北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : ライブレポート

“僕”の髪が肩まで伸びて“君”と同じになったら結婚するーーー
って、それまでの間“君”はこまめに髪をカットしに行くのかな?
つつましい生活の中での恋愛事情を考えるとずいぶん物入りだよね。
それとも“僕”の髪が肩まで伸びる間に “君”の髪は背中まで伸びるし、
“僕”の髪が背中まで伸びる間に…って、いつまでも結婚できない
じゃないか!!おいおい、結婚するする詐欺かよ!?

小さな石鹸カタカタ鳴らし、赤い手拭マフラーにして行った
銭湯で “一緒に出ようね”って言ったのに 洗い髪が芯まで冷える
ほど女性を待たせる長風呂の男ってどうなのよ!!
そのくせ、その身体を抱きしめて “冷たいね”って…。
冷たい?はぁ?誰のせいだと思ってるんじゃ、こらぁ!

季節はずれの雪が降ってるホーム。
動き始めた汽車の窓に君は“顔”をつけてるんだよ。
“頬”でもなく“おでこ”でもなく“顔”だよ、顔。
顔となるともう真正面からべったりと、それはもう鼻はつぶれ
唇はまちがいなくタラコ唇になってるはず。
その窓ガラスに押しつけられたタラコ唇が“さ・よ・う・な・ら”
と動こうとしたら、そりゃあもう怖くて下を向いちゃうよ。
早く、動け 汽車よ、早く、早く連れ去ってくれ~~!!

いや、これは大変失礼いたしました。

昭和に生まれ昭和に育ち、昭和に青春時代を送った者にとって
フォークソングとは もう身体の中にすっかり染み込んで
いるものであり、ひょいと覗き込むと自身の中に“フォークソング
の広場”ができてしまうものでもあります。
反戦や反支配体制を謳った硬派なものから、さりげない日常や
恋心の悲喜を謳った軟派?なものまで、昭和という時代の流れに
のって生まれた数多くの楽曲が積み重なり、「フォークソング」
という一本の大きな柱となって日本の音楽シーンを支えてきたと
言えるでしょう。

誰もが知っている名曲から、決して有名ではないけれど、
このミュージシャンの、このグループのこの曲が好き、という
個人的な名曲まで広く深く愛され続けているのが「フォークソング」。
私自身 時にギターを爪弾き、時に仲間と合唱し、時に歌詞を
身に置き換えて涙し、そうして親しんできた曲ばかりなので
冒頭のように好きを通り越してついついその世界につっ込んで
みたくもなるのです。

さぁ、前置きが長くなりましたが、歌旅座10周年特別企画
「フォークソングの広場」第2夜も大盛況。
懐かしいあの曲もこの曲も JUNCOの歌心で、チエの歌力と
顔力で、ナリコのヴァイオリンやサーモンズのコーラスで、
新しい色使いの曲に生まれ変わり、来場された方々、それぞれの
『フォークソングの広場』を鮮やかに染めあげていきました。

received_1104534966385723
(新ユニット『雪ん子トリオ』。)


3/31、4/18と日をあけての2DAYSでお届けした特別記念公演は
期待以上の盛り上がりで、円山夜想の店内は一足早く
笑顔の桜が満開。
暖かさを通りこして、身も心も熱い二日間となりました。
ご来場下さった方々に熱烈感謝!

received_795966737428285

さぁ、今月末からは近畿・東北ツアーが始まり、5/16には
この「フォークソングの広場」を旭川でお披露目します。
始まりがあって終りのないこの旅をこうして続けていけるのは、
迎えてくれた笑顔や拍手のぬくもりがあってこそ、と改めて
実感した二日間でした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

2019年・春の四国コンサートツアー、
最終公演地は高知県日高村。
当日も晴天。
今回はすべての日程で天気に恵まれましたよ。

例年のこの時期には、すでに散っていると聞いていた桜は、
まだハワハワと満開大開放。
せっかくなので、桜花の美しさを捉えた写真をいくつかご覧ください。

sakura01

sakura05




さて、馬路村・芸西村につづく
高知県内3カ所目の村公演地となった日高。
県庁所在地の高知市から車で30分余り。
北海道日高町で生誕の儀を執り行なった司会太郎にとって、
大いに心惹かれる宿願の地でもあったのです。

会場となったのは、明治に創業したご当地の松岡酒造の蔵を
保存・再生させた日高酒蔵ホール
随所に往時の面影がザギザギと刻まれています。
せっかくなので、当ホールの歴史の趣を捉えた
写真をいくつかご覧ください。

sakagura02

sakagura01



公演、スタート。
stage

そして、終演。
ある意味で異次元空間の公演でした。
 

これにて、今回の四国コンサートツアーは完結。
次回は今年の秋を目標に、勝手ながらムサムサと計画中。
四国の皆様とは、またお会いすることになりますよ。
 


オマケ。
 
omake01
「ベンチにケツを下ろす女と櫻」
(撮影地:日高村/モデル:チエ・サクマ)


omake02
「無題」
(撮影地:高知市)


それでは、ごきげんよう。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

子供の頃、親戚ん家の天井に見た〈足摺岬〉のペナント。
どこだー!?アシズリミサキ?
ツアー2日目は、四国最南端のまち土佐清水市にやって来ました。
この岬がある、土佐清水に来るなんて歌旅座の活動をしていなければ
無し得なかったであろう。
北海道から直で来るとしたらなおさら。
なぜなら、ここは(東京から最も遠い=移動時間が長い)まち
ともいわれているらしい。
map01-522x369
言ってみれば、公共の交通の便があまり良くないのですね。

我々はありがたいことに前日から
 ♪土佐の高知の〈はりまや橋〉傍の宿に入り、
トラックとレンタカーで高知市内からの出発。
約3時間の早朝ドライブだ。
1554607464223-551x474
四万十町で高速道路をおりると壮大な四万十川が現れる。
横目で眺めるとまるで海かと思うほどの河幅。
すると今度は左手に地平線がみえる太平洋を望む海岸線に出る。
土佐清水は、かのジョン万次郎の故郷でもあるのだ。
この浜からサバ漁に出た万次郎、遭難から思いもよらない
波乱万丈な人生を送り、今の日本の礎を築く存在になった。
運命のいたずらといえども、ここから始まったのかと思うと
歴史とロマンを感じますね。
そんなことに思いを馳せながら、土佐清水市民文化会館に到着。
昭和感たっぷりの会館だ。

昭和のうたコンサートは今回からまたまたまたチエの新しいキャラが。
1554607467957-544x753
*バックヤード、本番出待ちのチエ
インテリマダム風のアコーディオン奏者の登場。
JUNCOと共に会場を沸かせた。
1554607475955-532x390
会場も曲を披露すればするほど、お客さんのテンションも上がっていく。
昭和メドレー後の定番となっている、我らのテーマソング「歌旅」、
アンコールの「歌旅数え唄」はお客さんにはもちろん初めての曲のはずであるが、
大いに盛り上がった。ありがとうございました。
1554607471936-536x374
必ず戻ってこれそうな気がする土佐清水市。
ジョン万次郎のように、ここから新たなことが始まるのをを願って。

それにしても我らにとって初夏のような四国の春は、最高。
旅は続く。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1972年の札幌オリンピックに備え開通した札幌~小樽間を走る
高速・札樽道。
昨年の12月、開通後はじめて余市町まで分岐して伸びて、その名も
<後志自動車道>が開通した。
まだ未体験であったが、この日初めて走ることになった。
従来の山を切り開き造られた新しい道路が続く。
朝里のスキー場を望みながら走ると、今度は天狗山スキー場の麓が
掘られた<天狗山トンネル>が抜ける。
小樽で生まれたアリタには、子供の頃から慣れ親しんでいた
<2大スキー場>を通りながら一挙に塩谷、余市と抜ける道は、
なんとも時空を超えたようで不思議な感じがした。
これで余市方面へ行くのには、20分は時間短縮となろうか。

それで、小樽~余市を抜けて向かったのは<果物の里>としても有名な仁木町。
今年の春分の日の公演は、暫くぶりのまだ雪の残る、仁木町町民センターだ。
ロビーには<ニキボー>なる仁木町のイメージ・ゆるキャラも出来たようだ。
CollageMaker_20190322_180218590-1
初めてこの町に訪れたのは、9年前の2010年2月JUNCO & CHEEP公演として。
300人収容の多目的ホールの席がなくなるほどの入場があったのを覚えている。
主催を頂いたのが、今年も同様の<仁木みらい塾>。
みらい塾の方々以外にも、仁木町で公演がなくても、近隣町にはいつも
応援に来ていただいている方々もいて、「ただいま~♪」といえる町。
歌旅座の面々も楽しみにしていたところ。
楽屋にも、差し入れを持って挨拶に来ていただきました。

意外!?にも初披露となる仁木での「昭和のうたコンサート」は、
9年前のそのときと同じように満席のお客様がご来場。
1553244714510-1~2
一緒に歌ったり、終演後もたくさんお声かけをいただきました。
1553244706305-1~2
終了後は、みらい塾の皆さん中心に打上げの宴を設けてくれました。
9年前の仁木町での公演を見て頂いていたご婦人、かねてから応援してくれる
久しぶりにお会いする方、今回初めて歌旅座公演をご覧になった方、
一人ひとりの言葉があたたかかった。
1553244720892~2
「今までの町民センターのコンサートで一番の入りだった~」
「今度はサクランボの時期に来てね~」
ステージで頂いた記念品を開けてみると
仁木産「行者にんにく入 銀山ジンギスカン」の詰め合わせが。
1553244686540~2
雪融け後はこの季節。歌旅座のツボを知っている。。盛り上がるなァ~。
また必ず再会できそうです。
次回仁木町公演で訪れるときには、後志自動車道・仁木町インターが
出来ているのかも。

また逢える日まで。お元気で~。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「今日は啓蟄(けいちつ)だ」。
BOSSが朝呟いた。
啓蟄とは「冬ごもりをしていた虫や動物が春を感じて這い出る」
という二十四季のひとつで春の季語。
今年の啓蟄の日がこの日3月6日なんですって。

昨日のブログでナリコも書いていたが、ありがたいことに
前日は旅の中の楽しみでもある温泉宿でのひととき。
歴史ある湯治場で身体も温まり、おまけに気持ちのいい春日和。
我ら歌旅座も春を感じた虫や動物たちのように
朝からリフレッシュして動きだしたのであった。
1551949429311~2
安比高原から向かった先は岩手県・一戸町。
我らにとってはすでに馴染みのある一戸町コミュニティセンターが会場。
去年は軒下に大きなつららがぶら下がる、2月の寒い1日でだったのを思い出す。
岩手と青森の近隣に存在する〈一戸〉から〈九戸〉まで四を除く八つの町」のひとつで、
〈戸(へ)のつく町ツアー〉をやってほしいという声もかつて上がったことがあった。
その中で1番多い3回目の「昭和のうたコンサート」となるのがここ一戸町。
会場につくと、「お待ちしてました♪」と主催者の皆さんに温かく迎え入れて頂いた。
早くもいい公演になる予感。

また、ここの会場には忘れもしない名物(名所!?)が。
舞台上の演者を前から当てる照明のことを、俗にシーリングライトというのだが、
その吊り位置がなんとも高い所ににあるのだ。
聞くところによると地上からの足場の距離は約23mもあるらしい。
間違いなくこれまでのどんな会場より、高所日本一。
1551949432507
(*写真上部に見える足場がシーリングライト)
そんな盛り上がる仕込みもスムーズ終え、お客さまを迎える準備ができました。
アーチ上の天井がきれいですね。

「歌旅座公演のクチコミが広がり、年々来場者も増えているのですよ」と、
代表理事の高橋さんの云う通り、開演前には予定数よりも多いお客さまで
埋め尽くされました。
1551949981556
青森つがるの弘前、秋田の北秋田、そして岩手なんぶの一戸と
廻ってきましたが、それぞれが独特な言葉、方言のあるところ。
イントネーションは違うども、どちらも暖かみのあることばで、
たくさん声をかけてくれる。
そして皆さん「素」でコンサートを楽しんでくれる。
こんなに嬉しいことは御座いません。
たまりませんな~東北。

会場を後にするとき
「次はまたお客さんがもっと増えてるはず」とのお声も頂いた一戸町、ありがとう◎
歌旅座、また必ず戻ってきますよ~。
1551949450613

さあ、今日はこれから八戸港からフェリーで北海道戻り。
宮崎からの長い今回の旅もまもなく終わる。

札幌はまだ雪残ってるべか!?



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.