北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : 北埜うさぎ

“僕”の髪が肩まで伸びて“君”と同じになったら結婚するーーー
って、それまでの間“君”はこまめに髪をカットしに行くのかな?
つつましい生活の中での恋愛事情を考えるとずいぶん物入りだよね。
それとも“僕”の髪が肩まで伸びる間に “君”の髪は背中まで伸びるし、
“僕”の髪が背中まで伸びる間に…って、いつまでも結婚できない
じゃないか!!おいおい、結婚するする詐欺かよ!?

小さな石鹸カタカタ鳴らし、赤い手拭マフラーにして行った
銭湯で “一緒に出ようね”って言ったのに 洗い髪が芯まで冷える
ほど女性を待たせる長風呂の男ってどうなのよ!!
そのくせ、その身体を抱きしめて “冷たいね”って…。
冷たい?はぁ?誰のせいだと思ってるんじゃ、こらぁ!

季節はずれの雪が降ってるホーム。
動き始めた汽車の窓に君は“顔”をつけてるんだよ。
“頬”でもなく“おでこ”でもなく“顔”だよ、顔。
顔となるともう真正面からべったりと、それはもう鼻はつぶれ
唇はまちがいなくタラコ唇になってるはず。
その窓ガラスに押しつけられたタラコ唇が“さ・よ・う・な・ら”
と動こうとしたら、そりゃあもう怖くて下を向いちゃうよ。
早く、動け 汽車よ、早く、早く連れ去ってくれ~~!!

いや、これは大変失礼いたしました。

昭和に生まれ昭和に育ち、昭和に青春時代を送った者にとって
フォークソングとは もう身体の中にすっかり染み込んで
いるものであり、ひょいと覗き込むと自身の中に“フォークソング
の広場”ができてしまうものでもあります。
反戦や反支配体制を謳った硬派なものから、さりげない日常や
恋心の悲喜を謳った軟派?なものまで、昭和という時代の流れに
のって生まれた数多くの楽曲が積み重なり、「フォークソング」
という一本の大きな柱となって日本の音楽シーンを支えてきたと
言えるでしょう。

誰もが知っている名曲から、決して有名ではないけれど、
このミュージシャンの、このグループのこの曲が好き、という
個人的な名曲まで広く深く愛され続けているのが「フォークソング」。
私自身 時にギターを爪弾き、時に仲間と合唱し、時に歌詞を
身に置き換えて涙し、そうして親しんできた曲ばかりなので
冒頭のように好きを通り越してついついその世界につっ込んで
みたくもなるのです。

さぁ、前置きが長くなりましたが、歌旅座10周年特別企画
「フォークソングの広場」第2夜も大盛況。
懐かしいあの曲もこの曲も JUNCOの歌心で、チエの歌力と
顔力で、ナリコのヴァイオリンやサーモンズのコーラスで、
新しい色使いの曲に生まれ変わり、来場された方々、それぞれの
『フォークソングの広場』を鮮やかに染めあげていきました。

received_1104534966385723
(新ユニット『雪ん子トリオ』。)


3/31、4/18と日をあけての2DAYSでお届けした特別記念公演は
期待以上の盛り上がりで、円山夜想の店内は一足早く
笑顔の桜が満開。
暖かさを通りこして、身も心も熱い二日間となりました。
ご来場下さった方々に熱烈感謝!

received_795966737428285

さぁ、今月末からは近畿・東北ツアーが始まり、5/16には
この「フォークソングの広場」を旭川でお披露目します。
始まりがあって終りのないこの旅をこうして続けていけるのは、
迎えてくれた笑顔や拍手のぬくもりがあってこそ、と改めて
実感した二日間でした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

あれから五年。
もう五年?まだ五年?
アイツも好きだったんだよね、麻雀が。
レコーディングで煮つまると、ラジオ収録の合間に、
旅の疲れを癒しに、とよく牌を握ってたっけ。
せこい麻雀でね。
口三味線で高そうな手役を匂わせておいて、実際は
平和(ピンフ)のみ…なんてしょっちゅうで。
ほぼ同級のよしみ?で同卓するとよく罵りあったね。
“うさぎ、コノヤロー!”ってよく言われたな。あははは。
大きく負け込むと実は悔しくて眠れない日もあったこと
を知ってるよ。
負けず嫌いでセコい麻雀だったけど、巧い麻雀だったし、
何より楽しい麻雀だった。
そう楽しかった。
もう一度、同じ卓を囲みたかったな。

   ---------------

そんな麻雀好きでもあったチープ君の命日に合わせ、
“Cheep Cup”と称して、第七回 春の麻雀大会が
開催されました。
前回(1/8ブログ参照)同様のルールで、三卓計12名が
ある者は表面に出し、ある者は胸に秘める形で、
それぞれ闘志を燃やし、チープ君が見守る中、賑やかに
闘牌がスタート。

1552274061229


いや、賑やかなんでものではなく、もう、うるさい、うるさい!!
その原因はチエ。
『春の珍事』というくらい予選2戦のチエの快進撃がすさまじく、
実力では圧倒的に上回っているBOSS、JUNCO、リンタロウを
ものの見事になぎ倒し、その度に、三人の怒号とチエの高笑いが
会場一杯に響き渡り…。
その異常な盛り上がりが他の卓にも影響し、いつも以上に
ヒートアップした楽しい大会になりました。

1552274067513


決勝は、予選の好調のまま優勝盾を手にできるか?というチエ
と、これまた定位置のやさぐれ卓から抜け出し初の決勝進出
を果たしたダル、BOSS同様無冠の帝王と言われて久しい
実力者アリタ、そして前回の覇者にして二連覇を狙う
O-YA氏の4名。

さてラッキーセブン、栄えある七個目の優勝盾を手にしたのは


1552274072129


おめでとう!アリタ君、いい笑顔だね。
チープ君も納得の優勝だと思うよ。
そしてチエ、さすがだね。詰めの甘さは専売特許?!
ほぼ手にしかけた優勝盾は、春の幻と消えたものの、
今大会の想い出づくりに大きく貢献してくれました。

闘い終えて移動し、今回の表彰式 兼 偲ぶ会の会場
となったのは、我らのオアシス『だるま軒』と並び、
北円山で今最も熱く歌旅座を応援してくださってる居酒屋
『はまなす』(2018/9/25ブログ参照

献杯後、相変わらず度肝抜かれるお通しと、ダルの顔
くらいあるジャンボお握り、座布団のような鳥串・豚串に
舌鼓を打ち、言うまでもなく一升瓶を何本も転がして
このサンキューディは締めくくりました。

誰も彼も呑みすぎや!!
“オマエら、相変わらず馬鹿だな”って笑いながら言ってるね、
きっと。
うん。チープ君譲りのお馬鹿な精神は脈々と受け継がれて
いるよ、呆れるほどにね。
だからね、
これからの歌の旅も、そして次回の麻雀大会も?生あたた
か~く見守っていてちょうだいな。
と願う うさぎでありました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

あかりをつけましょ ぼんぼりに~♪
そう、今日は ひな祭り、桃の節句。
女の子のいるご家庭では、ひな人形を賞でながら御膳には
ちらし寿司に蛤のお吸物、菜の花のお浸しなどが並び、
す~こし白酒召されたか、紅いお顔のお父さん~♬なんて
心あたたまる光景がくり広げられて…。
いいですね。日本古来の年中行事って。
我が子の健やかな成長を願い、長じては良きパートナーに
恵まれ、厄を除け長寿でありますように、と願い祈る気持ち
が、ひな祭りの食事には込められていて、誇るべき日本の
食文化の代表的なもののひとつだと胸を張って言えるでしょう。

とは言え、私自身はおひな様 持ってなかったなぁ。
小学生の頃は、五段飾り・七段飾りを持っている同級生の家の
“ひな祭りパーティー”にお呼ばれして、“うほぉ~、キレイ
だなぁ”とは思っても別段羨ましいとは思わず、自分の
タミーちゃん人形で着せかえして遊んでいれば満足したっけ。
少し大きくなってから母が「亡くなったおばぁちゃんから
“おひな様を買ってあげなさい”とお金をもらっていたけど
日々の食事に化けちゃった、うひゃひゃ」と笑って話して
くれて、私もまた“そんなもんか”とうひゃひゃと笑い
返したような…。
ちらし寿司やお吸物、茶碗蒸しなどは用意してくれたので
それ以上を望むとすれば、白酒は甘いから父の晩酌の熱燗の
ほうをお猪口一杯ペロリとおねだりしていた。
『花より団子』で充分なひな祭りだった。

もう成人してからのこと。
この時期に両親と買物に出かけた時、広いスペース一杯に
見目麗しく並んだひな人形に「そう言えばぁ、私も
おひな様欲しかったなぁ(勿論本心ではなく)」と言ったら
すかざす父が「そうだなぁ、うちも女の子が欲しかったなぁ」と
返され、こりゃ1本取られたわい、と爆笑したことが
あったっけ。私にとってのひな祭りの思い出は、
もしかしたらこれが一番かも?
五段飾りが似合う女の子ではなかったけど、祖父から父へと
流れる酒豪の血を受け継ぎ、対等に晩酌を酌み交わす、
頼もしい娘でありました。

さて、歌旅座の女雛たちは 北斗市の公演を終え、今頃は
青森へと渡って弘前でこの日を迎えています。
そして本日 3月3日は チエのバースディ。
おめでとう、チエ!!

_20190228_150142


チエも もうそんな…歳になるんだね。しみじみ しみじみ。
公演のないのり日で迎える誕生日は、きっと阿鼻叫喚。
それもまたよし!!
北海道よりほんの少しだけ先に春を感じて、またひとつ
歳をとり、またひとつ太ましくなって帰っておいで!!
チエのこの一年の成長を祈りつつ、
今日は楽しいひなまつり~♬ とくりゃあ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ここ数日の寒波のせいで、びっくりするほど水が冷たい。
ツアーの間中、お留守番うさぎは、またまた自分のために
ご飯を炊くことがなかったから、久しぶりにお米を研いだら
まぁ、その冷たいこと。
カキーンと脳天に響くうえに何より、あかぎれにしみること、
しみること、しみること。

このあかぎれ。
主婦に限ったことではないが、やはり家事を担う者にとっては
大層やっかいな冬の風物詩。
気がつけば両手のあちこちに小さな亀裂が入り、
小さいくせに“どうだ!!”と言わんばかりに痛みでその存在を
主張してくる。

もともと手がカサカサで荒れやすいうえに、まめなお手入れを
しないズボラな性格ゆえ、冬場は気がつくと、あちこちに
あかぎれの入った何とも悲惨な両手になっている。
ごめんね、うさぎの右手、左手。

そういえば小さい頃、雪遊びで手が荒れると、母が
湯を入れた桶の中で私の手の甲を亀の子たわしでゴシゴシ
ゴシゴシこすったものだ。
あの硬い茶色のたわし。
それはもう、涙が出るほど痛くて、両手の甲が真っ赤に
なるのだが、柔らかいタオルでしっかり水気をふき取り、
そのあとたっぷりとクリームをすり込んでもらうと、
翌日には、すっかり良くなっていた。
痛くて懐かしい思い出。

大きくなってからも、手荒れがひどくなると、荒治療とも
言えるこの方法で治したことが何度もあった。
自分でこすると痛みについつい手加減したくなるのだが、
そこは子供の頃耐えたあの痛みを思い出して
ゴシゴシ、ゴシゴシ。
きめ細やかでデリケートなお肌の方には決しておススメ
できないが、面の皮は薄いけど?ごつごつして皮の厚い
私の手には手早く、効果の高い治療法だった。

_20190209_142548


だった。そう過去形。
今は昔に比べて、いろいろなケア・タイプのハンドクリーム
が出回っているし、多少、塗るときにしみるがあかぎれの
傷口を保護する塗り薬もある。
そのおかげで、この荒治療前の段階で何とか踏みとどまる
ことができている。
本当はその前に細めに手入れをして乾燥させずに
労わってあげればいいことなのにねぇ。

もう2月。
でもまだ2月。
立春を過ぎ、春に向かっていくというのに一番寒い季節。
どうぞ皆様、お身体をご自愛すると共に
皆様のその白魚のような手も大切になさって下さいね、
と薬用ハンドクリームを塗り込み、両手をこすり合わせ
ながら、うさぎ 祈ってます!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

“人生最後の晩ごはん”という意味で「最後の晩餐」に
何を選ぶか?という質問をTVなどで耳にすることがある。
自分はどうだろう?と考えると、その時が来るにはまだ余裕が
あると思うので決めかねてはいるが、候補のひとつに“お寿司”
がある。
昔々、子供の頃は“お寿司”というのはハレの日の食事であって
そう頻繁に口にするものではなかった。
今やスーパーのお弁当売場にも並ぶほど当たり前の一品?
となるとは思ってもみなかった。
“寿司好きうさぎ”としては、ちょいと出かけると何処かしらに
回転寿司の店を見つけられる昨今が本当に幸せで…。
なので所用で出かけた折、買い物ついでに、散歩がてら小腹を
満たしに、と何やかや週に一度ほどのペースでお皿を
重ねている。
時折JUNCOに、“今日はどこそこで何枚重ねた”と報告し、
それに対しJUNCOが“ほほ~~”と答える、という実に
実りのない会話の素ともなっている。

私と回転寿司のつき合いは意外と古い!?
今では女性の一人客など当たり前の光景であるが、その昔
まだピチピチうさぎの頃は、そもそも回転寿司は数えるほど
しかなく、客層も外回りのサラリーマンや、日本酒を
ちびりちびりやっているおじさん達など圧倒的に男性客
ばかりで、ピチピチうさぎが入店するとよく奇異の目で
見られたりしたものだ。
そんな目は全く気にしなかったが…。
その頃の回転寿司は私にとって胃と心を満たすだけではなく、
実は闘いの場でもあった。
今の回転寿司はたいがい「お好みの物を注文してくださいねぇー」
というスタンスで目の前の板さんに直接だったり、備えつけ用紙
に記入したり、タッチパネルでポンと押したりしてオーダー
するのが主流だが、その頃は当たり前に流れてくるお皿から
好みの品を選んだものだ。
だから、だからこそ何枚か流れてくる同じネタの中から
一番新鮮で一番いい部位の物を選び抜く、その目が必要と
なってくる。
あの頃、私は真剣だった。
真剣に回転寿司と闘っていた。
そりゃあ、お金を出せばいくらでもいいネタは食べられる。
でもそれじゃあ面白くないし(いや、そもそもそんなお金ないし)
当時回転率の一番高かったまぐろとイカに絞り、特にまぐろに
関しては、築地の仲買人もかくや?という目付きで選んで
いたと思う。
この闘い、勝率は8割を超えていたと思う。
例え安いまぐろでも選び方によってはびっくりするくらい
美味しい物に当たることもある。
心の中で勝ち名乗りを上げて店を後にしたのが8割。
残り2割は、座る場所が悪かったり、照明の加減で
“いい”と思って選んだネタが案外筋が硬すぎたり、シャリの
下のほうが乾きかけていたり…と、そんな負け方。
そんな時はリベンジを誓い、うつむくことなく「握りしめた
その手で自分の胸をたたいて」店を後にしたものだ。
ナンノコッチャ?
懐かしいな、あの闘いの日々が…。
今は好きなネタだけを注文し、満足満腹する心穏やかな
余生を送っている。

そう言えば、ずいぶん前、あれは東京・高円寺での公演後、メンバー
と行った『桃太郎寿司』でのこと。
隣に座ったJUNCOが白子の軍艦巻きを注文した。
お皿が置かれた時に “JUNCO、あれ何だろうね?”と店内に
張られたポスターを指さし、JUNCOがそちらに目を離した
すきに、上に乗った白子だけを2個とも食べてしまった。
いやあ、我ながらあの瞬間芸は見事だったと思う。
JUNCOが目を戻した時にはもうそれはただの海苔巻きに
なっていた。ガハハハ。怒られた、怒られた。
ほんに、すんまへん。
そろそろ、そのお詫びも兼ねてJUNCOを誘って回転寿司に
行こうかな。
まだまだ “たち軍艦”の美味しい季節だもの。
そうなるとダルとチエにも声をかけなきゃ…。
いや、待てよ。アイツらはいったい何枚お皿を重ねるのか?
今月の私の懐事情を鑑みてーーーーーなどとケチ臭い話は
やめて、ここはひとつ うさぎ姐さんとしてど~んと一言
言おうじゃないか。
“さあ、君たち、何でも好きな寿司喰いねぇ!!”

_20190127_171419

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.