全国共通コンサート入場券
北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : 高杉奈梨子

スマホを使い始めたのはいつからだろう?
機械音痴で慣れた操作が変わるのは億劫なほうなので、歌旅座メンバーの中では
後ろから3番目ではなかったかしら。(最後まで粘ったのはジュンコとボスです。)

多くの人が携帯電話を持つようになり、家に電話をかけることは滅多になくなりましたが、
昔は友達や彼氏彼女に連絡するのも家電(いえでん)でしたね。
誰が受話器を取るだろうと息を潜めて呼出音を聞いたり、長電話を怒られたりしながら。

高校の合格発表の日、公衆電話から家にかけたこともよく覚えています。
ギリギリで受けた高校、電話の向こうからは心配していた家族の明るい声。

「その人」にかけているけれど、今思えば当時の電話は、周りの人達も少なからず
巻き込んでのコミュニケーションだったのだなと思います。

もうひとつ思い出すのは、小さな頃、父の仕事の関係で住んでいたシンガポールでのこと。
ある日、国際電話で祖母と話す母が泣いていた。遠く離れた外国で、母の声を聴けば
涙が出る。今ならよくわかります。
もし携帯電話があったなら、裏のバナナ畑にでも出て気づかないうちに話を済ませ、
私がこんなふうに振り返る記憶を持つことはできなかったでしょう。

もっとも、すぐ連絡がつくと思えば、さほど淋しくもなかったかもしれませんが。

このすぐ連絡がつくということで、あまり緊張感がなくなったのが
「待ち合わせ」ではないでしょうか。
約束の時間に着かなければ会えないかもしれない、ということは、
特別な意図がある場合を除いて、ほとんどなくなりました。
なぜなら…
IMG_20210303_141801

(メンバーのLINEスタンプを拝借。)
昔は駅に伝言板があったそうですね。
ちょっと遅れてしまって、数分前にそこへ書き込んだあの人を思い浮かべる、
なんだかいいですね。

そんな見えない繋がりを日常で味わう時間に、人としての色気が宿るのでしょうね。
無くならずとも、その時間自体はやはり短くなったのだろうと思います。
手紙の返事を待つ日々や、不在で声が聴けなかった長い夜を思えば、
読んだはずなのに返信がないという、既読機能付きのLINEならではの不安など
受け流せそうなものですが、良くも悪くもしっかり順応している自分がいます。

アナログでもデジタルでも、伝え合うことは、それがどんなことであっても、
大事に思いたい。

旭川公演のアンケート、皆で嬉しく有り難く、読ませていただきました。
ありがとうございました。
しばらく公演はお休みですが、再会を楽しみに、暖かな季節を待ちたいと思います。
みなさまとうぞお元気で!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

歌旅座は今、細かなレコーディングを重ねています。
JUNCOの歌に、コーラス、ギターはこんな雰囲気、バイオリンはどちらのフレーズがいい?
等々、少し録っては聴いてみる、という作業。
これは便利であります、本当に。

先月末、45年の歴史を持つ銀座のレコーディングスタジオ、「音響ハウス」の
ドキュメンタリー映画を観ました。
録音技術の進化により、一堂に会さずとも音楽制作が可能になった今日。
アナログからデジタルへ。そこで語られていた失われたもの、変わらないものは、
人と人の間にも通じるなと思いました。

例えば、誰から届いても、同じ携帯の文字を読むことが当たり前の毎日、
ふと手紙をもらうと、やっぱりなんだか温かい。

手紙と言えば、私も“日ペンの美子ちゃん”世代、当時の雑誌には文通相手募集のページが
必ずありました。
今では考えられませんが、確か住所も載っていましたよね。
知らない人との文通は経験がないですが、何度か転校をした子供時代、
次の町へ行くとしばらく手紙のやり取りをしていました。
本当は好きだったみたいだよ、などと打ち明け話が書かれていると、
子供ながらにその距離を感じた記憶があります。

高校時代は、授業中、おしゃべり代わりに小さなメモ帳を回していました。
他愛ない日々のことが各々の文字で綴られていて、なかなか捨てられない。
今ならLINEを使うのかな。

反省文を書いたこともあります。
当時の師匠から、ちゃんと練習しますという誓いを書いて押印するように、と。
今となっては笑い話ですが、真剣に書きました、東京都港区宛てに。

お礼も謝罪も告白も、伝える基本は手紙でしたが、そのうちそれはメールになり、
LINEになり、目の前の人がどんな字を書くのかわからないことが多くなりました。
なので、「あ、こんなふうに書くんだな」というのを見られた瞬間は、ちょっと嬉しい。
歌旅座の公演アンケートも、メッセージとともに、字と出会う愉しさがあります。

「その人」を感じられる幸せ、大事にしたいですね。
IMG_20210208_165013
北海道は三月に入ると、雪景色の中に少しずつ、春が来ます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

南海フェリーで和歌山へ入りホテルの部屋で荷物を下ろすと、窓からはなんと和歌山城が。
見上げる天守閣もいいけれど、カーテンを開けた目線の先にお城があるのは新鮮です。
曇り空が惜しい。
2021-01-24-18-40-44-573

山陽・近畿・四国コンサートツアー、千秋楽は和歌山県かつらぎ町、
かつらぎ総合文化会館です。
2018年から、冬のこの辺りの時期に毎年うかがっており、今回で4度目の公演。
毎年一緒に舞台を作ってくれる、「ザ・ミーカンズ」のお二人が、
この日も明るく迎えて下さいました。
2021-01-24-18-40-19-142

ポンカンと和歌山ラーメンもいただきました。「地元のものを」と、嬉しいですね。
ポンカン、果肉がさっくりしていて、とってもおいしかったです。香りも最高!
また、和歌山ラーメンは去年初めて味わって以来、一座のお気に入りに。
ラーメン好きの方にはぜひおすすめですよ。

今回の11公演ほとんどのプログラムで、JUNCOは最後に新曲「12月の風」を
歌いました。
袖で後ろ姿を見ながら聴くこの歌が日に日に沁みてくる。
2021-01-24-18-38-19-168

会いたい人に会いに行ける日々、懐かしささえ感じる満席の会場、温かな握手…
それに、ステージ以外のメンバーの笑顔。
そんな光景や感触が遠ざからないように、「奇跡みたいなツアー」を紡いでいます。
1611482459579

この日は一日中、雨が降っていました。かつらぎでは初めてのこと。
ホール裏の土手にも行かなかったな。
毎年恒例の、ザ・ミーカンズの変顔写真撮影。マスクのため難易度高めですが、
よく見るとJUNCOも何かしている。

同じ気持ちでコンサートを作ってくれる会館の方達のおかげで、
アンケートにもお手紙のようなメッセージをたくさんいただきました。
来年、また元気にお会いできますように!
2021-01-24-19-04-23-015

各地で出会ってくれたみなさま、ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

なぜか何度も発音したくなります。まにわ。まにわ。

三次公演翌日はお隣、岡山県は真庭市へ。
鳥取県と隣接する県北部にあり、「湯原温泉が最高だよ!」とのこと。
(残念ながら今回は寄れず、次回に期待♪)
岡山と聞くと暖かいイメージでしたが、県内には豪雪地帯に指定されている地域も
あるそうで、この日の朝も、ふんわり積もった雪の合間から凍えたパンジーが
顔を覗かせていました。

会場は、昭和60年、旧遷喬尋常小学校の跡地を利用して建設されたエスパスランドの
中にある施設「久世エスパスセンター」です。
敷地内には明治40年に建てられたという木造校舎もあり、見学へ。
2021-01-14-14-06-28-633

昔、下駄箱にラブレター、しましたか?
2021年を一斉に走り始めたオニツカスニーカー、快適です。

お客さんの朗らかさが、ステージに出て間もなく伝わってくる。
人の気というのは本当にすごいな、と感じます。
終演後、撤収中の舞台の方々も交代でCDを買いに来てくれて、嬉しかったですね。
舞台の人も全国様々で、中には舞台袖でずっと下を向いて携帯をいじっている人も
いるのですから。
岡山の応援団の方にもひさしぶりにお会いできました。
真庭のみなさん、ありがとうございました!

翌日は福山市へ。広島~岡山間を行ったり来たりしています。
この日は夜公演なので、ホテルはゆっくり12:00出発。
2021-01-14-10-46-33-890

近くの喫茶店に入ってみました。お店は53年になるとおっしゃっていたお母さんは88歳。
例えばこんなふうに、その町の移り変わりをずっと見守ってきた方達が、
北海道から来た私達のコンサートをひととき楽しんでくれて、
「体に気をつけてがんばってね」と、次の町へ送り出してくれる。
思い巡らせながら、日常と非日常の合間のような時間でした。

さて!神辺文化会館は、今回で3回目です。
2021-01-14-10-12-15-067

アリタ先輩の疲れを癒す、歌姫と弟子。
和室楽屋でお馴染みの光景です。

個性を重視のサーモンズ。
line_664738568866364


この日は広島、そして竹原から、長くお世話になっている方々が応援に
駆けつけて下さいました。
この時期に、次回開催に向けての、未来の話をして下さる。有難いです。
緊急事態宣言も拡大され、世の中厳しい状況ながら続けられているこの旅。
キラッと光らせよう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

名寄公演後に泊まった紋別のホテルには、思いがけず露天つきの温泉が。
静かな夜の冬の露天は最高。見上げるとちょうどオリオン座が輝いていました。

坂の上にある紋別市民会館からは、厳しい冬の海が見える。
つい一週間前まで、四国・九州で「夏みたいだね!」などと呑気に過ごしていた体に、
頭が痛くなるような寒さが襲います。
同じ日本でも本当にたくさんの表情がありますね。
DSC_2396

たまに楽屋にある、この照明つき鏡。
これを見るといつも、キラキラした顔とポーズを作って遊んでいたチープさんを
思い出します。
IMG_20201219_164536

上手下手を行き来できるようになっているスクリーン裏、ステージではJUNCOの新曲が
披露されています。
様々な想いを抱いた2020年が終わろうとしている、この瞬間のメッセージ。
年内は函館公演と札幌公演を残すのみとなりましたが、いらして下さる皆様と、ぜひ共に
聴きたい歌です。

公演後、2時間弱の道のりを北見へ向けて移動。地図で見ると近く感じるのに、
やっぱり北海道は広い。
line_1763909537032

翌朝もよく晴れて、澄んだ空気が気持ちいい。
会場は北見市芸術文化ホール、大空町から、陸別から、いつもお世話になっている
方々もいらして下さり、お手伝いいただきました。
お忙しい中、ありがとうございました!
line_78493729733803

PA席からこれだけ離れていても、何かを間違って小さく動揺しようものなら
BOSSにもダルにも伝わってしまうのだから、油断ならない。

80代の方からのアンケートに、「忘れないよ」とのメッセージ。
また来てね、ではない言葉の現実と、一言書いて下さった気持ちが、心に沁みました。
置戸、美幌、訓子府…北見の近くには、数年前に公演したきり、
しばらくうかがっていない町もいくつかあります。
北海道ツアーもたくさん回りたいですね。

動けなかった半年間を経て、少しずつコンサートを再開していましたが、
そうこうしているうちに今年も終わりが近づいています。
今年一年、苦しい時に応援いただき、ありがとうございました。
2021年、みなさまにとって明るい一年となりますように。

あと2公演、しみじみ味わいたいと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.