北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ
サーモンズPOLOシャツ

カテゴリ : 歌旅座テレビ

ごきげんいかがですか。 
司会太郎です。 


7月。
気がつけば、もう1年の後半です。 

ここ北海道も短いながらも夏の到来となります。 
陽光は強まり、木々はいっそう蒼く、風薫る季節。
ちょっとキザですが。


今月の歌旅座テレビにピッタリなのがこの曲。
「ハルニレの詩(うた)(←クリックするとYouTubeのページがひらきます)


Harunire_titlePic


北海道の十勝地方、豊頃町
そして同町のシンボルがハルニレの木
漢字で書くと「春楡」。「春に花が咲くニレの木」が由来。
全国に分布している木ですが、別に「アキニレ(秋楡)」という種もあるそうです。



豊頃町のハルニレは、樹齢140年と推定される2本の木が合体した形態。
歌旅座メンバーも昨年の11月にここを訪れました。
harunire_TShikai01
町内を流れる十勝川の堤防を下りて進むと、その奥に。
深い秋の頃、葉はすでに落ちきっていました。


harunire_TShikai02
↑上の写真のように、2本の木が合体しているのがわかります。
さらに枝分かれもしていますね。


この「ハルニレの詩」は2011年にCDシングルとして発売したのが最初。
歌はもちろん、我らがJUNCO
作詞と冒頭の語りは、北埜うさぎ
作曲と編曲は、チープ広石
ヴァイオリンに高杉奈梨子

さらには、ゲストミュージシャンとして、扇柳トールさん。
彼はあの印象的な笛の音、ティン・ホイッスル奏者として参加。
不肖・司会太郎も演奏したことがありますが、
シンプルな構造だけれどもそれだけに表現が難しい楽器です。

そして、映像を飾るイラストは吉田利一さん。
速乾性の高いアクリル絵具による点描画の第一人者。
チョンチョンと、ひと筆ずつ点を描いてひとつの作品にするんですね。
できますか? あたしゃあ、できません。
約6年前、CDのカバーを飾るため吉田さんに依頼しました。
幻想的で賑やかで、温かみの伝わる作風です。
今回の映像でじっくりと鑑賞できたら幸い。


いまも全国のステージでJUNCOが歌い続け、
道外のお客様には「北海道らしい」曲として人気があります。


それでは、どうぞご覧ください。 
7月の歌旅座テレビ:「ハルニレの詩」(←YouTubeのページがひらきます)。 

harunire_TShikai

 


ごきげんよう。 


ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


さあ、6月です。
北海道歌旅座は「ゴー・ウエスト」ツアーで西へ。
九州〜山陽〜関西にコンサートをお届けにまいります。
同時に梅雨前線に突入することに。

よく道外のお客様に聞かれます。
「北海道は、梅雨、ないんでげしょ?」。
実は、あります。

オホーツク海からの湿った冷たい風の影響により
「蝦夷梅雨」と呼ばれる、数日間にわたって雨が降る時期があります。
すなわち、ささやかな梅雨。
けっこう気温が下がることもあったりして、
暖房のスイッチを入れることも少なくありません。




6月歌旅座テレビが贈る歌は「風は友だち」
これまでとは異なり、作品制作のご依頼をいただいて完成しました。
オホーツク海のそば、北海道大空町の文化団体協議会からのオファーです。

大空町は女満別町と東藻琴村が2006年に合併して誕生した町。
道外のみなさん。一度足を運んでみるとよいですよ。
雄大な北海道らしさを満喫できるはずです。空港もあるし。


「風は友だち」の映像は、町名に因んで青空が広がります。
幅広い世代が歌えるような明るいポップス。
梅雨がつづくこの季節、この曲をお聴きになって
少しでもさわやかな気分になってくれれば幸いなのであります。
できればスマートフォンではない、大きな画面で観てくれると効果テキメン。

それでは、どうぞご覧ください。
歌旅座テレビ:「風は友だち」(YouTubeのページがひらきます)。


下の画像は制作されたCDジャケットです。
やはり青空。
このCDは大空町だけで入手できます。
kazetomo_jkt


なお、この楽曲の制作過程は、4回にわたる歌旅座・ダルくんのブログ記事
「風は友だち〜レコーディング日誌」に詳しく載っていますよ。

「風は友だち〜レコーディング日誌 (1)
「風は友だち〜レコーディング日誌 (2)」
「風は友だち〜レコーディング日誌 (3)」
「風は友だち〜レコーディング日誌 (4)」


それでは、ごきげんよう。



ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


5月、大型連休の到来。
札幌ではつい数日前に桜の開花宣言がなされ、
ここ北海道にも本格的な春が到来しました。
でも、吹く風はまだまだ冷たいのですが。



歌旅座テレビの6本目、5月の歌「エイジアン・パラダイス」
UTZ-AP-Title

作詞はむねさとるさんと作曲も兼ねる杉真理さん。

先月の「海に出よう」と同様、JUNCOと写真家・飯塚達央による
DVD付き写真集『エイジアン・パラダイス』からの1曲。
ap_photobook
(歌旅座オンラインショップで大好評発売中)


タイの孤児院で健気に生きる子供たちとJUNCOのふれあいも映像のなかで、
そして写真集のなかでもご覧いただけます。


風が冷たくても、このミュージックビデオを観て、
さらには写真集のページをめくれば、
このゴールデンウイークは心だけでも温暖な楽園へ旅立てるかも。
自宅にいながら気分だけでも、ね。



それでは、ごきげんよう。

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

4月を迎えました。
大人の世界では入社・転勤・転属、
子供だったら入園・入学・進学・クラス替え。
新しい世界へ踏み出すこの時期。

心配や不安に苛まれることもあったり、
緊張や警戒心でガチガチになったり。
若い世代ならとくに。



歌旅座テレビ、4月の歌は「海に出よう」

uminideyo_title

作詞は中村小太郎さん、作曲はJUNCO
小太郎さんは、昨日のJUNCOのブログ記事でも触れられていましたね。


若者だけではなく全世代にも通じる、心を奮い立たせてくれる歌詞。
ぜひ映像に載せた小太郎さんの想いを感じてみてください。
この季節、あなたにとっての新たな応援歌になるかもしれません。



「海に出よう」は昨年発売されたJUNCOと写真家・飯塚達央による
コラボレーション写真集『エイジアン・パラダイス』から。
DVDに収録されたミュージックビデオの内の1曲です。
タイ王国の秘島で撮影された渾身の作品。
写真、動画、詩、旋律、そして歌。
それぞれの特色がひとつの世界観に完結しました。

ご好評をいただいているDVD付き写真集『エイジアン・パラダイス』
飯塚達央氏の作品のページをめくりながら映像をご鑑賞いただくと
より味わい深い時間を過ごせるでしょう。

ap_photobook


それでは、ごきげんよう。




  中村小太郎さん・略歴
  ◯1937年= 東京都浅草駒形で誕生
  ◯1964年=「岡本太郎展」に衝撃を受ける
  ◯1965年= 岡本太郎氏の制作助手となる
  ◯1968年= ヒデとロザンナ「愛の奇跡」で作詞家デビュー
  ◯1973年=渡米。ニューヨーク、ヒューストンで個展
  ◯1974年=ブラジルへ。サンパウロにて個展
  ◯1989年=銀座・日動画廊にて個展。ついに岡本太郎氏の弟子となる
  ◯1997年=銀座三越にて個展
  ◯2000年=岡本太郎展(札幌芸術の森)をプロデュース
  ◯2005年=銀座・日動画廊にて個展
  ◯2015年3月31日=北海道余市町にて永眠

 

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


明日から3月。
年度末です。何かと多忙な時期。
寒さも徐々にゆっくりと緩んでくる季節ともいえるでしょう。


歌旅座テレビにも新たな映像が登場しました。
人気の楽曲「標 SHIRUBEです。

前回の「北の暦」同様、2010年に発表したCDアルバム
『標 SHIRUBEのタイトル曲です。

作詞: チープ広石、作曲と歌唱はJUNCO
写真はもちろん飯塚達央

 shirube_title
写真=飯塚達央

人から人へ、先人から繋がる人生の在り方。
標 SHIRUBEのテーマはそんな意味を考えさせてくれるでしょう。


それでは歌旅座テレビでお待ちしています。


ごきげんよう。

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.