北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 高杉奈梨子

友人と話していた時のこと。「最近、着たい服が変わってきた。」と言う。
もともと突飛な格好をする人ではないので、そんなものかなぁ?と思いましたが、
確かに、好きで大事にしていたけれど着なくなったなという服は、結構あるものです。

一方で変わらない傾向というのもあり、手触りの良いもの、そしてとにかく、
好みにぴったりの色合いのものには、つい目を奪われてしまいます。

着るものに限らず、朝焼けや、月の光る直前の空、お酒を注がれた盃、
ひらひらした尾の金魚、和紙の便箋…その時々で、うっとりする色に出会うことがある。

IMG_20180826_234856

この綺麗な色合いの装丁に、思わず近づき手に取ったのは、去年の冬でした。

タイトルにも惹かれましたし、読み進めている間、いつでもこの物語の空気感に
すっと戻って行けるのが心地よかった。
音楽について細やかに文章にされているのも興味深く、
それはそのまま作者の方の魅力として心に残っています。

この小説が秋に映画化されると知って楽しみにしていたのですが、
いつ頃だろうと詳しく調べてみると、

2019年!来年の秋とのこと。。。
ごく最近の、とっても残念な出来事でした。

そんなに前から宣伝するものなんですね…普段あまり本を読み返すことはないのですが、
気持ちを落ち着かせるべく、もう一度開いてみようかなと思っています。

IMG_20180826_234109

今日はめずらしくウイスキーデイ。
でも、まだまだすっきりした頭で、このブログを書いています。
やはり一座で集まる時の飲酒量は多すぎるのかしら。

強いお酒だと、円山夜想で以前飲ませてもらった、
冷えてとろっとしたコアントローが好きでした。
ウイスキーも、好きな方の話を聞くと、奥が深そう。おいしかったです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今年のお盆はずっと雨が降っていた札幌。

リハーサルや小さなコンサートが続いていたので楽器はじゅうぶん弾いているはずなのに、
湿気で鳴りが悪く、ぱっとしない日々を過ごしました。

弦楽器同士で集まると、本番前に手が乾燥している方がいい人と、
湿度を保った状態を好む人とに分かれる、という話がたまに出ます。

私は前者なので、蒸し暑い日や、冬に気温との差で冷たく湿るのが一番困ります。
そんな時のために、昔はわざわざ手を濡らしてから練習していたこともありましたが、
いまだにどうにも慣れません。

先日のコンサートも然り。
しかし、良くない条件でどれくらいできるか、またできないかを知る、
いい機会になりました。


お盆の間は、東京から来ていた3歳の姪にもひさしぶりに会い、
「今日は上野動物園に行こうか!」と聞いたら、「下の動物園がいい」と返答された、
という両親からのエピソードがどうにも可愛らしく、数日経っても、
つい笑ってしまいます。


お墓参りは少し日程をずらしましたが、日々のことなど伝えつつ心を静める少しの間は、
時間がゆっくり過ぎるよう。

生前、祖母と二人で話していた時、「ナリは~だね」と、
わたしという人間を表現してくれたその一言を、数年間、思い出せていない…
ということを思い出しました。

思えばナリと呼ぶ人は限られていて、チープさんもそのひとりでした。
たまに楽譜にもナリ。手書きの楽譜はいいな。手紙のようで。

IMG_20180818_232436

羅臼公演の“誰かの仕業”、私も感じたことがありました。
終演後の楽屋でチープさんが、「誰か俺らの後ろに来たよなぁ」
「はい、何かチェックして、大丈夫、というようなこと言って」
思い出は、胸がきゅうっとなります。
JUNCOのブログの文章から、今回のツアー、とてもあたたかな数日だったのだなぁと
感じています。


今月は札幌円山夜想、そして長万部へうかがいます。
8月中は、夏の気分で盛り上がりたいですね!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ナリコは晴れ女、とはJUNCO評。
去年の冬、少人数でトラック移動し、道内を回ったOLD&NEWツアー、
「今日吹雪だったら大変だった、晴れてよかった~あったかいね。」
という日が多かったのです。

言われてみれば日々の中でも、2時間のレッスンを終えて外に出てみると、
乾いていたはずの道路に大きな水たまりができていて、
その間だけ雨が降ったんだな、という日があったり、

土砂降りの中を運転していて、さてコンビニに寄ろうと車から出る一瞬だけ、
小雨になったり、ということがたま~にあります。

一方、一座の雨女と言えばうさぎさん!
以前ご本人から聞いた話では、屋外で遊ぶ時には友達からも、一緒に来ないで~!
と言われるほど、昔から楽しみな日には必ず雨が降る、と。

長いツアーから戻り、うさぎさんの待つ札幌に近づくと、どんどん空が暗くなり、
ぽつぽつ…ざぁざぁ。

晴れてほしい大事な日には、「うささんが浮かれすぎませんように」と、
ジュンコが誰に言うともなく呟いています。

ただ、うさぎさん本人は、いつもそれを楽しんでいる様子です。ほらごらん♪と。

私も、もちろん晴ればかりが好きなのではなくて、
先日のお祝いジンギスカンの日などは、降りつづけていた霧雨が
すごく気持ちよかった。

みんなでお酒を飲んだ後、そのままタクシーに乗ってしまうのがもったいなくて、
途中のベンチでぼんやりしたりしながら、しとしと雨の中、歩いて帰りました。

これが本降りだったらそうはいかなかっただろうと思うと、
我ながら天気にはツキがある、ということでしょうか。

まだお盆前ですが、秋に向かう夜風の匂い。
北海道の短い夏、みなさんも存分に楽しんでくださいね。

IMG_20180811_163435
8月のジンギスカンには、円山夜想Tシャツ。 札幌は数日雨が続いています。
一度、陽に当ててからしまいたいので、窓辺で待機中です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

暑中お見舞い申し上げます。
厳しい暑さが続きますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
各地で連日猛暑のニュース、40度を超えるなどと聞くと、札幌のこの暑さくらいで…
とは思いますが、やはり暑いですね。

今の住まいは「楽器OK」という条件で不動産屋へ掛け合い、担当の方が何百件と聞いて
探し当ててくれたところ。
居間の他に小さな小部屋があり、そこでなら弾けるだろうということだったのですが、
その部屋は音が響きすぎて長時間弾くには耳が辛く、今は居間で練習しています。

数年前のちょうど今頃、8月初旬に引っ越しをしました。

住んでみると、暮らしてみなければわからなかったいいところがいくつかあり、
まずひとつは風通しが良いこと。
水圧も申し分ない。
大きめのクローゼットには、コンサート用のかさばるドレスも全て収まります。

そして、ベット側の窓から朝日が入るのが気持ちよくて気に入っているのですが、
今年の夏はその朝日があまりにも暑すぎ、居間の熱気がいつまで経っても逃げてくれず、
ここ数日は特に過酷でした。

とても楽器など弾ける環境でなく、まったく仕事になりません。
先日ついに本番当日の練習を放棄しました。
もう家では弾けない、会場に入ってからやろう…と。

毎晩、向かいのアパートから赤ちゃんの泣き声が聞こえます。
そうだよね、暑いよね、よしよし。

小さな子供の手を引いて、さらにもうひとり赤ちゃんを抱いているお母さん。
スーパーの荷物をふたつも持って歩いているおばあさん。
「暑いですね」と一言、交わしたくなってしまいます。

IMG_20180801_224455
実家の紫陽花。
花びらも、少しくたびれているよう。

皆様どうぞお元気でお過ごしくださいね。
コンサートも安全第一で、8月は道内を回ります!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今日は土用の丑の日。
皆さん、鰻は召し上がりますか?

この日に鰻を食べる習慣を、
私は大人になってから知りました。
北海道にはあまり馴染みがないような
気がしますが、ふわふわの鰻、
しばらく味わっていないなぁと思うと、
食べたくなってしまうのはなぜでしょう。

ふわふわ、という記憶からすると、
関東風になるのでしょうか。

季節の行事にいただくもの。
思い浮かぶのは、
お正月のおせち料理とお雑煮。
ひな祭りの蛤のお吸いもの。(大好き!)
端午の節句の柏餅。お彼岸のおはぎ。
冬至にはかぼちゃ入りのおしるこ。
年越しそば。

七草粥もありますね!
これもとても好きです。
私はルッコラが好きなのですが、
ルッコラと似たものが七草粥にも
入っているのだそう。 
日本名だとスズシロに当たるのではないかと
思います。

うさぎさんの「とうもろこしは夏の味」
然り、これに旬のものを加えていくと、
季節ごとに毎年口にする味というのは
たくさんありますね。

そしてその味わいが、
思い出を手繰り寄せることも度々。

全国各地を回るようになり
初めての味に出会える機会も多く、
それらも、あれこれ言いながら
みんなで食べる場面とともに、
心に残っていくのだろうと思っています。

IMG_20180718_150455

一度入ってみたい、ご近所のうなぎ屋さん、
古くからのお店のようです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.