全国共通コンサート入場券 うたたび ザ・コネクション 北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : ライブレポート

丸一年ぶり兵庫県相生市にやって来ました。
この日は朝からサプライズがあり!?
宿泊先の姫路市内のホテルからトラックを出すとすぐ、横付け並走してくる1台の車… 
運転席の窓越しから「おーい!おーい!」とこちらに向かってなにやら叫んでいる。
正直変な輩に絡まれたかと思いましたが、横目で見ると笑顔のオッチャンだ。
窓を開けると「これから相生にいくんか?!見に行くからね!」と。
以前関西での別のまちの公演に来てくれていた方が歌旅トラックを見かけて声をかけてくれたのです。
そして今日も1時間かけて来てくれる。
ナンタルチーヤ。こんな偶然もあるんですね。

相生市内に入ると「ペーロンのまち相生」の看板を目にする。
何のことだろうか。
大正時代からこのまちに在った播磨造船所(現在のIHI)がルーツで
ペーロンボートまたはドラゴンボートという手漕ぎのボートレース競技が
祭りとともに毎年行われているのだそう。
ホールの緞帳には色鮮やかなペーロンボートの様子が描かれていました。
IMG_2327

兵庫県内はこの前日に緊急事態宣言が出たばかり。
にもかかわらず会場には予想を超える数のお客様が来てくれました。
そのありがたさ、嬉しさを伝えようと気合いを入れ、コンサートの幕開けです。

緞帳が開きまず登場したのは高杉奈梨子。
ソロアルバムのタイトル曲『晩夏』からの幻想的なステージからスタートです。
IMG_2332
今回のプログラム、我ら歌旅座の往年のレパートリー『また逢う日まで』や『涙をこえて』は
何年も応援してくださっている方には懐かしく、初めての方には新鮮に。
会場のボルテージも徐々にアップしていきます。IMG_2357

コンサートも終盤に差しかかった頃、JUNCOが今朝の姫路でのサプライズをご紹介。
会場に向かって呼びかけてみると最前列にその方が。
とっても楽しそうにタオルを振り盛り上げてくれていました。
♬あなたに会うために、あなたに会えるから この旅は続く♪

「相生は元気 、今もそしてこれからも」という地元の皆様方の〈気〉を私たち頂きました。
沢山のご来場ありがとうございました。
来年もまた会えるような気がしてなりません。
元気に再会出来ること、今から楽しみにしております。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

なぜか何度も発音したくなります。まにわ。まにわ。

三次公演翌日はお隣、岡山県は真庭市へ。
鳥取県と隣接する県北部にあり、「湯原温泉が最高だよ!」とのこと。
(残念ながら今回は寄れず、次回に期待♪)
岡山と聞くと暖かいイメージでしたが、県内には豪雪地帯に指定されている地域も
あるそうで、この日の朝も、ふんわり積もった雪の合間から凍えたパンジーが
顔を覗かせていました。

会場は、昭和60年、旧遷喬尋常小学校の跡地を利用して建設されたエスパスランドの
中にある施設「久世エスパスセンター」です。
敷地内には明治40年に建てられたという木造校舎もあり、見学へ。
2021-01-14-14-06-28-633

昔、下駄箱にラブレター、しましたか?
2021年を一斉に走り始めたオニツカスニーカー、快適です。

お客さんの朗らかさが、ステージに出て間もなく伝わってくる。
人の気というのは本当にすごいな、と感じます。
終演後、撤収中の舞台の方々も交代でCDを買いに来てくれて、嬉しかったですね。
舞台の人も全国様々で、中には舞台袖でずっと下を向いて携帯をいじっている人も
いるのですから。
岡山の応援団の方にもひさしぶりにお会いできました。
真庭のみなさん、ありがとうございました!

翌日は福山市へ。広島~岡山間を行ったり来たりしています。
この日は夜公演なので、ホテルはゆっくり12:00出発。
2021-01-14-10-46-33-890

近くの喫茶店に入ってみました。お店は53年になるとおっしゃっていたお母さんは88歳。
例えばこんなふうに、その町の移り変わりをずっと見守ってきた方達が、
北海道から来た私達のコンサートをひととき楽しんでくれて、
「体に気をつけてがんばってね」と、次の町へ送り出してくれる。
思い巡らせながら、日常と非日常の合間のような時間でした。

さて!神辺文化会館は、今回で3回目です。
2021-01-14-10-12-15-067

アリタ先輩の疲れを癒す、歌姫と弟子。
和室楽屋でお馴染みの光景です。

個性を重視のサーモンズ。
line_664738568866364


この日は広島、そして竹原から、長くお世話になっている方々が応援に
駆けつけて下さいました。
この時期に、次回開催に向けての、未来の話をして下さる。有難いです。
緊急事態宣言も拡大され、世の中厳しい状況ながら続けられているこの旅。
キラッと光らせよう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年、待ちに待った新春ツアーが始まりました ‼
新しい風に夢と希望を乗せて元気に行きましょう !

はじめに訪れたのは広島県北部にある三次(みよし)。
山に囲まれた標高200mの盆地にその町はあります。
広島=雪がない というイメージでしたが大寒波の影響で北海道と同じくらいの積雪がありました。
河原の堤防では子供たちがダンボールをそり代わりにしてはしゃいでいました。
こういう姿を見ると北国育ちのワッチはハッとさせられますね。
いつでも楽しまなければ ! と。
「おばちゃんにもやらせて」と挑戦するもお尻が重すぎて滑れませんでした。
ちゃんちゃん。

FB_IMG_1610402854390

というわけで、2021年の幕明けは三次から !
一昨年に続き2度目の開催でした。
会場のスタッフのみなさんはいつも元気よく気持ちよく迎えてくれました。
そしてコロナ禍にもかかわらず、ご来場のみなさんありがとうございました。
感無量です。


FB_IMG_1610375439440

♪この世の中のどれほどの心と巡り合えるのか数えてみればキリはある。だからこうしてつながった人の縁は放さない〜♪

FB_IMG_1610375436473

また会いましょうね !
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。 


人類史上でも稀な、世界的に異様な2020年。
みなさんと同様につらかった(そして今も)。
でも、多くのご理解とご協力をいただいて、
ようやくコンサートツアーを再開できました。
その千秋楽を歌旅座のホームタウン、札幌市で開催。
レポートしてまいりましょう。

時は12月24日のクリスマス前日。会場は札幌市教育文化会館(3回目)。
会場外観

気温はプラス7度。青空が見えたら、次の瞬間に雨が降ったりして。
なお、歌旅座のレインウーマンは作詞家の北埜うさぎ
当然ながら彼女様も会場にお見えになっていました。 

舞台準備
仕込み直前の様子、ステージにて。
千秋楽感は、そんなに無い。


せっかくだから舞台袖もご覧ください。
舞台袖
機材トラック〈歌旅号〉 から吐き出される機材の一部は、
このようにいくつものカゴに分類されています。
そして、ステージあるいは操作席の所定の位置に仕込まれるのです。
7ヶ月後に公演再開した際には、この仕込み作業が愛おしく思えたものです。
最近では90分ぐらいでこの作業は終わって、
終演後の撤収作業はこの日、30分程度で完了しましたよ。

そして。
ステージ完成
ステージの準備が整いました。
あとは今年のラストを飾るコンサートでお客様をお迎えするだけ。


正直なところ、このご時世で公演を開催するには
難しいことがいくつもありました。
突然の中止や延期に見舞われるのではと不安だったり、
集客が芳しくない会場もたしかにありました。

しかし、そんな状況下でも足を運んでくださるお客様もいます。
そして、もしかしたら平常時よりもアツい感想がアンケートには綴られており、
歌旅座は大いに、強く励まされてきました。
コンサート実施が決して無謀な行為とは思えません。
むしろ、こういう閉塞状態の時こそ、娯楽が重要なものであるということを
あらためてお客様に教えられました。
無論、確実にしっかりと対策を講じた上での開催が必要ですね。


それでは、本番の風景をご覧いただいて、
2020年の仕舞い、札幌公演レポートの完結といたしましょう。
本番!


お越しいただいたみなさん、応援・ご協力いただいたみなさん、
誠にありがとうございました。
来たる2021年をいっしょに良い年にしましょう。
今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ごきげんよう! 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まだ月が輝く午前4時。寝ぼけ眼をこすりながら愛車アルフィー(アルファードの愛称)に
乗り込むメンバー一同。
運転手を務めるのは研修生ケーゴ。向かう先は函館市。
早朝からこんなにたくさんのおにぎりを作り、送り出してくれたのはうさぎさんだ。
長旅や、道内の旅へ旅立つ前に必ずこうして温かいエールをくれます。
IMG_20201222_051607542
心も胃袋も満たされ、旅路につく。
うっすらと夜が明けていく景色を眺めながら、この2020年に想いを馳せよう…
と思いきやすっかり熟睡の300Kmでした。
目覚めるともう起きなさいと言わんばかりに朝日が輝いていました。
FB_IMG_1608759920748

さて、函館といえば忘てならないのがこちら。
ハセガワストア、略してハセストの焼き鳥弁当だ。
ランチにいただきました。
一本一本店頭で焼き、いつでも出来たてのものを食べることができます。
豚串なのですが、肉を串に刺している状態を「やきとり」と呼ぶのが道南のならわしのようです。
タレも捨てがたいが塩もまた美味しい。
炭で焼いた時のコゲの香りと豚の旨味が口の中で広がり、それがまた米との
相性バツグンなのです。
美味しいものはパワーの源 !!
ぜひご賞味あれ。
IMG_20201222_114128598
これまでお寺の公演ばかりだった函館市。
思い切って市民会館を借りて自主公演を企ててみました。
残念ながらこのコロナ禍。
盛大に ! というわけにはいきませんでしたが、いつも応援して
くれる方々の表情を見つめながらじっくりと思いを伝えることができた
ひと時なのでした。
IMG_20201222_133702945
今年も残すところあと1公演。
こんな状況下ではありますが、2020年の締めくくり!!
ご来場のみなさまにしっかり楽しんでいただきます。
良い年を迎えましょう。








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.