北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : 高杉奈梨子

今年のお墓参りはお盆に家族と一緒に行くことができず、八月も終わる頃、
一人で行きました。
手向けられた仏花もまばらで、夕方近かったためか人の気配も全くなく、
郊外の霊園は時が止まったように静かでした。

不思議なもので、目に入る人がいない分、いつもより多くの思い出が浮かんできます。

私の弟は、男の子であれば普通であろう、そこそこやんちゃな反抗期を過ごしました。
明るく染めた髪に、当時流行ったダボっとしたジーンズでお墓の前に立ち、
そうして毎年率先して水場へ水を汲みに行くのは弟だった気がします。
水場までの道を金色の頭が行き来する光景が、ふいに思い出されました。

高杉家もそれぞれ成人して一度静かになったけれど、その子供達が増えて
再び賑やかになり、祖父母も一年に一度、おぉ来たか来たか!と思っているかもしれない。

そうやってお墓を囲む景色もゆるやかに変わっていくんだなと思いながら、願うことは、
生きている私達に必ず訪れる別れの時まで、皆変わらず元気で過ごせますように、
ということだったりします。

近所にある母方のお墓には、ふらっと行くこともある。
お墓に手を合わせる時間は、自分と向き合う時でもあります。
IMG_20190907_150512

さて、つい先日のこと。夜仕事から帰って、普段使用しないコーヒーサーバーを出すため、
シンク下の収納を開け奥に手を伸ばすと…

「ん?今、水が垂れたかしら…?」

携帯のライトを照らし目を凝らすと、ぽた…ぽた…ぽた…!床がうっすら濡れている。
水道屋さんと連絡を取り、これからだと夜遅くになると言われたけれど、仕方がない。
修理してもらいました。
シンクに小さな穴が空いていたとのこと。しばらく気づかずにいたんですね。

しかし、これが“翌朝早朝に一週間のツアーに出発する”なんていう時じゃなくて
本当に良かった。
普段使わないものを取ろうとした、その行動に第六感が働いたのでしょうか。
あと少し発見が遅ければ、四国ツアーが待っているのですから。
IMG_20190907_165447

使用頻度の少ないお鍋もまとめて洗ってすっきり。いい機会になりました。

まだ暑い日もありますが、少しずつ秋が近づいてきていますね。
実家のそばの畑は、僅かに黄色を含んだ色合いになっていました。
IMG_20190907_145745
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「掃除機、どれくらいの頻度でかけますか?」先日、チエに聞かれました。
「燃えるゴミの前日と、ツアーに出る前かなぁ。」と答えながら、
もちろん例外あれど、それが習慣になったのはいつだったかと思い返すと、
数年前に掃除機を新しくしてからである。

今使っている掃除機はコンパクトなタイプで、居間の空きスペース、気がついたらさっと
手を伸ばせるところに収まっているのですが、以前のものは見えるところに出しておくには
大きすぎ、使う度にクローゼットの中から出し入れしていたのです。
買い替えてから、この出し入れが意外と腰を重くしていたことに気がつき、
掃除はそれに取りかかるまでの段階でつまずきがないことが大事なのだと実感しました。

同じようなことで言えば、洗い物をした後、濡れた蛇口付近をその時ぱぱっと拭くのに、
小さな布をかけておく。
PhotoGrid_1566360137825

使わなくなったTシャツは、掃除に使おうと思ったその時に切るとなるとひとつ作業が
増えるので、切り刻んでストック。
いずれにしても面倒な気持ちになるのを避けるため。

どこのご家庭も当然のようにされていることと思うので、あらためて公開するのも
恥ずかしいですが、面倒くさがりでも、ひと手間でちょっときれいに保てる、やればできる
と、たまに自分にマルをつけています。

効率という意味では、歌旅座の舞台仕込み、撤収も本当に工夫されていて、
常に作業効率の向上が図られており、最近ではJUNCOとともに終演後の物販をまとめて
ホールに戻った時、ステージ上ほとんどが片づけられていることも多い。
格好良いなと思う。

私も、普段の練習、譜面作り、音作り、譜読み…様々な作業が手際よく進んだ日は
清々しく、その流れに乗るための工夫は更新して行きたいなといつも思っています。
2019-08-21-12-50-23

最近、勘が働きます。
きゅうりを買おうかなと迷ってやめた翌日、チエのご実家、佐久間農園のお野菜を
いただきました。ありがとうございます。
おいしそう~♪
包丁を入れると夏の匂いが豊かに広がりました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ツアーから戻り一週間、猛暑が続いております。
みなさま、お元気でお過ごしでいらっしゃいますか。

高校時代、最初の一年間は、札幌市北区の田舎から玉ねぎ畑の広がる東区まで、
自転車で通っていました。
距離は約10キロ、片道40分はかかっていたでしょうか。
自転車通学としてはかなり遠い方で、建物の少ない道を通るので行きも帰りも向かい風。
遅刻をしても「よく来たな!」と生徒手帳のチェックを免除されていました。

今思えばよく通ったなと思いますが、当時は自転車が好きで、一度に家に帰ってからも
ふらりと夕方の風の中を走りに出かけたりしていました。

しかし高校生活も二年目になると、学校最寄りの駅に自転車を置いておく“置きチャリ”を
するようになり、さらに大学に入るとほぼ乗らなくなってしまいました。

なので、歌旅座ツアーのどこかのホテルから自転車で買い出しした時は、
久しぶりで楽しかったですね。
一人暮らしの家にも持っていなかったのですが、最近思いがけず、私のもとに
やってきました。
2019-08-02-17-41-43

父→母→私、のおさがりです。
父は自転車が趣味のひとつで(料理教室、陶芸、珈琲…多趣味な父です。
継続しているかどうかは別として…。)、自身は買い替えて乗っているものがあるので、
使っていいぞと譲り受けたのです。

暑い日の続く札幌。クーラーのない部屋の熱気に耐えられず、どこへ行くともなく
これで近所をぷらぷらしています。
今一番好きなのは日が沈んですぐの時間。風は生ぬるいけれど、本当に気持ちがいい。

普段から移動手段に使っている方にとっては大げさに聞こえるかなとも思うのですが、
風を感じながらぼんやり考え事をするのはとても新鮮で楽しい。
歩いたり走ったりしている間に思考が整理される、という話もなるほどわかる気がします。

お酒が入ってしまっては飲酒運転になりますし、毎日こういう時間を持つわけでは
ないのですが、秋までたくさん乗ろうと思っています。

それにしても暑いですね。
一時は、顔ばかり火照って頭が痛く、水をいくら飲んでも満たされない、
なんだかお腹も痛い、これはもしかして熱中症なのでは…という状態になりました。
みなさま、くれぐれもお気をつけて、ご自愛くださいませ。
2019-08-02-17-42-38

教室の中だけは天国です。
取りかかっているのは、「フォークソングの広場」のための新曲!です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

夏の道内ツアー、この日の会場は、函館市中島町にあります「眞宗寺」の本堂。
お寺公演は久しぶりです。
各地お寺でのコンサート、以前は連日のように開催していましたが、ここ数年はコンサートホールでの開催がほとんど。

ホールには搬入口があり、機材を出したらすぐに舞台袖に運べ、たとえ外がどんなに暑くても中に入ってしまえばこっちのもの。

しかしお寺の公演は、まずトラックの奥に収納されている平台を、二人一組になって
運び込むこと全部で9枚、ステージを組むところから始まります。
置く場所によって形が少しずつ違う箱馬を配置して、その上に平台が乗せられて行きます。

DSC_1221
必要機材も置き場がないので、ある程度の形ができるまで雑然としています。
つまずき注意。小指の爪をぶつけたりしないよう、スリッパ必須です。
いつもは静かな本堂、ここで暮らす猫達もそわそわ様子を覗きに来たり、
積まれた照明ケースの中に入ってみたり。
DSC_1224
1564055982596
お寺公演が続いていた頃はこの仕込みが普通でしたが、ホールコンサートに
慣れてしまうと、なんだかとっても大変。
取りかかるまでは、宿題が手につかない小学生のような気分。
この日に限って気温も湿度も高く、「原点回帰、原点回帰…」と呟きながら、
汗をふきふき、それぞれの作業を進めます。

4回目となる眞宗寺さんでは、最近加わった新演目「フォークソングの広場」を
お届けしました。
お寺はお客さまとの距離も近く、会場全体が何かに守られているような温かさがあります。
“お寺あるある”、突然ブレーカーが落ちてしまって、照明もスクリーンも音も消えるという
事故もありましたが、一体感のあるいい夜になりました。

待っているのは撤収作業。
でもこれを全てトラックに収納し終えたら、美味しいビールで乾杯です!
お寺の方々にもお手伝いいただいて、本当に助かりました。

前回の懇親会もずいぶん飲んだねという話をしながら時間を過ごし、
それでもやっぱり飲み過ぎてしまう眞宗寺さんでの宴。

ふっと部屋を出ては、次から次へとおいしいお酒を手に登場する伴田住職。
皆様とまた来年もお会いできますように。
ありがとうございました!
1564045024703
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

数日前に梅雨入りしたと情報があってからというもの、どこへ行っても湿気との戦いです。
梅雨というのはこうもはっきりわかるものなんですね。
兵庫県丹波市公演を終えて向かった先は新温泉町。
宿泊先の湯村温泉へ着いたのは夜。
灯りでほんのり川面が照らされる様子は趣があり、
夕暮れに浴衣と下駄で歩きたいな、などと想像広がる温泉街でした。
朝食には高温の源泉“荒湯”で卵を茹で、熱々のゆでたまごをおいしくいただきました。
野菜なども茹でられるそう。
日々の暮らしの中にこんな習慣があるなんて、いいですね。

PhotoGrid_1561891359507

兵庫県北部、温泉町と浜坂町が合併してできた新温泉町は日本海に面し、西側は鳥取県に接しています。
会場は温泉街からほど近い「夢ホール」やわらかな字の素敵な看板が迎えてくれました。

1561890957348

IMG_20190630_193917

小雨に濡れた木々は緑色をさらに深くし、公演前の慌ただしさもすっと落ち着きます。
初めての町。
山々に囲まれた会場に、少しずつ声が集まります。
途中から身を乗り出して聴いて下さっていたのは、おそらくこの夢ホール館長のお母さまでしょうか.
涙を拭いながら手拍子を続けてくれたおばあさま。楽しんでもらえたかな。

終演後のロビーも賑やかで、たくさん声をかけていただきました。
なんと北海道中標津町で歌旅座を応援してくれていた方も!
こちらに住まいを移したのでこれからは近畿方面で会いましょうと。
全国を旅する幸せのひとつです。

新温泉町、またぜひうかがえますように。
西川さんはじめ、夢ホールの皆様、ボランティアスタッフの皆様、ありがとうございました!

1561805725604
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.