全国共通コンサート入場券
「時には昔の話を」特設ショップ
#2020 明日

北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : ライブレポート


四国の旅、続いています。
新居浜市公演からは愛媛県内7箇所ツアーの始まり始まり~。

ノリ日は、新居浜から11/26に予定している今治市の会館下見に立寄り、
四国の北、犬の頭のように突き出した高縄半島の海岸線をぐるっと廻り
目指すは松山市へ。

瀬戸内海。
途中、引き寄せられるように訪れた季節外れの砂浜。
温暖な気候、初夏のような陽気、波のない水面。
北の日本海とはほど遠い景色に心が洗われるのです。
IMG_0053
*海に足を入れ「バカヤローー」と叫ぶチエと仲間の図
夜は松山市内のホテル近くにあったお店の「かめそば」なる
B級グルメを頂く。
昭和20年からある味を今のご主人が受け継いだ幻の味 らしい。
ソース焼きそばでもあんかけでもない、スペシャルなダシの味だなこりゃ。
揚げた麺の上にはちりめんじゃことカツオ節がどっさり。
IMG_0046
うーん、唸らさる(北海道弁)。
この不思議な食感と味。これぞ旅ならではというものか。
それにしてもこんなに腹が張る、いわゆるハラモチのハンパのなさ。
全員鱈腹の思い出となりました◎

そして迎えた翌日は初めてのまち、松山市北条での公演。
平成17年北条市は松山市に吸収合併される形となったが、
海は海運業、陸地ではかんきつ類や米作など農業もさかんな
歴史のある地域。
ひたすらまっすぐに伸びる線路の横にある、北条市民会館が会場です。
IMG_0054
昭和感あるホールで、昭和の歌のオンパレード。
風土のとおりかノリも穏やかなお客さまご来場ありがとうございました。
IMG_0052
松山市は歌旅座メンバーも大好きなところ。
また来たいですね。

終了後はこちらも初訪問の宇和島市へ走る。
宇和島初公演は宇和島市内の三間地区、
のどかな田園風景の中に建つコスモスホール三間。
IMG_0050
「三間米」の産地になっている南予の米ドコロです。
会場ロビーに入ると、待ち受けるのはナマハゲ的な巨大な顔。
IMG_0049
*研修生・ケーゴが「ボクに顔似てませんか?」と撮った図。

これ、この地に古くから伝わる「牛鬼」の頭なんですと。
盛大な<牛鬼祭り>は残念ながら今年中止となってしまったそうですが、
地元の皆さん、昭和のうたコンサートで元気で取り戻しましょう。
IMG_0047
そんなことで始まった三間での公演。
地元の方たちだけでなく、以前訪れたことのある市町村からも
お越し頂いた方々も多くいらっしゃいました。
IMG_0048

コロナ制限の会場では皆さんマスク姿、ディスタンスを保っていますが、
だんだん、だんだんと盛り上がる熱気はステージにも伝わってきました。
三間の皆さんありがとうございました。
またお会いしましょう。


会場の名前のとおり、ここではコスモスもみどころ。
楽屋内やトイレ、至るところに活けてあるコスモス。
会場スタッフのその気配りも嬉しいですね。IMG_0055
*JUNCO撮影
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

八戸市から始まった約10日間の東北ツアーは、この山形市公演が最終日でした。
山形県内、これまでの公演地は白鷹町・上山市・高畠町・大石田町、
中には二度訪れている町も。
この度は初めての山形市、会場は山形駅のすぐそば、街中にある「山形テルサ」内のホールです。

これは「わかる君」という検温器。
2020-11-14-10-15-42-996

しっかりコロナ対策をしていても集客はなかなか厳しいものがありますが、だからこそ、
いらして下さったみなさまには楽しんでいただきたい。
ツアー中、様々な課題を与えられている歌旅座研修生ケーゴも最終日は一緒にステージへ。
かつてない事態の最中、旅をスタートさせることとなったケーゴ。
何年も先に、共に笑って振り返る時が来ることを願いたい。
IMG_20201115_142030

チエの相棒も暗闇で待機中。

この日の会場は客席とステージの間にスペースがあり、お客さまと少し距離が
あったのですが、一人何人分もの拍手を送って下さっているような温かさ。
ありがとうございました!
またきっと、お会いしましょうね。

そして一座にはこの日、コンサートの他にもうひとつ、心待ちにしていた事がありました。
それは、3年前、 山形宿泊の際に偶然入った居酒屋さん「鶴ちゃん」に行くこと。

この度、山形公演が決まりアリタさんがお電話をしたら、覚えていて下さった!とのこと。
あの日の記憶がよみがえる。
確か、もうすでに十分に酔いホテルへ帰ってきたのに、宿の隣に看板を見つけ、
吸い寄せられるように入店したのではなかったか…。
そこにはおいしそうに日本酒をあおる店主つるちゃんと穏やかな奥様。
つるちゃんが小樽出身ということで、同郷のアリタさんと肩を組んで
盛り上がったのでした。
IMG_20201115_141749

コンサート後、お店にうかがうと、たくさんの地元のお料理で迎えて下さいました。
菊の酢漬け、青菜(せいさい)漬け、お蕎麦、そして山形といえば芋煮!
お出汁の効いたつるちゃんの芋煮は、とってもおいしかったです。
忘れられない味がまたひとつ。

「今日は最高の日!3年前に出会って、やっと生の歌が聴けたんだから!」
数年間、 見えないところで繋がっていたご縁が、キラキラと姿を見せてくれました。
IMG_20201115_141711

アリタさんと固い握手をして、「歌旅座も兄弟分よ!」と心強い応援をいただきました。
年の離れた私達にも“つるちゃん”と呼ばせてくれる。
「お酒ついでけろ」
また一緒に呑ませてくださいね!

明日から四国へ向かいます。月末には九州へ渡り、次に札幌に戻るのは12月。
すっかり雪の季節になっていることでしょう。
IMG_20201115_141539
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


コンサートです、東北で。
雪はほとんど降らず、陽気も良く青空は澄みわたり、
ジョー・バイデンは過半数を獲得。

かくして、11月10日、3回目の公演となる石巻市へ。
2019年の5月以来の〈河北総合センター ビックバン〉。
石巻1
*ホール裏手にある建造物は情報センター〈メディアシップ〉。

制限付きの公演が続いているわけですが、
それはそれで受け入れないといけません。
そんな状況下でもお越しになったお客様に
楽しんでもらうことが使命なのであります。
開催を受け入れてくれたホールも、
地域に元気を届けたいと思ってくれたわけですね。
石巻で公演できたことにも
深い意味があると思っています。はい。

ところで、「石巻」という地名を英語にしたら
どーなるだろうと公演当日の朝に考えてみました。
「石」を「ロック(rock)」、「巻」は「ロール(roll)」で
「ロックンロール」と言い換えることができるではないかッ。
だから本番時の司会太郎のもみあげは、
ロックンロールの神様、エルビス・プレスリー氏に捧げた
長さを表現してみました。
まあ、厳密に言えば「石」は「ストーン(stone)」ですが。

石巻2
*明日はあるのだ。歌って踊りまくるのだ。

石巻3
*歌の旅はもちろん続きます。


翌11月11日。1並び。
中華人民共和国ではこの日を「独身の日」と称して
ネットショッピングの大バーゲンを開催、
今年は日本円で7兆円も売り上げたんですと。
どういうわけか、個人的にはシャクにさわる報道でしたが。

歌旅座一行は、初めての仙台市へ。
宮城県内ではいくつも公演してきましたが、
同市では実現していなかったんですね。
会場は〈トークネットホール仙台(仙台市民会館)〉。
東北電力の子会社、東北インテリジェント通信(TOHKnet)が
命名権を取得して付けられたホールなのだそう。

スロープを降りていくホールの裏手が搬入口。
眼下には広瀬川がジョロジョロと流れておりました。
仙台3
*長く、曲がりくねった坂道(スロープ)。左端の人物は筆者(あっしのこと)。

仙台1
*仙台のシンボル、広瀬川。河川敷には自動車学校も。

お客様1人ひとりに、強烈かつ確実に元気を
お届けできたと感じるステージでした。
杜の都には安定した時期に、再び訪れたいです。
いや、訪れてやる。
仙台5
*本番、舞台袖からのショット。チエは歯の掃除ちゅー(ホントはアイヌの楽器〈ムックリ〉演奏ちゅー)。


終演、そして搬出。
トラックは長いスロープをバックしていくのでした。
仙台2
*そして、トラック歌旅号はじりじりとバックして去りぬ。



まだまだ続きますよ、コンサートツアー。
各地の皆様、今後もよろしくお願いいたします。

それでは、ごきげんよう。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

美しい景色
猊鼻渓に響く船頭の歌声
ひらひらと舞う紅葉の下で食らうだんご
IMG_0043
歌の旅とはまた違った思い出を刻むひととき。
2日間のノリ日。
いい季節にここに来られて良かった。
行く先々で満席の昼飯時、やっとありつけた店のうどんと
比内地鶏の親子丼のうまさも格別。(セットで690円!)

最近のツアーはBOSSのはからいで出来る限り同じ宿に連泊する
ことが多いのですが、これが本当に疲れを最小限にしてくれる。
天然温泉なんてあったもんなら、まるで今流行りの低温調理の如く
どっぷりと湯につかり、お肉をほぐす。
今回宿泊している宿には、
ビックリ〈18時から21時までアルコール無料サービス〉があったのダ。
地酒『月の輪』をしっかり堪能することも出来る。すごい!
DSC_3008
ほろ酔いの我ら、ホテルのスタッフさんに声をかける。
『音楽やってる一座なんすよ。もしアレでしたらコンサート来てね♪』
なんて。

驚きの瞬間が訪れる。
なんとその方歌旅座元スタッフの友人であると言うではあーりませんか!
さらに、ご両親と三人でコンサートに来てくれると!
オホホーっ!そんなことがあるんですね~。
嬉しい嬉しい瞬間でした。
『これからちゃんとお行儀良くしまーす♪』
と誓いをたてて、部屋に戻る。

旅を続けていれば、こんなことも起きるんだなァ。
点と点が線になっていく感覚。
その線に、『元気』という電流を流して日本中を駆け巡るのだ。

翌日迎えた、初の盛岡市公演。
幕が開くと前列には約束どおりホテルのスタッフ女性とご両親のお顔も。
JUNCOとチエはおなじみのあのデュエット曲を披露。
IMG_0042
一心一体。
まるでチエからJUNCOが幽体離脱したようにも見える1枚。
岩手県民会館、ここ盛岡では初のお披露目ながら、
ご来場のお客様は温かく本当に楽しんでいただいているのを
感じることが出来ました。
IMG_0041
公演終了後は、近隣市町村の方からウチのまちにも是非 と
連絡先を頂戴し、さっそく翌日そちらの市町村のホールに伺うことに。
こちらも「線」としてしっかり繋がりました。
そしてもちろん盛岡市内のお客様とも。
IMG_0040
また会える予感をビリビリしながら、そしてまたビリビリさせる公演
をお届けしにやって来たいと思います。

皆さん、それまでお元気で👋


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

秋深き 隣りは何を する人ぞ
image
*撮影JUNCO
お元気ですかー。
この秋皆さんも息詰まっていた生活から少しづつ前に向かっている
ことと思います。

さてさて歌旅座は今日も地元・北海道ツアー敢行中。
すっかり見応えのある紅葉となった山々を脇に眺めながら北へ。
道内2か所目の公演地・士別市へ向かう。
北海道を何度も廻りながらの活動はそれぞれのまちに思いを
馳せることがあるのだが、ここも想い出深いところのひとつ。

前回は8年前、市内の玉運寺さんでのお寺公演。
そしてその前年の2011年、士別市民文化センターでの初公演は
写真家・飯塚達央氏が同行しての、
初のCD付き写真集<JUNCO&CHEEP 歌旅座一座>の文字通り
撮影の“舞台”になったところだ。
付属のCDは「歌旅」が収録されている。
そして今では裏方の仕事を仕切るダルであるが、
歌旅座に入って初経験した公演地だったそう。

懐かしい会場に着くと今回の士別公演の協力をして頂いているSさん
ご夫妻に出迎えて頂く。
実はご主人は当時こちらの会館に勤務されていて、それ以来歌旅座の
公演に何度も足を運んでくれているのだという話をお聞きした。
なんとも時と縁を感じるではないか。
image
コロナ制限があるというものの、沢山の方々にお越しいただきました。

今では我々のテーマ曲、当時は新曲であった「歌旅」には
ザ・研修生のケーゴも参加。
9年越しに同じ会場で心を揺らすことができました。
ありがとうございました。
また、皆さんお会いしましょう。

翌日は、道内ツアーでは珍しい(ひょっとして初めて?)丸1日のノリ日。
そして「道北」といえば、チエの青春の領域。
道すがら故郷・美深町にあるほぼ地元の人しか知らないという
お気に入りポイントを案内してくれるらしい。
まずは<激流の滝>。
image
滝といっても、上から流れる滝ではなく激しい水流がぶつかり合うポイント。
柵もなく、かなりアブナイ。

そして、さらに山を登り目指すのは<松山湿原>。
image
湿原までは車が入れず断念したものの、ここは本当に
あゝ、秘境..
今にもヒグマが現れそうな山深さとその紅葉の自然の美しさは、
『美深』の名前の由来だろうかと思うほど。
チエのおかげでホッカイドウ・ネイチャーの奥深さを感じさせてもらった。
あゝ、北海道..

そして夜は、最北の地・稚内市に到着。
翌日の稚内市総合文化センターも全員参加は士別市と同じく2011年以来9年ぶり。
ナントそのときは、札幌から日帰り公演。
往復12時間の車旅だったのを覚えている。
image
*緞帳が上がるのを舞台内で待つJUNCOとナリコ
image
久しぶりの稚内市公演は昭和の歌どっぷりのレパートリーを披露。
JUNCOとナリコのテネシーワルツ&宗谷岬では一際会場の盛り上がりを
感じたひと時でした。
image
これまでの旅の道標と新たな発見をした道北ツアー。
この再会や出会いを忘れないようにまた来たいですね。
それまで皆さん、お元気で✋

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.