北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : ライブレポート

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

北海道歌旅座、2019年:令和元年は全国各地で
132回の公演をお届けしてきました。
そして、ラストを飾るステージは
12月29日開催「令和元年・大忘年会」。
本年のブログの締めくくりは、
この実録レポートをコンパクトにお届けいたします。

なお、「実録」とは謳ってはいますが、
歌旅座メンバーや参加者の恥部に該当すると思われる箇所は
絶妙に取り除いていますので、関係者はご安心ください。


本番前日、土曜日・午後。
歌旅座メンバーは会場である円山夜想(マルヤマノクターン)に集結。
仕込みとリハーサルが目的。
emptystage
静かな会場。
それもそのはず、本番は明日だ。
開店して16年の円山夜想(マルヤマノクターン)は歌旅座のホームステージ。
北海道の店でありがたいなと思うことは、
アノ昆虫やアノ小動物が床や天井を這いずり回らないこと。
ヤツらは厳寒の地域には馴染まない。ここから去れ。


juncowaving
リハーサルも済んで準備万端。
JUNCO、大喜び。
あとは本番を待つだけ。


本番当日、日曜日・朝。
階下から天を仰ぐ。
sunnyday
爽やかな日曜。降り注ぐ太陽。
今日は、すばすばすば素晴らしいサンデー。

本番直前まで打ち合わせに余念がない歌旅座メンバー。
meeting
手前の機材でダルが音響をコントロールする。
奥の部屋ではBOSSが照明を操作するが、
秘密のベールに包まれている。


そして、いつの間にか開演。
遠方からのご出座、初めてのご来店、
いつも楽しいレギュラーゲストのご着席。
staging2
天気晴朗なれども気温が低い中を、
また、年末お忙しいところを駆けつけてくれた皆々様が
会場全体を盛り上げてくれる。
歌旅座はノドもカラダも力一杯でそれに応える。
これぞ、ある意味、歳末助け合い運動。



終わった。
2019年のラストステージは、こうして終わった。
あまりにも簡略化したレポートなので
終わった感が読み取りにくいかもしれないけど、
とにかく、ステージは終わった。

ただ、ここからが第2の本番。
時間が許す限り、お客様と歌旅座の「心の交流会」がはじまる。
言い換えれば「笑声嬌声蛮声破壊吐瀉の会」だ。
1年の感謝や労いの言葉が会場のあちこちで交わされる。
after01
楽しい時間はあっという間に過ぎ去る、とは言いますが、
正直なところ、いつ過ぎ去ったかは覚えていません。


 

全国各地の皆様、ありがとうございました。
そして、2020年:令和2年も北海道歌旅座を
どうぞよろしくお願い申し上げます。
member
上段左より=ホンマケンジ(円山夜想店長兼ベーシスト)、BOSS、司会太郎、チエ、イソベ(猫と植物愛好家)
ナリコ、ジュンコ、アリタ、ダル、北埜うさぎ(座付作詞家)



それでは、ステキな年末年始を。
ごきげんよう!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もクリスマスがやってきました。
歌旅座の今年のクリスマスは、
札幌手稲・喜茂別町での2日連続公演。
特別な日を公演会場の皆さんと過ごせるのはハッピーなこと。

12/24のイブは、札幌市手稲区にある手稲区民センター。
北海道=ホワイトクリスマスというのはあたり前の話し。
なのに、この日の札幌の積雪は1cm。
こんなに雪がないのは41年ぶりなんだとか。
道路はアスファルトが見えているし、冬のまちの風物詩である、
子供を乗せたソリを必死で引くお母さんの姿もない。
これじゃあ、トナカイのソリに乗るサンタも来れないんじゃ?
いーーえ、だいじょうぶっす。
サンタの代わりに、我ら歌旅座が機材トラックとアルフィー号
に乗ってやってきますから。。
1577372467115
会場1階は区役所、保健センターなどが入った活気のあるところ。
2階が区民ホール。
実はこのような区民センター、集会所、いわゆるコミュニティセンター
は、日本全国、町の自治体単位でにたくさん存在しています。
こういう会場こそ、歌旅座の仕込みの真骨頂。
今回はこれまで何度も夏祭りに呼んでいただいてる、手稲前田地区
の町内会が主催になってくれ実現した公演なのですが、
アナタの町内会、アナタのまちのコミセンでもコンサートが開けるのです。
ご用命はいつでも♡

さてさて、今日はいつもとはちょいと別の角度からコンサートを
見てみましょう。
昭和の歌コンサートでは舞台演出として様々な照明が
使われていますが、その中でも昔からショーにはかかせないのが
ピンスポットライト。
その名のとおり演者の動きにあわせてピンポイントにあてる照明のこと。
普通は専任の担当がいるのですが、
歌旅座のピンスポは誰がやっているかご存知でしょうか。
1577372273670
エーッ? あの司会太郎が!? ウエッ?オエッ?
そうなんです。
ネクタイを締めたままなのは、オープニング司会のあと
突っ走って、ピンスポルームまで駆け上がってきたから。
額に光る汗もそれを物語っています。
なんせ表舞台と裏舞台、
本番中は一人何役もこなさなくてはならないのです。
それにより、
1577372279219
こんなJUNCOとチエの掛け合いシーンや
1577372284801
こんな枯れすすきなシーンを盛り立て、
ステージから客席に下りてきたJUNCOを
1577372289729
こんな風に追うこともできるのです。

<昭和の歌XMASコンサート>と題したコンサートは、
昭和どっぷり、クリスマス気分たっぷりでお届けしました。
1577372301570
ご来場いただきました皆さん、ありがとうございました。

そして翌25日は、喜茂別町でのコンサート。
札幌からの距離は約60㎞と比較的近い町なのですが、キタ~ッ!
1577372470702
中山峠を越えて入る、羊蹄山麓のまち。
昨日とは打って変わってまるで別世界の雪景色。
会場は10年前に初の喜茂別町公演のときに訪れた農村環境改善センター。
今回はめぐりめぐって当時と同じ担当者の方が窓口に。
そして実現したクリスマスコンサート。これも歴史ですね。

コンサートはとても温かい、まさにホワイトクリスマスコンサートとなりました。
ステージ上の珍しいアングル、真横からのサーモンズ。
1577372294353
それにしても、真ん中のオッちゃん顔が真ん丸や~。
アンコール最後は、オリジナルソング「大人のクリスマス」で締めを。

ご来場いただいた喜茂別のお客さん、
主催のきもべつ青年交流セミナーの皆さん、
ありがとうございました。
これからが本格的な雪のシーズン。
大雪に気をつけてね~




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

約1ヶ月間の長いツアーを終え、北海道での久々の公演は
JUNCOが育った故郷の恵庭市。
ラジオ番組DiscoveryMusic.jpでも大変お世話になった
地元のFMラジオ局、e-niwaさんの開局10周年に合わせてのコンサート開催です。
2019年は歌旅座も10周年だったので、ダブルでおめでたい1日となりました。

久々に演奏するオリジナル曲に、出演者も自分も開演前から
なんとも言えない緊張感があり、初心にかえるような気分でもありました。

いざ開演すると、演奏曲には厳かな雰囲気や懐かしさがあり、
また、以前とは違う新鮮さも感じます。
それは聴いている自分が昔と変わっているという事かもしれないですが、
JUNCOの今ならではの伝え方もあって染み込んでいくように思えました。
IMG_7898
恵庭は歌旅座の結成時からのファンの方も多く、
それぞれにオリジナル曲に対する思い入れを持っていらっしゃるので
改めてお届けできて良かったと思います。

そしてありがたい事に、北海道各地にはオリジナル公演を
待ち望んでくださる方が沢山いらっしゃます。
「歌旅座のオリジナル曲はいいよね」と言って頂けるファンが
もっと増えたら嬉しいですね。

聴いてみたい、久しぶりに観たいと思った方、
今年はまだ聴けるチャンスがあります。
11日の旭川市公演もオリジナル曲の公演となっておりますので是非ご来場ください。
 D0153D6F-32E6-4EAE-99A0-D3F2C1CA50D7
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

晩秋のロンゲストツアーも残すところ2公演。
最終ラウンドは、歌旅座の本州ツアーのきっかけともなった宮崎県にやってきました。
全国ツアーの中で楽しみのひとつでもある我らの<行きつけの店>。
1575281977988~2
ここ宮崎といえば、毎回登場している高鍋の「道」の地鶏である。
道のマスター今回も大判振る舞いで、刺し身、タタキ、直火焼きに鍋と地鶏料理の
オンパレードのほか餃子、焼き芋、おにぎりを用意してくれていた。
JUNCO曰く、「マスターは相撲部屋と勘違いしてるんじゃ..?」
鍋を囲むその姿は、もはや歌旅座ならぬ歌旅部屋のちゃんこといった様相ではなかろうか。

そんな幸せなひとときを過ごした夜も明け、ラス前公演となるのが川南市。
全国的にも有名なのが、この地区で開催される<トロントロン軽トラ市>だそう。
そこで気になるのが、このトロントロンという響き。
実はこのトロントロンは地名(地区や通り)だったのダ。
由来は、水の流れる音という一説と、西南戦争時に西郷隆盛の一行がぬかるんだ地面を
「とろんとろんしている」と呼んだという説も。面白いですね~
会場名も、トロントロンドーム(サンA川南文化ホール)。
1575281988405
町民が取り組む〈かわみなみ電飾大作戦〉により、外壁デコはすでにクリスマスの様相。
その中はというと、ドーム型の石壁づくりの自然と一体がテーマのホールだ。
1575281981500
*リハーサルでLED照明に浮かび上がるJUNCO
とろんとろんを囲み、町民が仲良く団結している町・川南町。
ご来場のお客さんも皆さんとても優しい人柄が伝わって来ました。
1575282026897~2-1
初めての地とは思えない盛り上がりを見せた、川南町。
また必ず訪れたい町が出来ました。
1575282000482~2
翌日はツアー千秋楽となる日南市。
1575281984867~2
早朝、海から広渡川の河口へ波が逆流するこの風景が見れるのもすでにおなじみ。
南郷ハートフルセンターでの3回目の公演です。
今回も主催をいただく、南郷で地域活性の活動を行う有志からなる
「もえる商忘団」の皆さんがお揃いのジャンパーで迎えてくれました。
1575282037330
1575282014696
シンボルの消火器マークが可愛いらしいです。

ツアー中すべての公演地で、「千秋楽の日南へいらっしゃ~い」
とお客様をお誘い続けてきた司会太郎。
一体どれだけの方が外の町から来てくれたかは不明ですが
会場はいっぱい、大盛況に終わりました。
1575282022899
ご来場の皆さん、そして今回はあまりゆっくりできませんでしたが、
団長の竹本さんはじめもえる消防団の皆さん、
沢山のおもてなしをありがとうございました。
またお逢いできる日までお元気で。
1575282018982
宮崎の2日間はまたまた思い出に残る旅に。
公演終了後、ダル、チエの車両班は宮崎港~神戸、舞鶴~小樽への帰路へ。

残りのメンバーは、翌日ほぼ1か月ぶりの札幌に戻ってきました。
ただいま、北海道♪
途中、初雪、大雪、積雪と聞いていた北海道の天候も、
この日は温かく、そして激しい恵みの雨。
おかげで、夏タイヤのまま千歳空港へ駐車していた車も走らせることができた。
今回もなんてツイてるんだ、我ら。
1575282799177
*雨のススキノを抜ける
さあ、師走は北海道内を走ります!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

今回の長いツアーで多くの方に心配されていますが、
司会太郎は今のところ、
ホームシックにはかかっていないことを報告しておきます。
なんか、こう、調子がいいんですよ。

こちらでは、初めての出会い、久しぶりの再会を
舞台の上や外で楽しんでいます。

11月23日は福岡県久山町。会場はレスポワール久山
2016年2月以来、2回目の公演地です。
Busstop
穏やかな陽黙りの中のバス停。ポスターがうれしい(写真:JUNCO)

本番前のいとまに会場の外へ散歩と洒落込んだ女性たち、
血相を変えて楽屋に戻ってひと言、
「ひ、久山の人たちが動いていない!」

実はそれ、「上久原ふるさとかかし祭り」の真っ最中だったようです。
すっかり騙されました。
Kakashi01
お地蔵さんも案山子(写真:JUNCO)


Kakashi02
牛もおじさんも奥の子供も案山子(写真:JUNCO)


Kakashi03
4人のうち、3人は案山子。1人はホンモノの人間(写真:チエ)

そして、本番。
HisayamaStage
客席は案山子じゃないよ。生身のお客様です。ザ・盛況! 



翌24日は福岡県筑前町。会場はめくばーる町民ホール。
2018年6月以来、こちらも2回目の公演地。

ChikuzenHall
客席からステージを見下ろす。傾斜がキツめ。

ここで、ポスト印象派の画家が描くような作品を。
WindingCables
題名「ケーブルを巻く女たち」
作:ゴーギャンセ・ザンヌホッゴ


筑前のお客様もサイコーでありました。
こちらが勘違いして思い上がってしまうくらい
反応が素晴らしかったのです。


では、最後に。
ChikuzenStage
忘れませんよ、お客様。


次の街はどんなんかな。
それでは、ごきげんよう。
 


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.