北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : 歌旅座テレビ

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

時折吹いてくる風が秋を感じさせてくれようになりました。
今年の東京の8月はそのほとんどが曇り空だったり雨だったとか。
遅かった夏、9月に間に合うといいですね。



今月
歌旅座テレビです
「ケ・サラ 〜故郷の風のように」
(↑曲名をクリックするとYouTubeのページがひらきます)
私たちのステージ、定番の演奏曲になりました。

この曲のオリジナルはイタリアで生まれた海外の曲です。
作者はJ.
フォンタナ、C.ペス、N.イタロ、F.ミグリアッチの面々。
現在も活躍中、盲目のギタリストで歌手のホセ・フェリシアーノ
世界的にヒットさせたことでも知られています。

この曲に歌旅座の作詞家、北埜うさぎが独自の訳詞をつけました。
そして曲中で聴くことができる情緒あふれるブルースハープ(10穴ハーモニカ)は、
〈F.I.H.JAPAN主催・日本ハーモニカコンテスト・ブルースハープ部門第1位
ほかにも〈日本ハーモニカ賞〉〈ワールドハーモニカチャンピオンシップス〉などで
受賞・入賞を果たし、〈北海道ハーモニカ連盟〉の会長でもある
千葉智寿さんによる演奏です。歌うはJUNCO


さて、JUNCOと千葉智寿さんは、来る9月13日に
札幌の円山夜想で共演します。
すでに満席のソールドアウトになりましたが、
ご来場のお客様には2人の演奏を存分にお楽しみください。


それでは、9月の歌旅座テレビ
「ケ・サラ 〜故郷の風のように」をお楽しみください。
下記の画像をクリックすると、YouTubeがひらきます↓

Chesara_title



ごきげんよう。
 

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。
2日連続のブログ投稿であります。
 
今年の1月に第1弾の作品「想秋譜」「白い夜」を紹介して
歌旅座テレビはスタートしました。
そして、昨日の8月1日付で「TIME〜それでも時はゆく」
これで計9本の北海道歌旅座の映像作品が登場したことになります。


ここで、これまでの歌旅座テレビでご覧いただける作品を
一挙まとめてご紹介しましょう。
いわば「夏休み特集」みたいなもの。
帰省時に家族・親戚・友人と、旅行先の宿でじっくりと、
静かになった会社のオフィスでひっそりと、
この機会にあらためて北海道歌旅座の作品に
触れてみてはいかがでしょう。
インターネットにつなげられるなら、
パソコンでもスマートフォンでも鑑賞できますよ。

もちろん、あなたのお気に入り曲を
お知り合いにオススメしていただくのも大歓迎。
作品名をクリックしたら作品を観られます。
また、メールなどでお知らせする際にコピーすると便利な
リンク先も記載しておきます。


1. 想秋譜 (そうしゅうふ) 
https://youtu.be/Lq4Wk6sdjV0
2017年1月2日公開
・歌旅座テレビの記念すべき第1回公開作品
・人生を四季にたとえ、「秋」を迎える主人公の心情を
 飯塚達央氏による郷愁感あふれる写真とともにつづります。

2. 白い夜
https://youtu.be/mINK6Bj57fQ
2017年1月2日公開
「想秋譜」とともに公開した歌旅座テレビの第1回作品。
・雪国に住まう暮らしの厳しさと人の温もり。
 作詞家・北埜うさぎが感じた冬が静かに語られます。
・白と黒の強い対比が特徴的な写真は飯塚達央氏の撮影。

3. 北の暦
https://youtu.be/H9Q8HsEPL5w
2017年2月3日公開
・独特な北海道の季節を歌にした「生命賛歌」。
北海道各地で撮影された飯塚達央氏によるカラー写真。

4. -SHIRUBE
https://youtu.be/vrYwC-UOTbs
2017年2月28日公開
・作詞・チープ広石、作曲・JUNCOという珍しい分担。
・もちろん写真は飯塚達央。テーマに沿って人物写真が中心。

5. 海に出よう
https://youtu.be/7c0cyMAuSmY
2017年4月1日公開
・作詞は岡本太郎の唯一の弟子、中村小太郎氏。
 この曲をはじめ、JUNCOと中村さんとの共作がいくつも誕生しました。
・飯塚達央とJUNCOによる写真集『エイジアン・パラダイス』付録の
 DVDに収められた音楽ビデオの1曲。


6. 
エイジアン・パラダイス
https://youtu.be/Z2TkWI6Spt8
2017年5月2日公開
写真集『エイジアン・パラダイス』の表題曲。
・タイ王国の秘島とバンコクで撮影された作品。
・飯塚氏は飛行機とカラい食事が苦手。
 そして、JUNCOは高所と暑い気温がまるでダメ。
 そんな2人が空を飛んで南国に行ったのだ。

7. 風は友だち
https://youtu.be/bRUsk3-5fCw
2017年5月31日公開
・北海道オホーツクの大空町(旧・女満別町と東藻琴村)のために制作
・地元在住の山川純子さんの詞に北埜うさぎが補作詞。
・本年9月15日に大空町で本作の発表公演を予定。来てね。

8. ハルニレの詩(うた)
https://youtu.be/X_abd2obGik
2017年6月30日公開
・北海道豊頃町のために制作
・同町のシンボルが、2本の幹が一体化したハルニレの木。
・吉田利一氏による書き下ろしの点描画がすばらしい。

9. TIME〜それでも時はゆく
https://youtu.be/IvEvCTHKQvs
2017年8月1日公開
・作詞・作曲・歌、JUNCO。
・歌旅座テレビの最新作です。


歌旅座テレビ、これまでの9本の映像作品でした。
ご家族やご友人、知人・同僚のみなさんにもご紹介ください。

もっともカンタンなご紹介方法は「歌旅座テレビ」のチャンネルを
そのままお伝えいただくこと。
下の画像をクリックすれば、
歌旅座テレビに飛べますよ。


今後も北海道歌旅座の映像作品をどんどん公開していく予定です。
歌旅座テレビで「チャンネル登録」をすると、新しい作品のご案内が届きます。
いわば、歌旅座テレビを「お気に入り」に加えていただくこと。
ぜひご登録くださいね。


それでは、ごきげんよう。


 

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


「暑さ寒さも彼岸まで」などと昔から云われますが、
そう簡単にガマンできるものじゃありません。
水分補給をこまめに、そして実は適度な塩分補給も
熱中症対策に有効だそうです。

夏の睡眠不足も大敵。
就寝時にはエアコンや扇風機の涼風を直接カラダに当てるのではなく、
壁に当ててその反射風を利用すると良いと聞いたことがあります。
お試しください。


それでは、歌旅座テレビ8月の歌を紹介しましょう。
「TIME〜それでも時はゆく」
(↑曲名をクリックするとYouTubeのページがひらきます)

TIME-それでも時はゆく

あえてこの夏に、JUNCO作詞・作曲による静かな佳品をお届けします。

この曲はJUNCOが北海道歌旅座/JUNCO & CHEEP以前に
ソロシンガーとして活動していた頃に誕生しました。
彼女が大切にしていた楽曲で、現在でもステージで披露することがあります。

旋律と歌詞をじっくりご堪能いただくために、
映像は極力シンプルな構成にしています。
もちろん、歌唱はJUNCO

寝苦しい夜に、このような楽曲が涼感を呼ぶのかもしれません。
8月の歌旅座テレビ:TIME〜それでも時はゆく(←YouTubeのページがひらきます)




それでは、良い夏を。
ごきげんよう。


 

ごきげんいかがですか。 
司会太郎です。 


7月。
気がつけば、もう1年の後半です。 

ここ北海道も短いながらも夏の到来となります。 
陽光は強まり、木々はいっそう蒼く、風薫る季節。
ちょっとキザですが。


今月の歌旅座テレビにピッタリなのがこの曲。
「ハルニレの詩(うた)(←クリックするとYouTubeのページがひらきます)


Harunire_titlePic


北海道の十勝地方、豊頃町
そして同町のシンボルがハルニレの木
漢字で書くと「春楡」。「春に花が咲くニレの木」が由来。
全国に分布している木ですが、別に「アキニレ(秋楡)」という種もあるそうです。



豊頃町のハルニレは、樹齢140年と推定される2本の木が合体した形態。
歌旅座メンバーも昨年の11月にここを訪れました。
harunire_TShikai01
町内を流れる十勝川の堤防を下りて進むと、その奥に。
深い秋の頃、葉はすでに落ちきっていました。


harunire_TShikai02
↑上の写真のように、2本の木が合体しているのがわかります。
さらに枝分かれもしていますね。


この「ハルニレの詩」は2011年にCDシングルとして発売したのが最初。
歌はもちろん、我らがJUNCO
作詞と冒頭の語りは、北埜うさぎ
作曲と編曲は、チープ広石
ヴァイオリンに高杉奈梨子

さらには、ゲストミュージシャンとして、扇柳トールさん。
彼はあの印象的な笛の音、ティン・ホイッスル奏者として参加。
不肖・司会太郎も演奏したことがありますが、
シンプルな構造だけれどもそれだけに表現が難しい楽器です。

そして、映像を飾るイラストは吉田利一さん。
速乾性の高いアクリル絵具による点描画の第一人者。
チョンチョンと、ひと筆ずつ点を描いてひとつの作品にするんですね。
できますか? あたしゃあ、できません。
約6年前、CDのカバーを飾るため吉田さんに依頼しました。
幻想的で賑やかで、温かみの伝わる作風です。
今回の映像でじっくりと鑑賞できたら幸い。


いまも全国のステージでJUNCOが歌い続け、
道外のお客様には「北海道らしい」曲として人気があります。


それでは、どうぞご覧ください。 
7月の歌旅座テレビ:「ハルニレの詩」(←YouTubeのページがひらきます)。 

harunire_TShikai

 


ごきげんよう。 


ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


さあ、6月です。
北海道歌旅座は「ゴー・ウエスト」ツアーで西へ。
九州〜山陽〜関西にコンサートをお届けにまいります。
同時に梅雨前線に突入することに。

よく道外のお客様に聞かれます。
「北海道は、梅雨、ないんでげしょ?」。
実は、あります。

オホーツク海からの湿った冷たい風の影響により
「蝦夷梅雨」と呼ばれる、数日間にわたって雨が降る時期があります。
すなわち、ささやかな梅雨。
けっこう気温が下がることもあったりして、
暖房のスイッチを入れることも少なくありません。




6月歌旅座テレビが贈る歌は「風は友だち」
これまでとは異なり、作品制作のご依頼をいただいて完成しました。
オホーツク海のそば、北海道大空町の文化団体協議会からのオファーです。

大空町は女満別町と東藻琴村が2006年に合併して誕生した町。
道外のみなさん。一度足を運んでみるとよいですよ。
雄大な北海道らしさを満喫できるはずです。空港もあるし。


「風は友だち」の映像は、町名に因んで青空が広がります。
幅広い世代が歌えるような明るいポップス。
梅雨がつづくこの季節、この曲をお聴きになって
少しでもさわやかな気分になってくれれば幸いなのであります。
できればスマートフォンではない、大きな画面で観てくれると効果テキメン。

それでは、どうぞご覧ください。
歌旅座テレビ:「風は友だち」(YouTubeのページがひらきます)。


下の画像は制作されたCDジャケットです。
やはり青空。
このCDは大空町だけで入手できます。
kazetomo_jkt


なお、この楽曲の制作過程は、4回にわたる歌旅座・ダルくんのブログ記事
「風は友だち〜レコーディング日誌」に詳しく載っていますよ。

「風は友だち〜レコーディング日誌 (1)
「風は友だち〜レコーディング日誌 (2)」
「風は友だち〜レコーディング日誌 (3)」
「風は友だち〜レコーディング日誌 (4)」


それでは、ごきげんよう。



このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.