北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ

カテゴリ : ライブレポート

5月24日は、ヴァイオリン・高杉奈梨子の誕生日。
 
歌旅座結成の2009年の今日、NARIKOはタイ・バンコクにいた。
アジア13ヵ国の代表歌手が終結する<タイ国王記念コンサート>
に日本代表シンガーとして参加したJUNCOとNARIKO。
タイで迎えた30歳のバースデイは、翌日のフランス大使館のホールで
<ニッポン全国市町村公演>番外編・バンコク公演を終え、
屋台で食事のあとに、現地ならではの「バターケーキ」でお祝いしたそうだ。
 そのときの写真がこちら↓
image
ケバい。
2人とも現地のメイクさんにかなり気合いを入れて仕上げられている。
でも初々しいですねー。
 
あれから8年。
陽春の東北ツアーから戻り、
歌旅座のホームとなる、札幌・円山夜想マルヤマノクターンで
NARIKO生誕メモリアル・ライブが行われた。
image
会場には、これまで応援してくれているお客様が各地からご来場。
 image
この日のために用意された、ワイン好きなNARIKOの当日限定・
オリジナルワイン『奈梨子の涙』(赤・白)
一体お味の方はいかがだったんでしょう!?
 
日本全国に歌の旅を続け、その間もいろいろなことがありながら、
ステージをこなし、レパートリーも増えた。
そんな曲たちを今回のバースデイ・ライブでは披露。
image
JUNCO、CHIE、北埜うさぎも祝福の参加。
 image
image
最後は、ザ・サーモンズの面々も加わり、会場の皆さんとHAPPY BIRTHDAY♪
円山夜想の本間ケンジ店長から、サプライズケーキがステージに運ばれ、
終始、あたたかい空気が流れた1日だった。
 image
一年に一度、これまでの人生を振り返り、そしてこれから迎える
新たな一年と未来のことを想う、誕生日。
NARIKOもきっとこの日が忘れられない思い出となり、
これからの新たな自分にワクワクと出会う1年であってもらいたい。
 image
マルヤマノクターンにご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。
そしてNARIKO、誕生日、おめでとちゃんでした!

東北ツアー9日目、山形県へ入りました。
古くは江戸時代に上山藩の城下町、
羽州街道の宿場町として栄えた上山市へやってまいりました。

image

蔵王連峰の裾野に広がるのどかな風景。
良質な温泉でも知られ、歴史と風情、
観光や食の魅力も溢れる素敵な街でした。

東北ツアーは嬉しいことに晴天に恵まれ、
この日も25度を超える夏のような天気。

搬入をある程度済ませたところで昼食。
ホールの方に教えていただいた
昔ながらの食堂「一楽そばや」さんへ。
そこで頂いた「冷中」。

image

冷やし中華ではありません。
こちらの店でしか食べられないオリジナルの
「冷たい中華そば」なのです。

見た目は普通のラーメンですが、
フーフーする必要がないので、みんなためらわずに
思い切り麺をすすりあげる音が店内に響き渡っていました。
喉ごしの良い麺と冷たいスープが美味しかったです。


ワインコンサートとして、場内では山形県産の
ワインを始めとする飲み物が提供され、
ほろ酔い気分で開演を待つ楽しそうな声で溢れていました。

また、ロビーには、古くからの上山市の歴史を撮影してこられた
長谷川謙三氏によるたくさんの懐かしの写真たちが
ご来場者の皆様を「昭和」へ誘っていました。

image

公演も終盤の頃、満員の客席いっぱいに広がるペンライトの輝きは、
ステージから見てもとても綺麗な光景でした。

image

「また上山に来てください!」

嬉しいことに、お寄せいただいたアンケートに
実にたくさん書かれていました。

もちろん、また必ず来ます!

上山体育文化振興公社の皆様、ご来場いただいた皆様、
ありがとうございました!

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


はじめて訪れる南会津町は山々に囲まれた町。
前日までの雨は上がり、穏やかな風が吹く、
すごしやすい1日となりました。


会場は御蔵入交流館
ご担当のお気遣いが感じられて
舞台裏の整理も行き届いた気持ちの良いホールでした。
陽だまりで休憩をとりながら舞台の準備は進み、
やがて公演がはじまります。

ぶっちゃけ、冒頭は静かなんです、お客様は。
南会津のみなさん、恥ずかしがり屋とは聞いていました。
でも、第2部に突入した頃にはふつふつと沸いてきて...。
IMG_3184z

次第に客席のあちらこちらで
ほころぶ笑顔。
朗らかな歌声。
あたたかい拍手と声援。
キャッキャッと反応してくれたご婦人たちや、
子供さんと盛り上がってくれたご家族連れ。
IMG_3186z


結局は、北海道歌旅座がまた訪れたい街のひとつに加わりました。
みなさま、また行きますよ。ご来場ありがとうございました。
IMG_3192z





蛇足です。
終演後、宿舎に戻って反省会の開催。
中座して、ゴキゲンな気分でちょっと用を足していたら、
あっしのスマートフォンがどっぷんと深く潜行してしまいました。
悲鳴、嗚咽、機能停止。

これで生涯、南会津を深く記憶することができた、と。こう思うワケです。
決して忘れることはできません。




とにかく、ごきげんよう。


アリタです。
前日の五戸町公演を終え、次の公演地へ向け移動距離を少しでも稼いでおこうと、
中間地点の岩手県・一関市まで走り、宿泊。
翌日は、福島県初の公演地・相馬市へ。
早朝からあいにくの強い雨模様の中、南へひた走る。
image

相馬市は、太平洋側、浜通りの北に位置する歴史ある町。
戦国時代から相馬氏の本拠地で、江戸時代には中村藩6万石の城下町として
栄えたそう。明治に入り北海道に移り住んできた人も多いという。
実は、ここ相馬市はBOSSの曾祖父上が150年前に北海道開拓に移住する
前に居た、ルーツの町。
しかも公演会場は、BOSSの名字を冠した地区のすぐ傍。縁がありますねー。
image

会場の「音屋ホール」は、ちょうど1年前に建った綺麗な佇まい。
ホール内には、ドリンクカウンター、ピザレストラン、隣りには、
オーナーの青田さんが運営する、ラーメンのお店も。
image

お昼は、地元でも美味しいと評判のお店〈よしお〉でラーメンを頂きました。
店内で製麺、焼豚も自家製、こだわりの肉味噌ラーメン、
また食べたくなる味でした🎵
image

さあ、準備、リハーサルも終え、相馬公演のスタート。
一日中台風並みの大雨、ご来場の心配とはウラハラに、
会場にはたくさんのお客さまが来てくれました。
image

image

ご来場いただきました、地元相馬の皆さま、クライマックスは本当に
楽しんでいただけたようでした。
歌旅座またこの地に高速リターンしたいですね。
またの再会、楽しみにしています。
image

公演終了後には、今度は手作りの美味しいピザもご馳走いただきました。
オーナーの青田さん、音屋ホールのスタッフのみなさん、お世話になりました。
喜んでいただく〈こだわり〉が歌旅座と一致した、嬉しい日にもなりました。
ありがとう~~。相馬。
また、会いましょう👋
image


今金町、函館市での懐かしい再会とアツい交流の余韻を胸に、
翌日、早朝の函館フェリーターミナルに到着、いよいよ津軽海峡を渡ります。
 
2017-05-11-08-45-30
 
本州と北海道を最短で結ぶ海の国道「ノスタルジック航路」にて
東北ツアー初日は本州最北端の町・青森県大間町へやって参りました。
 
「大間のマグロ」と言えば誰でも耳にしたことがあるほど、
マグロの一本釣りが有名なこの町。
町一番の女漁師が迎えてくれました。
 
image
青森県での公演は昨年12月以来、3回目。
瞳に映る景色も、鼻をくすぐる匂いも、
前回来た時とは違い、季節の移ろいを感じます。
 
変わっていなかったのは、人の温かさと素敵な笑顔。
前回開催した隣の佐井村やむつ市からも、
たくさんご来場くださいました。
 
2017-05-11-19-13-33
 
2017-05-11-20-01-18
 
会場の「北通り総合文化センター・ウイング」。
前館長が、昨年12月の佐井村公演にご来場いただいたことがきっかけで、
今回の公演開催が実現したそうです。

現在の館長・興村さんは、
「ここは北海道と本州の通り道。ツアーの行程でここを通るのであれば、
是非またやりましょう!」と、再会を約束してくださいました。

ご来場いただいた皆様、そしてウイングのスタッフの皆様、
ありがとうございました!
 
 
陽春の東北ツアー、元気にスタートしました。
歌旅座ブログでの続報をお楽しみに!

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.