もも肉
と、厚めに切った人参、ひとつまみの塩と日本酒を入れて
煮たたせます。
灰汁をとったら火を止めて、そのまま数時間放置。
これが基本のだし&具材となります。
多めに作ったこの鍋の素に、白菜と京あげとお豆腐、
鶏肉団子と青菜を入れる、という比較的シンプルな鍋料理。
放置しておいた鶏肉からよくだしが出て、身のほうは
ホロホロとやわらかくなり、昆布も美味しく食べられます。
そしてこの鍋に欠かせないのが馬路村のぽん酢しょうゆ
『ゆずの村』。
最近では主だったスーパーの棚に必ず見かける商品ですが
私とはかなり長~~~いおつき合い。
インターネット通販で取り扱う以前から母が馬路村に
直接電話をかけて取り寄せていたのがこの『ゆずの村』。
その頃は商品と共に、味わいのあるイラスト付きの
“馬路村たより”のような小冊子が送られてきたっけ。
昨年 歌旅座がこの村で公演(2017.11.13 馬路村ブログ)を
すると決まった時、どこか古い友人を紹介するような、
なんだか嬉し恥ずかしといった妙な気持ちに勝手に
なっていました。

そして「練りとうがらし」
この辛みがたまりませんなぁ。
ストレートな辛さがゆずの香りと共に、シンプルな具材に
パンチを効かせて飽きることなく食べ続けられるのです。
ダルやチエなどは濃い琥珀色のぽん酢が茜色に染まるほど
この練りとうがらしを投入(かく言う私も)し、自業自得
でヒィーヒィー言いながらも箸を休めることなく
食べ続けるのです。

1544591993765


あらかた具材がなくなっても、鶏肉と白菜とお豆腐を入れて
ひと煮立ちさせたら あら不思議!!
何事もなかったように振り出しに戻るこのお鍋。
この具材ならさほど “だし”も濁ることなく、旨味だけが
濃くなっていく。
食べても食べてもその晩のうちに二度も三度も復活する
から、名付けた「ゾンビ鍋」。
翌日も翌々日もその気になれば何度も立ち上がってくる
「ゾンビ鍋」。
美味しい物には恵まれても野菜不足やカロリー過多に
なりやすいツアー中の食生活。
それを一度リセットして、次なるステージに元気で向かって
もらうために、そして何が起きても何度でも立ち上がって
進める一座であることを願うために、この「ゾンビ鍋」は
年に何度も我が家の食卓に上がるのです。

_20181213_113115


そういえば、シンプルな具材にパンチを効かせたタレ、
何度もくり返して旨味が深くなるだし、いくらくり返しても
飽きない味~~~ってどこかの一座に似てるって
思いません?共食いなのかな?うふふふ…。

「ゾンビ鍋」の締めくくりは雑炊やうどんではなく、
おろし生姜を加えた味噌仕立てにし、具の大きなお味噌汁
として一滴残らず退治します。
放っておくと翌日にはゼリー状になるほどのコラーゲン
たっぷりな「ゾンビ鍋」のだしを飲みきって、“どうか
明日のお肌はプルプルになりますように…”と願いながら
この一年も皆を見守るうさぎでありました、とさ。
めでたし めでたし。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「お風呂は嫌い、とまでは言わないけど とにかく
面倒くさい」とJUNCOは言う。
“お風呂大好きっ子”のイメージが強いJUNCOだけに
意外な気もするが、お風呂に入る前後の行程のもろもろが
面倒で、ひどい時は入ると決めてから実際に入るまで
一時間もグダグダしてしまうこともあるらしい。
えーーーー!JUNCOさんが…などとは思わないで下さいネ。
安心してください、はいてますよ、いや違った、
入ってますよ!!
ちゃんと入っているから いつでもJUNCOの髪はサラサラで
多少皺はあっても?汚れなき美肌でありんす。

でもね、JUNCOの言いたい事もわかるな。
私も入ってしまえばいいけど、お風呂掃除や後片付け、
髪を乾かす時間、等々を考えると億劫になってしまうことが
ままある。
男の人はいいな。ザブンと入って、湯上りに汗をかいたら
タオルでごしごし拭いて…などと思ったり、
あーこのドアを開けたら温泉旅館のお風呂につながっていて
好きな時間に広ーーーーい湯舟に好きなだけ浸かることが
できたらいいのに などと夢想したり。

以前十数年住んでいた家はとても贅沢な作りで、風呂場も
小部屋ほどの広さがあった。
ただとても古く、湯舟は大きな窓に面していて、今の様に
追い焚き機能などないから冬場などは、あっという間に
お湯がぬるくなってしまう。
大理石でできた湯舟の角は冷たく固く、掃除のたびに
脛をしたたかに打ち付けて 何度涙を流したことか…。
配管の関係で水量も弱めでストレスになることもあり、
思えばこの頃はあまりお風呂好きではなかったような。

今はほどよい広さと明るさがあり、指一本で湯量も
温度も調節できる、いわゆる今の時代に合った入浴ライフ
が満喫できる浴室なので、一時のお風呂嫌いは払拭
できている。

_20181128_121705


そう、思えば今のお風呂はとても便利?になっている。
私達の年代以上の方々はおそらくいろいろなスタイルの
お風呂生活を送ってこられただろう。
私自身もさすがに薪で焚くお風呂は経験していないが
小さな頃は、風呂桶抱えての銭湯通いだった。
公衆浴場でのマナーやエチケットは習わなくても
憶えていったものだ。
それからマッチで点火するガス釜タイプのお風呂。
うっかりお湯を溢れさせたり、煮物でもできそうなほど
熱湯風呂にしてしまったり、という失敗も一度や二度の
話ではなかったような。

ユニットバスに変わった頃はそれまでに比べ、冬場の
冷え込みが少なく嬉しかったのを憶えている。
ただこの時も、カランでお湯をためる時に気をつけなければ
うっかり溢れさせてしまい “あーー勿体ない”と何度も
ため息をついた。
その頃は一度お湯をためると冷めないうちに入りなさいと
家族全員順番に急き立てられて入ったものだ。

ざっと変遷を考えると、こうして指一本で好みの湯加減を
調節でき、溜まると音声で知らせてくれる今のお風呂生活
がいかに贅沢なことか…。
などと、ちょいと快適なお風呂生活に傲慢になっていた
我が身を反省し、億劫だなどと文句を言わず、好きな文庫本
を片手にぬるめのお湯にゆっくり浸かり、来る長い冬を
健やかに過ごすために体の代謝をしっかりと上げる
ことにしよう。
どうか皆様も今一度ご自身が入ってこられたお風呂達を
思い出しながら湯冷めせぬよう、身体の芯まで温めて
この冬を元気でお過ごし下さいませ。
勿論、JUNCOもネ!!

<おまけのお知らせ>
歌旅座の照明を担当していたリンタロウ。
現在は成蹊大学に籍を置き、“ギターソサエティ”という
部でクラシックギターを奏で、指揮棒を振っていることを
このブログでも何度か紹介しました。
2016.12.30 おせちとリンタロウ
2017.9.29 関東公演後編スタート
2018.9.15 千葉・流山市公演
彼の学生生活最後の定期演奏会が来月末行われます。
流山公演の時にこの定演に向けてのチラシをお配り
しましたが、一人でも多くの方に来て頂きたく、開演時間が
変更となりました。
あらためてここにお知らせ致します。

成蹊大学ギタソ チラシ

※歌旅座おなじみのオリジナル曲も独自のアレンジで
演奏する とのことです。
年末のお忙しい時期恐縮ですが一人でも多く足を
お運びいただけましたら幸いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.