北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : JUNCO

今日から トーホグの旅が始まる。
北海道とはまた少し違った寒さと温かさがある場所。
大好き。

あるミュージシャンの曲に『汽車はただ駅を過ぎる』
という題名の曲があって なるほどと。
それが特急であれ各駅であれ、乗ってるだけなら
それは『汽車の中』。汽車の中で想いを募らせ
そして、降り立って初めて『旅』が動き始める。
(その方はまた別の意味で書いているかもしれませんが)
汽車がもし話せたら 『ホレ、いってらっしゃい♪』
と背中をポンポンしてくれてるかもしれない。

我々は(ダルを除き)船旅が嫌いである。何十時間も
右も左も上も下もどこにも立ち寄ることが出来ないあの
制限された空間がとても苦手だ。
苦手過ぎて、船内の缶チューハイを売り切れになるまで
呑みまくり大変なことになる。
その点、トラックや愛すべきオンボロワゴンのアルフィーちゃん
に乗っていれば 道々の興味対象に惹かれるがままに
車を止め、歩き 感じ 思い出を胸に刻むことが出来る。
海辺に降りてジャブジャブもできる。
突然現れたおいしそうなパン屋にも寄れる。
突然の便意にだって対応できる。
そう考えると、ただ自分の足に頼るしかなかった昔は、
もちろん大変だったかもしれないが、『旅の醍醐味』の
視点だけで考えると より豊かな旅だったんだろうな…。

新しいノートを買っても そこに溢れる程の言葉を
書きまくらなければ意味がない。
美味しい野菜を仕入れても、いい機材を買っても、
素敵な靴を買っても、全て 留まっていては意味がない。

こないだ、かっちょいいカメラをぶらさげた男の子に
会った。
『なんか素敵なの撮れた?』と聞くと『ん~…』と言った。
なにかに興味を持つ、誰かに興味を持つ。
知りたいと思う。その素敵さに潜ってみたいと思う。
そのカメラはこれからどんな『素敵』を捉えていくのか。ふふ。
世の中には 自分が興味さえ持てば 対象は無限にある。
思い・想い…それはもしかして 『思いやり』にも
繋がるのかもしれない。
大切な人の顔をいつもじっくり見ていたら鼻毛が出ている
ことにも気づいてあげられるのだ。
具合が悪そうだと気づいてあげられるのも
興味、つまり思いやり以外のなにものでもない。

よぅし。おばちゃんもいっちょ トーホグに心寄せて
自分の無限メモリースティックに『素敵』を記録してこようか。
今日も人生の駅に降り立ち、歌声響かせて
如月、盛り上がってまいります。
『次はぁ~ 一戸ぇ~一戸ぇ~~一戸に停まりまぁ~す!』

_20180205_143500


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

JUNCOです。
極寒の北海道から逃げて、南の暖かさで乗り切ろう
だなんて 考えが甘かった。
『九州ってマイナスになる土地だっけ?』…
宮崎も福岡も見事に寒かった。お客さんの盛り上がりが
最高の暖房だった。
泊まった宿の空調は 何度フロントに頼んでも ぬるぅ~い風しか
出てこず、一枚窓からは冷えに冷えた冷気が部屋中へ流れ込む。
ダウンを着たまま寝たのは初めてだ。もう泊まらないからなっ!
ちくしょ~っ。

とは言え、悪いことばかりではない。
馴染みの店を『ひとつの街に一軒』作ろうと、私達はいつも
夜のパトロールに出掛ける。
今は便利よね。ネットでヒョイと検索すると 近くの居酒屋が
ダダーっと出てくる。
いつものように調べてると トタンの屋根?の写真しか
載ってない焼き鳥屋がある。…怪しい…。
怪しいものには蓋をしない一座、行く。

オレンジに光る看板。ガラガラガラ~っと扉を開ける。
ダルマのストーブにヤカン。(南部鉄器かと思ったらススだった)
くたびれた作務衣を着たご主人。メニューは4品だけ。
ビールは自分達で注ぐ。 炭火で宮崎地鶏を焼いてくれる。
無駄がない。これはもはや 『家だな。』

宮崎の焼き鳥は 串に刺さったものではなく
細かく切った地鶏を炭火で焼く。この焼く というのも独特で
鳥の油を炭にかけて その煙で『いぶしながら』焼く。
焼きあがりが真っ黒なので『焦げ?』と思われがちだが違う。
新鮮で味の締まった鶏肉は なんとも言えず焼酎にバツグンに合う。
マスターが出してくれた 『鳥のタタキ』。これまた絶品。
宮崎の一軒、見つけちゃいました。

『やっぱり失敗しないとね。』
還暦だというマスターは かつて色んな仕事をしていたらしい。
巡り巡って今は焼き鳥屋の店主。その言葉に歴史が詰まっていた。
店内に飾られた手書きの文字。大分こすけてる。
みんなで読み上げてみたりして。

_20180126_140157


巡り合いには 限りがある。
だから 大切にしようと思う。
宮崎に行きたい理由がまたひとつ出来た。
旅はイイなぁ~。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

♪んボヘミア~~ンッ!♪
どうも、葛城ユキです。ウソです。JUNCOです。
和歌山県かつらぎ町に行って来ました。
遂に和歌山県に上陸です。
さぁ、この町にはなにが待ってるのか…

ツアーが始まってから、意外と寒い関西地方。
白い息。山々のてっぺんのほうには、
うっすらと積もる雪。マイナス3度くらい。
霜が降りた畑を見ながら、ナリコは
関東で暮らしてた頃の冬を思い出したよう。
さぶぃ。。

_20180115_090251


ところで、私達は各地で公演をやる際、
主催者さんが居て、舞台には技術担当の方がいる。
あたたかい人、そっけない人、声をかけられるまで
ずっと携帯電話ばかりいじってる人…
色んな人がいる。

和歌山県かつらぎ町。
この町の人は 『なんて気持ちのいい人達!』。
明るい挨拶、働く働くっ、高いところも登り、
デカイ脚立も運び、階段を何度も登り降り。
なにも言ってないのに、気づいたらウチの平台まで
運んでくれていた。
こういう人達が教育委員会にいたら、
町はどんどん活気づいていくんだろうなぁ~。

一番グッときたのが、公演を自らもめいっぱい
楽しみ、さらに『町の人達が心から楽しんでいることを』喜んでいる。
こうでなくっちゃ!
国民の税金が、しっかりと町の人達の笑顔の為に
使われてこそ 町はイキイキする。

私は、花が咲くような笑う人が好きです。
ステージから見えるお客さんの顔は
まるで、大きな花束みたいでした。
本当にイイ町です。

次訪れたら、『ザ・ミーカンズ』が結成されてるかも♪

_20180115_090151


初めての和歌山県で 宝物頂きました。
また行きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年がスタートした。
歌旅座の今年のテーマである『 走 ~RUN』。
これまたすごいテーマである。大丈夫か?!
学生が学校祭で掲げる『走』とも、アスリートの思う『走』とも
ちとニュアンスが違う。

歌旅座の平均年齢は 所謂『中年』である。
顔を合わせれば 今飲んでる薬の話・血圧の話・なにが効くとか
、身体にイイからとか、疲れが取れにくいだとか…
そういう綾小路きみまろ的話題とは一切無縁だと思っていたが
心と身体はまた別問題。
『全部無視して力強く生きるっ』って感じでやっておりましたら
そりゃ無視された身体のほうも怒るってなもんで。
今年の年末年始は 体中の爆弾が一気に爆発してしまった。
おかげで(おかげで?)恒例の家族麻雀も最下位。ガビーン。
『走』には程遠いスタートとなってしまった。

敗北によりヤサグレた感情と、フェイタスの腰ベルト。
これが今のところのワタクシ。
それを癒してくれたのは 母さんの手作りチャーシューと
うさぎさんの土瓶蒸しだ。
ヤサグレ根性を支えてくれるのは うまい飯だ。ちゅっちゅちゅ♪

よっしゃ今年も 歌うに歌って全国走って行くぜっ!
と、新年一発目に向かった大空町。成人式でうねってきた。
朝5時起き。特急オホーツク号6時56分発女満別行。
歌旅始まって以来、二度目のJR移動。5時間。帰りはトラック日帰り。
中年の歌手とヴァイオリニストはグッタリ。
あぁ サプリメントいっぱい飲まなきゃだわ。
ほうれい線が深く濃くなっていくわ。
ビタミンにコエンザイムにコラーゲンにセサミン…あぁ大変。
いいわねぇハタチは。全てがプルプルで~、ねぇ~。


_20180106_102717

とかなんとか言いながら。
きっと、私達らしい『走り』があるはずだ。
身体の声にも耳を傾けつつ、
出来なくなってきたことを補う技を磨きつつ、
味わい深いランナーになってみようかなと。

今年も 皆さんの街へ 飛んでいきますね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

JUNCOです。
来年 最後の全国ツアーをするそうですね。
なにやら75万人の動員予定だとか。
40歳にして引退を決意するだなんて、
『走り切った』からこそだせる結論なんでしょう。

スーパーモンキーズが出てきた時は
『なんてめんこい女の子なんだろう』
と みんながゆうとりました。
同じ歳の子が、激しく歌い踊る姿は
衝撃的でした。
(同じ歳なの⁉…誰やっびっくりしたのはっ)

東京で暮らしてた時、avexのオーディション
受けたことあるんです。笑えるでしょ?
『君、踊れる?』なぁんて言われて
歌いに来たのに 踊れるかってなんやっ
って帰ったことあるわ~懐かしいなぁ~…
90年代を表すのにぴったりな言葉やな。
『君、踊れる?』
安室ちゃんは踊ってたんやな~。

ところで 2017年も終わりますなぁ。
安室ちゃんも走っただろうけど
JUNCOもなかなか走りましたぜ。
160公演、歌いました。
75万人とはいかないけど、3万人くらいの
お客さんと出会いました。
日本全国を旅して、知らなかったこと
沢山知りました。
北海道にいたら考えもしなかった同和問題、
今も残る歴史の爪痕を 自分の心で
感じられたことは、大きな出来事でした。
自分は一体、日本のなにを知っていたのか…
なにも知らない…自分の歩いた僅かな道の
出来事しか…あぁ…恥ずかしい40歳です。

安室ちゃんは今年25周年だったそうで。
歌旅座は来年9周年を迎えます。
標津町のトドワラ太鼓は48周年。
続けていくこと、繋いでいくことの
大変さを 日々感じてます。
でも、9年間のどこを切り取っても
宝箱にしまいたいくらい大切なことばかり。

さてさて、課題が山積みな私達。
まだまだ『Finally』感、出てません。
2018年も走ります。
安室ちゃん、引退して時間あったら
一杯やろうね。同い年ってことで。
山形にイイ店あるんだ。
あ、すごくイイ鍼のセンセも見つけたから
いつでも言ってね。

25年間走り続け、26年目に走り切ろうと
している安室奈美恵ちゃんに
敬意を込めて。

_20171223_184925

そして、いつかその年数を越える日まで
きっと私は歌ってます と、ここで声高らかに
宣言もしときましょう。

風邪には気をつけてね。
お元気で。

北海道歌旅座 JUNCOより


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.