北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : JUNCO

(『はちきん』とは、高知地方で
行動的で気性のはっきりした女性のこと。)


薄々気付いていた。
日々布団に入る瞬間、なにかをし忘れて
いることに。
しかしまだここでは明かさないでおこう。


芸西村公演を盛り上げてくれたのは
とある女性。一人目のハチキンさん。
香南市公演に、馬路村の方と一緒に
見に来、『是非我が村にも』と
かなり早い段階から声をかけてくれた。

客席の1番後ろで 村のみんなが楽しんで
いる姿をじんわりと見守る瞳。
会場が沸き上がる景色は
『最初の一歩』がなければ見られない。
余所の町まで足を運び、自分の目で確かめ
公演を実現する。
こんなにハートフルなハチキンさんが
芸西にはいるのだ。
ちなみにこの日は結婚うん十年記念日
だったそうで。
残念ながら 今後、『あなた、これからも
よろしくね♪』と同時に嫌でも『歌旅座』
を思い出すことになりますが許してね。へへ。
素敵な出会いをありがとう。

そうそうっ。
公演後、文化協会の会長さん(女性)が、
『高知に泊まるんやったら……◯◯が◯◯で、
◯◯の◯◯が…』と とっても気持ち良く
色々教えてくれた。
おぉ~この方もハチキンさんだ。
芸西村に限らず、高知の女性は本当に
気持ちがいい。
泊まった宿の女将も、テキパキしてて
明るかった。
自分は女だけど、奥さんにするなら
高知の女性がぴったりなんじゃ
ないだろか。

今回は残念ながら 土佐人の酒豪ぷりを
拝むことは出来なかったが、
一座としても やはり 横綱ナリコ不在にして
戦いは挑めない。次回の楽しみに
取っておこう。

11月1日から始まった go!west!ツアー、
11公演最終日、トラックの扉を閉めながら
忘れていたことを思い出す。

_20171113_003245



『カツオのタタキ食べてないぢゃん。』

倒れそうな身体を引きずって、
カツオ…カツオ…と呟きながら
会長に教えてもらった店に行く。
風俗店街の片隅の地下。
地酒『土佐鶴』の燗で よく働いた私の喉に
ご褒美を。

_20171113_085629


じわっとお酒が沁みる時、
今回の旅で見た 美しい川や緑の山々が
胸いっぱいに広がった。

先月 ここ敦賀湾を訪れてから
一ヶ月も経たないというのに
また来てしまった。また⁉なぜに⁉
『なまら気に入ったから』。
あまりにも居心地が良く 女将のご飯は
抜群に美味しく 看板娘は やたら可愛い。
たまらん。
初体験のナリコは ご満悦顔で私の隣で
ヴァイオリンを奏でている。

しかし、今日はオフ日だというのに雨。
もし晴れていたら プライベートビーチ並に
目の前に拡がる湾で釣りでもしようかと
思っていたのだが、断念。
洗濯物もなかなか乾かない。
洗濯物…洗濯…
もぉ~っホントに大変なんだ この洗濯っ!

売れっ子達は スタイリストさんが
衣装をクリーニングに出し、本番までに
楽屋にビシッとかけてくれてたりするらしいが
私達は違う。『とにかく洗う』。

公演を終え宿に着くのが深夜一時を
まわっていても、洗濯番のチエは
瞼が9割閉じた状態でフラフラと
ランドリーへ向かう。
その間に眠ってしまい、朝 大急ぎで
乾燥機をまわす。


そのまま放置し過ぎて、捨てられた原稿用紙
のようにシワッシワになることもある。
時間がない時は 半乾きのまま会場に持ち込み
至るところに干しまくる。
ホテルにランドリーがない場合は
車を走らせなきゃいけないし、
田舎過ぎてなにもなければ
風呂場でせっせと自力で洗う。


ある夏の日。あれは旭川だった。
出番前、衣装に着替えたメンバー。
…『くっ!!』『クセェっ‼』

これからステージに立つとは思えない
ナットウキナーゼのカホリ。。
…考えられない。ダメだ。
お客様にご迷惑がかかる。
『必ず、必ず洗わなくては‼』

それからと言うもの、私達は
睡眠時間も削り wash wash…。
チエは大分 要領良くなってきたようで
衣装が 捨てられた原稿用紙になることは
ほぼなくなった。

とは言え、相変わらずの大変さは
今後も続く。
部屋いっぱいに干された衣装に
囲まれながら眠る夜も
私達ならではの景色。
愛してみようじゃないか この状況も。


雨は雨で良いもんだ。
宿に人が多くて あたたかい。
今日も 歌旅座 元気です。

洗濯の妖精さん(大きめ)も
スヤスヤ寝とりますわ。

_20171104_084227

遂にきたか。
北海道に生きる私達が 北海道の歌を届けまくる日が。
そう、届けるのではなく『届けまくる』のです。

北海道歌旅座という看板を掲げて旅をする私達。
今までも 北の大地の香りのする音楽を各地に手渡しし、
特に道外公演では 『北海道に行きたくなった!』
『ハルニレの詩、大好きです!』等々 はっきり言って
なまら人気の『HOKKAIDO SONGS』。
そうとあらば 惜しみなく演奏しちゃおうじゃないかっ!

札幌・旭川・稚内・釧路…
誰もが馴染みのある町々の あんな歌やこんな歌。
バスガイドさんが歌ってくれた歌や
スナックのママさんが歌ってくれた歌…。
懐かしさも新しさも全てコミコミでお届け致します。
北海道の歌のみっ でございます。 

という訳で、只今 猛烈な勢いでリハーサル中。
『マヂかよ…時間ないぜ…』『焦る…』
各々仕事の合間を縫って 新曲を身体に染み込ませていく。

_20171027_133928

前頭葉に日本海、右脳に太平洋、左脳にオホーツク
胸に北海道地図が押し寄せてきてます。
腕を広げれば もうオロロン鳥。
なにせ我ら 北海道歌旅座!!

今年のお披露目は ココだっ!
11月19日(日)北斗市 茂辺地住民センター
開場:14時  開演:14時半

11月22日(水)黒松内町 町民センター
開場:18時  開演:18時半

11月23日(木・祝)恵庭市 夢創館
開場:13時  開演:13時半

11月29日  (水)   音更町   文化センター
開場 :  18時         開演 :  18時半

12月14日(木)旭川市 木楽輪
開場:18時  開演:18時半

12月27日  (水)   滝川市   興禅寺
開場  :  13時半    開演  :   14時


歌は作り手から離れると あとは聞く人の中で育っていく。
しばらく成長を止めて 胸の中に眠っていたメロディーが
また じわりじわりと呼吸し始めます。
さぁ 起きろ起きろ~っ!
北海道が動き出すぞ~!

JUNCOでしたっ!





今から20年前、渋谷東急Bunkamura前交差点に
伝説のおでん屋台 『CLUB.F』があった。
冬はテントの入り口にマットレスがぶら下がっていて
奥からはいつも 笑い声が響いてくる。
近くの「神泉」という地区に住んでいた私は
いつもそこを通るたび、入りたくて入りたくてたまらなかった。
そのマットレスの向こうには何があるんだろう…と。

_20171020_141112


気が付けば私は そのおでん屋の店員になっていた。
元阪急ブレーブスのピッチャーだった体の大きな
マスターと共に、夜の7時から朝の7時まで営業した。
セッティングを含めると13・4時間動いていた。
んん~ 若いってすごい。

週末になると 近くのラブホテルに予約をしてから
食べにくる人が沢山いた。これが意外と大切で
週末の渋谷となれば ある時間を超えると ラブホテルは
すぐ満室になる。すごい街よね…。
『お兄さん、先に予約してきたほうがいいよ。』
私も二十歳そこそこで よくまぁこんな言葉を言ってたもんだ。

靴下の中に千円札を折りたたんで来るおばあちゃん、
寂しいヤーサン、酔うと自分の陰毛を燃やすやつ、
お金が払えなくて免許証を置いていくやつ…。
ストーンズ・エアロスミス・ドアーズ・永ちゃんにサザン…
お客さんが聞きたい曲はなんでもかけた。
CDをかけてると駅の方から ホラ向かってくる。
みんながCLUB・Fが大好きだった。
悩みも夢も抱えて 酔いの中に明日を見ていた。

時は過ぎ、23歳で私は北海道へ戻る。色々重ねて現在40歳。
いつ振り返ってもあの場所での日々が胸に焼き付いている。
『目の前のことだけを見るなよ ジュン。おでんの火も
お客さんの目も話もお酒を呑むスピードも 街も匂いも
風もなにもかも 全体を見ろよ。』マスターはいつも
そういうことを言っていた気がする。

今回のロングツアーで新潟公演があった。
『ん?確かマスター 今 新潟でBARやってるんだよな…』
会いにいこうっ!!
燕三条の駅から新幹線に乗りJRに乗り 暗~い道を進んでいく。
…なんかドキドキするな… ほとんどテナントの入っていない市場の
奥に灯りがともる。
新潟市白山 『ROUTE  51』。

_20171020_141332


20年目の訪問者。
まるで私が来ることを分かってたみたいに 変わらぬ笑顔があった。
忘れていた記憶もどんどん取り戻されていく…。

なんだか夢みたいな時間を過ごした後、帰りのことを
全く考えていなかった私は 駅員さんに『あと3分しかないから走って!!』
『はい!!』タッタッタッ!・・・振り返る。
『あの! どこ走ればいいですか~~っ!』
『そこっ その線のとこっ!』『はい~~~っ!』
と吐きそうになる位走るハメになったのも これまた良しか。

翌日の胎内市公演を見に来てくれたマスターは
一万円分のCDとDVDとカレーとコーヒーを買って
固い固い握手をして帰っていった。

おでん屋当時お付き合いしていた女性が今の奥さんだと。
後日、『奥さん 泣きながらDVD見てたよ。』とメッセージが届く。

長い旅の中でまた 歌い続ける意味をもらってしまった。
私の心を枯れさせないでいてくれる人達に
ありがとうありがとうと何度もつぶやきながら
今日も仲間が照らしてくれるステージに立つ。

あの 悩みも夢も抱えて明日を見ていた日々。
マットレスの中のワンダーランド。
若い私に影響を与えてくれたマスター、一緒に働いたゆうちゃん、
色とりどりのお客さんに 今一度感謝を込めて…

今日は おでんにしようかな。

なにやら 派手なトラックが一台停まっている。
派手だが微妙にボロボロだ…
なんのトラックだろう。
彼らは宿に入っていった。奥から歓喜の声が
聞こえる。
_20171012_145121


『スゲーっ!最高ぢゃんこの部屋!』
『こっちがオーシャンビューで、こっちが
マウンテンビューだぜ!』
一人一人 10畳もしくは20畳の部屋に案内され
かなりテンションが上がっているようだ。
しばらくすると 静かになっていた。
ん?こやつら 疲れているのか?

トラック…ほぉ~ 歌の旅一座か、面白い。
どうやら今日はステージがないようだ。
ほぉほぉ。その身体を休めるには
この敦賀湾の宿はぴったりであろう。
波の音とわしらの鳴き声は 人間には
『ヒーリング効果』ってのがあるらしいからな。
ゆっくりせぇ、ゆっくりせぇ。

⁉ こやつっ暗闇でモーレツに仕事しておるぞ⁉

DSC_0139

休まぬのか⁉休まぬのか~~っ⁉
おぬしは噂の司会太郎!

なんというやつらじゃ…しかし、ここの
女将の料理を食べれば 極楽間違いなしであろう!
心と身体にそっと寄り添うような味・味・鯵。

_20171013_095759


ホレ見たことか。
やっと休む気になってなったようじゃ。
ゆるりとおねむりなされ。



朝もはよから厠から尻鼓が聞こえる。
あのふとっちょだな?
まぁええじゃろう、元気な証拠じゃ。
ホレ 女将の美味しい朝ごはん食べて
釣りでもしんしゃい。

⁉こ、こやつら 部屋でラジオ収録まで
やりだしたぞ⁉ムムム…
⁉ハンダゴテで線のようなものまで直し
始めたぞ!ムムム…おかしなやつらめ。

ナニナニ、9月の半ばから続いていた旅が
明日で一段落すると。そうかそうか
そうとあらば わしらもイイ声で送り出して
やろうか。
きっとまた帰ってこいよと
鳴いてみようか。

_20171013_095223


一本足打法のカモオヤヂの
独り言じゃ。

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.