北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ
サーモンズPOLOシャツ

カテゴリ : JUNCO

その男は 明らかに日本で焼いた肌ではないと思われる
浅黒い顔で こう言った。
『おい、コレ半分いらないか?』
どこかで会った気がするこの男…しかし 思い出せない…

arita

違う男は やけに昆布に詳しく、腕の毛をなでつけながら
こう言った。
『昆布は干さねば 食えねっぞ。』
この男も どこかであったような… しかし思い出せない…。

oga


その子は 小さな手で小さな貝をいじっていた。
食べて・泳いで・眠って を果てしなく繰り返している。
『おばちゃん、海 好き?』おぼつかないしゃべり。
地元の子供のようだが この子もどこかで会ったような…
しかし 思い出せない…。

chie


『こんな日に海に入ろうなんたぁ あんたもバカだなぁ
仕方がねぇ 俺っちがくべてやらぁ。』
全く似合わない竹棒・ライフジャケット…まるでイタリア人。
どこから来たんだろう…会ったことは…。

yato


『全てを捨ててここへ来たわ。一人海へ出て行ったあの人、
きっと帰ってくるはずよ。私は待ってる。
ずっとあの人を 待ってるわ…』
浮き輪の空気の抜き方を知らないところを見ると
海育ちではないようだ。この女性も どこかで見たような…
ダメだ…思い出せない…。

nariko


透明な海の中では 命がいきいきと呼吸している。まるで竜宮城。
自然と一体化した身体が 喜びの声をあげている。
あぁ これが夏休みというものか… なんと素晴らしい時間…。
まわりを見れば 見たことがあるような…サーモンズ?…いや 違う…。
これは 夢か現実か  美しい奥尻の夢物語。

夢から覚めた民宿の朝。
布団にこぼれていた砂が手のひらにあたる。
あぁ 夢じゃなかったんだ。
歌旅座の 夏休みだったんだ。


写真:スマフォトグラファー TAKA  

あぁ 懐かしきこの感覚…
宿題や課題が待っていたとて 夏休みは夏休み。
我々歌旅座のスケジュールも ホームページを見れば
まるで 昔の薬箪笥(?)のよう。
どこに サマーホリデーなどあるのかっ… 

あった。

7月6日から始まる『初夏、道南をめぐる旅』の隙間に
ポツンと輝く日曜日。
『奥尻de夏休み』だ。
去年の夏、初めて奥尻に行き その海の美しさに我々は
深く深くため息をついた。
(残念ながらARITA氏はその時行けていない)
今回は全員で行ける!しかも 一日あの輝く海で『遊べる!』

海は子供達がはしゃぐ場所だと思ったら大間違いである。
行くと決まってから 私達は 今金の宿(5月9日ヤトチ誕生日前)
でも 夜な夜なBOSSからシュノーケリングのハウツーを学び、
必要なもの やるべきこと 精神のあり方 もろもろ
日付が変わるまで念入りに講義を受ける。
(おかげでヤトチの誕生日はあっさりと過ぎていった)

あまりにも夏休みのことばかり考えていたら
仕事にならないので 極力考えないように生きてみる。
が、せめてシュノーケルグッズくらいは入手しておきたい。
マリンシューズは かつてのサーモンズ衣装で使用していた
ピッタシのものがある。フィンを使うにはまだまだだからいいや。
ダルは かつて親戚のおじさんにあげた海パンを取り返し
フィッティング。
『少しきついけど 大丈夫だっ。それまでには何キロか
痩せてるだろう。』とまるで当てにならない言葉を漏らす。
チエはしじみ貝のようになってしまったビキニを
着るかもしれない。

等々 アジトで晩酌をしては また夏休みの講義を受けたり
してます。

IMG_20170623_120151
(ケガしそうな顔している司会太郎)

子供の頃、海に行くのが楽しみだったのは きっとみんな同じだ。
岩場に潜む 貝やカニ、ウニに魚に ひゃ~~♪
夜には BBQも待っている。

あとは 海で足が攣らないように 普段からちゃんと
動いておきましょう。
楽しみにし過ぎて 寝込んだり ケガしたりしないようにね。
大人ですからね。

IMG_20170623_152229

(夏休みを楽しみにしている40歳と32歳。)


♪絵日記つけてた 夏休み
  花火を買ってた 夏休み
  指折り待ってた 夏休みぃ~♪ 







ツアーもいよいよ後半の山に入ってまいりました。
おいらもみんなも元気です。
のり日のあれこれを書こうと思ったけど止めました。

旅の途中のお酒に関するお話をひとつ。
九州に来たらやはり土地のお酒『芋焼酎』を呑むのは基本。
お陰様で私たちもありがたい事に
各地で地元の焼酎をたくさん頂き、毎晩の楽しみにさせてもらっています。

ここで皆さんは『前割り』という言葉をご存知でしょうか?
『前張り』じゃないですよ。
客人がくると分っている場合、前夜から一升瓶の六分目まで焼酎、
残りの4割りを天然水で割った物を作っておく(もしくは5:5)。
焼酎は25度の物。
これが味がまとまり、実にうまいらしい。

おぉー!確かにうまそうだ。
2升分のパック焼酎をロックでガンガン呑む我々とは違うゼ。
すっかりイメージの膨らんだ我々は、
「それに合う料理は?」「タレの焼き鳥!」「モツだろ。」などなど…
私、もう早く作りたくて仕方がない。
ちなみに燗にする場合、70度ぐらいのお湯に器を入れて、
55度くらいにするのが丁度いいらしい…
あぁ〜呑みたい…たまらん…。

「コンロトラックに積んどこうぜ」
「鉄瓶買おうぜ」
「IHの方がいいんじゃないっすか」

不思議な事に北海道にいたら焼酎を呑む気分にならないのは、風土が違うから仕方がない。
私たちはこうして旅をして、せっかく九州にいるのだ。
その土地のおいしい物をスーパーで買って、おいしい焼酎を呑もうじゃないか。

鳥刺し、きびなご、薩摩揚げ、らっきょう、ぬか漬け、
ニンニク生姜に甘めの醤油…
IMG_2972


『前割り』エンタメしてます。
『客人をもてなすため』ってのがイイ。
さてさて私たちも残りのツアーイイ味出していきましょか!


 

大分遡るが 2008年 『悲しい色やね』を
歌うことが決まった時、私はチープ兄ぃに
『大阪の海が悲しい色をしてるかどうか
見てこようと思うんです』と言ったら、
『お前、大阪の海なんて ただのキタネェ海だぜ?
悲しい色に見えるかどうかは その人によって
違うだろ。』と返されたことを思い出す。

私達は今 旅をしている。
新しい街に行く時、ある程度の(ウィキペディアに
のっているような)情報くらいは見て行くが、
『実際のところ』っていうのは結局
自分達の目や心や身体で感じたことが
記憶に残ることになる。
『何々県の気質はナニナニ』と言ったって
出会った人があたたかければ 私達にとっては
『あたたかい街』となる。

ツアーに出ると 北海道とはまた違った
各地の美しい景色や 残念な景色や
美味しいもの 美味しくないもの
色んなものに出会う。
この仲間とだから感じられるものもある。
ただのカップ麺も うまいカップ麺になったりする。
一人なら 舞い落ちる花びらに涙するかもしれないが
誰かと一緒なら その木の下で夢を語ることだって
出来る。

毎日毎日、機材を搬入し 演奏し バラし また積み込み
そして車に何時間も揺られ 眠る。ということ『だけ』を
やっていたのなら きっと私達の心はロボットのように
規則的な日常になってしまうのだろう。

『なにかを見て どう感じるのか』
という簡単なことを忘れないように
せっかくの鮮やかな思い出が 消えてしまわないように
この先の旅も 心の瞳をギラつかせていきたいと
思います。

IMG_20170523_183607

JUNCOでした。



40年とトツキトウカ前、奇跡が起きた。
ちっちゃいちっちゃいじゅんちゃんの誕生だ。
昭和52年4月24日 浜益村大字群別村字床丹番外地
村中に大きな大きな産声が響き渡ったそうな。
淳子の最初の歌です。
頭皮から垂直に生えたウニのような髪の毛は
『およげ!たいやきくん』のヒットを予測していたのかも
しれません。

写真の中に残る幼い頃の景色。
『北の国から』みたいな ボロボロの家(小屋?)
ブランコ・川からひく生活水・日産ローレル
わかばの煙草…。

まさか その頃 ラジオやテレビで流れていた曲達を
歌うことになるだなんて…。

公演の時に 『意外とお若いんですね』と
よく言われます。
多分 同年代だと思ってらっしゃる。
これはでも 嬉しいことです。
私がとても自然に 昭和の曲達を歌えるのは
やはり 小さい頃から 父さんがギターで
『いちご白書をもう一度』だったり
『さらば恋人』だったり 『メリージェーン』
だったりを歌っていたからだと思う。
そして その曲達が『好きだった』んだと思う。
モノマネするのも好きだった。

私はブルーハーツが好きだった。
理由は 『聞いてるその場で言葉が入ってくるから』。
昭和の歌謡曲も同じく、大体 思いを巡らせられる『ストーリー』
があるものが多い。
ストーリーがなくても 耳に残っている曲があるとしたら
ものすごく アレンジがイカシテるってことだ。

チエがたまに 曲の 歌もコーラスもベースも
ギターもトランペットもドラムも
とにかく気になるところを全部歌う という
本当に自由な歌い方をするんですが
それほどまでに 各パートに 『イカシタ』ポイント
が必ずあることも 昭和の作曲法かもしれません。
いつも時代を読み続ける作詞家・作曲家の方達は
本当にすごいなと思います。

たまに 平たくされた音・
インパクトを作らない・グルーヴがない音楽を聴く。
ひっかかりもしないし、グッともこない。
流れていくのだ。良いも悪いもないのだ。
それが好きだと言う人もいるけれど。がしかしっ!
時にナイフを!時にバラを!時にマグマを!
人を愛そう! 人に嫌われよう!
夢が叶ったら 一緒に酒呑んで 泣こう!
そう、昭和の歌は 人間臭い。最高だ。

我々 歌旅座も 匂いのする人ばかり。
きっと それは この先にも残すべき
昭和の匂いなんじゃないだろうか。

今日は 労働者の酒 ホッピーでも
呑みに行こうか。
ハムカツでもつまみながらね。

JUNCO 40歳。
昭和研究家としては まだまだ勉強不足。
イイものはイイものとして残していきたい。
そして それは 完全なるコピーではなく
どこかに 『時代を読んだ策略』や
『自分達の匂い』も付けてお届けしていきたい。
あぁ 大変っ! 忙しくなりそうです。

本日最後に じゅんちゃんの
お色気 サービスショットを。
もう ビキニは 着れない…。

IMG_20170422_165150

(幼馴染の彼女は 3月生まれなので
同じ歳なのに 大分年下に見えます。)

おめでとうを 
ありがとう◎







 

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.