うたたび ザ・コネクション


カテゴリ : ライブレポート

奥飛騨温泉郷の古い家屋に、雪がうっすら積もる景色は風情があり、
初雪の儚さと相まって心が踊ります。
札幌に戻れば雪かきに追われる日々が訪れようとしていることなど今は忘れて…。

北海道は広く、町と町が遠いことは十分実感しており諦めがついているのですが、
岐阜県内の移動もなかなか時間がかかるのですね。
会場の奥飛騨総合文化センターは高山市街から45km離れていますが、
今回で3度目の公演には、県内の飛騨市、下呂市、遠くは数時間かけて
中津川市からもお越しいただきました。

帰り際「2回目の時に一緒に来た主人が亡くなってね…」との言葉に
お互い年を取りましたねと、アンケートへメッセージいただいたことを重ねて思い出しました。

旅の始まりは2009年ですから14年という月日が流れているのですよね。
それぞれの人生を生きてこられる中、
「ずっと歌旅座と関わって下さっているんだな」しみじみありがたく思いました。

会館の内藤さん、近藤さん、この度も開催の機会をありがとうございました。
4年前と変わらず迎えて下さって嬉しかったです。
皆様、再会を楽しみにしています!

公演終えて、大相撲九州場所8日目を観戦。
初日から休場していた朝乃山が出場し、大関貴景勝を破りました。
大相撲の盛り上がりにも祝杯を♪

栗きんとん発祥のまち、中津川の方よりいただいた「栗きんとん生食パン」を
みんなでおいしく頬張りながら、晩秋の東海コンサートツアーが終わりました。
次は九州ツアーが待っています!

奥飛騨記念写真
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

愛知県の最北端、岐阜県に接する犬山市。
前夜の天気予報は「嵐のような空模様」みたいなことを云ってましたが、
開場時間が近づく頃には雨は上がってひと安心。

客席入口には、公民館スタッフの方が手作りの飾り付けをしてくれた看板。
その横にクリスマスツリー。巷ではもうそんなシーズンですね。
ホール入口

開場まで30分ではありますが、お客様の列ができ始めました。
初めての歌旅座、どのような反応をしてくれるのか。
開場まで30分
それでは、いっしょに楽しみましょう。

ステージから感じた客席からの声援と拍手は独特の熱さ、
お客様ひとりずつからの笑顔と喝采が送られてきたような感覚......。
公民館の方によると、終演後にある90歳のおじいちゃんがこう云っていたそうです:
「(入場料は)5000円でもええわ。もう1回は観に来ないと死ねんのお」
2回目の犬山公演、この時点で決定したことにしてもいいと思っています。

少なくとも、このおじいちゃんのために開催するべきです。
再び、公民館のご担当者とじっくりと時間をかけて2回目の機会をつくりますので、
今後もよろしくお願い申し上げます。
Keigo Blue1
〈緞帳が下りた舞台の上、ギターいじりに余念がないケーゴ〉
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

北海道の雪を避けて旅に出たと思ったら、
意外と底冷えが激しく肩をすぼめている一座です。

前日の南吉先生の下宿先に続き、翌日は安城市のアンフォーレというホールでのコンサート。
今回この2日間をコーディネートしてくれた方は、元知立市の会館の担当だった女性。
違う街に移動してもこうして声をかけてもらえるのは本当にありがたいことです。
アンフォーレ
〈アンフォーレ。この会場に笑顔が溢れました〉


袖幕もなにもない開放的なステージを生かして
「いちご白書の青年」(見てる方はお分かりですね)も客席から登場。
会場が学生運動の世界観に染まります。

いつもとは少し違うセットリストに、
静岡から柿を抱えて来てくれたHさんも大喜びしてくれたようです。

78歳の男性の方が「姉を二人連れて来ました!」と声をかけてくれました。
「私たちも長生きしてまた来るからね~!」嬉しい嬉しい言葉です。

もうひとつ素敵な出会いが。
連泊していた三河安城の宿のそばの中華屋。
全員一致の「今まででNo.1!」
一粒一粒がキラキラと立ち上がる絶妙なバランスとエッヂの効いたチャーハン。
シャキシャキと食感が残る八宝菜やチンジャオロース。優しく寄り添うトマト卵炒め。
口に運ぶ度に、笑顔とため息がこぼれる。
「安い!最高にうまい!また来たい!」
日本語が話せないというシェフに、ありったけのありがとうを込めてあいさつし、
パンッパンになったお腹をさすりながら店を出る。この満足度ヤバいです。
「歌旅座と町中華」。食の中にステージを感じた一座でした。
町の中華屋さん
〈中華屋「長楽」のシェフ達〉
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

北海道の雪を避けて旅に出たと思ったら、
意外と底冷えが激しく肩をすぼめている一座です。

前日の南吉先生の下宿先に続き、翌日は安城市のアンフォーレというホールでのコンサート。
今回この2日間をコーディネートしてくれた方は、元知立市の会館の担当だった女性。
違う街に移動してもこうして声をかけてもらえるのは本当にありがたいことです。
アンフォーレ
〈アンフォーレ。この会場に笑顔が溢れました〉


袖幕もなにもない開放的なステージを生かして
「いちご白書の青年」(見てる方はお分かりですね)も客席から登場。
会場が学生運動の世界観に染まります。

いつもとは少し違うセットリストに、
静岡から柿を抱えて来てくれたHさんも大喜びしてくれたようです。

78歳の男性の方が「姉を二人連れて来ました!」と声をかけてくれました。
「私たちも長生きしてまた来るからね~!」嬉しい嬉しい言葉です。

もうひとつ素敵な出会いが。
連泊していた三河安城の宿のそばの中華屋。
全員一致の「今まででNo.1!」
一粒一粒がキラキラと立ち上がる絶妙なバランスとエッヂの効いたチャーハン。
シャキシャキと食感が残る八宝菜やチンジャオロース。優しく寄り添うトマト卵炒め。
口に運ぶ度に、笑顔とため息がこぼれる。
「安い!最高にうまい!また来たい!」
日本語が話せないというシェフに、ありったけのありがとうを込めてあいさつし、
パンッパンになったお腹をさすりながら店を出る。この満足度ヤバいです。
「歌旅座と町中華」。食の中にステージを感じた一座でした。
町の中華屋さん
〈中華屋「長楽」のシェフ達〉
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

新美南吉(にいみ・なんきち)
1913年に愛知県半田市で生まれた、のちの児童文学作家。
代表作に『ごんぎつね』『手袋を買いに』『おぢいさんのランプ』など。
新美南吉さん
〈新美南吉さん=Wikipediaより引用〉

女学校の教員となった26歳の南吉さん、
1939年に安城市内に下宿することになりました。
その建物が保存されて現在も多くの人たちを迎え入れています。
そこが安城初日の会場、南吉さん生誕110周年の記念イベントの一環、
アコースティック・トリオの公演です。

まずは、駐車場から下宿まで行く道のり、
これがユニーク「キツネの足跡」が道路にプリントされていて、
それを辿っていくと南吉さんの下宿に迷わず到着できるというわけです。
これが意外と楽しいんです。
キツネの足跡
〈道路上のキツネの足跡。全国の観光地にもオススメ〉

典型的な日本家屋の縁側に腰をかけて、1.8メートル先のお客様に演奏をするトリオ。
ある意味でシュールな光景です。でも演奏が進むにつれ、
3人が周囲と馴染んでくるように見えるから不思議。
トリオ01
〈軒下三寸借り受けまして演奏するは歌旅座トリオ〉

もしかしたら建物に囲まれている限定空間を感じさせるから、
屋外でありながらも特別な空気感が心地よかったです。お客様も感じてくれたでしょうか。
トリオ02
〈家主さんから座布団もお借りしました〉

今回は屋外、しかも住宅地の一角が会場なので音楽が響くことを、
家主さんやスタッフのみなさんが近所の一軒一軒にひと声かけてくれたそうです。
ありがとうございます。
不安だった天気も日が差し込んだり、小雨が降ったり止んだり。
ずぶ濡れにならずに済んで安堵しましたが、奇妙な空模様でした。
こういう天候を「狐の嫁入り」または「狐日和」とも云うそうです。
さすがですね、南吉さん。
スタンプ南吉さん
〈生誕110周年イベント、下宿先では「南吉さん」が待っていてくれました(奥の鎮座する後ろ姿が南吉さん) 〉


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.