北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 北埜うさぎ

ー雀の子 そこのけそこのけ お馬が通るー
江戸時代後期の俳人 小林一茶の代表句のひとつである。
”雀”は年中見られる小鳥であるため
単独では季語とならないが、
”雀の子”となると、春を表す季語となり、
力の弱い小さな者への愛情を描いた句の多い一茶
ならではの 優しい目線を感じられる
ほほえましい句だと思う。

歌旅座においても ”雀”は季節を問わず
一年を通してそのさえずりを響かせる。
主な鳴き声は、
『ポン』『チー』『リーチ!』『ロン!!』 
時に
『ちくしょー!』『やられた…』『いえ~ぃ!』『んだよ~っ!』

そう 今回は歌旅座の”雀”こと 『雀友会』のお話。
なんだマージャンか…などと言わずに
気楽にお読み下され。

歌旅座がこよなく麻雀を愛する団体であることは
ライブでブログでDMJラジオで 折あらば
声高に語ってきたので もはや周知のことであろう。
その中でも『雀友会』と銘打つメンバーは
ツアーの合間・営業活動の間に
日々熱い闘いをくり広げている。
一応、一年間をひと区切りとし 
その年の年初から四半期に分けて
細かなデータと共に 正確・冷酷な順位がつけられる。
ちなみに 昨年の結果は
1位 BOSS   3201 ポイント
2位 アリタ  ー90 ポイント
3位 うさぎ  ー281  ポイント
4位 JUNCO   ー418  ポイント
5位 チエ   ー2138ポイント
  ※プロ野球の個人成績と同様、規定打席に足らない
   メンバーは 参考記録として 割愛。

雲上人のBOSSと 残りは全員水面下、
という情けない結果をなってしまった。

年が明けると すべてリセット。
さぁ 今年こそはBOSSを超せずとも 
せめてその背中に肉迫したい。
せめて2位を、せめてプラスを…と
個々熱い闘志を牌と共に握りしめ
闘いをスタートさせて早や3カ月。
第一四半期を終了した。結果は…
またしても昨年の縮図。
冒頭の一茶の句の解釈とは異なるが、
ぴーちくぱーちくさえずっている私たち子雀達を
お馬さんに乗ったBOSS将軍が 見事に蹴散らしていった!
なんて大人気(おとなげ)ない!!ひどい!!

時に 運も大きく作用する麻雀であるから
それぞれ負けてばかりいる訳ではなく
たっぷりと勝ち越して終わる日もある。
雀歴二年目のチエは、昨年は水面下どころか
『深海魚』の成績だった。しかし最近、
異常なほどのツキを得て 周りからは 
そのえげつない上がり方に 『キモい!』『キモ神様だ!』
とも恐れられていたが、やはり運頼みは続かず
数日で大幅に点数を減らし、失意のまま
北陸・関西への営業へと旅立っていった。

IMG_20170401_173033

(イラスト ヂュンコゲイブリエル)

三寒四温。
元来、冬期間の気象を表す季語ではあるが
やはり春間近のこの時期にぴったりの言葉だ。
なのにーーーー
『雀友会 』メンバーの点棒の箱の中は
BOSSは盛夏・猛暑・熱帯夜。
子雀たちは相変わらず水面下で小競り合いを繰り広げ
五寒二温、いや五極寒二微温に甘んじていることを
ここにご報告いたします。
いや、まだ第一四半期が終わったばかりだもんっ
残り3シーズン、打倒BOSS・目指せプラスで
頑張るぞー!!

おーぅ!』(JUNCO・アリタ・うさぎ・チエ)


このリレー式ブログも終盤。
以前からテーマは与えられていたのに、ずっと書きあぐねていた。
『9年目の挑戦』だなんて。。。
思いっきりハードルを低くしようか。
いつもは長文なのに、

『北埜うさぎ 頑張ります!
 一生懸命頑張ります!!
 とにかくひたすら頑張ります!!!』

この3行で終わろうか…。

9年目の挑戦とは10年目に、15年目に、その先に実を結ぶこと。
歌旅座の未来を見据えて、私がやるべきことは何なのだろう?
勿論一番はアレだ。北埜うさぎと言ったらアレだ。
新曲がご無沙汰になっていること。
言い訳ならいくらでも書けるのに、立ち止まったままの自分がいる。
中途に書き連ねた手書きの文字たちが、ファイルの中からうらめしそうな目を
向けているのに気づきながら、見ないふりをしてきた。
まるで他人事のように自分に期待し、自分に失望する日々が続いていた。
今一度目をそらさずに、あの産みの苦しみに立ち向かっていこう。

私が紡いできた曲たちは本当に倖せ者だ。
何故なら、JUNCOがそこにありったけの魂を込めてくれるから…。

ひとつひとつの言葉たちが命を得て、鮮やかに躍動する。
書き上げた詩に曲がつき、歌入れをしたものを初めて聴いた時の
あの震えるような想いを、感動をもう一度、いや何度でも味わっていこう。

9年前に描いたゴールは今やゴールではない。
私達は何と長い旅に出たことか…。
BOSSが願う「100年続く歌旅座」のためにも『北埜うさぎ』として残していくものに、 
それこそ『握りしめたその手』で自分の胸も頭も、
なんだったらお尻もたたいて立ち向かっていこう。
9年目を迎えた今、そう強く思っている。
IMG_2666

おまけとして ーーーー
 少々頼りないだろうが、私は歌旅座みんなの『姉さん(母さんではない)』だと思っている。
走っていくみんなの後ろ姿を見ながら、時に遅れそうな子の背をたたき、
時に気づかずに落とした物があれば拾いあげ、一番後ろからこの旅を楽しんでいく。
その想いは旅の始めの一歩から、9年目の今も、
そしてずっと変わらず、気負わず、そのままでいようと思う。

IMG_2668

( 画・ヂュンコゲイブリエル)

週に一度全道各地(長崎 壱岐・LAにも)にお届けしている
ラジオ番組”ディスカバリー・ミュージック・ドット・ジェイピー”
最近では放送されていない地域の方々にもこのホームページ
通してお楽しみいただけるようになっています。

JUNCOと私 北埜うさぎがパーソナリティーを務め、
歌旅座の楽曲を交えながら、ツアーに関する
四方山話を中心に進めていく一時間番組です。

時折「無秩序・無計画」「知性も理性もない」を売り言葉に、
この妙齢の美女二人が音楽とはかけ離れた
まったくたわいもない話を ”口角泡を飛ばす” 勢いで
語り尽くしてしまうこともあります。
例えば、トイレットペーパーはシングル派か、ダブル派か?
その利点、難点は?とか
もし自分の大切な人達が皆ゾンビになってしまった場合
自分はどうするか?とか・・・。
こう書くと 何とも実のない話ですな。はい。
スタジオのガラス越しの川辺ディレクター(通称ダル)はいつも
微笑・苦笑・失笑・爆笑をローテーションで繰り返している現場です。
マインドは限りなく ”昭和” なJUNCOと ”昭和” をよく知っているうさぎの
気がおけない アナログなかけ合い。
どうぞ肩の力を抜いて、お茶でも オチャケでも片手に
聴いていただけたらと願っております。
50000000
そこで(どこで?)お願いついでに、そんな昭和チックな番組に鮮やかな
色を添えるべく、皆様の昭和にまつわる思い出話を募集します。
懐かしいあんなこと、こんなこと。心に残る楽曲の思い出やエピソード。
どのような形でも構いません。
送っていただいたお話を この番組で紹介させていただきます。
あの頃の楽しかったことも 辛かったことも ひとつの思い出として
番組を通して残してみませんか?
沢山の思い出話 ご応募をお待ちしております。   

☆ホームページからのご応募はこちらをクリックしてください。
☆お手紙でご応募の場合は下記の住所までお送りください。
 〒 060-0006
 北海道札幌市中央区北6条西18丁目11-10
 歌旅座ラジオ「ディスカバリー・ミュージック・ドット・ジェイピー」宛

「想秋譜」。
「白い夜」。
名曲である。
厚顔無恥な戯れ言ではありませぬ。

 ・圧倒的なJUNCOの歌唱力
 ・心の奥まで染みわたるメロディー
 ・腑に落ちる歌詞
そして、
 ・人柄とのギャップが激しい、「ぬくもり」を伝える写真家、
  飯塚達っちゃんの写真の数々。

これらがひとつにまとまった時、その楽曲は最上・最高のパワーを持ち、
歌旅座の名曲として多くの方々に愛されてきているのだと思う。
soshufu01




公演時にスクリーンで映し出されてきた映像が、
この度YouTubeで視聴できるようになった。
スマートフォン、パソコンはもちろんのこと、
インターネットに接続できれば家庭のテレビでも観ることができる。
さっそく、我が家の大型(でもないが)テレビジョンで映してみた。

良かった!!
映像がより美しく鮮明に見える。
「想秋譜」の「せせらぎ 君の笑顔♫」のフレーズのあの子の笑顔、
「白い夜」の「いつしかこの町を 丸く包む♫」のフレーズの雪の丸みが胸をついた。

ShiroiYoru



時はお正月。
大吟醸の最高のつまみとなった。
ぜひみなさんも試してみてください。

まだまだ、他の作品も随時アップされていくという。
よし!  次なるつまみに合う美酒を求めに出かけるとするか…。




北埜うさぎ

年の瀬に飛び跳ねているうさぎでおま。
 
暮れも暮れ、私と同じように家庭を預かる立場におられる歌旅座マダムの皆様。
同志として心からエールを送ります。
 
道は混む、店は混む、道路は悪い、買い物は多い重い、時間がない。。。
やらなきゃならないことに追われるのが年の瀬、と
ため息つく暇もなく動き回っておられることでしょう。
あとひと息、いっしょに頑張りましょうね。
 
私のおせちは、鶏ガラ4~5羽分と長ネギ生姜を
コトコト煮出す大鍋いっぱいのスープ作りから始まります。
このスープがうま煮の基本のだしとなり、元旦のお雑煮のおつゆとなり、
三が日の鍋のだしとなり、七草がゆの元となり、
さらに残れば「おせちもいいけどカレーもね♪(古ッ)」と
カレーを煮込むスープとなります。
3299
 

 
本格的に稼動する暮れの準備の数時間前。
アクを取りつつゆっくり煮込むこの時間は
頭の中で暮れまでのスケジュールを組み立てたり、
1年を振り返ったり、さらには昔々を思い出したりする、
この後に訪れる戦いを前に心落ち着かせるための穏やかで貴重なひとときです。
 
「もう次のお正月は簡単にしよう、頑張って作ってもどうせそんなに食べないのに」と
毎年思うのに、気がつけば真っ先に鶏ガラを買い込んでしまう。
結局、自分自身で忙しさの渦に追い込んでいるということなのかもしれません。
でも、この時間がなければお正月を迎える気にならないだろうと想像できるので
やめられない、というのが本音かな?
 
 
そんな忙しさに拍車をかけるのは承知の上で、
今年最後の歌旅座ライブを終えた翌日、
1泊だけの強行軍で上京してきました。
 
歌旅座の照明を担当していたリンタロウ。
リンタロウと私はただならぬ関係にあります。アハハ。

遅ればせながら大学生となったリンタロウは、
現在、学内のギターソサエティーという部活でクラシックギターを爪弾いています。
さらには、合奏を主体とする同部の「指揮者」に抜擢され、
その世界では高名な先生から指揮のイロハを習い、
今回は杉並公会堂で行われる定期演奏会で、ほぼフルでタクトを振るうとのこと。
そいつはひとつ冥土の土産に拝聴拝見しようじゃないか、ということで上京した訳です。
 
五線紙も読めず「ドってどれ?」と聞くくらいのレベルだったヤツが
オーケストラの譜面を読むようになるなんて、私の想像の範疇には全くありませんでした。
そして本番。うさぎの緊張もなんのその、なかなか堂に入った指揮者っぷりでした。

50Seikei
 

 
元々、人の前面に出て何かをするのは嫌いなタイプ。 
それは内気ということではなく、後方で策を練るほうが得意(誰の血なんでせう?)だったのに
この日の定演の少なくとも数曲は彼が主役でした。
 
OBOGがあまたおられる伝統ある部で今、要となる位置にいられることにも
みんなの音を拾い集めてひとつにまとめるタクトを振る姿にも、
歌旅座で過ごした経験が生かされているように思えます。
初めて操作卓に触れた時から大きなホールの照明を自在に操れるようになるまで、
本当に多くの方々に見守られ、教えられ、育てられ、可愛がっていただきました。
ただならぬ関係の者として、あらためて心から感謝申し上げます。
 
多感な時期、迷う道さえ見えないような状態で
歌旅座のスタッフとしてハードなツアーを共にするようになり、
照明を覚え、時にトラックも運転し。。。
そして大阪におられる雲の上の照明の師匠とお話させて頂いた頃から
リンタロウの照明は変わっていったように思えます。
その後、JUNCOのヴォーカルが入るほんのひと呼吸前に
スーッと点されるそのあうんの呼吸に大きな成長を感じたものですし、
その大きな手のひらで柔らかく卓を操る所作を見るのが歓びでもありました。
 
今はその手にギターとタクトを抱え(学業は??)、
位置としては離れたところにいますが、
歌旅座の動向は必ずチェックし、関東ツアーがあれば馳せ参じる
東京支部のスタッフのようなものです。
どこかで見かけたらどうかひと声かけてやってください。

「指揮者:リンタロウ」動画(YouTube)


長くなりました。
おせちの話から脱線してしまってゴメンナサイ。
でも、どこかで伝えたかった話でもあります。


さあ、もう数える間もなく年が明けます。
歌旅座に関わるすべての皆様に来年も幸多かれと祈りつつ、おせち作りに戻ります。
今年もまるっと、有難うございました。


北埜うさぎ

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.