北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 北埜うさぎ

今年は初雪が遅い。とか、思ったより寒くない。などと
言ってたはずなのに…来ましたねぇ、本格的な冬が。
ここ数日は真冬日が続き、ついに愛車の黄色いママチャリも
冬眠態勢に入りました。
雪好きのうさぎにとってはニマニマする季節ーーー冬ーーー。

冬と言えば “鍋”
この時期のグルメ番組は、定番のようにこの言葉を使って
様々な鍋特集を組んでいます。
確かに鍋に合う野菜や魚貝が冬に多く旬を迎えるけど、
でも鍋料理っていろ~んなバリエーションがあるし、季節毎
の食材を上手く活用すれば一年中楽しめる優れた食文化ーー
そう思いませんか?

そんなこんな?で今日は我が家で年間通して一番食卓に
上がる頻度の高いお鍋の話。
その名も「ゾンビ鍋」。
いったい何?と思われるでしょうが、実際はそんな大層な
代物ではありません。
湯豆腐と鶏の水炊きの中間、というか合体というのか。
昆布をはった土鍋に食べやすい大きさにカットした鶏もも肉
と、厚めに切った人参、ひとつまみの塩と日本酒を入れて
煮たたせます。
灰汁をとったら火を止めて、そのまま数時間放置。
これが基本のだし&具材となります。
多めに作ったこの鍋の素に、白菜と京あげとお豆腐、
鶏肉団子と青菜を入れる、という比較的シンプルな鍋料理。
放置しておいた鶏肉からよくだしが出て、身のほうは
ホロホロとやわらかくなり、昆布も美味しく食べられます。
そしてこの鍋に欠かせないのが馬路村のぽん酢しょうゆ
『ゆずの村』。
最近では主だったスーパーの棚に必ず見かける商品ですが
私とはかなり長~~~いおつき合い。
インターネット通販で取り扱う以前から母が馬路村に
直接電話をかけて取り寄せていたのがこの『ゆずの村』。
その頃は商品と共に、味わいのあるイラスト付きの
“馬路村たより”のような小冊子が送られてきたっけ。
昨年 歌旅座がこの村で公演(2017.11.13 馬路村ブログ)を
すると決まった時、どこか古い友人を紹介するような、
なんだか嬉し恥ずかしといった妙な気持ちに勝手に
なっていました。

そして「練りとうがらし」
この辛みがたまりませんなぁ。
ストレートな辛さがゆずの香りと共に、シンプルな具材に
パンチを効かせて飽きることなく食べ続けられるのです。
ダルやチエなどは濃い琥珀色のぽん酢が茜色に染まるほど
この練りとうがらしを投入(かく言う私も)し、自業自得
でヒィーヒィー言いながらも箸を休めることなく
食べ続けるのです。

1544591993765


あらかた具材がなくなっても、鶏肉と白菜とお豆腐を入れて
ひと煮立ちさせたら あら不思議!!
何事もなかったように振り出しに戻るこのお鍋。
この具材ならさほど “だし”も濁ることなく、旨味だけが
濃くなっていく。
食べても食べてもその晩のうちに二度も三度も復活する
から、名付けた「ゾンビ鍋」。
翌日も翌々日もその気になれば何度も立ち上がってくる
「ゾンビ鍋」。
美味しい物には恵まれても野菜不足やカロリー過多に
なりやすいツアー中の食生活。
それを一度リセットして、次なるステージに元気で向かって
もらうために、そして何が起きても何度でも立ち上がって
進める一座であることを願うために、この「ゾンビ鍋」は
年に何度も我が家の食卓に上がるのです。

_20181213_113115


そういえば、シンプルな具材にパンチを効かせたタレ、
何度もくり返して旨味が深くなるだし、いくらくり返しても
飽きない味~~~ってどこかの一座に似てるって
思いません?共食いなのかな?うふふふ…。

「ゾンビ鍋」の締めくくりは雑炊やうどんではなく、
おろし生姜を加えた味噌仕立てにし、具の大きなお味噌汁
として一滴残らず退治します。
放っておくと翌日にはゼリー状になるほどのコラーゲン
たっぷりな「ゾンビ鍋」のだしを飲みきって、“どうか
明日のお肌はプルプルになりますように…”と願いながら
この一年も皆を見守るうさぎでありました、とさ。
めでたし めでたし。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「お風呂は嫌い、とまでは言わないけど とにかく
面倒くさい」とJUNCOは言う。
“お風呂大好きっ子”のイメージが強いJUNCOだけに
意外な気もするが、お風呂に入る前後の行程のもろもろが
面倒で、ひどい時は入ると決めてから実際に入るまで
一時間もグダグダしてしまうこともあるらしい。
えーーーー!JUNCOさんが…などとは思わないで下さいネ。
安心してください、はいてますよ、いや違った、
入ってますよ!!
ちゃんと入っているから いつでもJUNCOの髪はサラサラで
多少皺はあっても?汚れなき美肌でありんす。

でもね、JUNCOの言いたい事もわかるな。
私も入ってしまえばいいけど、お風呂掃除や後片付け、
髪を乾かす時間、等々を考えると億劫になってしまうことが
ままある。
男の人はいいな。ザブンと入って、湯上りに汗をかいたら
タオルでごしごし拭いて…などと思ったり、
あーこのドアを開けたら温泉旅館のお風呂につながっていて
好きな時間に広ーーーーい湯舟に好きなだけ浸かることが
できたらいいのに などと夢想したり。

以前十数年住んでいた家はとても贅沢な作りで、風呂場も
小部屋ほどの広さがあった。
ただとても古く、湯舟は大きな窓に面していて、今の様に
追い焚き機能などないから冬場などは、あっという間に
お湯がぬるくなってしまう。
大理石でできた湯舟の角は冷たく固く、掃除のたびに
脛をしたたかに打ち付けて 何度涙を流したことか…。
配管の関係で水量も弱めでストレスになることもあり、
思えばこの頃はあまりお風呂好きではなかったような。

今はほどよい広さと明るさがあり、指一本で湯量も
温度も調節できる、いわゆる今の時代に合った入浴ライフ
が満喫できる浴室なので、一時のお風呂嫌いは払拭
できている。

_20181128_121705


そう、思えば今のお風呂はとても便利?になっている。
私達の年代以上の方々はおそらくいろいろなスタイルの
お風呂生活を送ってこられただろう。
私自身もさすがに薪で焚くお風呂は経験していないが
小さな頃は、風呂桶抱えての銭湯通いだった。
公衆浴場でのマナーやエチケットは習わなくても
憶えていったものだ。
それからマッチで点火するガス釜タイプのお風呂。
うっかりお湯を溢れさせたり、煮物でもできそうなほど
熱湯風呂にしてしまったり、という失敗も一度や二度の
話ではなかったような。

ユニットバスに変わった頃はそれまでに比べ、冬場の
冷え込みが少なく嬉しかったのを憶えている。
ただこの時も、カランでお湯をためる時に気をつけなければ
うっかり溢れさせてしまい “あーー勿体ない”と何度も
ため息をついた。
その頃は一度お湯をためると冷めないうちに入りなさいと
家族全員順番に急き立てられて入ったものだ。

ざっと変遷を考えると、こうして指一本で好みの湯加減を
調節でき、溜まると音声で知らせてくれる今のお風呂生活
がいかに贅沢なことか…。
などと、ちょいと快適なお風呂生活に傲慢になっていた
我が身を反省し、億劫だなどと文句を言わず、好きな文庫本
を片手にぬるめのお湯にゆっくり浸かり、来る長い冬を
健やかに過ごすために体の代謝をしっかりと上げる
ことにしよう。
どうか皆様も今一度ご自身が入ってこられたお風呂達を
思い出しながら湯冷めせぬよう、身体の芯まで温めて
この冬を元気でお過ごし下さいませ。
勿論、JUNCOもネ!!

<おまけのお知らせ>
歌旅座の照明を担当していたリンタロウ。
現在は成蹊大学に籍を置き、“ギターソサエティ”という
部でクラシックギターを奏で、指揮棒を振っていることを
このブログでも何度か紹介しました。
2016.12.30 おせちとリンタロウ
2017.9.29 関東公演後編スタート
2018.9.15 千葉・流山市公演
彼の学生生活最後の定期演奏会が来月末行われます。
流山公演の時にこの定演に向けてのチラシをお配り
しましたが、一人でも多くの方に来て頂きたく、開演時間が
変更となりました。
あらためてここにお知らせ致します。

成蹊大学ギタソ チラシ

※歌旅座おなじみのオリジナル曲も独自のアレンジで
演奏する とのことです。
年末のお忙しい時期恐縮ですが一人でも多く足を
お運びいただけましたら幸いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

私には専属のセラピストがいる。
頸椎に少々難あるせいもあって時折、酷い肩こりに
悩まされることがあるのだが、その人の手にかかれば
頑なな凝りのヤツらもやんわりとほどかれ、身も心も
すっきりとリフレッシュさせてくれる。

その人の施術に絶対・絶大なる信頼を置いてるが故に
その手が両肩に触れたとたんにスーーッと血の巡りが
良くなっていく(ような気がする)。
その日の凝り具合によって力を加減し、一番つらいポイント
を見極め、もみかえしのような身体に負担のかからないよう
無理なく、でも確実に凝りを流してくれる。

私の大事な専属セラピスト。
だかしか~し、9年前のその人は今とは比べものにならない
くらい華奢な手をしていた。
力一杯揉んでくれているのに、鉄板のような私の肩では
ただ撫でているようにしか感じられなかった。
これじゃあ、その手を痛めてしまうのではないか と
気の毒になってしまったことを覚えている。
9年経ってその華奢な手が大きくなったり、指が太くなったり
した訳ではない。
見た目の華奢な感じはそう変わってないはず。
ならば この9年間、その手にいったい何が起きたのだろう?
いったい どんな時間を過ごしてきたのだろう?

目を閉じてゆったりとマッサージを受ける至福の癒しの時間。
時折、その日の凝りに見合う新技を取り入れてその人は
私以上に私の身体と向き合ってくれる。
最後に肩から腕へと大きく血流を促して施術終了。
瞳をあけると、あら、不思議。
一段階視界が明るくなっている!
何ルクスかは確実に上がっている!
あんなに辛かった身体が嘘のように軽くなっている!!
凄いでしょ?私のセラピストは。

_20181106_114755


人を喜ばせることが何より好きなその人は、マッサージ
だけではなく、実はイラストもめちゃ上手い!!
『画伯』と呼ばれるほどだもの。
でもね、
でもね、
それよりも何よりもその人が ずば抜けて上手いもの、
何か知ってる?
それはね…うふふ…ご想像にお任せします。
さぁ、至福の時間を作ってくれた御礼代わりに
明日から始まるその人の関西ツアーの無事と成功を
心から祈ることにしましょ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

暑からず寒からず、抜けるような青空に加え、風は穏やか。
まさにインドア日和!?
四国・九州、そして後半関東への二本の長いツアーのため、
この10月にメンバーが札幌にいられるのも数日間だけ。
そのわずかな間隙を縫って『秋の大麻雀大会』が
厳か…な訳なく、大層賑やかに行われた。

この大会も回を重ねること5回目。
歴代の優勝者は再びの栄光を、未だ無冠に甘んじている者は
今日こそは盾を我が手に、と集いし雀士8名。
この8名がニ卓に分かれ予選二戦を闘い、上位各2名が
「決勝卓」、そして残り4名が「やさぐれ卓」にてまた二戦
闘い、優勝、そして順位が決定する、と こういう流れに
なっている。

1540171842490

あの圧倒的な雀力を誇るあのお方は今回またしても
罵声・悲鳴・嘲笑・怒号が飛び交うなんとも
なごやかな「やさぐれ卓」へ。
そして決勝卓は歴代の優勝者三名(会長・JUNCO・うさぎ)が
揃い、レジェンド感が漂う中、司会太郎が果敢に挑む形となった。

吉田会長が早朝から皆んなのために調達してくれた美味なる
サンドイッチや、おにぎり、おせんにチョコレート。
ホットコーヒーの香りにNHK/AMラジオからは ゆるく民謡が
流れてくる。
誰かの大きなあがりに、誰かの信じられないチョンボに歓声と
爆笑が沸き立つ。我が歌旅座最高のレクリエーション。
楽しい時間は、瞬(まばた)き一度の感覚で、あっという間
に過ぎて行った。

さて、肝心の優勝卓の行方は・・・

1540171838989

念願の初優勝、おめでとう 太郎さん!!
序盤のリードをなんとか守ろうと 顔を真っ赤っ赤に
させながら必死に闘牌する姿に、そのうち血管が切れるのじゃ
ないかとJUNCOとうさぎは本気で心配したのだよ!!

さてさて、闘い終えて 日も暮れ-------ぬうちに 屋上へと
移動し、駆けつけたナリちゃんも含めての祝勝&反省会は
恒例のOJこと屋上ジンギスカン。

1540171846421

※ダルは居残り営業のため残念ながら不参加。

とは言え、太郎さんへの優勝セレモニーは、ごくごくあっさりと
片付け(?)、その後は、今月お誕生日を迎える吉田会長の
ご健勝を祈り、祝杯を上げ、たらふくラム肉と野菜たちを
胃の腑におさめていった。

1540171835203
(これぞ真の“おっさんズラブ”)
1540171827967

この少しだけ空に近い卓を囲む屋上ジンギスカンも、
おそらくは今年最後。
歌旅座一番のパワースポットを今年もずいぶん満喫したネ。
この後、この場所は 漬物作りの大根干し場となり、やがて
降り積もる雪の下で じっと来年の出番を待つこととなる。
しばしのお休み。

麻雀大会の方は----------卓と面子さえ揃えば真夏であろうが
真冬であろうが Go!Go!
という訳で いつの日か開催される “第六回 麻雀大会”を
どうぞお楽しみに…。
(イヤイヤ、楽しみにしているのは自分達だい!!)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

諺(ことわざ)は お好きですか?

な~んて あまり好き嫌いで語られるものではないだろうが、
「生まれてこのかた一度もことわざを口にしたことがない」
と言いきれる人は皆無であろう。
ことわざとは『昔から言い伝えられた風刺・教訓などを含んだ
知句であり、世代から世代へと言い伝えられてきた簡素な言葉』
であるという。

日常にすっかり溶け込んでいることわざから、一見
“何のこっちゃ?”と思う外国のことわざまで数多ある中で、
今日の箸休め的なこのブログでは 相反することわざを
幾つか取り上げてみよう。

「急がばまわれ」
「善は急げ」

「三度目の正直」
「二度あることは三度ある」

「君子危うきに近寄らず」
「虎穴に入らずんば虎児を得ず」

「一石二鳥」
「二兎を追う者は一兎も得ず」

「三人寄れば文殊の知恵」
「船頭多くして船山に登る」

「蛙の子は蛙」
「鳶が鷹を生む」

「石橋をたたいて渡れ」
「案ずるより産むがやすし」

ポピュラーなものばかりなので個々の説明は省くが、
こうしてみると私自身、例えば誰かとの会話の中で、
例えば行動を正当化する後押しとして、使ったり 
思い浮かべるものばかりだ。
せっかちな性分なので好きな事には“善は急げ”だ、とすぐに腰を
上げるが、面倒なこと、苦手なことには “急がば回れ、
急いては事を仕損じる” だよなぁと言い訳して ついつい
後回しにしてしまうーーーーー。
などと、私の至らない事例は別として、この相反する
いわゆる矛盾することわざ達は どちらが正しいということはなく、
どちらにも真実があると思う。
その時その時に置かれた立場や状況によって選ぶことわざも
変わってくるのではないだろうか。
それをズルさととるのか?
いやいや、相手を説得したり、現状に柔軟に対応するために
上手く使い分ける先人達の知恵なのだ。
本当に先人達はつくづく上手い言い回しを残してくれたものだ。

書き並べたことわざたちを眺めていると、何だかくすり、と
にやり、としてしまう。
頑固一徹の生き方も素晴らしいが、“逆もまた真実” 相反する
ことわざを上手く使い分け、しなやかに生きていけたらいいな。

最後にもう一句。
これは恋愛感情に置き換えると ちょっとしたホラーだと思う。

「あばたもえくぼ」
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」

キャ~~~~~~~!!

_20181001_154318

(画:ヂュンコ・ゲイブリエル)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.