北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : JUNCO

『博多のOさんとYさんから、呑みのお誘いがきてるんだが
俺 その日バンコク行くから お前ら女3人で参加するか?』
『ひっひっひ♪ってことは、もつ鍋ですね♪ひっひっひ♪
いいんですかぁ~~?♪ひっひっひ♪』
(どちらも、BOSSの古くからの知人である)

福岡県筑前町での公演を終え、BOSS&Areeはバンコクへ、
ダルは山陰営業へ、司会太郎は九州営業へ各々飛んでいった。
つまり、珍しいことに その夜は歌旅座三姉妹が残ることに。
福岡で公演がある時、我々は鳥栖に拠点を置くことが多い。
なにかと便が良いもので。
しかし、なにしろ『もつ鍋』が手招きして待っているということで
その日の宿は、なんと渡辺通りに面したモントレーグループのホテル!
モ・モ・モントレーっ!!ドレス着てチェックインしなくて
いいんすか?大丈夫すか?
なんだか、他のメンバーに申し訳ないなぁ~~~♪ね~~♪
なんて言いながら、心は既にウカレポンチ。

九州男児のお二人のエスコートを受け、ホテル近くの創作料理屋へ。
顔だけステージのままな女3人を引き連れて店に入っていく姿は
さぞかし、動物園の飼育員のようだったろう。申し訳ないです。
乾ききった喉に ビールが瞬く間に吸収されていく。
明日はなんてったって帰るだけでやんすから。
博多のジョンレノンと呼ばれている(?)Yさんが、なにやら
お気に入りらしい『ラーソーメン』を注文。
その名の通り、ソーメンではなく博多ラーメンの細い麺を使ったもの。
ほんのり甘めのつけ汁につけて食べる。おや?酒のつまみに合うぞ?
これは、麺さえ入手すれば どこでも出来そうだ。
後はお待ちかねのもつ鍋。あぁ~…コラーゲンが沁みてくるぅ~…

DSC_0604


顔だけ派手な女3人とおじさま2人。
合コンと呼ぶには ちょいと雰囲気が違うし…。実に妙な呑みの席。
しかしながら、みんな大好き『三岳』(焼酎)は、さらりとなくなる。
なにしろ、明日帰るだけの私達でございますから、一軒だけで
博多の夜を終わらせるなんてことは、考えられません。
その気持ちを察してくださったお二人は、ため息まじりに
博多名物の『屋台』へと案内してくれました。
あぁ…なぜ 屋台の提灯ってこんなにも心を動かすのかしら…

_20180612_111921


少々湿度が高いとはいえ、外で呑むには最高の気温。
イモ焼酎のロックにおでん、小魚の一夜干しを炙ったやつ。
心地よい揺れの中で、『あれ?なぜ私は屋台で、ジョンレノンと
アラブの国王と呑んでいるのだろう(スイマセン)』
なんて思ったり。。

ほとんどお話したことがなかった仲なのに、私達とグラスを
傾けてくださって…お酒は こういう時、とても丁度よく
人との距離を縮めてくれます。
九州男児(九州紳士?)との不思議な博多の夜でした。

人は呑み過ぎるとシャックリが止まらなくなる。
ホテルの部屋に着くと、チエが『ヒャッ!…ヒャっっ!…ヒッ!』と
壊れたオモチャのようになっている。
そこへ、NARIKOが、『水をグラスで こうやって向こう側から
飲むと止まるんだよ。こう。違う違うっ こうっ コッチっ』
とある意味こちらも壊れたオモチャのように説明している。
…こいつら、変だな…思わず写真を撮るワタシ。

_20180612_111949


3人部屋は楽しい。

微妙に呑み足りなかったNARIKOが買った梅チューハイを
回し飲みしながら、女3人の夜は更けていった。

翌日、飛行機(Pのつく会社)が3時間半も遅延して
せっかくのコラーゲンも なんだか怒りに変わっちまって、
ほうれい線も深くふかぁ~くなっちゃいました。

_20180612_122549

ホントに大変です。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

アジトでいつものように晩酌をしている時BOSSが
おもむろに音楽をかけ始めた。『…??…カッコイイ~~っ!』

それは、最近日本でも上映され始めた『グレイテスト・ショーマン』
のサントラ盤CDだった。
JALの機内で一足早く映画を見たBOSSが思わず購入してしまった
という。

人を喜ばせることが大好きな主人公は、様々なキャラクターを
持った団員を集め、街で人気のサーカスを創る。
今まで、人に目をそらされ生きてきた『妙な個性』を持った団員達は
そこに自分の居場所を見つける。
途中やはりうまくいかない場面も出てくるが最終的には
ハッピーに終わる。
なにがイイかって、『ショー感』がイイ。
歌唱力はもちろん、ダンス・ステージ・衣装・全員の生命力…
こんなステージが身近でやってたら、お客さんは
そりゃ大喜びだわさ。なんだか…歌旅座みたい♪

このCDの音の作りも ものすごくイイ。
沢山の声や楽器が参加しているのに、決してうるさくなく
それぞれのイイところがギュンギュン胸に響いてくる。
カッコイイんす。


幼い頃から、人を喜ばすことが好きだった。
その感覚を生涯持ち続ける素晴らしさ。
金はなくとも、どんな時だって笑わせてみせよう。
幸せを届けていこう。
お笑いの人がモテるのは、こういうところなのかしら。
『お金はいらない。あたしゃ、夢のある男と一緒にいたいの。』
と言った中村小太郎さんの奥さんの言葉も、改めて
しっくりくる。

先日、歌旅座の女子だけで 花見をした。
自分で言うのもなんですが、なんと言いましょうか…
イイ意味で動物園感?というかサーカス感?出てまして。
それぞれの特技を存分に発揮して、人の心を虜にする。
そ~ゆ~感じでいっちゃお~かしらね~、ね~♪
一体、どれが桜なんだか分からないでしょ?
どの花も満開です。

1526387885622


左:エゾオオウタザクラ 中央:ビフカボンゴオオケツザグラ
後方:サケヨコズナゲンザクラ 右:エゾヤクマンペンザクラ

<余談>
この日のドレスコードは『春色』だったのですが、
さすが北埜うさぎ、胸に『詐苦羅 上等』と書いた紙を
張ってきました。一番のりでサングラスしてコレ張って
待ってました。きゃなりアブナイです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

俺の名は『エンジ』。キャリーバッグだ。
JUNCOの相棒となって25年。そこそこ長いこと
一緒に旅をしている。
出会ったのはヤツが高校生の頃、確か地元のヨーカドーでだ。
可愛いキャリー仲間が売れていく中、俺のこの渋いエンジ色を
手に取ったのがJUNCOって訳だ。思ったね。『オッサンか』って。
修学旅行、上京時、オーストラリア…お役目としては
そんなにしょっちゅうご一緒する感じでもなかったけどね。

しばらく物置に放置された時間があったけど、なにやら
2009年位から出番が増えてきた。
やたらにぎやかな旅。車の中で、他のキャリー連中と
ぎゅうぎゅう詰めになって目的地へ向かう。
『お前、どこのもんだっ?』『日高よ』『小樽ぞ』
『中野だろぉめぇ』『シンガポールだわ』◎▽※♪●◇■※…
乗ってる連中もにぎやかだが、バッグもにぎやかだ。
そして日本全国の多種多様な道々を、俺様のこの軽快な
フットワークで駆け巡ってきた。

旅が始まった頃は、JUNCOのヤロウ、俺の身体がちぎれそうな位
パンパンに荷物詰めやがって、俺の大事なチャッキーも
限界値まで引っ張られていた。
時には、中で粉ものこぼされたり、汁ものもこぼされたり
油ものをこぼされたり、ヒドイもんだよ。
ホテルに着いたってのに、中を開けずに翌朝 吐きそうな顔で
そのまま閉じて連れていかれたこともある。
今はまぁ なんと荷物の少ないことか。大分旅慣れしたようだ。

不思議なもんで、その時のヤツの調子は 取っ手を掴むニュアンスで
分かる。元気な時、嬉しい時、疲れた時、悲しい時…
分かるんだな、これが。
でもよ、毎日元気なやつなんていないからな、なんか人間らしくて
イイよなって思う訳。
俺はこの通り、割と丈夫に出来てるから まぁうまいこと
ヤツの今後の旅も一緒について行ってやろうかななんてね。
中でなにかとこぼされるのは御免だけどね。

_20180511_123448


キャリー仲間も増えたり、減ったり。
『おめぇんとこのご主人は、中身キレイでイイよなぁ』
『あなたのところ、ヒドイわね』
『もう、耐えられねぇよ』
(消火器5本入っているかのような重さの司会太郎のキャリーが
嘆いている)

ま、実際大事なのはよ、鞄には詰められない心の荷物は
沢山持っていこうぜ って話よ。
俺もそんな旅にご一緒出来て 言いたくねぇが
幸せだね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

高知には『とさでん』という路面電車が走っている。
街の人々にとって大切な『足』となる電車だ。
『乗りたい…』
一座の休日となった5月2日。
宿の目の前がちょうど停留所になっていたもんで、
オイラの乗車欲がメラメラと燃えちゃいまして。
部屋で各々仕事をしているメンバーをよそに
ナリコをデエトに誘い、とさでんに乗車。

_20180504_124908


『意外となんてない』で有名な『はりまや橋』も
一応おがんで、『あんみつ♪あんみつ♪』と
呪文のように唱えるナリコと結局見つけたのは、
部屋で晩酌する用のかまぼこと、女子3人用の
靴下(3足500円)。
どこを見て回っても、『衣装で使えるか』と、
『酒にまつわるなにか』しか頭にない私達。
世の女性的買い物風景とは 少々ズレてるような…。

たまに雨もいい。
空に『少し休め』と言われてるようで。

宿に帰ると、男達が既に晩酌を始めていた。
(PM3時半)
納豆・めかぶ・あたりめ・金麦…コレコレ!
やっぱりコレよ!
シングルルームは一気に7人で、すし詰め状態になり
我々で言うところの『下地』が徐々に
出来上がってくる。

この日のメインは 居酒屋『とさ』でカツオタタキ
を食らうこと!
ピンク街の一角、地下に進む。
店の女将が覚えてくれていた。
前回食べたものまで!すごい!プロだ!
あまりに嬉しくて美味しくて、土佐鶴の一升瓶
3本呑んじゃいました。アホです。
でも、また必ず行くぜよ。

1525301137665


(のれそれ というアナゴの稚魚)

酔いどれジグザグ歩行の一座、無事に宿到着。
と思ったら、何名かが斜めに傾いたまま
宿隣の居酒屋へ向かってゆく…。
その名も『珍宝亭』。…なんつー名前だ。
頭のてっぺんまで土佐鶴が入っていても
ど~~~しても気になる名前だと、
入っちゃうんですなぁ~~。性です。

_20180504_124802


今日も元気に歌旅中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

父さんに作文を書いて欲しいと頼んだのは
2009年1月、夕張で『名画座』のPV撮影をした後。
父さんの行きつけの恵庭にある小料理屋にて
気持ちよくお酒も入った私達は
『父さんも言いたいことあるんじゃない?』
『思うところは沢山あるよ。』
『よっしゃ!父さんの歌作ろうぜ!』
(確かそんな流れだったと思う)と盛り上がり
とあらばまず父さんに、38年間の人生がどないだったかを
書いてもらおうっ!となった。
『まいったなぁ~~~…。』と顔をゆがめてた父さんの
姿が懐かしい。
(この翌日は、起き上がれない程の二日酔いだったらしい)
後日、『コバンザメにはなりたくなかった』という名言が
含まれた原稿がファックスで送られてくる。
その原稿をもとに、娘目線で歌詞を書き、曲をつけた。
そうして今もなお 各地で還暦を迎えたお父さん達や
支えてきたお母さん達に絶大な人気を誇る『重ね日』が誕生した。

今、一座は10年目を迎えた。38年という年月には
まだまだ程遠いけれど、それでも『自分にとっての重ね日』
を考えるようになった。
この命はしっかりと『様(ザマ)』を残せているだろうかと。

本日41歳の誕生日を迎えた訳でございますが
あぁなんと10年の早いことか。。
世間の40代女性の持つ悩みも一気に押し寄せてくる。
女性ホルモンは減り、体力も減少、オケツも下がるし、
なにかと数値も悪くなるし、お酒の量も減り、麻雀も負けるし、
(これは関係ないか。)こりゃ大変だわさ!
イソフラボン摂取にも程がある!
と思う反面、今しか出来ないことがあるなと。
私だから伝えられるなにかがきっとあるはずだと。
10年前には歌えなかったもの、今ならば…。
そんな想いです。
新曲、創ります。待っててね。

あと、私より若い女性に言っておきましょう。
いや、昔からずっと言われ続けていたことです。
うちのばあちゃんも言ってた。
~命短し恋せよ乙女 朱き唇 褪せぬ間に
 熱き血潮の 冷えぬ間に
 明日の月日は ないものを~

その時にしか味わえないあらゆる面での若さを
とにかく満喫するべしっ!ダラダラするなよ~~っ!
大正時代から言われてるんだからホラ、
やっぱり 先輩の言うことは絶対聞いたほうがいいのよ。
人生はバタバタしてるくらいがイイ。
こんな感じで↓

_20180421_153007
(狂喜乱舞する踊り子達)

JUNCOの魂を熱くしてくれる皆皆さまと仲間に
今一度感謝を込めて…
この命を揺らしていただき 
本当にありがとうございます。幸せッス。
41歳のJUNCOもお楽しみに♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.