北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : ライブレポート

1573746363385-516x387
唐突ですが、「畷」という漢字が書かれたプリン。
これ、本番前に差し入れにいただいた地元の商品。
なかなか難しい漢字ですね。こりゃ。
知ってる人は知っている。
知らない人は全く知らない。
しかしながら、すでにザ・サーモンズの面々は完璧に知っている、
お馴染みのまちの一文字。
そう、3年連続の大阪・四條畷市へやってきました。

今年は歌旅座の関西地区応援団ともいうべき方々、
そして遠くは沖縄からも応援に駆けつけてくれた方など集結。
上記のプリンもそうだが、色々とサプライズを用意してくれていた。
1573746372475-387x516
会場前には昨年同様、手作り看板がお客様をお出迎え。
1573746378082-387x516
そして仕込み最中に楽屋に行くといつの間に「歌旅座のれん」が掛かっている。
嬉しさのあまり、すき間から顔を出すJUNCO。
今後各地の会場でありがたく使わせて頂きマス。
演目は〈フォークソングの広場〉を披露。
1573746366931-516x387
*リハの様子
会場からは自然と一緒に口ずさむ声がステージにも届く。
やっぱり往年のフォークソングは、昭和の名曲たちとともに
世に浸透してるんだなァと感じた公演でもあった。
1573746606783-504x332
関係者の方々、ご来場いただいた皆さんありがとうございました!
アンケートの中には、「オリジナル曲の公演がみたい」との声もあり。
畷の文字のつくりは又会いましょうの「又」が4つ。
4年連続の来年はひょっとして、関西初の〈本公演〉が実現となるのか!?


そして翌日は関西から琵琶湖を抜けて北陸・福井県への移動ノリ日。
こちらもちょうど1年ぶりとなる南越前町での〈昭和の歌コンサート〉。
会場の南条文化会館の表玄関は、大判ポスターと歴史ある
松の木のアーチを潜っての入場。粋なはからいですね。
1573746386726-516x387
この日は、これまで歌旅座が培ってきた往年の昭和のメドレーを
1部、2部ともに披露する演目で挑んだ。
1573746391003-516x387
我らはこれを通称〈はっちゃき〉プログラムと呼ぶ。
北海道弁の「はっちゃきこく」=「ハッスルする・死に物狂い」
という意味で、心も体もはっちゃきこかずにはいられないから。
つまりは演者にとっても粉骨砕身、盛りだくさんのヒットパレード。
これには会場も呼応するかのように〈涙をこえて〉のラストで
手をふり一体に。盛り上がりました。
1573746382651-516x387
南越前町の皆さん、ありがとうございました!
また会いましょう。

ツアーはまだまだ前半戦。
今週末は全国的に冷え込むらしくだんだん冬将軍も近づきそうですが、
寒さに負けずはっちゃきこいていくべさ~。
したっけね✋

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あなたに会うために この旅は続く
あなたに会えたから この旅は続くーーー

10月27日、我らがアジト「円山夜想」で行われた
この日の公演のサブタイトルは"北埜うさぎアワー"
いやぁ、そんなぁ、照れます。
アンコールを含めて18曲、すべてオリジナルの本公演。
当日のMCでもお話したが、現在の歌旅座が昭和の名曲
や、フォークソングをカバーし、伸び伸びと?歌い
演奏できるのも この本公演という核があるからだ、
と手前味噌ながら強くそう思っている。
そして同じようにオリジナルの曲達を深く愛して
下さっている方々が多勢駆け付けて下さり、この秋
一番の実りある一日となった。
歌旅座スペシャルサポートメンバーであり東川町々議
も担われている写真家、飯塚達央氏は多忙な中、
10周年へのメッセージと共にJUNCOにサプライズな
ポートレートを贈って下さった。
ステージで受け取ったJUNCOはその後、涙をこらえる
のが大変だったようだ。
_20191028_130114


いい笑顔!
あの日、各地で子供達と一緒にチープ君が歌った
「君の椅子」がチエの声で蘇ったことも この記念
公演ならではのこと。
チープ君も 笑顔で聴いていたよね。

なんと、この日、このライブのために遠く九州から
沢山のお土産と共に飛んでこられた方も…。
八女のお茶、美味しいですよね。70℃のお湯で
飲みます!!
距離は遠くても、歌旅座が北海道を離れて初めて
『友の町』となってくれたのが九州。
心は近い大好きな町が幾つもある九州でいつか
この本公演ができますように…。
1572235159865
(八女市から駆け付けてくれた牛島さん。翌日
『だるま軒』のおそばも堪能してから帰られた
そうです)

終演後の宴のおつまみにたくさんのお誉めの言葉
を頂いた御礼に、ほろ酔いメンバーからの『歌旅
数え唄』のプレゼント。
まー、盛り上がること、盛り上がること。
心の輪がひとつにつながり、膨らんで膨らんで
球となり、きれいに弾けた瞬間。
JUNCOがステージから語ったように、11年目も
12年目も20年目も走り続けるために、近い話で
言えばこの後控えている11月の長いツアーを
やりとげるためにも、歌旅座の原点をあらためて
しっかりと確認できる素晴らしい一日となった。
時に涙し、共に歌い、熱い時間を作りあげて
下さった皆様、有難うございました。謝々!!

あなたに会うために この旅は続く
あなたに会えたから この旅は続く

そう、旅はまだまだ続きますーーー


この日は、歌旅座のゴッドファーザー、吉田後援
会々長の〇回目のお誕生日。
みんなで"ハッピーバースディ"の大合唱。
歌旅座の歩みと共に会長が重ねてこられた日々に
心から感謝しております。
とーさん、これからもよろしくお願いします!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もこのまちへやってきましたよ♪
北斗市茂辺地(もへじ)地区。

ご存知ではない方のためにまずはこの地のおさらい情報を少々。

現在は北斗市となっているが、以前この地に存在していた茂別村。
茂辺地の「茂」、石別の「別」2つの地区が合わさることで出来たこの村で、
かつて歌われていたと言われる「小唄」と「音頭」の楽譜と歌詞が発見された。
見つけたのは、茂辺地支所長として赴任していた井村直之氏。
歌旅座の立ち上げ時からの応援してくれている後援会の一人である。
そのときの記事↓と去年4月に寄稿をいただいたブログ 必見!!
378a0b09
彼からの依頼を受け、JUNCOが歌う「茂別小唄」と「茂別音頭」が約70年の時を
経て復活。CD化もされたのである。
それを初めて披露したコンサートが3年前の2016年11月のことであった。
IMG_20191022_153129
*会場ロビーで地元美人お二人が立つCDコーナー
今回が3回目。お馴染みとなった会場「茂辺地住民センター」に到着するとJUNCOの
「茂別音頭」がBGMでヘビーローテーションされている。
「普段もずっと流してるから、JUNCOの声を聴いているの、世界中で間違いなく俺が一番」と、道南独特の訛りと笑顔で今日も井村夫妻に迎えて頂いた。
公演前は実行委員会のご婦人たちの愛情手作りカレーをいただき、例年いつもと変わらぬ
<友のまち>のホノボノ感も一緒に味わせてもらった。
ただ今年の公演は少しだけいつもと違うことがあった。
井村氏が来年の春で茂辺地支所長を退任されるというのである。
たしか初めて出会った10年前は北斗市の教育委員会に所属されていたと記憶しているが、来年からは第二の人生がスタートするのだと。
そんな彼から歌旅座にぜひ歌ってほしい曲があると事前にリクエストがあった。
『想秋譜 』である。

実は公演では、こんなサプライズが用意されていた。
この曲を作詞した北埜うさぎからの手紙をJUNCOが演奏前に朗読。
これにはご本人よりもむしろ奥さま、井村さんを知る地元の方々にも大いに伝わっていた
のではないだろうか。

そしてコンサート終盤、アンコールで披露したのはもちろんこの曲「茂別音頭」。
これもこの地で恒例となった地元の「踊り子さん」が登場。
茂辺地地区、石別地区からそれぞれ3人づつが参加、コンサートに華を添えた。
IMG_20191022_153508
IMG_20191022_153158
終了後はコンサート会場が打上げ会場に早変わり。
メインディンシュは井村さんのお母様お手製の美味しい〈おでん〉と〈お赤飯〉。
IMG_20191022_153115
IMG_20191022_153321
あたかも大家族の親戚の集まりのよう。こちらもまたしてもホノボノ感に包まれた。
この場でも、地元の皆さんから「茂別音頭」が茂辺地、石別地区それぞれでの祭りや
イベントで流れているという話も聞くことができた。再び根付き出していると。
歌旅座の活動と同じく、茂別の歌のタネが実を結び、時を経て新たな世代へ伝わるという
井村さんの素晴しい尽力と地元愛を実感した、嬉しいときでもあった。

最後にこの日の井村夫妻のお写真を。
IMG_20191022_153242
井村さん今年も茂辺地公演、大成功でしたね。
これからもどうぞよろしくです。
そして茂辺地の皆さん、またお会いできる日までお元気で。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


北海道の蘭越町は、120歳を迎えました。
ハッピー・バースデイ。

2019年10月19日というこの日、
北海道歌旅座は光栄にも開基120年記念式典へのゲスト出演と、
式典後のフルコンサートのご依頼を蘭越町からいただきました。
rankoshi-pgm1
記念式典のプログラム


前日の18日、特命を帯びたダル・アリタ・太郎の3人が
先発隊として会場に入り、去る9月29日の平取公演と同じように
3人だけの仕込みを開始、翌日の本番に備えます。
rankoshi-lights
照明を吊るす後ろ姿が丸みを帯びるダル


そして当日。
早朝4:30に札幌を出発した歌旅座後続隊は、
8:00前にはあたかもアメリカンコミックのヒーローのように
すっくと会場に降り立ち、睡魔、寒さや乾燥空気をものともせずに
すぐさまリハーサル、そして本番に臨んだのです。


まずは、朝のゲスト出演。
150名ほどの町内外の皆さんを招待した
厳かな記念式典が10:00に開始されるのですが、
そのオープニングを飾るのはJUNCOとナリコの演奏で、
その後に式次第に則ったセレモニーが始まるという粋な構成。
ある意味で、アカデミー賞授賞式みたいな感じ。なんとなく。

スクリーンには昭和時代の蘭越をモノクロ写真で綴る「時代」
つづく「大空と大地の中で」は平成から令和の蘭越をカラー写真で投影。
2人の歌と演奏は蘭越の記録写真の数々と合わせて大好評でした。

rankoshi-pgm2
プログラムに記載された式次第。進行にミスは許されない 


もうひとつ、重要なことがありました。
JUNCOとナリコの演奏後には式典となるのですが、
その進行は誰がおこなったか。
おわかりですね。
不肖、この司会太郎にご用命いただきました。
司会者を英語で「マスター・オブ・セレモニー」と申しますが、
まさに、それです。

ただ、さすがにいつもの赤ジャケットを着用すると
登壇する来賓よりも司会者に耳目が集中してしまうことを恐れました。
この日のために、一張羅のダークスーツをクリーニングに出し、
ネクタイとハンカチーフにスチームアイロンをかけて、
用意してくださった台本を睡眠学習して臨んだわけです。

結果、無事に大役を勤め上げることができたと
感じ入っている次第なのですが。

ただ、式典内の自己紹介で、
「本日の進行を務めます、北海道歌旅座の司会太郎と申します」
と言い終えた直後、瞬時の低いざわめきとともに
異質な空気がVIPで満席の会場内に充満しました。
「なんだ、誰だって?」
「司会するから司会太郎かよ」
「あら、おふざけかしら?」
町を挙げての大切な一大イベントの司会に
よくぞ司会太郎をご用命くださったものです。
スゴいゼ、蘭越町!


なお、その際の颯爽とした司会太郎の勇姿、
写真の類は一切残っていません。
歌旅座メンバー、撮るのを忘れていました。
自撮りすらもしていません。
あの日、あの時、あの場に居合わせたみなさんの胸に
しっかりと刻まれているはずです。永遠に。




さあ、14:30。
北海道歌旅座のフルコンサート。
もちろん、蘭越町開基120年記念公演。
金秀行蘭越町長をはじめ、多くのみなさんにご覧いただきましたよ。
rankoshi-stage


蘭越町、おめでとうございます。
関係者のみなさま、おつかれさまでした。
次回は開基121年記念でお目にかかりたいものです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ついこの間訪れていた関東の街々が、大変なことに
なっているとニュースで流れる。
どうか皆さんの元気とガッツで乗り越えて欲しいと
願うばかりです。

台風が北海道に上陸する頃、一座は『晩秋の北国編』
ツアーに走り出しました。朝2時に起きて。
_20191014_130222

朝の2時って普通寝る時間だよなと、ブツブツ言いながら
4時間半かけて、友の町・陸別町に向かう。
『日本で一番寒い町』なだけあって、着くやいなや
骨に刺さるような寒さが一座を襲う。もう冬です。

今回、陸別を盛り上げようと頑張っている「ふるさと劇場」
の皆さんの協力のもと、コンサートを開催。
この日が結成日という「シンドローム」さんの演奏から
スタートしました。

1571019629112

(個人的に、山口百恵さんの「イミテンションゴールド」の
アン・アン・アン♪に頬を赤らめるJUNCOであった)

町の皆さんは、極寒の中暮らしているせいか、じっと
聞き入る姿勢の方が多いように思いますが、帰り際握る
その手は誰もが温かく、こちらもなぜか「しみじみ」
また来年も来てねっ!の約束、果たしに行かねば。
1571019610075


公演後は地元のコープで食材を買いこみ、コテージ内で
豚すきやきを開催。寒い時はみんな寄り添うのがイイ。
差し入れに、山形の日本酒と北海しまえびを頂く。
JUNCO、すきやきに目もくれず他のテーブルのえびの
残りに瞳をギラつかせる始末。あぁ~正月がこんなに
早くきてしまうとは…。幸せッス。

コテージ内のサウナに入る男性陣。汗が腹の肉の隙間に
たまっていくダルを見て、何やら盛り上がっている様子。
一座面々、元気です。

そして次の朝、土砂降りの中向かったのはこれまた友の町・
大空町。(女満別町と東藻琴町が合併)
今回はその東藻琴地区にて開催。初めて歌旅座を知る
という方もたくさん来てくれました。
なかなかハードな仕込みでしたが、これもみなお客さんの
笑顔の為。
届いていたら嬉しいです。
1571029970561

1571033870347

(今、大空町でブイブイ言わしてる「しじみ」系商品。
遂にサイダーだけにとどまらず、炭酸水まで出たようです。
福田さん、いつもありがとう!)

旅の中で、ワタシが好きな時間がある。それは、
撤収している時。
会場にまだ熱気が残っている中、黙々とケーブルを巻き
スピーカーをおろし、照明を直し、機材をまとめる…。
さっきまでステージに立っていた出演者が、ねじり鉢巻き
で片づけている時間。
感動は一日にしてならずなのだと、じみじみ思う瞬間。

まだまだ晩秋の北国編、続きます。
満ちては欠ける月に導かれるように。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.