北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : JUNCO

ふるさとへ帰る家族連れで混み合う津軽海峡フェリー。
函館港7:40発青森行きに乗り込む3人。
深夜2時に札幌を出たこともあって既にその面持ちは
疲れの色が。と思いきや、北斗市に住むご夫婦からの
『ハセストの焼鳥弁当』の差し入れのおかげで
なかなかゴキゲンな出発となった。
_20190815_123212

外はどしゃぶりの雨。ずぶ濡れの子豚くんは、自身の
薄毛を気にしながらも、乗船するや否や焼鳥弁当特盛
を頬張り満足気である。

夏祭り巡礼の旅一つ目の町は、青森県板柳町。
JUNCO・NARIKO・ダルの3人旅である。
会場となった役所の駐車場には立派なステージが
組まれているが、お客さん用のイスもテーブルも
なにもない。…むぅ~不安だ…。
出店のおでんはまだ火が入ってないし、なにしろ
人がいない…。不安だ…。
出演直前、ステージ前側にブルーシートが敷かれた。
そこへワラワラと皆さんが集まりだす。
(祭りの演目がない時間は皆さん家に帰るらしい)
ザ・板柳システム。おしり痛くないですか?
一年前にコンサートを見てくれた方も沢山来てくれた。
その時乗ったタクシーの運ちゃんも来てくれた。
藤崎で見てくれた方もいた。
『夏の元気なごあいさつ』ライブ、受け取っていただけ
たかしら。
_20190815_123046

板柳の空に、歌声とヴァイオリンの音を響かせて、
再会の約束をし夕方7:10青森発のフェリーにまた
乗り込む。 22:50函館港に戻る。カウンターの兄ちゃん
が「あれ?この人達さっき乗って行ったはずなのに」
という顔で見ている。私もそう思う。
朝4時頃札幌に戻った私達は、言うまでもなく「灰」
になって眠りました。これもまた夏の思い出。

二つ目の町は、北海道今金町。
今金男爵・軟白長ネギ・和牛に米と名産だらけのこの町。
一座も昔からお世話になっている友の町でもある。
『いいとこ祭り』には、ところ狭しと並ぶ露店もあり
町の名産がドドーンと当たるビンゴやじゃんけん大会等
お楽しみが盛りだくさん。お盆で帰省している家族も
多く、会場には笑顔が溢れていた。イイ祭りだ。
それぞれの大切な人を想いながら、このお盆のステージ
を楽しんでもらえてたらと思う。
_20190815_123243
(自分達も楽しむの巻)

軽自動車に、楽器だけ積んで向かったふたつの町。
これもまた歌旅。帰る時には、夏の匂いをたっぷり
詰め込んだミニ歌旅号になっている。

会社に戻ると、チエが第一声に『ジュンコさん、ワタシ
マイナス200越えちゃいましたよ』悲しげに報告して
きた。(麻雀の話)
あ、帰ってきたんだなと思う瞬間である。

今回の旅、最高にインパクトのあった光景。
DSC_1696
コンビニのポットの上。一番大切なもの、忘れていった
誰かがいる。
慌てずにね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

眞宗寺さんでの激しい夜を過ごし、数時間
の軽い睡眠を取り、恒例の『昨夜の記憶』
の答え合わせから始まる朝。
もう大人なんだから、知らない傷を作る
のはやめましょうね、皆さん。
奇跡の起床に成功した一座、函館名物
『ハセガワストアの焼鳥弁当(塩)』を購入して江差港へ向かう。
これがまたうまい。付属の紅しょうがが
抜群に合う。 米の硬さ・塩加減、バランス
言うことなし。
ご当地飯を食べられるのも、旅の醍醐味
です。

ハートランドフェリーに揺られること
2時間弱。奥尻港で手をふる愛すべき
ご夫婦の姿。
奥尻公演は、この工藤ご夫妻なしでは
実現出来ない。
いち建設会社の社長さんが、『町の
みんなが喜んでくれることがしたい』
と、自らが立ち上がりコンサートを
企画してくれている。
今回もまた200名近くの皆さんが足を
運んでくれたのだけど、お二人は
既に来年を見ていた。
行きたくても、手段がないというお年寄り
の為に、マイクロバスを出そうと
目論んでいるのだ。
島民みんなに楽しんで欲しいという
思いが底なしである。
そんなお二人と出会えたことが、私達に
とっての宝物。

雨でグズつく奥尻二日目。
一年ぶりの『奥尻の夏休み』だ。
今年は絶対に魚を捕るぞと意気込み、
フィッシュランドでモリまで入手した
ダル。
ほぉ、そこまで言うのならと、陸では
酢飯と海苔とワサビまでスタンバイ。
あとは新鮮な魚を待つのみ。
その間、工藤さんの奥さんが入手して
きてくれたポップコーンと焼きマシュマロ
で、心を満たす。

_20190728_094043
海の向こうでは、巨大なアザラシ?がモリ
片手に魚達に茶化されている。
すぐそばで鵜が魚をくわえ、ダルを
嘲笑って去っていった。
結果的に、私達は『酢飯巻き』を食べる
こととなった。
包丁を研いで待ち構えていた料理長の
司会太郎は出番をなくし、待ち時間の
長すぎたBOSSは4本もワインを空けて
しまった。
これもまた、意味があるんだろう、
ね、父さん。

_20190728_094003


グズついてただけの雨も本降りになり、
ずぶ濡れで宿へ戻る。
工藤組の皆さんが用意してくれた
バーベキューで、心も身体も満たされ
ていく。ありがたい。
本当にありがたい。

コンサートだけではなく、私達にとっての
『奥尻の夏』をコーディネートして
くれる。
こうしてまた、忘れられない夏のひととき
をサンタさんからもらったのでした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

私が生まれたのは1977年。その年ヒットした曲の中に
中島みゆきさんの『わかれうた』がある。
(カップリング曲は「ホームにて」)
20190717_113515

他にも桃色女子(ピンクレディー)や沢田研二さん等、
魅力的な歌手が沢山いた中から、『中島みゆきが気になる』
までそんな時間はかからなかったように思います。
生まれたばかりの赤ちゃんが、さすがに当時の歌声を
記憶しているとも思えないんですが、ある程度大きくなって
あの語るような歌い回し、やりきれない中にシュっと通る
筋のようなもの、北の大地を思わせる曲の構成、
白シャツ、なにに狙いを定めているのか気になる眼差し、
意外と軽快にしゃべるラジオ…。
どういう訳か、身体にスゥ~っと入ってきた。
道に倒れて誰かの名を呼び続けるほどの悲しみを
体験したくなってしまったのかな…。
幸せの後ろをついてくる別れに怯えながらも。



※不思議な二人の会話です。歌声と話し声がこんなに違う人
 いるだろうか…。

その頃父さんは、プレスリーが亡くなったことにショックを
受け、家の珠のれんを見る度に衣装を思い出し泣いていた
(ハズ) 母さんはジュリーの色気に夢中でいつかハグして
もらいたいとマヂで思っていた(ハズ)
30歳の父と母。若いなぁ~。
世界では、ピストルズにシドビシャスが加入し、ぶっ飛んだ
「マイウェイ」を歌ったりなんかして。
(このヴァージョン意外と好きでした)

全国各地で歌っていると、『北海道らしい歌声だね~』と
言われることがあります。すごく嬉しいお言葉。
もちろん北の大地が育ててくれたボディが鳴っているという
のもあるけれど、影響を受けてそう仕上がってきた部分も
あります。
旅を始めた当初、『歌は語れ、語りは歌え』とBOSSに
言われたことを思い出す。
昔、五・七・五で歌詞を書いていた人も沢山いたけれど、
それはもちろん歌いやすいんだけど、でも人の心を歌う
には時として、小節や音符からはみ出しちゃうような表現
も必要だったりする。はみ出し万歳。
吉田拓郎さんの『春だったね』も、その「はみ出し感」を
楽しませてくれる一曲。最後の最後で『春だったんだね』
とたたみかけてくる感じ。くぅ~シビレるぅ~。
語るような歌は、これからも私のテーマです。



色んな昭和の歌達と向き合うようになって、その曲の
チャームポイントのようなものを探すのが楽しくなって
います。
歌旅座のフィルターを通すと、どんなミラクルが起こせる
だろう…そんなことを思いながら、今日明日とやる
『フォークソングの広場』、盛り上げてみたいと思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この旅が始まって以来の超ロングツアーから戻り、
メンバー各々どこが痛いだのなんかダルいだの
太っただのなんだのと独り言ばかり呟く始末。
一足早く札幌に戻っていたNARIKOの元気な声が
栄養ドリンクのように沁みてくる。

私達のように年がら年中旅をするサーカスや、
温泉宿なんかで今もやってる家族歌舞伎とか、
もはやどこが家か分からない暮らししている人も
いるけれど、少し違うとすれば、一か月間同じ場所
にステージを構えている訳じゃなく、毎日毎日
街も環境も人も食事も気温も変わっていく旅芸人は
なかなかいないんじゃないかと思います。

_20190712_115155
(旅芸人、終演直後も居酒屋の予約に忙しい。の図)

先日、羽幌町のTさんから2009年の羽幌公演のDVDが
送られてきた。恐る恐るスタートさせてみる。
そこには、旅が始まったばかりの初々しい姿が。
まだステージマンとして形が定まってない感じ。
大先輩のCHEEPさんの懐で、もちゃもちゃと弟子達が
奮闘してる、という感じ。その時は精一杯やってた
んですけどね~。ダメ出ししたい部分が山程あります。
その中でも目をひいたのが、AREE。
リズムを取る姿もどこかおぼつかない。
今じゃどうです?ギターは肩を入れて弾き、時には
着流し着て提灯持ってセンターで渋く歌ったり。
あの時には持っていなかった『なにか』を、この旅
の中で掴んだということだ。
それは、メンバー全員に言えること。
もちろん、まだまだ出来ることはたくさんありますが。

留まっていたら分からなかったことを、旅は
教えてくれる。
1562899542779
(こんな看板があることだって。@湯野上温泉付近)

経験が表現を表情を豊かにしてくれる。
間違いないっす。だからこそ、経験する時は真剣に。
とは言え、うさぎさんじゃないけれど気持ちとは裏腹に
身体は少しずつ歳を取ってきている。
無理をしがちなこの商売、うまく付き合っていかなと
見つめなおしているところ。サプリもドリンクも
限りがありますから。
旅中の田舎道は、気持ちも身体もクリアにしてくれる。
自然に助けられてるなと感じます。

1562899549748

自然と共に、人と共に、生きていこう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

モリモリと茂る杉林を走り抜け、電線に
絡み付く植物の多さに『そろそろ草刈り
した方がいいよな』なんて、豊かな自然
を満喫していたのはつい先日のこと。
今日は三重県松阪市から岐阜県恵那市の
宿へと移動、そしてやはり道々営業の旅。

雨こそ降っていないけど、なんとなく
どんよりとした空気。
四日市市のあたりになると一帯工場が
立ち並び、空に向かって突き出た煙突
からは白い煙が延々と吐き出されている。

_20190705_160729

 この煙を吐き出さなければ、私達の暮らし
のなにかしらが作られないと思うと
微妙な気持ちになる。
『ここには住みたくないなぁ~』なんて
言ったって、自分らが使ってるもの達は
こういう場所で作られてるんだから。
『子供達には自然豊かな空気のいい
環境で育って欲しい』とか理想は掲げる
けど、本当に大人達は『美しい環境を
守る為の生き方』をしてるんだろうか。
深い緑の山々は、相変わらず『電線病』
だしね。

街を走れば、『ゴミを捨てるな』の文字
ばかり見かける。『川を汚さないで』
とかね。
これ全部大人に向けた(であろう)メッセージ
ってことですからね。
美しき日本も沢山あるけれど、これもまた
目を背けちゃいけない日本だな。

『もったいないもったいない』と言っていた
のはそんなに昔じゃないはずなのに、
いつの間に『無駄』が溢れてしまった
んだろう。
私の大好きな川に、プラスチックが毒を
吐く。胸が痛い。

私達は一体これから、日本の『なに』を
自慢していくんだろうか。

そう考えると、食事は本当に生きる力に
なるなぁ~。無駄なし。今日のランチは
桑名市にある中華食堂にて。

DSC_1608
残り2公演、元気に歌を届けますよ~♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.