北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ
サーモンズPOLOシャツ

カテゴリ : ライブレポート

北海道で連続真夏日記録が11日に達した7月15日。
我々が訪れた岩見沢も最高気温31度まで上昇し、
北海道民にはかなり厳しい暑さとなりました。
 
バラとあやめが咲き誇り、踊りパレードや芸能が市民の心を弾ませ、
最終日には花火が夜空を彩る『岩見沢彩花まつり』。
7月10日(月)~16日(日)の開催期間中、街は活気と笑顔で溢れます。

歌旅座が出演するのは、期間の終盤におこなわれる歌謡ステージ。
2014年以来、3回目の出演です。
彩花まつりに加えて、他にも多くの公演の機会をいただいている街なので、
岩見沢はすっかりホームの気分です。
慣れた道のり、トラックを走らせ、会場のある「駅東市民広場」へ。

2017-07-15-16-13-24
ここ最近のブログで、会場によっては搬入・設営が大変だという
苦難をお伝えしてきましたが、この日はその心配は無し。
音響と照明は、他のイベントなどで何度も一緒にお仕事をさせて頂いてる
業者さんが担当していたので、我々は映像機材と楽器の持ち込みだけでOKでした
 
2017-07-16-18-03-42
 
映像のオペレーションは、いつも通りBOSSが担当。
今回は舞台袖にスタンバイします。
その後ろのダル君、なにやら暇そうですねぇ。
 
ステージがある『イベントホール赤レンガ』は半野外。
熱気から逃れられず本番を待たずして暑さに意識朦朧の一同。
映っていませんが、司会太郎さんは言うまでもなく、
バケツで水をかぶってきたかのような汗汗汗です。

2017-07-15-17-55-39
 
ビールでもグビッ!飲みたい気持ちをぐっと堪えていたところ
お弁当とともに、嬉しい涼しい差し入れをいただきました。
夏の味覚の王様、スイカです。
甘くて美味しいスイカ、みずみずしさに生き返りました。
観光協会の小倉さん、いつもお心遣いありがとうございます。
 
image

さて、いよいよ本番です。
まだまだ熱気が残る18時、開演を迎えました。
 
ここのステージには巨大モニターがあり、
歌旅座の演出の柱である映像が大迫力でお見せできるのです。
 
2017-07-16-18-09-37
 
ステージ上からもご来場のお客さまの楽しむ様子がよく見えました。
お客さまの笑顔を見ると、暑さも吹き飛びます。
 
岩見沢のみなさま、素敵なお祭りこれからもつないでいってくださいね。
 
7月8月は北海道を中心に歌を届けにまいります。
例年にない暑さが続く中、さらに熱くさせてしまうかもしれませんが
「過ぎてみればあっという間」という短い北海道の夏。
暑さに負けず、歌旅座と一緒に楽しみましょう!

道南ツアー最終日、長万部・静狩から太平洋側を南へ下り、
2回目となる森町にやって来ました。
1868年(明治元年)榎本武揚・土方歳三を初めとする幕府軍が開陽丸ほか
8隻の軍艦で沖にやってきて上陸し、箱館戦争の幕開けとなったのがここ。
北部は噴火湾に面し、三方を山に囲まれた豊な自然と歴史のある・まちです。

2年前は駒ケ岳、大沼国定公園に近い、グリーンピア大沼での公演でしたが、
今年の会場は中心部に在る森町公民館。
開催したい場所のひとつが今回実現しました。

JUNCOとNARIKO、今日はName入りのサーモンズ・ポロで会場入り。
2人とも夏の勝負服ばりで似合ってますね。
image
昭和の佇まいを残すいい公民館ながら、会場はエレベーターの無い2階ホール。
搬入は先の乙部町公演とおなじく、町の実行委員の皆さんの総出のお手伝い
により無事完了。
舞台仕込み中外では
「ほんじつーーもりまちこうみんかんでーーしょうわのうたコンサートがーー」
という公演宣伝の街頭放送がたびたび流れ、盛り上がりを感じます。

ニッポン全国の様々な公演地で、機材繰り・会場の特徴に応じて舞台仕込みを
行う一座、今日の音響・照明・映像のオペレートは下手(舞台前向かって左側)
の2階にダル、下にBOSSが2階建て式に別れて配置。
いつもとは違う角度からの画像をお届け。
開演前は、設置した座席いっぱいとなるお客さまがご来場。
image
(フロア・オペ席から:スマフォトグラファー・TAKA)
image
(2階調整室から:汗フォトグラファー・ダル)

さあ、ツアー・ファイナル森町、気合いも入る一座面々。
image
蒸し暑い大変な一日でしたがここ森町のお客さま、そんな酷暑もなんのその、
暖かい拍手、歌声、最高の反響をいただきました。
歌旅座も熱いステージをお届けできたと思います。
image
こうして「2017年初夏・道南をめぐる旅」ツアー無事終了。
熱く思い出に残る・歌の旅。
出会った方、ご協力をいただいた全ての方への感謝も込め、必ず戻って参ります。
またお逢いしましょう!

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

まずは、九州地方のみなさま、
豪雨被害のお見舞いを申し上げます。

こちらは北海道、暑いです。
沖縄よりも気温が高い地域もあると聞きました。
「このままだと、北国もハワイ並みに暑くなるんじゃないスか」と
ダル君も真剣にあせっていました。 

北海道歌旅座は、札幌や十勝と比べてさわやかな気候のなか、
道南のコンサートツアーは絶賛開催中です。

3日目は奥尻町。
そうです、フェリーに乗船して2015年8月29日以来の奥尻島への上陸です。


IMG_0123z
江差町でフェリーへの乗船を待つトラック歌旅号。


IMG_0134
フェリーに乗ったら快適、およそ2時間余りであの島へ。


IMG_0146
今回も地元が誇るキャラクター、うにまる君がお出迎え。

 
前回たいへんお世話になった当地の工藤さんが、
2度目の北海道歌旅座の主催を引き受けてくださいました。
ありがたいことです。グラッチェ。
IMG_0148
工藤さんご夫妻と感動的な再会を果たした歌旅座メンバー。
おふたりは、歌旅座の渋谷公会堂公演にも駆けつけてくれたのです。


コンサートは同町の海洋研修センター。
IMG_0184
ステージ衣装も洗濯したくなるいい天気。


そしてステージに上がるってえと、
お客様の反応がすばらしいのです。
楽しんでもらっているのがこちらにもビンビン伝わりました。
ザ・サーモンズの退場時にさえも、
「カムバック、サーモン!」とお声がかかるほど。
IMG_3713

歌旅座メンバーが願っていた奥尻への再訪は
想像以上にステキなひとときでありました。

コンサートが終われば、1日だけの歌旅座夏休み。
このお話は別の機会に。


それでは、ごきげんよう。
 

快晴の下、寿都を出発
透き通る青の海を眺めながら追分オロロンラインを南下。
 
2017-07-07-10-54-21

織姫と彦星の1年に一度の逢瀬の日。
乙部町の皆さんにお逢いできたのは2年ぶりでした。
 

到着後、まず試練です。
ホールのある2階への機材搬入。
なんと、エレベーターが無いため、外階段からの搬入です。
 
しかし、見てください、この屈強な男たち。
実行委員会の皆様が総出でお手伝いくださいました。
まさに人でできた天の川のごとく、
機材が見る見る2階へと流れてゆきます。

2017-07-07-13-11-59

この日も暑く、汗だくになりながらの設営と本番でしたが、
会場では、嬉しいおもてなしが。
乙部町の水「Gaivota」。

2017-07-08-07-32-18

町内を流れる姫川水系の井戸水を用いたきれいな水。
冷たく澄んだ美味しい水が来場者の皆様に無料配布されました。
我々にもスタッフの皆様が、キンキンに冷えた美味しい水を
ご用意してくださり、喉も心も潤してくれました。
おしゃれなパッケージは女性に喜ばれそう。
 
そして、天上に天の川が姿を見せる頃。
「七夕コンサート」の幕が開きました。
 
image

1年に一度のこの日。
皆さんは何に出逢えたでしょうか。
昔の思い出、明日への元気、溢れる笑顔。
お越しいただいた皆さん一人ひとりが
素敵な何かに出逢えた時間であれば嬉しい限りです。
 
image

ご来場いただいたお客さま、
運営から設営までご尽力いただいた実行委員会の皆さま、
ありがとうございました。
またぜひお逢いしましょう。

札幌市北区篠路にある浄土寺。
今年で4回目、毎年恒例行事となった
<浄土寺サマーフェスティバル>が開催されました。
我々歌旅座は2年ぶり、3回目のコンサート出演です。
 
境内の出店に並ぶお祭りの定番。
焼きそば、フランクフルト、お好み焼き。
北海道の一足早い夏を満喫!
といきたいところでしたが、あいにくの大雨・・・。
がしかし、大いに賑わっておりました。
 
 
今回は、久しぶりのお寺での公演です。
たまに、「歌旅座はお寺専門?」と言われることがあるほど、
お寺でのコンサートも回数を重ねて慣れたものではありますが、
今日は、開演に至るまでの仕込みについてお話を。
 
お寺は一般の文化施設や公共ホールのように、
専用の設備は、全くと言っていいほどありません。
よって、我々は持っている機材、道具、すべてを使い、
音響、照明はもちろんのこと、ステージまで組んでしまいます。
 
これを我らは、「オール持ち込み」または「フル仕込み」と言います。
つまり、トラック・歌旅号の荷台が空っぽになるのです。
 
あれだけのものを一気に会場に持ち込むのですから、
搬出入作業がしやすい入口かどうかがとても重要なんです。
しかし、お寺にはそんな専用搬入口があるわけではありません。
 
今回の浄土寺さんも同様です。しかも、前述の通り、天気は雨。
そしてコンサート会場は2階なのです。
エレベーターがあることは救いでしたが、
社長、アリタ、オガの3人が乗っただけで
積載重量オーバーになる小ささ。
重い機材を載せるにも一気には行けませんので、
小分けにして、何度も何度も上下します。
実際、何往復したでしょうか・・・。
 
さぁ、こうして総動員で全ての機材を搬入した後は、
いよいよ仕込みに入ります。
 
会場に機材が入ってしまいえば、もうこっちのもの。
ここからはもうみんな慣れたもので、
各役割を黙々とこなしていきます。早い早い。
 
あと、会場設営でもう一つ重要なポイントが。
「暗転」が出来るかどうか。
煌びやかな照明と迫力ある映像がしっかりと
見せられるようにするためです。
窓にカーテンがあれば大丈夫ですが、
全く無いところもたくさんあるのです。
ここ浄土寺さんも前回までは無かったため、
暗幕を手配して窓を塞いでもらっていたんです。
 
しかし今回は、なんとカーテンが新設されていました。
これで大変な暗幕張りの心配は無くなった!
と安心したのも束の間…なぜか明るい。
…天井から日が差してくる。
そうだ、天窓があったんだ・・・。
チエが黒幕を持って屋上へ駆け上がり、
天窓を塞ぎ、これで完璧な暗転に!
 
そうすることによって、手をかけて仕込んだ照明や映像が
バシッと映える環境になるわけです。
音響チェックも終え、あとはお客様の入場を待つのみ。
 
image

 
こうしてお寺の本堂は、その日限りのコンサートホールとなるのです。
開演し、たくさんのお客さんで埋まった客席を見ると、
搬入の苦労も忘れ去り、全て報われた気持ちになるのです。
 
image
 
今回も、たくさんのご来場、ありがとうございました!


そして。

コンサートが終わり、誰もいなくなった会場。
今度は、あれだけ頑張って搬入・セッティングした
舞台と機材をすべてバラし、搬出し、
トラックへ積み込む作業が待っているのです・・・。
 
こうして、歌の旅は続いて行くのでありました。

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.