北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : JUNCO

人は皆、必ず人生のどこかで音楽に影響を受けて
きたと思う。それがプレスリーなのかクイーンなのか
ビートルズなのか吉田拓郎なのか清志郎なのか…。
しかもその『メッセージ』や『なんだかよく分かんない
けどなまらカッコイイ感じ』に感化されるのは、
葛藤や恋や夢をモヤモヤっと抱えた若い頃。
家族が寝静まった後、一人布団の中で音楽を聴き、
行き場のない感情は、枕の中へ叫び散らしたりして。
皆にとってのソレは、私の場合 THE BLUE HEARTS
だった。
装飾のない真っ直ぐな言葉達は、中学生のじゅんちゃん
の心にビシビシと突き刺さり、毎日泣いてました。
今でも、まわりくどい言い回しは嫌いです。

今となっては昭和のうたを歌うステージが多くなって
きているけれど、歌旅座にも愛すべきオリジナル曲が
たくさんあるとです。
先をゆく大人達の背中に『標』を感じ、『前へ前へ』と
自分を振るい立たせ、仲間と呑む酒に『住めば都』と
思いを馳せ、迷いながらも足跡を刻もうと『時の坂道』
を登り、人生は一度きりだぞ『海に出よう』!
『悲しいことは数あれど』やっぱり人生は素晴らしい
とまた歩き出す。他にもたっくさんっ。
この旅の中で何度自分自身にも歌ってきたことか。

『本公演』と呼ばれているオリジナル公演。
旅を始めた当初は、あまりの涙を流すお客さんの
多さに私自身の心も追いつかず泣きながら歌っていた
こともあります。(プロとして失格でございます…)
10年経った今、言葉ひとつひとつの『重み』も増して、
皆さんの胸の奥にキュンと入ってゆくのではないかな
と思っています。
若者に響く音楽、大人に響く音楽…どちらも元を辿れば
一緒なんでしょうね。
音楽を前にしたら、人間は人間でしかない。
上下も左右もない。
あの時、口に枕を押し当てて泣き叫んでいた感覚は、
今もこの胸にある!
誰もの胸にある!

12月15日 旭川市 市民文化会館
12月20日 恵庭市 夢創館
どちらも本公演です。
一緒に、命の音楽 奏でましょう。

_20181210_125216


大人のクリスマスプレゼントは、形のないものです。
少し切なくて、そしてあたたかいんです。
待ってます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

『世の中には自分とそっくりな人が3人いるらしい』。
それをドッペルゲンガーと呼ぶ。…会ってみたい…。
会ったら死ぬと言われてますが。
さすがに、双子かと思うほどそっくりな人にはまだ
会ったことはないけれど、人はだれでも
『〇〇に似てるぅ~っ』と言われることはあるハズ。
歌旅座メンバーだって似ている人はいる訳で。
今日はそれをご紹介してみよう。
暇つぶしに読んでね。

司会太郎:三上博史(俳優)
チエが『タロさん似てますよねっ!』と言ったら
本人曰く、若い頃言われたことがある と。ほぉ。
絵画のようなパーツは確かに頷ける?

AREE:チュイット(タイの政治家)
裏稼業はソープランド王としても有名らしい。
瞳のギラつきが一緒。

NARIKO:澤穂希(元女子サッカー選手)
お客さんに『めっちゃ』言われている。
(約3000人から)
平安時代の美しさは、今ここに残っている!

チエ:コロッケ(ものまね芸人)のやる岩崎宏美
他にも、クッキングパパや西田敏行など
攻撃的な顎の印象が強いようだ。
本人は、今井絵里子(元SPEED,参議院議員)と
言い張るが無視しておこう。不倫に気をつけろぉ。

ダル:朝青龍(元力士)、最近だと山口茜(バトミントン)
『太ると同じ顔になる』と本人は言うが、会った時
から既に似ていたぞ。
山口茜の試合を見ているとダルを応援している
気持ちになる。頑張れ茜ちゃん!!

JUNCO:今田耕司、フレディ・マーキュリー
伝説の舞台『淳子夜想アンソロジー』の中では
マザコンの毛深い寿司屋という設定で、
『ボヘミアンラプソディー』を熱唱している。
(ひどい設定だ。)
やはり、キモは積極的な上顎。

BOSS:愛媛県八幡浜市大法寺の玄関にいるドラネコ。
誰が来ても動じず、一番いい所にデンと座り、
終始睨みをきかせている。地獄の門番。
中村小太郎さんの家にいたドラちゃんもしかり。
マヂ似てる。

どうでしょう。皆さんフムフムと頷いている
様子が目に浮かびます。
弁当の中に醤油もソースもナンプラーも出汁も
なんだかよく分かんない汁も入っている、
といった感じでしょうか。盛り上がります。
せっかくですので、プリントして切って並べて
みました。年末ですので。

_20181201_151056

わお。すごい。豪華。
グレイティストショーマンもビックリのキャラ揃い。
今後とも、この彩り豊かな歌旅座が織りなすステージ
お楽しみに!
なお、R指定された(?)ジュンコ・フレディが載っている
CD『淳子夜想アンソロジー』は売り切れとなっております。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今の時期、銀杏並木に積もる雪のコントラストが
非常に美しい北海道の冬です。


DSC_1019

もう少し経つと、鳥も食わないというナナカマドの
真っ赤な実だけが残り、これまた赤と白の美しいコラボ
を見ることが出来ますヨ。

赤と白はめでたい。
先日11月23日勤労感謝の日は、恵庭におりました。
国際ソロプチニスト恵庭支部の35周年のお祝いです。
(ディズニーランドと同じ歳だそうです)
染之助・染太郎の次にお祝いにピッタリな一座。
特に司会太郎。心なしかいつもより入念にモミアゲを
作成している様子。平成とは思えない光景です。

1542970426516


奥さま達に『私の太郎ちゃん』と慕われて早10年。
この日も司会太郎を頼りにあちこちからお声が
かかっておりました。
『このフラッグの台がね…なのよ』
『あっしに任せておくんなせぇ』
『ツリーは…そうよね』
『あっしがお持ちいたしまぁしょう』
『お花はこちら…そうね』
『なんと美しい花でぇありましょう』
女心に寄り添える男性は、なかなか居るもんじゃ
ありません。独身なのが不思議です。

会場に集まった約250名のお客様は誰もが皆、ステージに
身体を傾け、終始笑顔と拍手が溢れる素敵な時間と
なりました。

_20181124_135840
(60名に真っ赤なポインセチアが当たる抽選会もあり)

公演後、市長の奥様とお話するタイミングがあり、
そこで聞いたエピソードが。
今から20年程前、オイラは恵庭・豊栄神社のお祭りで
カラオケ大会に出場し、『上を向いて歩こう』を
ちょっとアレンジして歌い、見事優勝してチャリンコ
をゲットしたことがあるんですが、市長さんは当時を
よく覚えていてくれているらしく、あの時
『すごい子が出てきた』と言ってましたよ~と奥様。
時を越えて喜びがやってきた。うれしいなぁ。

恵庭で公演がある度に、『私を育ててくれた街なのだ』と
胸いっぱいになります。
来月12月20日の恵庭・夢創館での公演も
盛り上がりそうな予感。楽しみです。
恵庭の皆さん、いつも ありがとうございます!
ソロプチ40周年も、お祝いに伺います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

昔から、『コレッ!』というものに出会ったら
ずっと愛するタイプのワタクシ。
それを『フィット感』だと思っているんですが
人にしたって、共に走っていくには呼吸や速度や
腹の減るタイミングや色んなものが『合って』いなきゃ
どうもしっくりこない。新しい出会いがあった時、この
『合う』という現象が起きるとオイラはそれを
奇跡と呼んでおります。

食べ物にしたって、世の中にはこんなに沢山の料理が
存在するってのに、『地球が滅びる最後の日はなにを
食べたいか?』という質問に対し、『うまい味噌汁』と
答える人の多さよ。こうなったら、味噌汁のクオリティを
上げていくしかないね。価値あるね。
胃と心と味噌汁がこれほどフィットするなんて。
これもすごい奇跡。

NARIKOが言う。
『嫌いなモノに囲まれて生きていたくないの。』
一座の中でも特に、物の素材や色や形に強いこだわりを
持っている。
たとえ時間がかかったとしても、『奇跡のフィット』を
探し続ける。そして、出会ったら長く深く愛する。

_20181122_144229
(時間をかけたかどうかは分からないけど、NARIKOの
こだわりが感じられる一枚。
『あなたのベイビーじゃないのよっ!』ヒーーーッ!)

オイラも、『歌』に出会ったことは奇跡だったと思う。
この唯一の身体に生まれたことも。
逞しい下半身も積極的な上顎も、全て今の人生の為に
あったのだと思える。

私達はもう、与えられるだけの子供ではない。
自分の判断で『選ぶ』。
いくつもの失敗を繰り返しながら、本当に大切なものを
手にし、傷つき、感動し、涙する。
来月旭川で久しぶりの本公演をやります。
一座が産み、皆さんが育ててくれたオリジナル曲の数々。
誰かの心にピタッと『合う』瞬間が多く見られることを
期待しながら、今から楽しみにしてます。

<味噌汁の出汁に想いを寄せて一句>
こうなりたい 出汁のうまみに 夢かさね


_20181122_150350
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今年の2月、宮城県山元インター出口で 私達の相棒
である『アルフィー号』が息を止めた。

1518709473193
(2月、手際の良いJAFのお兄さんに引き取られるアルフィー)

暖房が効かなくなった車内。震えながら過ごした。
インター出口にコンビニを発見した時、そこはまるで
天国! あの時のスープの味は一生忘れないだろう。
そして、相馬市にある修理工場に一時入院。
エンジン移植に成功。
今じゃ、乗用車で走行距離25万キロという
信じられない働きを見せてくれているアルフィー。
そのアルフィーがまた 相馬に近づくにつれぐずり出した。
『ガソリン漏れてまっせ。』
スタンドのおっちゃんが忠告してきた。
はじめ、おっちゃんがこぼしてしまったからそんなん言う
のかと疑ったが、次のスタンドでも同じことを言われる。
どうやら満タン入れると漏れてくるらしい。
ん~~ん~~。。どうしたどうしたアルフィ~。
思い出しちゃったのかい?

長いツアーのオーラス。
一座の疲れがたまってないと言えば嘘になる。
司会太郎の口数も少なくなってきた。
そりゃ、アルフィーもね。クルに決まってるわな。
(今回は入院しなくて良さそう)
『一緒に走ってる』感、あります。

力を振りしぼってお届けした相馬市音屋ホールの
ステージ。命の叫び きっと皆さんの胸にも
響いたのではと思っています。
相馬市はいつも、寒い時期にしか行っていない。
もっと暖かい時期に、とも思うが逆に この寒さが
思い出を濃くしてくれているのかもと思うと、
次もなんとなく寒い時期に行ってしまいそうな
そんな気がする。
皆さん、またお会いしましょうね。

一足早く、仙台空港へと向かったオイラとNARIKO。
出発まで3時間あるとなると、こうなってしまう。
ダメよ、空港を居酒屋代わりにしちゃ。

_20181119_123352


今年最後の本州ツアー、日本の秋も人生の秋も
身体一杯に満喫。
各地でエネルギーを蓄えて冬に向かうだなんて
まるで熊と一緒。でも、歌旅座は冬眠しませんよ。
引き続き、今日も元気に歌旅中です。

<今日の一句>
  アルフィーの
  こぼれる涙は
  汗に似て 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.