全国共通コンサート入場券
「時には昔の話を」特設ショップ
#2020 明日

北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : ライブレポート

秋深き 隣りは何を する人ぞ
image
*撮影JUNCO
お元気ですかー。
この秋皆さんも息詰まっていた生活から少しづつ前に向かっている
ことと思います。

さてさて歌旅座は今日も地元・北海道ツアー敢行中。
すっかり見応えのある紅葉となった山々を脇に眺めながら北へ。
道内2か所目の公演地・士別市へ向かう。
北海道を何度も廻りながらの活動はそれぞれのまちに思いを
馳せることがあるのだが、ここも想い出深いところのひとつ。

前回は8年前、市内の玉運寺さんでのお寺公演。
そしてその前年の2011年、士別市民文化センターでの初公演は
写真家・飯塚達央氏が同行しての、
初のCD付き写真集<JUNCO&CHEEP 歌旅座一座>の文字通り
撮影の“舞台”になったところだ。
付属のCDは「歌旅」が収録されている。
そして今では裏方の仕事を仕切るダルであるが、
歌旅座に入って初経験した公演地だったそう。

懐かしい会場に着くと今回の士別公演の協力をして頂いているSさん
ご夫妻に出迎えて頂く。
実はご主人は当時こちらの会館に勤務されていて、それ以来歌旅座の
公演に何度も足を運んでくれているのだという話をお聞きした。
なんとも時と縁を感じるではないか。
image
コロナ制限があるというものの、沢山の方々にお越しいただきました。

今では我々のテーマ曲、当時は新曲であった「歌旅」には
ザ・研修生のケーゴも参加。
9年越しに同じ会場で心を揺らすことができました。
ありがとうございました。
また、皆さんお会いしましょう。

翌日は、道内ツアーでは珍しい(ひょっとして初めて?)丸1日のノリ日。
そして「道北」といえば、チエの青春の領域。
道すがら故郷・美深町にあるほぼ地元の人しか知らないという
お気に入りポイントを案内してくれるらしい。
まずは<激流の滝>。
image
滝といっても、上から流れる滝ではなく激しい水流がぶつかり合うポイント。
柵もなく、かなりアブナイ。

そして、さらに山を登り目指すのは<松山湿原>。
image
湿原までは車が入れず断念したものの、ここは本当に
あゝ、秘境..
今にもヒグマが現れそうな山深さとその紅葉の自然の美しさは、
『美深』の名前の由来だろうかと思うほど。
チエのおかげでホッカイドウ・ネイチャーの奥深さを感じさせてもらった。
あゝ、北海道..

そして夜は、最北の地・稚内市に到着。
翌日の稚内市総合文化センターも全員参加は士別市と同じく2011年以来9年ぶり。
ナントそのときは、札幌から日帰り公演。
往復12時間の車旅だったのを覚えている。
image
*緞帳が上がるのを舞台内で待つJUNCOとナリコ
image
久しぶりの稚内市公演は昭和の歌どっぷりのレパートリーを披露。
JUNCOとナリコのテネシーワルツ&宗谷岬では一際会場の盛り上がりを
感じたひと時でした。
image
これまでの旅の道標と新たな発見をした道北ツアー。
この再会や出会いを忘れないようにまた来たいですね。
それまで皆さん、お元気で✋

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

道内公演は朝が早い。早起きの緊張感は久しぶり。
研修生ケーゴはAM5:30から車を始動、
寒さに微かな冬の気配を感じながら目的地へ向かう。
北海道は今、短い秋。山々は紅葉を急いでいます。
2020-10-20-08-34-50-065

line_10212052535165

昨年12月に演目「フォークソングの広場」をお届けした富良野。
今回は新旧オリジナル曲を多く織りまぜたプログラム。

この日の拍手のなんと温かかったこと!
座席はもちろんソーシャルディスタンスですが、満席の客席を感じられるくらい。
後援会のみなさんも各地から大勢、いらして下さいました。
ハルニレの詩、北の暦…「この歌を待っていたよ」と北の大地で感じられる、
歌旅座は幸せ者ですね。
新曲、道産子の歌「どさんこどんどん」、どんなふうに響いたでしょうか。
飲み過ぎないように!と度々注意を受ける我々。
「日々是乾杯」、苦笑いされていたりして。
line_10204384749074

line_10252495825045

コロナがまさかこんな事態にまで至るとは想像もしていなかった2月末、
私達は東北にいました。
共通チケットの話をBOSSがいち早く決定した朝のロビーを思い返す。
それから続々届いた応援に励まされた半年間を過ぎ、ようやく、
ありがとうございましたと伝えられる日々が少しずつ戻ってきています。

ご購入いただいた共通チケット、余すことなく使っていただけるように、
元気に旅を続けなければと思います。
インフルエンザ予防接種もぬかりなく。

寒さに向かいますが、みなさまもお元気でお過ごしくださいね!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

9月下旬、半年ぶりに再開した10日間のツアー。
リズムを取り戻した頃、一度札幌に戻ると、半袖で歩く人はまばらになり、
北海道に短い秋が訪れようとしていました。

10月ツアーは兵庫県からスタートです!

初日は初めての町、西脇市。
道中、山々と畑の緑に、彼岸花の鮮やかな赤が目を引く。
会場となった西脇市民会館は来春、54年の歴史に幕を閉じるのだそう。
line_463193687225852

line_463138240290665

播州織で栄えた地域、華やかな緞帳。
使い込まれた木の味わい。

町の方達は、やはり寂しいだろうな…。
コロナでなかなかたくさんのコンサートはできないけれど、最後のその日まで、
存分に音を響かせてほしいなと思います。
「みなさん喜んで帰っていかれました!」と、上月館長と担当して下さった松田さん。
会館の方が、お客様の様子を見てこんなふうに話して下さるのは、
帰り際の嬉しいひとときです。
line_461399382583464

西脇のみなさま、またお会いできますように!ありがとうございました。

翌日は3回目となる丹波市、春日地区にある春日文化ホール。
今年6月に開催予定でしたが、コロナのために延期なっていました。
去年満席となった会場は、コロナ対策のためやむなく座席制限をしましたが、
それでも客席の上の方までたくさんのお客様にいらしていただきました。
line_461522896828729

山に囲まれた静かな町。
アンケートには「気持ちが明るくなりました!」とのメッセージ、
待ちわびた時間を共有することができました。

今まで通りとは難しい中、温かなかけらを集めるように、旅を再開しています。

今回連泊したホテル、とっても快適で、なんと言ってもごはんがおいしかった♪
夕食を楽しみに宿に戻る幸せ。
2020-10-05-11-46-41-831
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホテルの朝食会場では、消毒・ビニール手袋
着用というスタイルが定着していて、
まるで手術室に向かうベテラン医師のような
気持ちで、スクランブルエッグをよそう。
今回のコロナで大打撃を受けたホテル業界の
方達も大変です。
(余談ですが、一座が用意していた消毒液のボトル
がどうやらシャンプー用らしく、ウイスキーの
ショット並みに液が出ることが発覚し、只今新調中
です。ご安心を。)

さてさて、9月のツアーもいよいよ終盤に。
はじめましてとなる大阪府守口市は
大阪市のベッドタウンとしても栄え、
街には人も自転車も車も溢れています。
会場となったエナジーホールは駅のすぐそば
ということもあって、関西応援団の皆さんや
有田市の岩田館長、かつらぎ町のミーカンズ
のお二人等々 仕事をはなれて純粋にステージ
を楽しんでいってくれた様子。
『主催者の目』『観客の目』
わざわざ他の街まで足を運んで、そのどちらの
目も感じてくれるのは本当に嬉しい限りです。
line_666938862870934
(守口で亡くなった、元松下電器創始者の
松下幸之助さんの言葉が飾れています。
どうやら研修生・ケーゴの胸に響いた様子)

はじめてステージを見る守口の皆さん。
間隔をとった客席・マスク姿…
表情が分かりにくいのは覚悟していたけれど
ほんの少しの『気』の高鳴りをしっかり感じ
とれるように、こちらの気もいつもより繊細に
なっていたように思います。
『声は出せないからせめて大きな拍手を』と
送ってくれたその想いは確実に私たちに届き
ました。これが『生』の力なんですね。
優しい気持ちが会場を包む。
line_666910331894487

翌日に向かった大野町もしかり。
3月8日の公演予定が延期となりこの9月に
開催となりましたが、『待ってたよ~!』と
声をかけてくれる方がいるとこちらの頬も
緩む。
私たちのツアーも7カ月ぶりだけれど、
お客さんが生の音楽に触れるのも同じ。
まるで織姫と彦星のように、会いたかった
時間を埋めていく作業は、眠っていた細胞が
呼吸をし出す、まさに命の時でした。
1601342885331
(3度目の大野町公演を快く開催してくれた
館長さんがパシャリと一枚撮ってくれました)

いつもより、深く深く『ありがとう』と
言いたくなる日々。
皆さんに、家族に、仲間に、自然に。
コロナのせいで出来なくなったこと、
コロナのおかげで見えてきたもの、
やりきれなさと感謝のミックス状態です。
世の中では『新しい日常』という不慣れな言葉が
出回っているけれど、少なくとも私たちのこの旅
は、人の生なしではあり得ないものなのだと
実感せずにはいられません。

まだまだ制限のある日々は続きそうですが、
いつだって前を向き、未来を想像・創造し、
歌旅座は元気いっぱい走っていきます!
次は、兵庫・滋賀・石川・富山へ
レッツらゴー!!待っててくださいね~♪



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


旅は始まったのダ~。

image

伊丹空港に降り立った初日。

空港近く地元の人で賑わう中華屋さんでの決起乾杯となった一座。

image
久しぶりに沸き起こる何かが始まるワクワク感。

半年ぶりに噛みしめることになるであろう本格ツアーがついに始まった。


そして迎えた豊能での公演は、仕込みも本番も染みついた

身体の動きを確かめるように始まり、あっという終演を迎えた。


近畿ツアー2日目は、

関西といえばすでにお馴染みとなったここ、四條畷市公演。

歌旅座を応援してくれる方が多く、言うなれば目の肥えたお客様

たちのいるホーム感のある会場である。

ここでもジワジワと色々な感覚が戻ってくる。

であればと、このコロナ自粛期間に完成したオリジナル曲もたくさん披露。
お客様にはきっと喜んでいただけたはずではないでしょうか。

image

JUNCOいわく「マスクをしていても笑顔でいてくれたのがわかった」と。

やはり4度目の四條畷はあたたかい。
感染対策の中、多くの方にご来場頂いた。

image

ありがとうございました。
お客様、そして館長、会館スタッフさんとも来年再会の約束を。。


3日目は和歌山へ。

image

高速を下るといきなりみかんの段々畑が目に飛び込んで来る。

お久しぶりです。こちらも3回目となる有田市民会館での公演。
image

楽屋には岩田館長からツヤツヤの緑のみかんのプレゼントがありました。

新鮮な甘酸っぱさ。いつもありがとうございます。


公演は昭和のフォークソング中心にお届け。

開催決定から日があまりなく、まだまだ行きたいけどこんな状況で

なかなか足を運ぶのは//という方もいる中、この日を楽しみにしてた
多くの方にご来場
頂けました。

image
会館でお手伝いを頂いたボランティアの皆さんも
ありがとうございました。

またお会いしましょう!

旅はまだまだ続く。。。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.